2013年04月

2013年04月28日

アイコード IS−F”青鶴” 価格を値下げしました!

IMG_2063
アイコードIS−F”青鶴号”は、お値打ち
価格にする為、内容を変更しました。

現在、くっついてるアイコードパーツや
社外品を一部外して、車両販売価格を
おもいっきり、お求め安いバーゲン
プライスにしました。

5月連休中、暇な方は豊田市まで、冷やかしに
来られては、、。

5月2日まで通常営業ですが、3〜6の4日間は、
ジブンが、6日を覗いて留守番してますので、、。

で、バーゲンプライスは、   419万円税込み

チタン製メインマフラー&中間パイプ、
BBS製REVホイール&タイヤを外して、
純正品に交換します。

性能は、30PS程度は落ちますが、それでも
440PSありますです!

ジブンへのご褒美にどうぞ!
つづく。
turuta_s_room at 14:55|この記事のURL

ポルシェ964RS 車両販売!

IMG_2062IMG_2060IMG_2061IMG_2057IMG_2058IMG_2056
ポルシェ964RS 1992モデル 車検有り

無事故車 新車並行 走行 ; 48150km

シートは、純正有り(痛むのでSPGに)

全て純正、エアコンが標準装着されてましたので、
現オーナーがディーラにて取り外し、台座だけ
残っている。

程度 極上

価格 応談

あるところには、あるんですね!!
このようなレア物が、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:34|この記事のURL

2013年04月25日

空冷ポルシェ達人バイブルの本、やっと増刷しました!

7cdecdab.jpg鶴田昭臣著、空冷ポルシェ達人バイブルの
本が、やっと増刷されました。

これは、講談社さんと掛け合って交渉中でして、
増刷が今の時期、少ない本数ではなかなか
請け負ってもらえませんでした。

しかし、講談社ビーシー(ベストカーなど)の
会長であり、BC編集長でもある勝俣氏の
ご尽力で、製本を少ない本数で製作していただき
ました。
感謝!

巷では、幸か不幸か?結構なお値段で中古本が
売買されてました。

購入希望者さんから、定価で買えないのか!と、
増刷出来ないのかと、ありがたいことにご意見を
たくさんいただいておりました。

ここに来て、やっと販売にこぎつけました!!

高価な金額で購入された方には、申し訳有りません!

アイコードでの専売となりますので、地方の方は、
1680円プラス郵送代290円 計 1970円

ご購買をお待ちしてます。
つづく。
turuta_s_room at 16:26|この記事のURL

2013年04月22日

ポルシェ993TIp、もう1台のオイル漏れ修理の巻き。

IMG_2005
もう1台、エンジンオイル漏れ修理で
入庫している、ポーラシルバーの
993カレラTip車両、、。

現在、エンジン分解中の993TIpと
くしくも同じ色、機種のポルシェが時期を
同じくして入庫、、。

そして、事実は小説より奇なり!の第2弾!
2号車カレラのオーナーさんにお許しをいただきましたので、。

これら2台の車両オーナーさん、某T社の方、、。

時期は数年ずれますが、日本にどうしてもいたい時期に
海外転勤、それも何時返ってこれるか分からず、、。

で、先輩993カレラのオーナーさんは、昨年、
そして今回の2号車のオーナーさんは、今年
帰国のお許しが、、。

それで、、どちらもオーナーさんにも留守中、愛車の
管理を任されていましたが、どちらも持病の漏れ!が、。

それで、両者、帰国を機にエンジンの修理をケツダンされまして、。
まだ、2号車のオーナーさんは、海の向こうですが、、。
その為、一時抹消といって、ジブンの赤い964CUP同様、
ナンバーを切られました。

で、今回、帰国に会わせ、ナンバー再取得と懸案の
オイル漏れ修理を決断された訳です。

皆さん、それなりに事情、お苦しみになってるのです。
しかし、今年の夏は、楽しくドライブという訳です。
メデタシ、メデタシ!の筋書きのはずですが、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:46|この記事のURL

トヨタ スープラ80修理!

IMG_2023IMG_2031
外観、ピカピカのスープラ80、6速仕様です。

今回、エンジンのオルタ、タイミングベルト、
水ポンプと前回りの交換で、、。

オーナーさんは、これからも大事に乗っていくと、、。
いい車です。
つづく。
turuta_s_room at 15:31|この記事のURL

ポルシェ993オイル漏れ修理 4

IMG_2024IMG_2025IMG_2026IMG_2028IMG_2027
ポルシェ993オイル漏れ修理の
エンジンを分解、点検してます。

今回、オーナーさんは低予算を強く希望!
極力、パーツ交換無しでの要望でした、、が、!

出てくる、ヤバイパーツが、、。

ザっと計算しますと純正パーツ金額でいくと
150万円を超えて、、。

希望は100万円ですので、、。
これから、予算削減の為、純正じゃない、社外品を
使用します。
価格については、30%くらいまで下がり、内容も
性能は、標準を維持可能です。

シリンダーヘッド部分は、お約束のバルブガイド交換
のよる、バルブ&シートカットなど、、。

シリンダー内壁は、11万キロ走行後でも、大丈夫です。
ピストンモ、クランクも、、。
ピストンリングは、問答無用の新品交換、、。

ロッカーアームのラッシュアジャスターは、要交換。
メタルも親子で交換、、。チエーンガイドも、、。
樹脂製品、ゴム類はもちろん、、。
電装品もオール交換、、。
どう考えても、100万円越すか、、!
つづく。
turuta_s_room at 15:27|この記事のURL

赤い964CUP 順調に仕上がって、、。

IMG_2030
レストア中の964CUPは、ナンバーも取得、
これで試乗が可能に、、。

細かいパーツも1台、パーツ取り車を購入
しましたので、、。

ヒーター回りも完璧、、。
リヤフードの配線回りも、、。

リヤキャンバー調整用ストラットプレートも、、。
楽しみです! 試乗が、、。
各方面から購入の申し込みありましたが、
残念ながら、お嫁入り先決まりそう!
今は、結納状態で、、。

ダスティン、ホフマン主演の”卒業”には
ならないと思いますが、、。

この車両は、今だからあかしますが、海外からも
問い合わせ多数ありました。
964人気は、、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:14|この記事のURL

”アイスマン 5000年前からきた男”の真実をNHKさんが、、。

アイスマン
1991年、イタリア、アルプス登山中に道に迷った
サイモン夫妻が、氷が溶けかかった雪山(5000m)
に上半身が露出したミイラを発見、、。

これが世紀の大発見で”アイスマン 5000年まえの”、、。
世界中のあらゆる方面の学者の話題になりました。

ジブンも、友人に紹介され著作された”アイスマン、”
を購入、むさぼり読みました、永遠のゼロみたいに、、。

そして、先日、中部地方に午前零時ごろ震度2の
地震があり、そのあと眠れなかったので、テレビを
つけました。

普段なら映画かナショナルジオグラフィックしか、
見ないのですが、その時は、地上波のそれも
普段など見もしない2チャンネルの教育テレビ、。

そしたら、15分過ぎてましたが、再放送でその
”アイスマンの解凍調査をやっていました。
2012年にそれは行われたそうですが、、。

1991年から21年も経過して、、。
色々のことが判明しました。

ちょうど東野圭吾氏のプラチナデータを小説と映画
を見た後でしたので、DNAから絵のような人体模型が
忠実に再現されるのは当たり前で、胃の中の
食べ物あとから、肉、魚、そしてハーブの野菜、
そして驚くことに小麦、煤、これでパンをたべてたことも、。
5000年前には、ユーロッパでは、まだパンは普及
していないのが定説で、、。

また、体の数箇所に縦に3本(2cmくらい)の刺青。
刺青についても新発見ですが、それより凄いのは
その箇所、全てが中国で普及した鍼灸、指圧の
つぼであったそうで、、。

ま、ぜひNHKのそれを見てください。
なぜにその5000メートルの高地で息絶えたか、、

それから、もっと驚いたのは1時間番組で、おわりの
テロップをぼんやり見ていましたら、チラっと出てました。
何の肩書きも無く、だた”巽信二”と、、。

この人、現在近大医学部の博士で教授の、、。
そして大阪府警、いや全国の警察で知らない者は、
いない、、。
死体の検視をされる法医解剖の権威、そしてジブンの
ツレである、”巽信二先生じゃあ,ないのか?と、、。
彼とは、当時近大生のころ、SA22Cターボ(RX7)の
チューニングをやったのがきっかけで知り合いに、、。
彼とは大阪でも大いに飲んで歌って、、。
あれから30数年、、。
今や、巽先生といったら、、。

早速翌朝、電話、、。
忙しい方で、翌日(2日後)の朝6時の返事が、、。
”おう、元気か、久しぶり、今まで検視を、、!”なんて、。
そして、そのことを尋ねたら、そうなんだよ!と、、。
NHKさんから、色々質問されて、、。

ま、そういうことで、事実は小説より奇なり!であります。
それと、これは彼の意見ですが、当時発見された
アイスマンを解凍して解剖しようとしましたが、
担当の学者の間で、今は時期尚早、技術が向上し、
皆のレベルが上がるまで、その時期を待とう!といって
その時期を待ったのだそうです、20年も、、。

奈良の古いお墓の壁絵が崩れてきたのは、その保存、
対策に問題があったのは事実だそうです。
今回のアイスマン解凍時期は、やはり担当した学者さん
たちの度量の大きさを感じました。

20年もの間、目の前の宝の山を手に出来ないつらさと
何時解凍しようかと、、。
しかし、じっと我慢して待った甲斐があったというものです。
5000年前に、持っていた銅製手斧の純度を測定
すると99%だったそうで、、。
やはり宇宙人が来て、教えたのか、、、?

ジブンもそうなりたいと、また感動、人の振り見て
我が振り直せ!であります。
つづく。
turuta_s_room at 14:00|この記事のURL

2013年04月20日

ポルシェ993カレラTip スーパーチャージャー車 販売致します!

IMG_2016IMG_2017IMG_2018IMG_2019IMG_2020IMG_2021IMG_2022
ポルシェ993カレラTip 1995年式 ディーラー車

スーパーチャージャーKIT付き 走行キロ 31850km

色 ; 黒  無事故車

アイメック時代にスーパーチャージャーKIT取り付け

外装 GT2ルック

程度 極上

車検 H26年10月

価格 460万円 税込み 諸経費別途

シャシーダイナモで、380PSに調整(Tip対応)。
つづく。
turuta_s_room at 15:04|この記事のURL

2013年04月19日

ポルシェ996ターボ550PS仕様完成!

IMG_2011
ポルシェ996ターボTip550PS仕様が
完成しました。

試乗しましたが、やはりTipでもミッションや
ドライブシャフトが壊れるんじゃあないかと思う
くらいな強烈に加速します。

マニュアルの黄色い996ターボも今、エンジン
調整中ですが、6MTですけど、加速感は、Tipの
方がより感じられます。

同乗したら怖いでしょうね、、。
ま、このようなマシンは、一度体験すると一生脳裏に
焼き付く為、麻薬の如く忘れられません、、。

先日、軽井沢まで出張してきましたが、車両1台自走で
帰社しました。
帰りの高速で、追い越し車線をヴィッツさんが100km
くらいの速度でタラーと、、。
左の走行車線開いてるのに、、。

で、良く見ると25歳?くらいのおねーさんが、ルームミラー
見ながら、クレンジンか、栄養クリームか何かを
お顔に塗りたくっておられました、、。
何べんも言いますが、追い越し車線で、、。

何が悪いんじゃ!??
ま、これが日本の道路事情であります。
ジブンも人の振り見て、、、。
気をつけて走行しますです、、、!
つづく。
turuta_s_room at 17:48|この記事のURL

2013年04月16日

レクサス IS−F”青鶴” 販売致します!

IMG_1998IMG_1999IMG_2000IMG_2001IMG_2002IMG_2003
レクサスIS−F”青鶴”を販売致します。

H20年 車検H27年4月 走行 ; 31684km

色 ; 青  無事故車

アイコード デモカー 

内容 ; ECUチューニング、チタンマフラー、

チタン中間マフラー  ハイカムシャフト  470PS

チタンタワーバー、車高調&12段減衰式サスKIT


強化タワーバー F,R, カーボンフロントフード
カーボンフロントリップ

OS技研製LSD、 2ピースフロントブレーキ

BBS製鍛造アルミホイール”RE−V” 19インチ
タイヤ”アドバンスポーツ” 新同

ミッションオイルクーラー&エンジンオイルクーラー

大体こんな感じです。

価格        469万円 税込み 大特価

純正ホイールの装着も相談に応じます。
つづく。
turuta_s_room at 13:57|この記事のURL

2013年04月14日

ポルシェ996ターボ550PS仕様チューニング 2

IMG_1990IMG_1991
ポルシェ996ターボTip用550PS仕様の
チューニングです。

ターボをハイフロータイプに交換、、。
この時代の車両は、すでに10年以上経過
していますので、高熱になったボルト&ナット類は、
錆付き、取り外しに結構時間が掛かります。

スポーツ触媒(メタル)一体型のEXメインマフラーは、
プラハンマーで、付属のステンレス製バンドをマフラー
本体の楕円型に合わせて、予めなじませるよう
成型します。

エンジン内部は、エンジンプラグがベル製でしたので、
性能の安定してるNGK製に問答無用で交換です。IMG_1993
つづく。
turuta_s_room at 16:44|この記事のURL

2013年04月13日

ポルシェ996ターボ 550PS仕様チューニング車両入庫!

IMG_1986IMG_1987
白いポルシェ996ターボが入庫しました。
オーナーさんは、ディーラーで中古車で購入、
保障期間が終わったのを待って、
チューニングをされます。

550PSというとノーマルより130PS以上アップ
します。
各部純正電装品など、新品交換しての入庫です。
Tip車両ですが、過去にTIpミッションも交換、、。
かなりサービスを受けたそうです。

どちらにしましても、ハイパワーになりますので、
今後サスペンション、ブレーキなども対応していきたいと、、。

ところで、このオーナーさんもそうですが、会社の
社長さんですが、ポルシェは個人所有で、会社の
車両として使ってないとか、、。

昔からの税理士さんが、”2ドアの車両はダメ!”とか、、。
弊社には、ポルシェを会社の社用車として、ちゃんと
経費にしておられます。

なぜにポルシェが経費扱いにならないのか、、。
単にその税理士さんが、税務署の方に説明出来ない
からだと思います。

社員の福利厚生があって、24時間、365日会社の
事を考えない日は無い、社長さんに福利厚生が
無いなんて、、。
ポルシェに乗って営業、出張するのが何故に
いけないのか、説明してください!

相手の会社訪問に目立つポルシェを乗っていけば、
それだけで、覚えてもらえます。
また、先方に遠慮してとか、見積もりを値切られるとか、、。
また、社員にも悪影響だとか、、。

もう、全く消極的というか、悪しき習慣というか、、。
社長たるもの、社員の目標であり鏡であります。
何時かは、ジブンも社長の様に仕事頑張って、ポルシェに、。

そのような、考えが当たり前であります。
世のポルシェオーナーの社長さん、ポルシェを経費で
乗ってください。
税理士の方が、それはダメ!という理由は、ただ単に
税務署に文句言われない為の口実でしかありません。

中には、優秀な税理士さんもおられますが、、。

社長さんがポルシェに乗って、会社の社用車と
して扱えないという税理上のルールがあるのでしょうか、。

アイコードのお客さんで、全く自動車関係に関係無い
方で、ちゃんと社用車で乗っておられる方、いっぱい
おられます。

日本の景気を良くするためにも、社長さん!ポルシェを
経費で買いましょう!
日本を元気にするのは、あなた方です。
社員の方は、それを目指します!
日本を元気にする会、ツルタでした。
つづく。
turuta_s_room at 17:29|この記事のURL

2013年04月12日

993カレラ オイル漏れ修理 3

IMG_1977IMG_1982IMG_1980
993カレラTipは、補器類を外した状態です。
エンジンは、過去に一度バラシタ跡画がありました。

その際、組み付けが悪く3番シリンダーのインシュレーター
(インテークと)が一部変形して組まれてました。

オイル漏れ箇所は、予想していたスルーボルトよりも、
タペットカバー、チェーンカバー、前後クランクシールが
ひどかったです。

組み付けに関しては、丁寧に組まれたようでネジロックが
塗布してありました。
つづく。
turuta_s_room at 16:14|この記事のURL

ドイツから草刈りに来させました、愚息です。

IMG_1974
ドイツ在中の愚息です。
アイコードの草刈りをさせてます。
約1ヶ月間の帰国とか、、。
その間、無職なので臨時収入を、、。

彼は、今ドイツでラーメン屋さんを開店しようと企ててます。
その為の下準備とか、、。

今、あっちでは空前の日本食ブーム、、。
ラーメンで一山当てる気らしいです、、。

ジブンは、静観してますが、、、、。
どうなることやら、、!
つづく。
turuta_s_room at 13:06|この記事のURL

2013年04月11日

ポルシェ996ゲンバラ996ターボ&993カレラにBBS製マグホイール、

IMG_1965IMG_1969
ポルシェ空冷&水冷新旧にBBS製マグシウム
鍛造製ホイールを紹介します。

REシリーズ(マグ鍛)は、設計が2000年です。
確かにデザインは、古いですが強度、軽さに
関しては、今でも一級品であります。
つづく。

turuta_s_room at 16:54|この記事のURL

2013年04月08日

ポルシェ993カレラ Tip オイル漏れ修理 2

IMG_1958IMG_1959IMG_1961IMG_1962
993彼等Tipは、エンジンを降ろしました。
パっと見ただけでも、オイル漏れ箇所多数と、
その他色々パーツの磨耗、破損が見られました。

さあ、これから、エンジン内部をばらして、
どうなっているか、、?
これから、空冷964以降を購入されたい方、
必見の参考になると思います。
つづく。
turuta_s_room at 17:57|この記事のURL

2013年04月06日

ポルシェ993カレラ Tipのオイル漏れ修理

IMG_1947IMG_1950
ポルシェ993カレラTipのエンジンオイル漏れ修理です。

この車両のオーナーには、数年前からオイル漏れの
ことは、伝えてありましたが、海外駐在もありまして
やっと帰国、その間親戚の方が機関保持の為、
乗っておられました。

やっと修理のご決断をなされ、今回となりました。
症状はひどく、エンジン始動後1時間も置いていれば
そこには3cm以上のオイル漏れが出来ます。

この原因は、やはり左右クランケースを繋いでる
スルーボルトのリング状オイルシールが劣化しての
オイル漏れです。

乗り方を換えればと言われますが、日本国内では、
ストップ&ゴーの市内で使用すれば、やはりまた
起こる症状ですが、最近は、皆さん扱いにも慣れ、
エアコンを使用した長い渋滞の夏を避ければ、
起きない症状です。

エンジンオーバーホールともなれば、シリンダーヘッドも
同時に点検したいところで、、。
これら空冷M64エンジンは、エンジンバルブの
バルブガイドが、ガタの為オイル下がりとなります。
このような場合は、バルブガイド交換、そして
同時にバルブシート&バルブの研磨を行います。
圧縮圧向上の為、、。
カーボン落としも同時に、、。

あと、だらだらと市内を2000RPM以下で運転してる
車両のカムシャフト&ロッカーアームは、オイル潤滑
不足で虫食い状態になる場合、多いです。

このような場合、最悪カムシャフト&ロッカーアーム
交換となりますが、お高いので、何とか誤魔化します。
ま、しかし、限界もありますので、、、。

10万キロくらい走行してるエンジンでも、ピストン&
コンロッド&クランクあたりは、全く問題無く再使用します。
クランクケースがひん曲がってることもありますので、
慎重に点検します。

もちろん、ピストンリング&親、子メタルなどは交換します。
この時、予算に余裕有ればWPC加工(ピストン&シリンダー
表面にショットピーンニングする)で、ストレスを少なくすると
シャンと回ります。
交換したいパーツは、山ほどありますが、よく点検して
電装品、ゴム類、センサー類は再使用します。

当事1000万円もした車両です、ケチルとその代償は
少なくありません。
自分たち作業側は、オーナーと相談しながら最小の
予算、最大の仕上げを心がけてます。
つづく。
turuta_s_room at 14:47|この記事のURL

2013年04月05日

レクサス IS−F用チタニウム製たこ足販売予約承ります!

IMG_1668
レクサス IS−F用チタニウム製タコ足の先行販売
予約を受け付け開始致します。

定価    95万円 → 85万円 税別
工賃(耐熱材含む)
エンジン降ろしが含まれます。 20万円 税別

ECUセッティングモジュール   8万円 税別
すでにアイコードECUのお客様対象

タコ足のみ交換されたい方(他のマフラー装着)
も、販売致しますが、セッティングは現車合わせに
なります。

ECUセッティング必要ない方、こちらもお受けいたします。
但し、性能は、保証出来かねます。

現在、ガス検が4月中旬に行われます。
商品については、すでに受注がありますので、
納期は、5月下旬ごろからとなります。
つづく。


turuta_s_room at 11:18|この記事のURL

2013年04月04日

ゲンバラ996ターボ650のなぞ!

IMG_1939IMG_1938IMG_1934IMG_1935
ゲンバラ996ターボ650は、最後の仕上げです。
左フロントロアアームに右用が組み付けてあるのを
発見、、。
アライメントが強引につけてありました。
その為、右と左のステアリング反応が違うとオーナー
さんから指摘ありましたが、原因が見つかりました。

ドイツ本国に注文したら、来た物がまた右用、、。
で、やっと昨日左用が到着しまして。

その為、スタビロッドも作り直しました。

”人の振り見て、我が振り直せ!”です。
アイコードも気引き締めて作業してますです!
つづく。
turuta_s_room at 17:09|この記事のURL

業務連絡!

北山さま、ドコモ携帯からお問い合わせ頂いて
ますが、こちらからの返信が拒否されてます。

ドコモ携帯の場合、本人さんが気づかないで
パソコンからのメールを自動的に拒否する
ようになっていまして、それをキャンセルしないと
こちらからメールが届きません。

お電話等でご連絡ください。
つづく。
turuta_s_room at 16:31|この記事のURL

2013年04月02日

ハイエース200系 3L DT用インタークーラーKIT開発 3!

IMG_1929IMG_1931IMG_1932
ハイエース200系 3L DT用インタークーラー
空冷を開発しました。

空冷インタークーラーは、新規製作です。

これから、ECUの開発に入ります。
乞うご期待!
つづく。
turuta_s_room at 16:33|この記事のURL

ポルシェ993ターボGT2ルック&ROOCK仕様 整備 6!

IMG_1921IMG_1922IMG_1926IMG_1928
ポルシェ993ターボGT2ルック&ROOCK仕様は、
いよいよ大詰めです。

アライメント調整をやって、ヘッドライトレンズ新品
交換!
フロントフードダンパーも新品交換、、、。

テスト走行が楽しみです。
つづく。
turuta_s_room at 16:24|この記事のURL

訃報 マッドハウス 杉山哲氏3月31日永眠!

IMG_1925IMG_1923
友人であります、マッドハウス主宰の杉山哲氏が
3月31日 永眠されました。

訃報は、昨日聞かされました、、。

1984年の1年間、当事のオプション誌の連載記事
で、初代MR2(AW11)にターボなど装着し、ブリッツ
として谷田部最高速テストをやっていた時、杉山氏と
初めてお会いしました。

その時、MR2のケブラー&カーボンフロントフードと
リヤアクリルウインドウをいとも簡単に作り上げ、それを
装着して矢田部最高速に望みました、、。
それからの付き合いです。

天才薄命というか、才能のかたまりの人でした。
ご冥福をお祈りします。
つづく。
turuta_s_room at 13:54|この記事のURL

2013年04月01日

ポルシェ993ターボGT2ルック&ROOCK仕様 整備 5!

IMG_1914IMG_1919
ポルシェ993ターボGT2ルック&ROOCK仕様
整備は、パワーチェクしました。

結果、380Kw → 517PS 出ました。

アイメック時代のマフラーでなく、他社のマフラーに
触媒以降付け替えらていますが、このくらいのパワー
が、出ていればOKです。

これから、アライメント調整したらほぼ完了です。
つづく。
turuta_s_room at 16:17|この記事のURL
Profile
Archives