2011年09月

2011年09月30日

ヘルスケアの新発想”音調装置MK−5”

5683b9e9.jpgツルタ君が、ヘッドフォンを耳に掛けて右に見えるエラそうな方からパソコン画面に
出ているオイラのハートの中を診断し、悪い所を見つけている図です。

”世界最先端技術(ロシアの宇宙飛行士用)と伝承医学の融合による前進の健康チェック。”
超低音波(1Hz〜10Hz)により、全体、遺伝子レベルに至るまで、280箇所を服を着用したまま、ヘッドフォンを装着するだけで、細部にわたってチェックいたします。

簡単にパソコンを通じて、身体のバランス状態を分かり易く見ることが出来ます。
未病の段階で問題点を見つけることが出来ます。

※ この機器は医療機器ではありません。

と、宣伝文句を並べました。
自分は、50歳から定期健診一切、受けてません。
レントゲン嫌い、定期健診信用せず、、。
しかし、これは、本物であればスゴイことで、、。

今、自分は、頭の中もパープリンですが、右肩、右手が腱鞘炎にように痛く、しびれてます(毎朝の窓拭きと草刈が効いたのか、、)。

また、腰は万年腰痛です。

何も言わずに、検査していただきました。
するとパっと首筋、肩、腕の辺にその兆候が出てきました。
これは筋肉、リンパなど影響し、足の指先まで関系してるのだそうです。
腰の件も出てきました。
運動不足、スクワットしてくださいとの事、、。

また、内臓も一部不調で低温も含め、内蔵が活発に動いてないなど、見つけてしまいました。
心臓、脳、目玉、などなど、不思議ですが、、。

本日は、Fポン、GT500ドライバーのH君も来るそうで、、。

すでに日本国内では4年前からこの装置が導入、一部の個人の方やお医者さんが
任意で使用、大変好評だそうです。
また、この装置は、震動から測定するそうで内部を調和、修正する為治癒効果もあるそうです。
不思議な装置、、。
西洋医学を根本から覆すか、、。
日本医学学会などは、承認してないそうです。
現在、一部の医学博士など臨床もしています。

皆さん、藁をもすがる思いの方がた、ダメモトで一度受けられてみては、、。
ストレス性の病気、うつなどにも効果あるそうで、、。

オイラは、そう、まずはオツムの中、調整します。

蛇足ですが、アイコード(愛知県豊田市)でも、人数集まれば、装置を持って来ていただき、デモンストレーションするそうです。
某トヨ○自動車幹部の方々でストレスお持ちの方、スッキリするかも、、。
つづく。

turuta_s_room at 13:47|この記事のURL

レクサス LFA チューニング

cf219bd1.jpg先日、フジスピードウェイにて、LFAの取材有りました。

アイコードのLFAがタイムアタックしました。
サーキット以外では、180kmのスピードリミッターが働き、フル加速では4速入る前にリミッターが、、。

しかし、サーキットでは手動で切れます、、。

今回の取材は、ゲンロ○誌です。
比較車両は、言わずと知れたR35、GTR2011年モデル、、。

結果は、、。
10月26日発売12月号をお楽しみに、、。

ま、巷の皆さんには、結果は予想つくでしょうが、LFAが意外と検討しました。
これでタイヤがもっとハイグリップであれば、、、。
リヤタイヤは、パワーを駆けるとコーナーではトラクションが、、。
カレラGTのフィーリングというか、サーキット仕様ではないからと、メーカーさんはおっしゃるでしょうが、、。
ピットイン(連続3ラップ、気温25度)でも表面タイヤ温度はちんちんで、純正空気圧でスタート(2,3)が、、、。
発熱量多いです、、。

GTRに比べ、車重が大幅に軽いのでトップスピードはGTRと、。
第1コーナーブレーキングのポイントは、50m以上GTRに比べ奥です、、。
それから、、、。オトットット、続きはご本をご購入していただいて、、。
この車両は、今後ニュルスペックが出る予定ですが、フジスペックは、、。
アイコードでは、ポルシェ997GT2RSの出した1分51秒台を切りたいと思っております、、。
また、ツルタの妄想が始まりました、、。
つづく。
turuta_s_room at 12:20|この記事のURL

2011年09月28日

クラウンGRS204 チューニング 50

fadf57bd.jpgリヤ廻りです。
つづく。
turuta_s_room at 12:26|この記事のURL

クラウンGRS204系チューニング 49

fc906e5f.jpgアイコードクラウンGRS204”白鶴”は、現在クレイモデルの製作中であります。

デザイン画に基づき、粘度モデルで製作、実際の形状を目にしながら、あーでもない、こーでもないと喧々諤々、、。

デザイナーさんのご意見を聞きながら、実際のラインを実績の基づいて修正していきます。
これが、結構大変で、素人の自分には細かいところの形状の突合せが、、、。

ということでアイコードクラウンは、変化中です。
つづく。
turuta_s_room at 12:23|この記事のURL

クラウンGRS204系チューニング 48

cd19ba41.jpgアイコードクラウンGRS204系”白鶴”のECUフルコンチューニングの
パワーチェクデータです。

依然に報告したつもりでしたが、オーナーの方がたからの問い合わせに対し、
報告致します。

ノーマル状態でリミッターカットしただけの状態で、299PS.
弊社マフラー装着時、322PSでした。

よく見ていただくとノーマル時の気温8度に対し、ECUチューニング時は、
気温40度と条件がかなり違いますが、補正係数にて修正してありますので、
大体こんな物かと、、。
ちょっとパワー出すぎです!
つづく。
turuta_s_room at 12:05|この記事のURL

IS−Fチューニング 221

97a88c95.jpgアイコードIS−F”銀鶴”は、久々に外出しました。
現在、インタークーラーの作り直しで、コアを新設してますので作業中断です。
とある製品を使用しましたら圧力損失が大きく、ブースト圧が低下しましたので、、。

このように新設計の開発は、一つ一つ問題を解決しながらの山登りであります。
これにくじけたり、手を抜きますと、、、。

ということで、久々に公道に出て、ある雑誌の取材です。
取材中に先日のフジスピードウェイにての”クラブF”に参加されてましたIS−Fオーナーとお会いしました。

IS−Fスーパーチャージャーをお見せしました。
つづく。
turuta_s_room at 11:57|この記事のURL

2011年09月27日

雨のフジ、クラブFに行ってきました! 2

ca46f5a3.jpg午後2時より本コースでIS−F軍団が隊列作って走行、、。

雨のフジは、やはりツルツルで方々でVSCやTRCを効かせながら、コーナーを
フラフラしながらの走行です。

走行された皆さんにいけんでは、VSCが介入するとコントロールしにくい為、
全てオフにしてテールスライドしながらの走行の方がドライブしやすそうです、、。

しかし、素人の方々には、電子デバイスを全てオンでまずは慣熟走行、、。

LSDが入ってる方は、少しずつLSDの効果を試しながらの走行で、、。

フジはコース幅が広く、エスケープゾーンも広い為、少しくらいの無茶振りも
貴重な経験になります。
しかし、限界は低いのでそれなりの根性、慎重さが大切です、、。

ピット内では、この度新発売されたTRDオプションのマフラー、LSD,ブレーキパッド、サスKIT,スタビなどのGTパーツの展示もありました。

CCSやオレンジのCCS−Rも、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:15|この記事のURL

2011年09月26日

雨のフジ、クラブFに行ってきました!

7ef99c02.jpg9月26日、雨のフジスピードウェイ開催のクラブF(レクサスIS−Fのみ)の
走行会(スクール)に行って来ました。

生憎の雨ですが、考えようによっては雨走行の勉強になります。

ジムカーナー場での肩慣らしから、本コースでのカルガモ走行から、本気モードで、、。

昨日のFポンで総合2位になった石浦選手と佐藤久美選手の同乗走行、、。

例のオレンジIS−F CCS−Rにも同乗走行が、、。

皆さん常連も含め、新顔さんも参加の盛り上がった会でした、、。
つづく。
turuta_s_room at 19:43|この記事のURL

2011年09月24日

2011年 秋の始まり、、。

75082366.jpgアイコードの北側にある裏山のドングリの木が実を落とし始めました。
地上15m以上から大きいのになると2,5cm大のドングリを北側工場の屋根に、、。

コーン、コーンと知らない人がいたらビックリするような大きな音で、、。
ドングリの木々は、50本以上有り、皆、不作と言うことを知らないのか、たわわに実を付けます、コノヤロ、、!
これが今頃、毎日数秒置きに、、、。
何百個、いや何千個か、、、?

これがレモンなら、、。

自然の力は素晴らしい!
木の実(ドングリ)で何か出来ないかと今日、お暇なので真剣に考えてます、、。

まずは、絵文字ならぬ、木の実文字を、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:43|この記事のURL

レクサス LS/SZ マイナーチェンジモデル用ECUチューニング

e400159e.jpg2012年モデル レクサスLS/SZ用ECUのチューニングが完成しました。

レクサスは、毎年イヤーモデルといって10月にマイナーチェンジします。
その為、ECU本体に書き込むアイコード製ECUチューニングのモジュールでは、
車両のマイナーチェンジ毎に、ECUを解析、新たに作り直してます。

IS−Fなども同様です。

今回、少し内容が大きく変わりました。
その内容とは、最近の北米などの裁判沙汰になっているアクセルとブレーキを同時に踏んだところ、加速して事故を起こしたなど、無茶な事例の為に改良されました。

そう、アクセルとブレーキを同時に踏んだら、ブレーキが優先され加速しないよう
プログラムされ直しました。

サーキット走行時のテクニックですが、自分も意識して左足ブレーキングを
タイムも上がらないくせに多用します。
フジの100Rなど、アクセルちょっと戻しで、左足ブレーキ、、。
旨くライン取り出来ますです、、。
そんな時には、今後不便になります。
電子ストットルは、こんな時かってにスロットルを閉じます、、。
今時のTRC,VSCは、オフのスイッチが付いている高級車両でも、自分の意思に
反して勝手にやってくれます。
そのうち運転自体、全てコンピューターに征服(言い方がひがんでる)されるんですね、、。

ということで、アイコードのレクサスLS/SZ用ECUチューニングは、快調に
走行出来ます。

あとは、昨日も起きましたアクセルとブレーキをお間違えになる方々に対する対策を開発すれば、特許でも取れるか、、?
つづく。

turuta_s_room at 14:17|この記事のURL

2011年09月23日

1999年式 ポルシェ996カレラ2 6M/T

be354761.jpgポルシェ996カレラ2 6M/T車両販売致します。
色は、ブルメタ。サンルーフ付き。
フロントバンパー GT3ルック。
内装は、タン。
オールレザーインテリア仕様。
スポーツシャシー。
18インチブロンバッハ&8部タイヤ。
HIDヘッド。
ディラー車。
無事故車。
車検 2012年9月。
詳しくは、御問い合わせください。
価格は、300万円を切ります。 特価にて、、。
程度は、抜群です。

即乗りで整備入らず、ポルシェ入門の方にも、、。
走行キロ数は、90,000Kmです。
つづく。
turuta_s_room at 17:21|この記事のURL

2011年09月22日

2011年 台風15号到来!!

ac6141c7.jpg最近、台風が暴れまくっています。

昨日、昨晩と豊田市の東側を台風通過、浜松を直撃、、。
豊田市北東の足助、松平、の巴川が氾濫しました。
名古屋も天白川と庄内川という西側と東側の川が、、。
2000年の東海豪雨を思い出されます。

東京都内での交通網遮断による家に帰れない皆さん、、。
東名高速など、部分的な通行止めによる、国道の大渋滞、、。
21世紀の先進国ジパング、後進国から東洋の神秘のシャングリラなどと羨望の眼差しで見られてる我が国は、水害による川の氾濫、土砂災害とまだまだ、自然の驚異から身を守ることが出来てない先進国、日本であります。

津波の力はイヤという程見せ付けられましたが、それと同等の力が水にもあるということでしょう。
それに風の力、友人の社屋も看板が飛んだり、トラックのホロが飛んだりと、、。

友人の一人は、昨日PM2;00に東京出発、足柄サービスエリアで足止め、、。
サービスエリア内のガラス張りの建てやから外を皆さん見てたそうですが、コーンなどが横っ飛びに飛ばされて、、。

アイコードは、北、東側のL字部分が大きな木々で囲まれ、東側の道路からの風がさえぎられますので、強い風が巻き込みません。

但し、裏山のドングリの木々は皆、15m以上の大木でして、その若葉や枝が工場いっぱに落ちてきます。
今朝は、その大掃除で、、。
このくらいの事で済んで幸いでした。

被害に遭われた皆さんにお悔やみ申し上げます。
つづく。
turuta_s_room at 11:17|この記事のURL

2011年09月20日

レクサス LS/SZ チューニング

1a6be23b.jpgレクサス LS/SZのECUフルコンチューニングをしていただきました。

そして、この車両の欠点は1日で、フロントホイールがブレーキダストで
真っ黒になるほど、汚れてしまうことです。

アイコードでは、材質を純正がセミメタル材からノンアスベスト材に変更して、1週間走行しても殆ど、ホイールが汚れない摩材でブレーキパットを製作しました。
殆どのLS/SZのオーナーが悩まれている事案でして、喜ばれております。
勿論、性能はそのままで、、。
但し、サーキット走行や200Km以上からの過激なブレーキングを3回以上続けますとメタル材に比べ、フェード(摩財が焼けて制動しにくくなる)しやすkなりますが、、。
お客様には、そのことを理解されて購入していただいてます。
これサーキット走行、高速でのバトルをする方は、飯田○氏くらいしかいないでしょうが、、。

それから絵は、トムスさんのステンレス製EXマフラーを購入していただきました。
アイコードのそれは、チタンで製作した物(オーダーメイドの)が用意してありますが、車検対応にする為には、かなりの出費が入る為、申請を断念してます。

この車両は、2012年モデルの新車です。
アイコードのECUチューニングは、モジュールタイプでECUに上書きするタイプです。
ECU内部が1年ごとに変わるイヤーモデルのレクサス車両には、毎年この時期にマイナーチェンジしますので、ECUを預かり解析してからのチューニングになります。

こうやってECUチューニングは、日夜改造に明け暮れてます。
つづく。
turuta_s_room at 10:55|この記事のURL

2011年09月19日

レクサス LFA スピードリミッターを、、!

e7f30eee.jpg紀伊半島からのお越しいただきました白のレクサスLFA,,.

スピードリミッターを、、、。

先日、ニュル北コースにて飯田章選手(開発ドライバー)アタックにて7分14秒台を出して、一躍話題を提供しました。
車両はニュルスペックとか、、。
タイヤもSタイヤでなく、ラジアルタイヤ(070がどんなタイヤか?)で、、、。

やればやるじゃん!と、思っていましたら、まだ正確な情報ではありませんが、
北米の方がたに火が付きました。

ダッチ、ヴァイパーが7分12秒台とか、、。

ニュル北コースは熱いです、、!

ニッサンGTR,ポルシェ、フェラーリ、ランボ、アストン、、世界のスーパーカーが北コースニュルNO,1を目指して、、。
兎に角、LFAがニュル最速タイムのトップに仲間入りしたことは、嬉しいことです。
ポルシェGT2RSは、一応ですがSタイヤ相当なのですから、タイヤがこれからのタイムアップに大きく貢献してることは明白、、。
7分10秒台も今年中に到達するのか、、。

ここで話は、変わって先日ネバダ州リノのエアレースでムスタング改造機の事故、そして続いて同じく、第2次大戦中の練習機テキサンの事故と、無残な事故が
続いてますが、非常に残念!
ここは、前から行きたかった場所ですが、、。
これ以上、事故が引きずらないことを願います!
つづく
turuta_s_room at 14:21|この記事のURL

2011年09月18日

ポルシェ 997ターボ Tip 2

d331cc80.jpg引き続きポルシェ997ターボTipのお話。

絵は、フロントサスペンション頭部にストラットタワーバー(カーボンシャフト)を取り付けたところです。

このパーツは、アイコード製で29800円(税別)と対費用効果のある商品です。
取り付け、走り出してすぐにステアリングのレスポンスが良くなった事に気が付きます。

地味な商品ですが、レースカーでは当たり前のパーツで、、。

最近は、リジッドカラーなるサスペンションメンバーとモノクックボディを固定するボルト穴にカラーとして組み付け、剛性感が体感出来る商品が出回りましたが、、。

素人さまでま、簡単に取り付けれるのがDIY商品としても好評です。
つづく。
turuta_s_room at 16:51|この記事のURL

ポルシェ997 ターボ Tip

d57738ff.jpgポルシェ997ターボTipが入庫しました。
997ターボは、初期物が480PS,VGT(バリアブル ジオメトリ タービン)と新機軸でデビュー、、。
今回、大容量ターボ改象、ECUチューニング、タコ足交換で600PSに、。

試乗した感じは、2000RPM付近、アクセルを踏んだらターボの1段目の加速が始まり、4000RPM付近からまた、一段と加速する全域加速エンジンです。

でもって、モデルチェンジしてからは、500PSとスーパーカーの500馬力の大台に乗りました。
そして、ターボSが発表となり、530PS,,.
どこまでエスカレートするのか、、。

997GT2RSが610PSと600馬力の大台に乗りましたので、、、。
来年以降991ポルシェが発表、、。
もう、ポルシェオーナーも、毎年変わるイヤーモデルに嫌気が差しながらも、シブシブ買い変えてまして、997ターボSなんざ、円高なのに2200万円、、。

最近の997ターボ初期物は、当初台数出てませんので中古車は、、。
しかし、価格は1000万円を切ってきてるようですが、まだお高いです。
997GT3と997ターボのどちらかを購入しようと迷ってるお方から
御問い合わせが良くありますが、自分は迷わず”ターボ!”と言っています。

GT3も依然、人気ありますがターボの王者の品格、風格はポルシェを知ってる自分は、ターボ車が信号待ちで横に止まると、知らずに意識、緊張します。
と言うことで、ターボバンザイ!のツルタであります。
つづく。



turuta_s_room at 16:40|この記事のURL

2011年09月17日

レモン部長、襲われる!

b53b237a.jpg9月入っても、台風など来ても、一向に気温は下がりません、豊田市も、、。
本日も、30度以上、、。
室内のクーラー効いた部屋から外に出て、作業などしようものならドっと汗が出て、、。

汗びっしょり、、、。
午後からの替え着(ポロシャツ)も毎日必要です。

窓の外を見るとクロアゲハのチョっと変わった奴がレモンの若葉に直径1mmの黄色い卵を産み付けてるのをみつけました。

大きく羽を広げれば20cmくらいありそうな、、。
羽の下の方に白い斑点が、、。

もうすぐ10月というのに、まだ子供を育てたいのか、、。
種族反映の鏡であります。

レモン部長、今年は多くの蝶立ちの子供を育てました、ご苦労様です。
今年は、若葉など、上の方は千切れ放題です、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:22|この記事のURL

2011年09月16日

ポルシェ993カレラ2 Tip メンテナンス

45b5f27a.jpgポルシェ993カレラ2 Tipが入庫しました。

ティプトロニック、言い換えるとポルシェ式オートマティックトランスミッション車両です。

964時代からのオートマ車で、ご婦人方にも気軽に運転出来るということで、
販売拡大が期待された機能です。

国産車両などは、10万キロ以上走行しても、オートマティックミッションオイルなど、交換する指定はありませんですが、これは大体5万キロ走行毎にミッションオイルを交換指定です。

それと同時にオイルフィルターなども交換、、。

ミッションオイルは、指定ですが通常のATFオイルで充分です。

中には、10万キロくらい、そのまま走行されてる車両もありますが、、。
ダメになる症状としては、変速しなくなる、シフトアップに違和感あるなどですが、
全体的には、頑丈で、壊れてオーバーホールしたなど、あまり聞いたことありません。
オイル管理さえ、しっかりやっていればOKです。
Tip車両は、当初カレラカップシリーズにポルシェワークスがデモンストレーションも兼ねて、その当事のトップドライバーで出場してました。
さすがに、トップを奪うことは無かったですがそれなりの宣伝にはなったと思います。
A/T車両でサーキット走行出来るという触れ込みは、当事のお父さんが奥様にも簡単に運転出来るからと、購入動機に一役買いました。

結局は、お父さんの独占になるのですが、そうしてその加速性能に飽きたお父さん、やはりマニュアルが欲しいと車両を買い換えます。
ポルシェ社の思う壺であります、、と、思うのは自分だけでは、、。
つづく。

turuta_s_room at 14:16|この記事のURL

2011年09月15日

クラウンGRSチューニング 47

99632874.jpgアイコードクラウンGRS204”白鶴”は、エンジン組付けに入ります。
車両の方は、エアロパーツ製作の為、クレイモデル製作に、、。

エンジンブロックは、最近アルミ化が主流です。
軽量化と性能アップ、、。

しかし、最近の省エネ路線の為、燃費最優先、コストダウンはもっと最優先、、。
V6、3500cc、ハイメカツインカム、カムシャフトチェーン駆動、
ピストンクーラー、ピストン形状はレースタイプ、直接燃料噴射&ポート噴射。
ローラーロッカーアーム、メカニカルパット(シム調整式)、可変バルタイ、
その他たくさんの新機軸、、。

もう、てんこ盛りのエンジン。
20年前でしたら、まさしくレーシングエンジンです。
ハイカムを組み込めば、リッター100馬力の350PSは、楽々と超えるでしょう。

そのエンジンが、壊れました。原因は不明ですが、片バンクの3気筒全部一変に
ピストン棚落ち、、。

原因の一つに純正触媒でセッティングしてましたが、それが溶けてシリンダ室にアイドリング時などに逆流したとか、、。

さあ、目の前の山は険しく高いです、、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:19|この記事のURL

2011年09月13日

ニッサン リーフに乗りました!

0203f0d2.jpg先日、縁ありましてニッサン リーフに乗りました。

愛知県豊田市では、まだ1台も見たことありません。
東名高速では、パーキングに充電システムが設置してあるそうですが、、。

プリウスと比べても加速は悪くありませんが、ガバーとアクセル全開など回数多く走行しますと、パワーメーター(バッテリー残表示)は、早く減っていきます。

オーナーに聞くと、やはり100Km以上の遠出は途中の電気スタンドを確認していくそうですが、、。

自分も20Kmくらい乗りましたが、オーナーの次の充電のことを考え、エアコン、テレビなど、電気食いそうな物をオフにして走りました。
また、信号だいぶ手前からアクセルオフして電気の充電(回生)を、、。

何だか、色々気を使いながら走行しました。
まだまだ、電気自動車に慣れてないのでしょうが、瞬間充電システムでもない限り、
遠出(豊田東京間など)で、尚且つ急いでる時は、、。

プリウスの場合、自分は、豊田、東京間340Kmをぶっ飛ばしてリッター15kmくらいで走行しますが、リーフでやったら、、、。
まだまだ、自分には無理であります。

やはりエンジンが付いてないと不安です。
マイナス意見でありましたが、これからの時代はやはり電気が主流に、、!
つづく。

turuta_s_room at 14:10|この記事のURL

LSDの中身

957d5805.jpg最近、LSD(リミテッドスリップデフ)についてのお節介説明が続きます。

これはお節介にもLSDのついて、皆さんに少しでも多く知っていただき、長所、短所を知って欲しいからです、、。
そう、営業であります。

それもスポーツ走行するのでなく、日常に重要であることを、、。

絵は、左側が従来のセンターコアの部分が大きく、クラッチディスク(右と左のドライブシャフトをロッキングする為)が枚数も片側4枚と右のOS製スーパーロックタイプの6枚、全体で8枚、12枚と4枚も多く、またクラッチディスクの径も
全体のLSDの幅を比べてもらえれば、、、。

同じ、機種ようですが、こうまで全体の大きさも違いますし、耐久性も大幅に良くなります。

左の従来タイプなどは、通常走行でも4万キロも走れば、オーバーホールが必要ですが、OS技研製のこれは10万キロでも走行可能です。

また、特許の低速時にはロッキング率が低い為、例のパキパキ音が殆ど出ません。
現在、アイコードプリウスに装着してるLSDは、レースにも使用可能なロックの
きついタイプをテストしてますが、今、もっと一般走行用のロングライフタイプも
これからテストします。

これからの雪道、アイスバーン、雨の高速道、もちろん通常の走行でもシャキとした走りをしてくれます。

数人の仲間、お客様に試乗していただきましたが、殆どの方が現行でいいんじゃない!と賛辞をいただきました。
今後が楽しみです。
つづく。
turuta_s_room at 13:43|この記事のURL

2011年09月12日

2011年 スーパーGT R6 インフジスピードウェイ 8

5aaca162.jpg長らくツルタのスーパーGT人物紹介にお付き合いいただき、感謝!

かわいいおねちゃん、いっぱいおられましたがここでは紹介しません。
三栄書房のギャルパラダイスや他のブログさんでご賞味ください!!?

グランドスタンド裏のヨコハマタイヤブースさんとTRDブースさんにご挨拶に
いきましたら、その広場で見つけました。

レクサスブースを、、。

我らが矢口氏デザインのIS−F CCSが展示してありました、それもイメージカラーの青を纏って、、。

横には、IS,CT200H、そして御大将のLFAも、、。
結構、皆さん見ておられました。

未だにIS−Fを見たことの無い方がお見えになることを知ってるツルタは、IS−F布教活動を細々としております。

そう言えば、最近飯田章氏がニュル北コースですごいタイムをたたき出されたそうでs、、。

なんでも997GT2を上回る、、。
日本ガンバレ! がんばれ日本であります。
つづく。
turuta_s_room at 16:07|この記事のURL

2011年 スーパーGT R6 インスピードウェイ 7

a2ad4744.jpgサードティームの石浦氏と井口氏、、。

石浦氏は、現役Fポンドライバーで頭脳明晰、スポンサーさんに対してもスマートな対応で、非の打ち所無し!

井口氏は、まだあどけない顔立ちですが、苦労人!!
過去にはFポンもドライブ、TDPの将来有望なドライバーです。
あとはメデカルエステで廃毒、、、。
精神集中力を平手氏のごとく、、!

と、褒め殺しではありませんが、まだまだGT500で1年目、それも予選トップを狙えるマシンでの、参戦!
荷が重いですが、羨ましい経験を積んでおります。

加藤オーナーも、今回のような悪夢は、すでに何度となく経験、!
試練が続いています。

レースはやればやるほど、想像もつかないドラマが次から次へと、、。
レースオーナーにならなくて良かった!!!!
つづく。

turuta_s_room at 15:52|この記事のURL

2011年 スーパーGTR6 インフジスピードウェイ6

c6b07f45.jpgランボの余郷敦氏と織戸学氏、、、。

織戸氏は、ポルシェ993GT2レーシングでルマンに参戦するところまでいって、
北米、ジョージア州アトランタのドイツ人ティームと合流、ロードアトランタサーキットで練習までしたのに、、。

余郷氏とは、2001年ニュルブルクリンク24Hレースで参戦、ご一緒させていただきました。

両名、ベテランの領域に入りましたが、谷口氏も含め、40代のおじさん軍団は、
スーパーGTを盛り上げてますデス、ハイ!
つづく。
turuta_s_room at 15:39|この記事のURL

2011年 スーパーGT R6インフジスピードウェイ 5

75d52aa9.jpgもう一人スーパーGTドライバー,嵯峨宏紀氏は今回のフジのタイム、1分45秒台とGT300トップから2秒遅れのビリから5番目、、。

同僚の国本雄資氏はブービー、、。

外国勢に差をつけられ成す術がありません。
救済処置がも少し、緩和してもらわないと、、。

グチを言ってもしょうがない状態であります。

GT300クラスでなくGT250クラスにしますか、、、!

同じエンジンのIS350は、調子良いのでエンジンパワーだけの問題ではないのか、。
どちらにしてもトヨタファンとしては、踏んだり蹴ったり、、!

これでは、見に行く気も、応援する気も起こりませんわ!
つづく。
turuta_s_room at 15:31|この記事のURL

2011年 スーパーGT R6インフジスピードウェイ 4

dc29cb5e.jpgそしてベテラン松田秀士氏は、再び千葉オーナー率いるタイサンポルシェ996GT3RSRでの参戦、、!

予選は、ハンディー無しで何と2位をゲット!
久々の上位進出です。

レースはスタートでBMW Z4と熱いバトル!!!
久々に松田氏の切れた走りがと、期待しましたが、理由は分かりませんが2周目か、、、?
突然のスピードダウン、、!
タイヤでも接戦時ヒットしたか、無念のピットイン!
しかし、後半追い上げ最下位から15位まで挽回しました。

悔やまれるアクシデント、千葉オーナーも諦めきらない、、、。
サードの加藤オーナーと千葉氏は、グループC以前からの旧友、、。
老舗のティームが残念無念、しかしこれがレースであります。

最近のクールスーツ、効きそうですが10分も経過したら、、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:14|この記事のURL

2011年 スーパーGTR6インフジスピードウェイ 3

1a9d27ff.jpgアイコードも応援してるゼントポルシェGT3 RSRは、予選でも4位と絶好調!
ライバルの景山正美氏のハンコックポルシェGT3Rは、98Kgのウエイトハンディでしたが、レースがスタートすると都筑晶祐氏スタートのGT3 43Kgを
追廻、抜いてしまいました。

腕の差が、、。

しかし、土屋武士氏に交代してからは、怒涛の追い上げ、、!
チェッカーを5位まで追い上げました、3位まで2秒差でした。
ポルシェ勢ではトップ!
都筑氏は、アマチュアドライバー、大健闘であります!
つづく。
turuta_s_room at 15:04|この記事のURL

2011年 9月11日 スーパーGT R6インフジスピードウェイ 2

0dc3aeaa.jpg昨年のスーパーGTフジは、台風の為、中止なったのは、、。

最近の自然の猛威は、あらゆる日本を揺るがしてます。

今回、R6のフジスーパーGTも、日曜日にもかかわらず入場者数は激減、、。
トヨタ自動車、ニッサン自動車、ホンダさんなどカーメーカーさんは、電力節電の為、木金休みとなった為、日曜日は出勤、、。

その影響も少なくないでしょう。
スーパーGTレース開催日が、寂しいもんです。
はやく正常の休日日に戻って欲しいと節に望みます。

また、来年以降のスーパーGTの内容もまだ、正式決定されてないようで、、。
今回、久しぶりにレース観戦をグランドスタンド側でも見ましたが、最近のGT500は混戦模様はF1の下位のグループのような大接戦でした。

またGT300は、片山右京ティーム監督、谷口選手、そしてZ4と最強、、。
自分の友人である(元964オーナーで)スタディの鈴木社長も毎回、一員として参加されてます。

今回、最初からぶっちぎり、90Kgのウエイトハンディー、何処に隠したの、、?
何て疑うくらい速いのなんの、、。
ポールトウウインでクラス優勝。王者の貫禄、、、。

一方、シリーズチャンピヨンを争っている田中哲也、平中克幸氏のドライブするフェラーリ458イタリアは100Kgのハンディ、、。
もう、市販のフェラーリをドライブしてるみたいと、田中氏、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:54|この記事のURL

2011年9月11日 スーパーGTインフジスピードウェイ

9b5c6c0d.jpg2011年9月11日、スーパーGTラウンド6がフジスピードウェイで開催されました。

今年は縁あってスーパーGTには、何度がお邪魔してます。
幾つか今後の打ち合わせも有り、先方にお邪魔するならサーキットの方が近いとか、、。

今回も大きなドラマがありました。
もうすでにご存知の方もいらっしゃるでしょうが、大きなお世話ですが簡単にツルタジャーナリストが個人的意見も入れてご説明させていたします。

GT500グループは、予選でレクサスの地元の意地を見せ、上位を独占、、。
今年は、ミッシェランを得たサードティームは、昨年までのくすぶりが嘘のような、、。
水を得た魚のように快進撃(予選のみ、、)で、ポールポジション。

スタートは、石浦選手が受け持ち、2番手のゼントSCの平手(昨年のサード、)とは、交代するまで0,5秒程度の白熱したデッドヒート、、。
その平手晃平氏は、自分も受けてます御殿場のメデカルエステを、、。
彼の精神力の維持もこれで、、。
井口氏にもメデカルエステを、。

話を元に戻して、、。
3番手以外を突き放す勢い、、。
ニッサン、ホンダ勢は蚊帳の外って感じ、、。

しかし、両車ドライバー交代した2番手のドライバーがサード井口、ゼントは立川(敬称略)の新人、百戦錬磨同士ではどこかで、、、。

そうして51周目(55周レース)黄旗に井口は反応、アクセルを抜いたと思いきや、立川はチャンスとばかり、4秒のデスタンスを一気に1秒まで詰める!

53周目には、トップは入れ替わりました。
2位になった井口サード車は、GT300フェラーリに追突されスピン、、。
ゼントSC430は、1年数ヶ月ぶりの総合優勝をもぎとりました。

蛇に睨まれたカエルなのか、、。
スピンした井口を攻めるのはかわいそうですが、これが勝負の世界、、!
きっと一生忘れられないレースとして記憶に残るでしょう。

立川も過去にこの様な苦い思いではあったはずです。

ということで、気が付くと2位以下、レクサス勢は何処へ行ったの、、。
ニッサン、ホンダ勢の強かさが強調サレタレースでした。
つづく。
turuta_s_room at 14:14|この記事のURL

愛知トヨタ9月決算セールに行って来ました。

c1cc4f79.jpg2011年9月8〜11日の愛知トヨタ決算セールの応援に行って来ました。

以前3月にも参加させていただきました。
この時は、直前にあの東日本大震災のあった直後でしたので、お客様の出足が悪かったようです。

今回は、それを見越しトヨタ自動車さんの休日が木金に変更されたことを考え、
木曜日から開催されました。
多くの自動車パーツメーカーさんも参加、、。
クラウンのスーパーチャージャー搭載のモデリスタバージョンや、ジャオスさんの
FJクルザーなどアイコードのIS−F”銀鶴スーパーチャージャー”も含め、
7台が勢揃い、、。

生憎、今回もお客様の出足が悪く、予想を下回る来客でしたが、逆に一人ひとりのお客さまとお話しする時間も有り、ご来店されたお客さんにとっては、試乗も出来、
説明もじっくり聞けて良かったようです。

アイコードIS−F”銀鶴”は、S/Cのセッティングもまだ出てない試作車でしたので試乗は不可でしたが、数人のお客様から”これはいくらだ!”なんて単刀直入の
ご意見も有り、嬉しかったです。
本来は、アイコードクラウン”白鶴スーパーチャージャー”が展示される予定でしたが、、、。

自分も、IS−Fの予想外の手応えに驚きました。
IS−Fオーナーのアイコードのお客様も応援にきていただきました。
ありがとうございました。

最近中古で購入されたお客様もご来店、フルコンをご注文で、、。

次回は、12月の予定か、、。
乞うご期待です。
つづく。
turuta_s_room at 12:37|この記事のURL
Profile
Archives