2011年02月

2011年02月28日

ロータス エキシージチューニング37

a8977e94.jpgブレーキパットです。

アイコードエキシージ”黄鶴”は、次のフジアタックに向けて着々と準備を進めています。

ブレーキパットは、今回サーキットスペックをいきなりテストです。
ストリートは無視、、。

材質は、IS−Fなどで使用してカーボンメタルです。
もちろん、ストリートユースもOK,
街乗りからいきなり、サーキットに、、、。

昔は、レース用パットですと熱が入っていないと高速道など、ドキっとさせられるくらい、一発目が効かなくて、スーっと抜けたもんですが、、。

今時は、0〜800度cまで、平気でカバーします。
技術革新とはこういうことです。

サーキットスペックブレーキパット
フロント        25,200円

リヤ          23,100円

最初から焼きも入っていますので、中古ローターの場合、あたりを着けるだけでOKです。
つづく。
turuta_s_room at 12:08|この記事のURL

2011年02月27日

プリウス チューニング 46

f92b9602.jpg久々のプリウスです。

サボっていたわけでは、あります!!!

次期開発項目に向け、準備してるところです。
こういうことは時間が掛かるものなのです(エラソウニ)!

ということで、現在ミッションの改造を検討してます。
皆さん、先回に自分が悩んでたこと思い出してください、、。
そう、雪道でのプリウスが如何に情けないか、、、。

ちょっと登り坂でスタックです。
アクセルを煽っても、もちろんエンジンは回転を上げません。
といって、ゆっくりモーターだけで進もうとしても、やっぱりダメ!

これでは、雪の多いところでは、不安で走れません。
長々と演説しました、、、。

LSDを組み付けようとしてます。
しかし、現在、どこのLSDメーカーもA/T車両用(FF用)のLSDは発売されてません。
それは、LSDの組みつけられたA/TミッションがLSDの発生させるメタルディスクの磨耗クズが原因でとトラブったからです、、、?

そこで今回、その不可能であろうFFミッション&LSDを敢えて、挑戦してみます。
さすれば、FF車A/T仕様のLSDがどれだけ効力を発揮するか、楽しみであります。
乞う、ご期待であります!

絵は、ZVW30プリウスのモーター&ミッション(プラネタリーギヤ)ASSYです。
非分解タイプで、トヨタさんからは、現在、通常O/Hパーツは出ません。
つづく。
turuta_s_room at 16:13|この記事のURL

2011年02月26日

クラウン200系チューニング 26

5301b975.jpgクラウン系チューニング専門誌”ハイパーレブ トヨタクラウン” vol.156
が発売されます。

クラウン系のハイパーレブ誌は、今回が初めてです。
クラウン系チューニングの本は、コレまで出ていそうで出てませんでした。
もちろん、VIP系は色々出てたようですが、、。

自分がクラウンをチューニングしたいと思っていたことが、他の方にも同様であったことを嬉しく思います。

クラウンバンザイ!!!
皆さん、クラウンはこれからハデにやります、、、、!
やりましょう!!!!
やってください、お願いしますと、懇願しておきます。
一人じゃ、寂しいから、、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:19|この記事のURL

ロータス エキシージ チューニング  36

b118eb4a.jpgロータス エキシージ MK1のお客様が来店されました。

この車両は、2001年製作の647台の内の1台で、ロータス エキシージMK1というのだそうです。

黄鶴の親父さんです。

丸目ヘッドライトがクラッシクロータス風です。
エンジンは、言わずと知れたKシリーズ、1800CC4連スロットル、インダクションボックスはカーボンです。

エンジンルーム後、トランクルームは一体です。
エンジンカバーもアクリル一体式、、。
車重は何と700Kg台、、。

スパルタンと言えば、まさにこれか、、、。
エリーゼを購入された方が、欲しがる訳です。
まさに、雰囲気は英国、手作り感丸出し、、、。
たまらんでしょうね!
つづく。

turuta_s_room at 17:06|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 35

b64181bc.jpg仕事に戻って、、。

ロータスエキシージ”黄鶴”は、やっとパーツも揃い、ミッション、LSD,クラッチが組みつけられ、エンジンとドッキング、、。
車両に乗せられました。

強化エンジンマウント(前後2箇所)、ステンレス製タコ足、などなど、、。

今回は、エンジン関系は全く手を付けてません。

サスペンションは、これから、フロントにキャンバーを付ける為、、。
着々と進行してます。
つづく。
turuta_s_room at 14:37|この記事のURL

東京ディズニーシー 訪問 1

dfa0d29c.jpg東京ディズニシーに行ってきました!!!!

昨日のTDLでの疲れがタップリ溜まったカラダに鞭打って、さあ、出発!

TDSは、今回が初めてです、3人とも、、。

ここでもファストパス”ゲット!”の為、まずは”センターオブジアース”とかいう奥の方まで急ぎ足、、、。
ファストパスを取り、すぐにその足でまた、一番奥にある”インディージョーンズ アドベンチャー”にスタンバイで並びます。
待ち時間90分、、、。

これで午前中は終わり(AM10;00開門の為)。

このインディジョーンズ何とかは、今回最大の待ち時間となり、実際には120分以上待ちました、、。
その横をファストパスの野郎たち(失礼!)がスタスタと通り過ぎて行くのをほぼ、90分くらいは見せられました、、、。
途中から、通路が一緒になるので、、、。

ま、内容は見てのお楽しみ(正味3分くらい、、)。

でもって、次はその”センターオブジアース”、、。
何か、趣向の違うトロッコに乗ってばかり、、、。
しかし、中の迫力、広さは、やはり他の追従を許さないでしょう!

ま、そんな感じでPM4;30コロには、駐車場に、、。
東京都内を自分が運転して、足柄から家内が交代、、。
ぐっすり1時間くらい眠り、また交代、、。
PM9;30くらいには無事、我が家に到着。

ねずみ色のネコ”シロ”が2日間お留守番(2番目の息子が立ち寄ってお世話)でした。
少し拗ねたのか、自分達の帰りにも反応示さず、無視、、、。
やはり、ネコでも拗ねるのか!と、、、、。

TDL,TDSは、やはり魔物です、、、。
又行きたくなる余韻を残して、その疲れた夜に3人は各自、自分のカメラで撮った絵を眺めていたのでした、、、。
恐るべしTDL,TDS,,,!

アイコードもそうしたいです、気持ちだけは!!!!!
つづく。
turuta_s_room at 14:30|この記事のURL

東京ディズニーランド 訪問 4

090e8fdd.jpg今年からオープンしました”フィルハーマジック”も見てきました。
もちろん、スタンバイなので約80分並んで、、、。

寒いのなんの、、、。
で、やっと入場して3Dネガネを貰い、温かい劇場内のいすに腰掛けます。

ミッキーのオーケストラの指揮者に合わせて、ドナルド君が不思議な旅をするのです、、。
ハッと気づいてスクリーンを見ます、何かフラーとしながら、、。
そう、途中、思わず居眠り、、。
いけない見なくちゃ、、!

ショーが終わって外に出ますが、口など開けてクカーと寝てました隣の2人も、、。
お陰さまで、内容の殆ど真ん中辺、記憶にありません、どうも3人とも、、。
ま、こんな感じが毎回続くので、また、来たくなるのかと一人合点してました。

そういえば、今回”カリブの海賊”にジョニーディップそっくりさんの海賊兄さんが2体もいました。
これも懐かしく眺めていましたが、、。

会場内には、至るところに屋台が有り、色々な味のポップコーンが売られていました。
これには、も一つ営業販促技がありまして、ディズニーキャラクターのプラスチックケースを買うと、次からその中にポプコーンを詰めてくれるので、1日中ポプコーン三昧、、、。
1台の屋台だけでも、アイコードの1日の売り上げを超えてるだろうなと想像しながら、、。

また、”トイレの神様”に今回も遭遇しました。
20数年前の初めての訪問時に、衝撃を受けた掃除の場面、、。
道路での掃除もエンターティメントと言われるように鮮やかにやっておられました。

トイレで小を用足ししてましたら、後ろで何やら、、、。
振り向くと若いお兄さんが(イケメン風、顔見えなかったので)、一生懸命便座を素手で拭いておられました。
後ろ姿が輝いてました!
これぞ、エンターティーメント!だと、また感心した次第です。

ディナーの前の暗くなる前に並んだのですが、、。

そして、ディナーが終わってPM9;00前に、急いでファストパスの”スペースマウンティン”をキャーキャー言わしながら終わって、急いで、”ビッグサンダーマウンティン”に行きましたが、とき既に遅く、スタンバイは終了してました。

PM10;00前にお土産を購入、ここでも大騒ぎ、、。
車でオリエンタルホテルに到着したのが、PM11,00過ぎ、、。
雑魚寝のように、3人バタンキューでありました。

明日は、まだ、TDS(ディズニーシー)が残っています、、、。
大遊び、大疲れ、大散財、、、、。
それでも、この満足感は、、。
麻薬でしょうか、、、?
つづく。

turuta_s_room at 13:59|この記事のURL

2011年02月25日

東京ディズニーランド 訪問 3

ファストパスといい、クラブ33といい、TDLは、やはりお客様の心をくすぐる最高のおもてなしとは、何ぞや?ということを、よーく研究されてます。

大体、世の男性は、自分も含め、この様な遊園地に行くことを躊躇います。
また、女性は何度でも行きたがります。
あんなに混んでるのに、、。

ま、世の男性下心から女性の心を掴む為に、TDLを利用する場合もありますが、、、、。
兎に角、現実主義の男性に比べ、メルヘンを求める女性との違いを改めて確認しに行った次第です。

でも、自分の個人的主観で述べますと、やはり完璧ですかね、、、!
他の追従を許さぬディズニーワールドです。
思想でも商業ベースでも、夢をかなえてくれるような、、。
ま、その世界に浸れる為には、多少の金銭が必要ですが、、。

とまあ、精神的なことをクダクダ言ってももしょうがないので、現実に戻って、、。

この”クラブ33”の謂れをお聞きしました。

アナハイムの本拠地、ディズニーランドのメインストリートの近くに、ウォルト、ディズニー氏が住んでいたお家の住所が33番地で、そのお家に親しい友人、知人を招いて食事会やパーティーを始めたのがきっかけで、そこに新たに秘密の部屋を作り、”クラブ33”と名づけたのだそうです。

この”クラブ33”は、他にはTDLにしかありません。
世界に2つの”クラブ33”とか、、。

このアナハイムのディズーニランドには、計2回自分も訪れました。
1991年と1997年くらいに、、。
しかし、本拠地ではありましたが、TDLに比べると何か物足りません、、。
アトラクションも続けて乗れるくらいで、午後の半日もあれば、主要アトラクションは、全部制覇出来ます。

そう考えると東海岸、オーランドのディズニーワールドは、行ったことがありませんので、生意気なことは言えませんが。TDLは日本人のおもてなしの心を持つ、世界屈指のおとぎの国なのですね!

絵は、怪傑ゾロ(知らない方は無視して、、)の3人に囲まれて、、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:48|この記事のURL

東京ディズニーランド 訪問2

188b98d2.jpgファストパスを娘が取得してから、アトラクションに入るには、2時間くらいありましたので、午前中には、キャプテンEOに並びました。

ここも過去には何度か見ましたが、今回リニューアルしての再演だそうで、、。
過去の記憶を蘇らせながら、、。

でもって、次はなどと、早めにレストランに入ったり、もう分単位の過密スケジュール、、。
といっても、待ち時間の方が長いのですが、、。

そうそう、”モンスターズインク”のファストパスも並んで、、、。
午前中、1回目のファストパスを取ったら、2時間後しか次のファストパスが取れないルールだということは、次の日に理解しました、、。

それで取った2回目のファストパス”スペースマウンティン”は、AM11;30ごろ取ったのに、夕方6時のパスです。
いかに皆さんがこのパスを早めに取得してるかです、、。

もう、普通に行ったら、まず、人気のアトラクションは1個くらいしか見れないでしょう、、。

兎に角、おのぼりさんよろしく、娘がいないと、ただウロウロしてるばかりで、、。
オマケに通路には、皆さんパレードを見る為か運動会の場所取り状態、、。

で、今回の第2のお楽しみです。
ディナーを特別なところで取りました。

知人であるKさんの計らいで”クラブ33”に予約しました。
ここは、普通には入れない場所ということを全く知りませんでした。
後で、聞いて知った次第です。

夕方6時過ぎ、暗くなったころ、知人と待ち合わせ、その場所に行きました。

その入り口は、アーケード内にあって目立ちません。
中は1階が20畳くらいで、そこで受付、手荷物などを預けます。

メイドさんにエスコートしていただき、エレベーターで2階に、、。
そこはウェイティングルームで50畳くらいの広い場所です。

壁には至るところに絵画が、、。どうも一部は本物らしいです、、、。
数分もすると、場所を移動、正面のガラス越しにシンデレラ城が見えるテーブルが7,8コ、、。

4人がけで30人は入れるでしょうが、この日は自分達を入れて4グループ、、。

フランス料理のフルコース、お任せです。
メインディッッシュは、魚と肉、、、。
魚は何か忘れましたが、肉は鹿肉、、、。

自分は、赤ワインを所望、、。
TDL内でお酒が飲めるのはココだけらしいです、、!
気取らず、雰囲気も良く、楽しく食事が出来ました。
そう、赤ワイン、ボトル1本平らげました、一人で、、、。
ボルドーワインでした、ああ、美味しかった、、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:36|この記事のURL

2011年02月24日

東京ディズニーランド 訪問

6dfad45e.jpg東京ディズニーランドに行って来ました。

最後に行こうとしたのは、1983年に浦安にオープンしてから18年目の2001年9月12日、、。


そう、北米911事件当日です。
早朝3時くらいに豊田をスタートと、早起きしてテレビのスイッチを着けたら、ビルから煙が、、。

それからドンドン事件は大きくなって、、。
自分は、色々考えて朝4時頃には、行くを止めました。
家内は、”何で止めるの!”とその当事は大変楽しみにしていましたので、興奮冷めやらない状態でしたが、その後、東京ディズニーランドは、始まって以来の緊急休園になったと聞きました。

あれから、あっという間の10年間、、。
今回は、何事も無く早朝豊田をスタートして無事、開園2時間前に駐車場に着きました。

開園前には、大型バスが何十台いや数百台が、駐車場に入ってきます。
春休み前の学生さん、修学旅行か女学生がイッパイ、、、。
不思議だったのは、皆さん一様にコロつきバッグを引きずって、、。

自分達みたいな平均年齢多い家族連れは、まばらで、、。
寒い日で気温は日中でも5度cくらい、、。
それでも、朝から長蛇の列。

昔はベビカーに乗せてTDL、、。
その末っ子の長女も20代真ん中に、。

彼女の先導でファストパスを取りに行く?やら、あれに並んどいて?やら、訳の分からぬ指示を矢継ぎ早に、、。

最初から最後まで、よう分からんままに2日間を終えたような、、。

ま、そういう事でTDL珍道中は始まりました。
この日の為に、軽くて履きやすい運動靴を買ったりして、、。
ま、自分も遠足に来た気分ではありましたが、、。

その娘が一番喜んだ!"It's a Small word "に、久しぶりに、、。
全く変わらぬ雰囲気でした!!!
人気アトラクションは、朝からイッパイ!だからと、、。
空いてるであろうと来たのですが、これです!

どうして、コレだけの人数がTDLに集まるのかと、また、感心しきり、初めて訪問した時も感心しましたが、、。

50代後になった今、やはり同じように感心、そして感動します。
すばらしいエンターテーメントに、、!
つづく。
turuta_s_room at 14:03|この記事のURL

2011年02月21日

ロータス エキシージチューニング 34

052ff637.jpgアイコードエキシージ”黄鶴”のクラッチKITを紹介してませんでした。

絵では、右側小さい方です。
OS技研製ツインクラッチKIT TS2C

メタルクラッチディスク 185mm X 2枚 ダンパー無し

アルミクラッチカバー
シングルダイヤフラム 踏力が軽い 圧着圧力 900kg
350PS対応

総重量    8.6Kg (純正 10,4Kg)

軽量の為、シフトチェンジが素早く出来る、純サーキット仕様です。
その分、発進時のシビアさが出ます。
低速走行時のトルクも少なくなるので、市街地は少し乗りにくいです。

価格        162,750円


シングルクラッチKIT STR1CD
アルミクラッチカバー
シングルダイヤフラム  900kg
メタルクラッチディスク 215mm ダンパー付き
重量 10,4Kg   

価格        144,900円

ストリートタイプですが、もちろんサーキットもOKです。
低速域の使いやすさは、純正クラッチ同様の性能です。
つづく。

 
turuta_s_room at 15:23|この記事のURL

ロータス チューニング 33

19b511d1.jpg今回のOS技研製クラッチKITのクラッチカバーの圧着圧力は1100kgmです。

ダイヤフラムスプリングを2枚重ねてます。
その分、クラッチペタルを踏む踏力が重くなるので、アイコードでは、対策として
クラッチカバーを切る為、レーリズベアリングを押す油圧のレリーズシリンダーの内ヶをアップして、油圧を上げることで、踏力が少なくてすむようにしました。

クラッチカバーのツインディスクタイプは、圧着圧力900Kgmにしてますので、どちらが良いかは、お選びください。

クラッチKITが800gも軽いと素早く鋭いシフト操作にも、フライホイール部分が軽くなる為、エンジン回転がレスポンス良くなり、ギヤの入りはよくなるのです。
エンジン回転がアクセルを離し、クラッチペタルを踏んでギヤシフトする前に、瞬時に回転が落ちますので、ギヤが入りやすいのです。

強化レリーズシリンダー
       
価格         21,000円

シングルプレートクラッチKIT T1RA 全重量 7,6Kg
ダブルダイヤフラムスプリング 1,100kgf/m
クラッチディスク径 185mm

価格         155,400円  

つづく。 

turuta_s_room at 11:52|この記事のURL

2011年02月20日

ロータス エキシージ チューニング 32

98921fdc.jpgアイコード エキシージ”黄鶴”用に試作クラッチKITを取り付けます。
普通は、185mm径メタルツインプレートクラッチディスクと215mmシングルクラッチディスクです。

今回もっとレーシーな185mmメタルクラッチディスクのシングルプレートクラッチディスクの仕様をテストします。

重量  8,4Kg →  7,6Kg (クラッチKIT&フライホイール)

純正から比べると2,8Kg軽量です。
多分アイドリングが不安定になるかと、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:15|この記事のURL

BMW 318 5M/T スーパーチャジャーKIT

3aa6ec13.jpgアイコードの仲間でASPさんの製作されたBMW E36 318 1998年式の車両にHKSさんのスーパーチャージャーを使い、ワンオフKITで製作されました。

ノーマルパワーは、1800CCで140PS仕様が、今セッティング中ですが
230PSまで上がりました。
燃調はオリジナルのサブコンです。

エンジンは、全くノーマルですがブースト圧が0,8くらいまで上がるので(プーリー径の為)、点火時期でノッキングを抑制してます。

メカチューンでは、とても出せません。
加給器の醍醐味といったところです。
つづく。
turuta_s_room at 14:02|この記事のURL

2011年02月19日

さあ、春よ来い!

e13279f2.jpg最近、日中10度cを越えると暖かいと言うか,暑いくらいです。

アイコードのかわいい植物もそろそろ、若葉が目を出す時期にあります。

レモン、メソレ(スモモ)ブドウ、びわが、、。

肥料を回りに蒔いてやって、実がたくさん成るように、、。
毎年の行事です。

カワユイです。
植物は正直、、。
絵は、新人です。2年生です。びわ太郎と申します。
つづく。
turuta_s_room at 18:22|この記事のURL

2011年02月18日

ロータス エキシージチューニング 31

5aa12f3a.jpgそして、2速ギヤが入りにくくなった原因の一つが判明しました。
絵は、ファイナルギヤのシャフトです。

示した部分は、オイル穴です。
シャフト内側から組まれたギヤ等にオイルを遠心力で潤滑する為の、、、。

この2速のギヤが組み込まれる部分の穴に、シリコンゴムのカスが詰まっていました。

純正シリコンシール剤はアカ色です。
しかし、詰まっていたシリコンのカスはねずみ色。
明らかに、分解して新たに組み付けした時の余ったシリコンシール材が詰まったと推測するしか、、。

これでは、潤滑不足で多様する2速周辺は、温度が上昇し、除〃に、、。
シール剤の塗布は、いい加減な塗り方をすると必ず、ケース内にカスが出来ます。

初期にのC50は、潤滑用オイルジェトが付いていましたが、、。

しっつこく説明しているのは、ロータス2ZZオーナーに言いたい!
ミッションが弱いと言ってるうちの多くは、使い方、対策、腕のあるショップを知れば、ロングライフなエキシージが楽しめるということです。

大きなお世話です!
つづく。


turuta_s_room at 13:48|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 30

f46d3377.jpgアイコードエキシージのミッションのお話。

先日、分解して2速のギヤ鳴りについて調べてましたら、すごいことが発見出来ました。

ミッションギヤのスリーブ部分にギヤをスライドさせるキーなる物が3ヶ組み込まれてます。
これが、ギヤシフト時にスリーブが移動する為のものですが、不自然な引っかきキズがついてました。
この部分に負荷がそんな掛からないのですが、、、。

かなり強引にガキッとシフトしないと、、。それでも、、。

絵は、その角が潰れたギヤと中央にあるキーです。
ま、これに気が付かないで交換してないということは、やはり、このミッションのことをあまりご存知無い方が、、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:31|この記事のURL

2011年02月17日

ロータス エキシージ チューニング 29

e7f625ad.jpg昨日、イギリス”ハンガー111社”から、エキシージ2ZZエンジン用280PSスーパーチャージャーKITが到着しました。

早速梱包を解いて、中味を点検しました。
作りは、イギリスにしては丁寧に作りこんでいます。
レーシングカー製作の手法が思い出だされます。

38年前に、フジスピードウェイのグラチャンシリーズでイギリス製の2座席レーシングカーを初めて真近で見ました。

こちらは毎日毎日、徹夜して作り上げた国産レーシングカー、、、。
シェブロンB19,マーチS73,ローラT290など、、、。
自分が作った部分と比べたりして、、。
バケットシートの仕上げとか、FRP製カウルの仕上げ、カチっと組み付くフロントカウル、、。
ちょっと羨ましかった、、。

で、今度は1995年のスズカ1000KmレースでマクラーレンF1GTRをサポートした時、、、。
これがレーシングカーか、、。
走らせるのがもったいないなんて、、、。

と、話は戻って、、。
さあ、これからどうなるか楽しみであります。
絵は、パーツの主要部分です。
細かく小分けして旨く梱包してありました。
輸出慣れしてる感じです。

なんせ、注文したのが昨年9月過ぎ、正式オーダーの為の契約書など、先方はきちんとしてましたが、それから出荷までそれまでの注文が多すぎて、アイコード分は遅れに遅れました。
オーナーのグレッグ、ロック氏はあやっまておられましたが、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:20|この記事のURL

クラウン200系チューニング 25

168bab7d.jpg絵は、ノーマルデフ(左)とLSD付きデフです。

ノーマルは、中にベベルギヤといってテーパ形状ギヤが組合わさっています。
右左の外輪(タイヤ)がコーナーを回っている時回転の差が出てきます。
内側のタイヤは回転が少なく、、。

この回転差を中のベベルギヤとアウタケースが独立して回転し、調整してます。
直進以外、常に回転差が生じてます。
実際、この仕組みを回しながら見てますと、その構造が良く分かります。

これがLSD付きとなりますとサーキットなどいつも左右のタイヤにトルクを100%伝えたいところですが、市街地も含め低中速域で左右のタイヤがロックしてると、レーシングカートなど乗られたら、経験されるでしょうがステアリングを切ってもちっとも曲がろうとしません。

しかし、OS技研製LSD ネオは、その低速域でのロック率を最小にして、スムースに回ります(この件重複しますが、何度も言いたいので)。

ですから、タウンユースも出来、尚且つサーキットでも効力を発揮するツワモノなのです。
今回、アイコードクラウン”白鶴”には、ロックするタイミングを少し早くするよう仕様変更しました。
また、カム角度といってロックする度合い変える心臓部分をよりレース用に変更しました。
ニュルスペックです。

そう、これでフジを攻めますので、、、。
つづく。

turuta_s_room at 14:24|この記事のURL

クラウン200系チューニング 24

63ba683c.jpgアイコードクラウン”白鶴”は、LSDを組み付けます。

”クラウンにLSD付けて、どこ走んの!”なんて言われそうですが、、、、。
自分は、こんな時いつもこう言います。

サーキットを走るより、一般道を春夏秋冬、雨、風、雪の中、走る方が余程キケンが多いですよ!と、、。

発進時、右折で信号待ちの時、ぬかるみなど、、。
ゆっくり発進してもアイスバーン、雪道、ちょっとした登りなど、田舎に行けば何時でも、何処でも遭遇します。

今年の豊田市は例年に無く大雪で積雪となりましたが、市内の外環道路という目抜きどうりですが、サンフランシスコのようなアップダウンが続いてます。
そこを登れなくなった車両が道を塞ぎ、大渋滞になりました。

信じられないような光景をめにしました。
これは、運転の未熟さもありますが、今時TRCや電子デバイスで電子スロットルをタイヤが片輪でもスリップしたら、すぐにスロットルを閉じます。
本人はタイヤを空転さえてでも登ってやろうとしてるのに、、。
微妙なアクセルコントロールが出来る方なら何とかなるでしょうが、、。

ということで、LSDは普通の車ほど必要、それもエンジントルクの大きな車ほど、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:59|この記事のURL

2011年02月15日

ロータス エキシージチューニング 28

fc935e8d.jpg絶好調アンド暇なツルタであります。

絵は、LSD単体を比較したものです。
左がOS技研製LSDです。

内容はスーパロックネオタイプと言いまして、センターボディにスプリングを何箇所か設置、低速域でのリミテッドスリップ(右と左タイヤのロック状態)をフリーに近い状態にして、信号や右折、左折時の内輪、外輪差で発生するロックデフプレートの摩擦、並びに摩擦音(パキパキ音)を殆ど皆無にしてます。

その分、摩擦が少ないということは、デフプレート同士の引きずりが少ないので、ロック性能を維持しつつ、耐久性も持たせてます。
通常、10万キロくらい問題無いです。

これが通常のイニシャルトルクを掛けた、4ピニオンLSDですと、ロックして走行してる比率より、曲がり角など市街地走行では、引きずり状態が多いので、磨耗させながらの耐久試験をしてるようなものですから、定期的に分解、調整、又はロックプレート(クラッチディスクとも)交換、組み付けとなります。

そう、競技やレースで使用してると定期オーバーホール部品となります。
それで、市販車などは、4ピニオンLSDを採用せず、トルセンタイプのノンオーバーホールタイプを採用するのです。
これは、効きがあまいので競技には不向きです。

また、絵で比較出来ますが、ボディー本体の直径がOS製の100パイに対して、90パイです。
これも中に組みつけてあるロックプレートの直径が大きく取れるので、容量的にも耐久的にも性能が大なのです。
大変、対費用効果の高い商品なのです。
もちろん、LSDの効き方も、加速時、減速時と微妙な味付けをしてあります。
市街地でも、サーキット、峠でも多いに効果を発揮して、おまけに長持ち、、、。
肝っ玉かあさんみたいな存在なのです。

ロータスエキシージの場合、ミッション&デフケースが一体物の場合、通常のLSDが入ってますと、それだけで摩擦熱によるギヤオイル温度が上昇します。

それでなくともオイル量が少ないので、チンチキチンであります。
通常FR車両の4ピニオンLSD付きで、デフオイル温度は150度Cくらい簡単に上がります。

アイコードIS−FのTCDLSDは、ネオタイプの上級モデルです。
ニュル24Hに参戦したIS−Fにも採用されました。
多分、今年のLFAニュル号も採用するでしょう、、、!

エキシージでは、ギヤオイル温度異常上昇によるギヤ破損は、サーキット走行などでは、起こりうるトラブルなのです。
つづく。

turuta_s_room at 18:04|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 27

d920ffdb.jpgで、フライホイールが軽いとエンジン回転も早く下がるので、シフトワークの素早い操作に追従が良いのです。

OS技研製ツインクラッチKITは、全重量が8,4kgのTRタイプを使用すれば、かなりこの問題も解消されるのではと、期待してます。

しかし、根本はシフトワークのスムースさとミッションオイルの温度管理です。
いくら丁寧な操作でも、現状での連続サーキット走行などは、控えないと、、。
ミッションクーラーなどで対策を、、。

また、フライホイールがF1みたいに殆ど無いような状態が良いのかというと、そうではありません。
このTRタイプもそうですが、低中速は、やはり乗りにくくなると想像出来ます。
それをテストします。報告をお楽しみに、、。

で、少し話を戻します。
ミッションのLSD引っかきキズ事件です。
これの原因として、このC60系のウイークポイントをお知らせします。
24話で説明しました、ファイナルギヤです。

このギヤは、当事のAE111などでも、頻繁に発生していました。
特に激しいシフトダウン時など、、。
一瞬にしてのギヤが欠けてしまいます。

そうなると、破壊の進行が始まり、中はグチョグチょに、、。
この”黄鶴”もそうして壊れたのかと想像してます。

また、パワーを出すスーパーチャージャー車などは、加速時にもこのトラブルが発生する可能性が高くなります。
で、ファイナルギヤセットを強化処理して、対策することが必要になります。
ギヤは、どんなレーシングカーでも必要なもので、コレが原因で涙を呑んだドラマを自分も多く経験しました。
最重要項目と覚えておいてください。

絵は、LSDに組まれたファイナルギヤセットです。
LSDの面に輪に沿って引っかきキズが、、、。
歴戦の勇士です、、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:25|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 26

727ded7a.jpg調子こいてミッションのお話は続きます。

前回、お話しましたギヤ鳴りの原因ですが、これはシフトミスによる要因が一番です。 ”当たりまえじゃ!”

そのシフトミスの中で最も多いのが、クラッチ切れ間に合わないシフトアップです。

シフトダウン時は、大体の方がちゃんとクラッチペタルを床いっぱい踏み込んでから、シフト操作をされます。
それでも、入るときに違和感ある”ジャ!”という音がギヤ同士のかみ合う時に出ます。
シャフトがスライドしても綺麗にかみ合わない時出る音なのです。

シフトアップ時にクラッチペタルを踏んでから、シフトチェンジをするのが普通ですが、オーナーは、我先に加速していきたいので、精神的には正式手順で操作してるつもりが、、。

クラッチカバーがペタルを踏むことでレリーズベアリングというものを介して押され、フライホイールと密着していたその中のクラッチディスクが離れ、一瞬、エンジン側のインプットシャフトからアウトプットシャフトに駆動が伝わらず、ミッションギヤや一瞬、、、。エーイ、兎に角ギヤが移動するのです、、。

そクラッチ操作が逆になり、クラッチが切れてないまま、次のギヤに入れようとして、強引な動作が原因になります、、。

ま、他にも要因はありますが、、。
ポルシェシンクロなどは、そのままレースに出られるような頑丈なものですが、やはりオイル温度管理してないと、サーキット連続走行などでは、、。
ミッションクーラーが欲しいところです。
また、フライホイールや、クラッチKITなど、慣性マスの大きな物は、素早いシフトワークにギヤを痛める原因ともなります。

絵は、純正フライホイールと強化クラッチKIT、全重量10,6Kgです。
つづく。
turuta_s_room at 16:02|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 25

a1b9e63e.jpgツルタの生意気な解説が続きます。

2速ギヤが急激なシフトダウン時にギヤ鳴りがすることは、以前に書きました。
今回、それの原因である2速ギヤシンクロの様子を見ることも目的の一つでした。

低回転などでは出にくいです。
対策として、付け焼刃ですが、ミッションオイルにそれ相当(ギヤ鳴りが少なくなるなどと歌う添加剤)の対策添加剤を事前に入れてみましたが、、、。

病気の進行は、余程でない限り進みはしても、良くなることは有り得ません。
早い時期に決断され、処理する事が最善の対処法だと自分は思っています。

案の定、2速ギヤシンクロ部分の角が丸くなっていて、シンクロナイザーリングも減っていました。
こうなっては、新品交換しか方法はありません。

また、ファイナルギヤとLSDについてるデフリングギヤの両方は、テンパーショット処理で、強化することにしました。
この件、以前に、やはり井土師匠にお聞きしましたので、、、。

ギヤ鳴りは、他の車両でも、大なり小なり発生するものです。
レースなどでの、4速が無くなったとか、、。レース後のインタビューで、、。

話はそれますが、1994年、サード94CVというCカーでルマンに参戦していた時、ドライバーの一人、後でフェラーリF1ドライバーになる、エディー、アーバイン氏が無線で”フィフス ゴーン!”と何度も言っていました。

最初は何を言ってるのか分かりませんでしたが、5速が無くなったことを伝えてきたのです。
それでも、彼はあんまり変わらないタイムでラップしてましたが、、。
ツルタの横道ソレールでした。
つづく。
turuta_s_room at 15:20|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 24

5d60db07.jpgさて、分解しているミッションですが、新たな発見がありました。

LSDは某社製4ピニオンタイプが入っていました。
しかし、LSD本体の表面に8箇所ほどえぐられたような引っかきキズがありました。

想像ですが、ミッションギヤかその周辺が割れて、ミッション内ミキサー状態になった為か、、。
しかし、不思議なのはミッションケース内側など周辺パーツは綺麗なのです。

グチャグチャになって、ミッション本体を交換したのか、、?
それで、キズだらけLSDのみ、再使用されたのか、、。

前オーナーの苦情が想像出来ます。
ま、中古LSDを掴まされたという、ひねくれた想像も出来ますが、、。

いずれにしても、この車両のオーナーの皆さんは、ミッション系についていろんな経験されてることが容易に想像出来ます。
つづく。
turuta_s_room at 14:49|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 23

ee1d0db4.jpgドンドン分解していきます。

クラッチKITは、某社製強化クラッチカバーとスプリングダンパー式強化クラッチディスクが組み込まれていました。

クラッチディスク面がまだ新品同様でしたので、組まれてそう走ってはいないようです。
フラーホイールは、純正がそのまま再使用されてます。
他のパーツには、かなり高額な商品が組まれてますが、クラッチ廻りは、、、、、。

こうやって、中古車両を点検していくと、前オーナー、ショップさんとのやり取りが伝わってきます。
過去を想像するのは、こちらは楽しいですが、、、、。

ですから、我々も手を抜かず、作業しなければなりません。
人の振り見て我が振り直せ!と、おばあちゃんがよく言ってました、、、。
アイコードでやった仕事は,”綺麗でそつなくやってるな!”なんて、、。

当たり前のことですが、結構ビックリするようなことが発見されます。
つづく。

turuta_s_room at 14:29|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング22

fa80e1aa.jpgアイコード エキシージ”黄鶴”のECUを裏蓋はぐって中を見ました。

エンジン2ZZーEUエンジンは、ホットワイヤー式Dジェトロニックタイプですが、それはそのまま流用してます。

ECUは、名称”EFI”といってメイドインイタリアです。

アイコードで現在解析してますが、タイプはランボルギーニ社などと同様みたいです。
エキシージレベルですとこのくらいの容量でいいのでしょう、、。
さあ、忙しくなります、、。

ペンシルで指してる部分から書き込み可能か、、、?
つづく。
turuta_s_room at 14:06|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 21

8ae17408.jpgエンジンに最初から付属していたスロットルボディーのポート内ですが、かなり汚れてました。

ブロバイーガスにエフィルター外部から進入した細かな泥が混ざり、ポート壁面に不着したものです。

この車両は、後付のスポーツエアクリーナーKITが装着してました。
スポンジタイプのフィルターです。
このタイプは、透過率は優れてますが、まめな掃除が必要です。
好き嫌いはありますが、高出力を得るには効果あります。
吸気音も豪快です!

しかし、ロングライフとは言えませんので、湿式コットンタイプに交換したいところです。
つづく。
turuta_s_room at 13:40|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 20

a66d1d06.jpgエンジンは、今回手を入れませんが、将来的には、1930ccピストン&クランクKITや、はハイカムシャフトを組み付ける予定です。

で、今回色々ノーマルであろうエンジンを点検してます。
絵は、この年(2006年式)くらいから採用された電子スロットルボディです。

スロットルバタフライをモーターで駆動する”フライバイワイヤー”方式です。
このスロットルは、アイコードもビッグスロットル加工を施します。

そのとき、バタフライシャフトを片持ち式に加工して、スロットルポートの断面積を5%パーセント向上させます。
つづく。
turuta_s_room at 13:28|この記事のURL

ロータス エキシージチューニング 19

e2668603.jpgアイコードエキシージ”黄鶴”は、いよいよエンジンを降ろしまして、LSD,クラッチKITを装着いたします。

TIレーシングの井土氏に降ろし方の要領をお聞きしました。
他では、リヤカウルを外すとか、大変そうでしたが、彼の助言により、そのままエンジンをミッションごと降ろすことが出来ました。

降ろしてる途中、驚くことを見つけました。

それは、振動で起きたか、前に脱着をやられたか方がお忘れになったか、、。
エンジンハンガーボルトと1本が脱落寸前、、。
ミッションケースボルトの一部も脱落、、。
その他コネクターの一部も外れて、、。

ま、振動で抜けたのでしょう!
後付マフラーのステーも一部折れてましたので、かなりの振動が発生するのでしょう。

見慣れたミッションは、C50系の5速ミッションでカローラレビン、トレノのAE92系で採用されました。それから6速化してC60系と呼ばれ、5速ミッションの寸法内にもう1速入れて、6速化しまして、AE111系、セリカ系へと受け継がれました。
ギヤ数が多い分、ギヤ単体の厚みは薄くなったのです。
その為、ミッションオイル容量が減ってしまい、このロータスでは、指定量2,4Lあまり、、。
C50系だと3,2Lくらいミッションオイルが入りました。
LSDなど組み込むと300cc程入らなくなり、総量2Lあまり、、。

その影響は、サーキット(スズカあたい)で連続走行するとAE111あたりでは、良いオイルを入れないと油温(LSDなど組んでいれば尚更)が上がり、
シフトチェンジが渋くなるのです、、、。

ロータスエリーズエキシージ(2ZZエンジンで)など、その傾向がもろに出て、2速、3速がシンクロナイザーリング不良で渋くなるのです。
この車両のウィークポイントであります。
つづく。


turuta_s_room at 11:32|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives