2017年09月19日

ポルシェ 987ケイマン ECUが水没!

IMG_0539

IMG_0538

987
ケイマンです。

エンジンは、始動、動かせますが、リヤ周りの電装品が
異常な作動をします。

他のショップさんで修理しようとしましたが、、。
入庫して調べました。

IMG_0540

IMG_0542

IMG_0544

運転席下にある、リヤコントロールユニットのECUが
水没、水につかった状態で、、。

ECUユニットが水没してるのは、そのショップさんでも
確認出来ましたが、ECU交換時にコーディングといって
ポルシェセンターに持ち込まないと出来ない作業が、、。

そこでは,出来ないといわれ、アイコードの救いの手を、。

IMG_0545

絵のように、運転席の下が水浸し、、。

助手席の方は、問題無し、、。

IMG_0561

IMG_0563

リヤウインドウはポリカボーネート、リヤゲートは
カーボン製で、このウエザーストリップの周辺から
水が漏れたのか、、。
どちらにしても、まずはECUを新品交換して、
コーディング(システムテスターで情報を入れ込む)
しなくては、、、。

リヤゲート、フロントフードも作動せず、開けれません。
リヤは何とか開けれましたが、フロント側は、、。
また、リヤコンビネーションランプは、何もしないのに
歓楽街の電飾看板みたいに、左右交互に点滅、、。
デコトラもマッツァオのイルミネーションで、、。

あとは、どこからお水が浸入したか、、?

このケイマンの進化モデルがケイマンGT4といいます。
結構、人気で、最初限定ということでしたが、反響が
大きく、販売終了後、何か言い訳して、また再生産と
なりまして、多くの車両がデリバリーされ、日本国内にも
たくさん入荷しました。

このCSクラブスポーツモデルは、即レースに参加出来る
仕様で、ニュル24Hや、VLN4Hに現在もプライヴェー
ターが多く参加してます。
お値段も手ごろで、、。

こういうヤツをトヨタさんも、販売してほしいでがんす!
991GT3RSRのワークスモデルもミッドシップに
なり、911はリヤエンジンがなどと、言われなくなった
最近は、ポルシェもWECでフェラーリや、アストン、
フォードGTなどに、苦戦してます、ミッドシップに
したのに、、。

このような、オットーサイクルガソリンエンジンは、
今後、クラッシクレースにしか、参戦出来なくなるの
あります。

本チャンは、そう、エレキマシンが独占ですので、、。
今度、クラッシクレースで、木炭自動車作って、参加
しようとしたら、排ガスでケッチン食らうかしら、、?

つづく。


turuta_s_room at 13:25|この記事のURL

2017年09月18日

レクサス RCFゲンロク号 オイル冷却ライン完成!

IMG_0533

IMG_0525

IMG_0526

RCFゲンロク号です。
エンジンオイルクーラーラインが完成しました。

IMG_0527

IMG_0530

純正水冷オイルクーラーを外し、そこへ空冷オイル
クーラー用アダプターを組付け、純正空令オイルクーラー
とダブル空冷オイルクーラーとなりました。

IMG_0532

IMG_0549

こちらは、空冷ATミッションクーラーの、やはり純正
オイルクーラー(右フロントバンパー内)と、ダブル
空冷オイルクーラーと相成りました。

これで、うまく冷えれば良いのですが、、。
後は、テスト走行してのお楽しみであります。

今年の夏は、何だか暑いような、雨降りが多い、中途
半端な夏でしたが、9月に入り、朝晩は。めっきり
涼しくなり申した、、。

そろそろ、テスト走行には条件が良くなりつつ
ありますです。

つづく。

turuta_s_room at 15:36|この記事のURL

トヨタ アリストJZS161ターボチューン完成!

IMG_0537

IMG_0535

IMG_0536

アリスト JZS161です。
だいぶ前から、チューニングで入庫してました。

最後の辺は、細かな症状が出て、それを一つずつ
解決していました。
そしたら、最後は、燃料調整がおかしくなって、。
それを探っていたら、原因が分かりました。

161アリストは、燃料タンクが後部座席下にありますが、
中央が、プロペラシャフトが通る為、タンクが馬の鞍みたいに
またいでいて、左右に分かれてます。

通常、右、左にポンプで左右平衡に燃料が満たされるように
なっていますが、この車両には、燃料ラインを変更して
レーシングカーのように、コレクタータンクをリヤトランク
内に持っていってる為、片側から吸って、もう片方にリターン
してるので、燃料が少なくなると吸う量が間に合わなくなり、
燃料不足になっていました。
これも解決しました。

パワーチェックの結果 630PSです。

外気温がまだ、30度以上なので、これも気温が下がれば
モアパワーになります。
納車も近いです。

つづく。

turuta_s_room at 14:52|この記事のURL

2017年 9月18日 アイコードを台風18号が襲う!

IMG_0521

IMG_0522

台風
18号は、9月17日の真夜中、豊田市も暴風雨に、。
その日の夕方まで、雨の風も無く、台風のことは全く
忘れてました、、。
その為、アイコードは、台風が来ると何時もシャッター
対策などしてから、帰宅するのですが、、。

その日は、PM8;00には、もらったお酒”空”を
飲んで、ええこんころもちで、お寝んね!

真夜中、すごい風の音で目を覚ましました。
で、そうだ、アイコードの台風対策が、、。
シャッターが壊れたら!などと心配しましたが、
外は、暴風雨!
アイコードに、車で行っても、アタシが途中でアクシデント
(電柱にぶっつかるとか)にあう可能性あり、ヤブヘビに
なると自分に優しい!判断で思い止まりました!

それくらい、風雨が強く、思わず雨戸を閉めました!

朝、8時前にアイコードに着いたとき、そんなに被害が
見えませんでした。
シャッターは何とかもっていました。
しかし、駐車場などに、折れた枝や葉っぱが散乱、。
で、絵のレモン部長は、もう半分折れかかって、、。

IMG_0522

レモンの実は、もう殆ど野球のボール並みに大きくなって
いた為、支えきれなくなって、、。

元の位置に戻し、工場内のアルミパイプで補強しました。
これくらいで済んで、良かったです。

IMG_0524

左から、お客様に頂いたレモン新入社員1号、2号、
そして右は、これも2年前に頂いたハイビスカスですが、
枝打ちして、また元気に若葉をだしてます、、。
これらも、ひっくり返ってました。

しかし、台風18号もそうですが、何であんなにブーメラン
みたいに、180度Uターンして、尚且つ、沖縄から九州
と日本列島の真上を舐めるように北上して、、。
まるで、だれかに操られてるような、、。
各地は、またしても大被害で、水没など、もう日常茶飯事、
水害に対し、無力な日本国であります。

台風も、今は人工的に作れると言われてますし、軌道も
調整出来るなら、これはりっぱな武器であります。

であれば、何が目的か、、。
などと、秋の夜長にミステリーであります!!!

兵器は、使われれば恐ろしいですが、ある程度抵抗
出来ますが、この台風という自然災害には、全く
無抵抗、通り過ぎるのをジっと待つばかり、、。
あまりに無策であります。
何か良い方法が、、。

つづく。


turuta_s_room at 12:01|この記事のURL

2017年09月17日

フィアット アバルト 595 コンペティツィオーネ サスKIT

IMG_0517

IMG_0515

アバルト

595 コンペティツィオーネ、要は最上級モデル。
限定車だそうで、機械式LSD付です。
180PSであります!

ブーストメーターが、ダッシュボード上に、チューンド
カー如く、独立して大きく鎮座してます。
見ると目盛りは最大2,0などと、。
オーナーさんは、市内の足として購入!

実際、純正車両を試乗しましたが、最大1,5まで
ブースト圧が上がり、急加速をするとステアリングが
持っていかれるくらい、暴れます。
まさに、アタシたちがワキャーころ、チューンしたFF
ターボの味付け、そのままです。

サスペンションの乗り心地は、全くハード。

IMG_0496

絵のように、コニ製です。

市街地走行では、マンホールをジムカーナー車両の
ように、跳ねるような乗り越えで、、。
また、高速コーナーは、何故か安定しません。
そう、怖いくらいにビビリました、、。
オーナーさんは、通常991カレラsに乗っていますが、
結構、飛ばされますが、友人のS氏曰く、やはりコーナーが
不安定、怖いと、、。

機械式LSDが付いているので、コーナリング中、
アンダーになりそうでも、頑張ってアクセル踏むと、
オーバーになるのですが、、。
で、今回、ビルシュタイン製B14KITの車高調整式を
エナペタル社で、リセッティングして組付けました。

IMG_0506

IMG_0505

IMG_0504

組付けに際し、このショックのセッティング変更&
E12なる減衰調整式に改造してくれた古い友人で
ありますエナペタル社のI氏も、遊びに来てくれました。

IMG_0499


組付けて、車高を純正より10mmダウンしました。
元々、この車両は低いですが、これ以上低くすると
名古屋市内のコンビニ、駐車場に無造作に入れないので、
それを嫌いました。

アタシが、名古屋まで試走し、s氏の家まで迎えに行く
途中、猿投グリーンロードと東名高速、名古屋高速と
かなりハイペースで、走行しました。

で、帰りはS氏に送ってもらって、、。

市街地の乗り心地は、あまり変わりませんが(もちろん
12段の6段目にしたので、まだ、柔らかくなります)、
高速道のコーナリングを、S氏の希望に添えるかどうか
心配でした。

結果は、S氏曰く、純正より怖く無くなった!
しかし、まだ満足いくほどでは、、。
ま、991ポルシェと比較しては、無理がありますが、
やはり、高速道での段差の乗り越えで少し、お尻が浮く
ような硬さがまだ、残りました。

WRCのラリー車みたいに大ジャンプのあと、スーと
着地して、そのまま、何事もなかったのように走り
去るイメージが欲しい!!

ということで、バネの落ち着き(10mmくらいちじむ)
する1か月くらい、このままで乗って!と、、。

さあ、ピョコピョコアバルトが、ポルシェのように
しなやかになるかどうか、、。

しかし、イタリア人は、このような味付けをして、販売
することを、ようやるわ!

これが、トヨタ車であれば、GRMN仕様でも、ここまで
過激に出来るでしょうか、、。

ケチつけてますが、この限定車両、日本国内売れすぎて、
バックオーダーが、、、、。

シートの形状はバケットタイプ、着座姿勢もあるでしょうが、
これなら、愛車C−HRで、コーナリングなら勝負
出来るかも、、。
加速はまず、負けますが、、。

とにかく、いじりがいのある車両であります。
久しぶりに、テスト走行が怖かったです!

つづく。


turuta_s_room at 15:02|この記事のURL

2017年 カワサキZ2 72モデルがお高いです。

IMG_0512

1972年昭和47年、アタシが広島から生沢徹氏に
弟子入りしたいと、大学1年生の暮に東京に行き、
”アタシは、弟子は取らない!”と、断られ、当時対応
してくださったおばあちゃんに、それじゃかわいそう
だからと、記念にと革ジャンを頂きました。

そして、失意の中、渋谷のNHK放送センターの裏の
駐車場で、シグマMC73を、NHKさんが日本人初の
レーシングカーで、日本人の初参加のルマン24Hを
目指すということで、取材を受ける為にいるところを
ちょうど、アタシが通りかかり、すぐさま、意を決して
そこに居合わせた、当時の加藤さん、小野さん、栗谷さん
にいきなり、手伝わせてください(どう言ったかは
興奮していて思い出せません)!

すかさず、加藤さんは、名刺を出して、ここへ来い!

というアタシにとって、運命的な出会いがあった年に
、このカワサキZ2 750は、発売されました。

当時は、ホンダCB750の独壇場でしたが、Z2が
発売されると、大人気となりました。

その後、族車としても有名になりました。
アタシは、当時2サイクル派で、750キラーを歌って
ましたので、あまり関心はなかったですが、、。

その後、53年には、運命的出会いで、2輪パーツメーカーの
デイトナの阿部さんから、シグマにZ2のターボKIT
開発の依頼あり、2年間苦闘しました。
前置き終わり!

絵は、そう、昭和47年製初期物Z2のレストア品です。
2017年9月現在
価格 1200万円、、、、、!

数年前は、800万円くらいでしたが、、。
他のバイクも軒並み値上がりしてますが、、。

IMG_0510

ポルシェ空冷車両も、真っ青であります。

ちょっとコレで通勤、ツーリング出来ません。
先日、知人はクラッシックバイクを追突されました。
保険屋さんからは、冷たくそんな費用は出ません!と、、。

大事にしていたバイクが、大金はたいて買ったバイクが
こうなっては、残念至極であります。
気軽に乗れません、、!

ま、しかし、世の中EV時代で、猫も杓子もエレキの
時代だと騒いでますが、このような方々もおられるので
あります。

つづく。







turuta_s_room at 10:53|この記事のURL

2017年09月16日

ポルシェ997カレラ4S EXシステム交換

IMG_0493

IMG_0492

IMG_0490

IMG_0476

997C4S スーパーチャージャー車です。

今回、エンジンチェックランプ点灯で入庫されました。

EXマフラーとメタル触媒部を外すと、メタル触媒が
ガサガサとメインマフラーに入って、、、。

ということで、新品交換と相成りました。
アイコード製に、、。

今までシステムテスターでエラーを消しても、すぐ
点灯してましたが、交換後40km程試走しましたが、
今のところ、エラーの点灯しません。

調子良いです。

つづく。

turuta_s_room at 15:16|この記事のURL

2017年09月15日

991ポルシェGT2 RS です。 

GT2RS 3

GT2RS 4

GT2RS 2」

GT2RS 5

GT2RS

2017年 IAAフランクフルトモーターショー
だそうです!
他人事なのは、アタシは、行ってませんので、!

ツレのH氏が今、行ってます、、。
彼がメールで送ってくれました、ラインではありません。
アタシは、ラインは、、、。

2年に1回のショーです。
ポルシェ991GT2RSです。
そう、700PSの、、。

いち早く、皆様にお伝えしようと、、。
どうですか、一家に1台、、。
確か、現地価格は3300万円くらい、、。
オプションは別で、、。

これを購入された方は、多分アイコードにはチューニングの
相談には来られないでしょうね、、。

0−100kmが2秒いくつとか、、。

しかし、名古屋にも100m道路に、登場ました!
元、ポルシェセンター名古屋があった場所に、あの話題の
テスラ社のディーラーが、、。

友人(アタシは乗っていません)が近くなので試乗に、、。

3種類あって、一番速そうなやつに、、。
0−100kmは、991GT2RSと殆ど同じ、。
色々道路状況を変えて、試走してくれたそうです。
速くて、静か、、。

ケチつけると、本気で走ると一回の充電で300km弱、
充電に、90分、、。
2トン近い車重で、横幅広い為、名古屋市内のマンションや
市営の回転式駐車場に入れない、、。
などなど、、。

GT2RSと、テスラの加速が同じとは、、。
やはり、電気の時代は、間違いなく到来してますです。
その友人が言っていました、シリコンバレーにも会社が
あるのですが、そこではテスラ車両が駐車場にズラーと
並んでるですって、。
皆、オーナーさんの通勤車両ですが、テスラは今、
セレブの御用達だそうで、、。
一時期、ロスアンジェルスなどで、ムービースターが、
こぞってプリウスに乗っていた(過去形)ような、、。

友人のS氏が言っていましたが、水素電池は、現在
ドローンにも採用されて、、。
500mlペットボトル2個分の大きさと、1kgの重量
で、大型ドローンが30分飛行出来るそうです。

ある水素電池は、いまだ日本国内では開発にどこもおおぴらに
開発を歌ってませんが、彼はそれに着手しました。
アタシも、、、。
ニッケル水素電池とは違います、、。


また、リチウム電池も、現状の10倍の量の充電が可能と、。

そして、もひとつレンジエクステンダーといってPHVなどに
分類される、小型発電機、。

これを車両に乗せて、電気の動力元を自ら供給、、。
日産のe-powerのノートがそうですよね、、。
エーチャンが、ぶっちぎれ!などと、、。

オーストリアのロータックス社のガソリンエンジンは、
BMW i3のオプションで、発電専用エンジンとして
採用されてます。
ついでに、BMWの2輪車で800cc以下のガソリン
エンジンも、、。

レーシングカートなども、100ccのロータックス製
とか、、。
スノーモービルや、マリンバイク、、。
これらが、電気に代わるんでしょうか、、。


ああ、もう自動車業界は、第2次戦国時代に突入です!
そう、産業革命であります!
アタシは、それを静観してるだけ、、。

ポルシェ964のオーバーホールに、腰下までやるかどうか、
70スープラのサスをどこのメーカーに変えよっか!
などと、次元の違うところで、お客様と口角泡飛ばして
議論の末、ま、もうちょっと我慢して乗ったらなどと、!

ポルシェ、フェラーリからテスラへ、、。
猿の惑星じゃありませんが、エレキの惑星になっちゃんです。

つづく。
















turuta_s_room at 14:15|この記事のURL

2017年09月14日

ポルシェ997C4S S/Cエンジン不調修理 燃料ポンプ交換

IMG_0455

IMG_0436

997
カレラ4Sです。
エンジン不調で入庫しました。
現在、EXシステムは、加工中です。

で、燃料が極端に薄いということで、燃料ポンプの交換と
相成りました。

燃料ポンプは、絵のようにタンクが馬の鞍のように車体の
左右に分かれてます、真ん中にフロントデフがあるので、、。

IMG_0440

フロントフード内のバッテリーを外します。
IMG_0450

IMG_0443

燃料ゲージを外します。

IMG_0447

燃料ポンプを外します。

IMG_0448

IMG_0448

タンク内です。

IMG_0451

逆の順序で両サイドの吸い口や燃料ポンプをタンク内に
組付けていきます。
これが、結構面倒ですが、、。

IMG_0453

IMG_0459

最後に、樹脂製のふたを閉めて、出来上がり、、。

997以前の車両は、すでに10年以上経過してます。
バッテリーと共に、燃料ポンプの交換を考えておいて
ください。

エンジンの何か変だなと思ったときは、上記の問題が
関係しておりますです。
お節介ツルタでした。

つづく。

turuta_s_room at 14:54|この記事のURL

2017年09月12日

レクサス RCF/GSF用オイルクーラーアダプター完成

IMG_0427

IMG_0428

RCF/GSF
2UR 5L V8エンジンの空冷オイルクーラー用
アダプターがやっと完成しました。

IMG_0429

純正のボルト(左)に比べ、短いのは純正水冷オイル
クーラーを外すため、短くなります。

純正は、水冷オイルクーラーと空冷オイルクーラーの
2段階ですが、その水冷オイルクーラーを外して、空冷
2段階オイルクーラーにします。

IMG_0430

その追加オイルクーラー用に、どうしてもアダプターが
必要なので、、。

IMG_0432

このオイルエレメントの反対側に付きます。
エンジンの前面下部に付いてます。

今回、エンジンオイルクーラーは、純正クーラーだけでも
通常でしたら、水空冷の為、十分な冷却が出来ますが、
5Lという大排気量に対し、アイコードでは、あまり経験の
無い為、大事をとりました。

どちらかというと、

IMG_0435

絵の右側フェンダー内にある純正空冷ミッションクーラーの
強化で、、。

IMG_0434

フロントバンパー前、右に追加した空冷ミッションオイル
クーラーの方の仕事に期待してます。

実際、FISCOで取材用にタイムアタックしても、夏場
では、3ラップも全開走行すると、エンジンパワーが落ちて
ドライバーは、頑張ってるのに、どんどんタイムが落ちました。

これは、経験値(ISFの時も)からATミッションオイルの
油音がある一定上上がると、エンジンパワーを制限してます。
で、今回、油音を出来るだけ下げようと、、、。

ニュル仕様のISF CCSRも、どでかい!ミッションクーラーが
付いています。

あまり大ぴらには出来ませんが、ドイツ車両でも、取材中に
2ペタルのスポーツタイプの車両でも、2ラップ(アウトラップ
を別で)すると、ドライバーが言うには、シフトダウンが極端に
遅くなり、コーナー手前で、ギヤダウン出来ないとか、、。

ということで、現状での冷却効果が旨くいくよう期待します。
出来れば、フロントフードも、もっとエア抜きしたいのですが、
今回は、これでトライします。
気温も低くなりつつあるので、、。

あとは、レーシングドライバーとしては、B級(失礼)ですが、
山田氏のジャーナリストとしてのインプレッションは、
かなり正確なので、良い結果が出るでしょう!

つづく。



turuta_s_room at 13:59|この記事のURL

2017年09月11日

レクサス RCF/GSFのピストンです。

IMG_0422

IMG_0423

IMG_0395

レクサスRCF用5L 2UR−GSE]エンジンです。

右がRCF/GSF用ピストンです(以後、RCFだけ表示)

IMG_0396

ピストン頭部の形状を見比べると、右のRCF用が
やはり、圧縮比が高いように見えます。

実際の圧縮比は、、、。

ISF    11,8

RCF    12,3

0,5もRCFの方が、高圧縮です。
それが、エンジンパワーの数値にも出ています。

ISF    423PS/6500RPM

RCF    477PS/7100RPM

RCFは、54PSもパワーアップされてます。
その要因の一つに、その時のエンジン回転数。

7100−6500= 600RPM

600回転もエンジン回転数を上げています。

材質は、セミ鍛造といって、鋳造時に圧力を掛けて、
鍛造の性質に近づけておりますが、100%鍛造では
ありません。

IMG_0394

これが、ピストンの裏側です。
鍛造製品であれば、この様な鋳物表面の模様をしてません!
もっと、滑らかです。

IMG_0426

お節介ですが、絵は、右がポルシェ997ターボの
鍛造ピストンです。

ポルシェも、カレラ系は、コストダウンの為か、鋳造です。
993までの空冷ポルシェは、そう、全て鍛造製品でした。

ということで、RCFになって、ピストン、カムシャフト、
そして、電子スロットルの直径も大きくして、また、
排気系も完璧ではありませんが、内径を大きくして
排気効率を上げてます。
パワーアップの為、オイル冷却も強化されてます。

レーシングエンジンのチューニングメニューを殆ど全て
採用して作られたのがRCF/GSF用エンジンです。

ですから、これ以上のパワーアップは、重箱の隅をいじる
ような、もっときめ細やかなチューンが必要な訳であります。

ポルシェの車種別の中に、モータースポーツ用としてGT2,
3が用意されております。

例えば、ストリートモデルのカレラ系に対し、GT3という
スポーツモデルは、全ての箇所にモータースポーツを楽しめる
ように、いろいろな部分が強化されております。

このような車種をRCFも採用されると、、。
ま、GTRなども、ニスモスペシャルなど採用してますが、。

GRMNでは、採用されるかどうか、、。
じゃあ、何台売れますか?などと、、。

プリウスライトウエイト仕様から、始めますか、、、?!
軟弱なツルタであります!

つづく。




turuta_s_room at 13:35|この記事のURL

2017年09月09日

ポルシェ964 オイル漏れ修理 完成

IMG_0416

IMG_0418

IMG_0419

IMG_0420

9964カレラ 5MT車両です。
エンジンよりオイル漏れしてました。

OH後であったので、クレームにてエンジンをばらしました。
初期物のエンジンで、前回組んだ時は、クーパーリング
加工せず、そのまま組んだことで、そこからオイルのにじみ、
そして、タペットカバーが初期物はマグネシウム製ですが、
これが、塗膜が剥がれてオイル漏れが、、。

油温センサーからも、少し漏れてました、。
全て、手を抜いたわけではありませんが、オイル漏れに
繋がりました。
今回、クーパーリング加工も含め、慎重に組み直しました。
今朝、試乗しましたが、久しぶりに964カレラを乗りました。
やはり、エエくるまであります。
丁度良い大きさ、高速での安定性、市街地のクラッチ操作も
苦にならず、毎日通勤に使いたくなる車両です。

小さな車体に、軽い大きなエンジンで軽快に走ります。

車重は1350kg。 250PS/31。

大きさはプリウスより小さいです。
馬力は、現在の2L ターボ車両にも引けを取りますが、
パワーウエイトレシオは、5,4kgです。

それと、ポルシェの手作り時代の車両を堪能出来ます!

空冷ポルシェを買おう!

と、妄想ツルタにならって、夢想してください!?

つづく。

turuta_s_room at 13:28|この記事のURL

2017年09月08日

ブルース、マクラーレンのDVDが発売されて、。

IMG_0368

ブルース、マクラーレン氏です。

ニュージーランド出身、幼い時パース病で腰の骨が
損傷し、特注ベットで寝たきりの不遇な経験をする。

オーストラリア人(同じオセアニア)のジャック、
ブラバム氏に認められ、イギリスにニュージーランド初の
有望なレーサーをイギリスに留学させる第1号となる、。
以下、ウキペデアを参照願います。

DVDは、9月6日に発売されましたが、国内では映画の
上映は無かったようで、、。
7月頃、それを知り、待ちに待ってお家で連続して2回
見ました。
伝記物でありますが、アタシには、生沢徹氏に次ぐ、尊敬
するドライバーであります。

当時、まだ、小学5年生だったと思いますが、広島でも
スロットカーが大流行、、。
その為、小学校は、スロットカーを走らせるサーキット(
現在と同様の)への入場を禁止にしましたが、、。

タミヤ製エルバ、マクラーレンというKITを初めて
購入しました。

MiB

エクゾーストパイプが斜め上に8本、独立してそびえる
独特ナスタイルで、、。

ブルース氏が、イギリスに渡り、クーパー社からレースに
参戦、そして、独立してマクラーレン社を作って、、。
F1,カンナム、そしてインディー500と当時の
レース界のトリプルクラウンを制覇しました、、。

自分のティームで自分の名前のレーカーで、そして本人が
F1で優勝したのは、先輩のブラバム氏に次ぐものでした、。

トヨタ自動車が、ヤマハやダイハツと協力して、トヨタ7を作り
ターボ化して、カンナムに参加しようとしましたが、そのころ
すでに、マクラーレン社は、カンナムの王者でした、、。
この差は、なんでしょう、、。

一人のレーサーが作った車両が、トリプルクラウンなどと、、。

そして、カナダ、ヨーロッパをトンボ返りしながら戦った
1970年6月2日、グッドウッドのテストで、M8シリーズの
ハイウイングが禁止になり、リヤカウルにスポイラーを戻した
使用でテスト走行していた矢先、ダウンフォースを増そうと、
スポイラーを最大角度を付けてピットアウトしてすぐ、その
ダウンフォースに耐えきれず、リヤカウルが吹っ飛んだそうで、
コントロール不能のまま、運悪くコース脇の撤去する予定で
あった、小屋に激突してあっけない、32歳で、、。

マクラーレンのカンナムカーは、M8Dと最後まで、ポルシェの
ターボカーが出現するまで、圧倒的強さでした、、。
相棒のデニス、ハルム氏といつも、レースはワンツーと、、。

日本の初期のグラチャンでも、酒井正氏と今は、セルモの佐藤氏の
マクラーレンM12で怒涛の大活躍でした、、。

話が、いっぱいあって書ききれません、昔の思い出が、、。

IMG_0404

1995年8月のヨーロッパBPRシリーズの鈴鹿で
ポッカ1000kmレースのショットです。

IMG_0405

フランス人ティームのファビアン、ジロア氏と
スイス人、ジャン、デニ、デルトラス氏に日本の
吉川とみ子氏が加わって、マクラーレンF1GTRで
参戦したときです。

初めて見たF1GTRは,まるで芸術品かと思うばかり
の美しさで、カーボン地が室内やドア内側まで、、。

この車両は、ガラスのミッションと言われ、前月のルマン
24Hレースでは、アタシも参加してましたが、殆ど
雨のレースで、初出場のつや消し黒のマクラーレンF1
GTRが、関谷氏のドライブで総合優勝しましたが、、。

鈴鹿では、案の定、ミッションのカウンターシャフトが
ひん曲がり、シフトしにくくなりました。
ばらして気が付いたのですが、、。
ミッションは当時のF1に習い、横置きの小さなケースに、。

そこに、若いマクラーレンのエンジニアがやってきて、
アタシにこのシャフトをどうにか修正出来ないかと、。
スペアパーツは無かったのです、、。

その時、アタシは、無理だと思う!と弱音を吐いたら、。
”It,s difficult, but possible!" などと、、。

アタシがカッコよく訳すると、難しいけど、出来る!
(単なる、直訳で!)
ということで、、地元の知人のウエストレーシングの
神谷社長にお願いしたら、何とかすると、、。
4時間後に来て!、、。
そう、ウエストのメカさんが、手曲げで直しちまって、。

それをピットに持ち帰ったら、彼は、一言サンキュー!と。

結果は、途中で松ちゃんコーナーアウト側にコースアウト、
ジャン、デニのドライブでしたが、彼は、前に遅い車が
などと、、。

ブルースは、」
32歳の若さで、あっけなく逝ってしまいましたが、DVD
インタビョーにもありましたが、社員の方は、ブルースが、
砂漠を横断するといったら、もちろん俺たち全員付いて
いくよ!と、、。

アタシが、同じように逝ったら、アイコードの深愛なる
社員の方々は、どう行動されるでしょうか、、、!

ま、そんなことより、社員の奮闘、努力も物凄いものです。
F1とカンナム、そしてインディ、その間に販売して
カンナムカーの製造、メンテナンス、、。

当時数10人で、それを回していたそうで、、。
もちろん、ブルースは、何時寝てるんだろうと、、。
アタシが昭和48年、シグマ(現サード)に応援に行っていた
ころ、GC73と、ルマン用MC73を製作していましたが、
20数名いましたが、連日の徹夜で、レース参戦前など
3日間くらい、本当に皆、寝てません、、。
そのまま、サーキットへトラックで、、。
凡ミスでリタイヤしていましたが、、。
彼らを、それを海を渡ってカナダなどで、連戦、連勝、、。

また、彼は、まだマクラーレン社を立ち上げて間もないころ、
フォードからの依頼で、GT40の開発テストも請け負い、
会社経営の資金にしたとも、、。
尚且つ、運良く1966年総合優勝してます。

GT40マーク兇如◆◆

IMG_0407

IMG_0409

アタシ、色々持ってるでしょう!!!

マクラーレンM1BからM6,M8Dまで、完璧な
仕上がりです。

ライバルとして、GMがバックのシャパラルも凄かった
です。

これは、今は亡き、御殿場のマッドハウス杉山氏が生前、
シャパラル2Hを縮尺して製作されまして、アタシも
そのドライバー後ろの整流版の効果を詳しく説明受けました。

chapararu

話は脱線しますが、マクラーレン社はブルースの意志を
継いで、現在、ストリートカーも製造するスーパーカ
メーカーにもなりました。

上には上がいるもんです!

アタシは、まだまだ修行が足りませんであります!
今日も、お酒飲んで、8時には眠ります!
夢の中で、夢想します、レーシングカーを作って
レースに出て、優勝してるのを、、、!

つづく。










turuta_s_room at 14:11|この記事のURL

2017年09月07日

レクサス LC500用スピードリミッターカット試作完成2

IMG_0390

LC500 


レクサス
LC500でのアイコード、シャシーダイナモ
上で出た、速度です。

270kmリミッターですが、実際もこれくらいは
出ると思います、、。

つづく。


turuta_s_room at 15:07|この記事のURL

レクサス LC500 スピードリミッターカット試作完成!

IMG_0379

IMG_0385

IMG_0382

レクサス LC500です。

現在、急ピッチにスピードリミッターの解除について
解析、開発中であります。

IMG_0381

IMG_0388

IMG_0391

シャシーダイナモにて、リヤタイヤにロードを
掛けて、実際の走行シュミレーションで、270kmを
クリアしました。
絵では、見にくいですが、テレビ画面に270kmと
数値が出ているとも思います。

市販には、もう少し時間が掛かりますが、近日中です。
正確には、270kmまでスピードが出せます。
LC500は、車重もRCFなどに比べ200kg以上
重く、車体も大きいので、実際270km以上加速
する可能性は、日本の道路事情では難しいと思います。

ということで、今回270kmのリミットまで速度が
出せる仕様でいきます。

乞うご期待!

つづく。 
turuta_s_room at 13:55|この記事のURL

ポルシェ964カレラ5MT オイル漏れ修理 続き2

IMG_0349

IMG_0348

964
カレラは、大体エンジンが組みあがり、あとは
クーリングファンの付いたオルタネーターを組み付け
て終了です。

IMG_0366

IMG_0363

クーリングファンとミッション5MTを組み付けて、
さあ、いよいよ車体と結婚式(どこかのカーメーカーで
そう、呼んでました、新婚でなく再婚で)であります。

IMG_0370

IMG_0371

車両に組み付けれられましたので、あとは燃料ライン、
オイルライン(当然、水ラインは、ありません)、
ワイヤハーネスを繋げれば、エンジンに火が入ります。

もうしばらくです!

つづく。
turuta_s_room at 13:29|この記事のURL

2017年09月05日

デイトナという響き!

ferrari-auction1

フェラーリ 356GTB/4.
通称、デイトナと呼ばれてますが、1968年から生産開始され
北米のデイトナスピードウエイで開催される”デイトナ24H
レース”に参戦しました。

当時、フェラーリは、330P4などプロトタイプGT
カーでレースに参戦してました。
アタシが1966年のルマン24Hで、フォードGT40と
330P4が参戦したレースの絵を当時のカーマガジンという
雑誌で初めて見て、感動、この世界に入りたいと、、。

その当時、デイトナが製作したレース用アルミボディーの
唯一ストリートモデル、そう世界で1台のデイトナが
先日、日本のあるところで40年ぶりに発見されました。
9月9日に、オークションで170万ユーロ、約2億2千万
円になるであろうと、、。
全くの、現状で、、。

デイトナといえば、ロレックスの時計も良い響きです!

IMG_0360

IMG_0359

絵は、左から2007年、2009年、2017年、日本
ロレックス社が出したカタログです。
2009年から8年経過した現在のカタログの厚さが、
ロレックス社の勢いを物語っています。

アタシも縁あって2008年に1ケ購入出来ました。
でもって、その後また、予約してまして約10年目で、、。

IMG_0354

2017年のベゼルがセラミックスになった最新モデル
を手に入れましたが、そう10年も待って、、。
それは、友人に回しました。
アタシは、時計が趣味ではありませんので、、。

IMG_0352

当時は、予約出来ましたが、最近はアタシが通ってる
”ハッシン”さん(名古屋、大府にあります)の正規代理店
さんで、聞きましたら、今後、予約は受けないそうで、。
現在、お待ちになってるお客さまが数百人とか、、。

何時になるか分かりません!と、、。

先日、時計修理の件で、友人の時計を直しに、名古屋の
”コメ兵”さんにいったら、ありました、、。
現行モデルのデイトナ、ステンレス製が、、。
200万円、、。
正規モデルの定価は、それよりもっと低いです、、。
アタシが買ったときは、もっと安く、、。

アイコードの商品で、10年も待てるような商品を
どうやって作ったらよいか、などと、、。

IMG_0361

IMG_0362

アタシは、時計など全く興味など無く、動けば良い
位にしか思ってませんでしたが、2000年のデイトナ24H
レースに絵のように、ドイツ野郎の友人のティームと
一緒に、ポルシェ993GT2で前年のルマン24H,
冨士ルマン1000kmに続けて参戦してまして、勢い
で、この年、アメリカのデイトナまで行きました。

当時、ポール、ニューマン氏は御年70歳の最高齢で
ポルシェ996GT3Rのデビュー戦で参戦していまして、
偶然、キャンプカーの敷地でお会いし、後で聞いたらまず、
写真撮らせないポールが、何故か、いやいや、、、。

それからポールの事、色々調べましたら、そう、この
ロレックス デイトナの歴史に大きく関与していたとか、。
それで、当時、やはりデイトナはすぐには手に入らない
状態でしたが、ある友人が、日本ロレックス社の幹部を
知っていたことから、購入出来ましたが、それでも、
1年以上待ちました、、。

また、デイトナは、縁がありまして、平成3年、1991年
の春、1か月、北米を気ままな旅行をしました。
京都の橋本コーポレーションさんのご子息がLAに
住んでいた為、そこを頼りに、日本で、当時発足間もない
HISでデルタ、エアーの航空券を購入、、。

すると、営業の方が、当時、1か月間、海外旅行者に限り、
北米&ハワイのスタンバイパスなる物が、確か5万円で
オプションで購入出来ると、、。
これは、空席があれば、カウンターに行って、その場で
国内の飛行機がいつでも乗れるチケットだったのです。

カウンターのお嬢さん達も、珍し気にチケットを凝視して
いました、、、。
渡航中、アタシが好きなだけ各地のエアポートから、あちら
こちらと北米を縦横無尽に往復しました。
その時、デイトナスピードウエイにも寄りました。
デイトナのホテルに泊まり、デイトナビーチを歩きました!

007ゴールドフィンガーに出てきた、ホテルにも、、。
ついでに、レンタカーを借り、フロリダキーズと言われた
7マイルブリッジで有名な、橋を渡り、突端の島まで行き、
サンセットクルーズとへミグウエイの猫屋敷も見学しま
した、、。

そう、デイトナに関係して、何か縁を感じたのであります!

デイトナといえば、バイクのチューニングパーツを販売
されてる国内大手の会社の初代社長さんが、阿部さんと
いいます。

阿部さんとは、昭和53年頃、カワサキのZ2というバイクに
ターボKIT開発で、初めてお会いしました。
バイクにターボを組み付けるのに、色々苦労しました。
結局、FISCOでそのバイクはモーターサイクル社の
ライダーと共に、ストレート、250km以上で
振動の為、転倒、バイクは金属の塊となり、本人も、
死をさまよう、重傷をおいました、、。
ターボKITは、その結果、キケンであろということで
発売中止となりました、、。

阿部さんに会社の名前の由来をお聞きしたら、ヤマハ時代に
レースメカニックをして世界を転戦していたそうです。
デイトナ24Hレースにも参戦、、。
そうして、独立され迷わず”デイトナ”と、、。

日本人にとって、デイトナとは、ロレックスのイメージが
大変強いですが、レースの世界では、トリプルクラウンと
いって、世界三大耐久レースでは、当時ルマン、スパ(
ニュルは当時、草レースで)、そしてデイトナでした。

この三大レースを制することが、レーシングドライバーの
憧れ、夢、目標でありました、、。

そして、フェラーリが正式名365GTB/4と命名され
ても、世の中ではデイトナと当たり前のように呼ばれて、。

友人のY氏は、三栄書房時代、オプション誌の編集員
でしたが、縁あって、他社に移動、そこで、デイトナという
雑誌を創刊しました。
そう、現在、所ジョージさんが出ているあれ、、。
創刊当時、アタシも色々取材協力しました。

Y氏は、デイトナ誌編集長時代、彼の趣味でもあった
2輪で、そうあのデイトナ24Hレースに参戦しています。

バイクのデイトナ24hレースも開催されてるのです、、。

デイトナのお話でありました!
まだまだ、続きますが、、。

つづく。










turuta_s_room at 11:56|この記事のURL

2017年09月04日

ポルシェ997カレラ4S スーパーチャージャー車修理で入庫

IMG_0309

IMG_0310

IMG_0312

997カレラ4Sにアイメック時代、スーパー
チャージャーKITを組み付けた車両が、オーナー
さんが代わって、入庫しました。

車両の調子が悪いということで、、。
初期物で、走行50000km、、。

現在のオーナーさんは、購入されてからエンジンチェックが
点灯するが、しばらくすると消える、、。
3速で、普通に60kmくらいで加速すると、息つきが、、。
など、症状がでるとのこと、、、。
車両をあずかることなり、点検しました。

燃料ポンプ不良で、燃調が薄い。
触媒不良、、。

IGコイル不良、エアマス、O2センサー不良など、
電気部分が、経年劣化も含め、部品交換も必要で、
これから、修理に入ります。

つづく。


turuta_s_room at 14:52|この記事のURL

2017年09月03日

ポルシェ 991系ペタルKIT完成!

IMG_0323

IMG_0322

IMG_0317

IMG_0321

IMG_0320

991系右ハンドル用PDKレーシングペタルKIT
&フットレストです。

アクセルペタルは、純正の位置がセンターよりで、少し
ぎこちない為、10mm右にオフセットしてます。
右足が丁度右側壁とエエ感じです。

価格  ペタルセット    17,000円

    右フットレスト    8,000円  全て税別。

肉厚4mm、ジュラルミンの削り出しです。

つづく。




turuta_s_room at 13:00|この記事のURL

レクサス GSFにSFMを取り付け、、。

IMG_0325

IMG_0329

関西からご来店のGSFです。
リミッターカットを取り付けました。

IMG_0328

後期モデル(先月納車)なので、電子制御サスペンション!

オーナーさんは、以前は、シーマのハイブリッド車に、、。
日産ディーラーで、5年、15万キロ乗ったので買い替えようと
相談したら、これ以上は、GTRになりますと、、。
2ドアは、仕事の関係で、、。

そんでもって、レクサス店に行き、GS450hでも
と思っておったら、営業マンの方が、”それらなGSF
という凄い車両があります!と、、。

RCFのことは、知っていが、GSにFがあることを
全く知らなかったそうで、、。
(そう、全く宣伝されてません、嫌われっ子で!”)

また、偶然そのディーラーに試乗車があり、乗ったら、
おったまげちゃって、、。
金額も、予算範囲内、、。
即決したそうです。

そこのディーラーでも、GSFは、殆ど売った試しが
ないなどと、、。

レクサスの広報さんは、何してんでしょうね、、。

TVドラマのようなお話で、運良く!オーナーさんは、
GSFを手に入れました!という、情けないお話でした!

毎日が、楽しくてしょうがないそうです、、。
燃費も、1日100kmくらい走行するが、リッター8,5km
で、シーマーとあまり変わらないそうで、、。

、、、、、、。

つづく。


turuta_s_room at 12:51|この記事のURL

トヨタ ハイエース リヤスタビ取り付け

IMG_0330

IMG_0332

IMG_0332

ハイエース200系です。
愛知県でも、盗難ナンバー1を競ってます。

車両は、キャンピングに改造されてます。
高速走行でリヤの腰砕けが、、。

ということで、クスコさんのリヤスタビを取り付けてます。
純正では、スタビ自体がリヤに無いので、スタビのステーを
組み付け、そのれからスタビを組み付けます。
さあ、どんな乗り味になるか、、。

つづく。
turuta_s_room at 12:34|この記事のURL

2017年09月02日

ポルシェ964 オイル漏れ修理 続き

IMG_0306

IMG_0307

IMG_0308

964のM64エンジンです。

オイル漏れしてました、、。

エンジンは、大体組み終わり、今、バルブタイミングを
調整してます。

つづく。

turuta_s_room at 11:57|この記事のURL

トヨタ MR2 SW20 ラジエター液漏れ

IMG_0313

IMG_0314

IMG_0315

MR2 SW20ターボです。

現在40万キロ以上走破してる車両です。
先日、ターボ系を製作し直しました。

今回、10数年前に交換したラジエターからの液漏れが、。
ま、経年劣化と思いますが、、。

つづく。
turuta_s_room at 11:54|この記事のURL

2017年08月31日

トヨタ C−HR EXマフラーのパワーチェック

IMG_0279

IMG_0285

トヨタ
C−HRのパワーチェックを敢行しました、8月末、
気温33℃〜 もお、暑い最中の日中に、、。

IMG_0290

IMG_0300

IMG_0298

IMG_0302

絵は、ステンレス製左右出し90パイの純正
リヤバンパー用EXマフラーです。

IMG_0303

IMG_0304

ノーマルEXマフラー    131ps

アイコード 同じ      144,4ps

気温が33℃〜44℃と、真夏に、、。

ハイブリッドエンジンは、パワーチェック時は、
ABS,TRCなど全てカットして行います。
整備仕様にしてから、、、。

EXサウンドは、室内で聞いてると少し低温が効いた
野太い音に、、。
社外では、シャシーダイナモのローラーなどメカ音に
かき消されて、あまり大きくは感じませんが、EX
サウンドは、なかなか心地よい音です。

シャシーダイナモでは、テストの仕方で多少なりとも
差が出ますが、今回、気温があまりにも高温なので、
修正係数も高く、気温が20℃くらい下がったところで
やれば、も少しシビアな数値になっていたと思います。

つづく。





turuta_s_room at 17:17|この記事のURL

2017年08月29日

2017年 8月末日 ある日のアイコードの仕事

8月のある日のアイコードの仕事内容です。
アイコードは、盆暮のお休み以外、最近は
年中無休で営業してます。
必然的に、社員のお休みは月初にあらかじめ、
自分の休日を提出してます。
アタシなど、大体水曜日にお休み頂いてますが、
社員が水曜に集中して休む時は、代わって、、。

ということで、本日は3人出勤、、。

3人のお仕事を、、。

IMG_0269

IMG_0270

メカAは、964カレラのエンジンを組んでいます。
絵は、シリンダーをオイルストーンで磨いて、、。

IMG_0267

IMG_0268

メカBは、BMWE90 325Iのエンジン不動で、
カムシャフトのエキセントリック、シャフト、センサー
を交換してます。

んでもって、アタシは、、、。

IMG_0271

IMG_0272

溜まったダンボールケースをひとつづつ、分解、
折り曲げて、産廃業者さんに持っていく為、
朝から汗だくで、働いてました、、。

これが、アイコードの今日のお仕事であります、、。

片付けが済んだアタシは、お昼から前回の休日の代休で
お家に帰ります。
そう、ビールと小説の時間であります。
今回は、宮部みゆきさんの”荒神”です。

ネットの誰かの意見で、シン、ゴジラの元にになった
ストーリーとか、、。
ま、なんでもいいんです、ビールが昼から飲めれば、。

今朝の空襲警報は、、!と、戦争体験者が仰っていたようですが、
まさに、隣国さんは、、、。

Jアラートは、100億円費用がかかったそうで、、。
”死の商人!”じゃあ、ありませんが、戦争で儲ける方々は、
こうやってお儲けになるんですね!

つづく。

turuta_s_room at 11:35|この記事のURL

2017年08月28日

レクサス ISF サス&エアロチューン開始

IMG_0266

IMG_0265

古い友人です。
当初は、アイメック時代にチューニングで、、。

今回、自分へのご褒美にISFを、。
すこしづつ小遣いをお貯めになって、チューンを
しておられます。
今回は、サスペンションとエアロです。

車高調KITのアイコードオリジナルです、、。

エアロは、やはりアイコード製カーボンフードです。
9月23日、蒲郡のラグーナでのレクサスミーティングに
間に合わせたかったのですが、、。

あと、レムスさんのドライカーボンリヤアンダースカート、、。

話は変わって、某T社さんの幹部教育のお話です。

ある方が、もう20年以上の社員の方が、生産管理の
過程で、約半年間の教育を受け、たくさんの資料を基に
勉強し、試験当日、複数の試験官からの難しい質問に
どう対象したらよいかの問診試験とか、、。

で、何とかそれをパスしたそうです、、。

しかし、その後、ある社員の方がミスをして流れ作業の
組立の中で、中断してしまいました。
で、その監督責任者であるその方は、上司から失跡を、。
半年間の間に、徹底的指導教育を受け、万全の態勢で
ミスなど起こらないようシステム化したのですが、、。

その結果、その方は、半年も掛けて勝ち取ったその資格を
失うこととなり、再度挑戦ということに、、。
ウツになる要因の一つか、、。

ミスした部下は、”すんません!”の一言で、、。

部下の責任は、そう上司の責任であることは常識であり
ますが、ルールとはいえ、会社に出勤するのが怖いと、、。

ブラック企業など、色々昨今はネットのおかげでニュースに
なっていますが、、、。

中間管理職の厳しい現実であります。

以前にも、やはり大企業の中間管理職が、部下を他所から
配属されましたが、全くセンスの無い仕事でミスをしました。
で、その方は、上司に彼はこの仕事に向いていないから、
転属を申し入れしましたが、上司の一言、、。
”それを教育し直すのお前の仕事だ!”

まさにそのとうりなんですが、、。

世の中間管理職の皆さん、ストレス発散の為、愛車の
チューニングしましょ!
そう、これが言いたかったのであります、、!

高校野球は、勝ち抜き戦で、一瞬のスキ、ミスが大きく
勝敗を分けますが、ミスした選手はそりゃもう、一生の
不覚とどん底ですが、、、。

まあ、一生は長いのであります。
皆さん、前向きに行くしか、、。

でも、でも、交通事故や不慮の事故で無くなった方や、
体が不自由になった方、病気の方、。
世の中、旨くいきません。
あーあ、アタシは、何とか生かせていただいておりますが、
いつ何時、アクシデントが、、。

他人の心配などしてる暇はありゃんせんのです!
地道に生きていきますです!

つづく。

turuta_s_room at 11:57|この記事のURL

2017年08月26日

レクサス GSF チタニウム製EXマフラー&中間パイプ組み付け

IMG_0257

IMG_0259

IMG_0261

レクサス GSFに、アイコード製フルチタンの
EXマフラーと中間パイプを組み付けてるところです。

IMG_0262

GSFは、テールピースが別体です。
ですから、ISFとは、定価がお高いです。

GSFは、RCFに比べ、まだ数台ですが、
パワーチェックやサブコンセッティングすると、
数馬力ですが、多く出ます。

レクサス担当者の方も言われてましたが、どうも
RCF&GSFの初期物は、ISFの限定モデル
”ダイナミックチューン”のように、エンジンの
バランス取りした手組のエンジンを初期物に投入

やはり、RCFに比べ(または初期物だけか)GSFの
エンジン内部が少し変更されてるかと、、。

ま、そんなことは無いと思いますが、、、。
どちらにしましても、トヨタのノーマルエンジンで、
シャシーダイナモで、500PS近く出てしまうことが
嬉しいです。

今後は、ヨーロッパなど化石燃料エンジンの不手際を
もみ消そうと躍起なのか、EVに特化していくなどと
無茶な計画をお披露目されてますが、、、。

自動車評論家の皆さんも、内心はどうかわかりゃんせんが
EV化を称賛しております。

電気モーターなどで動けば、そりゃCO2、HC問題は
一挙に解決と旗振りされてますが、現実は厳しく
ドイツなど、60%の産業が自動車です、、。
エンジン、ミッションなど主要部品の開発、製造が減少
していけば、雇用問題など、、。

トラック、バス、産業車両&機器など、大排気量の
原動機を電気モーターに変更すると、どれだけの
電気が必要か、、。

まあ、アタシが心配しても、ナーモ変化は、、。
でも、進化は必要ですから、あと10年後くらいまでに
水で動く原動機など、有毒な排出ガスを出さない
新種の原動機が出て来ると期待してます、、。

テスラじゃないけど、BLITZ(ドイツ語の稲妻)でも
人口的につくって蓄電などと、、。

豊田佐吉さんは、後年永久動力など研究されてたとか、、。
無燃料動力や無燃料発電など、世界各地で色々発明されてる
とか、、

ターミネーターさんの動力源など、、。
すでにそのような永久動力は、開発されているが政治的
理由から封印されてるとか、、。
そこには、やはり”超ムーの世界R”などで紹介されてる
宇宙人が関係してくるようで、、。

月、あれは地球の惑星でなく、宇宙人の作った宇宙船、、。
だから、切羽詰まったら化石燃料、電気など当てにせず、
待った違った動力元を教えてくれるとか、、。

その前に、早く月の真実が知りたい!
これ、妄想ではありません、願望です!

つづく。

turuta_s_room at 14:10|この記事のURL

2017年08月25日

ポルシェ964カレラ オイル漏れ修理の続き2

IMG_0255

IMG_0254

964は、現在ばらしたシリンダーヘッドを
組み付けしてます。

つづく。
turuta_s_room at 15:28|この記事のURL

レクサス RCFゲンロク号 オイル冷却対策 3

IMG_0248

IMG_0249

RCFは、
エンジンを載せました。
チタン製たこ足も組みました。
絵は、運転席側がATミッションんオイルのクーラーです。

IMG_0256

オイルクーラーのアタッチメントが純正の水冷式を
外して、空冷の純正と社外品の直列2段式にする為、
社外品を使用する為のアダプターを製作中です。

つづく。

turuta_s_room at 15:25|この記事のURL

2017年08月24日

ポルシェ996ターボ ドアガラス作動せず

IMG_0231

996ターボTip車両です。
右ハンドル仕様ノディーラー車、希少車です。

オーナーさんが、左のドアガラスが上げ下げ出来なく
なった!と、、。

で、ばらしました。
えは、エアバックマークのアルミカバーを外して、中に
キャプボルトを緩めて、、。

IMG_0233

IMG_0234

遮音材を端から剥がします。

IMG_0238

スピーカーボックスを外します。
IMG_0237

IMG_0239

指で指してるワイヤーが切れてるようで、、。

モーターで駆動し、ガラス窓を上げ下げしてますが、
996系は10年も経過すると、よく破損しますです、、。

IMG_0247

これが、ウインドウ、レギュレターといいます。
そう、モーターとワイヤーで、ガラス窓を、、。

現在の部品価格 43、308円税込み価格です。
これに、ポルシェジャパンからの送料1500円くらいが
かかります。
これに工賃が加算されます。

恒例のトヨタ車なら、このような故障(経年劣化)は、
あまり事例がありません。

トヨタ生産方式をお真似になったポルシェ社なのに、
このようなところは、、。

それとも、単純に備品単体の耐久性の問題か、、。

5年もてばOKの欧州車ですから、、。
何度も言いますが、トヨタ車は、ある関係者からの
聞き伝えなので正確ではありませんが、25年は持たせる
などと、、。

自動車を長く、故障知らずで乗りたいなら、トヨタ車を
迷わずお奨めします。
しかし、楽しく乗りたいなら話は別ですが、、。

ポルシェ996ターボ、この車両は2001年モデルです。
すでに、16年の長きにわたり、オーナーを満足させて
きましたので、そんなに悲観するほどのことでも
ないかと、、。
このオーナーさんは、毎日の通勤にポルシェを、、。

その為には、このように修理を恐れていてはなりません。

ま、このような愛車は、何かの理由で手放した時、
痛感するのです、、。
そして、また、どうにかして手にいれるのです!

つづく。










turuta_s_room at 13:26|この記事のURL
Profile
Archives