2017-2018シーズンのマラソンのまとめ

スポーツ (全文)

多忙にかまけてブログさぼっちゃってますが、一応ぼちぼち今シーズンの総括ってことで。
そもそもレースブログを書けてない時点で次のレースに出ることに罪悪感もあるのだけど、とりあえず近況報告も兼ねてで・・・。

(ちなみに今年はスケジュールの関係で「骨太」の青梅マラソンはエントリーしなかった)




17111211/12 第12回 世田谷246ハーフマラソン
国道246シリーズ 地元愛 4回目
エントリー4回目にしてこの大会に初めて抽選で外れた。
この大会で初の1時間20分切りを狙っていたのに残念。



17112611/26 第4回 青葉区民マラソン
国道246シリーズ 地元愛 2回目
今シーズンの初戦はこれになった。次戦とあわせて短距離マラソンに照準を合わせてトレーニングをしてみたが、いまいち調子が上がらずだった。防寒対策が裏目に出て、スタート直後から暑さにやられた。タイムは昨年より大幅ダウン。



17121012/11 某市ロード大会5km 年代別2位
地元愛 4回目
青葉区民マラソンの悔しさをばねに、そして初めての連覇をかけて挑んだこのロード大会だったが、序盤からライバルに大差をつけられ、惨敗の2位で終わった。3月の大山登山マラソンでのリベンジを誓った。



1803113/11 第33回 大山登山マラソン
国道246シリーズ 骨太マラソン 地元愛 7回目
タイムは大幅ダウンして過去ワーストの50分オーバー。12月のリベンジは果たしたものの悔しい走りになってしまったが、地元大会の雰囲気に和んでしまい、もう自分がどうでもよくなってしまった感じだった(笑)。
前々日に試走へ行ったが、想定外の消耗とリカバリーが間に合わず、スタミナ切れで後半は大タレをかましてしまった。



1704294/29 第41回 武相マラソン
骨太マラソン 地元愛 3回目
もうすっかり常連になった気がしていたこの武相マラソンだが、まだ3回目だった。山あり下りありの超アップダウンコース。前回の1時間25分のタイムを更新するのが目標。1時間22分出ました!



個別にレースレポートも書いたらリンク貼ります。
とりあえず、シーズン最終戦の今週末の武相マラソンがんばります最後の最後でがんばりました。

大山登山マラソンで一息つけると思ったけど、結果があまりにも不甲斐ないものだったので、もう一ヶ月トレーニングを続けて武相マラソンで「自分にリベンジ」を果たしたいと思います。
サブ3達成した40歳以来、ずっと自己記録更新をしたことがなかったので嬉しいです。

昨シーズンのまとめ

(追記5/1)
5月は月間ラン400kmに挑戦します。
今年の1月にもトライしたけど、インフルとかでダウンしていたけど、5月のこの時期ならコンディション崩すことも少なく天候に影響されにくいので、可能性は高いはず。(2月は日数少ないし、3月は大山、4月は武相マラソンに向けた練習方針だったので)

この月間400kmに成功したら、「ウルトラマラソン」への挑戦の道が開けると思っています。

Posted by turquoise at 19:04 | 編集スポーツ |

Facebookの自分の過去のタイムラインを検索する方法2018年春版

技術メモ (全文)

Facebookの過去の投稿を探したいことってありますよね。

特に年月を特定して探すのって便利ですよね。数年前とかの投稿を探すのに、いちいちスワイプ&スクロールして探すのはアホらしいし、パケ代もったいないし、PCやスマホのメモリー不足でときどき落ちるし・・・。

以前のFacebookの仕様では自分のプロフィールページに入ってタイムラインを下に向かってスクロールしていると、やがてページ上部に「年月」のタイムバーが出てくるので、それで年月を指定する方法ができたんだけど、2018年春前になぜかそのタイムバーが出てこなくなりました再度、年月を選択できるタイムバーが出てくるようになりました

不便!

で、方法を探してみたらこういうやり方で年月指定でダイレクトにタイムラインを探す機能ありました。
(え?もしかしてスマホアプリ版とかにはずっとこの機能あるのかな…)

PC版なら:
https://www.facebook.com/(自分のユーザー名)/timeline/2017/4/
というURLにアクセスすればOK。
自分のFBユーザー名は、自分のタイムラインを開くときに出てくるURLで分かります。
ミソは、ユーザー名URLの後に、timeline/年/月/ と続けるだけです。
月の数字は1〜9月はゼロを含めてはいけません。

Facebookはしょっちゅう仕様変わっちゃうから、またタイムラインの年月検索の仕様が変わったらまたレポートします困っちゃう。
この方法ならタイムバーからAJAX/JSON的にちんたら探すことなく、URL指定によりダイレクトでその年月の投稿を出力できて便利

(追記4/20 「プロフィール」でのタイムバーが復活したので記事を修正しました)
Posted by turquoise at 21:36 | 編集技術メモ |

大山登山マラソンの試走に行ってきた2018

スポーツ (全文)

2018大山登山マラソン08_フィニッシュ
お休み取れなくてなかなか現地練習に行けなかった今年だけど、とりあえず試走に行ってきました。
こんなギリギリ2日前というタイミングで行くのは初めてで、果たしてこの歳で回復が間に合うのか心配・・・。



例年だとポイント練習やインターバル練を現地コースでやっていたんだけど、今年は時間都合もあり、また両方とも自分の地元でできる(地元のほうがもっとヤバい)ことが分かってきたので、今年は軽めの試走で済ませ余計な緊張要因を取り払う目的で行ってきました。続きを読む
Posted by turquoise at 23:39 | 編集コメント(0)スポーツ |

SPECIALIZED in Cape Epic

スポーツ (全文)

そろそろ今年もCape Epicの季節ですね。
スペシャが公開している2012〜2015の参戦時の動画をYouTubeの「プレイリスト」にしてみました。
本家スペシャのYouTubeチャンネルのプレイリストは再生順番がめちゃくちゃなので、自分でプレイリスト作って整列させてます。2015年、2014年、2013年、2012年の順です。

なぜか2014年の動画はあるのにプレイリストがなかったりするので、過去のCape Epic参戦の全部を「1つ」のプレイリストで。
動画は全部で42本。続きを読む
Posted by turquoise at 22:23 | 編集コメント(0)スポーツ |

不要不急の意味

技術メモ (全文)

ブログご無沙汰していま〜す。
あっちこっちにネタを投下しているので、自分ちの更新が疎かです。
近々アップデートがあるんで楽しみにしていてください。

さて今年も雪が降りますね。
こういう事態になると最近マスコミでは「不要不急の外出は控えるように」なんてよく言います。

この不要不急というのは戦時下に流行ったボキャブラリーでして、それが最近になってまたよく使われるようになりました。
要するに「自然災害が予測される事態において、余計だったり無計画な外出をせず、家でおとなしくしていろよ」という意味なのですが、今のテレビマスコミが使うようになったのはちょっと経緯が違います。

「今おでかけするなよ」という意味ではなく、この言葉がテレビラジオネットで使われるようになったら「非常時になる前に備蓄や対策を行いなさい」というのが本旨。
以前はこの本旨のとおりアナウンスしていたんですが、これだと事前の備蓄で急激にスーパーなどに買い物に走って過剰な買い備えと品切れが発生する事態に陥ったのでした。

マスコミが煽ったことにより、店頭から水や非常食や非常時対策アイテムなどが消えるという社会現象があったことの反省から、自然災害の前などに本来我々が取るべき行動を必要以上に煽るのではなく、「今おだかけするなよ」という間接的な表現によって、そうなる前に「事態に備えて対策をせよ」ということを啓蒙しているのだそうだ。

DSC00315
関係ないけど、この写真は数年前のうちの近所にて。
大型トラックってチェーンを巻いても坂道を登れなかったりするのよね〜。
空荷だとリアタイヤの加重が足りなくてホイールスピンしてました。
お巡りさんがタイヤに滑り止めの板などをかましたりしてましたが、このときは結局自分が荷台に乗って上で跳ねることでリアタイヤに強制的に加重をかけることでトラクションを回復させました。
周囲に重りになる荷物とかがあればそれでも良かったんですけどね。

それに気づくまでにうちの前の準幹線道路は渋滞して大パニックになってました。
皆さんもスリップ事故などにお気をつけください。

Posted by turquoise at 16:45 | 編集コメント(0)技術メモ |

【本当は福逃し?】くたくたグダグダ三浦七福神めぐりで開運ツーリング【新春恒例】

自転車 (全文)

ア ハッピー ニュー イヤー!
新春恒例のW屋の三浦七福神ツーリングに、久々に参加。
三浦七福神めぐりというと昔だったらどこぞの旅番組みたいなユルい企画だけど、新春にこの三浦半島方面をロードバイクでツーリングするイベントも今年で9年目。いつの間にかW屋で一番人気のあるロードツーリングイベントになっていました。
2018MIURA七福神_30_宮川公園風力発電_DSC01990

  • 7つの札所をお参りして福を招こう
  • 七福神という日本らしい信仰文化を学ぼう
  • 同じ神奈川県内の観光名所を回ろう
  • 真冬でもなるべく温かい環境で程よい距離のサイクリングをしよう
  • ご馳走は三崎漁港名物の海鮮丼で感謝


  • こんなテーマで9年目の新春の三浦半島をツーリングするプランです。
    続きを読む
    Posted by turquoise at 09:00 | 編集コメント(0)自転車 |

    ロードバイクやMTBのチェーンの交換時期

    自転車 (全文)

    自転車のチェーンの交換時期って、一般的には走行距離などを目安にすることが多いようですが、使用しているチェーンオイルの種類や走行環境によって漠然としています。
    チェーンの交換が必要な理由の一つにチェーンの「伸び」があるのですが、この伸びをチェックする方法があります。
    171112チェーン交換の目安
    この画像の黄色矢印はチェーンリングの変速ピン、水色矢印はチェーンのリンクピンです。
    クランクに強い力を入れて回そうとすると、この二つのピンがズレるのが、この動画で分かります。続きを読む
    Posted by turquoise at 17:54 | 編集コメント(0)自転車 |

    またまた羽田空港にサイクリングしてきた

    自転車 (全文)

    171024羽田空港サイクリング01
    今年はまだ一度もツーリングを実施してないのに、もう2017年は残り2ヶ月。
    「筆」のほうもなかなか進んでいないほど忙しいんですが、久々に羽田空港までロケハンしに行ってきました。
    去年の羽田空港ツーリング

    お店のツーリング記事が想像以上に好評のようで、またツーリグを企画したいと考えていたのですが、羽田空港もいろいろと「変化」が進んでいるようなので、また事前の下見をしておきました。

    続きを読む
    Posted by turquoise at 19:52 | 編集コメント(0)自転車 |

    もうスペシャ2018モデル、も出る「S-Works Epic Hardtail Carbon SRAM 29」

    自転車 (全文)

    170527sw-e-ht_02月に先行してフレーム販売が始まったS-Works Epic HTだが、夏前に完成車のほうも販売が決まった。
    しかも伝統的S-Worksカラーを纏って、今度こそ市場にお目見えすることになった。

    一度仕切りなおしとなったことで、改めて新登場するEpic HTについてご紹介。続きを読む
    Posted by turquoise at 20:15 | 編集コメント(0)自転車 |

    春恒例?の三浦半島一周ドーロ練を2017年はノンストップで

    自転車 (全文)

    170417三浦半島一周11_DSC08881普通のサイクリストなら、温かくなり始める3月くらいがシーズンインなのだろうか。
    その時期はまだマラソンに傾倒している自分は、4月になってようやく自転車に乗る季節がやってくる。
    そして毎年この時期には長距離対策として三浦半島一周を走るのが恒例化。
    今年もこの三浦イチをやるのだが、今回は初めて補給ストップなしの160kmライドに挑戦することにした。
    続きを読む
    Posted by turquoise at 05:23 | 編集コメント(0)自転車 |

    MTBをドロップハンドルに交換してロードバイク化、・・・はオススメしない【お手軽にディスクブレーキ仕様のロードバイク】

    自転車 (全文)

    安価にディスクブレーキ仕様のロードバイクを組めないものか?
    中古のMTBフレームをロードバイク化できないのか?
    そんなことを昔は考えていました。
    (参考: ロードバイクをディスクブレーキ化する )

    まずは以下に、ロードバイクとマウンテンバイクのジオメトリー設計の違いをまとめてみました。

    ・(ロードバイク)ホイールベースが短い
    ・(ロードバイク)→フレームとしては直進安定性が悪い
    ・(ロードバイク)→コーナーでハンドルが舵角してもスピードが落ちない
    ・(ロードバイク)ハンドル幅が狭い→悪路でのハンドル安定性が低い
    ・(ロードバイク)ステムとハンドルによるリーチ量の突き出しは長い
    ・(ロードバイク)→ハンドルグリップ位置が遠い
    ・(ロードバイク)→直進安定性を確保している
    ・(ロードバイク)ヘッドアングルが立っている→フォークのトレイル量が舵角によって変化しにくい
    ・(ロードバイク)トップチューブの水平距離は短い

    ・(マウンテンバイク)ホイールベースが長い
    ・(マウンテンバイク)→悪路での直進安定性が高い
    ・(マウンテンバイク)ハンドル幅が広い→悪路でのハンドル安定性が高い
    ・(マウンテンバイク)ステムは短い→乗車姿勢にゆとりがあり、重心移動がしやすい
    ・(マウンテンバイク)トップチューブの水平距離は長い
    ・(マウンテンバイク)ヘッドアングルは寝かせ気味→悪路の下りでハンドリングが安定しやすい


    MTBをドロップハンドル化してもディメリットもありますが、手っ取り早く、お手軽にディスクブレーキ仕様のロードバイクするのにMTBのフレームを使うのもいいと思います。
    ロードバイクもMTBも、ハンドルまでのリーチ量は同じですが、.侫譟璽爐離掘璽肇船紂璽屐船悒奪匹凌緤慎離、▲好謄爐瞭佑出し量、ドロップハンドルの場合はリーチ量、がまったく異なる乗り物です。MTBをドロップハンドル化して、短いステムと短いリーチ量のドロップハンドルを入れて、MTBだったときと同じハンドルまでの距離を確保できたとしても、それは自転車本来のハンドリング性能ではないはずです。

    結論。
    「MTBはトップチューブの水平距離とハンドル幅」「ロードバイクはステムとハンドルのリーチ量」で、それぞれハンドリングの安定性を確保しています。
    組み合わせを変えて仮に同じリーチ量を確保したとしても、本来のハンドリングとはかけ離れたものになります。見た目はロードバイクにそっくりになっても、走行性能までは同じとは行かないはずです。
    適正なハンドリング性能で快適なロード仕様のバイクを組むなら、ホイールシステムのみ700c化したフラットハンドルのままのMTBがいいのかもしれません。
    まぁ、それでもMTBフレームでロードバイク組んでみたいという願望も自分にはあるんですが…。

    あと、もしMTBをドロップハンドル化するなら、フレームサイズの小さな26インチホイール用のMTBフレームならまだマシかもしれません。トップチューブが短ければ、長めのステムを入れてもハンドルが遠くなりすぎないからです。その代わり、コーナーでハンドルを切ったときに前輪タイヤが足の爪先に当たる可能性もあるので気をつけましょう。
    Posted by turquoise at 23:25 | 編集コメント(0)自転車 |

    2016-2017シーズンのマラソンや自転車のまとめ

    マラソン (全文)

    ここへ来てまったくブログ更新が途絶えてしまいましたが、今年のマラソンシーズンは順調に走っています。
    レポートができたら別途またブログ書く予定ですが、とりあえずここではダイジェストで。


    161113世田谷246ハーフ11/13 第11回 世田谷246ハーフマラソン
    国道246シリーズ 地元愛 3回目

    この大会での自己ベスト更新を狙って挑んだ3度目の出場でしたが、序盤での飛ばし過ぎが影響して1分近く目標に届きませんでした。



    161127青葉区民マラソン11/27 第3回 青葉区民マラソン
    国道246シリーズ 地元愛 初参加

    ローカルな大会に初参加。年代別で入賞が目標でしたが、力不足で僅かに入賞圏内に入れませんでした。



    16121212/12 某市ロード大会5km 年代別優勝
    地元愛 3回目

    目標だった王座奪還・2年ぶりの年代別優勝でしたが、2年前のタイムより大幅に遅く、ライバル不在での優勝ではやや物足りない結果でした。



    170219青梅マラソン2/19 第51回 青梅マラソン 30km
    骨太マラソン 3回目

    初参加から8年目で、初めて本気で出場できた青梅。
    特に目標を設けてはいなかったですが、エントリー時の申請タイムどおりで完走できました。
    成績よりも、今年は完走できたことが一番の収穫でした。



    170312大山登山マラソン3/12 第32回 大山登山マラソン
    国道246シリーズ 骨太マラソン 地元愛 6回目

    一番愛着のある大会。メジャー大会を好んでいた自分を大きく方向転換させてくれた思い入れのある大会。
    今年も入賞狙いでしたが、残念ながら例年通りの暴走&惨敗っぷり(笑)。



    170429武相マラソン4/29 第40回 武相マラソン
    骨太マラソン 地元愛 2回目

    4年前に初参加したこの大会に久々にエントリーしました。
    青梅と大山に並ぶ「骨太マラソン」として位置づけています(当社比)。



    ここまでを総論すると、青梅以外は目標に届かなかったレースばかりでした。青梅は特に大きな目標を立ててなかったので、今シーズンは惨敗レースばかりと言えるかも。
    調子の良かった2012〜14年というのは、SDA王滝や山形ライドや定番だった三浦半島一周などの超ロングの走り込みをやっていたのに対し、最近はそのどれもやってないのが今年のイマイチさに響いている気がする。
    トレーニング内容に対する効果と、基礎代謝や体の回復力が衰えているのは、決して年齢のせいだけじゃないと思う。
    減量を意識する必要も出てきて、それまでやってなかった食生活の制限が辛くなってきた最近です(笑)。

    ■余談
    2016年は日頃の感謝の意を込めて、W屋でツーリング等を引率し、そのトータルで1000kmを目指すということをやってました。
    以下が去年行ったツーリング。同じコースは2回目以降はカウントしない。

    三浦半島一周(3月) 160km
    火曜周回 約30km
    丹沢ツーリング(5月) 155km
    土曜ロード練 約90km
    里山初級ツーリング 約30km
    湘南パトロール 約70km
    富士百景ツーリング(11月) 200km
    羽田空港ツーリング(11月) 94.5km
    土曜ロード練(冬) 約70km

    トータル約900kmで終わり、残念ながら目標に届きませんでした。年明けに怪我をしていたのが響いた格好です。
    あと火曜周回やロード練など毎週開催のものをカウントすれば足りるんだけど、そもそもトレーニングはツーリングではないので、一回だけのカウント。
    最大のウリだった海・山・空のツーリング四部作でしたが、入念にプランを練ったおかげ参加者の皆さんには好評だったので良かったです。あの「東名パト」をツーリングとして企画していればちょうど000kmに届いたんだけどなぁ。
    Posted by turquoise at 06:14 | 編集コメント(0)マラソン |

    【Boost 148マイナス?】スペシャ142+規格のMTBハブを作る?【魔改造?ハッキング?】

    自転車 (全文)

    店長のタイムラインに久々に魔改造の投稿が出ていた(笑)
    スペシャMTBのリアハブの独自規格である142+と互換性のあるハブを作ってしまおうというものだ。

    まずはコチラを参照。
    "specialized 142+ rear hub solution - DT swiss 240/360 12x142 rear hub with shortened 148 endcap converter"
    shorten the right endcap 2mm due to align with 142+'s sprocket position, and shorten the left endcap 4mm.
    also retain the brake rotor 2mm out to fit to the correct position using some spacer.


    数年前に「X-12」または「12×142mm」と呼ばれるリアハブ規格が登場し、スペシャはこれを更に独自に進化させた142+(ひゃくよんじゅうに・ぷらす)規格のMTBフレーム(リアエンド)とリアハブを自社製品に展開した。続きを読む
    Posted by turquoise at 00:43 | 編集コメント(0)自転車 |

    鶴見川沿いから羽田空港ツーリング

    自転車 (全文)

    161123_羽田空港_01好評だった羽田空港サイクリングの話をこっちでも掘り下げてレポート。

    旅客ターミナルまで自転車で行って、浮いた交通費で軽く空港内を観光しましょう。



    続きを読む
    Posted by turquoise at 08:00 | 編集自転車 |

    スペシャライズド2017 カタログに載っていないその他いろいろ FateやEraやMTBの海外モデル

    自転車 (全文)

    SPECIALIZED2017_EQUIPMENT完成車のみならず、ヘルメットやシューズなどのエキップメント商品が充実しているのもスペシャの魅力の一つ。
    オンラインカタログでは分からないであろう、一部アイテムをご紹介。続きを読む
    Posted by turquoise at 00:50 | 編集コメント(0)自転車 |

    普通のロードバイクにディスクブレーキを取り付けるには

    自転車 (全文)

    どうしても手持ちのロードバイクをディスクブレーキ化したいなら?

    フロントだけをディスクブレーキ化することは難しくありません。自転車のブレーキングで一番応力がかかるのはフロントですから、フロントだけをディスクブレーキ化するのはコスパが良いかもしれません。

    用意するものは:
    ・ディスクブレーキ台座付きフロントフォーク
    ディスクブレーキ本体(キャリパー)※機械式ワイヤー引きのディスクブレーキ
    ・ブレーキワイヤーとアウターケーブルと、ドロップハンドルならグリップテープの巻きなおし作業
    フロントホイール
     ・手持ちのホイールを分解して、ハブをディスクブレーキ対応に変えて組み上げる
     ・ディスクブレーキ対応のフロントホイールを買う
    ブレーキローター(直径は160mmが良い・ハブに取り付ける規格が6穴式とシマノセンターロック式の2つがあるから、それに合せて選ぼう)

    続きを読む
    Posted by turquoise at 14:53 | 編集コメント(0)自転車 |

    スペシャライズド2017 ロードバイクいろいろ Tarmac Amira Venge Roubaix Ruby Allez Shiv

    自転車 (全文)

    160726_SPECIALIZED2017_EPIC_HARDTAIL_13いよいよスペシャのオンラインカタログが刷新されました。
    それを経ての7月の展示会でのSPECIALIZEDロードバイク2017年モデルをおさらいしてみました。
    続きを読む
    Posted by turquoise at 04:49 | 編集コメント(0)自転車 |

    SPECIALIZED 2017 クロカンレース向けハードテイルMTB 「Epic Hardtail」(2月下旬更新あり)

    自転車 (全文)

    160726_SPECIALIZED2017_EPIC_HARDTAIL_01スペシャ2017年モデルの中で、イロイロと変更点が大きかったのがこのEpic ハードテイルでした。
    同社の代名詞的MTBの「StumpJumper」の名前を関したハードテイルMTBが2016年モデルまでXCレース用バイクとしてラインナップされていましたが、この度のリストラを受けて体制が変わったのです。
    StumpJumperという名前は、トレイル用フルサスMTBの「StumpJumper FSR」に一本化され、XCレース用ハードテイルMTBは「Epic ハードテイル(HT)」として改称されました。
    そのリストラのついで(?)に、このハードテイルXCレースバイクは大幅に仕様が変更されました。

    (紆余曲折あって、Epic HTのS-Works完成車が2017年5月末に「2018年モデル」として再登場)続きを読む
    Posted by turquoise at 17:08 | 編集コメント(0)自転車 |

    Disc化とスルーアクスル化のSPECIALIZED VENGE VIAS 2017年モデル

    自転車 (全文)

    160722_SPECIALIZED2017_SW_VENGE_VIAS_DISC_eTAPスペシャの2017年モデルの目玉の一つがこれです。
    エアロロードのVENGE VIASがディスクブレーキ化されました。

    「なんで最初からディスクにしなかったんだよ〜!?」

    続きを読む
    Posted by turquoise at 23:01 | 編集コメント(1)自転車 |

    自転車タイヤのチューブレス化作業に、夏レジャーのお供に、「エア・リザーバータンク」いろいろ

    自転車 (全文)

    160719_tubeless_air_tank_1「チューブレス」というシステムは、MTBやロードバイクのホイール性能を飛躍的に向上してくれてます。
    タイヤのグリップ性能の高さと転がり抵抗の低さを、安価に提供してくれるこの仕組みは、近年のスポーツ向けバイクに当たり前のように普及してきました。

    そのチューブレス化作業で一番難儀するのが、タイヤをリムに嵌めて空気を入れてタイヤビードを適正位置に上げる「ビード上げ」の作業です。
    お店屋さんに持ち込めばコンプレッサーを使って確実にやってもらえる作業ですが、作業工賃はもったいないですね。
    続きを読む
    Posted by turquoise at 22:13 | 編集コメント(0)自転車 |