**************
何時も本ブログをご覧下さり、
また数多くの応援を頂き、
ありがとうございます!
**************

先日、

魔界K商工Cに行くと、
(エギコーナーで、)
若い店員さんが、
中年のビキナーらしきお客様に、
エギの説明をしていました。

詳細は良く聞き取れませんでしたが、
とにかく、
「K」を一押し。
※まあ妥当な所ですかね。


画像は今日も癒してくれる2人。
KIMG1090


超肥満のマロンと、
KIMG1092


ネムネムのミル、
KIMG1091

※2人とも「カワユイ」ですね!



所で、
エギングシーズンも
「最終盤」
何処の魔界も人気のエギは品薄になりつつあり、

当然、
お目当てのエギ調達は、
非常に難しい状況です。


そこで仕方なく、
ネット注文するのですが・・・、

こちらも、
お目当ての商品は在庫切れ多数。



そのついでに
「エギランキング 2019」
で検索してみましたが・・・、

皆さん、
「三者三様」


自分も以前は、
「このエギが1番!」
と、言った考え方を持っていましたが、

最近では、
「このスタイル(状況)にはこのエギ!」
的な考え方に変化しています。

そしてその上に、
「カラーローテ」や、
「サイズ変更」などを
絡ませるのですが・・・、


この考え方を適用すると、
どうして「D.E_スト〇ーム」が、
自分には「釣れないエギ」だったのか、
その理由も簡単に説明がつくような気がします。



とにかく、
エギングのスタイルも
「十人十色」

結局は、
「自分スタイル
を極めることが重要かな?!


で、
(休日は)
魔界マンボウ五日市で無駄使いや、
KIMG1085


エギのカンナ調整です。
KIMG1089

※知らぬ間にぶつけていて、
 カンナが変な方向に曲がっています。


でも、
よく、よく、
並べてエギを眺めてみますと、
「オレンジ系」の少ないこと。
※澄み切った海域での釣りが多いからかな?!
(ほんまかいなぁ〜



あっ、
ネットで注文していた、
「よく釣れるエギ」が届きました!
KIMG1095

※言っていることが全く違っていますが、何か



因みに、
自分スタイルですが、
ロッド:Shimano Sephia BB(86MH)
リール:Daiwa 18カルディア(LT2500S)
ライン:VARIVASアバニ エギング マックスパワーPE X8(0.6号)
リーダー:VARIVASアバニ エギング ショックリーダー(1.5、1.7、2号)
※ロッドは先端が一度折れ、
 回転機を使いガイドを再設定。
 (竿は使い過ぎでかなりヘタっています。

とにかく、
太目の硬い竿で、
ドラグ緩めでの調整で
「スラッグジャーク」
エギを「ピキ、ピキ」動かし、
命を吹き込むスタイルかな?!


(追伸)
まあ偉そうに記しましたが、
決して高価なロッドを使用した
「繊細な当たりを取るスタイル
ではないので、
強風では小さな当たりは殆ど取れません。
ただ、
ロッドワークにより、
「イカパンチ」と「糸ふけ」
を出すことを主体に、
当たりの出かたを
「経験値でカバー」
する釣りだったりもします。


※経験値とは、
 このシャくった後の一呼吸置いた「このタイミング」で糸ふけが出るとか、
 このポジションまで攻めるとパンチから口を使うとか、
 この流れならここにイカが付くとか、
 とにかく、
 数多くの個体を得ることで腕に染み付いたものかな?



※よかったら「ポチ」っと応援、宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

※今日もありがとう!「ミルとマロンの癒し」に感謝!