2011年08月

2011年08月30日

ロータスエキシージ チューニング 54

b63295c2.jpgアイコード エキシージ”黄鶴”は、現在チタニウム製マフラー製作に入ってます。
形状は、内燃器タイプの丸型メインマフラーと60パイパイプのオールチタン製です。

触媒部分も交換しました。
テールピースの形状に苦心してますが、なるべくシンプルに、、。

さあ、これで気温さえ下がれば、タイムアタックですが、、。
この前、台風の余波で朝晩、少し涼しく心地よくお眠りになったのですが、、。

最近、また日照りが続いてます。

チューニングカーにとっては、スカン時期であります。
しかし、0℃から40℃までたった40℃くらいの温間の間で、自動車は馬力が
変化しますが、人間とあまり変わりません。

月や火星に行ったらどうすんの?と、いらん心配症のツルタであります。
つづく。
turuta_s_room at 14:35|この記事のURL

2011年08月29日

ベルギー スパフランコルシャン サーキット

c4c7d2c6.jpg現在ベルギー在住のKさん、愛知に保管中のポルシェ993、本日引き取りしてきました。
これから、作業に入ります。

彼は、現在今年からベルギー転勤で愛車ポルシェと泣き別れ、、、。
ということで数年後、帰国出来ると希望され愛車を売却されず、愛知に保管、、。
定期的に引き取り、点検を、、。

昨日、そのベルギーでF1が1ヶ月ぶりに開催、、。
このスパフランコルシャンサーキットは、十数年前まで、オールージュの有名な
コーナーなど、一般道で普通に乗り入れできました。
最近は、クローズドになりましたが、、。

自分もその90年代後半に行きまして、そのコーナーを走りました。
ルマンの公道みたいなもので、そんなに興奮はしませんでしたが、ここのS字と言いますか、下って左、右そして登りをドライバーは、300Km近い速度、全開で、、。

昨日も、F1ドライバー皆さん突っ込んで行ってましたが、、。
最近安全なF1と思っていましたが、スパはすごいです!!

エンジン全開、レブに当たるながらの300Kmでの接戦、、。
普段のF1観戦は、深夜なので途中から寝たりしますが、昨晩のスパは最後まで
見てしまいました。

絵は、若きツルタの後方を一般車が走ってるオールージュです。
つづく。
turuta_s_room at 13:04|この記事のURL

2011年08月27日

ポルシェ965ターボ3,6 フラットノーズ

843a0a13.jpgポルシェ965ターボ3,6 フラットノーズ(エクスクルーシブ)が
入庫しました。

この車両は、エクスクルーシブは、その意味と同じく限定モデルです。
詳しくは、インターネット等でお調べください。

パワーは、3,6ターボの360PSから380PSに引き上げられています。
今回、エンジン出力等が正常かどうかというオーナーからの依頼でした。

現在、点検中ですが、試乗したところ低速域は3,6Lにしては3500RPM付近まで、トルク感は無く、歯がゆい加速です。

これらエンジンの出力低下の原因かとパワーチェックしましたが、356PSは
出ました。
また、4000RPMからの加速は、ブースト圧0,7(メーター表示)で鋭い加速を6800RPMまで持っていきました。

特に依頼ありました低速回転でのトルク感の無さが正常かどうか、これから
シリンダー圧縮圧、KEジェトロの燃圧など計器で測定しながら、点検していきます。

3,3ターボなどでは、よくシリンダーヘッドボルトが折れたりするので、
それらが原因か、はたまたこの加速感はハイカムシャフトによるものか、、。

それにしても、程度極上の車両です。
大事にされてることがよくわかります。
圧縮比も3,3Lの7,0から3,6Lでは7,5に上がっていますので、
も少し低速トルクあってもと思いましたが、、、。

最近の水冷ターボからしたら子供と大人、20年の歳月、技術の進歩を感じさせられます。
しかし、F40もしかり、このドッカンターボの加速感がたまらんです、、!
つづく。
turuta_s_room at 13:31|この記事のURL

ニュルツアー 再募集のお知らせ!

1eaf5516.jpg2011年10月7日開催の日本人によるニュルスクール(走行会)の再募集を行います。

参加数は数名、、。
よんどころない事情でキャンセルされた方の空きが出ましたので、、、。

現地集合、現地解散の方でも可、、。

マンタイレーシングのオラフ、マンタイ氏や、田中哲也し、余郷敦氏なども
指導していただけます。
またとないチャンスと思います。

お気軽に御問い合わせください。
つづく。

turuta_s_room at 13:08|この記事のURL

オプション誌キャラバンミーティング開催!

f3b198e0.jpgオプション誌30周年を記念してキャラバン隊が読者ミーティングを各地で開催されます。
キャラバン隊とは、オプション誌がミニバンで全国を渡り歩き、ショップさんで
キャンペンをやってたくさんの仲間が集合しました。
アイコードにも稲田大二郎氏も来店してくれました。

8月28日 明日ですが、九州大分県日田市上津江町上野田1112−8
 
オートポリス P1駐車場 AM10;00〜

9月10日 土曜日 愛知県蒲郡市海陽町2−2 

ラグーナ蒲郡 臨時駐車場特別会場 AM10;00〜

11月20日 日曜 岡山県美作市滝宮 1210

岡山国際サーキット  AM9;00〜


参加費無料です。
チューニングカー&カスタムカーなどジャンル不問です。
こぞって参加願います。
つづく。
turuta_s_room at 10:34|この記事のURL

2011年08月26日

IS−F チューニング 220

1ed8122e.jpg来る9月26日、月曜日、フジスピードウェイ主催”IS−Fワンメーク走行会”が
開催されます。

すでにご承知とは思いますが、も一度ご連絡申し上げます。
レクサス、IS−Fだけのフジスピードウェイ、本コースの走行会です。

弊社のお客様も楽しみにされ、参加されるとか、、。
2012年モデルの展示や、もしかしたらサプライズな事が起こりそうです。

まだ、残暑厳しいですがレクサス、及びTRDさんからエンジニア、メカニックが多数待機してます、不慮のトラブルにも対処してくれます。

矢口さんの言葉を借りれば、ヘタな改造してなければ(アイコードじゃない、?)
IS−Fは壊れない!そうですから、、、。

初めて参加される方は、大変有意義な走行会になると思います。
ぜひ、時間を作って参加されることを希望します。

サーキット走行ですが、初心者の方が安心して走行出来るようピットアウト、ピットインなど、丁寧に指導、先導してくれます。

IS−Fが数十台も勢ぞろいしての走行は、圧巻です。
それだけでも嬉しく、楽しくなるというものです。
ぜひ、この機会にご参加ください!
つづく。
turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

2011年08月25日

レクサス LS/SZ用チタニウム製マフラー製作

e595d727.jpg現在、某SCKITの装着したレクサスLS/SZにチタニウム製フロントパイプ(エキマニ、メタル触媒、&パイプ一部はステンレス製)、メインマフラーを製作しました。

性能重視、重量軽減の為、片出しにしましたが、この片出しで2000RPM付近の共鳴による耳障りの悪い音も出にくいです。

チタンマフラーは、ステンレス製に比べ3倍くらい軽いので、そお軽さによる共鳴も出やすいですが(IS−Fで苦労しました)、片出しの場合、その心配のありません。

さあ、エンジン燃調の為、ECUセッティングに入ります。
つづく。
turuta_s_room at 13:46|この記事のURL

2011年08月23日

IS−F チューニング 219

b528e41f.jpgアイコードIS−F”銀鶴”スーパーチャージャー車は、ブログ登場後、色々
ご意見、ご質問をいただいております。

気を引き締めて完成させたいと思っています(他の開発もそうですが、、)。

なんせ、スペースの無さは、5L、V8のエンジンをISに強引にお乗せになった
矢口さんの無謀な企画(失礼、本人さんは真剣で、、)から始まりました。

もちろんフロントヘビーなど承知の上、エンジン本体が量産組み立て時、エンジン
フロントサスペンションメンバー&ブレーキユニットをモノコック
ボディーに下側からボルト4本で組み付けるのです。

モノコックボディーのエンジンルームスペースは、左右20mm、片側で10mmしかなく、組み付けに少しでも左右に揺れるとエンジン本体とモノコックボディがこすれ、キズ付いてしまうくらいシビアなのです。

そんなエンジンルームぎっしりの中、スーパーチャージャー本体を取り付けるのも
センチ単位の狭さ、おまけにアルミ製インテークパイプ&ラジエター前の空冷
インタークーラー、ブローオフバルブなど、、。

そう、如何に大変であったかを、自慢話であります、、、。

絵は、エンジンカバーを外した状態での各配置です。
インテーキパイプ類は試作の為、若干の変更有り、、。

エアクリーナーは、他デザイン検討の為外してあり、その下側にブローオフ
バルブの配管が見えます。
ラジエター側も、同じくギッシリ、、!

ところで話は変わりますが、この車両、取材で何処かの雑誌に掲載される前に
9月8〜11日、愛知県日進市の愛知トヨタ、ツインカムさんで
開催されます”Tチューンショップ大決算キャンペーン(そんな感じの)に
展示させていただきます。

多分、当日試乗は不可ですが、野次馬様もご興味ある方も連なってご来店
ください。
他に素晴らしい特価商品、特典、展示会、あるそうです、、。

ツルタも出張っておりますので、、!
つづく。


turuta_s_room at 13:41|この記事のURL

2011年08月22日

IS−F チューニング 218

ac64eea9.jpgアイコードIS−F”銀鶴”スーパーチャージャーKIT装着試作のフロントバンパー部分です。

誇らしげに空冷インタークーラーが前面を覆ってます。
エンジン冷却水のラジエターの影響は、これからテストです。
最高速など高速域での使用には、過去の経験から問題は無いと思います。

しかし、サーキット、峠などの低いギヤでの高回転の使用に純正ラジエターがどこまで持つかは、今後のテストで対処したいです。

なにせ、100PSくらいはパワーアップして500PSの大台に乗ったときの
エンジン油温、水温、ミッションオイル、デフオイルと対策は必要でしょう。
楽しみです。
つづく。
turuta_s_room at 10:36|この記事のURL

IS−F チューニング 217

ded526a9.jpgアイコードIS−F”銀鶴”スーパーチャージャーの試作が完成しました。

といっても、これからECUのセッティングが待っています。

まだ、エアクリーナーなど、細かな変更をしたいと思います。
スーパー本体とエンジンフードの隙間もこれで40mm近くあります。
純正フードでも確認取りたいと思ってます。

乞うご期待!
つづく。
turuta_s_room at 10:28|この記事のURL

2011年08月21日

2011年 スーパーGT ”ポッカGT” 5

5199ac30.jpgフジのフォーミュラニッポンの時から、開催されました”GTアジア”選手権!

GT3クラスのスーパーカーレーススタートですが、今回スズカでも開催!

土曜、日曜と2戦連続してレースが行われます。

R(,GT3,フォードGT40,フェラーリ458,360、アストン、ガヤルドなど世界のスポーツカーが集合、、。

昔のBPRレースが思い出されます。
来年以降、スーパーGTも変革していくんでしょうが、、、?
つづく。
turuta_s_room at 11:44|この記事のURL

2011年 スーパーGT ”ポッカGT”4 

53747e38.jpg友人は、こちらにもスポンサーしておられます、、、。

中島オーナーとは、30数年前のスズカ1000Kmで隣同士のピットでした。

彼は、サバンナRX3で参戦、クラス優勝されました。
そんな話をしましたら、そんなこともあったね、、!
こちらは、シグマMC77,クラッチトラブルでリタイヤ、、、。
つづく。
turuta_s_room at 11:32|この記事のURL

2011年 スーパーGT”ポッカGT” 3

c71384dc.jpgポルシェと言えば、タイサン!

千葉オーナーも健在です。
993GT2レーシングでは、国内最初にフジで優勝したレースでもお手伝いさせていただきました。

996ボディーですが、頑張っておられます。
昔、ポルシェ962CでCカー時代にも、大活躍。
ポルシェといえばタイサンでした、、。
つづく。
turuta_s_room at 11:24|この記事のURL

2011年 スーパーGT ”ポッカGT” 2

e3dcb2c6.jpg応援してる友人の都筑君が乗ってる997GT3RSR.
この車両、土屋武士さんとの参戦です。

予選は、ポルシェのトラクションの良さを発揮、5位をゲット!
決勝の今朝から豊田市は大雨ですが、期待大です。
つづく。
turuta_s_room at 11:06|この記事のURL

2011年 スーパーGT R5 ”ポッカGT!”

e4ddbf0e.jpg今年で40回目となるスズカ、夏の耐久”鈴鹿1000Km”がスーパーGTシリーズのラウンド5となり、正式名称”ポッカGT!”となって、またやってきました。

自分も過去には、何回も裏方として参加、総合は無理でしたが、BPRシリーズや
スズカ1000Kmでは、ポルシェ等でクラス優勝を勝ち取ったりしました。

昨日の土曜日、レース前日の参加ティーム表敬訪問してきました。
勝手知ったるスズカです、ピット裏を挨拶しっぱなしではしご参り、、。

以前は金曜日のフリー走行の為、木曜から現地入りでしたが、最近は、ルールが変わり省エネも兼ねて、公式練習が土曜日の午前の1時間40分しかありません。

この中、500と300が入り乱れてのセッティング走行です。
そして、午後1時からと、そのあとノックアウト方式予選と忙しいのです。

今年は、タイヤメーカーB○社さんが予算削減の為か?、GT500部門では老舗ティームが苦戦、、。
M社さんが台頭してきました。
練習中からデンソーサード39号車は、好調、同じGTRも、、。

しかし、午後3時過ぎより突然のスコール、、。
予選結果は、、、、、。

絵は、友人のスポンサーした絵を撮ったら、偶然アイコード仲間のメックアイさんのスティッカーを発見、、。
つづく。


turuta_s_room at 11:00|この記事のURL

2011年08月19日

アイコード農園 茗荷初摘み取り!

b3466682.jpg昨年、工場北側の空き地(といっても隣との境)に、ご近所からもらった茗荷の苗を5本植えました。

茗荷は、地下茎が夏のみ地上に茎と葉を出します(毎年、、)。
茎の一部が花を咲かせる若芽で、ラッキョウの様な形をしてます。
詳しくは、”ウィキペデア”をご覧ください。

今年、初めて計5つ、若芽が花を咲かせて地上にで出来ました。

早速、社員(といっても弊社お局様)と分け合っていただきました。
盆明けでお暇です。

こんなことでも、自分にとっては大切なお仕事、、、。
さあ、今夜は、これを刻んできゅうりと一緒に、ポン酢で、、。
もちろん、アルコールも欠かせません、、。

スーパーで年中売っている、ハウス物とは違い、路地物は苦味の効いた、歯ざわりの良い、乙な味です。

色んな食べ物がある日本です。
昨日、テレビでやっていました”そうめん南京”も自分らは普通に食べてましたが、、。
つづく。

turuta_s_room at 13:46|この記事のURL

2011年08月18日

2011年 上海カスタムカーショー(CAS)初開催!!

118dde03.jpg2011年、10月5〜7日?にかけて、上海市北西にある上海インターナショナルサーキット南側に上海インタナショナルオートモービルシティが設けられ、丁度幕張メッセのような自動車専用の複合アミューズメントパークがオープンしましたが、そこに中国初開催のオートサロンショー(東京オートサロンショーみたいな)が開かれます。

内容は、規模が大きい為説明しにくいですが、自動車のカスタムカー、ドレスアップカー、チューニングカー、パーツが展示され、一大イベントとなります。

アイコードも参加したいと思いましたが、何せ貧乏所帯、、、。
今後、参加出きる様、努力します、、、。

色々問題はありそうですが、期待大です。
兎に角、中国パワーは、最近すごいスピードで進化し、自動車産業も2010年新車販売台数は、中国が1800万台とかで世界第1位、、。
日本は、北米1150万台に続き、第3位の496万台、、、。

まだ、カスタムとかチューニングには興味が薄いようですが、火が付けば、、、。
モノマネと言われますが、本物を越える日は近いのでは、、。
現場を見てる方は、実感してると思います、、、。

日本からも出店希望がたくさんあるみたいです。
乞うご期待、、、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:06|この記事のURL

2011年08月11日

プリウス チューニング 55

e0544182.jpgアイコードプリウス”白鶴”LSDのお話が続きます。

LSDの構造が、OS技研製とドレクセラの決定的違いは、伝達するクラッチディスクの材質、表面処理、クラッチディスク面のオイル保持など、殆ど違います。

ドレクセラ方式は、過去の構造(TRDを含む国産など)ですが、ロッキングに対する考え方も大きく違います。

OS製は、100%それも瞬時に効く方式ですが、ドレクセラは、ジワっと効きながら、しかもフルロック状態でで少し滑らせてます、、。
これは、滑らせてるのか滑るのか、、。
ドライバビリティが良い感じなのか、、。

ポルシェレース車両説明書に注意書きが、ロック率60%、40%と記入してあります。
これは、カム角度などで無く、ロッキング率、すなわち加速時60%ロック、減速時40%ロックという意味です。
100%ロックしてるのでは無いという意味です。

兎に角、全くLSDに対する考え方が違うのです。
レベル高いドライバーが乗れば、どちらも速く走らせられますが、レベルが低い自分みたいな方は、ドレクセラタイプの方が、乗りやすいのでは、、。

但し、コーナリング中、そしてコーナー終了後のフル加速時など、アクセルの開けかたでタイムロスすることは明白です。

昔は、フルロック(デフが無く、ロッキング)でコーナーでは、大アンダーになる為、スライド走行か、コーナーが終わるまでひたすらアクセル全開を我慢するなど、
単純なアクセルワークしか、出来ませんでしたが、、。

ドライバーフィールを取るか、区間タイムを重視するか、、。
LSDは、奥が深いです。
いくらでも議論が憑きません、、。

絵は、左がZ4用ドレクセラのクラッチディスク(表面に金属溶射、磨耗しない分、
フルロックしにくい)、右がプリウス用クラッチディスク(ラジアル状にオイル溝)、Z4用に比べ直径、幅狭いのは、LSD本体の容量のせい、、。
ISFようでしたら、もっと大きいです(念のために)。

下に見えるのが、TRD製(アイコードエキシージに付いていた物)です。
容量も小さいですが、磨耗しやすく、1年くらいでオーバーホールしてないと、ロック性能が落ちます、、。
説明がヘタクソで理解しにくいところは、ご容赦、、。
機会許せば、いくらでも、、、。
つづく。

turuta_s_room at 13:36|この記事のURL

レクサス LFA スピードリミッターカット

ff52ec76.jpg先日、関東方面からレクサスLFAのお客さま、スピードリミッターカットの作業で来店いただきました。

まだ、納車早々で慣らしがてら、、、。

過去には、レクサスLSなど乗り継いでおられますが、自分達車バカと違い、ポルシェやフェラーリのスポーツカーに興味は有るが、、、、。

そんな方が、LFAを購入された動機をお聞きしました。
レクサス マーケティング担当者になりかわりまして、、。

スポーツカーに一度は乗りたいと思い、選び出したのが最終2台に絞ったそうです。

アストンDBSとLFA,,,.

DBSは、カッコウも良いし、LFAとは相当悩んだそうです(恨めしい限り、、)。

で、最後の決断理由は、お兄さんがおられるのですが、そのお兄さんがBMWM6,ベンツSLと乗り継がれ、どちらも購入2年以内にトラブル、路上で止まったこともあったそうです。

外車は、こんなに簡単に故障するのかと思っていたら、トドメが、友人のお話、、。
アストンを購入したら、1年の半分は工場にお泊りだよ!と、、。
ちょっと大袈裟ですが、自分の友人もオーナーですが、否定は出来ません、、。

ということで、壊れない国産車という単純明快な決断であります。
レベルは違いますが、悩み事は自分と同じです!!!!
つづく。
turuta_s_room at 10:37|この記事のURL

2011年08月09日

プリウス チューニング 54

18f8f5f1.jpgアイコード プリウス30”白鶴”は、一路岡山へ、、、。

OS技研さんに訪問、プリウス30に搭載した試作4ピニオンLSD”スーパーロック”の試乗(OS技研の岡崎会長さんに)してもらい、意見を交換しました。

LSDの性能は、アイドル、クリープ状態(Dレンジでアクセル踏まずに発進、それからゆっくりスタートする為に、少しアクセルを踏むなど)、からの発進、
また、その状態でステアリングを左右にフルロックして、同じような発進、前輪の内輪、外輪差による、LSDロッキング時のパキパキ音が発生どれくらいで出るか、、。

ミッション(A/T)オイルの粘度を変更せず、極圧剤など添加剤でその、音が消せるか、、。

LSDのロッキングは、FFでは、素晴らしく効き、逆にも少しロッキング率を落とす為、カム角度を小さな物に交換も検討、、。

などなど、岡崎会長とまた、激論となり、1日中LSDのお話になりました。
LSDを効かすことと、低速右左の停止から発進時のパキパキ音解消の対策など、、。

丁度、BMW、Z4レース車両のドレクセラ製LSDが入庫され、分解されてました。
この車両は、過去にS耐で連戦連勝の車両です。
内容が良く分かりましたが、これならOS技研製スーパーロック(またはTCD)の
タイプの方が、効きに対して、はるかに優勢であること、、。

耐久性のも、同等であることを確認出来ました。
但し、それがドライバーにとって印象がどうなるかは別ですが、明らかに素早くロッキング(デフが)するので、加速、減速時には瞬時に性能に反映します。
つづく。
turuta_s_room at 16:32|この記事のURL

2011年08月07日

IS−F チューニング 216

bab58b16.jpgアイコード IS−F”銀鶴”は、着々とスーパーチャージャー搭載が進んでおります。

絵は、スーパーチャージャー本体をエンジンに取り付ける為のステーです。

ジュラルミン製で削りだしの優れものです。
つづく。
turuta_s_room at 12:06|この記事のURL

2011年 フジ86スタイルイベント 開催

b8416e36.jpgさる8月6日、フジスピードウェイ、イベント広場(グランドスタンド裏)にて、トヨタAE86のイベントが開催され、行って来ました。

自分の中では、8月6日は、広島の原爆投下の日ですが、、、。

告知が多くされてなかった中、AE86は、80台以上集まりました。
同時開催のAE86だけのドリフト大会が有り、そちらも多いに盛り上がっていました。

チューニングショップさんもチューニング車両を出店され、お友達の”BeeR(ビーレーシング)”の今井社長さんも愛車を展示されていました。

AE86といえば、”土屋圭一さん”もトークショーに参加、多いに盛り上がりました。

目玉は、来年発売予定のFT86(今年のオートサロンショー出店車両)も、会場の一番目立つところに展示、、。
もちろん、トヨタ自動車さんのFT86関係者さんも多数参加されて、、。

トヨタ自動車の開発担当者の方ともお話しました、、。

土屋氏も鋭く解説されてましたが、200万円台の価格で、しかもコストパフォーマンスを出すには、2L、NAでは物足りなく、チューニングショプさんのご協力のもと、ターボチューンなど、過激なアフターパーツに期待、。

FT86は,AE86を超えるか、、、。

しかし、衝突安全など、最近の車両は、ブクブク、まさに自分みたいに慢性肥満体になりつつあり、心配してましたが、このFT86は、なんと1100Kg台の車重を達成したと、、。

それであれば、まだスポーツカーとして認めても良いかと、、。
スポーツ車両部としては、最大限努力をしたと力説されてました、、、。

さあ、FT86、台風の目となるにはどうしたら良いか、、!

手前のAE86は、”土屋圭一氏”の愛車だそうです、、。
つづく。
turuta_s_room at 11:55|この記事のURL

2011年08月04日

ランライオットさん、11周年イベントの開催です。

3ba334a3.jpgアイコード関東地区代理店さんのランライオットさんが、11周年の大イベントを開催されます。

弊社も大協賛致します。
サマーキャンペンーです。
下記内容以外でも、ご相談ください、頑張ります!!

-RunRiot/LEMS事業部 『11周年イベント』のお知らせ-

弊社RunRiot/LEMS事業部は、8月8日に11周年を迎えます。

これも一重に、皆様のおかげと感謝しております。

11周年記念イベントと題して下記日程でイベントを開催いたします。


【11周年イベント開催日時】

☆8月5日(金):11時半〜19時  ISF内装パーツ新商品正式発表! ISF DEMO CAR展示

☆8月6日(土):11時半〜18時  ISF DEMO CAR 展示

☆8月7日(日):11時半〜18時  CT200h DEMO CAR展示カーボン製品発表!/ISF DEMO CAR展示

=イベント期間中 CTオーナー様向けアンケートを実施=
CT用 BBS LM LEMSモデル 製品化に向けてアンケートのご協力をお願い致します。

ご記入頂いたお客様へ”LEMSカーボンプレート”をプレゼント♪

【新商品発表】

・ISF ドアアシストグリップ ブラックカーボン 75.600円 (税込)

・CT用 リジットカラー

★7日 発表商品★

・CT用 車高調キット(SPIRIT) バネレート F6kg R4kr   価格 291,900円 

・CT用 フロントカーボングリルガーニッシュ 

・CT用 スマートタッチ カーボンモデル

============================================================================
8月5日〜7日 キャンペーン対象商品

・ISFアイコードストリートバージョンサスキット、2台分をキャンペーン価格
(当日作業ご依頼の方はお早めにご予約下さい)
8月1日現在 残り1台分となりました!

・ISF  フルコン/リミッターカット キャンペーン価格 

・ISF アイコード チタンマフラー リアピース キャンペーン価格

・ISF アイコード フロント チタンタワーバー キャンペーン価格

・ISF アイコード UFS キャンペーン価格

・ISF アイコード スタビラーザー前後セット キャンペーン価格

・LEMS BBS 限定モデル ISF用サイズ キャンペーン価格

・LEMS HIDキット キャンペーン価格(当日作業ご依頼の方は、お早めにご予約下さい)

・ISF用 USED パーツ ガレージセール! (早い物勝ちです!)
何が出てくるかは、当日のお楽しみに!

尚、詳しいイベント内容につきましては、お電話にてお問い合わせ下さい。

是非、お気軽に遊びにいらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。
◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◆
『RUN RIOT』・『LEMS事業部』
〒254-0031
神奈川県平塚市天沼3-37 1F-A
TEL:0463-38-0250 FAX:0463-38-4413
公式ブログ:http://minkara.carview.co.jp/userid/325606/profile/
HP: http://www.lems.jp
LEMS WEB SHOP: http://lems.ocnk.net/
HP: http://www.runriot.net
◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◆



--------------------------------------------------------------------------------


turuta_s_room at 10:18|この記事のURL

2011年08月03日

ロータス エキシージチューニング 53

ad134407.jpgアイコードエキシージ”黄鶴”は、次回フジタイムアタックに意欲を燃やしています。

ちなみにタイヤ関系を羅列しますと、、、。

純正ホイール&AD08タイヤ 
         F 17Kg, R 21、6Kg

レイズTE37&A050(Sタイヤ)

         F 14,8Kg R17,6kg

合計で10、6Kgのダイエットです。
バネ下重量軽減です。
この車両でこの数値は、レーシングカー並みに変貌です!

ましてや、タイヤサイズ

アドバンAD08  F 205/45−16

         R 225/40−17

そして、

アドバンA050  F 225/45−16

          R 245/40−17

と、サーキット走行なら定番のサイズにアップして、、。

先回のスーパーGT菅生において、GT500クラスのトップは、ミッシェラン勢とダンロップ、ヨコハマと進行勢力がトップを独占、、。

BS勢は、、、、。
もちろん車両も進化してますが、今回サードさんの2位入賞は久しぶりです。
車両は、他のレクサス11年モデル組の新車に対し、10年モデルと、、。
進化してない車両が、、。
如何にタイヤの影響が大きいかを物語っています。
また、脱線、、。
つづく。



turuta_s_room at 16:53|この記事のURL

2011年08月02日

クラウンGRS204系チューニング 46

1f5b033f.jpgアイコードクラウンGRS204”白鶴”は、エンジンを分解しました。

なんと6番ピストンが棚落ちしてました。

ピストンの棚落ちと言うことは、ピストンと1番ピストンリング(トップリング)との間の棚が一部割れるのです。

NAエンジンでも、過度の使用(サーキットの連続走行など)で油温などが上がると
このような破損につながります。

今回、シャシーダイナモ上でなったのか、サーキットで起きたのかまだ、不明ですが
症状としては、マフラーから白煙を吐き出しますので、そんな時は、大体オイル上がりと言って、燃焼室内にオイル(エンジン内部の高音になったオイルのガス状が)が
ピストン&ピストンリングを通過(棚落ちでシール出来ない為)して、一部燃えながら白煙を吐きます。

この様なエンジントラブルは久しぶりですが、起こったことには間違いないので、今後対策していきます。

一番良い対策は、エンジンパワーを落とす、ピストンを鍛造製に交換、極力油温を冷やす(オイルクーラーなどで)、高負荷連続運転を控える、、、。

まずは、も一度純正鋳造ピストンでトライです。

絵は、見えにくいですが、シリンダ奥にピストンクーラーのノズルが見えます。
エンジンとしては、しっかり高負荷対策されてます。
ピストンクーラーとは、ピストンの裏側に注射器のようなノズルからオイルを噴射、ピストンを強制的に冷却します。

昔は、ポルシェなどスポーツカーや、レーシングエンジンにしか装着されませんでしたが、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:36|この記事のURL
Profile
Archives