2013年01月

2013年01月28日

ボクスターS986 2002年式販売します!

IMG_1362
IMG_1367
IMG_1363


2002年式ボクスターS 3,2L 6MT 販売します。
シルバー、 走行距離 80000KM

車検 取ったばっかり!

無事故車。

価格 150万円

つづく。
turuta_s_room at 14:35|この記事のURL

ポルシェ964C2 92Y ディーラー車 販売します!

IMG_1371
IMG_1370
IMG_1369
IMG_1651
IMG_1643
IMG_1644


1992年ディラー車、964C2 5M/T この車両を
販売致します。

詳細は、今週末くらいに、、。

2009年1年間、ゲンロク誌ロングタームにて取材した
車両です。

エンジンフルオーバーホール!
クラッチkitは、os技研製メタルツイン、、。
LSDも、、。

サスは、ビルシュタイベース12段減衰調整、車高調、。
走行キロ数は、12万キロ近いですが、11,5万キロ時
にフルオーバーホールですので、殆ど乗ってません、、。
つづく。

turuta_s_room at 14:29|この記事のURL

2013年01月27日

IS-F ちょっと変わったチューニング

IMG_1358
IMG_1355

お客様が、相談ということで来店されました。

IS-Fのチューニングをされたのですが、、。
現在、アイコード製チタン製メインマフラー&
チタン製中間メタル触媒パイプに交換されてます。

で、ECUのチューニングは、某社のカプラーオンタイプ
のスピードリミッターカットを中古車ディーラーで、購入時に
付けてもらったそうです。

アイコードに見えて、LSDかECUチューニングか、、。

ツルタは、エンジンの負担を考えると中間メタル触媒
パイプまで装着されているなら、燃料増量しないと、、。

それで、お客様思案六法して、ECUチューニングを決断!

皆さん、色々ご事情がお有りでしょうが、正攻法でいって
頂きたいと思いました。
つづく。
turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

2013年01月26日

ゲンバラ996ターボ 650psを整備する! 4

IMG_1349
IMG_1350
IMG_1353

ゲンバラ996ターボ650PSのエンジンオイル漏れの
箇所を点検、修理の為、インマニ部分を外したところ、
オイル漏れ箇所を発見、、。

クランクケースインマニ下のブローバイホース部分の
付け根、取り付け面からでした。

パーツ交換で済みそうです。

インマニを外して、ポート内を覗くと、ドイツ人のポート
研磨が見れました。
丁寧と見るか、どうかは、、、、?

ポルシェ956/962Cのエンジンを見た私は、これでも
丁寧にやっていると、、。

ま、それがどれだけエンジンパワーアップに貢献
してるかは、別問題ですが、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:55|この記事のURL

2013年01月25日

レクサス LFA リフトップ機能組み付け!

IMG_1343
IMG_1347
IMG_1344

レクサス LFAのフロントサスを約75mm
リフトアップします。
ロベルタ社製の、、。

正確には、サスペンションが静止の状態から
リフトアップし、2mくらい前後どちらかに動いた
状態で、75mmです。

ま、そんなことはあまり関係ありませんが、、。

LFAは、国内デリバリー完了しましたが、捜せば
出てきますです。ただし、ジブンの希望色は、なかなか
難しいでしょうが、、。

ニュルスペックも出てきてるようで、、。

スピードリミッターカットの作業は、北海道から
九州まで出張作業でやっておりますが、まだまだ、
少ないようで、皆さん乗っていないのか、現状で満足
されてるようで、、。

ある方等は、ゴルフ場近くの別荘に置いてるとか、、、。
そう、ゴルフ場までの足であります、、。
そんな方には、スピードはあまり必要ありません、、。
水温が正常に上がる前に、、。
余計な心配で、、。

ジブンもそんな環境に浸ってみたいと思ってみたりして、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:08|この記事のURL

レクサスGS450hにタイヤ交換 2!

IMG_1330
IMG_1328
IMG_1326
IMG_1332
IMG_1335

今回は、タイヤのお話。
レクサスGS450hは、各アルミホイールに空気圧
センサーが付いています。
パンクした時など、速やかにインジケーターで教えてくれます。

タイヤは、ランフラットタイプといってリム及びサイドウォールが
厚く、パンクした時など、F1のようにホイールにサイドウォールが
くっついてある程度走行可能にしてくれる優れものです。

しかし、欠点もあります。
強度の為、重量重い、走行ノイズ大、価格が高い、種類が少ない、
など、最近のタイヤレパートリーの多さな中では、、。

アイコードのタイヤチェンジャー(イタリア製チェンブ)でも、大変苦労
します。

交換前のリヤタイヤは、キャンバーのせいか、外側が減っています。
しかし、ステアリングが取られるフロントは、正常に磨耗しています。

また、製造年月日は、絵で”JCD2707”と明記してあります。
これは、2007年の27週目(6月ごろ)生産のもので、すでに
6年経過してますので、性能面ではそろそろお役ごめんです、、。

普通のラジアルタイヤに交換しましたので、パンク時など
どう対処すか、、?

パンク修理剤は、あまりお薦めしません。
エアセンサーの目詰まりなど、起こしますので、、。

緊急時は、JAFなどに任せる方が懸命です。
高速道では、バースト以外、何とか次のパーキングまで
自走することをお薦めします。
ジブンみたいに、路肩に停止するのはアブナイであります!
IMG_1337

タイヤ交換後、試走しました。

交換前のフラフラ感が嘘のように解消しました。
タイヤのせいでしたか、、、!
そう、タイヤは、唯一路面と接触してるパーツ、、。
路面の正確な情報は、やはり性能の良い新しいタイヤに
勝る物はありません!

お早めにタイヤを交換しましょう!
つづく。
turuta_s_room at 15:09|この記事のURL

レクサスGS450hにタイヤ交換!

IMG_1323
IMG_1324
IMG_1325

アイコードの社員もインフルエンザに1人がかかりました。
もう一人も危ない!!!

そんな中、ツルタは、アホは風邪ひかない!などと、、。

レクサスGS450hのお客様から、タイヤ交換を、、。
標準は、ランフラットタイヤですが、騒音、高価などから
標準タイヤに交換します。

で、このお客様はジブンの行きつけの散髪屋さんの店主ですが、
アリストツインターボ時代からのお付き合いで、、。

自宅からお店に行き、アイコードまでの18Kmを自走で、、。
さするとステアリング操作がどうもおかしい、、?
50Kmくらいの速度で直進時、ちょっとしたワダチに
ステアリングを取られます、、。
丁度、極度にフロントにキャンバーをつけたような、、。

すぐにオーナーに尋ねますと、最近そうなんだわ!と、、。

タイヤは、そんなに片べりしてません。
レクサス店の、ある工場長に聞きましたが、問題無い!などと、。

どちらにしても、タイヤを新品交換してから走行してみますが、、。

結構このように、マイカーのオーナーは、悩みを抱えながら
見過ごしてると言うか、ま、いいか!とうっちゃってる方
多いようです。

皆さん、面倒くさがらず相談してください。
ちょとした点検、作業で改善されると思いますが、、。
何なら、ワタクシがメールなどで悩み事相談にのります!

気づいたらローン地獄、、。
そんなことはありませんので、お気軽に、、。
つづく。


turuta_s_room at 11:48|この記事のURL

2013年01月24日

新型 IS-FにLSDを組む!

IMG_1320
IMG_1319

2013年現行モデルIS-Fに4ピニオンLSDを
組み付けます。

純正でトルセンLSDが、装着されてますが、
もっとデフロックを効かせたいということで、お客様は、
OS技研製TCDタイプのLSDを、、。

すでにアイコードでは、200台以上の車両に組み付け
ましたが、現行モデルは、トルセンLSDが装着出来るよう
トルセンLSD本体が、加工無く組み付けれるよう設計
変更されてまして、OS製LSDでもケース加工無く
組み付けれます。

本日も、初期型IS-Fを購入された方が、遠方から来店
されましたが、ECUチューニングしようか、LSDを組もうか
迷われました。

信号待ちや、右折待ちでサーっと加速して出ようとしても、
内側後輪が瞬間ホイールスピンして、その結果TRC
(トラクションコントロール)が働き、数秒間アクセル踏んでも
加速しません。

この体験は、経験した者だけの恐怖です。
気分は、加速してるのに、車両はウンともスンとも、、。

ま、も少しタマゴを踏むようにアクセルを、、。
急いでる時は、ツイ、アクセルを踏んでしまいます、、。

で、迷った挙句、今回はECUチューニングになりましたが、、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:17|この記事のURL

2013年01月22日

ポルシェ996/997ターボ&GT2/3用クラッチKIT&LSD販売キャンペーン

IMG_1314

ポルシェ996/997ターボ&GT2/3用
メタルツインクラチKIT&LSDを新発売記念として、
モニタープライスさせていただきます。

価格は、アイコードトヨタまで、お電話、メールください。

先日のフジスピードウェイでの”新春おもいっきり7時間
耐久レース”にて、996ターボ車両が初の装着で
出場、好成績を残しました。

もちろん、オーナーさんは、関西から自走で往復されて、。

乗りやすくて、耐久性あって、サーキット走行に対応する
、そして純正のシングルマスフライホイール&クラッチに
交換するより10万円以上安価です。

価格  ツインクラッチKIT           249,900円

純正フライホイールボルト&レリーズベアリング別売

価格  スーパーロックタイプLSD      207,900円

ご注文、お待ちしてます!
つづく。

turuta_s_room at 15:12|この記事のURL

2013年01月21日

NEXCO巡回車両と高速道警察隊にお世話になりました!

黄色パトカー

1月20日、貴重な体験をしました!

朝、お客様とお仕事で、豊田市を出発、高速道で新東名を
浜松浜北まで出張中の出来事です!!

新東名に入って、最初の大きなパーキングにより、
ガスを補給した後、パーキングをスタートした1Km
地点付近で、前方を走行されていたお客さまの車両から
一瞬紙ふぶきかと思うような落下物が、、。

それはもう、なでしこジャパンの女子サッカー
の皆さんが、金色の紙ふぶきのあれと同じ光景、、。
スローモーションで、、。

本人は、どうして落としたか覚えてないようですが、ガス代を
セルフで払い、なぜか大きな財布(二つ折り)車両の屋根に
置いて、つり銭をセカンドバックに、、。

ジブンは、100m後方を走行してました。
3車線、全部に何かお札のような紙切れ、カードなど、、。
二つ折りの黒い皮財布も飛んでまして、、。

警笛とパッシングで知らせましたが、何も知らず、、。

そこで、咄嗟にジブンは、最も危険な(後で反省)行為である、
車両をギリギリ路肩に止め(300mくらい進んで)、飛び散った
中身と財布を回収しようと、、。

当日は、気温1度、そして西から東への強風、、。
ジブンの路肩付近を万札が飛びぬけて、、、。
アッと思い、拾おうとしてもサルのような動きで(お札やカードが)、、。
ようやく長細いお守り札は、ガシっと掴みましたが、あとは足元や
3車線全部を使って、サンザンバラバラという表現ピッタリの
状態で、上り線を吹き飛んでいきました。

300mくだって、丁度3車線中央に、その黒い二つ折りの皮財布は、
Vの字を大開脚した形で、横たわっていました。
その間、日曜日にもかかわらず、通過する車両は、わずか、、。

でも、そこまで行くのに5台くらいやり過ごして、取りに行きました。

よく、黄色いパトロールカーが、道路上の落下物を赤い旗を
持ちながら拾ってる状態であります。

黒い財布を右手で掴み、サっと路肩に戻り中身を確認、、。
さすると、運が良いことにカード数枚と運転免許書は残って
いました。
全く、札類はありません。
あの時、空中をそのサイフが5m以上舞い上がったような、、。

そして、車両に乗り、一路浜松浜北インターを出ました。
途中、お客様はジブンがついて来ないのを心配しまして、
携帯に電話が、、。
しかし、高速道では騒音が大きくて、伝わりませんでした。
彼は、料金所出たところで、、。

で、もって、事情を本人に説明し、隣接のNEXCOの
事務所内に行き、丁度おられた若い隊員の方に事情を
説明、すぐに捜索にいきます!と、、。

そして、事務所隣の高速警察隊事務所に落としもの報告に、、。

そして、目的地に到着、お仕事すんで帰りのPM3;00ころ、
お客さんの携帯に電話が、、。
”現金数万円とキャッシュカード2枚回収しました!”っと、、、。

さすが!あの強風の、3車線の、高速道で、、。
奇跡としか思えません!!
現金は半分くらい回収出来たのです!!

貴重な体験でしたが、皆さんマネしないように!

NEXCO高速パトロールの隊員の皆様、ありがとうございました。

そして、静岡県警高速隊の方も、、。

これから、高速パトロールの黄色い車両を見たら、このような
キケンなお仕事をしていることを思い出し、感謝と今後
気をつけるようします!

写真を撮ってる余裕もありませんでした、、、。
これビデオ投稿したらと、アホなツルタでした、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:53|この記事のURL

2013年01月19日

ヤンマー耕運機 ポチ 売ります!

IMG_1308
IMG_1277
IMG_1278

ツルタ家愛用のヤンマー耕運機”ポチ”を手放します。
カソリンエンジンOHVです。
ちゃんと、昨年まで仕事してました。

どなかた、お庭の家庭菜園用にどうですか、、?
お父さん、お母さんにプレゼントとか、、?

価格は、2万円。。。

結構でかいので、軽トラ以上でないと、、。
もちろん、取りに来られる方のみ、、。
つづく。
turuta_s_room at 11:24|この記事のURL

2013年01月18日

IS−F スーパーチャージャーKIT搭載オーナーさんの近況!

IMG_1302

先回、納車しましたスーパーチャージャーKIT搭載
2号車のオーナーに感想をお聞きしたく、連絡しました。

さすると、本人さまにはお会いできませんでしたが、
ディーラー担当者と別件で打ち合わせ時、オーナーさんの
感想はどうでしたか?と尋ねたところ、内緒のお話では
ないからお教えしますが、オーナーさんは、走行中、
他の車両が止まってるように見えたそうです、、と、。

そして、走行中はあまりに速いので緊張して、
自分のガレージに車庫入れ中、緊張が解けて
愛車をガレージ角にぶっつけたそうです、、。

さもありなん、あの加速を500PSの車両経験無い方が
乗れば、緊張しっぱなしでしょう、、。

ま、アクセル踏まなきゃ良いのですが、、。

ストレスは、発散出来たでしょうが、心地よい疲労感
以上の疲労が、、。

ということで、1月の下半期、IS−Fのチタンマフラー&ECU&
中間マフラー大バーゲン実施中です。
お問い合わせください。
つづく。


turuta_s_room at 18:05|この記事のURL

After all, 964RS is good!!!

IMG_1281

964RSを修理が終わってジブンが久々に乗りました。

”いいね!いいね!”って、感じ!!

後ろの青い964カレラ2を日常の足にしてますが、
やはり全く違います。
世界中のポルシェファンが躍起になってRSを
捜してる理由を今一度理解しました、、。

あまりに、周囲にRSがあるジブンには、この
凄さが見失います。

”やっぱり、964RSはいいね!”
つづく。
turuta_s_room at 16:30|この記事のURL

IS−F チタニウム製エクゾーストマニ 試作品 完成!

IS−F チタン2
IS−F チタン3
IS−F チタン1

IS−F用チタニウム製エクゾーストマニホールド(ヘッダー)の、
試作モデルが完成しました。

まだ、仮付けですので、外して本付けであります。
絵でお分かりように、R部分は肉厚1,2mmの
R35のパイプを製作し、切りつなぎしたものです。

ですから、R部分のヒケ(内径が狭くなる)は一切
ありません。
このR35は、この業界ではまだありません、、。
せいぜい、R50が限度か、、。
集合部分の内部も、レーシングカーエンジン並に
仕上げました。


ということで、極端に狭いIS−Fの排気部分に
ヘビのトグロ状態のタコ足が何とか出来上がりました。
あとは、これでどれくらいパワーが上がるか、、?
お楽しみです!
つづく。
turuta_s_room at 13:35|この記事のURL

2013年01月17日

ポルシェ964RS 修理

IMG_1272
IMG_1270

ポルシェ964RSの修理です。

ステアリング系等からの異音が発生、、。

調べますとステアリングシャフトとギヤボックスの
繋ぎ手のガタを発見、、。

新品パーツと交換です。
パーツを外してみますシャフト部の変形、ナットの緩みが
ありました。
つづく。
turuta_s_room at 13:18|この記事のURL

IS−FスーパーチャージャーKIT搭載 3号車 14

IMG_1273
IMG_1271

IS−Fは、空冷式インタークーラー(アイコードオリジナル)を
フロントライジエター前に組み付けます。

この辺は、市販のターボKITを組み付けるのと同様の
作業です。
つづく。
turuta_s_room at 13:08|この記事のURL

2013年01月15日

日本の文化の偏見にもの申す!

IMG_1268
IMG_1267

ツルタの部屋では、日本の政治や文化について
あまり批判的なことは言わないように努めてました、しかし、、。

今朝の中日新聞(愛知県の)にトヨタ自動車の社長、
豊田章男さんが日本の自動車関連事業に対し、
日本の役人、議員、そして消費者の国民がもっと注目するよう、
これからの景気回復に大変重要なことをインタビュの中で的確に
述べていました。

また、絵の自動車雑誌”モーターヘッド06号”で、イタリア人
カーカルチャー編集員”カルボナーレさん”がコラム記事の
中で的確に日本のクルマ事情に関する意見を述べてます。

その中の記事を引用します。
”1986年、ウイリアムズ、ホンダがコンストラクターズ、
タイトルを獲得した際、NHKがニュースセンター9時で、
メインの話題として取り上げたそうなんです。しかしこの時、
驚くことに視聴者からは、「テレビで取り上げるような話題
では無い」「暴走族による危険走行を助長し善良な市民を危険に
晒しかねない」と苦情が殺到したんですって!

アホかお前ら! と言いたい、ツルタは、、!

危ないから高校生はモータサイクルに乗ってはいけない!
そして、自動車の怖さも知らず、親たちがカワユイ子供に
自動車の免許を取らして、いきなり高性能自動車を、、。
怖さを知らない子供たちは、、、、。
しかし、英才教育でしょうが、16才の天才ジャンパー女子、、。
あれは危険ではないのでしょう。
小学校行く前から、練習して、、。

ま、こんな日本ですから、昨年のWECでのトヨタTS030が
総合優勝しても、ナーモニュースなどに取り上げる事無く、
新聞でも、、。

自動車文化の鎖国であります。

と、一人興奮してるツルタであります!!!
グチを言ってナーモ解決出来ないツルタであります!!!
つづく。
turuta_s_room at 15:53|この記事のURL

IS-FスーパーチャージャーKIT搭載 3号車 13

IMG_1261

IS−Fは、フロント部の改造に入りました。
すでに後付けのエンジンオイルクーラーや追加の
ATクーラーなど、所狭しと、、。

どうやってスーパーチャージャーKIT本体用
潤滑&冷却オイルクーラー&オイルタンクなど
の取り付けを検討してます。
つづく。
turuta_s_room at 13:48|この記事のURL

レクサス LF−AのリフトアップkIT取り付け!

IMG_1258

レクサス LF−A(先日納車だそうで)に、ロベルタ製
リフトアップKITを組み付けます。
つづく。
turuta_s_room at 13:20|この記事のURL

ポルシェ997カレラ メンテナンス

IMG_1260

ポルシェ993カレラ Tipの点検整備を行ってる図です。
オーナーさんは、数年前から欧州に転勤、、。

何時転勤で国内に帰れるか不明だそうです。
寂しくご主人様を待つしかありません。

その為、ナンバーも切りました。
名古屋に大切に保管されてまして、1年に一回、ジブンが
仮ナンを持って引き取りにいきます。

車両は、快調ですよ! オーナーさま、、。
つづく。
turuta_s_room at 11:59|この記事のURL

タカダさま 業務連絡です!

レーシングナンバーステーのお問い合わせを
いただいたタカダさま。

ご質問の返信をメールしましたが、受け付けません。
ドコモさんなどのメールで送られた場合、
受信拒否される場合ありますので、違った方法でご連絡
ください。

turuta_s_room at 11:39|この記事のURL

2013年01月14日

ポルシェ911用クラッチペタルアジャスター製作!

000


ポルシェ911なら現在の車両まで、どの車種でも
装着可能、、。

メタルクラッチなど、スポーツクラッチKITを組み付けた時、
クラッチペタルのペタルストロークを半分くらいまで
短くして、クラッチペタル操作がやり易くなるパーツを
アイコード商品として試作中です。IMG_1158

海外品のコピーですが、機能はそれを上回り、価格を
安価にするよう努力してます。
つづく。
turuta_s_room at 15:14|この記事のURL

ゲンバラ996ターボ 650PSを整備する! 3

IMG_1256
IMG_1255
IMG_1246

ゲンバラ996ターボ 650PS車両からミッションを
外しました。

ザックス製レーシングクラッチ(メタルシングルディスク)が
装着されてました。

絵で分かるように、4枚のメタルディスクタイプですが、
このタイプは、ダンパーというものが無く、クラッチミート時は、
エイヤ!と、スパっと繋がるので、信号スタートはもちろん
ですが、上り坂などプロのドライバーでも神経使います。

また、ミートポイントがクラッチペタルを踏んで、ギヤを入れ、
クラッチペタルを注意深く放していくのですが、コムラガエリに
なるくらい、足首を反らさないと繋がらないので、、、。

今回は、新開発のOS技研製プル式ツインメタルクラッチKIT
に、交換致します。

ついでに、クラッチペタルアジャスターなるものも交換を、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:01|この記事のURL

IS−F スーパーチャージャーKIT搭載 3号車 12

IMG_1257

IS−Fのエンジンは、ピストンが組みつけられました。
コレカラ、シリンダーヘッドなど組付けに入ります。
つづく。
turuta_s_room at 14:51|この記事のURL

2013年01月13日

IS-F用チタニウム製エクゾーストマニホールド試作中!

IMG_1208
IMG_1209
IMG_1210
IMG_1212

レクサスIS−F用チタニウム製タコ足を試作中です。

チタンのパイプ外径は、42,7パイ。 肉厚1,2mm。
片バンク集合(スポーツ触媒部)が60パイです。

右バンクは、ステアリングシャフトがエンジン中央横を
斜めに通っているので、4番シリンダーのパイプ形状は
まるでとぐろを巻いたヘビです、、!
なんせ片バンク、エンジン幅に対し、ボディーとの余裕は
15mm程度しかない、キツキツ状態なので、、。

最近のF1でもそうですが、等長パイプのタコ足でなく、
集合から一番遠い1番シリンダー側と4番の一番近い側が
同じ長さでなくても良く、等速といってパイプ形状の曲げ角が
少ない1番側に対し、4番のとぐろ状態の長さが曲げ角により
排気ガスの流速を同じになれば良いという考えです。

要は、長さ1mの90度曲げパイプと180度曲げのパイプが
0,5mであれば、同じ排気抵抗であるという考えです。

ま、細かいことはさておき、完成を乞うご期待です。
つづく。
turuta_s_room at 15:25|この記事のURL

2013年01月12日

2013年1月東京オートサロンショー開幕!

IMG_1217
IMG_1223
IMG_1220
IMG_1228
IMG_1234

2013年1月東京オートサロンショーが開幕しました。
今回は、アイコードとしては出展無しです。
ジブンだけ行って来ました、、。

金曜は一般開放してませんが、ジブンが到着したAM10;00
ころには、駐車場の一番端っこ、、!
凄い入場者数です。

今年初の単独出展のレクサスブース、、。
例の矢口さん、今回のブースを手がけた方の関係者(美人で)
との、ツーショットを、、。
LSに鋲が打ってありました、、。

ホンダRA300、劇的な3Lでのデェビューウィン!
ジョン、サーティース氏のドライブで、、。
今のホンダさんは、あまり好みませんが、F1マシンは、、。
例の空冷なんざ、感動もんです!

おなじみプリウスGT300、今年も頑張りまっせ!
相変わらず、毎年恒例の挨拶回り、、。
ホール1から9まで歩きながら、挨拶の連続でありました。
つづく。
turuta_s_room at 17:25|この記事のURL

2013年01月10日

ゲンバラ996ターボ650を整備する! 2

IMG_1191
IMG_1190
IMG_1189
IMG_1188
IMG_1187

ゲンバラポルシェ996ターボ650エンジンが
降りました。

当初は、ミッションのクラッチを点検するだけと思い、
作業開始しましたが、ごらんの様にミッション回りのオイル配管、
パワーステオイルパイプの配管等が邪魔して、単体で外れず、
エンジンごと降ろすことに、、。

絵のミッションのオイルパイプ配管は、ミッションのギヤに直接
オイルを噴射するレースでも、ここまで徹底しませんが、
最高速やニュルブルクリンク北コースの最速狙いの為と、、。
ドイツ野朗の堅実さが、、。

しかし、それ以外のエンジンのオイル漏れやターボドレイン
オイルの対策が良くないため、インテークパイプ内に
ターボのオイルが逆流し、何回かエンジンを止めた後の
ターボ冷却用オイルのドレインから、ターボ本体がオイル漬けに
なり、ターボインテーク側からインテークパイプ内に
オイルが回り、インタークーラーも含み、中はベトベト状態、、。

急加速時にエンジンの息つきがあるというオーナーの指摘の
原因はこれでした、加給圧空気にエンジンオイルが混ざって、、。

993ターボ時代も、オイルエレメント不備からターボがオイル漬け
になる症状と同様です。

996ターボからは、ターボ下側にオイルコレクタータンクが
標準装備になったのは、その対策です。
つづく。
turuta_s_room at 13:23|この記事のURL

2013年01月08日

ポルシェ964RS 販売します!

IMG_1100
IMG_1099
IMG_1097

ポルシェ964RS 販売します。

これも詳しくは、お電話とうで、、。
ピカピカであります。
以前ジブンが持ってたヤツ。
現在のオーナーによりより磨きがかかりました。

価格         790万円 税込み

電装系もバッチリ修理、ヒーターコントロールパネルも、、。
新車同様です。
つづく。
turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

2006年式 ロータス エキシージS/C 販売します!

IMG_1185

昨年お客様にお嫁入りしたアイコードエキシージS/C
お客さんの都合で手放そうで、販売致します。

価格        530万円(税込み) 諸経費別

詳しくは、メール、お電話、ご来店ください。
つづく。


turuta_s_room at 14:00|この記事のURL

ゲンバラ996ターボ650PSを整備する!

IMG_1168
IMG_1165
IMG_1160
IMG_1161
IMG_1179
IMG_1163
IMG_1183
IMG_1184

この度、常連のお客様が、ゲンバラ製ポルシェ996ターボを
ベースにした”BITURBO T−GT650EVO”なる2004年に
日本に1台だけ(どうも世界に1台とも)輸入され、当事の
ポルシェ専門雑誌”I LOVE 996 PORSCHE”で山崎元祐氏に
より紹介された車両を昨年末、衝動買いされました!

で、ツルタのところで点検、整備してくれ!と持ち込まれました。
早速、ジブンも乗りました。
650PS、トルク85,7kgm/rpm、最高回転数7450rpmという
当事としては世界的にもハイパワーマシンです。

試乗の感想は、低回転からの加速は現代的ではありませんが、
4000RPMを超えてからの加速は鋭いものがあります。
けっして乗りにくいということではありませんが、高速道でないと
フル加速は厳禁、、。
純正が4WDですが、2WDにミッションを改造してあり、
ホイールスピンは、当たり前体操、、、、!

ホイールは19インチでサイズも245/315(FR)とも当事最高の、、。
ショックはどこ製?か分かりませんが、バネはアイバッハか、、?

ロアアームはキャンバー調整可能なGT2/3用を流用、、、。
ターボは、ギャレット製のボールベアリングタイプ(形状が小さいので)!
触媒もスペシャルもちろんマフラーも、タコ足も、、。
インタークーラーが純正(フェンダー両サイド内)に追加でエンジン
ルーム内に、、。

ハイカム&チタン製コンロッドでエンジン強化、、。
フロントフェンダーはオーバーフェンダーに、、。
すでに15mmのスペーサーが入り、FRワイドトレッドに、、。
外装もゲンバラ風ですが大人しくまとめて、、。

今回、現オーナーが気に入らないのがクラッチです。
650PSのパワーを受け止めるべくクラッチが強化されてますが、
今ミッションを外して改造しようとしてますが、メタルクラッチ(多分)の
為か、クラッチミートがCUPカーのようにスパーと繋がります。
信号や坂道発進はどきどきで、、。
それらを乗りやすく改造してくれと、、。

ゲンバラ氏とは、20年ほど前にその当事のシュツットガルト市の
素晴らしい会社で会い、商売の話などしたのですが、、、。

デザイナーとしては素晴らしい方でしたが、、、。
噂では、すでにこの世に居ないとか、、、。

基本的なイメージはそのままで、乗りやすくしたいと思います。
つづく。

turuta_s_room at 13:53|この記事のURL
Profile
Archives