本当のところ どうなんだろう




世の中いろいろなことが数多くある




この禁煙法は

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この禁煙法を始めて二週間タバコに火を付けなかった人は、禁煙に近づいていますが、

まだ安心できません。

体内のニコチンをほぼ出し尽くすには、喫煙期間の二倍ほどかかるといわれています。、

しかし、脳がニコチンを要求しなくなるには、先ほどのように、喫煙期間の二倍の期間が必要ですが、

二週間もニコチンまがいの「ヤニ取りパイプ」により、脳が騙され続けていますので、

驚くほど、ニコチンが抜けてきた気がします。このころになりますと、声がきれいな声になり、

咳き込むこともなくなってきていますので、体が軽く感じられてきます。

ただ、衣服にはニコチンの臭いが残っていますが、急いで、クリニングなどせず、

今しばらくニコチンの臭いと付き合ってください。

中途半端な気持ちで禁煙できていると思うと、失敗しますので、完璧に禁煙できるまで

急がずゆっくりと取り込んでいきます。

するとニコチンの臭いが強烈なのが分かってきます。こうなればほぼ禁煙できます。

このときニコチンの臭いに負けてたばこに火をつけた方は、禁煙できませんから脱落です。

二度と禁煙を考えないほうがよいでしょう。

この二週間で生活環境が変わっているはずで、喫煙時間がほかの作業に使え、

タバコ代も使いませんから、買いに行くこともしませんので、時間が有効に使えてきます。

ただ長年喫煙してきているので、禁煙し始めると、手持ちぶさになり、落ち着かない気がしてきます。

これは禁断状態中に入っていますので、他のことで気を紛らして乗り切った人は禁煙が早いです。

禁断症状は人によりますが、禁断症状はほとんど悪さをしませんが、

このときに「ヤニ取りパイプ」をフルに活用してください。

この「ヤニ取りパイプ」の臭いが気になり嫌悪してくればほとんどタバコのこともいやになります。

どうしてもニコチンに負けそうなとき「電子タバコ」を使うのはありですが、禁煙成功期間が遅れます。

ほとんどの人は「ヤニとりパイプ」で凌げます。そのための秘密兵器なのです。

他の禁煙法は、この「ヤニ取りパイプ」を作らず、禁煙外来の薬などで行っていますので、

体内からニコチンが中々出て行きませんので難しいようです。

こちらの商品も禁煙の手助けになります。「ヤニ取りパイプ」と併用すると良いでしょう。






今、禁煙したい方はまだこの商品を使うことが出来ます。

医学的に害がないのですが、こちらも今後規制されます。

なくても禁煙できますが、手元においておいたほうが禁煙中安心です。

この禁煙法は

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

なぜ、この「ヤニとりパイプ」が必要か?

この「ヤニとりパイプ」を作ってから禁煙を始めた人は100%近く禁煙できています。

逆にこの「ヤニとりパイプ」を作らなかった人は90%近く禁煙できませんでした。

禁煙を始めてから必ず脳が体内のニコチン不足の指令を出します、

そのときにタバコではなくこの「ヤニとりパイプ」が威力を発揮します。

と言うのは、ニコチン不足は、何も本当のニコチンではなくとも脳をだませることが、友人の医師の話である。

このニコチン不足を乗り切るのに「ヤニ取りパイプ」が威力を発揮してくれます。

出来る限り脳を騙すために、「ヤニ取りパイプ」を口にくわえてニコチンの臭いをかいでください。

「ヤニとりパイプ」にはニコチンの臭いタールの臭いが付いています、

その臭いには脳をだませる臭いの成分が付着しており

その付着している臭いだけで脳を騙します。においだけですので体内にニコチンの成分が入り込まず、

少しずつ体内からニコチンを貯めなくなります。

よって体内からニコチンが抜けてきたときが欲にいう薬物の禁断症状を起こす時になりますが、

タバコの禁断症状は他の薬物より、この「ヤニ取りパイプ」が有るため我慢がしやすいです。

この禁断症状がきたとき、タバコを手にして火をつけた方は禁煙をあきらめてください。

この我慢がどうしても出来ないときだけ「電子タバコ」を使ってください。

ただし、人前で使う人は知人に見下されますので、見えないところで使用する事が条件です。

しかし、この「電子タバコ」も何回も使う人も禁煙をあきらめてください。

ほとんどの方は「ヤニ取りパイプ」のみで凌げた人は禁煙成功になります。

この頃には「ヤニ取りパイプ」の強烈な臭いに驚かされるはずです。

この驚かされた臭いが身にしみた人は禁煙成功となります。

この臭いでタバコを喫煙する気がなくなります。

それと、禁煙し始める日を大事な日とすることと、「しばらくタバコを休む」と言った大事な人に、

「いつから禁煙しているの」と必ず聞かれます、そのときにすぐに返答できるような日にすることです。

この聞かれたた言葉も禁煙中の励みにもなります。

休んでいる期間が長くなると、自分もこのタバコの臭いに気が付き、

今まで敬遠されてきた人にも敬遠されなくなります。

こちらの商品も禁煙の手助けになります。






今、禁煙したい方はまだこの商品を使うことが出来ます。

医学的に害がないのですが、こちらも今後規制されます。

なくても禁煙できますが、手元においておいたほうが禁煙中安心です。

この禁煙法は

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


いろいろな禁煙方法があるがどれも効き目はなく禁煙できた人は稀である。

この友人の医者がいなければいまだに禁煙は出来ていなかったと思うほど

この禁煙方法はすばらしかった。

当時働いていた百貨店は昔は各階に従業員の休憩室が有って、そこで喫煙していたが、

組合から、非禁煙者に受動喫煙の害が指摘され、喫煙できなくなり、従業員のに食堂に

分煙室を作った。その分煙室まで行くのに職場を離れる時間が長くなり、業務に支障が

出るようになり、自然に喫煙回数が減ることにはなったが、

習慣やニコチン依存症は治らず途方にくれていたとき、従業員の屋上で喫煙できることになり

よく屋上に言っていたが、屋上にも非喫煙の従業員も利用するし、距離はあってもお客様の

屋上に繋がっていたりで、やはり受動喫煙の被害が起きうることになる。

友人の医者の考案は、若い女子社員も多くいるということで若い女子従業員に

「しばらくタバコを休んでみよう」と言って、友人の医者の考案を実行に移した。

宣言を聞いた若い女子従業員が居たことも禁煙できた要素のひとつであった。

仲間の30人も同じことを、若い女子従業員に「俺もしばらくタバコを休もう」と宣言したことで

社内で我々30人は注目の的になった。最初「ヤニ取りパイプ」を作っているとき他の同僚たちには

異常な光景に見えていたらしい。

喫煙しないことで仕事のサイクルが変わり喫煙したくとも、宣言した建前喫煙するわけにいかなかった

しかし、その度に「ヤニ取りパイプ」を口にくわえ深呼吸してしのいだ。

若い子たちが居てくれたおかげで「本当にタバコを休んでいるんだ」と云われ続けたことも大きい。

不思議とこの「ヤニ取りパイプ」の威力がすごいことに感銘した。本当にタバコで無くも良いことが

実感し始めた。只、お客様の前ではこの行動は出来ないので、裏の通路などでくわえていた。

気持ちにグラつき始めた友人が口がさびしいと飴やガムなどで紛らしていた。



当時はまだ「電子タバコ」足るものが出回っていなかったので、飴やガムで凌いだ。

今は「電子タバコ」足るものがあるのでもっと気は楽なはずで禁煙しやすいと友人の医者は言う。

これを揃えておけば禁煙確率は高いといっている。








この禁煙法は

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



この禁煙法は、10年ぐらい前に私たちが仕事の関係上(百貨店)お客様に不快感を与えないという

「テーマー」の中から、友人に医者がいたことから、考案した禁煙法で、仲の良い仲間30人ぐらいで

非喫煙者は誰一人いなかった。お得意様の中には非喫煙者がおり、私たちから離れていかれた方も

居られたことから、ヘビー喫煙者から何とか抜け出せないかから始まったことでした。

幸い友人に医者がいたことでこの友人の医者の理論から考え抜いた方法である。

この友人の医者が言うには、タバコは日本では指定薬物になっていないため、無放置状態でいた。

タバコは薬物依存症と、薬物中毒との両方であるため、麻薬や覚せい剤と同じである。

そのため、体内に依存中毒になっている体を元に戻すのは並大抵なことでは無いということでした。

よほどの意思の強さがあっても禁煙するには難しいという。

そこで友人の医者は医者の立場からある提案が出された。まだ確立されていない方法であるが

お互い友人ということもあり彼の云う通りに実行することにした。どういうわけか30人全員で。

タバコの煙を吸い込むとタールとニコチンがあり、タールは肺に付着し癌などの元になるが取り除く

ことはほぼ難しいものであるが、喫煙を要求しない。

それに比べニコチンは、血液に溶け込み脳を刺激し、ニコチンが体内に満タンになっていないと

「ニコチンをくれ」と指令を出す。この指令を阻止しない限り喫煙をすることになる。

ニコチンをいっぺんになくすことは危険である。よく言われる禁断状態のことを言う。

根気よく毎日少量ずつニコチンを減らしながら脳をだましていかないといけない。

その為の役目をするのが「ヤニ取りパイプ」である。そのため出来る限り多く作っておいてくださいと

お願いしたわけです。

それでも脳は馬鹿ではありませんので、数日後、喫煙期間により大差がありますが、禁煙するのか

このまま喫煙するのかを試してきます。このときにタバコを手にした人は負けで二度と禁煙できません。

幸い友人たちは禁煙しようと励ましあったので誰もタバコを手にしませんでした。

その代わり友人のなかに口が寂しいと飴やガムなどで記を紛らす努力をした。



当時はまだ「電子タバコ」足るものが出回っていなかったので、飴やガムで凌いだ。

今は「電子タバコ」足るものがあるので気は楽なはずと友人の医者は言う。






禁煙を出来るか、出来ないか分かれ道。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

何故、この「ヤニ取りパイプ」が必要か。
003
この「ヤニ取りパイプ」なくして、禁煙は出来ませんぐらい大事な準備品です。

この「ヤニ取りパイプ」は、たばこを休み始めるとまず、脳が「ニコチンが足りないよ!!」と指令を出します。

そのとき、必ずしも、たばこでなくともたばこの役目をするのが、この「ヤニ取りパイプ」なのです。

「ヤニ取りパイプ」にはタールとニコチンが合成されてヤニになっています。

ニコチンはたばこに火をつけて吸い込まなくとも、

「ヤニ取りパイプ」についている強烈な臭いがその役目をしてくれます。

ニコチンの臭いで脳が刺激されニコチンを摂取した気がして、脳は指令を中止します。

中止してもまた時間が経つとニコチンが足りない仮指令を出します。

しかし、個人差はありますが、脳が少しずつ騙されていくわけで、そのうち脳が指令を出しても、

ニコチンの強烈な臭いがたまらなく鼻に付くようになります。

しかし、どうしても長年喫煙してきたニコチン中毒ばかりではなく

日々の喫煙という習慣に勝てるか負けるかの気持ちを、体が試してくる時期があります。

このときに火をつけたたばこを手にして吸った人は禁煙中止してください二度と禁煙できませんから。

禁煙をしようとすることは一生あきらめてください。ここが勝負処なのです。

この試されたとき、火をつけないたばこ、または「電子たばこ」を手にした人はまだ望みがあります。

それは、無理して禁煙するのではなく気持ちにゆとりを持たせた禁煙方法ですから。

その為の、準備品として「電子たばこ」を揃えておいてくださいと云ったわけです。

この「電子たばこ」や火のついていないたばこを手にした人は時間がかかりますけどまだ大丈夫です。

この試されたときに何とか「ヤニ取りパイプ」だけで通過した人はほぼ禁煙成功です。

ここまでがんばってください、必ず禁煙できます。

禁煙するに当たって。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今まで記した項目の中で下記の用意が出来た方のみ禁煙を進めてください。
003
これを作らなかった人は、この禁煙法で禁煙は出来ません。禁煙しようとしないでください。

それほどこのヤニを取ったパイプが大事になります。

作った方は未練無く最後の喫煙をした方です。

禁煙するということは、医師団が言うように、

喫煙期間の2倍以上の期間が必要とまで言われています。

それを、出来る限り短い期間で禁煙にもって行きますので、

必ず用意準備してから禁煙に取り掛かってください。それほど禁煙は難しいのです。

しかし、これらを用意準備した方は、絶対に禁煙できます。

肺に付着したタールはなかなか取れませんのでこれ以上付着させないようにします。

ニコチンに犯されている体からニコチンを抜いていく作業を間違えると、禁煙できません。

まず、たばこは保持していても良いですが、ライターや火をつけるものは破棄してください。

禁煙始めたわけですので、直ぐに脳がニコチン摂取の指令を出しますので、

「ヤニ取りパイプ」はいたるところ手に届くところに置いておいてください。

ニコチンの臭いがそこら中に蔓延しても我慢してください。

家族をお持ちの方は、禁煙成功するまでの期間ご理解してもらってください。

脳から喫煙指令が出たとき、今まではたばこを手にして喫煙していたと思いますが、

これからは、「ヤニ取りパイプ」を口にくわえ、パイプに付いているヤニを深呼吸するぐらい

吸い込んでください。パイプについているヤニは体内には入りません。

臭いだけが体内に入ります。脳から指令が出ても出来る限り「ヤニ取りパイプ」をくわえるのを

我慢すると早く禁煙できます。しかし無理は禁物で「ヤニ取りパイプ」は半年ぐらい使えます。

この禁煙法は禁煙できた人たちは平均して2,3ヶ月で禁煙に成功しています。

出来る限り「ヤニとりパイプ」に頼ってください。

しかし、あるときどうしても脳の指令に打ち勝てないときのみ「電子たばこ」を使いますが




人前では絶対に使用しないでください。信用が落ちます。

この「電子たばこ」があるのでいざどうしてもというときだけ使用しますが、使用した分

禁煙できる期間が延びてしまいますが、どうしても我慢できないときの安全パイに用意して

いただきました。無理なとき使用しても結構ですが少なめにしてください。

しかし不思議に「ヤニ取りパイプ」のみで脳をだませた人は禁煙できた期間が短く成功してます。

不思議にこの「ヤニ取りパイプ」の威力に驚かされます。

それではまた次を見てください。




必ず禁煙できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

医師会の報告で、COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気が増えてきているのは、

喫煙による原因が多分にあるといわれている。

このCOPDは、喫煙者ばかりか、受動喫煙による被害を被る人が多数いる。

そのCOPDにかかる過程は、煙に含まれている物質を吸い込むことにより、まず気管支が

慢性気管支炎にかかりそれが原因で肺気腫を起こし、呼吸不全による死に至るというものである。

喫煙者愛煙家は自己責任で喫煙しているのでCOPDにかかろうが、

非喫煙者には一向に構わないが、非喫煙者に被害が被ることは許せない。

こうならないよう一日でも早く禁煙をしよう。

この「電子パイプ」が準備できた人。

この「電子タバコ」でなくとも良いですが、揃えておいた人は確実に禁煙できます。





「電子パイプ」など補助用品が準備できて、親しい人などに「タバコを休む」と宣言した人は、

いよいよ決行日より禁煙にかかります。

直ぐに禁煙は出来ません。何故というと次のことを肝に銘じておいてください。

喫煙によって「薬物依存症」「ニコチン依存症」にかかっていることは、

脳がニコチンに洗脳されており、体内にニコチンが満たされていないと、

脳がニコチンを要求するという繰り返しで喫煙になるわけで、この脳をリセットさせない限り

禁煙できません。体内からニコチンをなくしてしまえば、脳も喫煙の指令を出しませんので、

脳を騙していくことと、体内からニコチンを減らして行くことで禁煙に持って行きます。

ただし、体内のニコチンは、麻薬と同じで薬物中毒ですので、急に取り除くと禁断状態を

起こしますので気長に少しずつ減らすことが大事です。

くれぐれも、直ぐに禁煙できると思わないでください。急いだ人は失敗します。

これから先に記するやり方を守られた方は95%ぐらい禁煙に成功します。

この禁煙法は私たちの経験からの話ですが、

薬による禁煙法ではありませんので、身体に副作用、負担がありません。

今では医師や病院も薦めています。

「電子パイプ」の変わりにこれでも良いです。



これらの使い方を間違えると禁煙できませんので、必ず次のとおり行なってください。(次回ブログ)

必ず禁煙できます。

ブログ村 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

前回までの準備するもの揃いましたか?

揃わない方は、これからの手順をまだしないでください。

それほど慎重に確実に禁煙してもらうためには仕方のないことなのです。

「電子タバコ」を、揃え、「ヤニ取りパイプ」でヤニを取った方は、次に進みます。

「電子タバコ」は強制的に揃えていただかなくとも良いですが、万が一失敗パターンになったときの

安全パイとして揃えておいたほうが確実に禁煙できます。

私は、使わないで禁煙できました。

ただし、「ヤニ取りパイプ」は、用意しないと絶対に禁煙できませんので、揃ってから始めてください。

準備の出来た方は、まだ喫煙していて結構です。あわてないで手順に沿って進めます。

いつから禁煙を始めるかを、決められるとき、出来る限り親しい人と出来る限り多くの人に

「しばらくタバコを休もうと思う」と宣言しておく。このとき「タバコをやめる」とは云ってはいけません。

万が一途中で禁煙できないことが起きた場合、休んだだけですので喫煙できます。

しかし、親しい人や友人から見下されます。

それと、ここでタバコを手にした方は、禁煙を中止してください、この方は二度と禁煙できません。

無理に禁煙できないのに禁煙させますと精神的にダメージを受けます。

それほど喫煙してきたことは良くないことをしてきたということです。

どうしてヤニ取りパイプが禁煙方法に必要かを次回にアップします。





今日の一言
タバコをやめるのではなく、しばらく休むことです。
休みが長くなればなるほど禁煙できたということです。

必ず禁煙できます。

ブログ村 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

禁煙するには禁煙するためのプロセスが必要です。

禁煙しようと思い禁煙しても、よほどの覚悟と忍耐があっても禁煙できる確立は少ないです。

これから書くプロセスを必ず守ってください。一つでも手を抜くと二度と禁煙できません。

まず、今なら「健康増進法改定案」が可決されていませんので、

早めにどんな「電子タバコ」たるものでも良いですから用意してください。

ひとつのサンプルとして





これがあると禁煙が確実に出来ます。

ただし、私や禁煙に成功した人の大半は使わなかったです。

後に出てきますが必ず用意はしていただきますが、使わないことに越したことはありません。

使用したほうがいい場合もあります。(より確実に禁煙するための安全パイとして用意)

使用しなかったら、オークションで販売してしまおう。

禁煙しようと云う気持ちになっても今直ぐに始めないでください。

綿密な準備と計画のプロセスがそろってから実行に移します。

綿密な準備が出来ていないのに禁煙初めても失敗するだけです。

まずこの「電子タバコ」を入手してください。この「電子タバコ」が届くまでにしておくことがあります。

タバコ売り場で販売している、通称「ヤニ取りパイプ」どんなものでも良いですが、

必ず、透明なもの。この「ヤニ取りパイプ」を使い「電子タバコ」が届くまでに下記のように

出来る限り沢山の「ヤニ取りパイプ」を使いヤニを取っておいてください。10本ぐらい取ってください。

003








「ヤニ取りパイプ」でヤニをためるため、貯まるまで未練無く喫煙してください。

二度と喫煙することはありませんので。

「電子タバコ」「ヤニ取りパイプ」の用意が出来るまでに、実行日を決めます。

実行日は、覚えておける特別な日、

例えば、春分の日や、誰かの誕生日など忘れない日を実行日に設定します。

この実行日は、誰かから聞かれたとき直ぐに始めた日が答えられるようにするためです。

まずここまでを必ず設定してください。これを準備期間といいます。

必ず用意できるまでは、禁煙始めないでください。

用意できましたら次に進みます。



確実に禁煙できる方法あります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本当に禁煙したい人、過去に禁煙失敗した人のみ読んでください。



愛煙家にとって厳しい世の中になってきています。

しかし、愛煙家には気が付いていないことがあります。

喫煙は、薬物中毒の一種で、中毒依存症が喫煙させてしまうのです。

自分のみならず周りの人にも受動喫煙によって同じ症状を起こさせてしまいます。

今、問題になっている受動喫煙の影響が愛煙家にはお分かりになっていない。


禁煙した人、以下のことを守れる方のみ禁煙できます。

最初にお断りしておきますが、私は医者ではありませんので、医療的治療は出来ません。

あくまでも過去、自分も含め多くの友人知り合いや、そのまた友人の友人などの方がこの方法で

禁煙に成功している手法です。

私などは五十年近く喫煙していたが禁煙できました。

少しでも疑問を抱かれる方は、禁煙できませんから、ここから退出してください。


まず禁煙した人は、喫煙メカニズムを理解してもらいます。

喫煙メカニズムとは、医師は知っていますけど、説明してくれません。

なぜ、説明してくれないか分かりますか。

医師、病院すべてではないですが、禁煙外来者がいなくなると困るからなのです。

薬を処方しないとやっていけなくなるからです。

禁煙外来はほとんど薬による一時的な禁煙法であり、完全禁煙にいたりません。

途中であきらめる方が多いという話も聞きます。


タバコの害には大きく分けて二つの成分の害があります。

ひとつは「タール」です。タールは通称「ヤニ」とも呼ばれています。

この「タール」はほとんどが肺に付着してしまいます。

この「タール」を肺から取り除くことはほとんど不可能な物質です。

よってこの「タール」が肺の組織を破壊します。肺は他の臓器と違って再生はしません。

肺気腫や癌などの元になります。この肺に付着した「タール」を体外に出すことは出来ません。

レントゲンで見ると非喫煙者の肺より真っ黒です。これが「タール」です。

二つ目は「ニコチン」というものです、この「ニコチン」は血液に溶け込み体中をめぐります。

このニコチンが血液の中から少しでも放出しますと、脳が「ニコチン」を要求します。

そのため、常に「ニコチン」を要求に応えるためにタバコから「ニコチン」を補給することが喫煙です。

この「ニコチン」は薬物中毒、薬物依存症の元で脳が指令を出します。

この指令を出させない方法で喫煙をなくす方法を次回からアップします。




livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ