ブログネタ
アリス・イン・ワンダーランド に参加中!
アリスの世界は子供の頃から大好き!
私のファーストアリスは、3、4歳頃、家にあった、「童話かるた」。世界の名作童話の名シーンが、ひとつのお話につき二枚ずつ入っている。アリスは涙の海、と大きくなりすぎて家からはみだしているシーン。その絵がすごく気に入っていて、 童話を買ってもらったのが小学二年生のお誕生日。
中学生の時、英語の教科書にテニエルの挿絵のアリスの話が載っていた。それは子供の頃、読んだものと全然違っていた。それは、「不思議の国〜」と続編の「鏡の国〜」が混ざっていたのだ。それから、図書館でアリス研究の本など見つけると借りてきては、読んでみた。また、多分その頃、北村想という作家が、「不思議の国のアリス」という戯曲をいとうつかさ主演で書き下ろした。私はいとうつかさのは見ていないんだけど、近所の大学生が文化祭の時、子供相手に演じたのを覚えている。
高校生の頃、アリスのモデルになった女性の生涯をテーマにした映画が話題になり、ひとりで映画館に見に行った。そして、大昔にパラマウントで実写アリスがつくられたのだが、日本では未公開という話を知る。いつか見てみたいものだ、と思う。
日本では何年かに一度、アリスイヤーというのがやってきて、アリスが大ブームになる、という話も、その映画のパンフレットで読んだのだと思う。今は懐かし、DCブランドのデザイナーたちがこぞってアリスモチーフの服をつくっていた。80年代後半だったと思う。今もあの頃買った、アツキオオニシのハンカチやタオルを大事に取ってある。
テニエル挿絵のグッズは、自由が丘や代官山なんかのオシャレな雑貨屋さんとかに置いてあって、当時、お小遣いと相談しながら買い集めたものである。
次のアリスブームは95年頃? ディズニーランドがアリスフェアを開催! 年パスもないのに何度もリピートしてしまいました。グッズもいっぱい買った! 今なお現役のグッズもアリ。
そしてまた今年。空前のアリスイヤー。
ティム・バートン、ジョニデ、アリスという、私の大好きな世界ががっぷり三つ組みで、もう、期待が高まり過ぎてどうしていいかわからない。
そして、今度のアリスのキモは、なんと言っても「戦う!」ところだ。
原作のアリスは知恵を働かせはするけれど、戦いはしない。最後には騎士に助けてもらうのだ。(確か)
子供の頃、魔女っこキャラが好きだった。魔女っこはお姫様っぽいのに戦っちゃうところが好きだった。多分、今のプリキュアとかのルーツである。
可愛いお姫様の(正確にはアリスは良家の子女ではあるが、プリンセスではない。でもお金持ちだから一応プリンセスと言うことで)アリスがブロンドを翻し、鎧に身を固めているところを見ているとワクワクする。
女の子の夢だわぁ! と思う。と同時にまた、女性の軍服姿には一種倒錯した色気があるから、男子もドキドキするんじゃないかな。私はエヴァは薦められたにもかかわらず挫折した口だけど、
あのピッタリしたラバースーツ、やはり、鎧に通ずるものがある。
ユニクロのアリスコラボ服も、どんなのが出るか、楽しみ〜♪