2018年08月17日

2017年 広島帰省は、過去最悪でありました!

2018年、8月某日、アタシは、家族3人で広島の
田舎に帰省しました。
夜中に豊田を出発し、お盆帰省真っただ中、途中
渋滞の高速道を、ひたすら西を目指して、、。

最悪の出来事は、その2日前に起こりました。
お盆休み前日に、友人とどちらも腰痛持ちで、尚且つ、
彼は数日前、2mの高さから何故か、飛び降り、したたか
腰を強打、、。
アタシは、ここ4か月は、ストレッチなどして持病の腰痛を
経験せず、楽しい!日々を暮らしてましたが、連日の
猛暑に耐え切れず、毎晩、クーラーのお部屋で朝まで
快適にお寝んねしてました、、。

が、これが災いの元、やはり体は冷えたのでしょう!
必ず、朝、通常の快便が下痢に、、。
それが要因か、少し左わき腹に、違和感が、、。
ということで、彼が素晴らしい鍼灸院が、近くにあるので、
一緒に行こう!と、、。
軽い気持ちで、本当は、何時も見て頂いてる石川接骨院に
行きたかったのですが、ま、いいか!

これが、最高の処置をして頂いたのでしょう。
体の各所に針と、特殊なお灸をしていただきました。
彼は、処置後、治った!
アタシは、直立しても、まだ、違和感がありました。
そのまま、自宅に帰ってから、だんだん、腰が、、。
その晩は、痛くて寝がえりもうてなく、。

翌朝、あまりの痛さに、無理して、石川接骨院に朝、行きました。

が、その日からお盆休み、、。
その晩、翌早朝には、広島行きが、、。
しかたないので、自宅に帰り、安静、、。
しかし、事態はますます、酷くなりばかリ、。
思いついて、以前に買ったわさびふりかけの瓶(コカコーラ
みたいな、断面がH型、または糸巻き)を腰にあてて、
ぐりぐりと、、。
これが、指圧の如く、痛いのですが、ピクンとする痛みが消えて、。

そのまま、深夜、何とかシートに殆ど、背もたれを直角に
して、出発、、。
何とか、中国道に入って、トイレ休憩!
ここまで、約4時間、、。
車両から、出ようとしても、腰が痛くて、出れません状態、。
何とか、はい出るようにして、。

で、家内に交代してもらい、朝、6時半ごろ到着、、。
そして、田舎では、そお、草刈の出来る状態では、、。
その日は、何とか、わさびふりかけの瓶と兄貴の作った
タオルで直径10cm、長さ40cmの棒状の物を
腰に敷いて、ぐりぐり、、。
兄貴も、腰痛持ちで、、、。

食事は何とか、這い出ていただきますが、あとはお寝んね、、。
頑張って、近くの遠藤家の墓所(田舎では、自分の墓所が
ある)まで、100mをヒイヒイいいながら、何とかお参り!
ということで、その晩は、そのまんま、ナーモせず、終始
布団と仲良く、、。

入院してる母を迎えに、八本松の病院に、。
その途中で、ドラッグトアにより、皆から言われた”ロキソニン
S"を購入。
これが、効きました。

で、もって、家内と娘は、翌日、豊田に先に新幹線で帰る
予定になっていましたが、アタシも極つぶし状態ですので、
これ以上、お世話になっても、お手伝い(草刈)が出来ない
ので、断腸の思いですが、翌日、午前中に豊田に一緒に
帰りました!
帰りは、ロキソニンSが効いたのか、腰のズーンとくる痛みと、
ピクンとくる痛みからは、解放されましたが、、。

ということで、今、あれから、四日経過しました!
何とか、腰は痛みが少なくなり、少しづつ家の周りのを
歩いて、腰を鍛えております。
例の鍼灸は、多分ですが、もみ返し状態になったのでは、。
兎に角、腰痛は、たまに痛みが出だすと、自分でストレッチ
をして、何とか切り抜けるのですが、今回、あまりに鍼灸が
効きすぎたのか、、。

また、ここ毎日の猛暑に我慢できず、朝までクーラーを
効かしてお寝んねが、体を冷やし、おなかを下したことで、
腰を痛めたことと、重なったのでしょう、、。

そう、責任転嫁ですが、猛暑に負けたアタシが悪いので
あります。
年2回の広島帰省の時に、こうなったことは、アタシの普段の
不徳と、猛反省してるところでありまする!

まあ、広島で入院してるオフクロを、自宅にお盆の間だけ
帰すのは、何とか、アタシが勤めましたので、少しは
親孝行の真似事は出来たと、思っております。

家族や広島の兄貴夫婦などに、心配、迷惑をかけたことが
非常に、心苦しいであります。

次回、気を付けるであります。
楽しくないお盆休みのツルタでありました!

広島の兄貴夫婦の作っってくれた食事と、自家製の漬物、
そして今回初めて作ったそうですが、庭に植えた山椒の木
から出来た、山椒の実と、ちりめんで作った、山椒
ちりめんは、京都”はれま”のそれと同等なくらい旨かったです!

アタシも、チャレンジしよっと!

つづく。

turuta_s_room at 09:55|この記事のURL

2018年08月10日

ポルシェ987ケイマン 整備完了

IMG_4816


987ケイマンです。

車検整備と、前回、エンジン換装しましたが、その時、ヒータ

ホースの一部が、部品間に合わなく、今回、その作業をしました。
また、エンジンを脱着するとき、エンジン回りの室内部品に
キズをつけてしまったので、その修理も行いました。

さあ、明日からアイコードは、長い夏休みを頂きます。

アタシは、例に如く広島に帰省します。
愛知県は、キケンと言われるほど、最強の酷暑に見舞われて
ますが、広島も連日暑いそうです。

リポビタン タウリン配合の強烈な栄養剤を持っていき、
夏バテしないよう、働きたいと思っております。
そう、草刈と、土留めの手伝いが出来れば、、。

皆様も、どうぞ、お体に気を付けてくだされませ!
盆を働きどうしの方々には、さらにご自愛ください。
自分の健康は、自分で気を付けるしかありません!

アタシは、昨日から持病の腰痛が左腰に、、。
毎夕方、30分のストレッチやってるんですが、、。
痛いであります。

単車通勤が、効いてるのか、、!

つづく。

turuta_s_room at 12:05|この記事のURL

2018年08月09日

ポルシェ993カレラTip 車検整備で入庫 2

IMG_4802

993カレラTipです。

前回の車検から2000kmも走行してないそうです。
ま、しかし、乗らなければ、経年劣化など早まる場合も
ありますので、月に1度は、50km以上は、回転上げて
走行していただきたいです。
燃料ポンプなど、燃料タンクも含め、傷みやすくなります。

IMG_4803

今回、タイヤを新品交換しました。
ご希望は、ピレリ P-ZEROでしたが、サイズが欠品中。
ということで、初めてミッシェランを履くそうです。
タイヤは、もちろんですが、新しいのに限ります。
グリップ力、コーナリング、制動力、そして、ハンドリング
が向上し、気持ちも盛り上がります。

つづく。
turuta_s_room at 12:35|この記事のURL

ポルシェ964カレラ5MT 納車前整備 2

IMG_4790

964カレラ 5MT後期モデルです。


IMG_4794


レーシングペタルを組付けます。
すでに、RS用ショートシフトは組んでありました。


IMG_4796


ステアリングは、オーナーさんの希望で、ナルディ製
クラッシクです。

IMG_4801

IMG_4797

今回、一番の心配はリヤに18インチの10Jホイールが、
入るかどうかでした、、。

絵のように、パツンパツンであります。

IMG_4804

ポルシェ純正スタッドボルト付き17mmのアルミ
スペーサーを取り寄せ、ホイール内側はクリア!

フェンダー側は、ギリギリなので、リヤキャンバーを
1度増やしました。

IMG_4799

中古品ですが、ズーと保管してました、チタン製EX
マフラー&サブパイプも組みます。
もちろん、ECUもチューニングします。

全体的に、車高は、オーナーさんがも少し下げたいとのこと。
このサスKITでは、これ以上車高が下げれないので、ショックを
改造するか、新たに製作するか検討中です。
将来的には、RS用シングルマスクラッチKITにも、交換したいと、。

つづく。



turuta_s_room at 12:25|この記事のURL

2018年08月07日

ポルシェ964カレラ5MT93モデル 納車前整備

IMG_4784


964カレラ 5MT 93Yモデルです。
お嫁入先が、決まりまして、納車前にオーナーに
なる方は、色々注文をつけられました。

まずは、フロント周りが、飛び石でキズまるけなので、
バンパー、フード、両フェンダー、そしてフロントガラス
まで、新品交換しました。
また、両サイドスカート部分のゴムシールも交換。

IMG_4763

オーナーさん、964カレラは、これで6台目、。
買って、改造して,売って、また、次のヤツをお買いに、。

今回も前回同様、フックス製アルミ鍛造ホイール&タイヤを。
前回と違うのは、17インチから、今回18インチに、、。

フロントは、9Jなので、何とか入りますが、リヤの10Jは、
過去には、964RSしか、組んだことありません。
RSは、フェンダー内側切り取ってありますが、カレラは、
15mm以上折り返しが、、。
通常では、17mmスタッドボルト付きスペーサーで、
内側のロアアームや、メインマフラーヒートプレートを
クリアしますが、外側が、、。
で、タイヤを潜り込ませる為に、マイナスキャンバーをつけ
ようと、サスペンションを見たら、ビルシュタイン製KITが
装着されていて、、。

IMG_4781

IMG_4782

これは、フロントですが、車高も最大に下げtます。

IMG_4780

リヤもこれ以上下がらないくらい車高をさげてますが、
ダウンサスKITでないので、40mmくらいしか下がらず、
RSほどの車高になりません。
そう、車高を下げないと、キャンバーも付きにくいので、
今回、無理やりアライメント調整で、リヤを車高下げずに、
マイナスキャンバーにしようかと、、。

IMG_4785

17インチですと、9jの場合、余裕で入ります。
これから、腕の見せどころでねじ込みます、、。

まだ、他の作業もあります。
作業の途中ですが、ひとまず、盆前に納車します。

アイコードの夏休みは、

8月11日〜17日  そう、アタシが毎年、親孝行で
広島帰省するので、長くお休みを頂いております。

本日は、豊田市も朝から南部は、大雨でした。
朝、7時、カッパ着て完全防備で、アイコードのある
北部、20kmを例のDT1で通勤しようと、。
すると、途中から雨は止んで、道路もカラっと、、。
アイコードは、全く雨の兆候もなく、、。
しかし、日中、晴れ間は少なく、曇っております。
台風の影響でしょうが、もっと北部の下呂では、何と
41度と、お風呂の温度みたいな、、。
今も30度以上ありますが、涼しく感じるのが恐ろしい!

水分とって、早くお寝んねであります!

つづく。

turuta_s_room at 17:13|この記事のURL

2018年08月06日

2018年 8月6日 毎年思い出します広島のお盆

アタシの8月6日は、広島から豊田市に居を移して
今年で44年目になり、毎年、お盆の広島帰省を控え、
少し緊張する日となります。

広島の学生時代は、小学、中学とボーイスカウトで、
広島平和記念館での原爆式典に、参加し交通
整理などの、手伝いを暑い最中にした思い出しか
ありません。

又は、夏休みなので、広島の田舎、豊栄町のおじいちゃんの
現在、兄が継いでる母親の実家に居るかでした、、。
犠牲となられた多くの英霊に、黙祷であります。

先日、BSでは、アメリカのルメイ将軍が上司の命令で、
東京、名古屋へと焼夷弾による非戦闘員の大量殺りく
された原因を解き明かすビデオを見ました。
彼らをそうさせたアメリカの陸軍、海軍、空軍との
軋轢が原因であると、、。
戦争は、非道であります。
今でも、地球のどこかで起きてますが、。
神も仏も、、、。

でもって、昨日、深夜、寝苦しく起きてしまい、BSTVを
つけたら、、、、。

ゲーデ

ダニエル、ゲーデさんです。
1969年、ドイツ、ハンブルク生まれのバイオリニスト!

1997年〜2001年、ウィーン、フィルのコンサートマスター。

奇跡のレッスン「楽譜が物語に変わる時」を偶然見ました。
約2時間の映像で、日本、千葉県の小学6年生数十人に
バイオリン、チェロ、コントラバス、ベースと弦楽部の
生徒さん達に、コンサート1週間前から、風変わりといわ
れる指導で、生徒さんたちを芸術家の卵にしていく過程を
追って撮影されてました。

ダニエルさんの、持って生まれた性格もあるでしょうが、
自分が若いころ、バイオリンに生涯をかけ、最後は
憧れのウインフィルのコンサートマスターという頂点に
たって、日々練習やコンサートに追われることを疑問に
思い、軌道修正して、現在に至ってます。

教え方が、そう、日本の小学生、そして、日本の先生にも
衝撃的で、しかし、彼の経験からか、音を物語に変えて
行く過程を、小学6年生に毎日、少しづつ教えていくのですが
、もしアタシも6年生で、その場に居れたら最高に音楽
に楽しさを感じたと思います。
勿論、皆さん5〜6歳ころから、楽器を弾き始めてる
エリートだと思いますが、それでも、彼ら彼女らの
音楽に対する葛藤を感じました。

2時間あっという間に進み、最後は皆で発表するのですが、
アタシャ自然に、涙でTV画面が見えなくなり、ティッシュの
山でありました。
小学6年生の演奏ですが、プロの演奏に思えました。
音楽に感動を覚えました。
たった1週間ですが、教え方が旨いと、感受性の高い、しかし、
まだ6年生の経験も浅い子供たちが演奏する音楽が
素晴らしく気持ちよく聞こえました。

クラッシク音楽など、コンサートに行ってもつい、居眠り
してしまいそうになるアタシですが、、。

ドイツ人が一生懸命、未熟な日本語を交えながら、緊張して
顔が強張ってる、生徒さん達に、やさしく微笑みながら、
まるで、神様、仏さまのような不思議な力で生徒さんたちに、
ゆっくりと、しかし、確実に、指導してました。

世界には、まだ多くの素晴らしい方がいるのを感じ、
その後、何故か興奮してビールを飲んでしまいました!
アタシも、バイオリン習いたくなった、、!
でも、ドイツまで行かないといけないか、、。

つづく。







turuta_s_room at 14:34|この記事のURL

アイコード 2階、開発室の天井が落ちました!

アイコードの2階、開発室&商品保管室の天井が
崩れ落ちました、、。

原因は、調査中ですが、室内はグチャグチャであります。
パソコンや開発用電子部品、在庫してる商品の上に
天井から色んなものが落ちてきました。

まるで、TV報道にある地震などで、建屋が崩壊してる
絵そのものであります。

昨日の日曜、PM3;00ころに崩落、、。

先程、やっとパソコンの緊急回路のみ復旧させました、。
ので、こうやって、ブログ書いてます。
原因は、分かりませんが、仕事が一部滞ることもあるかと
思いますので、ご迷惑をお掛けします。

メール等のお問い合わせについても、多少返答に時間が
かかることがあります。
予め、ご了承ください。

お電話等での、お問い合わせは問題有りません。

災難は、突然やってくる!
供えよ常に!
事実は、小説より奇なり!
災い転じて、福となせ!

つづく。

turuta_s_room at 11:06|この記事のURL

2018年08月04日

レクサス LC500用スピードリミッターカット タイプ2発売開始!

IMG_4226

IMG_4243


IMG_4251



IMG_4231


レクサス LC500用新型スピードリミッターカット
タイプ2 発売開始です。

価格 148,000円 税別

エレクトラタップタイプです。
配線に挟み込むタイプです。
配線カットは、しません。
配線4本、組付けるだけです。

ので、元にも簡単に戻せます。

前回発売しました、カプラオンタイプは、130kmくらいの
速度域で、オンボード上にFISCO(フジスピードウエイ)マーク
が、点灯します。
これが、点灯すると、信号が販売店に自動的に連絡されます。
サーキットに行ったという履歴が残る為、その後何か異常が
発生した場合、クレーム扱いされない場合があります。
FISCOマーク点灯しましたら、後日、ディーラーに確認
しないと、この履歴が残ります。

ということで、オーナーさんは、このことを理解したうえで
購入されないと、面倒なことになるので、キャンセルされた
お客様もありました。
そこで、今回、タイプ2は、このFISCOマークが点灯しないよう、
改良しました。
また、カプラーオンタイプではありませんが、原価低減と
配線組付けは、意外と簡単ですので、発売に至りました!

現に、前回のタイプのモノと、このタイプ2に交換された方も
弊社のお客様には、おられます。

つづく。

turuta_s_room at 15:31|この記事のURL

ポルシェ993カレラ 車検整備で入庫

IMG_4721


1995年初期型の993カレラTipです。

この車両のオーナーさんも、前回の993C4Sオーナー
さん同様、アイメック時代からの古いお客様です。

彼は、この2年間、愛車に2,000kmも走行
してなかったそうです。
大事に、車庫に仕舞ってるそうです。

今回、車検で入庫です。
エンジンオイルは交換しますが、他は何もしなくてよい!と、。

IMG_4720

点検すると、リヤタイヤは、F1タイヤ状態、、。

IMG_4724

フロントも、セフティーライン2mmも無いです。

製造年月日も、2006年と、お古いです。
オーナーさんに、清水の舞台ですよ!などと、。

悩んでおられましたが、これでは車検も通せません。
前回、2年前は、そう、これで何とか通しました。
今回は、ここは鬼になりまして、交換を強くお勧め
しました。

このような場合、予算の都合などで、交換しない!と
オーナーさんの意見に従った場合、特にこのような
悩んでおられるオーナーさんの意見を重視して、作業しな
かった場合、このすり減ったタイヤで事故など起きた場合、
何故に、もっと強く交換を進めなかったか!などと、
お叱りを受けること多々ありました。

そう、過去の経験も含め、ダメなものはダメという勇気が
必要であります。
お客様は、ファースト(最近のネタ)であります。
すり減ったタイヤは、何時かは交換しなければなりません!

皆様も、愛車でタイヤの溝がセフティーラインに近づいて
場合、葉書き4枚のタイヤ幅で自分は、守られてると
お思いになり、安全をお金で買ってください。

まだいける!などとは、決して思わないよう、、。
このような時に限って、緊急事態に陥り、急ブレーキ、
急ハンドルを切らなければならない状態に陥るのです。

晴れたアスファルト路面でも、急ブレーキでも滑りますが、
雨のアスファルト路面と、すり減った溝の無い、そして
経年劣化のタイヤ表面は、グリップ力など、無いに等しい
のです。
カーレースなどで、急に雨が降り、早めのレインタイヤに
交換した遅い車両が、トップを走っていたスリックタイヤの
車両をいとも簡単に、追い抜いたシーンは見ると思います。

アタシ事ですが、ニュルブルクリンクのツーリスト走行
(夕方の2時間、2輪、4輪混走で、一般車両が走れます)
で、途中、急に雨となり、路面が水浸しになると、アタシは
俄然、調子に乗ります。

今まで、ポルシェGT3など、Sタイヤでビュンビュン抜かれて
いた車両が、ガクンと速度が落ちて、アタシのゴルフDTIが、
その車両をインから、アウトから、コーナーで抜き去ります!

それくらい、雨の溝の少ないタイヤのグリップ力は、落ちる
のでありまする!

タイヤは、高級タイヤを履かなくとも、溝は減ってきたら
早めの交換をお勧めします。

つづく。



turuta_s_room at 13:53|この記事のURL

自費出版してみませんか! 3

IMG_4728


IMG_4729


自費出版
してみませんか!が、何故か好評で、内容教えろ!などと、。

ちなみに、絵の題名”ひろしま” 著者山田さん、2105年に
80歳当時に自費出版されました。

製作したのが、アタシの友人であるM氏ですが、きっかけは
山田さんの知人である某出版社の方が、M氏の先輩にあたる
人で、このような作品があるのだが、自費出版したいそうだ!
ということで、面談したそうです。

当時は、本人も高齢になっていますが、資金は持っておられ
ました。
但し、奥様や子供たちは、そう、猛反対だったそうです!
しかし、本人の意思が非常に強く、また、M氏の説得も
あり、実現になったそうです。

1000部出版されました。
問題の費用は、250万円税別です。
155ページの本で、挿絵など挿入出来ましたが、本人の
希望で、読者のイメージを託す!と、、。

山田さんは、現在、京都府舞鶴市在住です。
平成8年までの、教職を定年退職されました。

本を地元の学校、図書館にも寄贈したそうです。
すると地元の市長さんが共感され、公演もされたそうです。
広島の原爆資料館にも、寄贈、出展されてるそうです。

1000部のうち、約200部は、アマゾンなどで、現在も
販売継続されてるそうです。
800部は、本人が受け取り、寄贈したりしてるそうです。

山田さんは、アタシの生まれ、育った比治山の西側を通る
猿猴川を挟んだ南竹屋町生まれだそうで、親しみを感じます!

内容は、全て山田さん本人が執筆、プロのMさんらが、文の
構成や、読みにくい部分を校正した程度で、ゴーストライター
は一切、使っていません。

ゴーストライターを使う場合、ライターの優劣はありますが、
50万円以上は、上乗せになります。

ということで、では、全くの素人が出版しようとしたら、
一体いくら掛かるのか、、。

前出のM氏に具体的な数値をお聞きしました。

500部作製する最低条件で、本人執筆の場合、100万円
税別あれば、製作出来るそうです。
そこに、自動車など、オプションではありませんが、挿絵や
写真、表紙のかっこいい奴、ゴーストライター、増刷など
費用が加算されます。

ということで、シラウトのアナタが、家族、友人、知人に
内緒で、本を製作したい場合、上記の予算で出来るのであります!
また、アマゾンで販売も出来るし、何かの記念や、地元の
学校、図書館に、内容によっては、寄贈も可能です。
後世に残るのです、貴方の作品が、、。

現在、アタシの友人で、ある方面で著名な方は、アタシの助言に
従い、出版に向け、スタートました。

多分、相当世間を騒がす、内容になり、1冊では終わらないでしょう!
ひょっとして、ドラマ化、映画化するかも、、。

趣味と思えば楽しいです。
100万円のバイクを買うか、さすがにポルシェは買えませんが、
絵画を買うか、ギターを買うか、、、。
しかし、全て誰かの作品であります。

自分の作品が、100万円で出来る!
あわよくば、内容が良かった場合、第2弾などと、。
または、調子の乗って
小説、写真集、自作の絵画、過去に製作したプラモデル集、
可愛がっていたが亡くなった、愛犬愛猫、動物などの、、。

過去の資料集めにも集中出来ます。
ボケ防止にも、、。
やはり、何か目標がありますと、それも期限はありません。
半年、1年を掛けてでもOKなのであります。

さあ、趣味を兼ねて、本作りしてみては、、!

つづく。

turuta_s_room at 12:47|この記事のURL

2018年08月03日

ポルシェ993C4S エンジンオイル漏れ修理 2

IMG_4710



IMG_4709


993カレラ4Sです。
テスト走行も無事終了し、あとはオーナーさんへ納車です。

IMG_4705


その前に、某ゲンロク誌での取材に出演してもらいました。

撮影してるおじさんは、来年還暦のジャーナリストさん、、。
昨年、ゴルフをしていて、崖を転げ落ち、竹の切り株で
右足膝部分をボキンと折りました。
運が悪いというか、そのまま、救急車で病院に、、。
今でも、金属プレートが膝に中に、、。

事故は、いつどこで起こるか分かりません!
本日も、アイコード周辺は、39度に達して、、。
鉢や芝生、植木、そして裏のみゅうがに朝晩と水を
掛けてますが、、、。
外のクソ暑さと、室内の28度で、10度以上の差を出入り
してます。
これだけでも、体調不良になりそうで、、。

しかし、朝晩の通勤は、あのDT1で、汗流しながら、、。
事故にならないよう十分気を付けて運転してますが、相手が
4輪の場合、色んな方がおられますです。

携帯電話中、携帯の画面を見てる中、パン食って、ジュース
飲んで、カーナビのTV見てる中、バイクで通勤してると
周りのの車内の様子がよーく分かりますです。

ま、殆ど数秒間に一度くらいは前方見てるようですが、。
これじゃ、事故も起きる確率は、上がる一方、、!

ながら運転出来ないバイクです。
4輪運転の皆さん、ながら運転事故の元ですよ!

バイクは、キケンですが、緊張していて、体は常に運動
してるし、健康にもエエガヤ!
と、思ってる楽しいツルタです。

このクソ暑い日に、400m離れた場所で、PM3時ころ、
火事です!!

野次馬宜しく見に行きましたが、消防士さん、警察の方、
暑いのに大変です。
もっと大変なのは、当事者さんです、原因は分かりませんが、
2時間くらいは、真っ黒な煙出てました、、。
救急車も来てましたが、、。

人の振り見て我が振りなおせ!
も一度、周りを点検、注意します。

つづく。


turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

2018年08月02日

ポルシェ 981ボクスターのブレーキ交換

IMG_4693


981ボクスターです。
フロントブレーキローターとブレーキパットを交換します。

IMG_4688

IMG_4694


IMG_4691


ローターも、ブレーキパットも社外品です。
性能同じで、予算がお得です、純正品にくらべ、、。

オーナーさんは、次回はショックを交換されたいとのこと、。
純正品のショックと、ビルシュタイン製倒立がオリジナルでは、
もちろん、オリジナルの方が、数万円お得であります。

IMG_4692

出来れば、同時にアッパーサポートも新品交換したいです。
これは、純正品しかありません、まだ、、。

しかし、豊田市も本日、38度以上、、。
佐川急便のお兄さんが、今日は車両のクーラーが壊れ、
信号待ちで、死ぬ思いです!などと、、。
佐川急便さんは、確か、30数年前は、トラックにあえて
クーラーが装着されてませんでした、、。
それでも、彼らは、早朝がら夜中まで必死で働き、給料は
月、数十万円から百万円貰ったそうです、、。

今なら、労働基準局、労災、そして本人が訴えるかも、!
兎に角、皆さんキケンです、自分の体は、ご自分でケアして
くらさい!!

つづく。





turuta_s_room at 15:56|この記事のURL

自費出版してみませんか 2

IMG_4699


たくさん出版されました本の一部です。
これらを全て、インタビュー、校正、製本まで、
アタシの友人がやってます。

IMG_4700

日本在住、ドイツ人大学教授の作品もあります。

IMG_4701

IMG_4702

題名”ひろしま” 作者は、9歳のとき、広島県安佐群戸村山
にて”黒い雨”被ばく、後日、広島旧市内で2次被爆、、。
アタシ親父と同じであります、そう、アタシは、被爆2世!

文章の中に、アタシが生まれて21歳まで過ごした広島
旧市内、比治山での被爆体験紀が書かれてます。
広島の東にあり、爆心地から2kmくらい離れた比治山は、
ひょうたんを南北に半分にしたような、標高55mの丘の
ような山です。
著者の山田さんが体験したような光景をアタシも、見ました!
昭和30年後半の小学生時代に、比治山にまだ、防空壕の
トンネルに生活してる親子がいまして、野宿のような生活してること
を、今も鮮明に思い出します、、。

このように、高齢になって自分の数奇な体験を文章に残す
ことが出来なかった方々にとって、自叙伝は、大変貴重な
資料となります。
また、最近は、アマゾンなどネット販売が個人でも容易に
出来、出版費用の半分くらいが戻ってくることもあります。

ぜひ、この機会に自分の”私の履歴書”を作ってみませんか、。

お節介ツルタであります!

つづく。


turuta_s_room at 15:41|この記事のURL

ポルシェ ボクスター スタビブッシュ交換

IMG_4686

IMG_4697

IMG_4696

986ボクスターです。

15年以上前に、チューニングしていただきました。
最近、足回りから異音が出る!と、、。
調べたら、絵のようにスタビブッシュが砕けてました。
スタビライザーは、ドイツのアフターパーツでしたので、
専用ブッシュをドイツより取り寄せました。

IMG_4685

これで、異音は収まります。

つづく。
turuta_s_room at 15:08|この記事のURL

2018年07月31日

ポルシェ993C4S オイル漏れ修理 完成

IMG_4635


IMG_4634


993C4Sです。
エンジンに火が入りました。

IMG_4677

テスト走行をし始めます!

つづく。
turuta_s_room at 15:44|この記事のURL

ポルシェ964 各部修理中

IMG_4638


IMG_4648


964
カレラ5MTは、ただいま板金塗装中です。
サーキット走行の為か、フロント周りは飛び石が、、。

フロントガラスも新品交換します。
すると、フロント左ピラー根本が錆びておりましたので、
これも修理します。

IMG_4649

IMG_4650

バンパー、フロントフードも、、。

IMG_4639

IMG_4642

IMG_4646

ポルシェ純正アルミホイール&タイヤ販売します。

IMG_4644

ネオバの9部山です、製造年月日も新しいです。
価格要相談!

つづく。
turuta_s_room at 15:41|この記事のURL

ヤマハ DT250F キャブセッティング 2

IMG_4672


ヤマハDY250Fです。
連日、セッティングしてます。
昨日は、夕方帰宅時、おバカなツルタは、何を思ってか
会社から3kmくらい進んだところ、交差する小さな
トンネル内に愛車を止め、キャブのニードル位置を変えて
やろうと、ばらしました。
で、E型スナップリング(小さい奴を外して、位置を変えよう)

IMG_4664

IMG_4665

IMG_4667

IMG_4669

このスナップリングをはずして、1段濃い目にずらして、
組付けようとしたその時、ピヨンと飛ばしてまった、、!

そう、スナップリングが地上に、ピヨンと落ちて、、。
そこから、10mくらいの、中はまだ明るいトンネル内で、
アタシの宝探しが始まりました、、。
途中、うさんくさそうに通りすがる車両、、。

そんなこと、かまってられません。
老眼で近くのモノがまるで見えなくなったアタシは、必死で
そこらじゅう這いつくばるように、捜しました。
約1時間、多分側溝の隙間の穴から真下に、、。

で、もうしょうがないので、会社に電話し、細いステンレス製
ロックワイヤーとワイヤツイスターといって、ワイヤーをクルクル
ねじるやつを持ってきて!などと、、。

IMG_4675


30分後、救援隊はやってきて、ニードルバルブの頭の溝に
ワイヤーをひと巻きし、スナップリングの代わりに、、。

組付け、そろそろとおうちに帰りましたとさ!

IMG_4671

皆さん、外でキャブばらすには、十分ご注意を、、。
アタシは、本日、工具屋にいって、E型スナップリングを
5ケ買いました(スペアでげす)!

何でも、経験であります。
無駄な経験ですが、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:18|この記事のURL

自費出版してみませんか、、!

IMG_4657


IMG_4659


手前みその
お話ですが、アタシは、過去に3冊、自分が著者の本を
出さしていただきました。
現在、休刊になりましたが、講談社傘下の三推社という
ところから、レッドバッチシリーズで、、。
これは、先方から本を出しましょうということのなので、
アタシは、1銭も出してません。
各本、初版1万部を出版されました。
なんも、思ってませんでしたが、レッドバッチシリーズは、
休刊となり、唯一、空冷ポルシェの本は、増刷しましたが、
あとは、そのままになり、絶版となりました。
現在、アタシの本は、値が上がっとります!

IMG_4656

IMG_4655

その当時の担当者さんが、この度、独立されてやっと
飯が食えるようになったとのことで、連絡ありました。
最近は、独自で本を出版してると、、。


IMG_4660

”経営術”シリーズなるものを発刊、、。
インタビュウ時、80歳以上の成功者の自伝みたい内容
です。
米濱さんは、リンガーハット”長崎ちゃんぽん”のチェーン展開で
世界に広めました。
彼の生い立ちから、インタビュアーが聞きだし、第11章
までの内容でまとめられてます。

IMG_4652

おもわず豊田市内にある、チェーン店に長崎ちゃんぽんを
食べに行きました。
今、おなかいっぱです。

自費出版となると、もちろん予算が必要ですが、大体初版
1000部くらいで、○○万円くらいで出来ます。
何回のインタビュー、絵どり、まあ、3か月以上掛かりますが
、自分の記録が残ります。

おじいちゃん、おばあちゃんの記念に、ご子息がプレゼントする
のも、良いでしょう。

最近自動車レース業界では、

IMG_4661

IMG_4662

335ページの生沢広辞苑みたいなご本を、本人自ら
構成されて出版されました、70歳の記念に、、。

続いてドームの林さん、トムスの舘さんなどが、、。

ご興味ある方、お気軽にご相談ください。
ツルタ仲介屋が納得いくまでご説明申しげます!

つづく。






turuta_s_room at 14:48|この記事のURL

2018年07月30日

ヤマハ DT250F キャブセッティング

IMG_4631


IMG_4598


ヤマハ DT250Fです。
アタシのイメージに合わないので、キャブセッティングを
繰り返してます。

メインジェットは、標準の180番から200番に変えました。
しかし、2,3,4,5速と4000RPN付近から、急加速
アクセル全開にすると失速する症状が治りません。

そこで、今回は、スロットルのニードルバルブ位置を変更
しました。
1mm刻みにニードルを開かない方向に、クリップ位置を
変えて、走行しました。
すると、一番上側の位置にすると、全開時の息つきが減少
しました、完璧ではないですが、ええ方向です。

IMG_4597


IMG_4600

そこで、ニードル位置を1段、開ける方向に戻し、走行
しましたら、途中の加速が鈍る兆候をみせたので、今度は
200番のメインジェットを185番に交換しました。
結局ニードルの位置は、一番高い位置まで、、。

IMG_4629

IMG_4630

200番のジェットは、近くのバイクショップで購入しました
が、絵のジェットは、後からサミモーターサイクルの三溝
さんが、郵送で送ってくれました。

で、試走したところ、何とかええ感じになったので、これで
走ってみます。

三溝さんには、少しニードルバルブの位置を戻し過ぎでは
ないかと、返答ありました。
ので、今後、ニードル位置は、要検討であります。

しかし、キャブセッティングは、大変ですし、悩みますが
いちいち、試走しなければならないので、疲れます。
三溝さんには、大体のところで妥協したら!などと、助言
されました、、。

まあ、勉強のつもりで今後も、いじり続けます。
4輪みたいに、シャシーダイナモでセッティング出来れば、
もう少し確実に、早く現状が把握で来るのですが、、。

2輪用の固定冶具を作るのも、面倒ですし、、。
でも、昔はこうやって、皆さん職人のように、ライダー、
メカニックが、走行感覚や、プラグの焼けで確認したのです。

ついその当時、キャブターボの試作車両をテストしてることを
思い出しました。
希望のジェットが無い時は、そう、ドリルでジェットに
穴を開けて、交換してました。

昨日は、鈴鹿8耐が開催され、アタシもTVで、何度か見て
ました。
昨年以上に、雨やクラッシュによるセフティカー導入など、
天候の急変で、荒れたレース展開になりました。
ヤハマは、連勝しました。
カワサキも、一時はトップにもなりましたし、地元ホンダは
相当な思い入れがあったと思いますが、、、。

アタシ友人達も何台か出場し、完走してました。
TVで見ていましたが、タイヤ交換の速いこと、、。
スゲーです。

マシンのエンジン付近、真横からシャフトを差し込み、リフト
させて、前後、タイヤ交換してました。

フロントタイヤ交換時のブレーキパッドは、どうやって、瞬時に
組み込めるとか、リヤタイヤのチェーンの組み込み方とか、
まさに芸術であります。

4輪のタイヤ交換も素晴らしいですが、2輪のタイヤ交換も
素晴らしいです。

皆さん、お疲れさんでした。
アタシは、夕方、台風一過のあと、オウチの草刈をしました。
汗みどろになりながら、、。
ライダーが、汗みどろの状況とは違いますが、目に汗がしたたり
落ちながら、頑張りました!!??

狭いところを釜で刈りまして、中腰です、ライダーの気分で、。
あとは、そ、ビールであります。

つづく。



turuta_s_room at 12:02|この記事のURL

ポルシェ 993C4S オイル漏れ修理 7

IMG_4626


IMG_4628


993
C4Sです。
シリンコンプラグコードも、組付け、エンジンを車両に
換装しました。

つづく。
turuta_s_room at 11:13|この記事のURL

トヨタ ヴェルファイア AGW30h サスKIT取り付け2

IMG_4594


IMG_4594


ヴェルファイアAGW30Hの
サスKIT取り付けです。
ブリッツ製の電子式減衰コントロールを室内から出来るヤツ!


IMG_4602


IMG_4605


サスKITは、何とか取り付けました!

IMG_4601

IMG_4604

IMG_4617

しかし、電子式減衰調整装置の配線をショックの頭に
組付けたサーボを動かす為、室内を通してダッシュボード
まで持ってくる作業が、、。

室内の内張を剥がして、悪戦苦闘です。
2人がかりで、1日では終了せず、翌日完成!

この車両を他のショップさんは、お預かりになった時、
オートバックスさんあたりは、1人で、慣れていたら
1日で完成するんでしょうか、、!
ま、大きなお世話ですが、、。

つづく。


turuta_s_room at 11:08|この記事のURL

2018年07月28日

トヨタ ヴェルファイア AGH30W サスKIT取り付け

IMG_4590


ヴェルファイア AGH30W 2,5Lの現行マイナー
前の車両です。

オーナーさんのご希望で、車高を落としたいと、尚且つ、
車内から、電動で減衰を調整した、、!
ということで、ブリッツ社製サスKITDSCに決めました。

この車両は、リヤサスが最近のトヨタ車の十八番で、バネと
ショックが別の、そして、大変作業しにくい構造をしてます!
トヨタ自動車の関係者さんでも、試作時点で、バネ交換は
ハーなどと、、。

そこえもってきて、電子制御の配線を後ろから前まで持ってく
ので、内張も剥がさないと、、。
本日、2人がかりでの作業であります。

オーナーさんは、友人と2人で、この車両を色違いで購入!

IMG_4595

IMG_4591

社外品のエアロ(フルバンパー)と20インチ、おやくそくの
コースで、車両プラス、150万円もぶち込んで、、。
でもって、今回、予算が出来たので、車高落としを、、。

オーナーさんは、お若い独身貴族、、。
給料全部、つぎ込んでる感じ!!!!

しっかり、彼女さんもおられますが、アタシらのワケー時代は、
スポーツカーに命掛けてるお若い方が、圧倒的でした、。
最近は、パワー、走りは全く興味無く、大きなミニバンが、、。

ミニバン、SUVと、スポーツタイプはどうなったの、、?

雑誌、オプション誌は、だんだん厚みが減ってダイエット状態!
スタイルワゴンなる雑誌は、絶好調!
これに加え、最近では、ノスタルジックヒーロなる、レストアカー
の雑誌などが、これまた、絶好調!

時代は、繰り返すと言いますが、スポーカーの時代は、来るので
しょうか、、。
少数派といえば、カッコイイですが、無理、無駄を無くすこと
からは、真逆をいっていますが、それを信じて進むのみで
あります!

明日は、鈴鹿で8耐が開催されます。
雨になるかもしれませんが、アタシの知り合いも何ティームか
参戦してます。
暑い戦いが繰り広げられますです。

本日、豊田市は、7月恒例、開催される”おいでん祭り”は”、台風の
影響もあってか、中止になりました。
明日の、花火大会も様子を見て、、。

今年の夏は、異変が続いてます。
想定外、キケンを及ぼす最高気温、年長者の生涯初めての大雨、
自然の驚異が、毎日、新聞を書き立ててます。

やはり、月は、宇宙船でしょうか、、!!??

つづく。


turuta_s_room at 11:18|この記事のURL

レクサス ISF ラジエター液漏れ修理

IMG_4588


レクサス ISF 後期モデルです。
以前に、オーナーさん来店され、例のラジエター液漏れの
兆候があるので、修理依頼されました。
で、本日、お約束でご来店されましたが、何とアタシのポケ
で、代車が用意で来ませんでした。
代車は、4台ありますが、全部出払っていて、1台くらい帰って
くる予定が、狂ってしまいました。

ということで、まずは液漏れしてるか確認しました。
すると、ミッションケースに両サイド、うっすら液が漏れて
筋のように垂れてるのが発見出来ました。

オーナーさんにも、同時に見ていただき、液漏れを確認。
盆明けに、入庫していただけるようお願いしました。

つづく。
turuta_s_room at 10:49|この記事のURL

2018年07月27日

ポルシェ996ターボハイパフォーマンスエディション チューニング

IMG_4571

ポルシェ996ターボHPE(ハイパフォーマンスエ
ディション)のECUチューニングで入庫です。

当時、996ターボが発売された後、日本国内
台数限定(といっても、ポルシェ社は、全ての車両が
オーナーさんからの個別生産制で、全てがオーダー
車両ですが)のハイパーモデルが発売されました。

エンジンが、ターボをGT2用のKKK製K24](ターボは、
一回り小さいK14、なので、インペラーが小さくECU
チューンしても、40PSも出ない)を採用、993時代には、
日本国内限定のターボS(実際は、海外ではターボSといわない、
本物は、並行車両で入ってきました、ZENTの都築さんも
持っていました)と言えましたが、996時代になり、勝手に
ターボSと言えなくなり、HPEというネーミングしました。

為に、Tip車両のみでしたが、3000RPMくらいまで、ターボ
のEXハウジングが大きく、加速が全く悪く、不評でした。
MT車両のGT2なら、ギヤチェンジでカバーできましたが、
Tipでは、3000RPM以上に回転上がるまで、待ってないと、。

ケチを付けますが、当時の担当者の職務怠慢です。
試運転すれば、日本国内の市街地では、全く通用しない鈍重な
走りでした、、。

この車両は、よく弊社にも、オーナーさんやショップさんから
相談があり、何とかならんか!などと、、。
そう、何ともなりません。
EXマフラーなど、スポーツタイプに交換したら、低速
トルクが無くなり、余計に市街地走行の加速のもたつきが
強調されます。

今回、その件も踏まえてのECUチューニングですが、この車両は、
すでにビッグスロットル、大容量インタークーラー、強化
インテークパイプとやる気満載!
現車セッティングも必要です!

IMG_4570

IMG_4568

中古品のアクラボビッチマフラーが組まれてました、、。
で、絵の左側のターボフランジの一部が割れてました。
この件、オーナーさんはもご存知ですが、アイコード
としては、中古品自体、ご辞退したいのですが、尚且つ、
一部は破損してるので、以後何があっても補償出来ない
事を、オーナーさんに確認中です。

IMG_4573

IMG_4574

マジックで位置決めしてるのは、チタニウム製マフラーの
ターボ出口、1番02センサー付近(触媒前)にチタンの
アタッチメントを溶接して、A/Fセンサーを組付ける為の
作業が必要だからです。
マフラーを外して、アダプターを溶接しなければなりません。

で、EXマフラーの割れを発見しました。
NAであれば、見過ごしますが、ターボの場合、特に
純正で450PSを550PS近くの100PSアップする場合、
排気ガスでターボは真っ赤になり、排圧も純正以上に
上がりますので、ガス漏れが生じる場合も想定出来ます。
そう、最悪の場合、火災に、、。

そこまで、最悪の状態を想定し、オーナーさんにお伝えし、
アイコードとしては、やりたくないと!意思表示しないと、
まあ、何とかなるかも!親切心でやって、トラブった時、
大体、オーナーさんは切れます!

”何で、しっかり止めろ!と、言わなかったんだ!”
そう、こんな感じで、攻められます!
親切心がアダとなる!の、お手本です。

オーナーさんのご意見を待ちます!

話は変わって、先程、ヤマハDT1で、ちょっと市内の別の
場所に行ってましたが、帰りみち、信号で止まっていたら、
反対車線のカローラに乗ったおじさん(アタシと同世代)、
良いバイクに乗ってるね!などと、、。

アタシは、軽く受け流し、”はい!”
そのまま、100mくらい進んで、また、信号で止まっていたら
追いかけて来て、どこかでお話出来ませんか!
まるで、ケーブルTVに出てくるラスヴェガスのカーショップの
オニーサンが、カッコいいクールな車両を見つけては、止めさせて
話し合う、そんな感じ、、。


すると出るわ出るわ、面白い、奇遇なお話が、、。
行きつけのパウダーコートカトーさんとも、お知り合い、。
アイメック設立時の加藤氏ともお知り合い。

1年前まで、トヨタ自動車、、。
そして、本人さんも、今ヤマハRT1(アタシのDT250の兄貴分で
351ccの同型モデル)を持っていると、、。

また、アタシが最近、通勤してる途中も見た!などと、、。
道端にカローラワゴンとDT1が止まって、2人でお話してると
周りの人は、事故でもして、話し合ってるように見えたのか、
皆さん、首を横にして、見物渋滞に、、。

ということで、品行方正に走らないと、だれが見てるか、、!
ドラレコもありますので、、。
模範運転に努めます、これからは、、!

つづく。

turuta_s_room at 16:06|この記事のURL

トヨタAE111 エンジンOH&チューニング

IMG_4565

IMG_4577

AE111
用4AGエンジンをOH、そしてチューニング開始です。

すでに、クランクの曲がり修正、フライホイールを
組付けた状態でのダイナミックバランス取り、そして
エンジンブロックに組付けました。

IMG_4564

IMG_4563

戸田レーシング製鍛造ピストンです。

リングもすでに組付け、コンロッドの4本のバランスも
調整しました。
これから、クランクに組付けます。

つづく。
turuta_s_room at 15:11|この記事のURL

2018年07月26日

ヤマハ DT250F 輸出車両

IMG_4542

ヤマハDT250Fです。
1972年製です。
通称逆車(輸出用を日本に、)です。

サミモータサイクルの三溝さんには、大変お世話になって、
現状、燃調がまだ、薄いのでジェットを140→150番
位に交換しましょ!と言われてました。

ところが、アタシの近所の豊田市保美町に、DT1の猛者が
いうることが分かりました。
この方は、”パウダーコートカトー”の加藤社長さんです。
アイメック時代からの知り合いで、彼は、元トヨタ自動に
お勤めでしてた、ので、その友人から知り合ったと、、。

以前には、964CUPレストア中、純正バネが塗装が剥がれ
、これをパウダーコートして頂きました。
その当時も、工場は、全国からバイクのフレームなどが
運び込まれ、大忙しの仕事場でした。

彼は、DT1に関して、大変有識者です。

DT1のレーサーで一躍、名をはせました鈴木忠雄氏も
チューさんと気安く、お付き合いされてるようです。
工場2階には、DT1のレーサーYX26もあり、今回それを
エンジンを掛けていただき、吹き上がりの違いを実感
しました。
車体も、DT1系は、数台、エンジンミッション単体もゴロゴロ!

彼に見せましたらすぐに、これはDT250Fで、逆車です!と、。
また、其の確認で車体番号16万台の打刻を見て、これはそうだ!

エンジンは、1972年製で、初期のリードバルブの18,5PS
から、7ポートリードバルブになり、23PSと大幅向上
しました。

IMG_4543

キャブは、ミクニ製です。

IMG_4546

指で指してる6角ボルトを緩めると、中にジェットホルダー
、そしてメインジェットが組まれてます。
で、今回、加藤さんに加速が鈍く、ピストンノイズも
大きく、三溝さんにジェットを140番まで,変えていただい
たのだけど、まだ、物足りなく、140以上を用意していた
だいてると経過を説明すると、彼は、これ、標準は180番
だけど、、、!?

ということで、早速、ジェットを外していただき、加藤さん
手持ちのジェットから180番を出してきて、変えていただき
ました。
で、すぐに、アタシはその辺を試乗しました。
40番も大きくしたことで、カブルのではないかと心配しま
したが、あにはからんや、鋭い加速となりました。
加藤さんも、”どう、かぶった!?”などと、。
一件落着であります。
もっと、大きくしてもエエかも、、。

IMG_4545

絵の大きな六角ボルトの頭はなに?と、質問しますと”それは、
海外でエンジン始動時に、キックスターターを中途半端に
キックすると、スゲー!キックバック(最近のセルスターターの
バイクしか乗ったことの無いかは、わからんだろうけど、酷い)
で、ケッチンをくらい、足を負傷し、訴えられることもあった
ようで、その対策として、デコンプ(圧縮抜き)装置をオプ
ションで用意しました。

デコンプ

プラグの焼けを見て頂き、まあ、もちょっと走らないと判断
出来ないけど、現状、もたつかなければOKじゃない!と、、。

IMG_4549

まず、軽量化の為、バッテリーは、6ボルトです。
で、次は、エアクリーナーは、どうなってる?
絵の黒い鉄製のカバーをM6ボルトを4つ外して、蓋を
開け、三溝さんが、組んでくれていた、緑のスポンジから
純正のもっと目の細かいスポンジ製を持っておられ、これに
変えましょう!と、、、。

後は、ギアチェンジが走行してると、だんだん、渋くなると
伝えたら、多分チェンジのシャフトが転倒などで、曲がってる
のでは!と、、。
ま、これは、今後の修理課題として、、。

あの、レーサーの吹き上がりを再現出来ませんかと聞くと、
これは、三溝さんからも説明がありましたが、発電用オルタの
フライホイールが低速トルクを出して、市街地走行を楽に
してるので、軽いものに変更は可能だが、乗りづらくなるよ!
などと、、。

IMG_4547

書類と簡単な工具が入るスチール製の筒状のケースです。

IMG_4552

2サイクルオイルタンクは、左サイドカバー内に入っていますが、
そのタンク内から、オイルを定期的に、チェーンに塗布してます。
細やかな装備です。

IMG_4550

右側からの絵ですが、初期物に比べ、マフラーの形状、
250というエンブレムなど、小改良されてます。

IMG_4553

テールパイプ外径も、大幅に大きくなっています、出力も
上がってますので、当然か、。
しかし、やはり2サイクルサウンドは、アタシの年代には、
うるさいので、テールパイプにも一つ、アルミパイプで、
サイレンサーを作ろうかと思ってますが、、。

IMG_4554

フロントブレーキは、シングルリーデングドラムブレーキ
です。
そう、制動力は期待出来ません。
おまけに、最近の油圧式に比べ、前後機械式、人間の力
のみで、制動させます。

IMG_4555

メーターの左側は、三溝さんが納車前に、オリジナルのトリップ
が不動になっていたと、他の動くものに変えていただき、
オリジナルは、今修理中です。

IMG_4556

ターンシグナルスイッチと、ヘッドライトロー&ハイの
切り替えスイッチ、そして、四角い警笛スイッチと、、。
これらは、モトクロスの練習、レース参戦時にすぐ外せる
ような設計になっています。

IMG_4557

バックならの眺めも素晴らしく、カモシカのように細く
エロいデザインであります。

現在、どう頑張っても100km(クローズド)出ないの
ですが、加藤さんに聞くと、カタログデータでも、実測
110kmくらいしか最高速は出ないそうなので、納得し
ました。
なにせ、冷静に考えれば、250ccとはいえ、46年も
前のバイクであります。

110ccの最新ホンダカブと加速競争すると、まず、
抜けません!

先日は半日の走行で、エンジン始動時にキックスタート
の為か、夕方には、右端がパンパン、、。
また、キックの折れたたんだ先端と右ひざ内側が丁度当たるので、
帰ってジーンズを脱ぐと、そこが内出血、、。
ギヤチェンジも硬く、信号の度に、ニュートラに戻す作業は、
ニュートラルランプも無い為、結構しんどい!

加藤さんのお話をもっと聞きたかったですが、お仕事中に
お邪魔して、作業者の皆さんの見てる前で、2人でアーダ、
コーダとやってると、そう、図々しいアタシも、何か視線を
感じつつ、早めに切り上げてきました。
この件、三溝さんにも報告、ジェットの番定の件は、ビックリ
しておられました。
ま、これからまた、試走して様子みます。

つづく。






turuta_s_room at 14:44|この記事のURL

2018年07月24日

2018年7月吉日 北海道じゃ!

えりも2

えりも3

えりも1

2018年7月吉日、そう北海道は、襟裳岬じゃ!
月曜、豊田市出発 → 北海道フェリーで、、。
1600cc6気筒のバイクで、1週間ほど、、。
腰痛持ちなのに、、。
もし、だれもいないところで、倒れたら3人くらでないと」
起こせないくらい重たい!
しかし、走ってれば乗用車そのもの、、。
気温16度、あまりの寒さに、ジャケットを薄手のモノを持って
来たため、カッパを上から着てます!

という、メールと絵が送られてきました、バイク仲間から、、、。
さすが、北海道、16度とは、こちらと25度も低い、、。
そう、寒いです、風切ってますから、、。
えーの!

先程、アイコードの外気温をどうでもええですけど、計測
しました!

DSCN3912

ヒエー! 41度を超えて、、。

DSCN3911

DSCN3910

向上裏のミョウガは、あまりの暑さに、笹みたいに、
葉をちじめて(表現が悪い)ます。
日光に、葉をまともに当てないよう、、。
ミョウガの群生場所は、少しの日光と殆ど裏庭など
湿った木陰に群生しますので、通常のアイコード
裏では、問題無く育ってましたが、今年は別格に暑い!

DSCN3914

DSCN3915

芝生も、枯れてきましたので、今日から水撒いてます!
でも、1回、2回では、足りそうもありませんが、、。

DSCN3916

DSCN3917

右は、今年お客様からお中元で頂いたハイビスカス!

左は、数年前の同じ、ハイビスカス、、。
何とか、花咲かせました、、。
しかし、日中外に置くと、枯れそうなので、室内で
光合成をさせてます。
鉢ものだと、鉢が暑くなって死にそう、、。

兎に角、皆さん、自分の体は自分で何とかケアして
ください。
アタシは、友人から言われ、体力落ちたときは、リポビタン
タウリンの多く入ったヤツを飲むようにしてます。

つづく。




 
turuta_s_room at 12:44|この記事のURL

2018年07月23日

ポルシェ993C4S エンジンオイル漏れ修理 6

IMG_4526

IMG_4527

993
カレラ4Sのオイル漏れ修理です。
エンジンは、大体修理は終わりました。
現在、注文したウルトラ製シリコンプラグコードを
待っています。
純正のプラグコードは、1本 16,500円税別もします!!
ツインプラグなので、12本プラス2本IGコイル用で14本。
プラグコード1台分だけで、20万円以上も、、。

もちろん、スパークプラグも交換しました。
出来れば、ディスビキャッップ&ローター、デスビベルト、
そしてIGコイルも交換したかったですが、次回に、、。

IMG_4528

中央のゴールドに光ってるミッションマウントも、
エンジンマウントと共に、新品交換しました。
ミッションマウントは、38,200円税別します。
エンジンマウントの方が、安価でした、、。

本日から、友人の一人旅で、北海道に1W、バイクツーリング
に出かけた野郎がいます。
持病の腰痛持ちで、それだけが心配だと、、。
道中の無事を祈ります!!!

自宅の庭木やミョウガに、連日の猛暑で水分が吹っ飛んでる
ことでしょうから、毎夕方、夕食のあと、水を撒いているの
ですが、数年前には居なくなった、アマガエルを発見!
まだ、子供の用ですが、アタシの水まき以外に、水は無い
のに、どうやって、、。
また、もう一つ、トノサマガエルの子供も発見、、。
こいつら、どうやって生まれ、生きてるのか、、。
カエルといったら、広島の田舎では、ため池など、池
ばかりなので、カエルや、イモリなどいっぱい見ましたが、
不思議であります。

まあ、水まいてる間、やぶ蚊に食われますので、カエルたちの
エサは十分にあると思いますが、。
時々、目の前に現れるので、水を少し、頭上から垂らして
やりますが、嬉しそうなのか、迷惑そうなのか分かりません!
セミは、アブラゼミより、最近は、クマゼミが圧倒的に多く、
早朝から、シャンシャンシャンと大合唱です。

クソ暑い夏の真っ盛り!!!

クーラー我慢してましたが、夜中に酔っ払ってる状態でも、
全身汗もぐれで起きる為(扇風機は回ってますが)、こらえ
切れず、最近は、1階の茶の間に薄い布団しいて、クーラー
ガンガン朝まで効かしてます。
の為か、いびきオトコのアタシは、のどが痛い!

被災者の皆さんのこと思えば、、、、。

つづく。

turuta_s_room at 10:48|この記事のURL

2018年07月21日

2018年 ルマンクラッシックに参戦のはずが、!

IMG_4524

絵は全く関係ありませんが、アタシが初めてシグマオート
モーティヴから、初めての海外出張で、訪れたのが
1977年のルマン24Hレース観戦です。
その年の優勝車両が、936でした。
後日、ルノースポールで1W講習を受けましたが、ライバル
であった、2L V6ターボのルノーA442は、惨敗でした。

で、表題の2018年7月6〜7日に開催されたルマン
クラッシックに、旧友コスモスの大橋さんが、メカニックと
して参戦するとことを聞き、写真撮ってね!などと、、。

そう、写真は撮れませんでした!

何故!!??
ルマンに送った車両がレースに間に合わなかったのです。
事の顛末は、当人さんがあまりにがっかりしてます!
本人さんから、言いずらいのを何とか聞き込んだお話
ですので、その点をご理解いただき、お読みください。

6月28日、2台の車両、アルピーヌM63とカレラ6は、
日本を予定通り出航し、
イギリスのとある大きな港に接岸する予定でした、、。
それが、1日、1日と延期になり、業を煮やしたマネージャー
さんが、ルマンから車飛ばし、7時間掛かって、その港に
着きました。

で、どうなっとんの!などと、、。
どうも、港内のお船を管理をしてるCPUが50年に一度
の大故障を起こし、パニック状態で調整不能に陥ったそうです。
接岸させたり、荷物降ろさせず、離岸させたりと、てんやわんや!
ということで、他の国への移動やら、散々手を尽くしましたが、
車両が、間に合わなかったという大変貴重な経験をされました。

ティームの皆さんは、会社関係やお知り合いなど総勢20名近くが
ナーモすることあらへん状態!
オーナーさんは、レースなど見たくない!と、モンサンミッシェル
に皆さんでお食事に行かれたそうです。

また、他の日本の方が数台エントリーされていた車両に、気の毒
だから乗られたらと、気を使っていただいたそうで、一応、
コースは1,2ラップ走行したそうです。
ま、他人の大事な車両ですから、気を使っての走行なので、気分は
晴れませんわな!

だれにも、このうっぷんをはらせない、大変珍しい事故に遭遇
されました。
また、仲間の一人は、パリの地下鉄でお約束のスリにもお会いに
なったそうです。

大抵、海外でなくとも出張には、事件は付き物ですが、まさか、
だれも想像出来なかった珍事であります。
アタシがもし、当事者であったら、ま、そう成り行きに任せる
しか方法はないと、諦めてるでしょう。

何故に、イギリスごとき離れたところに、車両を輸送したかは、
そう、ドアツードアの輸送会社がそこにしかなかったから
だそうです。
関係者の中には、著名人も多く来られ、楽しいレースになった
であろうに、、。
事実は、小説より奇なり!


つづく。

turuta_s_room at 16:19|この記事のURL

ポルシェ993C4S エンジンオイル漏れ修理 5

IMG_4512

IMG_4513

IMG_4514

IMG_4515

フロントカムチェーン周りのオイル漏れ修理は、大体
終了しました。
現在、ロッカーアームを組付けてるところです。
カムシャフトを外したので、、。

それにしても、酷暑の日が続きます!

本日、アタシも朝九時から、タイヤ交換の手伝いをしました
が、ホイール洗いをしてるところは、日光まともにくらい
ますので、汗が額から垂れ下がります。

これが、重い土砂をスコップなどで、すくったり、重い
ゴミと化した室内の浸水してきた土砂の餌食を外の持ち運ぶ
のは、気分も悪いし、最悪の状態であります。

どうぞ、水分と休憩を十分とって、自分の体と相談しながら
戦ってください。

つづく。
turuta_s_room at 15:22|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives