2012年06月

2012年06月30日

2012 年 ニュルブルクリンクVLNレース IS−Fクーペ参戦?

IS−F VLN
IS−F VLN2
IS−F VLN3


2012年6月吉日 ツマラン24Hが終わった翌週、ニュルブルクリンクでは、シリーズ戦VLN耐久レースが開催されました。
今回の耐久は4時間くらいでしょうか、、?
自分が見たのでなく、お仲間さんが行ってまして何となく撮ったそうです、、。

そう、このカメラ小僧(失礼)でなく、お兄さんはツマラン24Hで失意のどん底でした?ので、VLNなど、どうでも良かったのです、、、。

ドライバーは、飯田章氏と伊藤氏(この方もトヨタ自動車系社員)などです。
結果は、私の口からは言えない様なミスが、、。

IS−F(一応5Lエンジン搭載?なので)クーペ初参戦、初お目見えです、、。

誰も気づかない!という、地味なデビューでした、、。

どお!スクープでしょ!!!!

ところで、IS−Fファンの皆さんお気づきでしょうか、、?
2枚目の絵の右リヤサスペンション?などを首を突っ込んで見ている
メカ(又はエンジニア、、?)さんのスーツの背中に大きく”KW”の文字が、、。

日本の総代理店である橋本コーポレーションの橋本センムが泣いて
喜びそうなショットであります。
レース車両は、ザックスさんではなかったか、、?
どうせなら、テストということならアイコード製を使って欲しかったな、、。
今度○グチさんに、賄賂を出してお願いしよっと、!

つづく。





turuta_s_room at 16:08|この記事のURL

ハイエース200系TD車両リコール対策車、入庫です!

DSCN0753
DSCN0751
DSCN0750


先日、早速ハイエース200系DT車両のアイコードECUチューニングされたSさんが、
車検でディーラーに入れたがため、強制的にリコール作業をされたそうです。

走行してみると、やはり160Kmでリミッターが、、。
ブーストは、社外品ブーストメーターで0,9だそうです。
純正は、0,7なのですが、、。
加速感は、160Kmまで調子良いそうです、、。
それまで調子は良く、リコール処置したくなかったのにと、、。

で、早速ECUをアイコードモジュールで上書きしようとしましたら、拒否反応で無理でした、、。
ECU本体を1週間くらい預からないと、解析出来ないとお伝えしましたら、今は
無理ということでお引取り願いました。

交換したDPR後の排気バルブは新品交換されてました。
外観からは、正しい判断は難しいですが、幾分アクチュエーター部分が大きくなったような、、。
さあ、どうなることやら、、。
つづく。

turuta_s_room at 13:29|この記事のURL

インバーター(蓄電池)&ソーラーパネルKIT

DSCN0755


DSCN0758
DSCN0760
DSCN0759


アイコードでは、1年以上前からエコロジー商品を開発してきました。
といっても、製品の出所は中国、韓国、台湾ですが、、。

彼らの開発力は恐ろしく、国からの援助もあり、優秀な若手を海外に留学させ、技術を習得
して、自国に帰り、開発に従事します。

そんな環境なので、国も広いし、消費力も日本の約10倍以上です。
半年毎に、新規商品が出てきます。

その中でLED商品は、今日本国内の法改正が出来ておらず、外国製(といっても外国規格CEですが)品が
横行していますが、それが耐久性の商品力も安定してきてます。

アイコードショールーム内の蛍光灯40WをLED18Wに交換(明るさはLEDの方が明るい)。
消費電力は半分以下、耐久性は4倍以上、、。

工場の水銀灯は400Wの対応品でLEDワンチップで80WでOKです。
消費電力も桁違いで、価格と施工費を足しても1〜2年で元が取れます。
もちろん耐久性も数倍良いので、交換時期も数倍良くなります。

で、絵のソーラーパネルと白い長四角の箱がインバーターで蓄電池です。
これらのタイプは、鉛バッテリーですので寿命は4年くらいですが、リチウムバッテリーでは、
10年くらい持ちます。
絵の逐電容量は85Wです。
アイコードショールーム内の蛍光灯タイプLED18Wが4本、常時点灯可能です。

ソーラーパネルの追加やインバーター出力を上げれば、2500W以上可能です。

このソーラーパネル&インバーターKITで、まだ予価ですが12万円くらい、、。
テレビも、照明もパソコン、携帯充電など数時間なら同時に可能です。

今年も、計画停電とか平気で電気販売会社は言ってますが、自己防衛をするしか、、。
昨年、商売の方や、病院など絶対停電出来ない方は、”POWER YIILE”を
1ヶ、180万円もする蓄電器を何台もお買いになって対策されてましたが、、。

色んな組み合わせ可能で、あの180万円蓄電池と同等のものがアイコード版ですと
格安で可能です。
耐久性についても、すでにこれら商品はあちらでは一般に販売されてます、、。
これから、エコロジーの対策もお考えになっては、、。
つづく。

turuta_s_room at 13:17|この記事のURL

2012年06月29日

ポルシェ996カレラ4S クラッチ系修理 4

DSCN0738
DSCN0749
DSCN0748


ポルシェ996カレラ4S6MTのクラッチカバーです。
よく見るとカバーのダイヤフラムスプリングに擦り傷が付いています。
これが異音の原因です。

フライホイール、クラッチカバー、ディスクと全て新品交換です。
つづく。
turuta_s_room at 16:12|この記事のURL

ポルシェ996カレラ4S クラッチー系修理 3

DSCN0742
DSCN0744DSCN0745
DSCN0747
e="5" class="pict" />


ポルシェ996カレラ4S 6MTのクラッチ系交換をしてます。

走行キロ数は、68,900キロですが、一度エンジンが壊れ(例の)2万キロ走行時に
エンジン新交換してます。

オーナーの意見では、最近発進時に何か金属音がする!ということでの、修理依頼でした。
パーツは、クラッチ系は全て持ち込みで、、。

で、ミッションを降ろして点検しますと、金属音の原因が出てきました。

クラッチを切る為のフォークレバーのセンター部分がクラッチカバーのダイヤフラム部分に擦れていました。
原因は、レリーズベアリングというクラッチカバーをそのフォークレバーで押して、クラッチを切る動作を
する部分が、磨り減ってフォークレバーとカバーが接触してました。

このクラッチシステムをプッシュ式と言います。

930系から現在の997ターボは、プル式といって引っ張るタイプですが、パーツが高価です。
あの962Cもシングルディスクのプルタイプですが、、。

ということで、このフォークレバーを注文します。
擦り切れたリリーズベアリングは、お持込で、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:01|この記事のURL

ポルシェ996カレラ4S ミッション系修理 2

DSCN0729
DSCN0730
DSCN0739


ポルシェ9964S、6MTのカルダンシャフトダンパーを交換するところです。
3ヶ、カルダンダンパーがありますが、右が純正、真ん中はアイコード、
そして左は、今回初めて使用する社外品、、。
価格は、アイコード製45,000円に対して半額以下で入手可能です。
ま、しかしまた2〜3年後には、破断して、、。

どちらにしましても天下のポルシェでもドイツ系車両全部に言えることですが、
IGコイルケース亀裂や、ウインカーの球切れ、ワイパーゴム切れなど、定期交換部品の
耐久度は国産車、特にトヨタ車両などに比べると半分以下です。

カルダンシャフトダンパーの破断や、IGコイルケース亀裂など、日本車両であれば、リコール物です。

大体、ヨーロッパ車(日産もルノーなどで含まれるか?)は、耐久年数は5年と考え、
部品交換は、当たり前です。
ある友人のドイツ人がトヨタ、ラブ4(エンジンはディーゼルターボ、
日本では販売してません、アホな石原都知事のせいで)は、最高!だと、、。

5年以上乗っているが、まだなーんも壊れん!。
お前の国は、すごいな!と、関心至極です。
あの世界一の工業国と自負してるドイツ野郎が、感服してました。

それくらいトヨタ規格はすごいのでしょう!
自分は、毎日トヨタ自動車に接していて気が付きませんでしたが、ドイツ車を扱い、乗るようになって
トヨタ規格に、イギリス野郎たちが考えたISO規格なるもの押し付けてきましたが、到底叶う基準では
ありません。
トヨタ自動車が海外の販売してる車両の規格に合わせて製造したら、もっとコストダウン出来るでしょう、、。

兎に角、ベンツ、BM,アウディ、VWなどの優秀であろうドイツ車をお買いになった方々が、
今回発売されたレクサスIS−Fにお代えになった理由の一つに”壊れないから!”と、特に女性の方が
仰ってました。
また、大きなお世話のツルタでした、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:49|この記事のURL

ポルシェ996カレラ4S クラッチ系修理

DSCN0737
DSCN0733


お客様の車両、996カレラ4Sが入庫しました。
さんざんお待たせしてました。
お持込のクラッチカバー、デスク、&フライホイールを交換、。

ついでにミッションマウントを交換しましょうと営業し、ポルシェセンターから車体番号でマウントを
注文したら、上の図(2個並んでる)が来まして、さあ、換えましょう!と見たら、ミッションケースが
全く別物(下の絵)でした。
で、調べてみるとカレラ4Sの後期はターボヤGT3と同型の上の絵と同じでしたが、、。

ということで、ターボ(4WD)と同型も物は、32,700円(6月現在、税別)ですが、
前期物のマウントはリヤミッションケース一体で180,000何がしと、、。

で、今回は止めました(オーナーさん承諾(。
このようなミス?が時たまあります。
つづく。
turuta_s_room at 13:02|この記事のURL

2012年06月28日

ポルシェ997ターボ&GT3,GT2用BBSホイールRI-D補足説明!

DSCN0725
DSCN0724


BBS製ホイールを997ターボに仮付したところです。

詳しい資料を明記します。

BBS製”RI-D" ジュラルミン鍛造ホイール

8,5J−19  +53 7Kg     184,800円 税込み

12,0J−19 +51 8,5Kg   206,850円

何度も言いますが、22Kgも軽量になりますと、加速、減速、コーナリングが
全く別物くらいに激変し、997ターボがGT2に進化します、、、!
ま、それくらい”チョー、サイコー!”となりますです。
つづく。 
turuta_s_room at 12:13|この記事のURL

2012年06月26日

ポルシェ996GT2 不調 10

DSCN0717
DSCN0716
DSCN0715
DSCN0714


ポルシェ996GT2のシリンダーヘッドは、やっと出来上がりました。
絵でも分かるように、問題のバルブガイドはリン青銅の特殊材で新たに製作しました。
出なければ、ポルシェジャパンからはシリンダーヘッドASSYでしか販売されてません。

それで、本国に問い合わせるとバルブガイド単体では、部品として存在してますが、
材質、精度では問題有りということで、今回国内で製作、、。

過去自分の経験値から35年くらい前より、1000PSや9000RPMの国産エンジンチューニング時、
国内で何度も製作してますので、問題は無いでしょう、、。
振り返るに、996GT3CUPが日本に上陸、CUPレースやCUPに出場しないアマチュアの方が、
草レースなどで1年間、練習も含め、サーキット走行を1000Kmもやると、何だかパワーが
落ちたようなと、オーナーが言っておられ、パワーチェックすると380〜400psくらい(チューニングして)
出ていたパワーが、340PSくらいに落ちていたことを思い出しました、、。

そのころ、まだ誰もCUPエンジンのオーバーホールなどあまり気にしなったころですが、
ドイツでは、半年、又は1年に1回はオーバーホールを進め、特にシリンダーヘッドは、
オーバーホールというよりも、そっくり新品交換した方が安いなどと、、。

レーシングエンジンだから仕方無いと思ってましたが、、。
そんなことがこのGT2にも当てはまるのか、、。
つづく。

turuta_s_room at 16:33|この記事のURL

ポルシェ997ターボチューニング

DSCN0710
DSCN0711


アイコードのお客様で、同じくブラクメタリック、6MT,ディーラー車の997ターボです。

近日中に、某サーキットにて某スクールに参加される為、ファインチューンです。
すでに600PS(おっと内緒、、)じゃあありませんが、サーキットを正しい姿勢で
運転されたいということで、レカロ製RS−G CLを選ばれ、4点式3インチシートベルトは、
ポルシェ御用達、シュロス製を、、

もちろん、すでにレーシングぺタル&フットレスト、そしてクイックシフト(純正クイックを外して)を
装着されました。

何度も言いますが、アイコー製クイックシフトは、オールジュラルミン製の航空機材料にもなる
7000番の、、。
ブッシュは純正の樹脂製か同材質ジュラルミンで、、。
シフトフィーリングが一段としなやか、且鋭くなります、、、。

アイコードブラックポルシェ997ターボとくしくも同色、、。
同じカラーの同じ機種が並ぶと壮観であります。
つづく。
turuta_s_room at 15:15|この記事のURL

2012年06月25日

ポルシェ997ターボ用テフロンブレーキホースKIT!

DSCN0701
DSCN0700


ポルシェ997ターボ専用テフロン製ブレーキホースKITを新商品として発売開始です。

従来のテフロンホースに対し、これまでは保護としてステンレスメッシュのカバーが
付いてましたが,更にその上にビニールカバーを付けました。

効果としては、性能にはあまり関係ありませんが、より保護カバーとして能力が
上がりました。

定価   29,400円

つづく。
turuta_s_room at 10:34|この記事のURL

2012年06月23日

ポルシェ997ターボにBBS製RI−Dジュラルミンホイール履く!

DSCN0698
DSCN0697


BBS製ジュラルミン鍛造ホイール”RI−D”をコンチネンタル”フォースコンタクト”と
これまた、新製品のタイヤを組み付けて重量を測りました。

                       純正(タイヤはBSRE050)    RI−D&コンチフォースコンタクト

1) 8,5J−19 235/35−19     22Kg                 17Kg

2) 11J −19 305/30−19     27,5Kg

3) 12J −19 305/30−19                          21,5Kg


純正タイヤ&ホイール 4本計      99Kg

コンチタイヤ& BBSホイール      77Kg

重量差は、何と22Kgでやんす!!!
バネ上重量でいうと、何倍軽くなったか、、!
ということで、さあ、インターネット強烈安価で購入されず、ぜひアイコードでお買い求めを、、。
つづく。     
turuta_s_room at 14:27|この記事のURL

2012年06月22日

緊急告知 ハイエースのリコールについて、、!

お客様から、報告ありました。
アイコードが発売してます、
トヨタ自動車、ハイエース3L、
TD車両 前期、中期モデル用
ECUチューニングです。

この車両(まだどの車両かはっきりしませんが)の
リコールが出ました。
かなり大掛かりな内容で、EGR系、インジェクター、
ECUの書き換えなどです。

アイコードでは、対応する為、リコール処置後のECUを
点検、内容確認して書きかえれるようしたいです。

アイコードにお近くの方で、リコール処置後、ご来店いただける方を
お待ちしてます。
まずは、報告まで、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:35|この記事のURL

メソレの木に実が生り、本日1ヶいただきました!

DSCN0685
DSCN0683


約10年前にお客様から頂いた、メソレ(スモモ)の木を工場の南側に植えました。
が、メソレ、スモモ課は2本以上ないと花が咲いても受粉しないのか、毎年白い小さな花を
咲かせるのですが、実がなかなか生りません。

今年も小さく実が4つ生りました。
それで、毎日見ておりまして、、。
6月20日の台風4号と昨日の5号で豊田市も豪雨でしたが、何とか実は落ちませんでした。

そんでもって、先ほど何も考えず、一番大きいく半分赤く色ずいた実を食べまして、
気がつきました、、。
写真撮るのを、、。
あわてて、その後、生っている実を撮りました。
1ヶは、小さなアリたちに半分食われてました。
アリたちも甘く熟したのが分かったのでしょう。
ああ、美味しかった。

本当は、頂いたお客様の自宅には数十本あるのですが、今頃は真っ赤に色づいた実が、もう
それはりんごがいっぱい生る様に、絵のような美しさです、、。
つづく。
turuta_s_room at 12:32|この記事のURL

ポルシェ997用ロールバー製作 2

DSCN0679
DSCN0673
a/6a7f86c9.jpg" title="DSCN0682" target="_blank">DSCN0682


ポルシェ997用ロールバー製作その2です。

簡単に製作可能と思ってましたが、JAFのルールでは、絵のように4点シートベルトを付ける場合、
肩ベルトを固定するシートベルトバーをロールバーに組み付ける際、高さが指定されてます。

これは、運転手の肩ベルト固定位置がある一定の位置内に固定されてないといけないという意味です。
それでアイコードでは、シートベルトバーの位置を慎重に決定しました。

但し、弊社の展示してある997GT3クラブスポーツの純正ロールバーを見てみると、シートベルトバーの
位置は、結構高く、バケットシートの肩ベルト穴と殆ど同じ(2番目の絵)です。

日本とドイツの見解の相違でしょうか、、。
まずは、アイコードでは、JFAルールに合わせますです。

”ルールは、オレだ!文句あるか!”と、昔ルマン参加時、ACO(ルマン開催委員会)の
おっさんに一方的に言われ、予備予選のルマン参加時、50台出場枠に53台参加しましたが、
オイラ達ルークポルシェティームは、予備予選落ちしました、、、。
そう、本線には参加出来ない車両が3台でたわけです。
この方式は、あとからクレームが出て、その後は、予備予選に選ばれた時点で全車参加が
出来るようルールは変わりました。

悔しかったです! 1998年だったか、、?

ま、そんな訳で、今回はルールに従っての製作ですから文句は出ないと思いますが、、。
このロールバーでレース参加する方はいないとも、思いますが、念のため、、!
つづく。
turuta_s_room at 10:41|この記事のURL

2012年06月21日

ポルシェ997用ロールバーの製作

DSCN0666
DSCN0670


ポルシェ997ターボに4点式ロールバーを製作中です。
そう、量産してKIT化したいです、、。

車両は、ムーンルーフ付なので商品としては、どこか出てるか知りません。
で、アイコード仕様で販売しようと、、。

材質は、今のところ鉄製です。
S45Cなど、クロモリ鋼もオプションで、、。

何故にロールバーかというと、フジスピードウエイの走行時、一般車両の台数多く、
練習、テストにならないくらい渋滞の時が多いのです。
しかし、ロールバー付車両の時間帯は、結構少ないのでタイムアタックなど、セッティングには
持ってこいです。

ということで、997ターボというGTカーに不釣合いかも知れません、こんな解決策しか
思い当たらないツルタでごわす!
つづく。
turuta_s_room at 12:27|この記事のURL

2012年06月19日

ボクスター2,5Lエンジンインターミディエイトベアリング交換 4

DSCN0640
DSCN0641
DSCN0644
DSCN0656
>

アメリカさんから購入したベアリングは、よく注意してみると壊れたベアリングがダブルレース(
ベアリングが2列に)ですが、それがシングルレースになり、ベアリングアウターケースの
幅が小さくなりますので、付属のカラーを入れてベアリング位置を調整します。
この辺は、エンジンのインタメシャフトを分解してみないと、どれが入っているか(純正でも
対策されてかどちらかが組み込まれいる)分かりませんので、色々対応するパーツが
入っています。

で、純正のフランジを組み付けて作業終了です。
チェーンテンショナーを組み付けます。
後は、この組み込まれたベアリングが説明書によると5万マイルくらいは持つと、、。
さあ、オーナーの方々どうなさいますか、、?
なんせ、M96,97ウエットサンプエンジンは、色々問題を抱えてる代物です。

自分の意見は、ノーコメントとしか言えません(そう、無責任)。
これを交換したら絶対安全とは言えませんので、、。
罪作りなエンジン、よくリコールとならないですね!
ちなみに996カレラでエンジン換装の場合、壊れたエンジン下取りで新品280万円くらいかかります。
これに油脂類、交換工賃、などなど、300万円必要です。
アメリカあたりからリビルトエンジンがうまくあれば、やはり下取りで1万ドルとか、、。
壊れたエンジン送り返さなくては、、。

ニュルブルクリンクサーキットで、自分は996/986、997/987系の車両がツーリスト走行
(毎週、夕方5;30〜7;30)などで、走行してるのを見たことがありません。
中には走ってる方もおられるのでしょうが、、。
彼らもこの件、承知なので危険を冒したくないのか、、。
兎に角、問題でありますが、どうしようもないのが情けないです。
つづく。


turuta_s_room at 13:13|この記事のURL

ボクスター2,5Lエンジン、インターミディエイトシャフトベアリング交換 3

DSCN0632
DSCN0633
DSCN0634
DSCN0639


クランクシャフト固定が終わったら、いよいよインタメシャフトベアリングの外しです。

絵の三角形のインタメシャフト固定フランジをボルトを外した後、L字工具などで外します。

そすると中から問題のベアリングが見えてきますので、アメリカンのお作りになった
鉄パイプで製作されたスパルタンなべアリングリムーバーと申しますか、特殊工具を
使いベアリングをインタメシャフトから抜きます。
インタメトラブルでは、よくこの真ん中の固定ボルト&ナットの根元がポロリと落ちる場合が
ありますが、その時点ではすでにエンジンお陀仏とご理解ください、、。

ベアリングが外れると、インタメシャフト内のオイルが少しゲロっと出てきますが、、。
つづく。
turuta_s_room at 12:45|この記事のURL

ボクスター2,5Lエンジン、インターミディエイトシャフト交換 2

DSCN0623
DSCN0624
DSCN0625
DSCN0626
DSCN0630


絵は、インターミディエイトシャフトを固定してるミッション側のベアリングをエンジンを
分解せず、脱着する方法を特殊工具を使用して行ってるものです。

1番シリンダー上死点を出し、そしてカムシャフト右側(インタメのチェーンが根元にある方)の
カムシャフトカバーを外し、特殊工具で固定、、、。

クランクプーリーも特殊工具(赤いT字レンチ)で、固定してクランクが回らないように、、。
最後にインタメシャフトミッション側のカムシャフト駆動の為のチェーンの張りを無くす為、
チェーンテンショナーを緩めます、2箇所あります、、、。
つづく。
turuta_s_room at 12:23|この記事のURL

ボクスター2,5Lエンジン インターミディエイトシャフトベアリング交換

DSCN0618
DSCN0619
DSCN0620
DSCN0621


1998年式ボクスター2,5Lのエンジンが走行17万キロ時に、エンジン音から異音が出てきて、
最近は排気管から白煙が出まして、オーナーさんが点検してくれということで、
圧縮圧を例のボッシュテスターで各気筒を測定しましたところ、1番シリンダーは、20%の
圧縮漏れ(正常値は5%まで)、エンジンブロック内からシューと空気の漏れる音聞こえまして、
これはシリンダー破損と判断、、。

オーナーさんは、中古エンジンを捜してこられ、エンジン換装を依頼されました。
そして、インターミディエイトシャフトトラブルのことも知っておられたオーナーさんは、
アメリカよりインターミディエイトの対策ベアリングとその脱着工具をインターネットで
購入、ベアリング交換の依頼も同時にありました。

見つかった中古エンジンの素性は5万キロ走行のものだそうです。
絵は、壊れたエンジンと対策ベアリング、そして特殊工具です。
アメリカドルで10万円くらいか、、。
つづく。
turuta_s_room at 11:42|この記事のURL

2012年06月18日

ポルシェ997カレラGTS!

DSCN0647


DSCN0648


DSCN0652


アイコードに2012年式997カレラGTSが来店しました。
お客様は、9964Sからの変更です。

室内は、アルカンターラ仕様ですが、ステアリング径はGT3並に小さいです。
室内のインテリア、メーター類は、前期モデルを継承するポルシェ独特の
方針です。

ですから、996GT3初期物を購入、それから現在新車のGTSを引き継ぎ購入しても、
インテリアは殆ど変化無し。
新鮮味は全くありませんが、それを文句言うオーナーはいません。
そこがポルシェのすごいところです。

しかし、見えない部分は、進化してます。
オーナーは、前回のブラックメタリックと同色の車両に入れ替わりましたが、
普通の方が見たら、新車に替わったことが分からんでしょう。
それでも、オーナーは1500万円も支払って、文句も言わず、逆に速くなったと
感激するわけです。
ポルシェマジックか、、、?
つづく。
turuta_s_room at 15:42|この記事のURL

2012年06月17日

2012年6月 ルマン24H トヨタTS030 2台撃沈す!

f0e0e797.jpg2012年6月16日、夜11時頃
何故か目覚めて(PM9;00には、オネンネ)、
雨が降る暑苦しい夜でしたが、何故かケーブルTV
ひまわり(豊田市のケーブルTV)の”JSPORTS”
をなんとなく見ましたら、何とルマン24Hを
放映してるではありませんか、、。

あくる日17日の朝方6時まで放映とか、、。

スタートして1時間半くらい経過してましたが、
アウディe-tornとか言う、ディーゼルターボの
ゼッケン1、2番とぶっちぎって走行、、。

トヨタTS030はというと、ええところ7位くらいを走行、
そうこうしてるとアウディの2番と3番?が立て続けにクラッシュなどで
遅れ、何と7番TS030が1番アウディを追い抜いて、総合1に、、。

そすると、同周8番TS030がフェラーリ458イタリアの
おじさんドライバーにあるコーナー入り口で左リヤタイヤ付近にまさに特攻!!

勢いあまって、。後のことは皆さんもすでにお知りになってると、、。
また、7号、中島初のドライブ、再スタートの混乱中にこれも
あろうことか、日本人同士でオシクラ饅頭、、、。
デルタ何とかをコンクリートウオールに押し出して、自分もリヤスポイラ&タイヤを
損傷、、。

現地時間、1時半ごろには、この車両も幾度のトラブルのはて、リタイヤ、、。
手痛いルマン洗礼をお受けになりました。
自分が行っていたら、、!
ま、一度は総合トップの、、。

絵は、1997年自分が初めてルマン24Hんどヨーロッパに出張させていただいた
年に総合優勝してポルシェ936です。
エンジンは、確か2,1リッターくらいの空冷ツインターボです。
オープン2シーター、最後の1時間くらい前にシリンダー1気筒死んだ為、
その頃の監督ノベルト、ジンガー氏の指示でそのシリンダーのエンジンプラグを
外して、優勝した車両です。
トヨタ7ターボなどが、模倣したアルミパイプフレームです。

この時分は、まだそんなに規制は無く、ピット裏やピットレーンに
関係者ずらして、見てました、、。
まだ、ピットサイン場所は、ユーノディエールコーナー後の右側に有った時代、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:39|この記事のURL

2012年06月16日

IS−F チューニング 236 スーパーチャージャーKIT完成!

DSCN0616
DSCN0615


IS−Fスーパーチャージャー用量産KITがやっと完成しました。
各パーツの量産品が揃いました。

スーパーチャージャー本体のプーリー径とエンジン側プーリー径変更、ベルトのアイドラプーリー1ヶ追加、
スーパー本体の位置を10mm下げる為にジュラルミンブラケットの設計変更、
アルミインテークパイプ系のR変更、サイズ一部変更、エアクリーナーカバーをアルミケースで製作等、
全体的にキリット締まりました。

後は、最終ECUセッティングをチェックしたら終了です。
お客さま、お待たせしました。
順次、ご連絡申し上げます。
つづく。
turuta_s_room at 14:19|この記事のURL

2012年06月15日

ポルシェ986/996、 987/997系フロントストラットタワーバー!

DSCN0605
DSCN0606


ポルシェ986/996、987/997系のアイコード、カーボン製フロントストラットタワーバーに
ついて、補足説明します。

シャフト部は2,5mm厚のドライカーボン製で、曲げモーメントは同サイズのスチール製より
強度は、勝っております。
その上、重量はシャフト部で大体200gです。

それを両端にアルミ合金製調整式アダプターとボデー側のステーがこれもアルミ合金製
で構成されてます。

996系、997系と多少シャフト長さ、ステー形状が異なりますが、取り付け位置は同じです。
中央にバッテリーが有りますが、バッテリー底部を固定してるプレートのボルトを
緩めて、バッテリー本体をバンパー側に詰めれば、その奥にスペースが開き、ストラットバーが
すんなり収まります。

このタワーバーは、国産車でいうと昭和40年代初代レビン、トレノあたりから社外品として
チューニングメーカーから売り出されました。

ポルシェでは911レーシングカーなどで装着され始めました、、。
単純なパーツですが、良い仕事をします。
装着して走行し始めにステアリングを切って、すぐに体感出来るパーツです。
つづく。

turuta_s_room at 17:50|この記事のURL

2012年06月14日

ロータス エキシージ 電子の要塞!!

DSCN0597
DSCN0604


絵では、見にくいかもしれませんが、ダッシュボード左からナビ&TV&レーダー,バックミラーに
くっついてる横長のモニターはバックカメラ(走行中のリヤビューをサーキット走行時に)、
そしてステアリング右は、ラップタイム&走行ラインがあとで分かる優れものとか、、。
全て、お客さまが持ち込みで、、。

昔かたぎの自分には、不要なものばかりですが、大したもんです、最近の電子部品は、、。

本日から新しいパソコンに交換しましたが、すごい進歩で、、。
パソコンも不要になってくるのでしょうが、車両の進化にはついていこうと努力しますが(好きなので)、
携帯、パソコンはついていけません、、、。

定期的(社内パソコンなど)に交換してもらいますが、自分のオツムの中も鍛えないと、、。
つづく。

turuta_s_room at 15:22|この記事のURL

2012年06月12日

レーシングナンバーステーの組み付け方!

DSCN0579
DSCN0578
DSCN0577


アイコード製レーシングナンバーステー、これもロングセラーの商品です。

アイコードの説明不備の為、組みつけ方が分からないというご指摘多数あります。
ここで、実際の組み付け方、標準を絵で掲載します。
実際、用意されるボルトは、ステンの頭部が半丸のナベコネジに特殊形状のT型レンチ(付属)で
締め付けられるよう盗難防止対策してあります。

あとは、ディーラー車ポルシェの場合、純正のアルミナンバープレートを外し、長ネジのみを
再使用します。
つづく。
turuta_s_room at 16:22|この記事のURL

ボクスター2,5Lエンジン、換装!

57d50466.jpgボクスター2,5Lエンジンの
換装を始めました。

エンジン自体の降ろしは、
ポルシェ911と大体同様ですが、
水冷式の水周りとハーネス類が、、。

昔(2000年)、ニュルブルクリンク24Hに参加してた時、
同じピットにBMWE36M3のイタリア人ティームがいました。
レンタルカーで、メンテナンスは地元のドイツ人達、、。

このイタリア人4人は、どのドライバーもアグレッシブで、
よくマシンをぶっつけてはピットイン、、。
5ティームで1ピット(220台参加を50ピットで割り当てると1ピット当たり
4,4台)ですが、M3がフロントをグシャとやって
ピットイン、、。

すぐさま、自分たちあと4ティームは、ピットを開けて、一番奥に作業場を
開けやります。
そうすると、いきなりエンジンを降ろして、溶接機を何処から持ってきて、
サスペンションメンバーやら、ラジエターステーなどぶち壊れた箇所を
溶接し始めました。

暇なので見ていましたが、さながらエンジン&ボディー組み立てショーです。
ものの3時間くらいで、修理してエンジンを載せ、ピットアウト、、。
ピット内の他のティームからやんやの拍手喝采、、。

スゲーもの見ました。
諦めちゃいけねー!
このイタリア人ティームは、最後まで色んな作業をドイツ人メカ達に
させる我侭な野郎達でした。

しかし、どんなトラブル、パーツの欠損の場合でも、メカの一人が
何処からかパーツを持ってきてくっつけていました。
まさにマジックショーでした、、。
メカの神様、上には上がいるもんです。

話は、長くなりますが、ルマンでも同じような職人が、、。
サーキットの周りには、1日でひっくり返ったGT3を完璧に修正する
職人達がいます。
レースより余程、自分には為になります。
つづく。
turuta_s_room at 11:41|この記事のURL

2012年06月11日

すみません! 情報不足で、、。

baf506a0.jpg2012年のセパンにプリウスGT300
参加しておりました!

いい加減なツルタであります。
反省!

バチが当たって、昨日朝早朝6時ころ
急に右わき腹に激痛、、!

何の前触れもありません。
痛みはマラソンでわき腹が痛くなるような鈍痛、、。
これが30秒おき、陣痛か、、。

兎に角、生まれて初めての経験、、。
トイレに行ってもウーンと唸るばかりで、、。

で、急遽近くの家田外科(痔の病院では全国的に有名、、今はそんなこと、、)に
家内で連れて行ってもらう、、。

で、先生が見てくれて、色々問診、、。
”尿管結石か、急性盲腸炎ではないけど、、!”などと、、。
で、”おしっこなんとか、出ないか!”と、先生が、、。

”はい、先程出ましたけど、絞りだしてみます!”と、激痛の中、トイレに歩いて、。
なぜか、痛みが和らいだような、、。

で、例の尿検査用の紙コップを情けない状態のムスコに”そら、出せ!”と、、。
そすると、チョロチョロ(スミマセン、状況を正確に)オシッコが出だしたところ、
スルっと直径3mmくらいの赤い(本当にさくらんぼの種みたいな)ツブが
コップの中に、、。
そう、赤いダイヤが、、。

それからは、痛みが嘘のように無くなって、、。
なんだ、これは、、?
まだ、状況が分かってません!

看護婦さんが、デタデタと月が炭鉱山に出たように笑いながら、、。
で、先生のところに帰り、先生がおもぬろに”尿管結石でしたね!”と冷静な顔で、、。

さすが経験豊富な先生(自分と同世代か)で、読みは当たっていたと、、。
それから、点滴でもしておきましょうと、、。

その日は、丁度会社お休みで良かった、、。
どこにも出かけず、ズっと安静にしてカウチに横になり、一日を有意義に過ごしました。
本当は、出てきた赤い宝石”ダイヤ、欲しかったですが、看護婦さんが捨てましょうね!と、、。
激痛の元は、かくして長旅に出られました、、。

貴重な体験でした。
陣痛がこんな感じなのかと、一人で納得してました。
原因は、分かりません。
兎に角、お水をたくさんとって、放尿を頻繁に、、。
赤いダイヤのお話でした。

ツルタ画伯の直筆鉛筆画であります。
本当に綺麗でした!!
つづく。
turuta_s_room at 11:17|この記事のURL

2012年06月09日

今年も行けない、ルマンです!

8085344e.jpg明日日曜は、セパンでスーパーGT開催!
プリウスGT300はバッテリの規制で参加出来ず!

来週は、ルマン24Hレースウィーク、、。
行きたいですが、行けれません、、!

TS030ハイブリッドのエンジン組み付けた某○ヨタ社員は、
自費で、、。
会社は止めたらしいが、、。
大会社の規則で、、。

皆さん色んな理由がありますが、、。
ただ行けないのです、お金が、、。
え、皆さんも、、!

ま、ルマンがどうした!!!
仕事頑張るぞ!

絵は、1999年996GT3が新発表された年にルマン24Hに初参戦、クラス優勝した
マンタイティームの車両です。
全くプライベートな雰囲気のスティッカー貼りで、のどかであります。
ところで、通な方ならお分かりでしょうが、このころは、まだマンタイ氏と
ビルシュタイン社は蜜月でした。
何故に、ビル君からKW君に変わったのでしょうか、、?
答えは、ムニョムニョです、、。
今更、どうでも良い事ですが、、。
マンタイ氏の名誉の為に、、。
そうビル君(その当時の担当責任者が)が悪いのです!!

ルマン24Hには、一度出てみたいです!という夢が叶うよう、念力を購入した宝くじにかけてます!!
つづく。

turuta_s_room at 16:27|この記事のURL

ポルシェ997GT3にクイックシフトを取り付け、、!

DSCN0560
DSCN0542


昨日、ご来店されましたお客様の997GT3にアイコード製クイックシフトを取り付けました。

最近のGT3やターボなどには、純正オプションでショートシフト(クイックとは弊社の言い回し)が
用意されており、自分もその操作製を確認してますが、、。

でも、アイコード製は前後のブッシュを純正がテフロン&樹脂タイプに対し、ジュラルミンシャフト&
ジュラルミンブッシュ製にしてあります。

一般には、ジュラルミンとジュラルミンでは、食い合いのではと心配されますが、航空機関連では
当たり前のことで、潤滑剤が塗布されてれば、樹脂&アルミ材などより、耐久性は断然良いです。

尚且つ、樹脂製のブッシュに比べ、シフト操作感がまるっきりしっとりきます。
そう、アイコード商品の自惚れ宣伝であります。

お客様もご納得されました。もちろん、ショートストローク感もより体感出来ます。
つづく。
turuta_s_room at 14:00|この記事のURL
Profile
Archives