2013年12月

2013年12月27日

2013年 皆様、本当にありがとうございました。

2013年、アイコードは営業を終了しました。

今年も、早いもので、もうすぐお正月を迎えます。

振り返りますと、色々思い出されますが、大きな事故も無く、無事に
年越し出来ますことが一番の幸い事です。。

今年は、社員全員が既婚者となり、よりいっそうの団結力が増し、
ひ弱ではありますが、一丸となって頑張る所存です。

これも一重に皆様あっての賜物と思っております。

来年も、変わらぬお付き合いをお願いしたいと思っております。

それでは、皆様良い年をお迎えください。

2013年 12月吉日     鶴田昭臣
turuta_s_room at 10:12|この記事のURL

ボクスター986トラブル発生!

IMG_4502
ボクスター 2005年式後期モデルです。

バッテリーの劣化で、昨日来店!
車両を動かそうとしたら、エンジン不調!!

取り合えず、工場内に移動、バッテリーを新品交換!

しかし、エンジンの不正爆発で、アイドルも不安定、、。

挙句の果てには、始動不良!

オーナーさんは、”何で!今まで調子良くここまで来たのに!”
そう、当たり前ですが、不満顔、、。

それから、2人がかりでECU,電気系など総点検、、。
システムテスターには、異常は出ず!
エンジンチェックランプも点灯せず!
燃料ポンプに直接、電源を入れても作動せず。

燃料ポンプ系の突然のトラブルです。

今年は、大きなトラブルも無く、無事年越しと思っていた矢先、、。
オーナーさんにとっては、青天の霹靂、”何で、どうして?”としか
いいようがありません。

納得していただけないご様子ですが、代車を渡し、後ろ髪を引かれる
思いで、帰っていただきました!!!
つづく。
turuta_s_room at 09:55|この記事のURL

ボクスター981 来店!

IMG_4496IMG_4495IMG_4497
ボクスター981
2,7Lが来店
されました。

オーナーさんは、
某トヨタ系の方、、。

最近は、ポルシェ系統も豊田市周辺の方の所有者が
増えました。
嬉しいことであります。

ライバルを知って、己を知る!
大変、教育上、技術上、道徳上、本人にとっても影響大であります。

ボクスターは、違いますが、デンソー製やアイシン製部品の積極的な
取入れをポルシェグループはやっています。
やはり、日本製品の品質、性能、単価とEU組以上の評価の表れでしょう。
つづく。
turuta_s_room at 09:41|この記事のURL

2013年12月22日

ポルシェ964 カレラ2 点検で入庫!

IMG_4488
アタクシの964C2と同じ色、年式、
5MTの車両が、予約の日時で入庫です。

初めてのポルシェ購入につき、オイラの
本をご購入され、研究されて、東京の
ポルシェ専門店さんから、。

気に入らない前後の車高や、点検などで、、。
車両は、93モデルと全く一緒ですが、、。
程度は、こちらの方が格段に良い!!

これから、ポルシェライフを満喫されるところです!
つづく。
turuta_s_room at 16:29|この記事のURL

ポルシェ996ターボ RT55Sの修理の巻。

IMG_4491
996ターボRT55Sは、色々と不具合連発!

まあ、ブースト圧の上がりが悪いのですが、
ブーストコントローラーを取り合えず、中古品と
交換、自走しながら各部のエア漏れ、アクチュエーター
正常作動確認など、、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:25|この記事のURL

ポルシェ996ターボ 点検修理の巻。

IMG_4490
996ターボです。
マフラーメーカーさんの
デモカーを現オーナーさんが、。

車検と、ウォーターポンプの
水漏れ、オルタネーターの点検、
後、盗難防止機能の不具合で突然
警笛が、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:22|この記事のURL

ポルシェ996ターボ ゲンバラ650 修理の巻!

IMG_4494IMG_4493
996ターボゲンバラ650は、
高回転で燃料希薄と、エンジン
チェックが入りましたので、
ECUを点検中、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:19|この記事のURL

美里中学生の体験学習にて、、。

IMG_4486IMG_4487
先日、豊田市内の
美里中学の学生、
上原君が、アイコードの
体験学習で3日間の
厳しい指導!に耐え、無事
終了しました。

ジブンは、社員に任せてますが、この度、彼からの感想文が
届きました。

内容は、読みにくいでしょうが、中学2年生ともなると、しっかりした
内容の作文となっていました。

簡潔な内容に、感心しております。
親御さまの育て方が、素晴らしいのでしょう!
また、学校の先生の指導も、、。

彼のような若人がたくさん育って欲しいと思う今日この頃であります。
つづく。




turuta_s_room at 11:27|この記事のURL

2013年12月21日

ポルシェ996ターボ RT55S 点検修理の巻!!!

IMG_4483IMG_4481
996ターボRT55Sは、
各部点検してましたが、
大きな進展ありました。

ブーストコントロールバルブという
ブースト圧を調整してる電子部品が、
ぶっこわれてました、、。

で、部品を注文してるところです、、。
他に、エアマスセンサーも、、。
これらは、システムテスターでは発見出来ない、
やっかいな部品です。
つづく。
turuta_s_room at 16:56|この記事のURL

2013年12月20日

ポルシェ964 RS 点検修理の巻!

IMG_4478IMG_4476IMG_4479
964RSは、友人の、、。

関東から雨の中、自走で、、。

3,8Lバイザッハチューンとか、、。

燃調は、日本でホットワイヤーKIT&AFCで、、。

これらの、調子の悪いところをこれから、、。

足は、純正から、カレラCUP用をエナペタルでO/Hしてから、
交換します。

ヒーターコントロールパネルが調子悪く、これも修理するか、
北米から対策品を買うか、、。

やはり、RSなどの軽い車両は楽しいです!
高速道を5速のまま、チョンとアクセル踏んでやると、ピヤーと
加速していきます。
単車に乗ってる感じ!!!

雨ん中、ピシャ−と路面に食いついて走っていきます。
室内は、CUPカーほどではないですが、もちろんメカノイズで、
グアーといいぱなし、、。
音楽なんか要りません(聞こえませんが)、東京〜豊田間を
アっという間の数時間、、。

ステアリングがパワーアシスト無いので、市内など重いでやんすが、、。
クラッチペタルの踏力も重いです。
多分、普通のクルマ常識(最近の)を持った方が、いきなり運転されたら、
何か壊れてると思うでしょうね、、!

このようなスパルタンな車両が、天下のポルシェから堂々と売り出されました。
まあ、それが最近では異常な価格帯になりまして、、。

この車両は、世界中の元&現役レーサー、ジャーナリスト、お金持ちが
最新水冷ポルシェと一緒に、保持してる、または必死で探して持ちたがります!
つづく。
turuta_s_room at 16:07|この記事のURL

ポルシェ996ターボ RT55S 点検修理の巻 つづき!!

IMG_4474

996ターボRT55S君は、
ワンウエイバルブとか
純正部品のドイツからの到着が
遅れに遅れ(貨物がどっか他国に)、、。

今週、やっと入庫、そこから今度はエア漏れを
点検の為、インテークパイプ系を特殊な栓をして、
圧をかけて、洩れてる箇所を調べましたら、出るわ出るは、、。

それらを一箇所づつ、対策修理していきまして、これから
排気系にO2センサーを組み付け、A/Fの点検をしてる図です。
つづく。
turuta_s_room at 15:08|この記事のURL

2013年12月17日

GRMN ヴィッツ ターボ 参上!

IMG_4440IMG_4441
トヨタ ヴィッツ 1,5L
ターボ GRMN車両です。

NAエンジンから約50ps
アップの150PS、、。

先代のヴィッツターボと
殆ど仕様は同じですが、唯一違うのは
HKS製ターボに変更されました。
IMG_4442IMG_4447IMG_4448
NCP131の型式は、
改造車両と車検証に
記載され、G,sの
車両が、メーカーの
量産ラインで製作
された物とは違い、
完成車からTRDに
持ち込まれ後から部品を組まれてます。

しかし、ボディーのスポット増しなどは、ライン上で、、。

絵のターボ軸潤滑用オイルのリターンは、エンジンブロックに
穴がない為か、自分たちも採用した昭和47年ころから
のオイルドレインボルトに戻すタイプです。

ターボのインタークーラー冷却にダクトを使った苦労の後が、、。
IMG_4444IMG_4449
室内もメーター類に差別化が、、。

バケットタイプのシートは、豊田紡織さんの
一体成型の特別仕様で、、。
拘っておられます、というか紡織さんがこれでなければと
ガンとして譲らなかったそうで、、!

LSD,クイックシフトと当時のTRD商品を彷彿させます。

また、強化クラッチは、ペタル踏力も重たい本格派です。

エンジン燃調のECU改造は、TTDCさん(トヨタ自動車さん
の子分みたいな)、、。

サスペンションも強化されて、、。
そして、ホイールは、何とBBS製鍛造アルミでやんす!
もちろん、ブレーキパットも性能アップされた物に、、。

絵では見えにくいですが、両ドア後部下のクォーターパネルに
”GRMN”とエンボス加工で、プレスされたような特殊加工で、、。

まだまだ、説明出来てない細かな細工が満載です。

これで、100万円アップは、全く出血大サービスであります。

担当のトヨタ自動車、Kさんは、、、。
これ以上は、個人情報になるので、しかし、優秀な方で
過去F1などドイツで担当されて、、。

このような車両が、IS−Fで出されたら、オイラ達の出る幕が
ありゃんせんです!

ということで、ツルタお節介情報デシタ!
つづく。









turuta_s_room at 11:20|この記事のURL

レクサス IS−F 新しいオーナーに、、。

IMG_4452

最近、IS−Fは、セカンド、サードオーナーに
なり、新たな持ち主を楽しませています。

今回の白鶴号も、新しいオーナーさんは、
初めてづくしのIS−Fで、感激されてます。

レクサスという世界一の品質管理された車両と
スーパースポーツセダンに匹敵するパワー、
ニュルを走らせても遜色ないAT&サスペンションなど、。

ファインチューニングで、より羊→狼からライオンに、、

ええクルマを作ってくれました、、!

エコロジーも大切ですが、世のストレスに悩まされた方がたは、
色んな方法で対処されてますが、愛車の密室の中での
ストレス発散は、大変効果があるものです。

これからも、周囲の冷たい目を感じながら、世の中を逆行して
でも、そのお役に立ちたいと勘違いしてるツルタであります、、。
つづく。


turuta_s_room at 10:30|この記事のURL

2013年12月16日

ポルシェ996カレラ ウォータポンプ修理の巻き!

IMG_4454IMG_4461IMG_4455
初期物996カレラの
ウォータポンプ故障で
修理に入庫しました。

ポンプをエンジン本体から
外しましたら、ポンプの
インペラーも破損して、尚且つ
インペラー全体がセンターがずれてました。

すでにポンプのメタル部分がファンベルトで引っ張られ、
片方にいざっています。

IMG_4457
IMG_4458

新品に交換ですが、
エンジン本体がわの
ポンプ内壁をインペラで
削った後が残っていました。

まあ、性能に支障はないで
あろうと、そのまま組み付けます。

ここまで、損傷した事例は過去にあまり見ませんが、
愛車の何か異常に気づいたら、早めにお医者さん!に
お問い合わせください。
今回は、何とか修復可能ですが、擦れて吹っ飛んだインペラの
破片は、どこかの水路に挟まっていると推測出来ますし、
何か今後、トラブルが出る可能性もあるかも、、!
つづく。
turuta_s_room at 16:19|この記事のURL

2013年12月15日

今頃は九州は、鹿児島へ、、?

IMG_4451

本来であれば、鹿児島に居るはずでした、。
が、しかし現実は厳しく、お仕事が一応
ありますので、、。

今回は、涙をのんでお断りしました。

鹿児島の3大魔王(焼酎の)にも、
お会いしたかったし、、。

知覧の特攻平和会館にも、、。
ここに展示してある零戦(れいせん)は、鹿児島県手打港沖
500メートルに沈んでいた52型丙を昭和55年に引き上げた
ままの姿で展示してある機体です。

もうすぐ、”百田尚樹氏著”永遠のゼロ”が封切となりますが、、。

ぜひ、この次には行きたいと思っています!
つづく。
turuta_s_room at 16:40|この記事のURL

レクサス IS−F ECUチューニング 価格改定します!

IMG_4437

レクサス IS−Fは、平成20年に
デビューしまして、早6年目、。

アイコード設立と同じ年であります。
正確には、ちょっとズレますが、、。

そのIS−FのECUをチューニング
したフルコンモジュール”FFM”は、リミッターカット用”SFM”を
含めまして500台販売が達成、現在更新しております・
これも,お客様あっての結果であります。

鈴鹿、フジとサーキットテスト、まずは、”SFM”という
スピードリミッターカットを出させていただき、その後
約3000Kmあまりの走行テスト&サーキットテストの好結果に
より(ゲンロク誌などで約1年間の長期取材)、”FFM”という
燃料、点火時期、スロットル開度、シフトアップ、ダウンモード変更、
など、フルコンピューターチューニングでなければ、出来ない内容を
モジュールからECU本体に書き込む、レーシングカー同様の
仕様で、発売開始しました。

途中、チタニウム製EXマフラー、チタニウム製メタル触媒付中間
パイプ、オプションとしてはハイカムシャフト仕様、そしてスーパー
チャージャーKIT仕様など、進化してきました。

現在、チタニウム製エキマニは、メタル触媒の問題で排ガスの
JC08等が通らず、苦戦してますが、対策中です、、。

そして、先日は、630PSを軽く越えるハイパワー仕様も、、。

ダラダラと前置きが長いツルタであります!!

新価格を発表致します。

FFMモジュール(フルコン仕様)  300,000円 → 250,000円

SFM同じ (リミッターカット)    150,000円 → 120,000円

どちらも税別価格です。

これから購入しようとされる方がた、ご検討ください。

2014年モデルについては、まだ確認取れてませんので、
確認取れ次第、発表致します。

つづく。
turuta_s_room at 16:07|この記事のURL

2013年12月14日

2014年モデル ハイエース 4型 3LDT車両の開発開始!

IMG_4435IMG_4436
2014年モデル
ハイエース
3L DTエンジン
車両を購入し、
ECUチューンを
開発開始です!

まだ、新型車両は、発売前
ですが、来年初頭から
デリバリー開始とか、、。

ハイエース KDH223 通称4型は、何故にここで
急いで4型に以降となったか、、。

巷では様々な噂が飛びました。

ライバルでなかったキャラバンが思いのほか性能良く、デザインも
キャラエースと揶揄されるほど、ハイエースを意識したので、
それらを一掃し、また差をつけなければとか、、。

今回のハイエースは、数年前からハイエースの主査になられました、
包原(かねはら)さんという方が、担当されてます。

彼とは、アイメック時代からの知り合いです。

で、単刀直入にお聞きしましたらら、即答です。

世界標準の設計工法基準に合わせるために、各部の
設計をし直したのだそうです。
ということで、4型ハイエースは、マイナーチェンジですが、ボディー構造が
変更になった新しいハイエースとして、デビューです。

エンジンに関しては、殆ど変更無し、もちろんその他もとおっしゃってましたが、
インジェクターがピエゾ式に変更、大型FGRクーラー(排ガスの)など、
変更は確実にされてると思います。

どちらにしましても、新しく生まれ変わったことには、変わりないので、
アイコードとしては、何としてもECUチューンの対応をしていかねばと、
ローンをしてでも新車を購入と、、。

名古屋トヨペットさんに、必死の価格交渉をしてますが、聞いてるのか
聞いてないのか、反応は、、。
つづく。


turuta_s_room at 16:41|この記事のURL

2013年12月13日

ポルシェ996ターボ ゲンバラ650 雪の高速道を走る!

IMG_4428IMG_4431IMG_4433IMG_4434

先日、軽井沢から
ゲンバラ650で
帰ってきました。

当日は、日本海側は
大雪で、その余波が
長野、軽井沢から
2WDの650PSを自走して、、、。
ターボの4WDを2WDに改造してありまして、、!

そしたら、軽井沢は朝からうっすら雪が積もり、ジブンが到着
した時は、晴れてましたが、高速は、、。
で、帰り道を各地点で調べてもらったら、”大丈夫!”と、、。

意を決して、何とかなる!と、いざ出発、、。

途中まで雪の舞う上信越道でしたが、山間にあると道路も吹雪が、、。
それで、絵は、途中まで、、。
その後は、絵を取る余裕などなく、ステアリングを両手でレーシング
ドライバーのように、、。

無事に帰ってきました。
恵那山トンネルを越えたあたりでも、まだ粉雪が舞っていました、、。
久しぶりに緊張したドライブでした!!!
ドイツの冬のアウトバーンを思い出しながら、、。
つづく。

turuta_s_room at 15:00|この記事のURL

2013年12月10日

BMW チューニング エクゾースト編

IMG_4372IMG_4373IMG_4375

320dの純正
EXマフラーです。

そう、1本ものです。
これもコストダウンの、、。

DTエンジンは、排気管を
直管にしても排気音は
あまり大きくなりません。
もちろん、最近のエンジンはブースト圧も上がりません。

IMG_4379
ターボから第1触媒あとの
パイプ形状です。
IMG_4382

これが、アイコード製の両出しダブルテール
パイプ形状にしようとしてる、参考品です。

乞うご期待!
つづく。
turuta_s_room at 16:09|この記事のURL

BMW 320d チューニング LSD編

IMG_4383IMG_4384
320d(F30系)のデフ本体です。
320iのNA用に比べると、ケースは、
同じですが、デフ比が違います。
トルクがある為、ハイギヤになっています。

IMG_4387IMG_4388

はい!残念でした!
予想どうりデフのリングギヤがデフ本体に
溶接してありました。
コストダンと思います!

さあ、どうする!

ここで諦めるのが!ツルタ、いや、諦められません!

旧友であります、元日産ワークスで、現在BMWジャパンの
エンジニアリング部署で、ゲキを飛ばしてるY氏に聞きました!

ドイツ国内でもDSC→DTC→完全オフと、電気制御のブレーキLSDで、
十分、雪路面を走破出来ると、、。

一部の方はすでに承知でしょうが、谷口氏が繰るBMWは、結構
ドリフトでけたそうです!

あれもLSD無しとか、、。

但し、サーキットはまあ、無理でしょうがと、、。

しかし、諦めきれません、、。

岐阜のTKスクエアさんでは、溶接部をカットしてリングにネジ加工を
放電加工でやり、LSDをくっつけたそうです、135のツインターボ車に、。
このようなツワモノもおられますが、費用が、、。

で、情報では今度の4シリーズには、LSDがオプションで、、。
これを狙おうと思ってるツルタであります、、!
つづく。
turuta_s_room at 15:43|この記事のURL

BMW 320dチューニング スロットル編

IMG_4420

320dの純正スロットルです。

そう、お分かりですね!

もじもじ、、。

最近の自動車部品は、コストダウン最優先で、、。

ということで、コノスロットル野朗は、非分解構造と
なっており、分解するとモトに戻せません。

スロットルのポート内径を切削にて大きくしてても、
電子部分とかが、組みつけれないというか、、。

要は、却下であります、、!
残念!
つづく。

turuta_s_room at 15:25|この記事のURL

2013年12月09日

灯油の量り売り参上!

IMG_4413

自宅に帰った丁度そのとき、
家内が来たきた!とばかり、
急いで外に、、。

空のポリタンクを両腕に持って、、。

何事と見てると、近くの道端に”雪や コンコン、
アラレやコンコン、、”などとスピーカーから音楽を流し
ながら、小型ローリーで灯油の量り売りが、、。

焼き芋やワラビ餅売りみたいに、、。

皆さんのお近くにも出没してますか、、?

抜け目ない商売だと、関心した次第で、思わず2階の窓から
着替えをする前に、パチリと、、。

真っ暗でナーモ見えませんが、ローリーのタンクが写ってると、、!

価格も、そんなに高く無かったです。
まだまだ、色んなところに商売が隠れてるのであります!
つづく。
turuta_s_room at 17:35|この記事のURL

FT86にエアロを付ける!

IMG_4412
知り合いの部下です、、!
FT86の新車を購入!

楽しくて仕方ない、毎日!!

で、トミカイラーさんのリヤスポイラーを
弊社で購入、、。

お金の節約で、DIYです。

工場を貸してやりました、、。

ドリルでリヤフードに穴を開けて、、。
後姿も楽しいそうでした!!!

青春じゃ!
つづく。
turuta_s_room at 17:25|この記事のURL

ポルシェ996カレラの車検整備の巻き!

IMG_4419

車検とウォーターポンプ
水漏れ修理で入庫しました。

この方も、日常はそんなに乗れない方です。

ポルシェも自動車なので、出来るだけ乗ることを
お勧めしますが、、。

どこかのポルシェオーナーの方が言っておられました。

いつもは、ガレージに眠っている愛車を、最近は職場状況
が変わり、毎日通勤で使っている!と、、。

そうすると、今まで何とも思っていなかったが、毎日の
運転が楽しみで、愛着も沸いてきた!と、、。

そうです、可能であれば、乗りましょう、何時も、、!
つづく。
turuta_s_room at 17:21|この記事のURL

ポルシェ996ターボ ラジエター液漏れ修理の巻き!

IMG_4416IMG_4417IMG_4418

ポルシェ996ターボの
右ラジエターから液洩れで
入庫でした、、。

で、フロントバンパーを外し、左側も
確認したら、案の定、、、。

ということで、両方交換です。
ついでに、ラジエター液も交換で、、。

日本車両では、考えられない頻度の
高さで、996シリーズは、イカレます、、。

このような点は、トヨタ車両には、これからも勝てないでしょう、、。
いや、勝とうなどとは思ってもいないでしょう。

だって、5年持てば、OKなのですから、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:14|この記事のURL

2013年12月08日

メルセデス ベンツ AMG A45 来店!

IMG_4394IMG_4396IMG_4397IMG_4400

AMGのA45が、
来店!しました。

この車両は、つい先日
富山に出張に行った時、
偶然とは思いますが、
色違いで2台も見ました。

富山ナンバー、もちろんA45ではありませんが、、。

A45 AMG 4MATIC 4WDです、ご存知でしょうが、。
北陸など雪の地方では、車両は生活上死活問題なので、
車選びは、厳しいです、、。

360PS 450Nm、2600RPM〜5000RPMは、このトルクで、、。
2L 4気筒のスバルの天敵みたいな車両です。
お値段は、640万円から、、。
排気音も、もちろん野太いチュードカーの雰囲気、香りが、、。
ドイツは、北海道よりも緯度は上の方です(知っとるわい!)、
雪はめっぽう強い車両ばかり、、。
また、アウト、バーンは真冬も融雪剤で走行可能、、!
夏は突然のスコールで、4WDは、欠かせません。

また、夏でも高原地方では残雪もあるので、オールシーズンタイヤの
装着されたレンタカーが、真夏に当たるときありますです、、。
昔は、それでヤッチャーいけない、ニュルを走ったもんです、、!

ということで、ベンツ、いやAMGさんはこれでWRCにでも
参戦するおつもりか、、。
何故か、自分の周りで急に目立った存在になりました、、!
つづく。
turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

ポルシェ996GT2 600PS VS IS−F 630PS

IMG_4391

先日、モーターヘッド編集長
高田氏が来訪、、。

アイコードポルシェ996GT2 
600PSとIS−F スーパー
チャージャー 630PSの対比した
取材をしていただきました。

次回モーターヘッド 09号 2014年
1月発売号をご購読ください!

内容は、そう、いたって簡単、オーバー600PSの
ハイパワーマシンのスポーツカーとセダンでは、
どんな違いの走りが堪能出来るか、、。

取材場所は、一般公道なので、高速道などのような
高速域は体験不可ですが、編集長をして”イカレタマシン!”
というお墨付きを拝領いたしました。

もう、1速からハーフスロット以上開けようものなら、ホイール
スピンは、覚悟の上、、。

どのギヤでも、チョッとアクセル開ければ、駆動部分が
ねじ切れるような鋭い、いやイカレタ加速で、目は正面を
必死で凝視しないと、、。
腕は、リヤホイールの挙動を腰も同時にセンサーを
メイッパイ働かせて、いつでも修正舵いけるように、、。

兎に角、緊張の連続(もちろん、アクセル開けなければ、、)で、
心地良い疲労感など、通り越して、緊張から解き放された開放
感から、駐車場に戻った時は、ドアを開けた瞬間から
安堵の薄笑いとため息です、、。

とまあ、小説仕立ての解説となりましたが、自分も同時に
同じ時間帯に試乗出来たのは初めてで、IS−Fの
車重の重さからくる、高速コーナー侵入時のよれや、
ポルシェとの加速感の対比が体感出来ました。

600PS、トルク700Nm以上の加速感は、何度試乗しても
慣れるということはありません。
でも、楽しいです!
つづく。
turuta_s_room at 13:54|この記事のURL

2013年12月07日

ハマナ ワークスさんに、行ってきました!

IMG_4407IMG_4249IMG_4250

静岡県
浜松市
浜北区
にある、創業71年目の
ハマナ ワークスさんに
行ってきました。

当社の扱ってる無電極ランプを
今回は、10基納品の為に、、。
IMG_4252

設置場所は、以前に購入していただいた
150W相当から200ワット相当の物に、、。
IMG_4257IMG_4268IMG_4270

現在の田村社長さんは、
3代目になるそうです。
で、今年の東京
モーターショー野外ステージに
展示された積車(トラックの後ろに
もう1台)。
工場は、とても大きく広いです。
この第1工場では、主に積車を
一から組み立て、製作、偽装、
そして、第2工場で塗装と、、。
IMG_4285
これは、積車の2階部分の代車を動かす、
ショックアブソーバーです。
内製です、まるで自動車のショックと同じ、、。
IMG_4292
第2工場の塗装ブースで、、。
こうやって、全て手作業で
各部を製作されてます。

IMG_4299
IMG_4318
アルミパネルや、開閉式なども、、。
そして、ここでは、あの
トムスさんなどレーシング
ティームが使っている
モーターホームなども
製作してるそうです。

要は、特別仕様専門で、、。
設計技師さんだけでも、
30名以上の方が、、。
IMG_4312
IMG_4305IMG_4307
田村社長さんです。
ジブンとのお付き合いは、
そう、IS−Fのチューンから、。
社長さん自ら、積車の
リヤタイヤの移動により、幅広車両を
積み込めるという図です。
IMG_4323

これは、アカシヤの木だそうです。
パネルバンの床材に、。
国内で植樹してるそうです。
ラワンなどは高くて最近は
採用しないそうです。
IMG_4326IMG_4327

これは、そう、アルミパネルバンの
側板用で、自社内でプレス機により
一つずつ、型押ししてる図です。
アルミ材は、7000番など強度の
あるものを使用されてます。
IMG_4328

応接室で、
すぐに目に飛び込みました!
輸送車両製作が
本業であることの
証で、これはベンツの
当時の積車であります。

会社訪問の巻きでした!
つづく。
turuta_s_room at 16:58|この記事のURL

2014年 1月16〜19日 スノートレーニング開催 ポスター完成!

IMG_4405IMG_4406


再度のお知らせになります。

2014年 1月16〜19日の
4日間、長野県佐久郡の
八千穂レークにて、スノー
トレーニングを開催します。

詳しくは、www.pocet.info

最低2日間は、参加されれると良いです。
ドイツよりウォルフガング、カウフマン氏他、
スゲイ方々が来日されます。
色んなドイツP社あたりの最情報など聞けるかも、、。

夜の懇談会も、。

宿泊は、湖畔にある保養所を借り切りまして、、。
佐久郡佐久穂町上げての歓迎で、、。

フィンランドのスノートレーニングに100万円投資して参加する
ポルシェドライビングレッスンより、とってもお得です。

なんせ、先生が向こうから来てくれるんですから、、。

日本人ドライバー先生達とは、一味違ったレッスン、講義、四方山話
など、直接質疑応答が出来るだけでも、ポルシェフリークになった
気がします。

ニュルのお話、開発のお話、ドイツ文化との違いのお話、、、。

こういったチャンスを掴み取るかどうかで、あなたの人生が、、。

はい、余計なお世話、一言多いツルタであります!!!
つづく。
turuta_s_room at 16:05|この記事のURL

2013年12月06日

アイコード BMW 320dの燃費計測の巻き!

IMG_4340IMG_4343IMG_4370

320d”白鶴号”は、
最初のテストであります、
燃費計測を、、。

東名高速で、いざフジまで、、。

屈辱のバスにまで抜かれる80kmで走行していて、
気づきました、マニュアルモードで見ると、80kmは、
7速、1500RPM,,!

これが8速ですと120kmです。
最初の100kmくらいは、7速で、、。

で、もって上り225kmは、21,33kmのツルタマジック、、!
まだ行けます!
いや、もっといってたと思います!!

そして、サーキットで30分間の全開走行!
あとは、またツルタ屈辱の燃費走行で、トヨタまで、、。
といっても、8速120kmではありませんが、
普通に100kmの速度域で、、、。

トータル燃費 16km

これは、脅威です。
多分、サーキット走行は、相当の燃料消費です。

トータル539km走行して、燃料系はまだ、半分ちょっと以下、、。

大したもんであります!
つづく。

ディーゼルターボ
turuta_s_room at 17:59|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives