はなまる の 食いしん坊ツアー

食いしん坊な お出掛け と 旅行記です。よろしくお願いします。

昭和のくらし博物館 & 自然坊 お昼食 ロースかつ 2,700円(税込) 久が原4

bf27abf0久々に仕事が早く終わったので前から気になっていた大田区久が原の「昭和のくらし博物館」を見学してから同じく久が原にある「とんかつ自然坊」を美味しいロースかつ昼食を頂いて来ました
ご覧の「お昼食ロースかつランチ」は食後にアイスクリームは付いてますが2,500円
ランチには高いかな~とも思いますが雰囲気の良いゆったりした店内で
分厚く美味しいロース肉を充分に堪能出来るのでお一人様も良いですが
女性を連れて食事に来るのもおススメです(o^-^)b

画像は お昼食 ロースかつ(ご飯・お新香・お椀・アイスクリーム) 2,500円





DSC00029久が原は駅前に商店街はありますが静かな高級住宅地   有名な「久が原遺跡」が見つかった場所ですから弥生時代からの筋金入りの住宅地です













WS000025今回行った「昭和のくらし博物館」と「とんかつ自然坊」は場所もちょっと離れてますが道も少し難しいので地図でもご案内














DSC00001まずは久が原駅の南西側にある「昭和のくらし博物館」です
池上線「久が原駅」から徒歩8分くらい 多摩川線「下丸子駅」からも8分くらいなので行かれる方は便利な方で












DSC00002もう完全な住宅地で控え目な案内看板が無ければ通り過ごしてしまいます(^_^;)















DSC00003路地の奥には今風の民家も見えますが















DSC00004博物館は奥にある昭和チックな木造家屋です















DSC00005こういう木戸も最近では珍しくなりました















DSC00008木戸の奥の庭部分に受付などがあります















DSC00007これまた懐かしい手動式の井戸
















DSC00025駄菓子屋風の建物が受付兼お土産売り場です















DSC00010ちなみに館内の殆どが撮影不可になっていますが















DSC00012この部屋だけは撮影可となっています
小罠扇風機の奥に置いてあるのは特別展仕様の戦時中に使われていた品々です。













DSC00012ちなみにこれは現在博物館の敷地に実際に落ちた不発 焼夷弾だそうで ご覧のような縦長金属製 中身はゼリー状のガソリン類で尾翼代わりのリボンを装着して真っすぐ落ちて瓦屋根を突き破り起爆し燃え広がるように作られてるそうです











WS000002前の画像の補足ですが焼夷弾ってのは大きな爆弾の中に沢山の焼夷弾(ゼリー状のガソリン類)が詰めてあり投下後に分割落下の際に尾翼代わりのリボンに火が点いてしまうため「火の雨」が降って来たように見えたそうです。住宅だけでなく直撃を受けて亡くなった方も多かったんだそうです(/_;)  また空襲で生き残った人たちは上記のような不発弾を拾い集めて中のガソリン類を掻き出し燃料に使ったそうです。

※この画像は「宙平さん」のブログから拝借して来ました。ありがとうございますm(__)m











DSC00013ってことで続きです館内で撮影可能なのはこの部屋だけなので















DSC00014ありがたく写真を撮らせてもらいます
















DSC00015伺ったときは「夏の特別展」で戦争について特集をやっていました















DSC00018戦争中の雑誌
















DSC00019出征兵士への のぼり 貼ってある赤い紙は召集令状です















DSC00021唯一撮影可の部屋の真ん中には昭和を紹介する雑誌類が置いてありライブラリーにもなっているので座って読むことが出来ます













DSC00022すると案内ボランティアと思しき学生さんが「良かったら ここの庭で取れたドクダミで作ったお茶です」と塩飴と共に勧めてくれました(*^_^*)













DSC00024昭和のくらし博物館
元々東京都の建築技師だった小泉孝が建てた自宅を孝の長女で生活史研究家の小泉和子(元・京都女子大学教授)が、昭和時代(特に戦後、昭和20〜30年代)の庶民の暮らしを後世まで伝える目的で、博物館に改築した物である。1999年(平成11年)2月28日に開館した。自宅を改築しただけあって、住宅の間取りを残した館内の構成になっている。






PHOTO002
常設展・企画展・特別展・ミニギャラリー展・座敷のきもの展に分かれ、常設展では小泉家が過ごした住宅風景がそのまま残っている。2階建ての建物で、1階は書斎兼応接間お茶の間台所、座敷。2階は子供部屋,企画展示室,次女の知代に関する記念室,談話室からなっている。







PHOTO001子供部屋では、昭和30年代に販売されていたキャラメル箱のコレクション(不二家,グリコ,明治製菓など)があり、知代に関する記念室では、知代が生前熱中したろうけつ染めグラフィックデザインに関する展示がある。展示だけでなく、昭和の物を作る体験コーナーも充実している。団体割引料金は設定していないが、学校や児童会などの団体客による来館も多い
wikipediaより引用






DSC00026昭和のくらし博物館
東京都大田区南久が原2-26-19
東急池上線「久が原駅」
より徒歩8分くらい
東急多摩川線「下丸子駅」より徒歩8くらい
開館日 金・土・日・祝日 10:00~17:00











d5384100とんかつ自然坊は東急池上線 久が原駅から
徒歩6分くらい














DSC00029久が原の高台にあります















604cb9c1とんかつ自然坊ミシュランガイド東京2015(ビブグルマン)に選ばれてます















0289f2ec12:00~15:00 17:00~21:00まで
水曜定休(祝日の場合は営業)















DSC00035趣のある暖簾をくぐると
















DSC00075落ち着いた店内は広々ゆったりした雰囲気です
















DSC00072ちなみに昼のメニューは
ロース・ヒレ(各2500円)・おまかせ2000円のみ














DSC00036ヒレが一番オススメって何かで見ましたが私はロースが好き(o^-^o) 注文は「お昼食 ロースかつ2500円」と瓶ビール750円を注文













DSC00037こちらは夜のメニュー①
















DSC00046夜のメニュー②
















DSC00051カウンターの上には爪楊枝・七味唐辛子・塩・醤油
※ソースは別に持って来てくれます。















DSC00041カウンターはこんな感じです
















DSC00040瓶ビールはエビス中瓶810円(税込)
薄い切子グラスで飲むビールは最高です(^Q^)















DSC00047飲み終わる頃にソースと漬物
















DSC00083暑い日だったのでお水を頼んだらお茶も頂けました
















DSC00060かれこれ15分くらいで「お昼食ロースかつ2,700円」が登場
















DSC00048漬物は茄子・きゅうり・さくらんぼ・大根
※さくらんぼ 甘口のは梅漬け風甘みと塩気が絶妙です














DSC00055赤出しメチャうま
私が今までで食べたことのある中で一番美味しい赤出しです(^Q^)














DSC00074ご飯は炊き立てで ふっくら(^^♪
















DSC00060とんかつ の器が立派なので
















DSC00062とんかつ が感小さく見えますが
















DSC00064こんなに分厚いし小さくないんです
















DSC00069まずは塩で頂きます(*^_^*)
一見普通の塩に見えますが塩辛くなくって甘みと旨みがたっぷりの素晴らしい塩なんです













DSC00064 - コピーその塩で頂くと肉の旨みと脂の甘みが口中に広がります(^^)v















DSC00076ソースで食べても美味しいので脂の少ない部分はソースで食べるのが好きです(*^_^*)














DSC00079お代わり自由の ご飯 も美味しいのでお代わり















DSC00082脂の多い部分には前述の塩を多めに振って頂きます(^^♪ ここの塩は塩辛くないので少し多めに振ったら脂の甘みが最高に引き立ちますo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o













DSC00078もちろんソースでも美味しいですが
















DSC00082脂の多いところは是非塩で(>_<)v
※さっきと同じ画像ですm(__)m(^^ゞ















DSC00084お恥ずかしいですがまたお代わり(o^-^o)
















DSC00086最高に美味しかったです(^Q^)
















DSC00088食後のアイスクリームも濃厚で美味しかったです(o^-^o)
ちょっと場所が不便ですが美味しいので是非行って見て下さい(o^-^)b













DSC00032東京都大田区久が原4-19-24
東急池上線 久が原駅 から徒歩6分くらい
水曜定休(祝日は営業)
12:00~15:00 17:00~21:00
美味しかったです また行きます(o^-^)b










人気ブログランキングへ 参考になりましたら←ポチっとお願いします


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村   ←こっちも良かったら(^^ゞ



自然坊
とんかつ / 久が原駅千鳥町駅御嶽山駅
昼総合点★★★★ 4.0



渋谷駅案内 と 駒形どぜう(渋谷店) どぜうなべ定食 1,950円4

DSC00103世田谷住まいで渋谷案内ってのも安直かつ安近短で すんません(^^ゞ
なんせ現在 渋谷駅は再開発の真っ最中
ってことで観光案内用に写真を撮りつつ工事の進捗状況を見学してから
かれこれ20年ぶりの「駒形どぜう(渋谷店)」でメチャメチャ美味しい
「どぜうなべ定食1,950円」 ランチで頂いて来ました(^Q^)





7e2d5ec4渋谷駅は東急電鉄の創業者 五島慶太大阪の阪神電鉄(現・阪急電鉄)の小林一三梅田駅開発手法に倣って1934年(昭和9年)渋谷駅に東横百貨店を開店してから開発が進んだ駅で繁華街です。第二次大戦ではその殆どが焼失しましたが戦後 新規開発が進んで現在では新宿池袋と並ぶ3大副都心の一つとなりました 









DSC00159東京の主要ターミナルの1つである渋谷駅には4つの鉄道会社の9路線が集まってまして それぞれが駅舎とか増改築を続けて来たもんですから渋谷駅は地上も地下もメチャクチャに入り組んでいて地元の私でも迷子になるくらい煩雑です











DSC00158東口では銀座線・埼京線JR渋谷駅など工事が進んでます














DSC00037西口では地下工事が中心なのでバス停の移動が頻繁で行くたびにバス停の場所が変わってたり凄く大変なことになってます(^_^;)













DSC00060道玄坂の方から見ると平穏なんですけどね(^^ゞ














WS000023ってことや全体的な老朽化もあったのか東急東横線と副都心線が相互乗り入れで2013年にホームを地上2階から地下5階へ移動した事から東急電鉄が主体となって駅周辺の渋谷再開発事業が始まりました。ちなみにこの大規模開発事業は2027年まで10年も掛かるそうなので それまで このブログを続けてたら 完成まで時々は紹介したいと思います



この画像は「渋谷再開情報サイト」から借用しました。 あ(^○^)り(^。^)が(^∇^)と(^O^)うm(__)m





DSC00003続いて「渋谷ハチ公
忠犬ハチ公(ちゅうけんハチこう)は、死去した飼い主の帰りを渋谷駅の前で約10年間のあいだ待ち続けたという
である。犬種は秋田犬(あきたいぬ)で、名前はハチハチ公の愛称でも呼ばれている。
渋谷駅前にはハチの銅像が設置されており、この「忠犬ハチ公像」は渋谷のシンボルともなっている。
wikipediaより引用







a3ed5d35こんな感じで写真撮ってる人がいっぱい
















1a74c480すぐ向かい側には昔の玉電の車両が置いてあったり















DSC00017日本庭園みたいなのまであります
















765d43c1ちなみにすぐ横を走ってるコミュニティバスの名前も「ハチ公バス」です















4e3d9260渋谷モヤイ像
モヤイ像のなかで最も有名なものが、
東京都渋谷区渋谷駅西口にある「渋谷モヤイ像」であろう。これは、1980年(昭和55年)に、新島の東京都移管100年を記念して、新島から渋谷区へ寄贈されたものである。










DSC00035イースター島のモヤイ像に似ているが、胴体部分はなくウェーブのかかった頭髪を加えたようなデザインとなっている。見る角度により違う顔を持つのも特徴となっている。 wikipediaより引用
喫煙コーナーが出来てから待ち合わせする人が減ったような気がします










7e2d5ec4ってことで次はハチ公前交差点に戻ります















DSC00045ハチ公前交差点の向かい側にあるのが「渋谷センター街















33c88cc4渋谷センター街
飲食店
ファストフード店をはじめ、大型レコード店・ゲームセンターなど多彩な業種の店が営業しており、中学生高校生といった若年層の通行が特に多い。












DSC00058通りの俗称としての「センター街」は商店街の名称に由来するものであるが、商店街の名称「渋谷センター街」の由来についての公式の説明はなく














DSC00059一般には「渋谷の中央(=センター)」の意であると解される
wikipediaより引用














DSC00060渋谷センター街を出て来たら本日のランチ先に向かいます















DSC00062前の画像の「永谷園のお茶漬け」を右に曲がって渋谷マークシティの先がここ「ウェーヴ通り」です















DSC00064居酒屋中心の雑居ビルの多い通りですが
















DSC00157ここに駒形どぜう(渋谷店)があるんです
前は渋谷センター街の奥の方にあったんですが 10年位前に この 「レンガビル」4階に移転したそうです













DSC00155ってことで ここは「駒形どぜう(渋谷店)」です















WS000022駒形どぜう の 歴史 ・ のれん ・ これから

駒形どぜう
東京都
台東区駒形に本店がある飲食店舗どぜう鍋で知られる。1801年享和元年)、武蔵国の越後屋助七が江戸奉公に出て来て、浅草駒形でめし屋を開き、どぜうなべ や どぜう汁を売り出したのが始まり。その後、江戸の大火、関東大震災第二次大戦により店が焼失したが再建した。本来「どぢやう」と表記すべきところを、縁起のいい奇数文字の「どぜう」としたのも初代の発案である
wikipediaより引用









DSC00072渋谷店 お品書き
















DSC00153ってことで開店前に待ってて開店と同時に入店















DSC00080他の人が入ってくる前に
















DSC00096店内撮影(^_-)-☆
















DSC00084注文はランチメニューから















DSC00088こちらは夕食メニューです
















DSC00089瓶ビール669円 と どぜうなべ定食1,950円(^Q^)















DSC00107どぜうなべ登場(o^-^)b
















DSC00103どぜう には大量のネギがお約束(^^)v
ネギの奥は七味唐辛子・山椒・爪楊枝















DSC00099浅め&小さな鉄鍋に下拵えされた丸のドジョウがビッシリ















DSC00115ここにネギを たっぷり載せて更に煮込みます















DSC00123ネギが好みに煮えたら七味をたっぷり振って頂きます
メチャメチャ美味しいです(>_<)v














DSC00119大盛りの ご飯 & どぜう汁 も登場
















DSC00122とっても甘~い味噌汁にもドジョウが丸で入ってます(*^_^*)















DSC00125どぜうなべ はお酒にも最高ですが ご飯にも超最高o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o















DSC00128ネギとドジョウって個人的には鴨ネギより好きです(^^♪















DSC00139小鉢に取るのが面倒なので鍋に直接 七味を投入















DSC00135旨いのなんのって(^Q^)















DSC00144ガンガン食べ進み
















DSC00146あっと言う間に完食完飲















3655b549美味しく満腹になって1,950円なら大満足(o^-^)b
私はビール中瓶を頼んだので総額は2,619円
個人的には渋谷で一番美味しい料理だと思います(*^_^*)











DSC00155駒形どぜう(渋谷店)
東京都渋谷区道玄坂1-5-9レンガビル4F
渋谷駅から徒歩2分~10分 (路線や出口による)
無休(12/31~1/2は休業) 11:30~21:30LO  22時閉店
※ランチは11:30〜15:00 (どぜうなべ定食・柳川定食以外は13時まで)
食べログ紹介HP





人気ブログランキングへ 参考になりましたら←ポチっとお願いします


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村   ←こっちも良かったら(^^ゞ



漁師料理 九絵 (くえ) 九絵定食1,500円 & すずめのお宿緑地公園 大岡山4

DSC00037今回は 食べある記ブログ をやってた頃から行きたかった大岡山駅近く 漁師料理 「九絵(くえ)」 で
豪華で美味しいランチを頂いて来ました(^Q^)
その後 ちょっと離れてますが同じ目黒区 大岡山地域の「すずめのお宿緑地公園」 を
散策して来ました 大岡山地域には仕事と通勤で10年以上通ってるんですが
どちらも行ったのは初めて  駅から離れた住宅街で美味しい料理 と
都会では珍しい見事な 竹林 で 土の香り と 木洩れ日を楽しんで来ました(*^_^*)

画像は   ランチ限定  九絵定食 1,500円





DSC00001ってことで まずはランチです(^^♪
漁師料理 「九絵(くえ)」 は大岡山駅から徒歩2分くらい
ちなみに大岡山駅の上は全てが「東急病院 とっても珍しい駅ビルなんです(^^ゞ












65b0ba2a大岡山駅の改札を出たら右側(北口)へ進み















cb7742f0駅前ターミナルを半時計回りにぐるっとして















DSC00009コインパーキングと不動産屋さんの角を右に曲がったら















DSC00011左側に「漁師料理 九絵(くえ)」が
見えて来ます















JPGここまで大岡山駅から徒歩2分くらい
















DSC00083到着(o^-^)b
















DSC00019営業時間は日曜定休で
月~土 11:30~14:00  18:00~23:30(L.O.23:00)
祝祭日 11:30~14:00  18:00~21:00













DSC00088店頭のランチメニュー
















DSC00035入店するとすぐテーブル席があって
















DSC00025右奥は座敷席
















DSC00079私は1人だったので板場が望めるカウンター席です
















DSC00029カウンターの調味料など
















DSC00025 - コピー私の注文はアサヒスーパードライ648円 と
















DSC00021九絵定食1500円
※ランチメニューのみ税込み表示















DSC00022ちなみに裏面は おすすめディナーメニュー
















DSC00028アサヒスーパードライ648円(^Q^)
ここの生ビール美味しいです














DSC00033ここからちょっと時間が掛かるので店内を物色 トイレに行ったり「ご飯・味噌汁おかわりどうぞ」って
※おかわり3回目からは有料200円
(お米は長岡産)












DSC00037入店後10分ちょっとで九絵定食1,500円が登場(o^-^)b















DSC00048大きな刺身の盛り合わせ
野菜もたっぷり 白いのは新鮮なイカ刺し(^Q^)
どれも美味しいです(*^_^*)













DSC00043煮物と卵焼き
みんな美味しいですが卵焼きがメチャ旨














DSC00055ブリ&いわし大根煮
これだけで ご飯3杯いけます
脂の のったイワシ(>_<)v














DSC00053ゆず風味の美味しい白菜漬け
















DSC00045長岡産と言う ご飯も美味しいです
















DSC00058味噌汁は具沢山の「あら汁」
















DSC00060海老は甘いし
















DSC00063新鮮で美味しくって ご飯に最高o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
















DSC00066お言葉に甘えて ご飯&味噌汁お代わり
















DSC00076あっと言う間に完食完飲(^^♪














DSC00080美味しくってボリューム満点の九絵定食は1,500円
アサヒスーパードライ648円も美味しいのでオススメします













DSC00014漁師料理 九絵(くえ)
東京都目黒区大岡山2-2-1
東急 大岡山駅から徒歩2分くらい
日曜定休
平日 11:30~14:00  18:00~23:30(L.O.23:00)
祝日 11:30~14:00  18:00~21:00
ドラマ「孤独のグルメ」でも紹介されてました











DSC00092食後は観光(?) 駅と逆方向に進みます















DSC00102真っすぐ進むと大通り(環七)に突き当たるので















DSC00108環七に出たら2つ目の信号を右に曲がります















DSC00114また道なりに進むと
















141f5082新緑の公園みたいなのが見えて来たら
















DSC00118すずめのお宿緑地公園に到着です
















DSC00120公園内は竹林と遊歩道
















DSC00121竹林なのでタケノコもいっぱい生えるそうです
















DSC00134一帯は現在のような住宅地になる前は農村で竹林が多く 目黒付近は昭和初期までは筍(たけのこ)の産地として知られていました。一帯の竹林には雀(すずめ)が多く飛び交っていたことから 「すずめのお宿」と呼ばれるようになったそうです。やがて付近が農地から宅地へと変わった中で 地元の一住民の遺志によって所有地が国に寄付され その土地を目黒区が国から借り受ける形で公園として整備 「すずめのお宿緑地公園」 として開園したそうです。






DSC00127すずめのお宿緑地公園の由来
















DSC00124見事な竹林
















DSC00132よっぽど筍盗難が多いようで注意看板がいっぱい
















DSC00130前述のようにスズメなど
















DSC00129野鳥もいっぱい居ました
















DSC00128園内を散策
















DSC00131木洩れ日が良い雰囲気でした(*^_^*)
















DSC00133すずめのお宿緑地公園
















DSC00118すずめのお宿緑地公園(入場無料)
東京都目黒区碑文谷3-11-22
東急  大岡山駅から徒歩15分くらい
東急  都立大学駅から徒歩13分くらい
バス  森91(新代田駅~大森駅) 「大岡山小学校前」 下車  徒歩4分くらい
バス  黒01(目黒駅~大岡山小学校) 「碑文谷三丁目」 下車  徒歩1分くらい



休館日 月・火 (祝日の場合は公開、月火の両日が祝日の場合は公開して翌日が休館)

年末年始(12月28日から1月4日)



人気ブログランキングへ 参考になりましたら←ポチっとお願いします


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村   ←こっちも良かったら(^^ゞ



記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ