2013年11月

2013年11月30日

アイコードは、本日決算月で、棚卸しの真っ最中です!

本日、11月30日は、アイコードは、6期目の決算月です。
棚卸しの真っ最中です。

早、6年が経過しました。
お蔭様で、皆様のご愛好を賜り、今日までもちました、、!!

感謝であります!
つづく。
turuta_s_room at 16:39|この記事のURL

2013年11月29日

ポルシェ996ターボ 550s修理、、。

IMG_4231IMG_4207IMG_4209

996ターボ 550は、
エンジン不調(と言って
もブースト圧が低い)で、
入庫しまして、各部を
点検してます。

まず、排気タービン側が
カーボンで真っ黒、、。
正常な場合は、薄い茶褐色ですが、、。

また、エンジンプラグも、カーボンと電極も消耗、、。IMG_4210

イグニションコイルも表面にクラックが、、。
これでは、エンジンプラグに電気が行かず、リークしてしまいます、、。

次は、ボッシュのコンプレッションテスターで、燃焼室の圧縮漏れを
点検、、。
つづく。

turuta_s_room at 17:59|この記事のURL

IS−F スーパー&ハイカム&鍛造ピストン、、、。

IMG_4223IMG_4224

IS−F モンスター君は、
やっと目処がつきました、、。

現在の出力は、最大で

630PS、トルク75kg−m

7,8速域で、クラッチが滑る感触ですので、
出力を少し落として、再セッティングです。

2000RPMくらいから、カムのVVT(低速域の)が働き過ぎ、
それらのバルタイを少なめにし、尚且つ点火時期をかなり
落としても、なお強大なトルクが発生して、クラッチ、ミッションが
もたないと容易に想像出来ますので、パワーを調整してます。

スーパーチャージャーの真骨頂です。

もう少し排気タービンみたいな、高回転域に持っていきたいですが、。
つづく。
turuta_s_room at 17:41|この記事のURL

BMW 320d A計画 活動開始!!

IMG_4218IMG_4217IMG_4219

BMW320dは、
着々とA計画
進行中であります。

今日は、その打ち合わせで
ある関係者が集まり、
今後の内容を確認し合いました。

12月26日には、その全容が、、。
BMWオーナー&未来のオーナー&X□Y<Wの
方々、お待ちください!

ディーゼルターボエンジンの遮音の為、下から見た
エンジン下部です。
全て遮音材で囲んでますです。

その割には、うしろEXマフラー部は、全く空力は
考えてないような、、。

3シリーズですからと、ひがんではいませんが、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:28|この記事のURL

2013年11月28日

ポルシェ993カレラ修理状況、、。

IMG_4199IMG_4197
993カレラは、今ドライブシャフトの
ブーツ交換をしています。
つづく。
turuta_s_room at 14:30|この記事のURL

ポルシェ986にLSDを組み付ける!

IMG_4192IMG_4195
986 2,5Lのデフは、
サイドベアリングが、
左右で同じサイズの物と
違う物があります。

外観のミッションケースからは、判断出来ないので、
純正デフを外してからの、LSD(OS技研製)になります。

1998年生、986は、排気系がかなり腐食していまして、
分解作業に手間取っています。

IMG_4203IMG_4204

絵のように、サイドベアリングのインナー径が、左右で
違う場合と同サイズの場合が、、。
この車両は、同サイズ46mm直径でした、、。
早速、注文であります。
つづく。
turuta_s_room at 14:28|この記事のURL

ポルシェ996ターボに、EXマフラー装着、、。

IMG_4191IMG_4189
996ターボにアイコード製
EXマフラー装着の図です。

ご存知と思いますが、
993より996系以後の
ターボ車両は、メインマフラーを交換しても、
パワーは、10PSも上がりません。
ECUを併用しなくては、、。

まあ、スポーツサウンドマフラーと思えば、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:20|この記事のURL

IS-F スーパー&ハイカム&鍛造ピストン、、。

IMG_4200

IS−FスーパーチャージャーECT号は、
ブースト圧上昇による弊害が出てきました、。

インテークパイプ抜け、スーパー本体の
ベルト滑り、ブローオフバルブ作動不良、、。

一ずつ、対策しています、、。

スーパーの巨大なトルクが、ハイカムと相まって、
低回転から発生する為、オートマの滑りも心配で、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:15|この記事のURL

業務連絡 Iさま、、。

Iさま、先日メールにて、レーシングナンバーステーを
ご注文いただきました。

しかし、Iさまのアドレスが不明確で、当社からの
メールが届きません。

今一度、メールを送ってください。

info@icode.jp

つづく。
turuta_s_room at 10:23|この記事のURL

2013年11月26日

例のもみじトンネル、だいぶ紅葉しました、、。

IMG_4172
もみじトンネルは、8部の紅葉で、、。
昨日、寒冷前線通過による台風の
ような雨風が、嘘のような本日は
朝から快晴であります。

晩酌の焼酎ロックから、お湯割りやお酒の
熱燗が欲しくなる季節になりました、、!
つづく。

turuta_s_room at 15:55|この記事のURL

ポルシェ993カレラ修理の巻き、、!

IMG_4181IMG_4180

部品調達が手間取って、
作業が中断してました、、。

この車両は、現在ヒーター系の
異常があり、それが正常に作動しての範囲か、
劣化してる為か、判断をしてるところです。
ヒーターコントロールパネルでやんす、、!
つづく。
turuta_s_room at 15:47|この記事のURL

ポルシェ996ターボ Fドライブシャフトブーツ破損!

IMG_4177IMG_4174IMG_4175

996ターボ550ps
仕様の修理です。

フロント左のドライシャフトブーツ
破談で、中のグリスが飛び出して、、!

走行65000kmですが、、。

最近、オーナーさんは鈴鹿でサーキット走行に目覚めて、、。
CCMCさんの初心者コースで初走行、、。

やはり、ポルシェ買ったら鈴鹿です!!
いや、富士も、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:27|この記事のURL

2013年11月25日

愛車ポルシェ964カレラがタカスクリニックしてきました、、!

DSCN0730DSCN0733DSCN0732
964カレラ青鶴君が
タカスクリニックならぬ、
板金屋さんから
お帰りなりました。

全面ピカピカの艶肌とゴム類交換、、。
これで、外観だけは、ド新車状態であります。

フロントバンパーも純正に、、。
93年の後期モデルであります。

さあ、ここでお嫁に行くか!
または、心臓をリフレッシュの為、藤田衛生学園?の名医に
直して、、。

そう、オイル洩れをアイコードというヤンチャな町医者に
頼んでみようかと、、。

やはり、964はかわゆいね!
つづく。
turuta_s_room at 13:56|この記事のURL

ポルシェ996ターボ550が里帰りです!

DSCN0738
今回で、5人目のオーナーになった、
Tさんは、長野県人ですが、
今回、入庫した原因は、どう考えても550psは、
ないだろうと、、、。

パワーが無さすぎると、、。
ツルタのヘヤで、おじさんが(ツルタ)が”どえりゃ、はえーがや!”と
言ってる割には、オセーと、、。

で、ジブンも試乗しましたが、確かに普通の加速で、、。
ブースト圧を純正メーターで確認しても0,8と、、。

ということで、入院と相成りました、、。

さあ、何が問題か、、。

現在のオーナーTさんは、折戸学さんや谷口さんとも、また
ティームオレンジのクマクボさんとは、タメで競い合っていた
ドリフト大好き人間、、。

腕には自信のある方です。

時効なのでバラしますが、ワイキャーころ、タクシードライバーやっていた時、
雪の駅前ロータリーなどで、友人と二人(その方も同じ)でタクシードリフト
大会をやっていたそうです、、。

乗ってみたかったね!
つづく。
turuta_s_room at 13:43|この記事のURL

ポルシェ964カレラ アライメント調整、、。

DSCN0736
友人の964カレラは、やっと新しく改良した、
サスペンションを組み付け、アライメント
調整中です。

さあ、どんな感じになるか、、!
つづく。
turuta_s_room at 13:33|この記事のURL

IS-F スーパーチャージャー&ハイカム&鍛造ピストン、、。

DSCN0739DSCN0742
IS−F スーパーチャージャー、、、。

略してモンスター?君は、
燃料を供給できてから、ブースト圧の
向上が出来るようになり、本格的に
設定圧を段階的に上げてます。

STDKITでは、スーパーチャージャーの
プーリー径が110mmであったのに対し、95mm、80mm、
そして現在は75mmまで変更し、スーパー本体の最大回転数を
10,000RPMまで上げてます。

13,000RPMくらいは、問題無いのですが、安全を見ながら、、。

何故にブースト圧が上がらないかというと、ハイカムに要因があります。
カムシャフトのバルブ作動角度が大きいほど、またオーバーラップを
大きく取るほど、吸気流量が必要となる為、排気ターボとは違い、
スーパーチャージャーは、本体の回転数で吸気量が変わる為、
どんどん吸い込ませないとブースト圧が上がりません。

特に、エンジン排気量が増えると2000ccより5000ccでは、
数倍多くの吸気量が、、、。

マッドマックス(古いか、、)などの映画でアメ車のフロントフードから
突き出ているスーパー本体がエンジン本体と変わらないくらいデカイです。

ということで、試行錯誤状態です、、!
つづく。
turuta_s_room at 13:30|この記事のURL

2013年11月23日

BMW 320d EXマフラー製作過程です!

IMG_4160
320dのEXマフラーとアンダーカウルの
関係です。

純正の左片出しから、ダブル両出しに、、。
絵のマフラーは、ドイツ、アイゼンマン製です。

これとレムス製らをもとに、より効率良い物を、、。
また、出口の位置を確認する為、アンダーカウルを
購入。

位置を確認して、どちらでも装着出来るか確認中、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:53|この記事のURL

BMW 320d用電子スロットルボディー大口径改造可能か、、?

IMG_4165IMG_4159

320dの電子スロットルです。

ポート&バタフライバルブを
大口径に加工しようとしてます。
つづく。
turuta_s_room at 16:48|この記事のURL

ポルシェ964カレラ のサスペンション改良、!

IMG_4168IMG_4166IMG_4169
友人の964カレラです。
すでに、ビルシュタインベースの
12段減衰調整&車高調整式サス
が装着されてましたが、いかんせん
ストリート仕様でしたので、物足りないと、、。

で、バネを6k、8kから8k、12kに変更。
それに伴い、ショックアブソーバーの減衰値も変更。

ストリート&サーキットスペックに変更。
また、アッパーサポートも新品純正品に交換。
リフレッシュしました。

IMG_4167

絵は、純正ショックの茶色のバンプラバーが分解寸前です。
こうなったら、新品交換であります。
つづく。
turuta_s_room at 16:41|この記事のURL

2013年11月22日

993カレラ エンジンオイル漏れ修理 2号車、、。

IMG_4148
もう1台の、993カレラ、当てられて
入庫、ボディーは、今修正してます。

その間に、エンジンのオイル漏れの修理、、。

IMG_4151IMG_4154

この鋳造マグネシウム製チェーンカバー
両サイドのゴムパッキンからオイル漏れです。

IMG_4152
ひどいヤツは、チェーンカバー裏側の
クランクケース側からもオイル漏れます。

この場合は、タイミングチェーンを外さないと
修理出来ません。

何故にこんなに欧州車はオイル漏れするか、、。
設計思想の違いと、、。
日本では、オイル漏れしたら、大騒ぎ、、。

向こうは、こんなもん、直せばいいじゃん!と言う、大陸的思考か、、。
まあ、993までのドイツに限っての事例ですが、日本国内程、
オイル漏れ(洩れとも)は、あまり発生しないようです。
やはり、気候のせいと思います。
また、もちろん使用条件が異なります。
向こうでは、真夏のアウトバーンの渋滞も多いですが、
大都市内での、使用条件は日本ほどひどくないのでは、、。
どちらにしましても、向こうの作業工賃は、結構お安いです。
ですから、気楽に頻繁に修理するか、点検をしてるようです。
つづく。

turuta_s_room at 13:44|この記事のURL

IS−F ショックアブソーバー点検修理、、。

IMG_4144IMG_4145IMG_4146
IS−Fのショックアブソーバーを
知人から譲り受け、組み付けた
そうですが、フロント部より
異音が発生、、。

調べていますと、組みこまなければ
ならない、カラーがありません、、。
その為、アッパーサポートとスプリング
アッパーシートの間で、異音が、、。

ショックのシャフト交換と相成りました、、。

この車両のオーナーさんは、余裕というか、車両は動けばいいんだと、

IS−Fを日常の足としてお使いのようで、BBS製鍛造アルミホイールの
4本全てが、リム部に擦り傷が、、。
やはり、車はこうでなくっちゃ!!!
つづく。
turuta_s_room at 13:31|この記事のURL

IS−F スーパーチャージャー&ハイカム&鍛造ピストン車、、。

IMG_4142IMG_4150
さあ、IS−Fが動き出しました。
600PS越えであります、、、。

まあ、そんな簡単にはいきませんが、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:23|この記事のURL

2013年11月21日

トヨタ系FR車両用整備モードVSCカット 発売予定!

IMG_4128

トヨタ系FR車両用VSCカッターです。

FT86、マークX、クラウン20系以降、
IS,GSなど、、。

トヨタ車両には、整備モードというヤツがあります。
これは、トヨタディーラーなどで、完全に
TRCやVSC機能をカットする、整備専用の
門外不出の方法を簡単にオン、オフ出来る便利な商品です。

雪道、砂利道、泥道などからの脱出時に通常片輪だけが駆動して、
スピンしだすと、スロットルを勝手に締めてしまいます。
そう、アイドル状態に、、。
前に進めません。

横すべりや、スピンと勝手に!自動車君が判断し、スロットルを
閉じて、アクセルを床がひん曲がるくらい踏んでも、エンジン回転が
上がらないようにします。

これは、安全の為でもありますが、全く運転手を無視した失礼な、
そして便利な電子システムです。

これを全てセンサー類をカットして、スピンしようが、ドライバーのアクセル
操作に忠実に(昔はそうでした!)作動してくれますです。

ドリフト走行にも、バッチリ!

来年1月の八千穂レイク、スノートレーニングなどに大いに役立ちます!
つづく。
turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

ポルシェ993カレラ 修理の巻き

IMG_4131IMG_4132
993カレラは、電気系の
点検&修理です。

大体、これらのエンジンM64の電気系は、
修理というより、部品の交換をした方が、
早いので、問答無用の交換であります。

ツインディスビは、メインディスビは、クランクシャフトから
駆動しますが、相棒はこくっどベルトで駆動しますが、
耐久性は50,000kmとか、、。
耐用年数は、最近の対策品は、10年くらい持ちますです。

ディスビキャップ&ローターも、社外品のお安いやつが出てます、、。

プラグコードは、好き嫌い、賛否両論、純正命と各種あります!
のですが、今回は、ウルトラ製シリコンコード”青”で決めてきました!
つづく。
turuta_s_room at 13:48|この記事のURL

IS−F スーパーチャージャー&ハイカム&鍛造ピストン、、。

IMG_4130
一生懸命、セッティングに精を出してます。

細かな問題を一つずつ解消してます!
つづく。
turuta_s_room at 13:36|この記事のURL

例のもみじトンネル 色づきました!

IMG_4122
経過報告!

もみじトンネルは、7部に色づき!
今朝も、豊田市は4度以下と
冷え込んで、、。

今朝は、東海北陸道の北陸に抜ける峠では、
スノータイヤとチェーンが必要と、、。

もうすぐ12月、今年も足早に過ぎていきそうです、、。
つづく。


turuta_s_room at 13:20|この記事のURL

2013年11月19日

HYODを買う!

IMG_4121IMG_4119
HYOD(ヒョウド)さんをご存知
でしょうか、、?

バイク通の方なら、、。

クシタニさん、RSタイチさんと皮つなぎ(古い言い方)
などでは、老舗です。

兵頭さんと言う方が、RSタイチさんのところで修行され
独立されましたが、本人さんは、不幸にも急死されました。
現在は、奥様が後を継がれて、、。
と、ワタシは聞いていますが、、。

で、オイラは、最初RSタイチさんのウエアを購入しましたが、
友人の紹介で、ヒョウドさんに鞍替えしました。
クシタニ、RSタイチ、でヒョウドと3大ブランドですが、後は好みが、、。

2013〜14年モデルの新作です。
腕はない分、お金に物を言わせるおじさん達は、格好を気にします。
女性がファッションする気持ちが、このときだけは良くわかります!!

もちろん、他に夏物、秋物と持っていますが、冬物のヒョウドさんは、、。
今回、友人が先日、浜松の本社にある”ヒョウドプラス”さんで、
購入されました、、。
私もつられて、、、。
しかし、すでに名古屋地区の代理店”シャボン玉”さんでも完売!!
すぐさま、本社に電話、何とか1着、手配できました、、。
色など文句言ってる場合でもなく、試着も無しの即決で、、。

ショップさんのお話では、9月末の発表と同時に予約が入り、
全国代理店でも、10月後半には奪い合いとか、、。

このような商売してみたいです!
まあ、今年は8耐の加賀山ティームの活躍もあってか、、。
兎に角、道の駅や、高速パーキングなど、おじさん達は
腕のない分、お金をウエアに掛けて勢います。
ヒョウドさん、最近良く見ますです!

スーパーバイクは、日本人の活躍も無いので最近は、。
それにしても、モトGPのマルケス、ロレンソ、ペドロサの3人は、、。

マルケスの3点走行ならぬ、4点走行(ひじも擦るため、ガードが)は、
圧巻であります。
F1以上に盛り上がり、サーキット場も異常な雰囲気で、、。
今年は、初出場でチャンピオンを獲得した若干21歳のマルク、マルケスの
走りは、やはり幼少から2輪に乗った経験がものをいってます。
なんせ、4点支持のコーナリングで、2輪ドリフト、、。

どこかの国では、16歳で二輪の免許が取れる法律ですが、高校では、
免許を取らせませんし、乗って見つかれば、即、停学、、。

しかし、4輪は安全と思っているのか、高校3年の冬休みには、自動車学校に
、、。
ほんでもって、社会人になったらいきなり、高性能スポーツカーで激突死、、。
誰が悪いか、、?

事なかれ主義の日本国であります。
つづく。
turuta_s_room at 16:15|この記事のURL

ポルシェ996カレラ オイル漏れ修理の巻き

IMG_4113IMG_4114
993カレラのマグネシウム
製チェーケースからの
オイル漏れを直す為、メカが
お金を掛けずに直すと思い込み、
虫食い状態マグネカバーの修正を
やっていました。

まあ、費用を掛けないようにと、、。
お客様には、事後報告になりますが、報告しておきました。

この部分は、タペットカバーパッキン、クランケーススルーボルト、
と3大オイル漏れ箇所の一つです。

うまく行くと良いですが、もちろんお客様への負担は、今回は
少ないですが、いつまでもつか、、。
このような、事案は報、連、相といって、口酸っぱく言ってきたのですが、、。
どちらにしても、次回オイル漏れが1年以内に起きたらクレームで
再度修理であります、、。
つづく。



turuta_s_room at 14:38|この記事のURL

IS−F スーパーチャージャー&ハイカム&鍛造ピストン号の、、。

IMG_4118
IS−F スーパーチャージャー&ハイカム&
鍛造ピストン号は、やっとエンジンルーム内の
改造&加工が終わり、エンジンに火が入りました。

これから、燃料調整に入ります。
つづく。
turuta_s_room at 14:25|この記事のURL

ポルシェ993カレラ エンジン修理の巻き

IMG_4110IMG_4109IMG_4116

先回、高速道で、
軽4に幅寄せされて
右側面大破の993
カレラは、やはり
シャシーがサスメンバー
も含め、歪んでましたので、
エンジン降ろして、修正を
かけます。

その間、エンジンのオイル漏れやクラッチ系の磨耗度を
点検の為、バラシました。

クラッチディスクは、まだ1mm磨耗しただけで、OKでした。

エンジンは、オイル漏れが各所にありますので、これから
洗浄し、パッキン類、チェンーカバー等バラシます。
つづく。
turuta_s_room at 14:22|この記事のURL
Profile
Archives