2016年09月28日

靖国神社にお参りする!

IMG_2754
翌日、以前より行きたかったのですが、なかなか時間が
合いませんでした。
今回、ようやく遅いですが、靖国神社に参拝してきました。
世間ではいろいろ取りざたされてますが、自分は純粋に
訪問しました。

歴史は、150年と浅いですが、内容は濃いと思います。
そして、もう一つ実際の物を見たかった”遊就館”に、、。

IMG_2756

IMG_2760

これ以上は、撮影禁止なので、、。

ここに展示してあるゼロ戦52型は、原田信夫さんが奉納した
機体です。
原田さんは、当時一斉を風靡したフォグランプの輸入などで
財を成し、世界中から集めた機体や部品からこの機体を
完成されました。

東京には、年に何度か出張しますが、車両での都内走行は
最近、あまりしていなかったので、懐かしい、、。

IMG_2741

バイク便のそう、バイクが何とBMWR1200です。

IMG_2761

何故か、一般道で隣に来られると、ドキドキするツルタですが、
展示してある白バイとは、何故か迫力が違います、、。

一千万人都市、東京をそれも新宿、千代田区と一部を通った
だけですが、改めて東京の凄さを感じた2日間でした。

地下鉄やタクシーでも移動しましたが、どこも人だらけ、、。
ここで、パニックな事が起これば、、。

世界の縮図を見たような気がしました。

つづく。



turuta_s_room at 16:01|この記事のURL

三栄書房 90周年記念式典に参加!

IMG_2734

IMG_2737

9月吉日、
三栄書房90周年記念式典に参加してきました。

恒例の新東名の富士山です。
まじかでは雲で、、。
途中、自衛隊の車列を追い越しながら、、。
26日、月曜から東名の集中工事でひやひやしましたが、
新東名が出来てから、問題無く通常に走行出来ました、。

IMG_2742

IMG_2746

東京駅、北口のパレスホテル2階にて、式典は開催
されました。

IMG_2743

IMG_2764

IMG_2763

現社長 鈴木賢志(すずきさとし)氏の挨拶から始まり、
大きなパネルを使用してのこれまでの歴史、現在、
そして、三栄書房という”モーターファン”日本初の自動車
専門雑誌から、今後、自動車以外の雑誌で、コラボした
新分野を開拓されるようです。
ネット社会にも対応して、、。

冊子が配られましたが、その内容は、”メディア&セールス
ガイド”と明記してあり、今後の方向性など気合の入った
内容でした。
年商100億円を再度超えたそうで、、。

参加者は、凄いと思いましたのは、自動車ジャーナリストや
レーシングドライバーといって、どちらかという目立つ存在の
方は、皆無で、自動車雑誌に貢献した方々、広告主や
他方面の関係者など、少し自動車業界とは違った雰囲気で
した。

IMG_2748

その後の懇談会も豪華な雰囲気の中、何か違った高貴な
感じでしたが、自分の知人が数人いましたので、和やかに
歓談は終了しました。

つづく。


turuta_s_room at 15:42|この記事のURL

2016年09月25日

ポルシェ997カレラ4S エンジン修理 3

IMG_2715

IMG_2716

IMG_2717

IMG_2718

997カレラ4Sは、予想どうり6番シリンダー内壁に
擦り傷が、、。

6番ピストン上側のスカート部はやはり削れて、、。

IMG_2720

5番、4番も目視で分かる1本のタテ傷が、、。

IMG_2723

ピストン4,5番は、擦り切れた上側のスカート部は、
本来シリンダーとの接触部にコーティング剤が、ついて
いますが、ところどころ剥がれてます。

IMG_2726

見えにくいですが、中央ピストン下側はきれいにコーティングが
スカート部に施されてます。
これも傷口になる要因か、、?

IMG_2728

もう何台同じ現象を見てきたことか、、。
オーナーさんも気が滅入りますが、ワタクシ達も
同じ気分です。

どうして?なぜ?、、。

全く同じ症状です。
これが、単なる突発事故とは、どうしても思えません!

本日も、996カレラを先日購入した!という方が来店、。
開口一番、お売りなさい!と言おうとしたら、その方、
購入して2W間たって、友人に忠告され(良いお友達です)
早いこと、ポルシェディーラーかどこかで、点検してもらった方が
良いぞ!などと、、。

で、早速、愛知県の某ポルシェディーラーに持ち込んで、点検
を申し込んだら、そこの担当者さん、ずぐに”異音が、、!”
でもってファーバースコープでシリンダー内を点検したら
やはり、すでにタテ傷が、、。

それで、担当者とも相談したら、”すぐにでも購入したショップ
さんに、この件連絡なさい!と、、。

優良なショップさんです。
直ぐに、返金して車両を引き取ったそうです。
長年ポルシェを扱ってますが、ショップさんは、異音には気がつか
なかったそうで、、。
どちらにしても、車両代金は戻ってきて、一安心であります。

今回、アイコードに訪れ、やはり997か、996が欲しい!
けれど、どうしたら良いかと相談に、!

お節介のツルタは、約1時間、あーだ、こーだ!と、口角
泡を飛ばして、喋りまくりました。

どれだけ通じたかは定かでは、ありませんが、買うならタウンワーク!
などと、冗談はいいません!

996,997のターボを買いなさい!と、、。

でも、MTが欲しいんですが、お高いし、、!

なら、お金を貯めなさい!

直ぐ、欲しい!

んなら、まずは、996ターボのTipを買って、あとは”わらしべ
長者!”などと、、。

ま、当たらずと遠からず!

彼は得心したのかどうか分かりませんが、おとなしくお帰りに、、。

こんな場面を何度経験したことか、、、!
ポルシェのバカヤロウ!であります、、。

誰にこのモヤモヤをぶつけたらいいんだろうか、、、!
吉田拓郎風な歌詞であります、、。
入院してるかと思ったら、先日TVに出てました一安心!

豊洲の問題も、気になりますが、ポルシェのエンジン、どうにか
ならんのだろうか、、!
と、お節介に気をもむツルタであります、、、。

つづく。




turuta_s_room at 10:32|この記事のURL

2016年09月24日

2016年 FISCOにてレクサスFシリーズ走行会開催

IMG_2712

IMG_2713

2016年
9月吉日、FISCOにて”レクサス ワンメイクドライブ
レッスン(LEXUS F)” 走行会が開催されました。

2008年に初開催され今回で十数回(忘れた)と、伝統ある
会です。
今回も、南は鹿児島から自走されて参加されたツワモノも、、。
59名の応募で雨の為ドタキャンもありましたが、大盛況、、。

定員をまたもオーバーした為、2組に分けての開催ですが、
それでも漏れた方が多数出たそうです。

このような催しは、最近ではGTR軍団でも、そうは集まらない
ようで、、。
今更ながら、レクサスFシリーズ生みの親”矢口さん”を始め
多くのスタッフさんの熱い情熱が、会を盛り上げてるようです。
兎に角、リピーターが多く、皆さん顔なじみで、、。

あいにくの雨ですが、雨は練習にはもってこい、、!
最高速からの急ブレーキング、リヤタイヤがスライドしながら
のコーナリンなど、パニック状態の練習になります。

IMG_2714

矢口さんは、すでに現場を離れ、後輩など、今後
のFシリーズの将来を見越し、指導に当たられてます。
今回、Fシリーズの主査になられた弦本さんも参加されて
ましたが、彼はボディー設計からG,Sの開発をされていて、
今回、レクサスFシリーズには、矢口さんの強い推薦
もあり、今年の1月から配属されたそうです。

お会いして少しお話しましたが、技術屋さんですが、実直
そうで真面目なお方と思います。
今後のFシリーズに期待大であります。

IMG_2712

IMG_2707

手前のブラックRCFは、つい先日発表されました新型
モデルだそうです。
サスペンションはザックスショックを採用してるのは周知の
事実ですが、今回30段の減衰調整がコンピューター制御で
行われてるそうです。

生憎、要領悪いツルタは乗れませんでしたが、仲間のレムス
小宮さんは同乗したそうで、感想は、興奮気味に、ちょっとした
段差、マンホールのフタなど通過した時の車体の動きは
まるで高級サルーンに乗ってる感じで、ヒタヒタ通過していった!
などと、、。

恐るべし、弦本軍団であります。
アイコードサスペンションは、消滅か、、?
などと、レクサスFシリーズは、恐ろしい進化をしていますです!

これじゃ、手も足もでんがや!

つづく。
turuta_s_room at 13:42|この記事のURL

2016年09月22日

ポルシェ996ターボ エンジン不動!!

IMG_2703

IMG_2704

996
ターボ TipをOHして、ターボをハイフロー&ECU
チューンしたエンジンを載せたまでは良かったのですが、
エンジン始動せず、、。

3日間、あーだこーだ、シフトポジションがニュートラに
なってないとか、燃料ポンプは作動してるか、、。

IGコイル、プラグも新品だし、燃料、点火、圧縮あれば
エンジンに火が入るのですが、、。

どうも、おかしい、、!
シフトポジションは、Tipシフトレバーをばらして、接触箇所を
点検、ECUは正常などなど、、。

どうも、燃料ポンプ、火、が飛びません、、。

で、クランク角センサーは、、?
ま、数値は低いが正常、、。

しかし、一応変えてみよう!などと、、。
ブルルン!と、、、。

どうも、前回(どこかのだれか)エンジンおろされた時に、配線、
センサー位置がずれていたようで、正確に抵抗値を測定したら、
あれマー、、。
とても低い値に、、。
これも最初に調べたんだけど!!と、メカ長は、、。

いずれにしても、まずは、エンジンに火が入りました!
原因箇所が見つかれば、大した事ない問題でしたが、、、。

豊洲市場の地下空間の問題、、。
本日もどこの民間TVも、ニュースショーで盛んにやってます!
へたなTVドラマ見てるより、ヨッポドミステリーですが、当事者の
築地の方々など、怒り心頭を通り越して、呆れておられるでしょう、!

しかし、死活問題であります!
富山の議員不正もそうですが、これが民間企業であれば、、、。
やはり、日本の政治家、関係者は、なれ合いの構図で、
金と癒着と権力の悪の権化を見てるようです!

某トヨタ自動車さんなど、行政じゃない、都政指導をする為に
出向を小池都知事さんに申し込みましょうか、、。
ま、ツルタのアイコード経由で紹介料は、5%ということで、、。

そんなこと気にしてる場合じゃありませんが、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:34|この記事のURL

2016年09月20日

レクサス RCF チタンたこ足排ガス対策 

IMG_2698

IMG_2688

RCFは、
メタル触媒部分を耐熱マットで巻き、保温してエラーが
出ないかテストです、、。

今日は、台風16号が九州方面からやってきてます。
土砂災害警報が豊田市西部にでましたと、携帯に
緊急連絡が、、。

IMG_2699

雨風が午後4時半現在で強くなりました、、。

この中、ノーテンキツルタは、愛馬のRCFシロと走行テストに、。
ま、高速道でなく、市街地のトロトロ走行でチェクランプ点灯
しないかのテストですから、危険は少ない!ですが、、。

頑張ってお仕事してるフリしてます!!

つづく。



turuta_s_room at 16:35|この記事のURL

ポルシェ997カレラ4S エンジン修理 2

IMG_2686

IMG_2687

IMG_2684

997
カレラ4Sエンジンは、ファーバースコープで
シリンダー内を見ますと、6番、5番がいってるようです。

IMG_2696

IMG_2697

まずは、シリンダーヘッドを外して右バンク4,5,6
を見ます。

左バンクもいっていたら、、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:26|この記事のURL

2016年09月19日

ポルシェ997カレラ4S エンジン修理

IMG_2682

IMG_2679

IMG_2681

ポルエ997 カレラ4Sです。
オーナーさんからエンジン不調で持ち込まれました。
購入先で調べた結果、6番シリンダーとピストンのかじりが
発見されました。

そこでは修理不可能ということで、アイコードに持ち込まれ
ました。
今から、エンジンを分解して故障個所を調べ、修理していきます。

販売したカーディーラーさんは適切な対応されますが、購入した
オーナーさんは、折角、ポルシェを買ったのに、災難であります。
販売した方も、また災難であります。

本来なら、両方が満足する商売でありましたが、、。

北米では、996系からエンジンリビルトした商売を手掛けてる
ところがありますが、友人の同業者がそれを購入して車両に
搭載して数ケ月でエンジンブローしたそうです、、。
これでは、リビルトしたという信用が、全くありません。

リビルト屋さんも、壊れないよう慎重に組み付けたと思いますが、
付け焼刃でした。
あまり、この問題に突っ込むと、アタクシ達も潰されるかも
しれませんが、アンタッチャブルな案件であります。

どこかの優秀な方が、国土交通省などに訴えれないもの
でしょうか、インタメの件みたいに、、。

車両を購入した当人にとってみれば、天国から地獄であります。
交通事故にあったようなものでは、すまされません、、。

何度も言いますが、986が発売された2000年くらいからも、
ニュルブルクリンクの北コースのツーリスト走行枠で、
色んな車両が走っていましたが、986,987、997と、カレラ系、
ボクスター系のポルシェの走行してるところを、殆ど見たことが
ありません。

997後期モデルから、エンジンを新設計してインタメをクランクで
駆動する方式に変更、多分クランクケースも設計変更したと
思います。
ワタクシの私見ですが、ピストンとシリンダーがカジルと
いうことは、ピストンクリアランスといって、ピストンとクランク
ケースの隙間を長年の経験と、コンピューターの計算により
温度が上がり膨張した時、最適隙間を計算して加工します。

しかし、落とし穴は、このクランクケース側にあるのか、温度
の安定化の為、液体でクランクケースを冷却します。
このクランクケースの冷却経路を中子といって砂を固めた
型をクランクケースをアルミ鋳物で製作するとき、中に
組み込み、冷却液通り道を形成するのですが、これが
型が崩れたりして通り道を塞ぐ為、その部分が十分に冷却
されず、変形(膨張)してシリンダー径が狭くなり、ピストンと
接触、削り合うということも、考えられますが、、。

某国産エンジンでもV型エンジンでオイル消費が多くなった
エンジンを分解すると、このような症状が起きたといっていました。

原因の一つに、燃費向上の為、ピストンクリアランスをギリギリ
狭くしたり、ピストンリングの張力を少なくして摺動抵抗を
少なくしたりと、エンジンは、性能を維持しながらコストダウンを
最大の目標と上司から指示されます、、。

これらが、結果良くなるとこは無く、悪影響になることの安全
マージンが狭められ、しいてはエンジンの全ての限界設計
が今回の結果として現れたのではないかと、、。
ま、アタクシのノーテンキな、また無責任な妄想も、全く
オーナーさんの心情を慰めることにはなりませんが、、。

つづく。
turuta_s_room at 12:11|この記事のURL

ポルシェ991系レーシングナンバーステー 開発完了!

IMG_2676

IMG_2670

IMG_2663

991系
ポルシェ用レーシングナンバーステーを開発完了
しました。

IMG_2663

絵のナンバーステーを曲げて、対応します。

IMG_2677

また、ナンバーステーのビス間が通常の250mm
に対して、270mmありますので、絵のカーボン
スペーサー3mmを片側2枚挟み込み、対応します。

価格 9800円 + 2500円(スペーサー) 税別

つづく。
turuta_s_room at 11:24|この記事のURL

2016年09月16日

レクサス ISF チタニウム製EXマフラー取り付け

IMG_2648

IMG_2649

レクサス
ISF後期モデルです。

アイコード製チタニウム製EXマフラーをお買い上げ
頂きました。
すでに、フルコンも書き込み済みです。
最近、中古で購入されました、、。」

お客さんは、近所の方です。
20数年前は、お子さんもまだ、赤ちゃんでしたが、今回
その次男坊さんが、一緒にお迎えで、ISの前期モデルで
来られました。

今年、トヨタ1次下請けの優良会社に就職のピカピカの
1年生、、。
ローンでISを購入、次回はISFに、、。

お父さんは、これがまた奥さんから公認のスポーツカー購入
OKで、アルファードからISFに、、。

少しずつチューニングされてます。
次回は、ビッグスロットルに、、。

楽しい、そして家族共々、幸せな人生を歩まれてます!

つづく。
turuta_s_room at 15:15|この記事のURL

ポルシェ ケイマンTip シフトインジーケーター異常

IMG_2627

IMG_2628

ケイマンは、
Tipシフトレバーのミッション側のスイッチが壊れました。
スイッチを新品交換しました。

IMG_2642

システムテスターで点検、異常無しを確認して作業
終了です。

つづく。

turuta_s_room at 11:00|この記事のURL

ポルシェ993カレラSC 燃料漏れ修理

IMG_2638

IMG_2636

IMG_2632

IMG_2634

993カレラは、燃料ホースからガス漏れがありましたが、
場所が特定できませんでしたm、、。
で、各部捜したところ追加インジェクターの配管部分から
ホースの劣化で漏れていました。

これら追加インジェクターのホースを全交換しました。

つづく。
turuta_s_room at 10:56|この記事のURL

ポルシェ996ターボ 整備&チューニング

IMG_2639

IMG_2641

996
ターボは、エンジンが載りました。
これから、細部を仕上げ、ECUのセッティングに入ります。

つづく。
turuta_s_room at 10:48|この記事のURL

2016年09月15日

スーパカブVSリトルカブ 

IMG_2622

IMG_2620

某都市銀行の営業の足は、スーパーカブ(左)です。

アイコードワークスカー(お客様の)は、リトルカブです。

アタクシは、スーパーカブとリトルカブの差を知りませんでした。

リトルカブは、長い事キー製作の為、バイク屋さんに保管して
あり、最近アタクシが引き取り、エンジンオイル交換、スパー
クプラグ清掃、など、保守点検し、磨き上げました、、。
走行1万キロの年式不明のかわゆいヤツです。

一方、本日立ち寄った某銀行マンの足、スーパーカブは、
すでに14000km走行のセル付き、触媒付き、フューエル
インジェクションの最新モデル、。

本人乗りっぱなしで、アタクシが駐車場でちょっと乗っただけで、
ブレーキがスカスカでしたので、前後ブレーキ調整して
やりました。

カブは、アタクシの母方のおじいさん(昭和30年代)が、当時
新発売のカブを購入、毎日磨いてたのを思い出します、。
もう、50年以上前のお話しですが、、。

カブは、自分はあまりお世話になってませんが、1枚、15円の
駄菓子屋のお好み焼きと同じくらい前から、ありました、、。

これで、先週自宅から会社まで、約20km通勤に使用しました!
時速は50ccですので30km、、!

自動車道をキープレフトで走行してると、同じ車線を4輪車が
サーと抜いていきます。
本人さんは、多少でも避けながらの走りと思いますが、抜かれる
アタクシは、その度にフラーと危険を感じながら、、。

これからは、カブや自転車を追い抜くときは、しっかり車線
変更するか、速度を落として追い抜きたいと思います!

体験談であります、、。

けれど、リトルカブといえどもバイクです。
大変楽しく通勤出来ました、、。

バイク通勤楽しいです!

ちなみに、最近、アプリリア250とCBR900は、何故か手放し
ました、、。

で、また、バイクは手元に欲しいですが、まだ、あと1台ありますので、
当分は、、、。

先日は、雨の中、40km自転車にも乗りましたが、何故か
楽しかったです。

2輪は、歳を取ると危険を余計感じるので、スリル満点であります1
片側が絶壁などの道を通る場合、下半身がスーと、、。
また、これも魅力なんですが、、。
やはり、刺激を求めてるんでしょうね、、!

つづく。




turuta_s_room at 16:26|この記事のURL

2016年09月14日

レクサス RCF チタニウム&ステンたこ足試作 テスト

IMG_2609

IMG_2612

レクサス
RCF用チタニウム製たこ足は、触媒機能が
ISF時代とは、格段に向上し、従来のメタル触媒では
触媒機能が低く、エラーが出ました。

そこで直径100mm長さ60mmの台湾製150セルの
メタル触媒を加工して取り付け、テスト走行しましたが、
それでも、後少し性能が足らず、エラーが出ました。

次に国産の直径110mm長さ50mm、200セルの
密度のメタル触媒を右バンクのみ製作して、組み付け
テスト走行したところ、右バンクは長い間エラーが出ません
でしたが、最終的には左側がエラーの為、チェックランプ点灯
しました。

ということで、左バンク用も製作し、今回テストします。

また、前回テスト走行の結果、エラー症状が出る状況は、
1500rpm付近(市内ゴーストップ走行)で常時使用してると
排気温度は、希薄燃焼などにより燃焼温度が上がらず、
メタル触媒が未燃焼ガスを燃えさせないので、エラーが出る
ことが分かりました。

高回転時は全く問題ありません、、。

ということで、メタル触媒をやみくもに大きくしても、メタル本体
部の保温(700度以上)してやることも重要であるので、
メタル触媒部分を耐熱マットなど使用して外部から保温する
対策も今回施工します。

チタンたこ足にしたことで、排気管が純正の3倍以上長く
なり、排気抵抗が少ない代わりに、排気ガスは道中で冷える
ことも判明しました。

全て低速時排気ガス対策の為で、RCFの高性能には全く
影響しない範囲で頭を痛めてます!!

無駄な努力にならないことを希望します!

豊洲会場の盛り土問題ですが、格好のTV、週刊誌のネタに
なり、連日どのチャンネルを回しても、、。

さぞ、担当者は頭痛いでしょう、、。

叩けば必ず誇りが出る東京都議会問題、、。
マスメデアは、TV不況時代に助け舟みたいな状況に、。

小池都知事も、報復が怖いでしょう、、。

絵に描いたようなドラマ、”実録仁義無き戦い!”であります、、。

顧問の税理士先生とお話ししてましたが、東京都の税収入は
いか程なのかという、、。

企業の税収、固定資産税、首都高など高速道、、。
私営地下鉄、未熟なアタクシでも、恐ろしい高額な、、。

ロスチャイルド、ロックフェラー財団なども介在して、そりゃもう
えらいこっちゃ!!

田中角栄さんも、闇に葬られました、、。
邪魔者は、、。
ツルタの営みなど、かわゆいもんです、、。

つづく。




turuta_s_room at 17:31|この記事のURL

2016年09月12日

ポルシェ ケイマンTip シフトインジケータ異常

IMG_2597

以前にも、修理しましたが、パーキングから
ゆっくりリバースにシフトすると、オンボードに
ギヤがかみ合わない!などと、エラーが出ます。

これは、2か所その原因がありまして、一つは、
Tipミッション本体に組み付けてある、シフトポジション
センサーのガタによる異常を知らせます、、。

シフトレバー側にもありまして、これらもダメになることは
あります。
この車種系のトラブルの一つです。
部品を新品交換する以外、現在方法無いです。

日本の首都圏など、ストップ&ゴーを毎日続けてる
状態が多い場合に起こるシフト関係の消耗による
案件です。

すでに10年経過してる車両です。
ドイツ国民ならは、これは消耗品と諦めるでしょう!
5年以上もったのですから、、!

つづく。
turuta_s_room at 14:20|この記事のURL

ポルシェ996ターボTip ミッションマウント強化品

IMG_2598

IMG_2599

996
ターボ(997も)Tipのミッションマウントの新品に
ウレタン製強化ブッシュを組み込んだ絵です。

このような簡単な強化品で、エンジンのピッチング(
日本語で表現するとじゃじゃ馬暴れ)が無くなり、
スムースな加速、減速、コーナリングが体感出来ます!

昨日、友人とバイクで近くの本宮山 奥宮にお参りに
行ってきました。
月一は行っていましたが、。

途中、道の駅ではそれはもうたくさんのバイカーが、、。
季節も少し涼しくなり、絶好のツーリング日和です、、。

最近、ここ2か月、暑いので夕方の歩きを止めていました、。
で、約1か月ぶりにバイクになり、腰に少し違和感が、、。

最近は、バイクで200kmくらい走行した後、市内の
もみほぐし店で、2人で足、腰を揉んでもらってます。

と、今回の担当の女性がもう,恨みでもあるかのような
手さばき(当人は加減してると)で、もう、アタクシは悶絶
しながら、ギャーギャーと喚いて、、。

担当のYさん曰く、”お客さん、足のツボで分かりますが、
目、腰、内臓、全て悪いですよ!”と、、。

今度は、腰、肩、首に移って、、。
リンパ線と筋肉を揉みながら、耳もとで”カラダボロボロです!”
と、、。
つい、本音が出たんでしょうが、ショックでありました、、。
おなかが出ましたね!などより、そうとうガクンときました、、。

まだ、青年のつもりが、、。
今日から、また歩きはじめますです!

つづく。

turuta_s_room at 14:05|この記事のURL

2016年09月11日

広島東洋カープ リーグ優勝おめでとうございます!

25年ぶりのセリーグ優勝おめでとうございます。

地元は、もとより、日本全国、世界中のカープファンの
熱い声援もあっての結果と思います。

自分が20くらいまで広島の市民球場に今は亡き父親に
連れられて見に行ったのは、当時大石投手が現役のころ、。

過去2回ほどリーグ優勝してますが、そのころはすでに
豊田市に移住してました、、。

大野投手や、江夏投手の、、。
広島中が大騒ぎ、、。
旧市内の大騒ぎを新聞で読んだりして、、。

優秀することは、大変なことで、今回の緒方監督さんの
貢献も大きかったとおもいますが、黒田投手や新井選手の
、そして若手とすべての活躍が絵になりました、、。

TVや新聞などマスメデアに出ない、裏方さんの地道な活躍も
力になったことでしょう、、。

今や人生2/3は、愛知県にお世話になってますので、中日も
応援してますが、やはり心のどこかには陰ながらカープを
応援してたのでしょう、、。

昨日の巨人戦は、普段は野球中継など見ませんが、思わず
最後まで応援してしまいました。

通常であれば、不謹慎ですが巨人との負け試合に今年も
ダメであったかと嘆いているところでしたが、、。

ま、このような気持ちの良いシリーズ戦もたまには、いや
もっと多く見たいのもです、、。

どちらにしましても、オリンピックといいプロ野球もそうですが、
本来なら自分が戦って勝利の美酒を味わいたいものですが、
こうやって観戦するのも楽しいものですね!

つづく。
turuta_s_room at 08:21|この記事のURL

2016年09月10日

ポルシェ996ターボ用350mmローター&アダプター

IMG_2580

IMG_2579

現在、
エンジン降ろして各部修理してる996ターボです、、。

社外品ブレーキローター 350mm(320mm純正)

53,400円 x 2枚

ブレーキキャリパーアダプター

1台分  24,000円  全て税別。

絵の997ターボローターになり、ブレーキ制動力も大幅に
向上します。
これに、社外品の強烈なパッドなど組めば、6ポット並みに
性能向上であります。

つづく。




turuta_s_room at 14:29|この記事のURL

クラウン 200t ARS210 ECUチューニング 3

IMG_2573

IMG_2574

クラウン
現行モデル 200t ARS210です。

ECUチューンを開発中です。
ターボがやはり従来の物に比べ、極端に容量小さいので、
ブースト圧は思うようには上がりませんが、低速域から
2000RPM付近からグーとターボの加速は体感出来ます。

車重が1600kgあって、スタート発進時は圧縮比の低い
ターボ車両にとっては、2000ccは、やはり少しきついかも、。

もちろん、2000rpmも上がれば、鋭い加速をします、、。

ということで、ECUチューニングは、完成の域であります。

つづく。
turuta_s_room at 11:20|この記事のURL

レクサス RCF用後付け消音器の性能等申請書作成

IMG_2575

IMG_2576

IMG_2577

IMG_2578

RCFの後付けメインマフラー&中間パイプ(メタル
触媒付き)の騒音試験を受ける為の書類一式、、。

24ページの大申請書!です!!!
体を使う事にかけては、徹夜も厭いませんが、こと
机上での申請書作成などは、体がいう事ききません。

牛歩の如く、作成してます。
そんでもって、日本自動車輸送技術協会”JATA”さんに
書類を提出してから、各所の不備を指摘され手直ししていきます。

前回、メインマフラーの騒音テストと中間パイプの排ガスには
通りましたので、最終は、メインマフラーー&中間パイプの
騒音テストを受けて、晴れて合格しましたら、販売出来ます。

他の後付けマフラーメーカーさんも、これらと同様に申請されて
認定を受けてるのです。

マフラー一つ、日本国内は世界で一番といっても良いくらい、
騒音、排ガスに対し、厳しい国であります。

ドイツTUV規格 ユーロ6などより、もっと厳しいのです、、。
簡単にマフラー(消音機付き)など、交換したら、国内の書類無い為、
TUVのプレートが付いていても車検時に受からなかったなど、
最近トラブってます、、。

某外車正規ディーラーで新車買って、ディーラーオプションの
マフラー付けて、3年後車検に出したら、ディーラーのメカさんから
車検受かりません!などと、、。
JATAの書類が無い為です、、。

アフターパーツメーカーにとっても、厳しい時代になりました、、。

つづく。



turuta_s_room at 11:00|この記事のURL

アイコード ワッペン製作しました。

IMG_2570

IMG_2571

以前より、友人、知人、お客様からワッペンないのか!
などと、、。

その度に、今度作るからと、、、。
で、やっと製作いたしました。

ご希望の方は、販売致します。

クレスト  2500円

文字    2000円 税別

ま、たいしたことはありませんが、このクレストのマークは、
鶴田家(アタクシが養子に行った)の家紋をそのまま、、。

家内のおばあちゃん(すでに鬼籍に)から、当時お聞きしました。
江戸時代(アタクシは、何と11代目)の初代が田んぼでツルを
弓矢で射るのが上手かったそうで、それで鶴の田んぼで鶴田と、、。

それで、家紋を作ることになり、鶴共銜えの図柄になった
そうです。
ま、そいういこと、、。

クレストの外形は、そうですポルシェさんの真似!!
真似から始まる!などと、安易な、、。

つづく。
turuta_s_room at 10:34|この記事のURL

2016年09月09日

ポルシェ996ターボ 各部修理 2

IMG_2555

IMG_2556

996
ターボは、ATミッションのOHが完成し組み付けました。
絵のインテークパイプなども組み付けて、、。

IMG_2557

パイプがここで必ず折れます、劣化で、、。

IMG_2558

ツインブローオフバルブも劣化でブースト圧が漏れますので、
問答無用の新品交換、、。
海外など社外品も、、。

IMG_2560

520PS用ハイフロータービンも、、。

IMG_2562

ウォーターポンプも交換、、。

IMG_2566

エンジンマウントもこの際、、。

IMG_2563

IMG_2564

IMG_2565

ミッションマウントも新品交換しますが、その際、強化品と
して黄色のウレタン製ブッシュを挟み込みます。
こうすることで、500PS以上にパワーアップされたエンジンが
強烈な加速Gで、暴れないよう3点支持部分の強化します。

先週末、イギリス、シルバーストーンでモトGPが開催されました。
何と、スズキのビニャーレス選手がモトGP初優勝でした。

レースは、スズキのぶっちぎりでケーブルTVに出るのは、
2,3位争いのマルケス(ホンダ)、ロッシ(ヤマハ)クラッチロウ
(ホンダ)と、、。
結局、マルケスがオーバスピードでコースアウトして、、、。

兎に角、スズキは安定した走行でゴール!
完璧なレース、スズキの底力がいよいよ発揮されます。

自分の友人は、そのレースパーツを作っていますが、
スズキのレース担当の各部所さんから、お礼のメールが
届いたそうです。
”御社の製品の良さがこの結果の繋がりました、ありがとうござい
ます!”などと、、。

このようなお礼のメールが現地よりすぐに届けば、製作者
は何よりの励みになります。
スズキ社は、このような気配りの出来る社風なんでしょうね、。
人のふり見て我がふり直せ!

ありがとう!という感謝の気持ち、言葉は、何十倍になって
帰ってきます。

”最高でーす!”
今、広島カープの選手は、インタビューで必ず、お客様に
感謝の言葉を述べてますが、ティームが一丸となって
戦ってる気迫が、TVからでも伝わってきます。
緒方監督を始め、勢いというものはどうやったら伝わるん
でしょうか、、。

他の球団は、その方法が知りたい!と思ってるんでしょうね!

小池都知事にしても、勢いのある方は、やはり強いです。
アタクシもそうなりたい!と、何時も気持ちだけはあります!

つづく。


turuta_s_room at 12:17|この記事のURL

2016年09月08日

ポルシェ997GT3RS ミション不調で再入院

IMG_2549

鈴鹿サーキットに出張、、。

997GT3RS、盆前に修理終了して納車した車両です。

オーナーさんから、どうも1速が入りにくいと、、。
スムースに入ることもあるが、信号でスタート時など、
慌てて1速に入れようとした時、また普通に発進しようと
した時など、入らない時は、中途半端で、、。

で、本日丁度スズカに走りに(CCMC4走行会)来てるので、
じゃ、引き取りにお伺いしますと、、。

積車で行きました、。
走行が終了して、まだミッションオイルも温度高い時、ピット
内でエンジン始動したまま、1速に入れようとすると、5回に
1回くらい、ストローク途中が2段階になって、ググーと入る
時と、1段目のグッの時、つっかえてそれ以上ストローク
しません、、。

最初は、シフトケーブルのトラブルかと思いましたが、、。
兎に角、持って帰って調べます。
1速以外は、スコスコ入るのですが、、。
シンクロナイザーリングが擦り切れたか、、。

ところで、話は変わって最近の台風を含む、大雨を
鈴鹿で体験しました。
丁度AM11;00走行が終了した時点で、スズカサーキットの
西の空から真っ黒になり、突然の大粒の雨が横風と共に
ピットにザーっと、、。
皆、大慌てにピット裏側のシャッターを閉めて、、。
キャーキャー言いながら、、。

バケツをひっくり返したような表現が正に適正で、、。

ピットレーンを見ると、幅2mくらいの小川が、、。
スズカサーキットは、最終コーナー側から下りになっていて、
ピットインで止まると、パーキングブレーキや1速に入れて
おかないと、1コーナー側に下っていきます。
高低差が約55→30mと、直線800mで25mもあります。
そこをちょっとした小川のような川が、、。

30分以上続きました、、。

雨が小降りになって、急いで積車に積み込み豊田市に、、。
伊勢湾岸を超え、東海環状も雨、、。

途中用事で豊田東インターで降りて、フっとみると周辺の
信号が皆消灯、、。
そこらじゅう停電していました、、。

ゲリラ豪雨とはよく言ったもので、天変地異が今年起こるかも、。
これらは、全て宇宙人の仕業と思っているのは、アタクシだけで
しょうか、、、?

もうすぐ、宇宙人なる異星人が現れ、火星や月にも生命体が
現れるというか、やっと正体を、、。

何かの前触れか、、!

9月は、天候不順が多いですが、、。
人生一度、好きな事をもっと多くやっておこう!と思ってるおります!

つづく。

turuta_s_room at 16:55|この記事のURL

2016年09月06日

レクサス RCF チタニウム製たこ足改良 2

IMG_2502

IMG_2504

IMG_2503

RCF用たこ足のメタル触媒部分ですが、台湾製

直径100mm、幅60mm、150セルの物は、走行後
数十キロでエンジンチェックランプ点灯、調べますと
触媒性能が10数%足りないと、、。

IMG_2507

IMG_2506

絵では比較しにくいですが、左側の物が今回、変更
した直径110mm、幅50mm、200セルの国産品です。

テスト走行すると、通常走行ではチェックランプ点灯はし
ませんでした、、。
が、ジブンが朝、晩2000RPM以下でトロリ素行してると、
やはり点灯しましたが、かなりの時間がかかりました。

テスターで調べると、1500RPM付近で走行すると燃焼ガス
温度がメタル触媒部分で650度と、触媒効果が出にくいほど
温度が上がりませんでした。

最近の排ガス対策、燃費対策で、リーンバーン燃焼とか、、。
ISFでは、出なかった、燃焼温度が低い為の結果でした。
さあ、どうする、、。

たこ足とメタル触媒部分の保温で、触媒部分の温度を
650度以上に保てるよう対策が必要のようですが、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:30|この記事のURL

ポルシェ993」カレラ SC車両ガソリン漏れ

IMG_2539

993カレラ スーパーチャージャーKIT装着車両です。

今回、数日前から始動時に何やらガソリン臭いと、、。

で、静岡の方ですが、輸送を専門業者に頼むと10万円
近くかかると見積もり(不動車として)でしたので、積車を
借りて、アタクシが引き取りに行きました。

もって帰って調べますと、何とSCKIT用の追加インジェクター
用燃料ホースの根元からガソリンが漏れて、、。

組み付けて約10年くらい経過してますので、経年劣化でしょうが、
走行中でなくて良かったです。

燃料配管をやり直します。

つづく。
turuta_s_room at 13:31|この記事のURL

987ケイマン 車検&点検

IMG_2541

IMG_2542

987ケイマン MT車両です。

車検と各部点検を頼まれました。

エンジンルームカバーが別物に代わっていて、かなり
メカノイズが室内に聞こえますが、どうも最近、ガチャガチャ
音が気になるそうで、、。

試走しますと、聞こえますガチャ音が、、。
それで、ラッシュアジャスター(バルブ隙間の自動調整ロッド)
が、悪さしてるようでした。

これは、エンジンの油圧でバルブ隙間を自動調整してますが、
経年劣化やエンジンオイルの劣化、粗悪品とうでも出ます、、。

少し、エンジン回転を上げ、油圧を上げて試走しました、、。
すると、ガチャ音はかなり減少しました。
後で、オーナーさんに聞くと、毎日通勤に使っているが、あまり
エンジン回転を上げて無い!と、、。

今後、何時も出なくて良いから、少し回してください、と、。

それから、走行5万キロですが、F,Rブレーキローターが、
片側1mm程度摩耗してますので、今後5000km以内に
ブレーキパッド共々、交換をお勧めしました。

しめて、13万円弱の費用でした、税金も含め、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:24|この記事のURL

2016年09月03日

レクサス F走行会開催の告知

IMG_2537

IMG_2538



来る9月23日、FISCOにて、レクサスISF,
RCF,GSF占有の走行会が開催されます。
これまで、会を重ねるごとに参加者が増え、大好評
です、、。

ISF、RCF,GSFの生みの親、矢口氏は現在、定年に
なられました。
引き続きお仕事されてますが、通常でいう嘱託になりま
すので、第一線からは身を引かれてます。

ということで、今後はこの”クラブF”などという名称も
消滅かと、、。

今後発売されるLCも”F”という呼び名は無くなるのか、、。

Fシリーズは、今後どうなるんでしょうか、、。

5LのNAエンジンは、排ガス規制が厳しくなる今後、
採用は難しいでしょうし、、、。
ま、大きなお世話ですが、、!

どちらにしましても、RCF,GSFと現在、好調に販売を
続けてるようなので、今後生産中止になるまで1台でも
多く販売、市場に出ることを希望します。

1998年までの空冷ポルシェは、最後の993モデルが
生産末期には、ポルシェ社が他社に身売りしなければ
ならないほど、不評で年間2万台も売れませんでした。

その為、964モデル同様、20年近く経過した現在、
世界中のポルシェファン以外に、投資家など、車に
興味もない方々が、買いあさり、中古車の価格は高騰!

993カレラは、3年前は程度良くても300万円くらいで
MT車が購入出来ましたが、今では1000万円も、、。

RSは、2000万円、ターボは964で1500万円、、。
993GT2などは、1億円を超えるとか、、。

Fシリーズを市場に出させた矢口氏の貢献度は、
国内より世界中の先進国で評価されてます、、。

というか、それを承認したトヨタ自動車の幹部も凄いですが、、。

鶴田没後、”あいつはエエチューナーだったがや!などと、。
妄想ツルタが始まりました、!

つづく。





turuta_s_room at 14:11|この記事のURL

2016年09月02日

ポルシェ996カレラ エンジン不動修理 5

IMG_2532

IMG_2533

シリンダーヘッドは、問題なさそうです。
しかし、純正はやはりバルブガイドがすぐにガタが出ます
ので、新品は単品で出ませんから、国内でガイドを製作
します。

IMG_2536

インテークバルブは、バルブシートとの当たり面は
通常ですが、これはバルブ、バルブシート面をカットを
したいところです、ガイドを交換しますので、その角度に
合わせて、、。

IMG_2531

IMG_2530

EX側もそうですが、絵でみると当たり面の幅が大きいです。
これもカットします。
そう、これらシリンダーヘッドチューンは、圧縮圧の安定と
パワーアップに繋がる大事な作業です。

各ポートのサンゴ礁の排除も今回重要ですが、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:45|この記事のURL

ポルシェ996ターボ Tip 各部修理

IMG_2525

IMG_2524

IMG_2523

996ターボ Tipです。

ATミッションは、現在OH中です。
その間に、他の作業を進めます。

絵は、ラジエターのサブタンクを交換してます。

真っ白な新品に対し、交換品は飴色に綺麗に!変色、、。
10年以上経過してる為か、クラックが入り液漏れします。

比べるのはかわいそうですが、国産T社であれば、、。
ま、16年も大事に乗らないから、タンクが漏れる前に
車両が廃車になるかも、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:33|この記事のURL
Profile
Archives