2014年04月

2014年04月29日

BMW 320d フロント ピロアッパー試作、、!

IMG_5649IMG_5645IMG_5646IMG_5648
320d
白鶴号は、フロントサスペンションの
調整で、懸案でありましたアンダーステアを
解消すべく、マイナスキャンバーを付けようと
しましたが、最近のサスペンションは、殆どアライメント調整は、
不可能で、トーイン調整(サイドスリップとも)くらいしか出来ません。

そこで、アンダーステアの対策として、フロントサスのキャンバー
調整が出来るよう、アッパーサポートを製作、同時にピローボール支持としました。

その為、直巻きスプリングにも交換、、。

これで、ストラット式サスのアッパー側を20mm程度動かすことに
よって、キャンバー調整が可能となりました。

指で示してるボルトは、純正サポートバーの取り付け用です。

これで、キャンバー変化がマイナス3度くらいまで可能となり、
タイヤの接地面が大幅に向上(コーナリング時)し、ステアリング
操作時に、素直な特性となることを期待します。

同時にキャンバーをマイナスにしたことによる弊害が出ます。
それは、直進時の安定性が少し損なわれることです。

これには、キャスター角度も影響してきますが、320dのような
車両が一般走行において、必要かというと、、、。

ま、これもテストですから、、。

何でも、やってみて、一般走行にも支障が出にくければ、結果
オーライです、、。

しかし、この国産ピローボールを装着したアフターパーツ
メーカーさんのサスKITは、しばしは問題が発生します。

それは、走行条件にもよりますが、早い物では、数千キロも
走行しないうちに、ピローボールから異音(カタカタ音)が
発生するのです。
一般にピローボールのお仕事は、ジョイント部の正確な
動き(サスペンションアームなど)をする為です、。

今回のようなショックの頭部に取り付け、ピローボールを
プレートで固定して使用するには、この程度の大きさでは、
耐久性が、、。

スポーツ走行で長期使用(1万キロ以上)では、ガタが
出てきて、それが室内に聞こえ、不快になります。

ポルシェRSやGT2,3では、このピローボールが3倍以上
大きく、球面での耐久性は格段に違います、、。

ということで、アイコードでは、市販用にはピローボールを
使用してません。

あくまでスポーツ&競技用としてなら良いと思いますが、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:13|この記事のURL

2014年04月28日

ポルシェ912 入庫!

IMG_5627IMG_5629IMG_5633IMG_5637

1967年式912です。

正規ミツワディラー車。
当事、正規物として100台輸入された内の1台です。

1600cc ウエーバー44ダウンドラフト ツインチョークを
左右各1基装備の4気筒エンジンです。。

まVWカブトムシのエンジンをライトチューンして、安価な
設定で売り出されました。

エンジン好調&キャブ好調(セル一発)まで、OHしてます、、。

そう、ご興味のある方にお売りします、、。
つづく。


turuta_s_room at 15:46|この記事のURL

2014年04月26日

レクサス LF−Aのリミッターカット取り付け作業!

IMG_5617IMG_5618

LF−Aが
スピードリミッターカット作業で入庫です。

すでに、デリバリーは完了してますので、今更、”欲しい!”と、
我侭いわれる方は、高額で良ければ、、。

ということで、バブルしてるスーパーカーに、LF−Aも参入???
本来であれば、中古車はレクサス店さんがLF−A全てを網羅し、
外部の業者さんには、流れないような方法を取っておられますが、、。

ま、簡単には手に入りませんが、蛇の道は何とかで、、!!!
つづく。
turuta_s_room at 14:25|この記事のURL

2014年04月22日

RUF 964ターボ RCT ECUチューニング!

IMG_5616IMG_5615IMG_5614

RUF
964RCTは、ECUのリセッティングを
行い、下記のようになりました。

馬力   350PS  →  377PS

トルク  51,6   →  54,4

単位は省略しましたが、大体お分かりのとうり、
出力は、27PSアップのわずかですが、車両の年式から
考えると、旨くいったと思います。

大体、RUFのECUセッティングは、燃料濃いのと、点火時期は
KITの安全性も考えてか、あまり進ませてはありません。

今回、点火時期を2度進ませ、ブースト圧1,0はそのままで、
燃料を調整しました。

NAエンジンで、しかも圧縮比11もあるので、低速からのエンジンの
レスポンスは、抜群です。

しかも、RSですから、1150kgしかないので、パワーウエイト
レシオは、3,05kg/psです。

996GT2(初期物の460PS)を上回っています。
街中、サーキットとどこでも、モーターバイクのような加速と
コーナリングで、さぞかし楽しいドライブが、、。
つづく。
turuta_s_room at 18:15|この記事のURL

2014年04月21日

ポルシェ964RS RUF RCTのECU調整!

IMG_5613IMG_5600IMG_5601
RUF
964RCTは、RUFのECUを計測しました。

340PS

カタログデータでは、370PSなので、これくらいには
パワーアップ希望とオーナーさんは、、。

さあ、ECUのセッティングの為、触媒部分にA/Fセンサーを
取り付ける為のアダプターを溶接、。

ターボは、純正EXマにを使用して旨く取り付けてあります。
964ターボとは、位置が少し違いますが、、。

IMG_5604IMG_5605

絵は、馬力向上と共に油温が上がりますので、
見えにくいですが、右側と同型のオイルクーラーが追加してあります。
その為、下側から見ると、エアアウトレットに電動ファンが見えてます。
それだけ、厚みがまして、、。

左側には、従来エアコン用コンデンサーが入っていますが、その
後ろ側に挟むため、電動ファンが後ろに移動してます。

RUFのRCTKITは、964カレラ&RS用の組み立てKITですが、
完璧なKITです、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:46|この記事のURL

2014年04月20日

ポルシェ993RS 整備の為、入庫、、。

IMG_5585IMG_5587IMG_5592IMG_5593
993RSが、
入庫です、整備の為、、。

こうして、964(RUFですが、ベースがRS)と993のRSが、
隣同士で、しかもどちらも”真っ赤なポルシェ!!”などと、
歌の歌詞(百恵ちゃんしか思い浮かばない)ではありませんが、
そう揃うものでもなく、思わずパチリ!と、、。

993RSは、発売当事、964RSをディーラーで買いそびれた方が、
発売前に、注文されるほど、やはり希少車でしたが、すぐにサーキットに
行き、走られた方は、一応にがっかりされました、、。

964RSに鈴鹿などでは置いてけぼりされると、、!

まあ、冷静に考えると馬力は、964RSの260PSが300PSと
40PS、排気量も3,6Lが3,8Lとアップしてますが、、。

車重が、1230kg が1320kgと、100kgも964RSが軽量な為、
サーキットでも、市街地でもフィーリングが964が群を抜いていました、。

パワーウエイトレシオでいうと、4,7kg/psが、4,4kg/psと993RSの
方が、上回っていますが、964RSのシャンシャンエンジン回ってる
車両に比べ、新品エンジンも硬くてと、、。
また、運転操作もリヤのパラレルリンクに慣れてないなど、、。

ということで、993RSは、台数も少なく、人気もいまひとつで、
3年経過した車両が、600万円台で売られてました、、。

RSクラブスポーツという車両はも出ましたが、乗り降りが大変と
いうことで、サイドのロールバーの一部をカットされたりと、、。

トドメとして、ツラが正統派の方がたには悪評で、追い討ちを
かけました、、。

今では、まぼろしとか伝説のとか、、、。
自動車ジャーナリストは、こんなもんです、、。

も一つ、空冷RSが中古車市場で異常な高騰してる要因として、
東南アジア(香港、台湾など)の成金の方が競い合って、、。

また、北米はRS仕様は輸入禁止(安全上)の為、当事は販売不可
でしたが、20年以上経過した中古車両は、解禁なのかこぞって、、。

どちらにしましても、空冷ポルシェは世の中の景気など、どこ吹く風の
如く、中古車市場を振り回しております、、。

株や博打に投資するなら、ポルシェに、、。
何時ですか、今でしょう!!!
つづく。
turuta_s_room at 15:27|この記事のURL

ポルシェ997カレラS エンジン組み付け、、。

IMG_5589IMG_5591
997カレラSの
エンジンを組みつけにはいります。

シリンダーのかじった気筒は、現在スリーブを
特注製作しています。

まだ、時間はかかりますが、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:21|この記事のURL

2014年04月19日

ポルシェ996カレラ Tip エンジン不動修理の巻!

IMG_5581IMG_5582IMG_5584
turuta_s_room at 09:55|この記事のURL

2014年04月18日

ゲンバラポルシェ再び入院、、。

IMG_5583
オーナーさんにお渡しして、初めての長距離
ドライブ中、チェックランプ点灯、、。

たまたま、静岡県でしたので、だましだまし乗ってきて
いただきました、、。

ECUチェックランプ点灯と、アイドリング不調(回転
高すぎると)という診断結果、、。

ジブンは、合計350kmくらい、テスト走行を兼ねて
納車しましたが、何とも異常無しでしたが、、。

それと、左側EXマニホールドあたりからも、冷間時始動の時、
排気ガス漏れの音が、、。

右側は、先回修理しました、、。
今回、左も修理しますが、EXマニは、どうもステンレスの手曲げ
加工品で、溶接部分カラノ「クラックです、。
また、割れる可能性がありますが、、。

アイドル異常の方は、現実的には、あまり問題無いので、ECU
内部を書き換え、敏感に反応しないよう変更しました。
まあ、チューニングエンジン&ECUですが、ゲンバラらしい
トラブルであります、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:37|この記事のURL

2014年04月17日

花粉の季節、アイコードは黄色一色の、、。

IMG_5573IMG_5570
アイコード
裏山のマキバラ(クヌギの一種)郡が、一斉に
花粉をばら撒きだしました、、。

黄色い粉を撒き散らします、、。

車両は、きな粉をまぶしたように、、。

朝、送風機で駐車場を掃除してますが、今時は、黄色粉が
舞い上がります。

これらをだいぶ、吸って生きています、僕達は、、。

中国のスモッグは、最近向こうに出張してるやつらが帰ってきて
感想を述べますが、飛行機が中国上空に下りていく途中から、
窓の外の色がどす黒く変わるそうです、、。

まあ、花粉ですから体に害は無いと思っていましたら、
そんなあまいことはないそうです、、。

花粉対策グッズは、当分手放せません、、。
つづく。
turuta_s_room at 17:17|この記事のURL

ポルシェ964、いやRUF RCTのECU点検、、。

IMG_5567IMG_5574
絵は、964RSを
ベースのRUF製RCT(ルーフ、カレラ、ターボ)です。

カタログ値、370PSですが、どこかで測定したら、
350PSくらいだと、、。

そこで、アイコードに持ち込まれ、ECUなど、徹底チェックです。

しかし、何時見てもRUF車両は、綺麗です、、。

まあ、ポルシェならぬRUFですが、一度試乗すると、その良さは、
誰しもが感激します、、!
つづく。
turuta_s_room at 17:07|この記事のURL

ポルシェ997カレラSのタイヤ交換!!

IMG_5566IMG_5571
997カレラS
の右前輪がバーストしたと、、。

ドウモ、キャツアイで、、。

最近のタイヤは、扁平率が非常に高く、30%は当たりまえ!

このような場合は、レッカーを呼ぶ意以外方法はありません。

高速道などでしたら、兎に角バス停など安全な場所で何とか、、。
もちろん、パーキングに入れれば尚、ベスト、、。

最近は、居眠り、飲酒、そしてLINEなどの携帯メールを平気で
やっておられます、走行中に、、。

大体、高速道で3車線の追越線をゆっくりと、しかも時々左右に揺れている
方々は、大体そうです!!!

その間に、前方を見て、、。

そんなクレージーな方が、多く運転しておられますので、路肩停車、
緊急でも、追突してくれ!なんて状況です、、。

くれぐれも、高速、及び一般道でもパンク等の被害にあっても、
決してすぐに停車しないよう、、。

何なら、道路脇の畑や、田んぼに飛び込んだ方がましか、、!
つづく。
turuta_s_room at 17:03|この記事のURL

ポルシェ996ターボ550 ミッションクーラー取り付け 9

IMG_5565
996ターボ550は、ミッションクーラー装着による、

クラッチホースジョイント部からのオイル漏れが
酷くなり、部品を注文しましたが、これがまた旨く
いかず、対策品を作りました、、。

その調子を見ながらの試走を続けています、、。

もうすぐ、オーナーアさんにお渡し出来るでしょう。
つづく。
turuta_s_room at 16:50|この記事のURL

2014年04月14日

2014年 スーパーフォーミュラー イン 鈴鹿

__SF
2014年、
スーパーフォーミュラー(SF)が
開催されました!

ダラーラというヨーロッパのシャシーに、トヨタ&ホンダ両雄の
2L 4気筒 ターボエンジン搭載で、これからしのぎを削って
争われます、、。

同時に今年から開催のスーパーGTの500クラスにも、
大幅ルール変更で、同エンジンが搭載されます、。

今回、SFでは初のお披露目ですが、鈴鹿での初開催。

トヨタさんは、予選から絶好調(ホンダさんが絶不調とも)、
本番は1,2,3位独占&7位まで”R14A”エンジンの完勝というべきか、
ワンメイクと言われても、、。

エンジン自体は、ピット内でもカバーされ、外観も見れないピリピリ
状態でした、、。

エクゾーストサウンドは、ま、それなりに高回転でターボエンジンと
言われなければ、普通の方には分からないと思います、、。

ラップタイムは、Fポン時代に比べ、マシンが軽量&高性能の為
(アメリカ製の設計も古いので)、1分36秒台と、13年のベストを
数台が更新してます。

ちなみに、同時開催のF3は、予選で1分51秒台、、。
鈴鹿のS字は全開だそうです、、!

2位には、ラック勝田照夫さんのお孫さんが、、。
エンジンは、トムス製トヨタ2Lエンジンのワンメイク状態、!


同時開催の JSB(スーパーバイク)の1000ccの
2輪レーサーは、予選2分6秒台、、。

これも、お速いです、、。

話は戻って、、。
我らが、嵯峨宏紀君(絵はお父さんで、某トヨタの専務さん、
インディーカーターボ時代の責任者、そうターボの猛者&ハイブリッドカー
プリウスなどの生みの親、ゲンロク誌プリウス号でもお世話に)の
デンソーカラー(ハイブリッドカーTS040も含めブルー)の62号車は、
予選のアクシデントから、パドルシフトが不調でピットアウトしようと
するとニュートラルに戻るトラブルで思うように走れず、最後尾からの
スタート、、。

スタートのジャンプアップで3台ごぼう抜きしましたが、
3ラップめのスプーン抜けたところで、クラッチが滑り出し、何とか惰性で
ピットイン、そのままリタイヤ、、。

ピットに戻った時は、すでにカーボンディスクが摩擦で真っ赤に
焼けて、フライホイールから高熱が伝わり、クランクシールを溶かし、
出火、、。
ピット内はSF初の消化訓練と相成りました、、。

ル、ボーセティームとしては、踏んだり蹴ったり、、!

エンジン性能は、乗りやすく、うまくいけば上位入賞も、、。

嵯峨君の感想では、3SGターボより速いですよ!と、、?!!!
冗談&本気のコメントか、、。

さーて、ターボ時代再来であります!!

ツルタの季節になってまいりました、、。

F1のベンツエンジンは、排気タービンとインペラーが、
カムカバーを縦にはさみ、排気熱を極力避けてるとか、、。
ターボの常識がまた変わります、、。

ターボ戦争がやっと又来たのです!!!
つづく。
turuta_s_room at 17:13|この記事のURL

2014年04月12日

ポルシェ993GT2 EVO が里帰り!!

IMG_5559IMG_5561
993
GT2EVOが里帰りです。

今回のオーナーさんは、センスのある方で、、、。

外装が1971年ルマン24Hに参戦した917の1台が”ピンクピッグ”と
言われたデザインを取り入れられました。

ミッションも、ハイパワー&ハイトルクに耐えるギヤ&ケースに総換え、、。

絵のBBS製ホイールは、当時の純正センターディスクが鋳物
マグネシウム製で、まめにクラックチェックと腐食に注意が
必要でしたが、鍛造アルミ製ディスクに交換してありました、、。

オーナーさんの心意気、大切にされてることがよく分かります、、。

今では、多分億単位の値が、、。

兎に角、オーナーさんはこの車両でサーキットを本気で攻めるデス!
羨ましいかぎりです!!
つづく。
turuta_s_room at 17:50|この記事のURL

BMW 320dセダンが来店!

IMG_5557IMG_5553
320dの
アイコードご来店第1号車両です。

12年の初期物です。

ブレーキは、4ポットを、、。

で、EXマフラーはと見ると、”柿本製試作第1号!とか、、。

それよりも、この車両標準で、リヤEXマフラー部分に
純正で樹脂アンダーカバーが、、。

すぐに名古屋のジブンが購入したディーラーに問い合わせた
ところ、現行モデルにはそのような物は、、。

調べていただいた結果、初期物の一部に標準装着と、、。

すぐに新品を注文しました、、。
このアンダーカバーを装着した状態のEXマフラーをと、、、。
試作マフラーを変更しなきゃ、、!

で、今回のオーナーさんは、他メーカーさんのサスKITを
試乗して、アイコードのサスKITを、、。

この方近郊の某トヨタ系、、。
ヨーロッパ出張時のディーゼルターボは、素晴らしいのを
肌で体感されていて、迷わず320dを、それも以前に
ツーリングワゴンだったので、セダンをと、、。

アイコードのサスKITは、しなやかでコーナーではロールしないと、
大絶賛、、、。
ということで、予約を、、。
ま、そんな簡単には商談成立とはいかず、作成した見積もり書を
見ながら、検討されるということで、、。

兎に角、同業者(?)に好評価を得たことは嬉しかったです!!
つづく。
turuta_s_room at 17:36|この記事のURL

2014年04月10日

ポルシェ996GT2 エンジン不調修理 5

IMG_5539IMG_5529IMG_5542
996
GT2は、やっとブースト圧が
安定しました。

ブーストコントローラーやブルーオフバルブ系
エアコントロールバルブを交換して、、。

パワーチェックしていますと、指で示した4500RPM
以上の回転域で電子スロットルが閉じて、パワーダウンします。

その原因は、点火時期です。
それでも、440PSくらいは発生してます、、。

今回の車両のECUは、どこかで書き換えられてることは分かったの
ですが、内容はまだ解析してません(オーナーさんのご指示で)。

しかし、パワーチェック以前から点火時期が以上に早いことは
分かっていました。

それが原因か、ブースト圧が上がると同時に限界を超えノッキングが
発生してるのでしょう、スロットルが途中から閉じてしまうのです。

今後は、ECU内部を書き換える以外、対策方法はないであろうと
結論しました。
現在、オーナーさんと相談中です、、。
つづく。


turuta_s_room at 17:42|この記事のURL

ご近所で火事発生!!

201404090956000020140409100300012014040910050001

アイコード前県道11号線の
南400mの県道沿いの
3階建てアパートの2階真ん中の部屋から
爆発音と共に、煙が、、。

1枚目の絵は、119に通報、5分後の、、。

何故にわかったかというと、丁度爆発した時に、佐川急便さんが
そこの前を通り、アイコードに来まして”今、アパートの2階が爆発して!!”
などと、、。

野次馬とこのアパートには、社員の友人が住んでいるので、
歩いて現場に、、。

約10分後、最初の消防車と消防ハイエースが到着、、。

おもむろに道路わきの消化栓からホースを配管、、。

消防士の方々は、指導員のもと、掛け声を掛け合ってテキパキと、。
皆さん、誰も走らず、歩いて、、。
これは、アイコード社員の消防団員から後で聞きましたが、現場では
決して走ってはいけないそうです、転ばぬように、、。

走行するうち、第2、第3弾の消防車が到着、合計7台くらいが、、。

アパートは、玄関側でなく南側の窓ガラス(縁側)から最初は黒い
煙りがモクモクと、、。

10分くらい経過して消防車が到着したころには、一部室内から火の手が、。
中では、何回か爆発する音も聞こえて、、。

到着、準備出来た放水は、まず2階の部屋の両側の壁に放水、、。

徐々に割れた窓から室内に放水、、。

ジブンは、その後仕事で現場を離れましたが、後で聞いた話では、
鎮火した後の、両側、そして下側の3軒は、放水で水浸しだそうです、。

火事の恐ろしさと、アパートなど周りも同じく犠牲になることを
改めて実感しました。

出火した部屋の住人は、出勤したとでの、、。
この火事での怪我人は、ありませんでした、、。

火事が発生し、県道11号は、前後500m近くは閉鎖、、。

アイコード前では、小型車はUターンも簡単でしたが、近くに
広瀬のトヨタ自動車も含む工業団地があり、トラックやトレーラーの
Uターンには、誘導などして助けました、、。

多くの方々が火事の影響を受けました、、。

火の用心であります!
つづく。
turuta_s_room at 16:03|この記事のURL

ポルシェ996ターボ550 ミッションクーラー取り付け 8

IMG_5531IMG_5532
996ターボ
550は、何とかミッションクーラー系が
完成したかと思っていたら、トラブル発生!!

絵のクラッチ系等の油圧ラインから多少のオイル漏れが
有りましたが、にじみ程度と思っていましたら、脱脂して
様子をみていましたら、にじみが酷くなって、、。

ここの連結部分のオイルシールから、、。

オイルシールのフィッティングを注文であります、、!
つづく。
turuta_s_room at 15:03|この記事のURL

2014年04月08日

BMW 320dチューニング 給排気系の巻き

IMG_5526IMG_5527
絵は、
純正エアフィルターです。

紙製フィルターの上に、ナニやらアデランス
みたいな、、。

これは、某トヨタ紡織さんの技術屋(エアフィルター開発&製造)に
お聞きしましたが、これまで化学繊維のフィルター構造から、
リサイクル&専用設計和紙(と言ってもよいか)製の目の細かい
材料に変更になりました、、。

また、耐久性を増す為に、フィルターの表面積が従来の物より
格段と大きくする為、アコーデオン形状は細かくなり、、。

吸気抵抗を少なくする努力も大変であったと、、。

欧州などでは、964時代(1989年)からすでに紙製フィルターでした、、。
930もか、、。

今回のアデランス付属は、正確な情報はこれから得たいと思いますが、
我流&自己満足考察では、黒い材質がより長くの埃を吸収する為の
対策かと、、。

又は、騒音(吸気音)対策かと、、、!


DT(ディーゼルターボ)エンジンは、この2L、4気筒で純正で加給圧
1,5kg/cm2も上げてるということは、ガソリンエンジンターボの
ブースト圧でせいぜい0,7kg/cm2ですから、倍の空気を吸ってる
分けです、それも1500RPMくらいの低回転から、、、。

吸気音もそれだけ大きくなるでしょうから、、!

エアフィルターの交換次期は、決まっているでしょうが、それでも
これだけの高ブースト圧ですから、フィルターは性能低下が
心配されます。

それに対する、対策ではないかと、、。

どなたか、真実をお知らせください!!!
つづく。


turuta_s_room at 13:41|この記事のURL

BMW 320d EXマフラー試作完成!

IMG_5438IMG_5439
320dの
試作EXメイン
マフラーが完成しました。

早速、パワーチェックで性能を確認、、。
音量もアイドル域は、同量で、高回転域で
5dc位アップしました。

DTエンジンは、排気管をターボ以降を直管にしても、
然程音量は上がらず、性能もあまり変わりません、、。

どちらにしての、車検対応にする為、

JATAによる自動車騒音試験に合格すべく、検査を受けます。

オールステン材両サイドW出し75パイでテールパイプの
デザインにしました。

性能(もちろん性能もアップ)よりデザイン重視で、、。

それにより、リヤアンダースカートも両サイド逃げのある
スカートも用意します!

例のエアロはもちろんですが、、。
つづく。



turuta_s_room at 13:21|この記事のURL

2014年04月07日

BMW 320d サブコンチューニングで

IMG_5508IMG_5507
320dは、
サブコンを付けて、
セッティングしました。

カタログ純正PS  184PS → 230PS

約50PSパワーアップしました。

走りは、2000RPM以上が加速も増し、4000RPM付近まで
鋭い加速をします。

本日は、アイコードにて例の場所で、ゲンロク誌5回目の取材!

IMG_5525

皆さん何かに気づかれました!!!

そう、とぼけるのもいい加減にして、エアロがちゃっかり
装着されて、、。
つづく。
turuta_s_room at 16:19|この記事のURL

ポルシェ996ターボ550 ミッションクーラー取り付け 7

IMG_5519IMG_5520

996
550ターボの
ミッションクーラーは、やっと作動
が確認出来ました。

電動オイルポンプの音も、思っていたほど騒音を
撒き散らしていなく、殆ど室内には聞こえてきませんし、
エンジン真下で聞いていても、エンジンメカノイズにかき消されて、。

IMG_5521

これは、丁度入庫している、お手本となりました、
ゲンバラ996ターボ650の空冷ミッションクーラーの
全景です。

オイル配管がミッション周りを”大和の大蛇”みたいに、、。
表現古いですが、要約しますと見苦しいし、クーリングエアーも
通り抜けしにくいかと、、。

そう、自己満足入りました!!!
つづく。
turuta_s_room at 16:05|この記事のURL

2014年04月05日

ポルシェ996ターボ550 ミッションクーラー取り付け 6

IMG_5482IMG_5481
996ターボの
ミッションクーラーの
電源スイッチを配線、設置したところです。
つづく。
turuta_s_room at 15:47|この記事のURL

ポルシェ996GT2 エンジン不調修理 4

IMG_5475IMG_5476IMG_5477
996GT2は、
ターボ周辺をバラシました!

排気バルブ系のトラブルが無いか、、!
アクチェーエーターも点検、、。

IMG_5478

左の小さいユニットがブーストコントロール
バルブです。

右は、ブローオフなど正、負圧エアーの
コントロールしてるバルブですが、怪しいので
新品交換です。
つづく。
turuta_s_room at 15:43|この記事のURL

2014年04月04日

ポルシェ996GT2 エンジン不調修理 3

IMG_5464IMG_5466

GT2は、
ブースト圧の調整不良と
安定しない原因を探っています。

今回は、アクチェエーターの作動を防止するエア配管を
カットしただけでなく、ターボのウエストゲートバルブを
固定して、ターボの最大加給圧を点検、、。

絵のように、1,5まで上がり、1,3まで落ちて
落ち着きました、、。

やはり、何か悪さをしてる原因がありますが、、。
つづく。

turuta_s_room at 17:33|この記事のURL

2014年04月03日

ポルシェ996GT2エンジン不調の修理、、!

IMG_5457
996GT2がエンジン不調で入庫です。

あれこれやっていますが、依然
原因特定出来ずです、、。

エンジン圧縮圧は正常、、。

タービン本体も正常、、。

しかし、ブースト圧が上がりません、、?

インテークパイプ系のエアモレも直して、、。

あとは、ECU内部か、その他の原因が何かあるはず、、。
さあ、頭フル回転で原因追及であります!!
つづく。
turuta_s_room at 16:28|この記事のURL

VW アップにKW製車高調整式サスKITを、、。

IMG_5458IMG_5449IMG_5447

ツレのご長男さんが、
アップというドイツ車を
購入されました、、!

で、サスペンションをいじりたいと、、、!

そこで、KWサスペンションを輸入されてる
橋本コーポレーションさんから、減衰調整の無い、
車高調整式の安価なKITを選んでいただき、組み付けました!

アップは、VW車の代表的車種 ゴルフの子分ですが、
アウトバーンと、ニュルブルクリンクでもまれただけあって、小気味良い
走りと快適空間(優等生的答弁)で、世界中の圧倒的ファンがいます!

で、ご長男さんは、親父の某トヨタ自動車勤務と違い、医療会でご活躍
されてますが、縁ありましてVW社の車両を選ばれました。

ま、豊田市近郊にお住まいも立てられ、お子達もすくすくと、、。
好きなモーターバイクは、子育てもあり当分ご法度、、。

通勤には、スクーターで、、。

お子達が巣立つまで、あと20年くらいは働きどうしで、、。
根っからの車好きで、サスチューニングくらいは許していただき
(奥様に)、これからアップライフを満喫されるのです、、!
つづく。
turuta_s_room at 16:24|この記事のURL

ポルシェ996ターボ550 ミッションクーラー取り付け 5

IMG_5455IMG_5453

電動オイルポンプ&配管は、
終了しました、水冷オイル
クーラー本体も取り付けましたが、
水の配管がまだ、、。

T字パイプを待ってるところです、、。

IMG_5452

電動オイルポンプのS/Wは、手動で運転席
ダッシュボードに取り付け予定です。
つづく。
turuta_s_room at 15:39|この記事のURL

2014年04月01日

アイコードのお花見!

IMG_5430IMG_5431

4月になると、
アイコードは、花盛り!!

ピンクのダイザクラ!

真っ白なメソレと雪柳も満開で、、!

さあ、今日から4月1日、幼稚園、小学生など学生たちは新入学、
新学期、、。

新社会人は、不安と期待のスタート、、。

アイコードは、世の為、人の為?と、勝手に思い込んで、
社会貢献を念頭に、これからも邁進していきますです!
つづく。
turuta_s_room at 13:17|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives