2009年12月

2009年12月26日

皆様、今年も大変お世話になりました。

b5c6fe86.JPG本日で弊社は2009年の営業は終了します。
アイコードに社名変更しまして、丸2年があっという間に経ちました。

アイコードという屋号も少しは世間様に認められたかな?と思っております。
ポルシェや国産車と節度が無いとか、色々ご批判もありましたが生きていく為の糧であります。
格好なんかつけていられません。
チャンスあれば、なんでもチャレンジであります。

正月は、親孝行(親不孝の代償、、、)で広島に帰省します。
自分のお正月は、毎年お仕事です。これも自分の運命と、、、。

好きなことをやってお手当ていただけるのでありますから、、。
来年も今年同様、お付き合いの程よろしくお願いいたします。

それでは、皆様には来年も良い年でありますように、、、。

蛇足です。you-tubeでicodeと検索していただきますと弊社IS−Fのフジアタックがご覧になれます。
つづく。
turuta_s_room at 14:32|この記事のURL

2009年12月24日

プリウス スポーツ 22

0ac36e82.JPGプリウス30”白鶴開始です。

30白鶴が休んでる間、20プリウスを乗ってみましたが、結構待ち乗り軽快です。
やはり、100Kg車重の軽さが分かります。

この30白鶴の欠点が一つあります。
パワーを出す為、ハイオク仕様になりました。
エコノミー(エコロジーは当然ですが、)で無くなりました。
この辺が、今後の課題であります。
つづく。
turuta_s_room at 16:19|この記事のURL

2009年12月22日

ポルシェ メンテナンス本

2ef40281.JPG平成21年の12月も後わずか、、、。
今年もアッという間の1年でした。
弊社は、27日から翌年1月5日までお休みをいただきます。
皆様には、今年も可愛がっていただきました。感謝で一杯です。

ツルタは、親孝行で広島に帰省します。何時もの行事が待ってます。
今年も昨年並みに寒いですが、皆様ご自愛ください。

昨年くらいからポルシェより国産車に力入れてますが、これも時代の流れか、最近のポルシェは、つかみどころがよく分かりません、、。

空冷ポルシェの頃は、良かったと昔を懐かしむ程老いぼれてはいないつもりですが、昔のレーシングカーやヒストリー本を出してきては眺めてる自分がいます。

最新技術に乗り遅れないよう、必死で情報を仕入れてます。
最近のGT3などは、まだ皆さんサーキットで走行されてる車両はノーマルが多いようです。
チューニングするほど、不満ではないのか、、、。
聞くところによると、良いSタイヤを履いた997GT3RSで1‘52秒台が出てるそうです。

50秒台を切るのも時間の問題、、。
ポルシェはやはり偉大であります。
つづく。

turuta_s_room at 18:14|この記事のURL

レクサス LS/SZ用ブレーキパット

988da50f.JPG絵は、レクサスLS/SZ専用のスポーツブレーキパットです。
性能は、純正の効きは良いがダストが凄い!というノーマルパットに比較して効きは同等でダストを極力押さえ、鳴きも抑えました。

ノーマルは、IS−F同様サーキット志向のパジット(IS−Fはブレンボ製)製ですが、結構ダストが、、、。
BBS製のアルミ鍛造ホイールがすぐに薄黒くなってしまいます。
潔癖症でなくても、純正ホイールがシルバーなので汚くなります。

弊社のパットの摩剤は、ノンアスベストのどちらかというと、カーボン、銅、鉄などのメタル類をあまり含まないストリートユース用に製作しました。

サーキットなどでガンガンに走られますと、フェードしやすいです。
ま、1、2周くらいなら問題ないですが、、。
高速道、峠道であれば、余程の過激な攻めをしない限り問題ありません。

B/P   フロント             39,000円
     リヤ               28,000円 
税別です。
ご用命ください。
つづく。 

turuta_s_room at 13:12|この記事のURL

2009年12月21日

プリウス30 スポーツ

d3e40651.JPG弊社”白鶴”プリウス30も少しづつですが、レベルアップしております。
先日もIS−F”青鶴”に同行しましてFISCOを斉藤聡さんに試乗していただきました。

先回の桂伸一氏の雨中走行同様に、トヨタ自動車さんから広報車両を借りての比較テストです。

結果は、タイヤが”白鶴”は18インチタイヤで10mm直径と幅がでかいでが、
2‘28秒”台と2‘31秒”台の3秒差でした。

雨中ではこれの約1秒落ちでしたが、、。
斉藤氏の感想では第3セクター(終盤の複合コーナー全体)では、”白鶴”は、ちょっとコーナーGがかかるとVSC?ランプが点灯し、スロットルを閉じるので加速が鈍る又は、アクセルレスポンスが、、。
それに比較して広報車は、コーナーで踏ん張り、ランプも点灯しにくい!、、、。

広報チューンか、、、?
ま、兎に角タイムは勝りましたが、3秒差が良いのか悪いのか、、。
今後の課題が幾つか出来ました。
絵は、斉藤聡さんと手前から広報車、白鶴30、エナペタル30とセクシーなお尻を並べて3ショット?です、、、。
つづく。

turuta_s_room at 16:45|この記事のURL

2009年12月20日

大洲ホビープラザ 開店

005aa1fc.JPG自分の20年来の友人で(株)K&Sの菅木会長さんがいます。
彼は、RC(ラジオコントロール)ヘリコプター業界では、世界中で有名です。

その彼が、このたび名古屋、大洲のアメ横第2ビル1Fで、オオスホビープラザを
開店されました。
そして並行して全国で唯一のタミヤRCCARプラザといって、タミヤ模型直系のショップも同時に開店されました。

昨日と本日の2日間はオープニングセールで全商品が大特価で販売されてます。
我も思わん方、可愛いわが子、お孫さんのクリスマスプレゼント、また、一度はラジコンヘリ、飛行機を操縦してみたかったと思われる方、足を運んでみては、、。

自分も2機30ヘリを所有してますが、懇切丁寧に始動してもらえます。
もちろん、タミヤのラジコンカーや精巧なラジコン戦車など、少年時代に戻れます。
実は、自分も昨日、電動ヘリを購入しました。1万円ちょっとの長さ30cmの室内用ですが、練習にはバッチリであります。

どうぞ、ご家族、友人知人お誘い合わせの上、ご来店ください。
明日以降は、通常の販売になりますが、”鶴田の紹介だ!”などとのたまうとお値打ちにしてくれそうです。

絵は、自分が購入した2重反転式電動ヘリです。菅木氏が模範操縦してます。
つづく。
turuta_s_room at 12:48|この記事のURL

2009年12月19日

IS-F チューニング 144

fa91bed0.JPG皆様の厚いご支援の甲斐ありまして、この度フジスピードウエイにて弊社”青鶴”は
ラップタイム”1’57”618”(Pラップ参考タイム)が出ました。

2分の壁が厚く苦戦しておりましたが、出るときはサッと出るもんです。
もちろん、スタッフを始め、関係者の皆さんの努力とタイムアタックをしてくれた
山野直也氏には、感謝の気持ちでいっぱいです。

その日は、前日から好天ですが気温4度、フジ降ろしの突風が吹く寒い中、59秒台、58秒台、、。
スポーツ走行でして、他に30台の車両が走行してました。

クリアラップを取る為に、先頭で出たり、タイヤクーリングで他車との車間を開けたりと、ドライバーも全身神経を集中しての快挙であります。

前回までの雨中でのサスセッティング、各種エアロ、ブレーキパットなど煮詰めてきましたので、58秒台はいけるであろうと皮算用してました。

しかし、そうは問屋が卸さないということで色々、経験をさせていただきました。
タイムは、ミハエル、クルム氏が1年前にここで出したポルシェ997カレラS PDKの1分58秒台が目標でした。

IS−Fの潜在的性能を少し引き出せただけです。
やはりIS−Fは、スゲークルマであります。
同等以上のポルシェをサーキットで車重差も200Kg、それを1秒以上引き離せました。
もちろんチューニングは、やりましたが、、、、。

今後は、目標を高め56秒台を目指して頑張ります。
応援宜しく!!!

その日、きれいな富士山でしたが、、、。
片山右京さんとは、彼がF1現役時代1995年、ティレルヤマハをシルバーストーンでテストしていたときお会いしましたが、丁度食事中にお邪魔したのですが、食事を止めて口を拭き拭き、応対していただき、恐縮したのを覚えてます。

遭難された方々には、まことに残念、お悔やみ申し上げます。

大変でしょうが、前を向いて頑張ってください。
影ながら応援してます。
つづく。
turuta_s_room at 14:52|この記事のURL

2009年12月17日

レクサス LS600H SLC

b8d0381d.JPG各方面からご要望ありましたレクサスLS600H車両用スピードリミッターカットのテスト車両がやっと手に入りました。

早速、データ取得の為ECUを始め、各センサーのチェックをしてます。
試走しましたが、この車両低速からの加速は、IS−Fと同等かそれ以上の鋭い加速をします。
侮れません。

大体がオーナーはショーファー付(運転手)で移動されてますので、最大加速感を味合うことは、まれでしょう。

もったいないです。
IS−Fにモーターが付けば、もっとターボのような加速になるんでしょうね、、。
どちらにしましても、今回の600Hは曲者です。
早く解析してSLC完成すべく最大限努力します。

首を長くしてお待ちの方、もうしばらくお待ちください。
つづく。
turuta_s_room at 15:52|この記事のURL

2009年12月15日

純正パーツ

7605bc2f.JPG今回は、トヨタさんの優秀さをヨイショするお話です。
トヨタさんのヨーロッパにおいて生産するトヨタ自動車の部品を現地パーツメーカーに依頼した場合の見積もりを取られた時のことです。

相手は、怪訝そうな顔で”オタクは軍用車両を作られるのか、、?”と聞いてきたそうです。
それくらい、トヨタ規格は、世界水準、利権がらみのISOなど比べ物にならない精度を要求してるのだそうです。
これは、現地でトヨタさんの部品調達する方から直接聞いたお話です。

それくらい精度正確さを要求されれば、コストに還元されます。
ドイツあたりの車両と比較したら、コストで負けます。
今、中国で売られてるVWに同クラスのトヨタさんの車両は、販売価格で高いです。
そう、売りにくいです。

前にも言いましたが、トヨタ自動車は、未開発地ほど重要視されます。
砂漠の真ん中で止まったら、即死に繋がります。
自然に皆さんトヨタ自動車を選択するのです。

絵は、ポルシェ996系のIGコイルとエアマスセンサーです。
2〜3年ももちません。IGコイルのボディーは、プラスチックで出来てますが、そのボディーにクラックが入り、リークを起こします。
エアマスセンサーも、同様にエンジン不良に、、。
システムテスターでは、判読出来ません。
ポルシェディーラーでは、どちらも車検時など、問答無用で交換しますので、お客様は、何にも知りません。

並行や、中古車屋さんで購入された方は、お気をつけください。
点検されれば、見つかると思います、、、。

もし、これがトヨタ車であれば、鬼の首を取ったように苦情が入りますです、きっと、、、。
つづく。

turuta_s_room at 16:36|この記事のURL

2009年12月14日

ポルシェ今昔物語

881bdf21.JPG絵は、ポルシェ993GT2EVOと言います。
そう、れっきとしたレーシングカーでGT2EVOとはGT2レーシングとは違い、GT1クラス用に14台製作された内の1台です。

1995年にルマン24Hレースにその当事のクレーマーレーシングから出場したヒストリーマシンです。
世界中に現存数は4台とも5台とも言われてますが、はっきり分かってることは、もう一つ山口市に車両とこれは”モノホン”であるということです。

たまにGT2EVOといって偽者が出回ります。ご購入されたい方は、シャシー番号をポルシェ社に照合しないとGT2レーシングをごまかした車両を掴まされます。

今回、修理に入りましたが、フロントカウルが破損しました。
世界中探しました。ポルシェ社には在庫ありません、、。
結局半年掛かりました修理に、、。

向こう側にある車両はケイマンSです。
新旧対照的です。14年の年月が汲み取れます。
つづく。
turuta_s_room at 15:27|この記事のURL

2009年12月12日

ポルシェ964 カレラ2 93y 5M/T

f13f6ed0.JPG絵は、自分の車両ですが、964 C2 93Yモデルの5M/Tです。。
その当事、ECUチューン、チタンマフラー、RSクラッチなど、ライトチューンしてます。
走行も実走で58000Km。ガレージ保管、消耗部品交換済み。
極上車!
弊社ショールームに展示中、、、、。

ミツワ物のディーラー車。
売ります!
我と思わん方、、、。自分へのプレゼントとして、、、どうですか、、。
価格は、要相談です。
見に来られる方希望!!!
売りたくないが、銭の無くなった(IS-Fとプリウス、ハイエースの開発で金を使いきり、挙句にニュルのスクールなんかに行ったりして、、、)ツルタは、泣く泣く手放すという、情けないお話、、、。

金が溜まったら、また買い戻すなどと未練たらしい、、、、。
宝くじは買いましたので、絶対買い戻します、、、。
そうか、宝くじが当たったらいいのか、、???
つづく。
turuta_s_room at 17:45|この記事のURL

2009年12月11日

IS−F チューニング 143

0933e246.JPGIS−Fのカーボン製フロントフードのデザインを悩んでおります。
代表的エアアウトレットなど描いてみましたが、どれも効果良好で優劣はつけがたく、どれにしようか、、、。
デザインは独断と偏見、そして思い込みが必要です。
人任せにすると今度は、売れなかった時に後悔します。

自分で作詞や作曲される方は、やはり芸術家と呼ばれてますが、意思の弱い自分は悩み続けて、失敗すること多数、、、。
下手な考え休むに似たり、、、。
まだまだ、人生を達観してないツルタであります、、、、。
ボヤキのツルタ、、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:57|この記事のURL

2009年12月10日

IS−F チューニング you-tube

you-tubeに弊社IS−F”青鶴”の雨のフジでEXサウンドなど掲載しました。
ご興味ある御仁は、ご覧あれ!
つづく。
turuta_s_room at 18:14|この記事のURL

ハイエース 200系チューンング 8

61135754.JPG絵は、ハイエース206V 4WDのターボディゼルエンジン用フルコンECUです。
やっと4WDも完成しました。
価格も安価になりましたので、ご好評をいただいております。
ご注文にお答えすべく生産しておりますが、何せ手作り、お時間かっかておりますことをブログ上でお詫び申し上げます。
もうしばらくお待ちください。

ハイエース”黒鶴”に追加しまして”白鶴号”が来春早々入庫します。
大容量インタークーラー、ビッグスロットル、スポーツEXマフラー、スポーツショックKIT,LSD,スポーツブレーキパット、エアロKIT等と、今から色々思案しております。
つづく。
turuta_s_room at 12:51|この記事のURL

2009年12月08日

レクサス LS Version SZ チューニング

3692b5ca.JPG絵は、やっと公開出来ました、LS/SZ用SLCが完成したところです。

旧LS系はすでにサブコンタイプ(カプラーオンタイプ)のSLCを発売してます。しかし、新型LS(平成21年11月より)用は、特にバージョンSZ用が旧型とは共用出来ません。

そこでズーッと開発、試作を作り続けてきてました。
第4次試作でやっと完成です。

で、オーナーさんの要望でBBS製(ワシマイヤー製)のアルミ鍛造ホイールがブレーキダストですぐに汚れれてしまう為、パットを計測して”音の出ない、ダスト出にくい、それでいて性能維持出来る”ブレーキパットを製作しております。

ホイールも現在某メーカーさんと協議してまして”20インチ鍛造アルミホイール”を製作してるところです。
デザインは、新規の物で、、、。
”セルシオ”じゃない!LS用チューニングパーツ発進であります。
つづく。
turuta_s_room at 15:13|この記事のURL

2009年12月07日

IS−F チューニング 142

76479ce7.JPG絵は、雨のフジでブレーキやエアロの効き具合を一つずつ付けたり、外したりして効果をテストしてるところです。

雨のフジは、IS−Fは、初めてです。
かなりの降雨量で第1コーナーや300Rは川が出来てたくらいです。

フロントリップだけでは、オーバーが、リヤガーニーフラップだけではアンダー、
両方でピッタリ、、。
アンアダーフロアスポイラーだけですと、最高速が8Km遅くなったり、、。

当日、谷口選手がショップさんのZ34で走行テストされてましたが、弊社のIS−Fは車重が重いせいか、雨中では約1秒くらい速かったり、、。

絵は、カーボン製フロントフードのエアスクープ、アウトレットなどどうするかとテストしてるところです。
今後も少しずつですが進化してる”青鶴”であります。
turuta_s_room at 17:06|この記事のURL

2009年12月06日

Ju−kenさん、登場!

0c29a5f3.JPG最近、友人の紹介でお知り合いになりました。
ベースギターマン”Ju-kenさん”です。
ロックファンの方ならご存知のファンキーなミュージシャンです。

数々の有名ヴォーカリストやバンドのツアーに参加されてます。
独特の雰囲気をお持ちのカッコイイ男です。

初めてお会いしましたが、自分は前に何処かでお会いしたような旧友に思えました。
車が大好きだそうです、、。ロック、異性のその次に、、。余計なことで、、、。

フジでのIS−F走行テストに、初体験の見学と相成りました。
バタバタしておりまして、ろくに接待も出来ませんでしたが、何かを感じられたようで、趣味のカメラでパチリ、パチリと、、、。

彼のブログは、自分も拝見しましたが、さすがミュージッシャン、ポエムを感じました。
写真も構図が様になってます。センスが良いんですね。感受性が敏感で!!!

今度は、彼の仕事場を拝見したいと思ってます。彼のパワーを吸収しに、、。
最近ご使用されてるベースギターは”スギギター”です。

プロは、プロの道具を見抜くんですね、、、!
つづく。

turuta_s_room at 11:27|この記事のURL

安眠妨害

20a16925.JPG自分は、田舎風の生活をしております、最近は、、、。
30代までは、夜中12時まで仕事して朝6時には出勤してました、、、。

現在は、夜9時には就寝、朝3時過ぎには起床であります。
そ、農家の皆さんのような、、、。

飼ってるネコ2匹、平成3年か4年ころから飼いはじめたトラのメスネコ”ろろ”と
8年前に隣の神社に捨てられていたドブネズミ色したオスネコ”しろ”と、、、。

その”しろ”は色々癖がありまして、自分が寝床につくと決まって胸元に乗っかり頭を撫でろとゴロゴロ、湿った鼻を顔に押し付けてきます。
30秒くらい撫でますとすっかりご機嫌で、5分くらいゴロゴロいいまして、気が済んだらプイとその辺で本格的に寝込みます。

大体、寝静まったあたりから大きないびきをかきゃがって、時々自分は夜中に起こされます。腹が立ちますがしょうがないと同居ネコを許します、、。
秋口までは、大股開いて仰向けですが、最近は寒くなったので本来のネコ寝相姿であります。
つづく。
turuta_s_room at 11:07|この記事のURL

2009年12月05日

プリウス スポーツ 20

16b2285e.JPG緊急報告です。
本日、並びに明日まで愛知県豊田市細谷町ネッツ中部内”ミッドレス”さまで弊社
”白鶴プリウス”を展示しております。
トムスさんなどのデモカーも展示されてるようです。

お暇な方、そうでない方も皆さんお誘い合わせの上、ご来店をお願い申し上げます。
ひょっとしたら同乗走行も出来るかも、、。
弊社の18インチタイヤを装着しても柔らかくしなやかなサスペンションやチタンマフラーーのEXサウンド、カーボン製フロントリップスポイラー、サブコンで12PSアップなどなど、直接、ご覧ください。

絵は、先日フジスピードウェイでのゲンロク誌取材の、、。
となりは、広報車の比較車両です。
つづく。

turuta_s_room at 10:20|この記事のURL

2009年12月02日

プリウス スポーツ19

0dbdeb40.JPGプリウス”白鶴”も少しずつ進化しております。
今回は、18インチBBSアルミ鍛造”RE−V”を装着しました。
本邦初公開、、、。

タイヤ径が215のサイズが無く、225と直径で10mmでかいですが、問題ありません。
ブレーキパットも作りました、、。
近々にフジでのサーキットテストが待っております。
つづく。
turuta_s_room at 16:25|この記事のURL

2009年12月01日

ハイエース チューニング 7

b8c843c0.JPG新製品案内をどしどし出します。

ハイエース200系 3L,ターボデーゼルエンジン搭載車両用
フルコンECUチューニングの新価格を設定しました。

フルコンECUチューニング

価格                 157,500円(税込み)

更に特典としまして、他社サブコンをすでに取り付けられている方々の為に、そのサブコンを下取りいたします。
内容は、下記のとうりです。

1) 本体、箱、保証書全て揃ってる場合        20,000円

2) 本体のみの場合                 10,000円


海外向け仕様との互換性を活かし、徹底したコストダウンを実現出来ました。
IS−Fは、量産体制が取れなく、手作業の為このようなことは当分不可能ですが、、。

ハイエースで普通車を追い回す、又は追い抜くツワモノがアチラコチラで出現することでしょう、、、。
これから、インタークーラーなど、モアパワーの商品を開発していきます。
乞うご期待!!!
つづく。  


turuta_s_room at 15:24|この記事のURL

IS−F チューニング 141

b9a2f5a0.JPG平成21年10月よりマイナーチェンジIS−Fが発売となりました。
弊社は、マイナーモデルもすぐに開発を進め、ECUのフルコン、SLCと発売開始しました。

ご存知で無い方に説明しますと1年毎にレクサスとして小変更のマイナーチェンジを行います(自分としてはやって欲しく無いですが)。
その都度、ECUの内容が変更になり、弊社として対応する為、開発し直しが必要となります。
はい!お金も掛かります、、、。

しかし、それは私どもの宿命と意地もありますので、対応していきます。
ゲンロク誌でのマイナーチェンジモデルとの取材、矢口氏との対談とやっとここで報告することが出来ました。

レクサス及びトヨタ自動車様には、感謝です。
一介のチューニング屋とのIS−Fという看板車両の主査である矢口氏がゲンロク誌という雑誌で対談することをトヨタ自動車の広報さんが了解をするということが、どんなに冒険であったであろうか、、。

自分もトヨタ自動車さんの友人は多いですが、トヨタ本社に呼ばれての対談は初めてあります。今後のIS−F拡販の為に微力ながら応援出来れば幸いであります。
つづく。
turuta_s_room at 12:58|この記事のURL

IS−F チューニング 140

b1aefe0b.JPG平成21年12月に入りまして最初の社内報告です。
絵は、現在好評を頂いておりますIS−F用オールチタニウム製中間触媒パイプです。

初回ロットは完売となりまして現在第2回目を製作しております。
全て手作りで、国内生産をしております。
BOのお客様、もうしばらくお待ちください。

チタニウムは、熱が入る前はチタン色と言いまして地肌はアルミと殆ど変わりません。
これが500℃以上の高音に晒されると冷えた時表面が酸化して、まだらな青と変色します。これがカッコイイデス!!!
難点は、他の方に見せれないのが、、、、。
つづく。

turuta_s_room at 12:16|この記事のURL

アイコード 2009年12月吉日

f2bb03ac.JPG平成21年も年末の12月に入りました。
弊社決算月の11月も何とか皆様のご支援で無事乗り切ることが出来ましたことをブログ上で御礼申し上げます。

激動といわれました平成21年ですが、もっとこの先大激動になりそうです、、、。
あのドバイでさえ、飛ぶ鳥が落ちる勢いで都市は大改造されましたが、それが金融危機で一変してしまいました。

弊社は、風が吹けば何処かに行ってしまいそうな根無し草ですが、その分環境の変化に対応出来る、身軽さを身につけました。
これから先、どんな試練が待ち受けているか全く見当もつきませんが山が高ければ高いほど、険しければ険しいほど、やる気が出ると空威張りしてます、、、。

奇想天外、意表を突く、形振り構わずなど、気持ちは前向きであります。

今後共、弊社と弊社商品をご支援、ご愛玩賜りますようお願い申し上げます。

平成21年12月吉日
                            鶴田昭臣

3年前に広島の田舎の神社の境内に生えてる大きな紅葉の種を持ち帰り、鉢植えしました。
弊社の行く末を見守ってくれてます、レモンと紅葉であります。
turuta_s_room at 10:47|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives