なんか、話題になっていますけど、


思想がどーのこーのとか、いらんのです。

ここ数日は右寄りの方々が教育会を賑わせておりますが、
教育会といえば、左寄りの方々が多い世界でもありまして、
教育学部に進学する際に、引っかかっていた部分です。

どっちがいいとかではなくて、どっちの思想も押し付けてこないでください。。。

教育の場を思想の押し付け合いになることに対して疑問に感じていたんですが、
ちょっとまとまった考えが思い浮かんだので、メモにしておきます。

どちらの方々にも不快さを感じてしまう



主義思想を全面に押し出そうとする人たちって、押し付けようとするんです。
「国歌斉唱する際は起立して、歌うんじゃー」とか
「国歌なんてクソくらえ。起立もしないし歌わんぞー」とか
極端な方々がいらしゃって正直迷惑に感じている教員です。 
「まぁ国歌だし、ここはちょっと立って歌っておくか」とかぐらいじゃダメですか。
礼儀として起立ぐらいはしておいたほうが人間としてまともかなと思うから立つわけで、
国歌だから口ずさんでおこうかなぐらいのテンションですけどワタシ。

カナダに研修旅行で行った際に、 アイスホッケーを観戦したんですが、
試合前に国歌斉唱があったんです。アメリカとカナダの両国歌の。 
観客全員総立ちで、静かに聞いていました。アメリカの国歌でも立って聞いています。
カナダの国歌は口ずさんでいます。人それぞれの声の大きさですけど。



「君が代は国歌として認めない!起立などしない!」とか思想を振りかざす人がいますし、
「君が代は国歌じゃ、歌わんと認めん!」と逆側の思想を振りかざす人もおりますが、
外交上どうやらNational Anthemが必要になって、経緯はどうあれ150年ほど
それっぽく歌い続けているんですから、まぁ、形式上歌っておけばよくないですか?
で、National Anthemは流れる際は、起立ってのが好ましいので、それに従うという
国際基準に則っていまーす。程度です。庶民は。

思想振りかざして国歌斉唱の際に起立しないのって、国際基準としては失礼な振る舞いですので、教育界の方々は、それを子どもに伝えることの意味を理解してもらいたい。かといって、起立しているからといって、全て信じている訳でもないですから、その辺も理解しておいて欲しいですね。「別にどちらの思想を受けとる訳でもないですし、そんな深いことまで子どもは考えとりゃしません」程度ですって。サッカーの日本代表戦での国歌斉唱を眺めながら、左右の主義思想など考えてる方はどちらも少数派ですから。

必要なのは食える力だって



教員やってて感じるのは、どちらの思想の方々も、「教師=仕事 」の感覚が欠如していませんかと。まぁ、思想の伝道師ですから、仕事って捉えてないんでしょうけど。教師は職業であり仕事ですから。
理想を振りかざしても、ある程度の収入は必要なんですよ。理想論ばかり言ってても生きていけないの。稼がなきゃ生きていけないんです。たくさんお金稼ぐでもいいし、お金はちょっとでいいから楽しく人生歩みたいでもいいし、サヴァイブしていかなきゃいけない時代になってんだから、子どもにその力を個々が身につけられる場の設定が最優先じゃないの?と。どんな生活したくて、それにはどんなことが必要で、だから何を学んでいかなきゃいけないのかをきちんと考えさせないと。

教師も自ら仕事に対して対価を得ることにきちんと向き合うべきだし、収入はどこから得られているのか理解して、どんな財政状況か、収支バランスは問題ないのか、などなど。社会に出て働かないといけない子どもたちに、きちんとオトナになりましょうよと。

あまりにも学校という社会が世の中の普通からかけ離れてしまっていて。そこに、両極の思想村の住人が最後のお花畑として狙っているのかもしれませんね。子どもを食い物にしようとするのはやめて欲しいですね。彼らの生きていく術を見つけるのが教育の場ですって。 子どもと真摯に向き合いませんか。彼らの話を聞いて、オトナもきちんと伝えて、対話するのが、本来の姿ではないでしょうかと。。。