2010年03月

2010年03月31日

ハイエース チューニング 24

774272ba.JPGチタニウム製スポーツ触媒パイプを取り付け、いざ出陣!

まずはパワーチェックです。

後は、UFSをここで取り付けました。

これも、市街地、高速域での効果を期待します。

本日、弊社に来店されECUフルコンチューニングで預かった車両のテスト走行をしてきました。

この車両は、2年前の2WDですが、通常のモジュール書き込みが出来ず、ECU本体を点検しましたところ、内容が書き換えられていました。

すぐに他のモジュールも対応すべく、変更しました。

走行した結果、ブーストメーターを付けられていましたので、それで確認しますと、
最大で1,3近く上げっていました。

走りは、ショックがノーマルのままで、約3インチ車高を下げてる為か、パワーに負けてフワフワです。
でも、速い!!!

ブレーキも加速に負けて、効きが甘く感じます。
ま、嬉しい悲鳴か、、。

弊社では、ブレーキパットもすでに2種類目を製作中、粉が出ても、音が多少出ても、効けば良いレーシングタイプも用意する必要があります。

出来れば、275mmのノーマルローターから330mmくらいの4ポットブレーキキャリパーKITが欲しいところです。
なんせ、2トンの車重でこのローター&対抗1ピストンキャリパーでは、重い荷物など載せれば、止まらんでしょうね、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:58|この記事のURL

2010年03月30日

2010年 春の兆し

bc316811.JPG弊社のダイサクラ(稲田大二郎氏お手植えの為)もすでに9部咲きです。
サクラは、やはり日本人の象徴か、、、。

この時期は心ウキウキするものです。
通勤途中のサクラ並木は、まだ5部咲きですが、、。

学生時代は、サクラの印象は薄いです、社会人になってのサクラの時期は、やはり不安と期待一杯の青春時代を思い出させます。

と、昨日箱根ターンパイクでプリウスの取材でしたが、予定の2時間前、AM11;00に御殿場に到着、芦ノ湖スカイライン方面から登ろうとしましたら、スタッドレス以外通行禁止になりました、御殿場付近から雪で、、。

で、東側を大廻りして、1時間後に現地に到着した時には、途中から雪があられに変わり、最後は吹雪、、、。
もちろん、箱根ターンパイクも真っ白、、。

勿論、取材は中止、、、。

行きも帰りの途中の東名は、ドピーカンだったのに、、。

ドイツの山岳地帯アウトバーンを走行してるみたいで、、。

1日にして、晴れ、雨、小雪、アラレ、吹雪を経験しました。
ま、貴重な体験ですけど、、。
つづく。
turuta_s_room at 12:10|この記事のURL

2010年03月28日

ハイエース チューニング 23

b8b81ce9.JPGハイエース業界初のフルチタニウム製スポーツ触媒つきセンターパイプです。

ディーゼルフィルターは、特殊な物を採用、これでモアパワーが出るか、、、?

重量は純正が13Kgに対してわずか3Kgしかありません。

耐熱チタンがどうなるか耐久テストです。
触媒の容量、排気抵抗、振動、フィルターの性能など不安材料はありますが、やってみなけりゃ、分かりません。

何故にチタンか、、?
もちろん、ステン材の方が、耐久性など理論上は有利でしょう!
皆さんが思いつかない未知の世界に挑戦することも、ノーテンキツルタは大切とおもっちょります!

途中経過を報告しますです、、、。
つづく。

turuta_s_room at 14:14|この記事のURL

2010年03月27日

プリウス チューニング 34

f7038adb.JPG久々のプリウス30の出番です。

絵は、今巷で評判の”リジッドカラー”をフロントメンバーとモノコックボディの間に計4箇所組みつけているところです。

プリウスクラスだと、ノマール車両にコレだけ取り付けると、サスペンションが硬くなったような、シャキンとしたステリング感覚がはっきり分かります。

17インチ車両など、ショックを硬くしたような、、。

ま、騙されたと思って組みつけられても、損はないでしょう!

弊社の車両に組み付けた場合、12段調整の減衰をやはり少し柔らかくしました。
メリハリがついた感じです。

あまり褒めちぎると、やらせと思われるのでこれくらいにしておきます。
スプーンさんからは、”袖の下”は何にも貰ってません、、、。

確かでは有りませんが、有力な情報では、プリウスとカローラ系が同型らしい!!!

ま、これから確認しますが、、。
結構、御問い合わせ多いです。

ちなみにIS−F,クラウン、マークX、IS系はご一緒みたいです、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:17|この記事のURL

2010年03月26日

2010 ニュルブルクリンク スクール

44101bad.JPG今年も年間5月と9月の年間2回、開催される”スクーデェリア ハンゼアト”主催のニュルブルクリンク スポーツ走行スクールが始まります。

オイラは、今年は計理士の先生から厳重注意で無駄遣い禁物のお達しがあり、1年間静かに暮らさなければなりません。
昨年、使いすぎました、、、。

ポルシェ仲間から、”ほら、行くぞ!”なんて悪魔の囁きが聞こえてきます。
来年は、必ず、、、。

話は、変わって昨年8月にプレオープンしましたニュルブルクリンク、アミュズメントパークですが、昨年暮れにまだ、完成を待たずに解散しました。

要は、巷で言う破産であります。
どうも噂では、計画的であったとか、、。
600億円の予算に対し、使途不明金が半分も有り、調べたところ、関係した議員さん全員クビだそうです、、。

途中からとても採算など合わないであろうと、近所の方々は噂してましたが、、。
これらの計画は、どうもその筋のプロ集団で、過去にも似たような事件がドイツ国内であったとか、、。

恐ろしいですね!!
ま、アミュウズメントパークは、あるところに収まり、再開発、完成してますが、今年の行事が危ぶまれていましたが、何とかなりそうだそうです。

副社長のヴァルター、カフィッツ博士は、何にも知らぬまま失跡か、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:45|この記事のURL

2010年03月25日

ポルシェ993カレラ2 Tip

1f000872.JPG絵は、永らく商談中でありましたが、其の方がやっぱりマニュアルが、、。
ということで、また”婚活”再開であります。

95初期モデル、3万キロ、2万キロで3,8L、ハイカム、チタンマフラー、
サスKITなどてんこ盛り状態の弊社デモカーに値するチューニングが施してあります。

詳しくは、店頭にご来店のうえ、、、。

価格は、最近の不景気を吹っ飛ばすようなお値打ち価格にさせていただきます。

Tipでポルシェ入門、奥さんも近所にお買い物、、。

用途は広いです。

定年退職祝いに、、、。これから2度目の青春だ!
可愛い息子、娘さんの入学、就職祝いに、、、。
自分へのご褒美に、、、。
彼女にプレゼントなんて、、、。

一度、御検討ください。
つづく。
turuta_s_room at 16:42|この記事のURL

IS−F チューニング 168

205538f4.JPG絵は、IS−Fのフロントサスペンションに弊社強化スタビラーザーとピローボールロッドを取り付けているところです。

スタビラーザーのロッドをわざわざピロボールに交換することは、チューニングとしては、ハイレベルな事です。
通常でしたら、純正でも問題ありませんが、車両に慣れてくるとこういう細かな情報がステアリングに直接伝わってくるが重要になってきます。

このピローボールロッドを支えてるロングボルトも高張力鋼の特殊な物を採用してます。

プロ仕様ですが、サスペンションがノーマルであっても、その効果は歴然と分かります。
フロントは、ピロボール形状の問題で純正より数ミリしか短く出来ませんが、リヤ用は、純正より約10mm短くしてますので、車高を落した車両の場合、ロアアームの角度が動いた分、スタビライザーの角度をより良い位置に出来るようになってます。

全て、細かいチューニングです。
つづく。
turuta_s_room at 11:16|この記事のURL

2010年03月24日

リジッドカラー IS,クラウン、マークX、、、

beceaf2b.JPG好評発売中の”リジッドカラー”IS−F用は、サブフレームが共通な為、
IS系全て、クラウン系、マークX系と全車共通で取り付けられることが判明しました。

車重も変わらないで、強度アップする優れものです!
弊社では、すでに10数台が装着しましたが、評判は良いようです。

プリウス用もご用意出来ます。
多分、コイツは今年のヒット商品になるんでしょうね!!!!
つづく。



turuta_s_room at 16:22|この記事のURL

ポルシェ993ターボ

f123ea58.JPG最近、993ターボの修理、チューニングが多いです。
絵は、初めてですが993ターボにOS製4ピニンオLSDを組みつけてるところです。

以前に、996,997系ターボ(4WD)に同じ物を組みつけようとしました、。
過去にOS技研さんは、GT3で経験がおありのようで、、。

しかし、996,997系の4WDには、GT2,3の2WD用ミッション内部が多少違っており、組み付けには新たにLSDアウターケースが必要でした。

今回、993ターボは、GT2,993RS,カレラなどと基本的には同様で組み付けに問題はありませんでした。

ターボ車両の台数は国内には少なく、うなぎ登りに中古車価格は上がっています。
もう、こうなっては性能では無く、思い入れでしょうか、、、。

最後の空冷ポルシェは、永遠に不滅です、、、、!!!!
つづく。


turuta_s_room at 12:38|この記事のURL

2010年03月22日

IS−F チューニング 167

dc8df897.JPG絵は、IS−F用スタビライザーピロボールロッドエンドKIT(F,R)です。

片方は、ダストブーツ付きです。
もう一方は、専用カラーを製作しました。

価格  1台分(F,R)   49,800円 税別

サスペンションのバネレートを柔らかい状態での乗り心地を保ちながら、弊社オリジナル、サスKIT、スタビライザーと併用すれば、鋭いコーナリングを実現出来ます。
つづく。
turuta_s_room at 14:25|この記事のURL

2010年03月20日

ボクスター 初期型

f12cd2d0.JPG絵は初期型のボクスターのソフトトップ収納部分にある、水の抜きを示してます。

このウレタン系で出来た水抜きカバーが、穴が直径20mmもない為、枯葉などが運悪く塞ぎますと、大雨や頻繁な水洗車などで水がその部分にたまり、あふれた水が、
車内に侵入してきます。

運転席(左側)のシートの下には、イモビライザーが設置してありますが、コレが浸水しますと、エンジン始動不良や最悪の場合、リヤトランク内にあるエンジンECUもパンクすることがあります。

そうなったら、イモビライザー交換とキーヘッドも交換になります。
これらは、ポルシェディーラーに持ち込まないと、再生出来ません。

2月にはポルシェパーツが値上がりしました。
ボクスターのイモビライザーユニットは、約5万円ですが、ECUがいってまうと28万円、、、。

コレが996系になりますと、一気に60万円くらいに跳ね上がったそうです。

ターボやGT3,GT2ですともっとお高いです、、。
ボクスターオーナーの皆さん、最近オーナーになった方も一度、そこを点検清掃してください。
つづく。
turuta_s_room at 13:09|この記事のURL

2010年03月19日

ハイエース チューニング 22 

7b6001bb.JPGサスチューニング、2インチ(約50mm)ダウンとOS製4ピニオンLSDが組み終わりました。

さー、慣らしをして性能テストです。

ECUチューニング用モジュールは、今週末くらいから本格的販売出来ます。
お待ちのお客さんは、お待たせしてます。
もうしばらく、、、。

走行キロもやっと1,000Kmを超えました。
エンジンオイルとオイルエレメントを交換して、いざ出陣であります。

エンジンオイルは、指定オイルでないと不具合出るそうで、弊社もディーラーからオイルを購入しました。

次は、インタークーラーとスポーツ触媒です、、、。
つづく。
turuta_s_room at 11:15|この記事のURL

雪柳

3d93096e.JPG弊社の駐車場の脇に雪柳があります。
この場所は、以前は、保育園がありました。
今は園児が増え、200m先に移動されましたが、、。


それで、この雪柳と道路フェンス外側のスイセンが残ってました。
ですからこの雪柳は、25年以上の間、毎年咲き続けています。

左側のつぼみのサクラは、平成5年ころ稲田大二郎さん自らのお手植えです。
これももうすぐ、ピンク色の花を咲かせます。
月日と言うものは、アっという間にながれていくもんですね!!!
つづく。
turuta_s_room at 11:07|この記事のURL

2010年03月18日

IS−F チューニング 166

ba234189.JPGザッカー(XaCAR)4月号に弊社IS−F”白鶴”が”リジッドカラー”取り付けての取材記事出てます。

ぜひ、ご購入を、、、。

現在、大袈裟でなく”リジットカラー”は、好調に販売されてます。
サーキットでのタイムアップもさることながら、一般走行での切れの良いステアリング操作感は、大したもんです。

徐々に他の車両用も販売されるでしょう!
対費用効果大は、前にも述べましたが、ノーマルサスペンションでも其の効果はわかりますので、サスKITの売れ行きが、、、などと、余計な心配を、、。

IS−Fは、終わり無き発展すべく、開発は続きますです!!!!
つづく。
turuta_s_room at 16:26|この記事のURL

ハイエース チューニング 22

28e1fbfa.JPGハイエース”白鶴”は、LSDを取り付けております。
これで、交差点ドリフト”が可能に、、。
レベル低い行動してます、、、。

今、スポーツ触媒パイプも試作中です。
パワーアップを期待!
もちろん、インタークーラーも、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:37|この記事のURL

2010年03月16日

ハイエース チューニング 21

1cc76c83.JPGハイエース”白鶴”は、本日からサスチューニングを開始。

2インチ(50mm)ダウン仕様となります。
もちろん、LSDも、、、。

これで又、前影投影面積が大幅に減るので、ますます最高速が出やすくなります。
コーナリングも純正タイヤとテッチンホイールでフラフラでしたが、ヨコハマタイヤマップCとデイトナCXホイールの17インチでガシっとグリップが増しました。

そして、今回の50mmダウンでハイエースレーシングと相成りました。
免許の心配が、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:18|この記事のURL

2010年03月13日

ベンツ W124 400E 95Yモデル

455986d2.JPG久々にベンツW124系の400Eサスチューニングです。

自分も数年前E500 92Yを乗ってましてこの車両の良さは理解してます。
このころのベンツの足は、BMWも含め、バツグンの粘った足を持っていました。

もちろん、今回もビルシュタイン製を弊社オリジナル設定にしまして、車高はH&R製バネで落し、車高をゴムシートで調整しました。
雲の絨毯に乗ってる感覚ですと、よく表現してました。

ホイール&タイヤも当事のAMGデザインをオーナーが探してこられ、AMG400E風になりました。

W124は、いまだに人気あります。
やはり、このころのベンツは、王者の風格があったように思うのは、自分だけではないでしょう。
つづく。


turuta_s_room at 17:58|この記事のURL

2010年03月12日

IS−F チューニング 165

f41d23bf.JPGIS−F CCSを販売開始いたします!

生産台数は、限定で200台。
前もって予約を頂き、200台完売した場合、生産に着手!
予約金は、10%いただきます。

但し、ヨーロッパ方面からの要望も多い為、左ハンドル仕様も生産に入れるかは、検討中、、、。

予約受付は、3月14日の大安日より開始致します。
最寄のレクサス店、またはアイコード本店にて受付します。

200台限定の為、完売が予想されますが、予約のお客様多い場合、厳正なる抽選にて行います。


と、妄想が始まりました、、、、!
つづく。
turuta_s_room at 11:19|この記事のURL

2010年03月11日

ハイエース チューニング 20

848fb244.JPG絵は、左が標準のガソリンエンジン用タービン、
右が、ハイエース200系1KDターボディーゼル用タービンです。

左のタービンは、アクチュエーターとロッドでエクゾーストターボハウジングに付いてる排気バルブを駆動して、排気ガスをバイパスさせ、タービンを通らず一部を大気放出して、ブースト圧を調節します。

右のタービンには、アクチュエターの変わりにモーターとギヤでロッドを動かし、
排気タービンに備え付けている可変ノズルを動かし、排気ポートを絞ったり、大きくしたりして、排気ガスを全て有効利用してブースト圧を調整します。

効率、排気抵抗も数段、このタイプの方が良いです。
但し、製造コストは高いですが、これも生産台数、製造技術が向上すれは解決出来るでしょう。

VN(バリアブル ノズル)、VG(バリアブル ジオメトリ)等と表現してますが、日本のハイブリット車両がターボディーゼルになればと思っているのは、自分だけではないでしょう。

其の前に、ターボディーゼルエンジン搭載のセダンかスポーツカーを、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:30|この記事のURL

ポルシェ993 カレラ 3,8改

31971454.JPG白の993カレラ Tipです。
マニュアルミッションでは、面倒な方々には、便利です。

弊社で3,8Lにボアアップ、カムシャフトなどかなり手を入れた車両です。
走行キロ数も3万キロ、、、。

こういった車両もかなり希望者が多いです。
弊社のショールーム(名ばかりの、、)に入りまして、その翌日には、たまたま他の車両の作業で入庫された方が、お気に召しまして商談中です、、、。

一度は、ポルシェのオーナーになってみたい!
弊社に来店されるかなりの方々が、”其のお気持ち”は、お持ちです。
が、しかし、決断するには色々と事情がおありでしょう、、。

何べんも言います、”人生一度、悔いの無い人生を、、!”
そ、余計なお世話です!
つづく。
turuta_s_room at 14:09|この記事のURL

2010年03月08日

ハイエース チューニング 19

ab5a5d88.JPGハイエース”白鶴”は、少しずつ進化しています。
まずは、外観のお化粧と足元のチューンナップ!!!

看板は、少し地味ですがこれで過激な行動が慎めます、、???

タイヤは、ヨコハマタイヤさんの”Map E340C”という商用車専用で17インチ、スピードレンジは業界イチの”S”(180Km/h)と”白鶴にはバッチリです!!!

ホイールは、弊社では初の採用、レイズさんの定番”デイトナCX”です。

車検対応、大きな顔でディーラー整備も出来ます。

これから、サス、UFS,LSD、インタークーラーと、、、。
昨日のような雨では、信号スタートや右折、左折時に不用意に加速すると後輪内側タイヤは、いとも簡単にホイールスピン、、。
早く、LSDを、、、。

いやー、ハイエースって楽しいクルマですね!なんて、、、、。
高速道でなくても、調子こいて走っていると、間違いなく免停か最悪は、、、、!
兎に角、アクセルを踏みたくなるんです!
ターボディーゼル、バンザイ!
アホですから、、、!
つづく。



turuta_s_room at 16:16|この記事のURL

2010年03月07日

ハイエース チューニング 18

56418625.JPGハイエース”白鶴”のエアクリーナーを交換してるところです。
こんなところに、エアクリーナーケースがあるんですね。

弊社のECUフルコンに書換えますと、純正車両の場合、ODでエンジン回転1,600RPM付近で、ブースト圧0,3に対し、0,6、、、。

60Kmの定速走行時から、軽く加速したら純正車両は2,000RPM付近で最大のブースト圧0,88ですが、白鶴は、1,900RPM付近ですでに1,1を指します。

いかに加速が低速から効くかを言葉で表現しました。
言葉足らずです!
ご希望の方、弊社までご来店いただければ、いかに乗りやすくなったかを体験して、、、。

昨日は、慣らしも兼ね、グルっと一回り高速を走りましたが、土曜日でもハイエースはたくさん走ってました。対向車線も含め、、。
皆様は、お仕事ご苦労様!
自分は、一応は仕事ですが、タラーっと流しておりました。
覆面さんが怖いので、、、。
そ、小心者です、ツルタは、、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:29|この記事のURL

2010年03月06日

レクサス LSチューニング 10

6885f9b4.JPG3月6日、本日も朝から雨、、。
最近雨ばかりで、、。

ちなみに本日、フジスピードウエイでは、抽選で選べばれし、30組のレクサスオーナーを対象の高速運転教室みたいな催しが開催されてます。

先ほど、現場にいる友人に電話したところ、やはり雨で残念だけど、LF−A,オレンジIS−F(CCS)、IS−Fのカタログに出ていたIS−FDTM仕様などが出展、、。

このDTM仕様には、飯田章しによるドライブで全員同乗走行ですって、、。
もちろん矢口氏もホストでみえてました。

LF−Aも雨の中カーンと甲高いエクゾーストノートを轟かせ、、。
次回は、参加出来たらと、、、。

絵は、レクサスLS/SZのパワーチェックシートです。
ノーマル334PSに対し、351PSと17PSのアップです。
弊社のシャシーダイナモで、、、。

車両がまだ3,000Km走行のエンジンが渋い状態ですので、20PSくらいは
アップするでしょう。

それよりも、中間加速を格段に良くしました。
但し、LSの特徴か停止状態からフル加速しますと、60kmくらいの速度からTRCトラクションコントロールが自動的に作動、ホイールスピンを絶対させない為か、、。
TRCをオフにしても、、、。

ECUフルコンチューニングは、もうすぐ発売可能です。

価格は、300,000円(税別)です。
エアクリーナーの吸入抵抗か、やはりエンジンフードを開け閉めでパワーが変化します。
つづく。

turuta_s_room at 13:55|この記事のURL

2010年03月05日

IS−F チューニング 164

87aa1bbf.JPG絵は、レクサスIS−F用強化スタビライザー フロント、リヤです。

フロント用は、直径が

28,6mm  →   30mm   中空

リヤ用

17mm    →   19mm   中実

と、約30%の強化となります。
ゴムブッシュも純正品に比べ、ゴム硬度を上げてます。

価格

フロント               45,000円

リヤ                 35,000円

セット価格              78,000円

全て税別です。
今月、下旬の完成となります。

現在、販売してます純正スタビライザー用ジュラコンブッシュは、再使用不可です。
つづく。 
turuta_s_room at 18:14|この記事のURL

ポルシェGT3 RS 2010年モデル

6351c3f4.JPGフジでお初の2010年モデル GT3RSを2台も見ました。
この車両達、並行モデル(といってもポルシェジャパンもコックスさんに委託し、ディーラー車両はありませんが)で、急遽、輸入された物、、、。

お金持ちは、どこにでもいらっしゃいます。

3,8Lで415PSとか、、。
センターロックハブなので、大きなトルクレンチが工具として必要です。
試乗された田中哲也氏曰く、”やはり全体的にパワフルになったね!慣れれば52秒はノーマルでいくでしょう!”と、、、。

初代2000年モデルGT3は、360PSです。
200CC排気量アップですが、馬力は550PSもアップして、、。

ドイツあたりのレースカー、チューニングでも、すでに4Lは当たり前で、4,2Lも出来るとか、、。

あのニュル24H4連勝のマンタイGT3も4Lです。
パワー競争は、とどまる所を知りません、、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:48|この記事のURL

2010年03月04日

プリウス チューニング33

65eacbe4.JPG昨日、フジ出張でした。

プリウス”白鶴”の取材!
最近のプリウスリコール問題を再現、検証するという項目で、、。

ベストカーさん3月26日売りにも詳しく出てますが、、。
結論を言うと、今回はよう再現出来ませんでした。

浅田真央ちゃんなら繊細な足裁きで出来るかも、、、。
ま、色んな方が乗られるので、、、。

こんな方がマ○ラティーやアス○ン、フェ○ーリ、ポ○シェ、BM○,ベ○ツ、など乗られたら、どうなるんでしょうか、、。

リコールは、問題が起きたら正しく修正してお客様にご納得いただく制度です。
リコールが出たからと言って、騒ぐような問題か、、?

ま、他人の不幸は面白いんでしょう、、、!

弊社など、チューニングしちゃいますので、万が一壊れれても素早い対応で納得していただくしか、方法はありません。

プリウス30”白鶴”は、今回澤圭太氏がテスト走行していただきましたが、ハイブリット車の走行テクニックは、通常のレーシング走行とは違うテクニックが必要と言っておられました。

タイムは、他のレーシングドライバー同様の結果でした。
しかし、このリコール問題のブレーキフィールは、国土交通省が認可したんじゃ?

部品が壊れれるのと違い、今回、そういう状況を把握出来てなかったということでしょうが,、、、。
つづく。


turuta_s_room at 11:54|この記事のURL

2010年03月02日

レクサス LS チューニング 9

5a0c0561.JPGレクサス LS/SZの純正アルミ鍛造ホイール(BBS社、正確にはワシマイヤー製)です。

弊社のスポーツブレーキパットを装着して300Kmくらい走行されても。殆どブレーキダストがホイールに付かないことをアピールしてますです、、、。

もちろん、効きもノーマル(パジット製)にヒケをとらず、鳴きも皆無です。
好評であります。
つづく。
turuta_s_room at 13:42|この記事のURL

レクサス LS チューニング 8

d3161344.JPGレクサス LS/SZ(多分普通のLSも)用耐熱フルチタニウム製EXマフラーです。
つづく。
turuta_s_room at 13:36|この記事のURL

レクサス LS チューニング 7

bac894f2.JPG絵は、レクサスLS/SZの中間マフラーです。
第2触媒が付いています。

これも、チタニウムで製作可能のように冶具はとってあります、、、。
もちろん軽量化にもなります。

これの中央あたりにO2センサーをアダプターを介して取り付け、セッティングします。
つづく。
turuta_s_room at 13:32|この記事のURL

レクサス LS チューニング 6

7ff45bb1.JPG絵は、すでに試作品を作りまして、ECUフルコンチューニングした後の車両に装着、燃調が良いか確認しようとしてるところです。

メインマフラーは、フルチタニウム製です
第2触媒部分の中間パイプ部分も冶具は取ってありますので、お問い合わせなど多く有りましたら、製作しようかと思っています。

重量は純正メインマフラー(2個に分かれてる)が20,8Kgです。
チタン製マフラーは、2本で7,2Kgで、約1/3の軽さです。

もちろん、コモリ音を無くす為、純正と同じ位置にコモリ防止の錘を再使用して取り付けれるよう、ステーをつけております。
つづく。
turuta_s_room at 13:28|この記事のURL
Profile
Archives