2013年08月

2013年08月31日

ツルタのアンリファーブル昆虫記!

IMG_3382IMG_3384IMG_3363IMG_3362

レモン部長の天敵、アゲハチョウの幼虫が若葉を
このおひとりで、すごくたくさんお食べになります。

ほっとくと1Wで、カワユイレモン部長は、マルハゲに、、。

このミドリ君は、さわったりするとオレンジの角を出します。
威嚇してるんでしょう、、!

も一つ、ヤモリ君、、。
彼もアイコードの一員です。

守ってくれてると思っています、アイコードを、、。
コイツは、まだ体長30mmくらいですが、もう1匹います。
そいつは、おとなで70mmくらい、、。
親子?で、守って、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:18|この記事のURL

ポルシェ993カレラ タルガの修理!

IMG_3376IMG_3368IMG_3373
ポルシェ993タルガです。珍しい車両です。

リヤ部をバックしていてポールに衝突、クワガタに、、。
夏前から板金修理に入庫していました。

板金が終わり、エアコンの調子を点検、、。
案の定、エバポレーターのガス漏れ、、。
これは、予算の関係で後回し、、。

昨年より懸案でありましたATFオイル交換とステアリング
タイロッドの交換を、、。

993は、このロッド部がゴムでダンパーの役目をしていて、
ステアリングのキックバックを和らげております。

しかし、アイデアは良かったのですが、設計不備で、この
ゴムの焼付け部分が剥がれて、固定部分が動き、
フロントトウの変化し、直進性が安定しなくなります。

ポルシェ(当事のミツワさんでは)ディーラーでは、993カレラ4や
ターボ(4WD)などは、1年間で定期交換部品として入庫時に
問答無用で交換していました。

RSRのレース用固定ロッドなどをアイメック時代は、このロッドの
代わりに販売していました。

最近は、入荷状況が悪く、価格も高くなりましたので、あまり販売
していませんが、964系は固定式でなーも、問題無いのです。
993は、RSも含めマイルドになったと、当時は揶揄され、留めは
フロントのツラも良くないと、さんざんでした。

それが、最近は希少車ということもあり、猫も杓子も血眼になって
993をお捜しに、、。

993RS 走行2000kmで、オークション価格が2000万円以上と、、。
当事は、3年落ちで、RSでも600万円で売り買い出来ましたが、、。

ツルタの先見の目がなかったことが、今、実証出来ます。

ちなみにドイツ、フライジンガーさんは、中古パーツ屋さんなら世界一と
思いますが、先代のマンフレッドさん(すでにお亡くなりになりましたが)は、
当事、空冷などのパーツをポルシェ社や下請けからごっそりトラックで
買い込んでおられました。
”20年後には、これがバケル!”のだそうで、、。
20年前、お会いしたとき、そう言っておられましたが、、、。

実際、そうなっております。
ま、購入したくとも資金もありませんし、思いつきもしませんですが、、。
つづく。


turuta_s_room at 14:53|この記事のURL

ポルシェ997ターボ600PS 最後の仕上げ!

IMG_3381IMG_3374
ポルシェ997ターボ”黒鶴号”600PSは、
エンジン換装し、試運転中ウィンカーランプの点滅など
照明系統に異常発生!

原因は、オーナーさんからの依頼で、持ち込まれたLED
リヤコンビネーションランプか、、、。

丸1日掛かり、フロントライト類の配線までやり返る大仕事に
なりました。

ということで、最後の高速走行テストは、オーナーさん自らという
ことに、、。
納車日が迫っております、、。
純正で交換したパーツは、考えたくないくらいです。
何度も言いますが、よくあんな状態でフジを1分51秒台で走行
出来たもんだ、、、!!!

ポルシェの底力か、または単に運が良かったか、、。
今は、完璧でありますが、、。

後は、オーナーさんのお品ある走行を祈るばかり!!!
つづく。
turuta_s_room at 14:27|この記事のURL

2013年08月30日

業務連絡 工藤泰弘さま

工藤さま、お問い合わせいただきましたが、着信拒否か、
アドレス間違いで、こちらからの返信が出来ません。

お電話か、も一度アドレスをご確認のうえ、ご連絡ください。

最近、ドコモなど携帯からのメールのお問い合わせ多いですが、
着信拒否などで、返信出来ないこと多いです。

お電話番号なども、記載していただくと嬉しいです。
つづく。
turuta_s_room at 17:21|この記事のURL

好評リジッドカラー&Tシャツプレゼント!

IMG_3364IMG_3365
レクサスIS−F用でアイコードからも発売してます、
”リジッドカラー”。

これは、友人でもあります、(株)スプーン社の社長であります、
市島さんの特許商品です。

お蔭様で、IS−F用は専売させていただいてますが、
この度、価格を下げました。

フロント 45,000円 →  28,000円 税別 

リヤ  従来どうり       20,000円

そして、期間限定ですが”Tシャツ”もプレゼントです。

リジッドカラーは、発売当初は、ご他聞に洩れず、同業者、
自動車エンジニアの間では、疑問視や食わず嫌いでは
ありませんが、賛否両論で意見が分かれました。

頭の固い方は、はなから試乗もせず、自分の経験値から
批判される方が多く、そのような方が、試乗のされた場合でも
素直な意見は出ませんでした。

丁度、UFSを疑問視するのと同様に、、。

しかし、ノーテンキツルタは、何でも興味を持ち、自分で経験して
判断するのことが、大事と思っています。

車両の剛性向上には、カーメーカーさんは、最重要項目の
一つです。

これから、車両の軽量と剛性向上にアルミ合金、そして
射出成型出来るカーボンファイバーなど、、、。

そんな中、この商品は対費用効果として抜群と思います。
自分のIS−Fや、プリウスなどもアンダーパネルのブレースも
テストしました。
ブレースを追加するより、軽量で、サーキット走行はもちろん、
市街地走行において、プリウスでは、ノーマルのステアリング
操舵の応答性は、まるでレーシングカーに乗ってるような
小気味良さを、体感出来ます。

市島さんから賄賂をもらってるわけではありませんが、素晴らしい
商品だと思います。

これから、何か愛車をチューニングしたい方は、これも候補に
上げることお薦めします。
つづく。 
turuta_s_room at 11:19|この記事のURL

アイコードホームページ 回復至しました!

昨日29日、早朝からのホームページ閲覧不可の原因は、サーバー全体
らしく、先方も大騒ぎしていたようです。

どちらにしても、本日はすでに回復しました。
ご心配をお掛けしました。

ネットは便利ではありますが、このような状況になったら自分たちは、手も足も
出ません。
文明の力ではありますが、、、。

自動車に関しても同じことが言えます。
最近、特に電子の要塞化した自動車は、システムテスターがなければ、プロの
私たちでも、対応出来ません。

ECUチューンとか言っても、正常時は良いですが、何か突発に起きたトラブルには、
オーナーでは全く対応出来ません。
こんな時の対処には、専門家以外に、、。

自分たちも、商品を発売する時、アフター対策には、その都度対応するしかありません。

まあ、チューニング自体、自分たちがキャブターボKIT(この意味がお分かりになるか)時代
から、少数のオーナーと共に、切り抜けてきました。

これからも、このスタイルは変わらないと思います。
チューニングの魅力は、どんな危険、不安も吹き飛ばす魅力があるのです!!
ノーテンキツルタの独り言でした。
つづく。
turuta_s_room at 10:32|この記事のURL

2013年08月29日

レーシングナンバーステー 入庫しました!

IMG_3359IMG_3360
好評で欠品してしまい、皆様にご迷惑をお掛けしていました、
レーシングナンバーステーが入庫しました。

今回から、あまり性能上意味はありませんし、組み立てましたら
ナンバーの裏側に隠れますが、icodeのロゴを掘り込みました。

発売当初は、あまり人気は芳しくありませんでしたが、最近は
ロングセラーのレーシングペタルKITを抜く勢いです!!

多分、外国製”そっくりさん”が、出てきそうですが、、!
つづく。
turuta_s_room at 12:10|この記事のURL

アイコード ホームページがトラブル!

アイコードのホームページが、今朝8月29日から見れなくなりました。
只今、原因調査中です。
早急に、復旧作業をしてます。

何故か、鶴田の部屋は、見れます!
しばらく、お待ちください。


turuta_s_room at 11:18|この記事のURL

2013年08月27日

ポルシェ997ターボ600PS完成 真近!

IMG_3352IMG_3351
ポルシェ”黒鶴号”997ターボ600PSも、エンジンに
火が入り、エア抜きや各部点検してます。

点検後、こちらもテスト走行して、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:49|この記事のURL

レクサスIS−F SCエンジンセッティング 2

IMG_3349IMG_3354
レクサスIS−F SC車両は、ECUセッティングが
大体まとまりました。

工場内温度38度と、条件は厳しい中、新品鍛造ピストン、
新品スーパーチャージャーなど、エンジン自体がまだ
渋い状態で軽く500PSを超えました、、。

ブースト圧も、0,3と低いのでエンジン慣らし終われば、、、。

これから、最終点検、テスト走行して完成であります!!
つづく。
turuta_s_room at 16:45|この記事のURL

2013年08月26日

ポルシェ997ターボ600PS納車前点検、エンジン換装!

IMG_3345IMG_3343
アイコード”黒鶴号”ポルシェ997ターボ600PSは、
エンジンの修理を完了、そして車両への換装を
してます。

土曜から豊田市周辺も曇り空、、。
日曜の朝方から本降り、、。
約1ヶ月ぶりの大雨です。

矢作ダムは大きな貯水湖で、過去豊田市は、節水はありましたが、
断水などは、全く、、。

暑さも喉もと過ぎれば、何とやら、、。
このまま、この酷暑が過ぎることを、、、。

しかし、最近の天変地異は、、。
自然とは、旨く付き合うことを念頭におきたいです!
つづく。
turuta_s_room at 15:10|この記事のURL

2013年08月24日

レクサス IS−F SCエンジンECUセッティング開始!

IMG_3335IMG_3337IMG_3339
レクサスIS−F SCエンジンがやっとシャシー
ダイナモに乗り、ECUのセッティング開始です。

さあ、どんなパワーが出て来るか、、。

鍛造ピストン、加工ハイカム、チタン排気システム、
計算上は、600PSですが、インジェクター容量が持ちません。
そこしずつ、改良していきます。
つづく。
turuta_s_room at 17:46|この記事のURL

ディーゼルターボエンジンの実力!

IMG_3340IMG_3342
今更ながら、ディーゼルターボエンジンの
凄さをお節介ツルタがご報告します。

2013年ルマン24Hで、総合優勝したアウディR18e−tron
というルマンプロトタイプ1カテゴリーの車両に搭載されている
3,9L V6 TDI 490PS というエンジンです。

絵でご覧のとうり、排気システムが上方向に向いて、尚且つ
両バンクからの排気を中央のVGTタービンにクロスして
入れてます。
ディーゼルエンジンなので、排気バルブをなくして、VGTという
排気ポート内を可変にしてます。

レースでは、兎に角静かで吸気音くらいしか聞こえません。
これにE−TORONといってフロントホイールをモーターで
駆動してますが、トヨタさんのハイブリッドシステムのような
究極のハイブリッドとは言えない様な、急場しのぎですが、、。

そんなことは、自分にはどうでもよく、このディーゼルターボ
システムをT社の乗用車に採用して、そしてハイブリッドに
して欲しい!!!

ま、妄想ツルタがまた、始まりましたが、本日も関西から
朝一番で、ハイエース TD車両のECUチューンでご来店
いただきました。
彼らも異口同音に、DTエンジンの良さを話されました。
トラックに乗っておられますが、、。

ドイツ車両が、ジワジワとDTエンジン車両を国内販売展開
してますが、そう遠くない時期にDT車両が当たり前になって
来る事を予言したいです。
つづく。
turuta_s_room at 17:40|この記事のURL

2013年08月22日

200系ハイエース用ガッツリ効くブレーキパット新発売!

IMG_3332IMG_3327
200系ハイエースフロントキャリパー用ブレーキパットを
新発売します。

すでに、スポーツパッドは、発売していますが、さらに
純正キャリパー対応でセミメタル(カーボン)の強烈なヤツを製作
しました。

価格、 24,150円 税込み フロントのみ

お高いですが、いい仕事します。

キャリパーの交換をお考えの方も、ご検討ください。
もちろん、大口径キャリパーには、絶対的に敵いませんが、
そこそこの制動力、特に低速時も初期タッチがクッと効き、
市街地でのうっかり追突なども、ガツっと、、。

高速域も耐熱温度800度まで対応、、、。
実績は、アイコードサーキットスペックIS−Fやポルシェ997
ターボ600PSに採用してる材質と同様です。

ブレーキ鳴きも殆どありませんが、粉は出ます!
つづく。


turuta_s_room at 16:11|この記事のURL

ワンタチウインカー リニュウーアルしました!

IMG_3325IMG_3326
トヨタ、スバル、ダイハツ、スズキ系用ワンタッチウインカーを
リニューアルしました。

内容は、ワンタッチで3回フラッシャー、調整ダイアル(黒い棒)で、
点滅回数は変更出来ます。
カプラーオンの簡単取り付けタイプですが、、。

懸案の初期モデルは、ウインカーレバーをハーフでなく、右なら右に
倒した時、右コーナーを曲がり終えた後、ステアリングが
復元力で自然に戻りますが、その反動でウインカーレバーも
戻ります。

その時、勢いが良いのと、ワンタッチウインカーの感度が鋭く、
戻りきって、反対に作動する一瞬を感知、反対側に3回、
カチカチカチと光ってしまいます。

これを今回、回路を使いその感度を鈍くして誤作動を防ぎました。

自信作です。
価格も、下げました。


旧価格 8,400円  →   6,300円  税込み

ぜひ、ご利用ください。
慣れると便利な逸品です。
つづく。
turuta_s_room at 15:37|この記事のURL

アイコード農園のジェジェジェ!

IMG_3319IMG_3324IMG_3321IMG_3322IMG_3323
アイコード農園!?の
レモン部長は、だいぶ
大きくなりましたが、
あまりに最近の暑さが
影響したのか、一部の
レモン子分は黄色く
変色しています、、、!
気合が入っておらん!

工場裏の茗荷は、今年もたくさん!芽を出しまして、
自分のお酒のツマになっておりますが、数年前から
モグラ野朗?が住みつけ、地中のミミズを追いかけて
トンネルをそこらじゅうに掘り起こしてます!!!
で、対策としてモグラ退治のクスリ(ナフタリンのような
形状&匂い、といっても最近の方は分からんでしょうが)を
ホームセンターで買ってきて、モグラのトンネルの周囲に
埋めています。

ジェジェジェ、、、!

この言葉、広島に帰省して、お袋たちが朝、楽しみに
NHK連続ドラマを見ていることから知りました!

文庫本を大人買いすれば、また過去に買ったやつを、、。
何か寂しいような、おっさんになったんだと今頃、、。

ジィジィジィなんて、言われてるようで、、。
つづく。

turuta_s_room at 14:01|この記事のURL

レクサスIS−F S/Cエンジン搭載、、!

IMG_3311IMG_3310
レクサスIS−F
S/Cエンジン搭載
車両は、現在
ECUのスーパー
チャージャー用
正圧域マップを
追加する為改造してます。

通常のIS−F用ECUマップには、
正圧域マッピングがない為の
対策です。

それから、オーナーの希望で電子メーターを組み付けていますが、
一部追加のハーネスが必要な為、取り寄せています。
つづく。

turuta_s_room at 13:28|この記事のURL

ポルシェ997ターボ600PSエンジン修理、、!

IMG_3313IMG_3316IMG_3317IMG_3318
ポルシェ997ターボ
600PS仕様の
右VGTタービンは、
オーバーホール品と
交換、ターボ冷却用
バイパスパイプの
水漏れも、新品
交換しました。

あとは、車両に搭載です。
つづく。
turuta_s_room at 13:22|この記事のURL

ポルシェ964カレラ2 販売致します。

964c2buru右斜め後ろ (2)シート (2)IMG_3304IMG_3305IMG_3306IMG_3307
ポルシェ964C2
5MT,1993モデル
ディーラー車
無事故車
走行キロ ; 127,000km
車検 ; H26.7
色 ; ダークブルーメタリック

この車両は、2009年5月から
約1年間、ゲンロク誌ロングタームレポートで
取材した車両です。

117,000km時にエンジンフルオーバーホール、
OS技研製メタルツインデスククラッチ&LSD、
サスは、ビルシュタインスペシャル12段減衰調整&
車高調式です。
アイコードパーツ満載、しかし、オリジナリティを
尊重、過激なことは極力避けて仕上げました。
吉田匠氏にも、彼の当事の緑964C2と箱根で乗り比べ、
及第点をいただきました。

程度抜群です。

価格  455万円 税込み 諸経費は別途。

つづく。




turuta_s_room at 12:10|この記事のURL

2013年08月20日

広島帰省で、八重垣さんが新築されてました。

IMG_3263IMG_3265IMG_3268
今年も、広島に帰省!
母親孝行に、、。

すると、例の瀬賀八幡
神社の八重垣さんと言いますが、
社が新築されてました。

村の有志の方がたで、製作された
素人の作品、、。
土台、社、周囲の土留めなど、、。
田舎は、こういった奉納をご自分たちで、
作ってしまいます。

道具など、皆さん持っておられますので、、。

で、神社にご興味のお持ちに方は、
広島 瀬賀八幡神社でネット検索してみてください。

IMG_3271
今年は、この140段の
石段右側の雑木(といっても
太いやつは、直径20cm)を
兄貴と2人で2日間掛けて
切り倒し、片付けました。

仕事後のビールは、格別に美味しい!
2kgダイエットしました!
チェーンソウで、両手は、当分しびれっぱなし!
しかし、夜は、涼しくぐっすりとお休みに、、。
つづく。
turuta_s_room at 12:55|この記事のURL

最近の”シロ”の遊び相手!


次男が金魚を飼って
いましたが、訳あって
こちらのおうちに
引っ越してきました。

体長4cmの金魚(縁日に)。
赤いヤツです。絶えず動いておりました、
先日は、長女が孫の為に、近くの小川(用水路)で
取ってきためだかを一緒に入れたら、食っちまいやがって、、!

その元気の良い金魚を”シロ”は、毎日日課のように
金魚の水槽の外から、チョッカイを出します。
取れると思っているのか、ストレス解消の為か、、。

良い遊び友達が出来ました。
つづく。


turuta_s_room at 12:30|この記事のURL

GLK 無電極ランプ 第2弾!

IMG_3284IMG_3285IMG_3286IMG_3287
GKL無電極ランプ
第2弾です!

壁掛けタイプ。
水銀灯250W相当。
消費電力 ; 125W
蛍光色系 ; 6500k
寿命 ; 40,000時間
光束 ; 710 780
演色数 ; Ra80
重量 ; 4,85kg
防水性能 ; IP65(街頭にも対応)

100V/200V 両方対応です。
工場側壁や、敷地内街頭、天井に設置したくない場所など、
設置場所は、さまざまに、、。

国際認証取得済み。
現在の水銀灯は、近年製造出来なくなります。
尚且つ、消費電力はバカになりません。
LEDタイプは、指向性が強く、1ヶの設置ですと、影が出ます。
このタイプは、360度光源が得られますので、蛍光灯レベルの
均一な明るさが得られます。
つづく。



turuta_s_room at 11:28|この記事のURL

2013年08月19日

ゲンバラポルシェ996ターボ650PS パワークラッチ修理!

DSCN0687DSCN0688
ゲンバラポルシェ996
ターボ650PSは、
パワーアシスト
クラッチ用のオイルの
温度が上がってか、峠などを
激しくシフトチェンジして
走行すると、クラッチが切れにくくなる症状が
出ました。
原因は、パワーステアリング用オイルと共用してる
パワークラッチ用オイルが、、、。

で、絵のようなオイルクーラをフロントサスペンション付近に
取り付けました。
これで、幾分かは油温が下がるであろうと、、。

DSCN0684DSCN0683DSCN0691
も一つは、その激しい峠
走行時に、エンジン内に
追加(純正は、リヤフェンダー
内に)の空冷インタークーラーと
改造して延長してあるスロットル前の
パイプにゴムホースで繋いであるの
ですが、それがターボ加圧用で無く、
普通のゴムホースで、耐圧など考慮に入れてない物が
使用されてました。

それが、エンジンルームが暑くなる低速時の激しい
加減速している時は、ゴムホースが耐え切れず、
シフトアップ時などに、ポンと音がして抜けるのです。
直径がでかいのです。
耐圧ホースを国内で探してます。
ダメな場合、サムコあたりで製作するしか、、!
つづく。
turuta_s_room at 17:50|この記事のURL

2013年08月11日

お知らせ! アイコードのお盆休みを取らせていただきます!

自分の個人的都合で、アイメック以来、盆と正月は、
カーショップとしては、長期のお休みを頂いてます。

通常は、年中無休ですが、、。

お休み期間

8月12日〜17日 6日間です。

そう、広島帰省、親孝行&実家の手伝いに、、。

もう何十年も帰省してますが、渋滞の中へ飛び込んでいくのは、
年を取るたびに、大変であります。

しかし、返りたくても帰れない方々の心中を察すると、贅沢な
悩みであります。

つづく。



turuta_s_room at 13:55|この記事のURL

ポルシェ997カレラ4Sスーパーチャージャー点検修理

IMG_3255IMG_3254IMG_3252
ポルシェ997カレラ4S
スーパーチャージャー
車両は、ECUの最終
点検してます。

今夏の異常な暑さに
エンジン水温常温後、
再始動の不良があり、
ECU内部を調べましたら、
水温上昇がひどい場合、
再始動時に薄く燃料を供給したいところ、通常どおりに
噴射しており、それを修正しました。

今の豊田市PM2;00の外気温、昨日同様40度です。
ま、通常でしたらエンジン再始動しにくいぐらいで、
お客様が理解していただいていれば、OKですが、、。

どちらにしても、暑さゆえ、出てきた症状であります。
つづく。
turuta_s_room at 13:43|この記事のURL

2013年08月10日

ゲンバラポルシェ996ターボ650にオイルクーラー追加!

IMG_3244
ゲンバラポルシェ
996ターボ650が、
オーナーの手に渡り、
一つ問題が発生!

オーナーの居住区も
さることながら、低いギヤで
低速走行時、ステアリングを激しく
操作し、ギヤを変速すると
、クラッチが切れにくくなるのです。

問題は、パワーステアリング用オイルがクラッチマスター
シリンダーのパワアシストも兼ねてまして、油温が上がり
切れにくくなるのであろうと判断しました。

普通走行や高速道では、全く症状が出ません。

それで、昔グループAの時代、70スープラの時も
パワーステアリング用オイルクーラーを装着していたのを
思いだし、これであろうと、、。

この車両、パワーアシスト用クラッチレリーズシリンダーが
組まれてるミッション回りに、ミッションオイルクーラーや
配管あど密集してまして、余計周辺温度が上がります。

通常の車両では、全く見られない特殊なトラブルであります。
つづく。
turuta_s_room at 13:55|この記事のURL

プリウスのタイヤパンク修理

IMG_3234IMG_3236
プリウスの17インチ
タイヤのパンク修理を
自分(メカに手助け)で
やりました。

パンク修理なんて
何十年ぶり、、。

細い針金が斜めに刺さって、、。

ホイールからタイヤを外し、タイヤ本体に
刺さってる針金の角度に注意して、専用ドリルで
大きく穴を広げ、そこへ専用パンク修理剤IMG_3249
これを、接着剤をたっぷり塗布して、内側の穴から差込、
ペンチで引き抜き、底のゴム丸いゴム面がタイヤ裏側に
密着させます。

外側からやるタイプが一般的ですが、これなら大きな
傷穴も、完璧近くに押さえられます。
もちろん、出来ることなら新品タイヤに交換することがベスト
ですが、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:43|この記事のURL

レクサスIS−F S/Cエンジン搭載

IMG_3242
レクサスIS−F
スーパーチャージャー
エンジンは、細かい
作業が、続いております。
つづく。

turuta_s_room at 13:31|この記事のURL

マツダRX7 FD3S タービントラブル2

IMG_3237IMG_3238IMG_3247IMG_3246
マツダRX7 FD3Sは、
シーケンシャルタービンを
作動させるソレノイドを
交換して旨く直ると思われ
ましたが、そうは簡単に
直りませんでした。

もう一つの原因は、この
車両パワーアップ用にアペックス社の
”パワーFC”というサブコンを取り付けてますが、
それを点検すると、経年劣化で錆が端子部分に
発生してました。

新品交換です。
これで、正常にブーストアップとパワーアップすれば、
修理完了であります。
それにしても、今日も豊田市は35℃以上です。
工場内、エアコン有りません。
業務用大型扇風機のみ、、。
冷暖房完備の工場は、夢のまた夢か、、!
つづく。



turuta_s_room at 13:29|この記事のURL

業務連絡!

アイザワさま、お問い合わせの件、
返事を送りましたが、届きません。

お電話でのお問い合わせをお願いします。
turuta_s_room at 11:30|この記事のURL
Profile
Archives