2008年08月

2008年08月31日

IS−F スピードリミッターカット2

b2c623b9.JPG口だけツルタが本日は汗だくになって工場内を走り回りました。
本日、ご来店いただきましたIS−Fオーナーの皆様、雑は御もてなしですみませんでした。

またのご来店をお待ちしてます、、、。
一挙に集わないよう祈りながら、、、。
皆さんのご意見は大変参考になりました。こうやって生のご意見聞けるとヤル気になりますです。
ご期待にそえるよう頑張ります。
つづく。

turuta_s_room at 17:11|この記事のURL

IS−F スピードリミッターカット

ae428458.JPGIS−Fのスピードリミッターカットについて、色々情報が揃ってきました。
絵は、ノーマルの4速、リミッターカット状態で358PSです。
リミッター解除して6速、395PSです。
条件は37℃補正係数無しですが、今回測定時間差約15分ですので、ほぼ同条件でした。

ノーマルの炎天下(夏状態)で395PSは、よく出てると思います。
この車両車両4,000Km走行してますのでエンジンの当たりはそろそろ出てると思われます。

本日、もう1台の車両はちょっと他社でチューニングされてましたが、それは逆に約10PSづつ落ちてました。
つづく。
turuta_s_room at 16:56|この記事のURL

2008年08月30日

IS−F チューニング6

b5dd0b7f.JPGエクゾーストマフラーは、まずテールエンドのデザインが斬新であります。
聞くところによると台地をぐっと踏みしめるようなデザインとか、、、。
中を覗くとこの手法は最近のヨーロッパのデザインをお手本とされてまして、バンパーにテールピースを固定し、リヤビョーのスマートさをより際立だたせてます。

まあ、テールピースとバンパーの隙間を出来るだけ空けないように工夫してます。
個人的には、なかなかやるな!っていう思い切ったデザインと思います。

しかし、実際のエクゾーストメインマフラーとの繋がりがちぐはぐです。
これは、オーナーの方でしたらご承知と思います。
これもデザーナーの主張がこのような形なったそうです。
ここも出来たらアイコードなりの改造をしたいと思います。
つづく。
turuta_s_room at 19:28|この記事のURL

2008年08月28日

IS-F  チューニング5

c0ed9f38.JPG引き続きIS−Fでいくことを、ポルシェファン皆様ご容赦ください。

サスセッティングについて、10人10色と言いますが全くそのとうりで硬くてピョンピョン跳ねる固めがお好きな方から、やはりしっとりしなやかなのがお好きな方とそりゃご注文は、きりがありません。

本日お見えになってリミッターをご購入の方は、某○ヨタ関連の社長さんですが、つい最近○ヨタの幹部さんとゴルフにそのIS−Fで行かれたんだそうですが、低速時のリヤからの突き上げに”もう2度と乗りたくない、今度はオレのLSで迎えに行くわ!”と、不快をあらわにされたそうんです。

また、帰りは横で熟睡されてたその幹部さん、オーナーのブレーキング時今度は初期制動がカックンの為か、体がシートから下側にずれてダンダン寝たっきり体制にはいるんだそうです、、、。
まあ、ケチをつければキリがないとはこういうことでうまく行かない時は、、、。

ショクアブソーバーの減衰力の設定は、バネ,ショックのメカサスでは自ずと限界あります。

60Kmから250Kmの状況を全てクリヤするには、どこかで妥協は必要です。
それをうまく誤魔化すのがブランド力やイメージ作りであります。
ポルシェでさえ、996カレラS発売当初、この車両はノーマルのカレラに対してスポーツシャーシと名打った硬めのショックアブソーバーに、ノーマルに対し10mmダウンのバネを組み合わせてますが、当時1400万円以上(カレラは、1000万円)しましたので、ユーザーはやはりお金持ちが多く、その方々は50歳以上の年配が多く、弊社でも何台かはショックの減衰力を低速域で逆に柔らかくしたKITを販売して、好評を得ました。

まあ、硬くしたら嫌われ、柔らかくしたら物足りないと言われ、メーカーは、毎回この呪縛から逃げれません。
それが証拠に私見ですが、今回IS−Fがお手本にした車両は先代のBMW、M3(E−46)だと思います。
何故なら、自分は、そのM3を何台かサスペンションチューニングしましたが、ノーマルを試乗して”なんて低速域が敏感なんだ!”言い換えればピョンピョン跳ねていたのを覚えてます。
もちろん、KITは、バネを硬くしてショックを柔らかくしました、、、。

そしたら、この度発売された現行M3(E−92)のサスセッティングの低速域はまるで正反対のように柔らかいのです。
これは、ポルシェでも同じ現象で996カレラSから997カレラSに変わって電子制御にはなりましたが、ノーマルでは全く柔らかくなってます。
BMW社やポルシェ社でさえ悩んでるって事でしょうか、、。

絵は、スピードリミッターカットのデータをECUに書き換えてるところです。
つづく。



turuta_s_room at 17:20|この記事のURL

2008年08月26日

IS−F チューニング4

7d12273c.JPGサスペンションは、話し出すとイッパイありますので又にして、今日はさらっとエンジンいきましょう。

巷でよくあるスロットルボディーの口径拡大は、効果はあるようです。
当たり前ですが、弊社も今スロットルボディーを1ケ購入しまして、ポート拡大してるところです。
外周で3mm以上広げますと断面積は、、(専門家に正確な数値は聞いてください)。
この効果は、全体的にトルクは出ますが、やはり中、高速域で体感できます。

やはり、ECUでの燃調を併用してやることがパワー増大につながりますが、、。
このエンジンは、まだやり残したことがイッパイありますので、これからの動向が期待されます。
なんせ、5L、4バルブ、それだけでもリッター100馬力の現在です。
400PSは、相当抑えた数値であります。
社内のオフレコでは、タコ足を形状変えてマフラーをも少し排気抵抗無くしただけで何馬力、、、。

もちろん、ECUでの燃料増量が基本です。
排気系を交換しただけで400PSの5%以上パワーが上がることは、あまり考えられません。
まあ、これは、弊社のシャーシーダイナモなどでこれから測定していけば、おのずと分ることですが、、。

ちなみにポルシェ社のオプションで300PSの996カレラに20PSアップのパワーアップバージョンがあるのですが、お値段180万円以上、、、。
内容は、左右シリンダヘッド(ハイカム付き)、タコ足、マフラーそしてチューニングECUです。
たった20PS上げるのにですよ、、、。
皆さん、NAのチューニングは、そんなに簡単にはいきません。
つづく。
turuta_s_room at 19:49|この記事のURL

2008年08月25日

ISーF チューニング3

5e1356e2.JPGIS−Fチューニングが止まりません。
サスペンションは、乗り心地が命などと思っておったのですがこの車両はメカサスで60Km付近から250Km以上の高速まで対応しようとしてますので、自ずから無理があります。

担当者もその辺、いつも苦労されてると思います。
まあ、日本国内は180Kmの自主時速制限がありますので、味付けは180Kmまでの対応で部長さまの承認が降りるのでしょうが、、、。

で、高速はまあまあ良いです、しかし、気になるのは低速時のリヤのピョンピョンとした跳ね上がりです。
うねりの多い交差点や段差のある通り、舗装路工事中のマンホールなど乗り越える時やはり、揺り返しがよくありません、、、。

聞くところによると愛知県地区の一部○○では、○○、、サスKITに交換してるそうな、、、。

さあ、ツルタくんは俄然その気になりました、、、。
今日からスピードリミッターカットだけ売ってるわけにはいきません。
つづく。
turuta_s_room at 16:20|この記事のURL

2008年08月24日

IS-F チューニング2

a1ac5fcd.JPGIS-Fのお客様、次々ご来店いただいてます。
今のところ、大きなトラブルも無く、15分程度の作業で無事終了してます。

テスト走行してますが、まだ各車当たりが付いてない状態でしょうが、鋭い加速感を感じません。
それは、パワーが夏の暑さに負けてるか、車両が重たいか、例のアクセルレスポンスの問題か、、、。
これから、解決したい大きな問題です。

まあ、比較車両がポルシェ、M3などの厳しい条件ですし、親心でなお更きつくあったてます。
これも何とか良くしたいからです。

テスト車両には、PTH,ETHといったA/T及びスロットルコントロールを中心にチューニングを行います。
スロットルコントロールだけでは、最近の電子制御車両は不完全で、オートマミッションやトラクションコントロールなどを制御しませんと鋭い加速は生まれません。

もちろん、ミッションの負担はその分増えますが、、、。
玄人の理論を素人の方々に全て理解して体感していただきたいなどと、無理をするつもりはありませんが、も少し安価で最大限の性能向上を提供したいのです。

話は、変わって昨日、友人のたっての頼みから楽しい1日になりました。
木曜日にある外人二人が土曜日ナゴヤでゴルフがしたいというので何処か予約出来ないか、、、。
で、色々考えて豊田市内にある”猿投カントリークラブを別の友人から急遽お願いして割り込ませてもらいました。
困った時の友人頼みであります。なんせ自分はゴルフはここ10年くらいやってません。 一時はジョージア州アトランタのオーガスタゴルフクラブ(あのマスターズの、、)まで行ったんですが、、。

土曜日の朝、ナゴヤ駅ビル内に泊まってるその外人をピックアップしまして豊田に運びました。ペトロナスオイルのレース関係者2人を、、、。
で、ゴルフ終了時を見計らって迎えに行き、その後、豊田迎賓館など案内、そして彼らからしたらまるで、ほったて小屋のようなアイコードも案内しました。
なんせ彼らの居場所は、マレーシア、ツインタワー、そうあのバンジージャンプなどで有名な大きなヤツ!!!

でも、結構楽しそうに工場を見て、質問してくれました。
マレーシアで、ポルシェを買おうとすると300%の税金がかかるそうです、、、。
で、その後、ナゴヤ駅まで送る途中、一緒にご飯食べないか?と、誘ってくれたので断る理由はありません。

ゴルフをしないもう一人の仲間とそしてその夜お食事で。
日曜のポッカ鈴鹿1000Km(そうスーパーGTでした、つい昔の感覚で、、)にトムスさんから出場するSC430の今年からのスポンサーさんが、そうペトロナスさんなの
で、、、。
その視察来られたのです。
トムスさんのマネージャーさんで小海さんが一緒に食事の為に来られました。
20年ぶりくらいの再会です、、、。

そして、食事というとインド料理であります。
ナンにカレーを付けて食べるアレ!そこ店長はじめ女性スタッフんもインド人のようで、このようなレストランは、初めてであります、、、。
マンゴーラッシーとかいう甘い飲み物で食事するのも、、、。
皆さん、一切お酒お飲みになりません。多分宗教上の、、、。
楽しいお酒の無い食事でした。
で、ペトロナスの今回の親分(アブさん)は、自分に”今日はもうお酒飲まないの?”と聞いてきたので、”お家に帰ったらすぐに飲みますよ!”と、答えました。
そお、みんなで大笑いしながら楽しい食事でした、、。
あの、左手を使わない右手だけのナンのつまみ方、ちぎり方勉強しました。
アブさん曰く、良いよ、無理しないで、、。左手使ってナンをちぎってもいいいんだけど、その後左手で口に持っていく、または左手が口に付かなければ、、、。
色々、作法にも裏技があるんですね!

アブさん、ロスマンさんいわく、レクサスは最高!もちろんザウバーのBMWもいいけどね、、、。彼らは世界上を飛び回っているそうです、、、。
つづく。




turuta_s_room at 14:22|この記事のURL

2008年08月22日

業務連絡

d5652ec2.JPGオーストラリアの三宅さん、このブログ見てましたら連絡ください。
imec@imec.co.jp
たくさんの資料ありがとう。

鶴田

三宅さん、初物マツタケいっちゃいました!広島での贅沢であります、、、。
オーストラリアには、無いでしょうね!!!!
でもこれは、そう、あちらもんであります。そう、中国!!!!
北京オリンピックとは、全く関係ありませんが、絵の新聞は、内柴選手の金メダルを、、、、。
つづく。

turuta_s_room at 18:09|この記事のURL

2008年08月19日

IS-F チューニング

bdc92caf.JPG約1ヶ月前に自分のブログに少し宣伝しましたIS-FのECUチューニングの件で、おかげさまと言いますか、毎日数件のお問い合わせあります。
ソウ、ビックリしてます。これくらいポルシェの問い合わせ多ければうれしいんですが、、、。何か複雑であります、、、。

で、その質問の内容は、スピードリミッターの解除についてにことなんですが、トヨタ、いやレスサスさんの車両のECUに関して今風に進んでまして、弊社のECUチューニングは、(要は、プログラム自体の書き換え、そう、うちは、フルコンピュターチューニングが売りであります、意地でもサブコンのような、、、、?は、しません!!)ECU本体をさわるのでレクサスさんが、BMWやベンツのように時々バージョンアップと称してECU内部を改良してます。

ただし、今日現在、レクサスさんのメカの方にも問い合わせしましたが、不具合などによるバージョンアップはまだ無いそうなので安心ですが、弊社で書き換えしましたECUをその後、ディーラーに持ち込んで定期点検や不具合などの修理を行う時、”じゃーついでにバージョンアップしときますね!”などと勝手に書き換えられますとその弊社の物が書き換えられまして、もとの180Kmですーと終わりますです。

まあ、ちょっと気になりますが、バージョンアップするな!と言われるか、弊社にてまた、そのバージョンアップ対応で新たに書き換え出来ますので、ご足労願うか、、、。

兎に角、ポルシェのECUチューニングと同様、愛車を手放されるまで徹底アフターサービスすることが弊社の方針であります!!!!!! 

ECUチューニングというくらいですから、もちろんアクセルレスポンスやトラクションチューニング、そしてもちろん点火時期、燃調という従来のチューニングも可能です。なんならターボ、ハイカム、スーパーチャージャーなど過劇な物までやってやりますです!!!!

ここで少しバラシマスト、レクサスさんのECUは、ミッションにやさしいセッティングされており、パドルシフトでシフトアップを素早くしても、ECUでやや遅らせてシフトアップさせてます。
一説には、元気な野郎の方々が、アホみたいな走り方してもミッションに負担が掛からんようにトローく(ナゴヤ弁でアホ臭い)調整してあるんですって、、、。

この件、ニュルで飯田章氏を悩ませ、本人がいくら本気モードで走行しても速く走れなかったと後で、自信を無くしたと弱音を吐かれたくらいですから、、。

その点、BMW,アウディ、VWなどのDSGタイプや今度のポルシェPDKは、そりゃもうパッパッパっとシフトアップしていきます。
そうそう、フェラーリF1マチックもそうです、、、。

なんかレクサスさんは、お客さまを舐めていらっしゃいるのか、これでM3あたりに対抗しようなどと思ってらっしゃるのなら、走りだけははなからクラウンのように優雅な走りを目指して、、、。クラウン担当者が一緒にせんでくれと言われそうですが、、、。
いつもの事で、現場開発軍は、相当入れ込んで開発、そして上部に提案したんだそうですが、その上部さまから、、、。

このIS-F、現在月産30台あまりです。組み立ては皆さん、熟練者ばかりで、尚且つ定年退社された方々が再雇用で多くおられ、丁寧な組み付けを実現されたそうな、、。
こういうところは、多く宣伝すべきです!愛情こもった作業で、、、。

では、お前が作ればと言われれば”すみません!”っと素直に謝るしかありません。
まあ、弊社でのお仕事がIS-Fには、たくさんありそうだ!とだけは断言できますです。
直線番町のツルタに賛同される方、真っ直ぐだけは何とか今以上の加速でオーバー270Kmを実現させていただきます。

色々な事情でレクサスIS-Fにしか乗れない皆様、少しでもそのご不満を解消出来るよう奮闘努力しております。
つづく。
turuta_s_room at 14:52|この記事のURL

2008年08月17日

茗荷の季節

ca760a35.JPGお盆休みは、親孝行の為、広島の田舎に帰省しました。
12日の早朝、新名神経由で中国道を通りましたが、確実に走行車両も少なかったせいと、新名神高速の確実なバイパスで30分以上走行時間が短縮されました。

草津、鈴鹿間の何と近いこと精神的にも鈴鹿を通過するともう、気分は豊田であります。
今まで栗東、一宮間は短いようで長く、オマケに万年キレギレ渋滞、、、。
遅い、そして例の追い越し車線をボケーというか、走行車線のような感覚でお走りになる高速道義務違反など知ったことかというヤカラの為、用賀、豊田間同様、いやな高速道でしたが、、、。

まあ、四日市付近の渋滞はまだかわゆいであります。
今回、新名神を走行されてた自分の前後のドライバーまで、ルールをよく守られ、追い越されたらすぐに走行車線に変更される方が多く、それもスムースに流れた要因であったように思います。まるで、ドイツ、アウトバーンの山間部を走っているようないい気分でした、、、、。

絵は、豊田の自宅の庭にも丹精込めて育てた茗荷はありますが、こんなにいっぺんには取れません。
スーパーで3ケ150円相当で売ってる、室内栽培物のようなひょろとした物(栽培してる農家の皆さん、すみません!)でなく、路地物であります。

帰省した3日間、朝昼晩と三度、きゅうりと青紫蘇と一緒に千切りにして酢醤油で美味しく頂きました。広島産のいりこ(ちりめんのもう一回り大きい奴)などまぶしましたら、あとお袋のつけた代々伝わるきゅうりの古漬け意外、なーもいりません!

昼飯からはプシュとビールが加わりまして、また一段と路地物、茗荷のあの苦さがたまりません。舌が痺れるんですから、、、、。
豊田に少し持って帰りましたが、長女と取り合いであります。
小娘のくせに、どこで味を覚えたかやけにこのような曲者を欲しがります、、、。
まあ、自分の夏はこれで始まりこれで終わりますので自然に覚えたか、娘にきゅうりと茗荷の千切りを厳しく指導しましたので、、、、。
つづく。

turuta_s_room at 15:10|この記事のURL

2008年08月08日

スティーブ、マックイーン

e99a0a82.JPG自分たち昭和20年、30年代生まれの男性でちょっと車が好きな方は”栄光のルマン”っと聞いただけでぞっくときてしまいます。

自分が小学生時代の初めて親に連れられて見たロードショウ(そのころの映画館は2本立て、3本立てが広島市内では普通でした)の1本立てで”荒野の7人”を見ました。確か3年生くらいでしたか、、。

スティーブ、マックイーンやユル、ブリンナー、ジェームス、コバーン、等すっとその映画の俳優名は全て覚えてます。
そして、テレビでは”拳銃無宿”、、、。
そのスティーブ先生が作られ主演された”栄光のルマン”は、確か高校1年生のころで、それも同じロードショウで広島市内唯一1件の映画館に行って見ました。
兎に角、感動の連続で917、512等エンジン音に聞き惚れました。
今でも917や栄光のルマンなどのお話をする時は、興奮してます、、、。

で、今回そのスティーブ先生の愛車344台を一挙掲載される”スティーブズ、マシンズ”の日本語版が発売されました。
この出版先は、例のポルシェクラブロッポンギの元会長、小松氏の友人であります方々が日本でのスティーブ先生の版権を全てお持ちとかで、めでたく出版、発売されました。

この本の原版でアメリカで発売されていた英語版を見たことはあるのですが、やはり日本語で書いてあるのは便利であります。色々な車両が掲載されてます。
とくにスティーブ先生は単車が大好きです。そう”大脱走”での鉄条網を飛び越えるシーンとか(あれは実際にはスタントが飛んだんだそうです)、、、。

あるときアメリカのとある砂漠でホンダがその当時のモトクロスマシン(といってもロードモデル)の”エルシノア”という250CCの広告用撮影をしていましたら、丁度その近くでスティーブ先生たち仲間がオフロードマシンで遊んでたのをホンダ側が見つけ、そのような仕事は受けないといわれてたのに強引に頼み込んだところ、快諾されその”エルシノア”にのったスティーブ先生のポスターは大きな話題を呼びました、、、。自分もそのジャンプシーンとかビデオをどこかで見ました。

もう、ルマンの話まで出来ません、話したいことが多すぎて、、、。
この本を購入希望の方、少し持ってます、お譲りします。
ご一報ください。
つづく。
turuta_s_room at 17:39|この記事のURL

2008年08月07日

真夏の鈴鹿サーキット

47c254d2.JPG本日、午前中鈴鹿で例のG-challengeをテストしてきました。
プリウスと964カレラ2で、、、、。

1コーナーを抜けて2,3のS時カーブをプリウスはすごいロールとタイヤをキャーと軋ませながら通過する際にピッピッピっと鳴きました。
”おお、やるじゃん!”いい仕事してまっせ!

3〜4周ストレート以外を自分の限界に近い速度で抜けていく時、鳴ってますです。
でもそれ以上攻めますとひっくり返りそうなので止めましたが、これはいい感じです。

やはり、タイヤが軋む音を発しだすとピッピッピっと鳴り出しますので、そこでアクセルを抜いてやります(少しずつですが、、)。タイムはストレート全開にしてませんので比較にはなりませんが、2分30秒台、、、。
一番ビリだと思ってましたら、まだ後ろにおられました、、、。

そしてその日練習に来ておられたお客さまのひとりに”ちょっと同乗させて!これテストしたいから!”とお願いしましたら、おやさしいその方は新車のような白い90年式の初期もんの964カレラにそれを装着して、二人で仲良くランデブーであります。

プリウスから乗り換えたカレラは、レーシングカーのようにコーナーを強いGを感じながら回っていきます。タイヤは、Sタイヤです。
よく食いつきますです。”G”は、コーナー途中でピッピッピっと泣き出しました。

絶対スピードは、かなり違うはずですが鳴り方は大体似たようなものでした。
大成功です。本人さんも”良いじゃん、正確に教えててくれるね!安心して踏めるわ!”っと、購入を希望されました。
まずはいい滑り出しであります。

で、本日は、内緒でありますが某○ヨタさんの若人を含めた社内開発ドライバーと技術陣が運転技術向上の為、鈴鹿に大勢来られてます。
そこで25年目の再開ですが、その長の方にお願いして非公式ですが、”ちょっと使ってみてよ!”という気安い感じで試してもらいました。
まだ、感想はもらっってませんが明日あたり連絡あるでしょう。

彼は昔TASCのクラブ員でもあり、世界中のコースを今は渡り歩いてるそうです。
しかし、今は若い奴の教育を強化して、若い奴の感性で車を仕上げることを良しとされてます。
まあ、どこにでも悩み事は尽きませんが、これが効果あればと願ってます。
つづく。
turuta_s_room at 16:19|この記事のURL

2008年08月05日

熱中アウト

6fb5f46a.JPG絵を見ていただけたらお分かりでしょうが、今の時期にピッタリの商品であります。
自分は、ジェットヘルの下に(丁度フェイスマスク)かぶり、サーキットを走っておりやす。工場まわりのレモンやブドウの木の世話をしてる時に、、、。

工場内での作業場で、、。炎天下のお仕事時に、、、。
炎天下でのスポーツ、ゴルフとかテニスとか、、、。帽子被ればわかりません。襟を立てたり、、、。
携帯にも便利で場所を取りません。
皆さん、お一ついかが!!!!

商売熱心なツルタであります。
某○ヨタ関連会社は、多くの購入を決めていただきました。ありがとうございます。

実は、あたくし8月7日、CCMCの走行会が鈴鹿にてAM9;00〜11;00の2時間あり、それに参加してきますが、まだサーキットに行った事のないあなた、よかったら見るだけでもO,Kですから、遠慮なくお越しください。
ピット側入り口9番ゲートより入れます。タダデ!
”CCMC参加です!”といえば守衛さんは入れてくれます。
つづく。
turuta_s_room at 15:11|この記事のURL

2008年08月04日

986ボクスター用3,4Lエンジン

80abde7f.JPG絵は、サウナ風呂のような工場から隔離されたエアコンの効いたエンジン室で3,4L(911用)エンジンに272度 1mmリフトアップのシュリックハイカムシャフト等組み付けバルブタイミングを測定してるところです。

目標350PSですが、これを986ボクスターに搭載しようとしてます。
弊社営業の伊藤自身のツインターボボクスターに刺激されたか、伊藤の営業に旨く乗せられたか、、、。
これも半年がかりで作業してます、、、。

世の中不景気だといいますが、趣味にはあまり関係しないのか、、、、。

今、自分は964カレラ2のマニュアル車を探してます。
もちろん自分が乗るためです。
水冷を推薦しているツルタがと、お怒りでしょうが、これには深い事情があります。
丁度売ろうとおもってたというお方は、一度ご連絡ください。

お話しましょ!
その車両がドイツに行って故郷に錦を飾るかもしれません。
ましてやニュルを走るかも、、、。
もとオーナーの方も招待とはいきませんが、最優先でご案内申し上げます。
皆さんにも、お気軽にニュルに行ってそれを乗り回す日を思い浮かべてください。
なぜ、964でないと???
それは自分のポルシェチューニングの原点、スタートがこの機種でしたので、、。
将来的には、もちろん水冷も用意したいですが、、、。

弊社の実績として数年前にトヨタエスティマをナンバー所得して、ニュルを走りました。これは、某国産車自動車雑誌に1年間掲載されました。

お気軽にご連絡ください。
つづく。
turuta_s_room at 14:13|この記事のURL

2008年08月03日

トヨタ GX81マークwith BIG TURBO

f32dd4af.JPG絵は、トヨタ マーク供GX81)とい車両のエンジン部です。昭和63年式。
ざっと20年以上前の車両です。
今の20代の方には、なにこの車両は?と聞かれますです。

エンジン型式は、1G-GTEUと言いまして当時2Lツインターボの代表車種でした。
このエンジンは、あとセリカXX,クラウンなどに搭載されました。

自分が、若かりしころこのまだ、純正車でツインターボのなかったこのNA車にツインターボをくっ付けて全国を営業して回ったものです。
トヨタ自動車開発部のエンジン設計担当者にも見ていただきました。
そして、後に純正ツインターボ車が発売とあいなりました。

前置きはこのくらいで、このターボは本日火が入りました。
手曲げステンレス製タコ足、ボールベアリング式HKS製ターボ、エンジンは、カムシャフトIN 264度、EX272度 リフト1mm高いですなどなど、○ンソー製イリジウムプラグのセラミック碍子欠落により、エンジン破損してメーカーさんとアーダコーダとあって1年。やっと完成しました。

目標馬力は、350PSです。当時はこんなことばかりやってました。
まあ、今でも同じようなことやってますけど、、、。
この車両は、オーナーさんが同業者で隔月に鈴鹿サーキットをお客さん先導して走り回ってます。意地でもこのGX81でやりたいんですって、、、。

21年前というとポルシェですと930全盛、959が発売されたころです。
国産車も頑張ってもらいます。
つづく。


turuta_s_room at 17:09|この記事のURL
Profile
Archives