2012年02月

2012年02月28日

IS−F スーパーチャージャーチューニング 230

313c3a8b.jpgアイコードIS−F
”銀鶴”のスーパー
チャージャーの
開発過程を説明します。

発売予定が大幅に遅れ
て下ります。

テストの繰り返しで、
耐久性など、一番
重要な部分の開発、
決定をしてますので、
慎重になっております。

図は、インタークーラー系の
パイピングです。

この一部分もパイプ径を変更、加速性向上を図っています。
つづく。
turuta_s_room at 13:14|この記事のURL

IS−F スーパーチャージャーチューニング 229

4e64953f.jpgアイコードIS−F
”銀鶴”は、未だ
スーパーチャージャーの
最終仕様の設計変更に
合わせ、改良中です。

絵は、スーパーチャージャー
のベルト指示のプーリーを
1ヶ増やし、前回の突然の
ベルト切れがベルトの
振れであろうと判断し、
アイドラプーリを1ヶ増やし、
ベルトの横揺れを防ぐ
対策します。

また、スーパー本体のプーリーとそれを駆動するエンジン側の
プーリー径を両方大きくして、よりベルトの掛かりを長くし
急激な加速に対応するよう、これも改良してます。

ご予約頂いてるお客様には、ご心配、ご迷惑をお掛けしますが
これもより良い商品の改良をお思いになり、しばらくお待ちください。
予定では、4月下旬ころかと、、。
絵を参照願います。下側が対策図です。
つづく。
turuta_s_room at 13:03|この記事のURL

2012年02月27日

ポルシェ964RS 修理 2

247920b4.jpg事故車両は、敬遠されます。
それはそうです。
どんな直し方したか、
分かりませんので、、。

しかし、自分たちの
仲間内では、ここで
直せば、完璧に直るので
事故車でも友達同士で
売り買いします。

もちろん、無事故車より
多少価格は落ちますが、
内容が分かっているので
サーキットなど走行する方々は、安心して、、。

もちろん事故してない方が良いに決まってますが、RS車両で
事故してない車両は少ないし、お高いです。
ここは、百歩ゆずって事故車両で、完璧に治してから
走行した方が。気持ちも気楽です、、なんて、、!
つづく。
turuta_s_room at 13:18|この記事のURL

ポルシェ964RS 修理

c4f7074e.jpg先日購入しました
シルバー964RSは、
先方のお話では、ちょっと
右フロントをヒットしたと、、。

購入当初から板金覚悟でした。

それで、弊社が20年来
請け負っていただいてる、
ポルシェ専門の板金屋さんに
入庫、、。

そしたら、出てくる出てくる、!
結局、エンジン、ミッション、
サスペンションの全てを外して
フレーム修正と相成りました。

ま、大体が新車時からサーキットなど
激しく横Gの掛かる走行された車両は
多少のゆがみは出てきます。

レーシングカーのモノコックは、2年も使用すると
新品交換しないとタイムが向上しないなど、、。

ということで、徹底的に修正します。
手抜きの板金作業は、パーツをばらして裸にすると
よく分かります。
特性冶具に乗せると、固定する箇所のボルト穴が合いません。
具体的には、修正する箇所を引っ張ったりして所定の冶具穴に
入るよう加工します。

これらは、適当に板金した場合、アライメント調整で多少は
誤魔化せますが、やはりステアリング操作に微妙に影響し、
乗り味が素直でなくなり、運転の旨い方が乗っても
”なんか変だな!”と、切れ味悪い操作性となります。

お金は掛かりますが、事故で変形した車両を完璧に直すのは
それなりの道具と熟練の板金屋さんが必要です。
つづく。
turuta_s_room at 12:54|この記事のURL

2012年02月26日

2012年 東京ディズニーランド訪問 4

b102290d.jpgTDLの続きです。
今回は、日にち的にも
空いてる時期を狙って
行きましたので、
入場者数は、4万人
以下とか、、。

それでも、人気
アトラクションは、
長蛇の列、、、。

で、殆ど乗った記憶の無い
蒸気船マークトェイン号に乗りました、、、。
なかなか宜しかったです。
乗船して気づきました、カヌー乗りとトムソーヤいかだが見えました。

ジャングルクルーズの大型みたいな、、。
遊覧途中に池の中に鴨がいっぱい居ました。
もう、慣れたもんで船のへさきを横断したり、シッポをフリフリ
付いて来ます。
エサをもらう為に、、。

この鴨達は、昨年の震災時、閉園だった約1ヶ月池で過ごしてましたが、
エサ(お客さんのポプコーンなど)が少ない為、やせ細り
縄張り争いしてたそうです。
彼らも被害者であります、震災の、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:42|この記事のURL

ポルシェ993ターボ ECUセッティング

a9c86b3e.jpgポルシェ993ターボ
のECUをセッティング中です。
排気系に02センサーを
取り付けて、燃料などの
空燃比を測定、燃料、点火時期
などを調整します。
自走などでの感覚で
セッティングするのとは
大違い!

正確なデータで調整出来ます。

この車両は、4WDですが、
中間のプロペラシャフトを
外すことが出来ますので、
シャシーダイナモ上で
後輪2輪だけで駆動出来、
燃調などが台上で可能です。

そして、最終的には自走して
燃調などのデータを計器を見ながら
確認します。

チューニング車両でなくても
ノーマル車両の性能を測定、カタログ値が出てない場合なども
修理後の確認が出来ます。

特に電気系、圧縮が少し漏れてる車両など、”なんかおかしいんだけど、、!”
などの初期症状の不調車両は、測定すれば的確な修理判断の目安に
なります。
元々、そういった意味でこのシャシーダイナモは製作されました。
つづく。
turuta_s_room at 14:11|この記事のURL

2012年02月25日

ポルシェ996ターボ修理

796609ef.jpgポルシェ996ターボの
2001年車両、
ブースト圧不良で入庫
しました。

標準ブースト圧は0,7
それが、ある日一瞬1,0
くらいまで上がり、それから
0,4以上上がらないと、、。

そしたら、TRCやABSランプも点灯しだして、、と。

試走しまして、ブースト圧が上がらないのを確認。
まずは、ターボ系インテークパイプ類のジョイント部の
抜けなど確認、異常無し、。

次は、スロットル系の確認。
この車両は、996ターボ初期物なので、スロットルバタフライまでの
インテークパイプにバキューム系を含む、多くの細いゴムホースが
配管されてまして、これらのどれかが、経年劣化して異常が出る場合
多いです。

また、ターボなのでバキュームとプレッシャー、アイドル時は
負圧でもターボが効きだすと正圧になるので、ややっこしいです。
1本、その両圧を調整する為、ブレーキのバキューム圧など
同じ働きをする為にワンウエイバルブが採用されてますが、
これが固着して悪さします。
今回それも作動不良を起こしてましたので、取替え、、。
このパーツ、バックオーダーなので2週間、、。
本当に、EU連合のプラスチック、ゴム類は5年も経つと
ダメです。
トヨタ自動車規格とあちらの規格(ISOなどと)の
違いは、本当に格段の差です、、、。

これらの996ターボトラブルは、その当時、皆さん手探りで
ポルシェディーラーのメカさんも泣かされてました。
つづく。

turuta_s_room at 16:06|この記事のURL

2012年 東京ディズニーランド訪問 3

1ade873b.jpgTDLのすごさは、
お客様にも伝わります。

今回、気づいたのですが
そこかしこに移動売店で
ポップコーンなどを
販売してます。

ここで購入する場合も
必ず並ばないとポップコーンが
買えません。
失礼な話ですが、
今回も色んなところで
並びましたが、海外など
東南アジアでは並ばず、皆が集まって、、。

しかし、TDLでは、どこの売店でも外国の方々も
きちんと並んで順番を待っておられます。

例のトイレのお話も、、。
今回も遭遇しました。
自分が用足し(小を)してる後ろで、丁度タイミングなのか
待っておられたまだ若いアクターさん(清掃員の役者さん)は、
自分が終わった後、すぐに便器を拭いてました。
さすがに写真取れなかったです。

絵は、夜のエレクトリカルパレードですが、あの台車は
昼の部と同じ物に電飾付いてると思っていたら、違ってました。
夜用は、全く色彩の無い黒い物だそうです。
昼に見たら真っ黒で、、。
この電飾も今は、殆どLEDで、大きなバッテリーで
台車とLEDを動かし、光らしてるそうです。
つづく。

turuta_s_room at 11:57|この記事のURL

2012年 東京ディズニーランド訪問 2

1a5921a2.jpg昨年の訪問が2月下旬、
そして、あの大震災が
3月11日、、、。

ここTDLも駐車場など
液状化地盤沈下で駐車場が、、。

再開まで約1ヶ月大変
だったと、友人の
TDL社員の方が言ってました。

そして、計画停電、。

TDLさん、すぐに対応。
ガスタービンの発電機を3基
急遽輸入、電気需要の解決。
多くの皆さんの要望もあり。
そんな時期ですが、敢えて再開されました。

自分は、TDLに訪れて何時も注意深く観察してます。
そう、関係者の方々の心のこもったサービス精神を、、。

今回の朝も気温3度くらいでしたが、TDLの規定で
全ての路面は赤ちゃんが這っても汚れないように、、。

朝、必ず水を路面に撒き清掃するのだそうですが、所々
凍るのですが、それを湯の入ったビニール袋で溶かし、
完璧のふき取るのだそうです、開園前に、、。

絵は、昼間のパレードですが、シンデレラ城前の
内側から外側にパレード前の一部通路を確保、
数人がかりでパレードが通過する直前まで交通整理し、
ギリギリに行きかう人々を誘導します、、。

自分ならパレードが来る数分前から遮断してしまいますが、、。
このようにお客様の立場になって、ギリギリまで、、。
このような気遣いがリピーターを呼ぶんですね、、!
つづく。


turuta_s_room at 11:36|この記事のURL

2012年 東京ディズニーランド訪問

84df9840.jpg昨年同様、2012年
東京ディズニーランド
訪問しました。

家族サービスとはいえ、
自分が一番気になる
訪問したいところなので、、。

今回も同じ季節に
訪問しましたが、相変わらず
盛況です。

高校生の就学旅行か、
大学の卒業旅行か、男子もいましたが殆ど若い女性、、!
自分たちのような平均年齢50歳に近い3人組は
殆ど見ません。
但し、家族連れとしては、やはりお隣韓国、中国の
方々が多いようです。

今回は、昨年乗りそびれましたビッグサンダーマウンテンに
ファストパス、スタンバイパスを駆使して朝一番に並びました。

このファストパスは1時間以内に2箇所のアトラクションを
取れないようになっています、、。
兎に角、今回、1時間待ちで”ビッグサンダー”に、、。
前のお兄ちゃん達、必死の形相が面白かったです!
つづく。
turuta_s_room at 11:09|この記事のURL

2012年02月24日

キョウセイドライバーランド訪問 2!

ca9b76e1.jpg絵は、トヨタ系ディーラーの
方々にOS技研さんの
技術員が岡山県から出張、
LSD等の技術説明を
してるところ、、。
場所は、そのキョウセイ
ドライバーランド内の
会議場で、、。


今まででは、考えられない
光景です。
やはり、豊田章男社長の号令は
すごいです。

これから、トヨタ自動さんと
各ディーラーさんは、忙しくなるでしょう!
つづく。
turuta_s_room at 13:19|この記事のURL

キョウセイドライバーランド訪問!

4eb4d398.jpg先日、岡崎市の山の中
にある、キョウセイ
ドライバーランドに
行ってきました。

愛知、静岡県の
某トヨタ系ディーラー
さんに集まってもらい、
OS技研製LSDなど
試乗していただきました。

アイコードからは、クラウン”エクスミュレ”コンプリートカーと
プリウス号を持っていきまして、、。

コースは、自動車学校のコースでその中をジムカーナー
(ここは、ジムカーナーなど行われてます)のコースを
走行、LSDの効果を体験してもらって、、。

腕に覚えのある方々の試乗で、皆さんアイコードクラウン
(スーパーチャージャー付き400PS)を試乗時は、
パワースライドを旨くこなして、、。

それから、アイコードプリウス号は、LSD装着してますので、
低ミュー路で片綸をそこに乗せ、急発進させLSDの効果を
体験、ノーマル車両との比較を、、。

今回の催しは、この度発売されるFT86というスポーツ車両の
即販をトヨタ自動車社長さんのご指導のもと、
全国のトヨタ系ディーラーさんは、スポーツコーナーの新設と
担当者を置くよう指示が出たようです。

これから、トヨタ自動車さんは、面白くなりますです。
つづく。
turuta_s_room at 13:10|この記事のURL

2012年02月20日

空冷ポルシェ達人バイブル 絶版

af0b7dd3.jpg空冷ポルシェ達人
バイブルという
ツルタ君が書いた本が
この度、絶版になりました。

なぜ、絶版になったことが
分かったかというと、簡単です。

アイコードでも、店頭に展示して
ありますので、変わった?方が
購入していただいてます。

数十冊、在庫しておくのですが、
売り切れると数十冊ずつ仕入れます。

初版、重版、、とありがたいことに少しずつ売れました。
で、今回も同じように講談社BC社に注文しましたら、
”売り切りごめん!在庫ありません。
増版しません!”

ということで、今後はこの本が貴重な物になることは
明白です。
購入されてる方、大事にしてください。
ツルタ自慢話でした、、、。
つづく。

turuta_s_room at 18:14|この記事のURL

2012年02月19日

フォードGT40レプリカ 売りたし!

270281c9.jpgグリーンフォードGT40
レプリカを売ります。

ご興味ある方、ご一報
ください。

価格は、お電話にて、、。

イギリス製GT40ですが、
基本に忠実で殆ど、本物の
型で成型されたボディー
だそうです。

現在もこの会社は存続してます。
スペアパーツもOKです。
つづく。
turuta_s_room at 14:26|この記事のURL

タイヤのお話

f238913c.jpg本日ケイマンが入庫しました。
タイヤの交換で、、。

18000Kmでセフティー
ラインが出たので、オーナー
さんは、ネットでタイヤを
購入、弊社で組み替えです。

交換しようとした純正
タイヤのトレッド部が
ひび割れてるのをオーナーさんは、
どうして、、。

製造年月日のことも知っておられて、、。

2009年製造ですが、すでにトレッド部分は
4本とも、ひび割れが発生!
弊社に入庫されてる他のポルシェのタイヤで
同じ銘柄で、2006年製の物はなんともありません。

この件、基本的には性能にはあまり関係ありませんが、
気分の良いもではありません。

タイヤメーカーさんのお話ですと、タイヤの成分の問題とか、、。
特にヨーロッパ製及び、国産の一部のメーカーさんのは
ひび割れしやすいです。

また、紫外線をいつも浴びてる路駐車両は特に、、。
また、よくタイヤワックスを塗られてますが、あれは
余りお奨め出来ません。
これもタイヤ成分によるのですが、タイヤ側面が黄色く
変色するものに対し、塗ると黒くなるので良い感じですが、、。

兎に角、性能には関係無いことだけ知っておいてください。
これ以上は、企業秘密が多く、調子に乗って多くを語れません。
タイヤは、唯一路面と接してる重要なパーツです。
そして、賞味期限があることを、、。
極端ですが、F1や耐久のレーシングカーは、レース中トラブルが無く、
トップを走行してる車両でも、タイヤは必ず交換してます。
また、雨は雨用と、、。

空気圧や製造年数、溝の深さなど日頃何かと注意しておいて
ください。
早めの交換を奨励致します。
つづく。

turuta_s_room at 11:25|この記事のURL

ポルシェ996ターボ シート修理 2

03eb9fca.jpgポルシェ996ターボの
レザーシートのショルダー部
のカギ裂きの修理完了図!

完璧とまでは言えませんが、
パっと見には、綺麗に直って
ます。

過去にも何度か修理しましたが、
レザーシートの破れた物を
直したのは今回初めてですが、
うまく直るものです。
つづく。


turuta_s_room at 10:50|この記事のURL

2012年02月18日

ポルシェ993ターボS 2

c41ac194.jpgフロントサスペンション部の
絵です。

993GT2用車高調整式
サスKITです。
もちろん、ピロボールアッパーの、、。

スタビライザーは、GT2用の
5段調整式が採用出来ません。

何故なら、フロントアクスルに
ドライブシャフトが通ってますので、
スタビ形状が4WD専用の特殊形状に、、。

黄色のショックにかぶさって見える
ステアリングのロッドエンドシャフト、、。
このシャフトにゴムで含浸した物が
ステアリングのキックバック時の緩衝材となってます。

このゴムが硬化、または、ずれてガタが出るのです。
そうステアリング操作がフニャフニャになります、、。
このロッドエンドは、4WDなどのターボ車両などは、
ミツワのメカさんが言ってました。
当時、1年毎の定期交換部品だそうで、、。

993オーナーの皆さん、点検を、。
つづく。

turuta_s_room at 11:38|この記事のURL

ポルシェ993ターボS E/G O/H

c55f880b.jpgポルシェ993ターボS
をエンジンオイル漏れの為、
修理してました。

慣らしを終えて少し加速
してみました。
素晴らしい加速です。
480PS以上出てる感じ、、。

出すぎなので、ブースト圧
少し抑えます。

といっても、最大ブースト圧は
現在0,95なので問題無い
ですが、アクチュエーター式の
ブーストコントロールは、
ECUなどで上げてやると4速あたりで低速域から無理に
加速しようとするとロードが掛かるというのですが、
低回転(4000RPM以下)でブースト圧が設定以上に
上がる場合があります。

最近の気温の低い状態など、、。
そすると、エンジンは危険とセフテイが入り、ブーストリミッター
カットします。
もちろん、アクセルを一度戻せば、正常になりますが、、。

これは、当時から、また国産車量のターボチューニングでも、
アクチュエーター式には、発生しやすい問題です。
また、2速当たりから順次、アクセル全開でシフトアップして
いけば、何にも問題ありませんが、、。

この車両、今の季節、不用意にフル加速すると、3速まで
ホイールスピンする程の加速します。
993ターボもまだまだ、捨てたもんじゃねー!

絵では見にくいかもしれませんが、この車両、サスペンションは
ピロアッパータイプのGT2用が装着され、リヤスタビライザーは、
GT2用4箇所調整式です。
フロントサスも同様ですが、スタビだけは、4WDなので固定式です。
つづく。
turuta_s_room at 11:18|この記事のURL

2012年02月17日

ポルシェ996ターボ シート修理

6099d42b.jpgポルシェ996ターボの
シート修理です。

なぜか、カギ状に引っかいた
ようです。

専門の業者の方に出張依頼!
接着剤と塗装で綺麗に修理
可能です。

100%完璧には治りませんが、
パっと見は、十分です。
つづく。
turuta_s_room at 14:35|この記事のURL

2012年02月16日

レクサス600h スピードリミッターカット 

106c6a2f.jpg数日前からレクサス
600hのスピードリミッターカットの
テストを行ってます。

色々問題出ますが、何とか
切り抜けてます。

良い結果をお知らせ出来るよう
日夜、昼寝しないで夜寝しながら
頑張ってます!!!!!

まだ、冗談出るくらいですから
切羽詰ってないですが、これから
泣きが入ると思います、、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:23|この記事のURL

2012年02月14日

ポルシェ964RS

aaf596eb.jpgポルシェ964RSが入庫
しましたので、早速
近所のいつもの試走コース
走りました。

最近、ノーマルのRSを
乗った記憶がないですが、
最近の水冷ターボなど乗ると、
空冷ターボの加速感など
やはり、今昔を感じます。

で、このRSもカレラ2の感じで乗りました。
1速から加速は、別物です。そりゃそうでしょ!

C2の1,380Kgに対し、車検証上の数値で1,210Kg.
170KGも車重が軽ければ、パワーウエイトレシオも
5,52Kgが4,65Kgで1PS当たり1Kg違います。

ステアリングは、パワーアシストが付いてなく、直径も
少し小さいので、低速域では、少し扱いにくいですが、
車速が60Kmくらいになれば、普通です。

そこから、2速、3速、4速で加速しても鋭い加速で、、。
軽いということは、やはり素晴らしい、。

当時、C2を皆さん、RSのように改造されましたが、
車重だけは、、、。

また、RSオーナーは、これ以上のクラブスポーツや
カップカーにレベルアップしたくなります。

964RS M03という車両が当時限定で出ましたが、
これも今ではマニアの間では、レア物で、RSのカップボディ版です。

マニア真髄の車両をこうやって限定で出されると、もう、、。
つづく。

turuta_s_room at 15:51|この記事のURL

2012年02月13日

エンジンオイル消費

b3d4b4ad.jpgゴルフGTIヴァリアントの
オ−ナーが来店!

色々相談してました。
その中で、エンジンオイルが
酷いときは、1000Kmで
1Lくらい消費すると、、。
特にDSGは、、。
ディーラーの弁です。

友人などに聞きました。
GTIは、やはり多少はオイル
消費するそうですが、、。
1Lとは、、。

てな訳で、どうしましょ?
まずは、エンジン圧縮比を測定、、。
次に、エンジンオイル銘柄と番定(粘土)を
変えてみることに、、。

ポルシェやロータリーではありませんが、オイル消費の問題は
カーメーカーとしては、頭の痛い問題です。
ドイツ系カーメーカーのオイル消費は、高速を連続して走行する
ヨーロッパでは、当たり前ですが、それでも限度を超えてます、。
原因は必ずありますので、これから追求します。
つづく。
turuta_s_room at 18:00|この記事のURL

2012年02月12日

ポルシェ997ターボS 空気のマジック

79757bd4.jpg最新のポルシェ997
ターボSのお話、、!

絵は、2011年モデル
997ターボSのアンダー
ボディーです。

絵ではよく分からないでしょうが、
前期モデル997ターボより、
より多くの風を真っ直ぐ後方に
流れるように工夫してます。

なぜそれが判明したかというと、
たまたま、この車両は融雪剤の撒かれた
高速道を走行されたようで、白い帯状の
水の流れが塩分が固まり、残っていました。

大体、国産車両などはここまで徹底してアンダーカバーを空気が
乱されます。

しかし、この車両は最後までエンジン部後方に
空気が流れてることが分かります。
空気抵抗を少しでも少なくする為、アンダーボディー面にも
お金を掛けてます。
そして、高速域では、リヤに可変式スポイラーを装着、
ダウンフォースを得ております。
この方式は、964時代から採用してます。

250Km以上の高速域では、ダウンフォースも大切ですが、
この空気の流れが大変、速度に影響してきます。
ま、そんな速度でどこを走るの!と、お叱りもあるでしょが、
今や、エアロダイナミクスは自動車にとって、ハイブリッド
などと共に、重要な開発項目です。

某トヨタ自動車さんもやっとハイテク風洞を導入されましたが、
一般自動車のエアロダイナミクスは、やっとレーシングカー並みに
なってきました。
つづく。
turuta_s_room at 14:32|この記事のURL

カルダンシャフト強化ダンパー入荷!

5e7db43e.jpgポルシェ996/997の
4WD用カルダンシャフト
ダンパーの強化品が
長い間、欠品しておりました。

やっと、本日入荷!
お待たせしました。

2000年より販売の996ターボ
や、カレラ4、カレラ4Sの車両は、
このカルダンシャフトダンパーが
装着されてます。
これは、エンジンからの出力を後輪駆動の
デフとフロントデフに伝達する中間シャフトとの
間に組み付けられてるゴム製の緩衝材です。

これが、5年も経過するとゴムが劣化と回転運動により、
一部破談、亀裂が入り、低速域で右や左にステアリングを
切った状態で、異音を発生する原因となります。

で、新品を購入するとスチール製シャフトと一緒です。
かなりお高いです。
そこで、アイコードで対策、強化品(ウレタン製)を
製作しました。
コスト削減の為、海外製作が製造納期を狂わせました。

ということで、早速デリバリー開始です。
つづく。
turuta_s_room at 13:01|この記事のURL

2012年02月11日

IS-Fチューニング 229

f722a707.jpgアイコードIS-F”銀鶴”は、
現在、パーツの製作の為、
分解中です。

IS-Fスーパーチャージャーの
ご予約のお客さま、もうしばらく
お待ちください。

スーパー本体の位置もも少し、
下げる為、ジュラルミン製プレートの
スーパー取り付け位置を8mm下げました。

これで、純正フードも対応出来ます。

また、スーパープーリーの径を
エンジン側と両方大きくして
駆動ベルトのかかりを多くしました。
これにより、先回、ファンベルト切れも
解消出来ると思います。
乞うご期待!
つづく。
turuta_s_room at 15:48|この記事のURL

2012年02月09日

トヨタ TS030ハイブリッド ルマンに、、!

75a89ea6.jpg皆さん、すでにご存知の
トヨタTS030ハイブリッド
のレーシングカーが
2012年6月のルマン24h
レースに帰ってきます。

TS020以降、ルマンとは
無縁となったトヨタレーシングカー
です。

クラスは、LMP1と同様と思われますが、
すでにフランス南部、ポールリカーの
サーキットにて、テスト開始、、。
タイムは、参考なれど昨年のLMP1クラスの
中堅どころより数秒速いとか、、。

ポールリカーは、自分も良く行きましたが、ポルシェ社や
日産社などがレースカーのシェイクダウンや年初めの
テストでよく使用します。
長い直線が特徴の、、。

ということで、トヨタTS030ハイブリッド車両がどんな
パフォーマンスを見せるか、、。
エンジンとモーターでのレーシングカー、そして彼岸の
ルマン優勝と面白くなってきました。
ハイブリッド全盛です。
オイラも久しぶりにルマン訪問が言い訳出来そうで、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:17|この記事のURL

LS600h スピードリミッターカット

52fe19f6.jpgレクサスLS600hの
スピードリミッターカットを
開発中ですが、やっと具体的に
なってきました。

お客様には、長い間お待たせ
です、、。

今月中旬までには、試作の
テストを完了させ、量産型の
生産に入る予定です。
まだ、前期モデルしか車両の
確認が取れませんが、時間が解決してくれるでしょう。

今年の暮れ、10月にはビッグマイナーチェンジと
レクサス600hを含む、LSシリーズは、LS/SZの
変わりに、Fスポーツも出されるとか、、。

景気の低迷で、今までのLSオーナーは、車種変更など
格下車両の買い替えで販売台数は一時期、減少しましたが、
やはり一度LSを乗った方は、また戻ってきてるようです。
ベンツやBM,アウディのメンテナンスを考えると
やはりレクサスの安定感は比較のしようがありません。
つづく。
turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

2012年02月07日

964RS 入庫します。

71aa621b.jpgポルシェ964RSが
入庫します。

マイカーです。
やはりRSとなると興奮
します。

見慣れた964ボディ
ですが、カレラ2とは
雰囲気が違います。

ディラー車両です。
右シート上に黒っぽいビニールカバーが
置いてあります。

これは、車検時、純正レカロレザー製バケットシートの
座席部分が2ピースに分かれてる為、車検通らず、
苦肉の策として、ミツワさんがビニールカバーを日本で製作したものです。

そう、この車両は数少ないディーラー車両です。
マニア真髄のレア物であります。
自慢話その1です。
つづく。


turuta_s_room at 13:52|この記事のURL

2012年02月06日

2012年 ニュルスクール&スクーデリア、ハンゼアト募集開始!

8604be0e.jpg2012年10月1〜5日間の
ニュルブルクリンクにおいて
ポルシェクラブロッポンギ
主催のニュルスクール&
スクーデリア、ハンゼアト
スクールの参加募集を
開始します。

4日間(1〜4日)の
スクーデリア、ハンゼアトでは、グランプリコースの半分と
北コースを2kmくらいに区切り、行ったり来たりして
コースを先生が懇切丁寧に指導してくれます。

また、朝8時から夕方7時ころまでの(昼、夕方)2時間は、フリー走行。
それも、経験者と初心者を分けて、走行。
カルガモ走行といって、2〜3台を先導して引っ張ってくれます。

今から、計画され、ぜひニュルのコースをご自分で体験してください。
金額は、お高いようですが、個人で行こうとするとこれでは
すみませんし、まず、参加も出来ないかも、、。

それから5日目は、1日フリー走行(貸切)です。
ここでも、ドイツ人、日本人講師が懇切丁寧に、、。
旅行会社が入っておりませんので、関係者のボランティアで
お世話します。
行き届かない点は、ご愛嬌で、楽しい思い出になると思います。

人生一度、ぜひチャレンジしてみてください。
詳しくは、ムラタチューン 03−5888−4900
     アイコード   0565−46−0727

www.pocet.info

グランツーリスモは、良いイメージトレーニングになります。
奥様、家族、友人知人と同伴も可能です。
これでドイツ通になること請け合いです。
つづく。

turuta_s_room at 10:31|この記事のURL

2012年02月05日

カワサキZ1 ターボ!

3aeffc11.jpg写真整理してたら、出てきた!
まだ、美青年だった昭和53年、
ある会社からのご依頼で、、。

カワサキZ2、750ccの
車両に1015ccのZ1
エンジンKITに組替え、
当時まだ、試作であった三菱製の
タービンをツルタ自慢の
手曲げタコ足で取り付け、
アルミ鋳物のサージタンクで当時のEFI用デンソー製
燃料ポンプにフューエルレギュレターで4連キャブに
燃料供給、、。

ブースト圧は0,9でエアリリーフバルブでの調整。

タービンは、三菱重工の当時の加給器事業部の主任であった
岡崎さん直々にご指導していただきました。
当時は、建設機器や大型船用の大型タービンしか、なかった時代で
この小型タービンがその後ランサー4G32などの自動車用
タービンの原型となりました。

性能は、速かったです。
フレームがよじれながら、、。
もう少しで、2輪ジャーナリストをフジスピードウェイで
事故死させるところでした。

自分は、毎日乗ってましたので何とも思わなかったですが、
当時のカワサキ契約ライダー”清原明彦氏”にも
テストしていただき、カワサキにも持っていって
、、。

湿式クラッチが途中ですべる為、枚数増やしたりと
毎日が、忙しく楽しかったです、、。

絵は、タンクが当時緑でしたが、アホなことして
変形させたので、初期モデルの物に交換して、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:09|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives