2014年06月

2014年06月30日

鈴鹿8耐の勇姿! 野田達也です、ご融資を!!?

b 292b 201

2013年
鈴鹿8耐の時です。
なかなかライディングフォームは決まって、、!

マルケス選手みたいに、ひじはついてませんが、、!

b 205b 289

一口3万円で、スポンサーさん募集ます!!!

4649!!

中年の星であります!
皆さんも何か目標作って、人生を楽しみましょう!!(大きなお世話!)

何を隠そう、野田選手は、中免しか持ってません!!!

20代に取った免許です。
大型2輪を取ろうとしたのですが、手弁当応援団の皆さんが、
大型免許取る余裕があるなら、マシンの整備に回しなさいよ!と、
許してくれません。

隠れて取得したら、多分リンチ事件になるであろう!と、ビビっています!
つづく。
turuta_s_room at 16:02|この記事のURL

2014年 鈴鹿8耐 友人が今年も参加!!

IMG_0014IMG_0008
IMG_0010IMG_0011

2014年
7月28日、鈴鹿8耐に友人のティームが、、。
プライヴェートのお手本みたいな手弁当軍団で、、。

IMG_0012

昨年はBMWでは、初参加(それまでカワサキ)、市販のS1000RR
をレース用に改造したマシン、、。

野田選手は、40歳で奮起、数年を掛けて国内戦を600で参戦。

国際Aを取得し、現在50歳の好青年!!???

ラップタイムは、トップの2分6秒台に対し、2分20秒台と、
いたってマイペースです、、!!!

ま、昨年もそうですが、転倒しないのが取り柄とか、、!!

私個人で、スポンサーになって、バックアップ!!!

聞くと上半身は、カウルの外に出せば、そんなに暑さは問題無いと、。

問題なのは、足だそうです、、。

エンジンのラジエターなど冷却風がもろにブーツを直撃、、。
熱いの何の、、。

ピット裏には、各ティームが小さな丸いプールを用意してるのですが、
ピットインして一番先に冷やしたのは、そう、足だそうです!!

さあ、ジブンも参加出きるよう頑張るぞ!!

予断ですが、昨日の日曜は、友人3人で600kmバイクで、。
12時間、バイクに乗りっぱなし、、。
200kmくらいは、ワインデングを、、。
体力つけるぞ!
肉離れの治療中ですが、バイクはOK!と、主治医に、、。
ま、ダメと言われても行ってましたが、、。
つづく。
turuta_s_room at 15:01|この記事のURL

無電極ランプ エコ太郎新発売 !

IMG_0001IMG_0002IMG_0005

”エコ太郎”という商品名の無電極ランプ第2弾です。

型式”MA15N”は、従来の水銀灯400W相当です。

諸元表では、150Wと、約60%の消費電力削減、、。
耐久性は、6万時間と5倍以上、交換費削減
瞬時の点灯で、こまめな消灯が可能、、。
水銀灯は300℃の発熱に対し、80度と冷房効率が、、。
紫外線による商品色あせや、人体に影響(日焼けなど)が無し、、。
PSE、型式指定承認、EMC規格をクリア、電波障害の影響無し、、。

国内製造です。
水銀灯は高熱に対応する為、金属製(アルミなど)で重たいですが、
MA15Nは、樹脂製のシンプルデザインな軽い傘です。
耐震にも強い!

優しい光源の為、目の疲れが断然少ない。

スーパーや百貨店での照明でも威力を発揮します。

IMG_0007IMG_0006

カタログが物語っています。
水銀灯が全廃になる現在、多くの会社は、LEDの投入で、いろんな不備が、、。

LEDの短所であります、単一指向性が影を作り、LEDの数を増やさないと、、。

IMG_0003IMG_0004

本商品は、日本製です。

自然の太陽光に近い光であり、作業効率でいえば、LEDを
超えており、経済的、環境問題もクリアと、、。

既に、自動車関係T社の1次下請け会社にも採用され、工場別に
交換されつつあります。

ぜひ、経営者の方々、面倒さがらずご自分でご確認ください。
避けては通れない広域照明の今後です!
つづく。


turuta_s_room at 14:35|この記事のURL

2014年06月28日

ポルシェ964RS 3,8L 300PS 全塗装の巻き

IMG_6206IMG_6207

964RSは、

やっと塗装屋さんを見つけ、外装の修正から、、。

ここの板金屋さんは、友人の紹介で、、。

予算を絞り込んでの、初仕事です。

仕上げを期待してます!!
つづく。
turuta_s_room at 16:05|この記事のURL

2014年06月27日

ツルタの愛用デジカメが、2代目に交代!

IMG_0014IMG_0015

10年位前に

購入しましたデジカメが、1回修理しましたが、もう老朽化してか、
フォーカスなど、旨く作動しません。

みれば、外観もセロテープで貼ったり、、。

愛機は、海外にも同行、ツルタの公私を知っております、、。

ということで、2代目も”IXY” そう、キャノン(観音さま)の代表的、。

IMG_0001DSCN0752

当事、イクシーは、有名人のコマーシャルで、箱型の、、。
これは、そう上級モデルで、当事でも4万円近く、、。

ジブンには、機能の一部しか使いこなせませんでしたが、、。

今回のモデルは、お安くて性能は向上しており、細かく改良が、、。

バッテリーも同じ物かと思いましたが、小さくなって、、。

さあ、ジブンの荒い使用にどれだけ耐用出切るか、、。

ブログには、これが必需品で、、。
携帯は、スマートフォンではありませんが、カメラはついています、。
しかし、やはりデジカメでないと、撮った気がしません。
古い人間であります、、!
つづく。
turuta_s_room at 16:27|この記事のURL

ポルシェ993 カレラのオイル漏れ 5

IMG_0013

993カレラは、シリンダーヘッドのバルブ&シートのカットと

バルブガイド交換で、加工屋さんにお出かけです、、!

シリンダーは、ホーニング加工でこれもお出かけです、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:13|この記事のURL

レクサス IS−F スーパーチャージャーKIT装着 4

IMG_0008IMG_0006

IS−Fの

スーパーチャージャーKITは、一時中断してます、、!

スーパー本体とエンジン側プーリーでベルトを張る為の
1部にベアリングか、プーリー本体の加工に問題があるのか、

真円が出てないようなので、、。

つづく。

turuta_s_room at 15:07|この記事のURL

2014年06月26日

トヨタ マーク2 GX71 1GーGTEUのECU修理の巻き

IMG_6269IMG_6266

昭和63年式
1988年のトヨタ GX81マーク2 1GーGTEU、そう初代のソアラ 
Mエンジン純正ターボの次に発売された、2L 1GGエンジンという直列6気筒

初の4バルブエンジンに、純正ターボ装着された、、。

GA61セリカXX、GZ20ソアラ、GX71マーク2、クレスタ、チェーサー、
70スープラにこのエンジンシリーズは、シングルカムの1G−EU
から1GG−EU、そして、1GGT−EUと、凄く種類が多く、、。

その中で、81マーク2の純正ターボ車両に、HKSさんのターボ交換
KITを装着し、Fコンというサブコンでチューニングされたこの車両は、
最近、エンジン不調で入庫、、。

ECUを点検すると、案の定、、、。

IMG_6270IMG_6272IMG_6271

絵のECU内部です。

指で摘んだ円筒形の部品は、コンデンサーといって電気を一時
蓄えるのです。

良く見ると数字”85”と記入してあります。
これは、対応温度85℃とう意味です。

そう、これは寿命がきて、パンクします。
内部は、アルミと電解液が入っていて、ガスが発生、お餅みたいに、。

これらは、性能不良となると、正しく信号を送れなくなりエンジンが、、。

IMG_6273IMG_6274

これは、1996年式ポルシェ993ターボのECUです。

ボールペンで示してる円筒形のコンデンサーをこの次期はわずか1ケしか、
使用してませんが、、。
対応温度も、このころには105℃や125℃と、性能アップしていますが、、。

もう一つの黄色い小さな長方形は、チップタイプのコンデンサーです。

この車両も、やはり突然エンジン不動になり、交換したりしてます、。

トヨタ、ポルシェといえども、時代の流れで10年以上経過すると、、。

コンデンサーは、現代のプリウスなどにも必要不可欠のパーツです。
ECUにも、寿命があるということを覚えていてください。
つづく。







turuta_s_room at 15:58|この記事のURL

”しろ”の近況報告!

IMG_6243IMG_6246
”しろ”の
近況報告を心待ちにしておられる方が、、。

絵は、家内のふとんで、枕をちゃんと頭にして、行儀良くお寝んね!

ジブンと同じ、AM4;00前には起きてウンチを砂場にして、砂を
さんざんそこらじゅうに撒き散らし、キャットフードを食ったあと、

窓のガラス越しに外を眺めながら、時どきジブンの膝の上に来て、
アタマをなでろ!と、、。

で、7時ころには、そう、朝寝であります、、。

家内が起きた後の寝間で、、。

IMG_6247

最近は、ジブンの趣味に合わせてか、エーチャン風ツイストを覚えて、、。

シャウト!しながら、夢心地であります!!
つづく。

turuta_s_room at 13:43|この記事のURL

2014年06月24日

1974年式 BMW 2002 参上!

IMG_6232IMG_6231

2002です。

これは、74年式のキャブ仕様で、、。

本日、神戸から起こしです、、。

久しぶりに見ました、新車のような出来栄えで、、。

もちろん、エンジンルーム、室内もピカピカ、、。

レストア&コンクールコンディションとは、これか、、!

と、褒め殺しでは無く、本当に綺麗!

オーナーさんのセンスと、それに答えたショップさんの力量が、、、。

はっきりと、BMWに不勉強なジブンでも、この仕上げの良さは
分かろうと、、。

学生時代の憧れの女性にあったような、得をした気分の今日1日あります!
つづく。
turuta_s_room at 15:27|この記事のURL

トヨタ アルファードECUチューニング車両にブレーキチューンを、。

IMG_6141IMG_6225

アルファード
3,5LにECUをチューニングした車両ですが、
あまりにブレーキが止まらない為、ECUをやってから、更に
止まりにくくなったということで、、、、。

フロントブレーキローターは、すでにシミー(ローターの歪による振れ)が、
出ていましたので、デイクセル製スリット入りを選んで、、。

ブレーキパットは、プロジェクトミューさんのHC−C(ハイカーボンチタン)
という、最強の、、。

少々粉が出ますが、2トン以上のこの重たいボディーを確実に、止めます!!
停止時のキーという不快な音も殆ど出ませんです!!

そう、それが市街地であろうが、高速であろうが、、。

ということで、本日納車しました、、。

電話したところ、ニコニコ顔(見える訳ありゃんせんが、たとえの、)で
エー感じ!!

思い通りに良く止まる!と、、。

そう、このようにオーナーさんが喜ぶ顔(見えませんなが)を見るのが
仕事冥利というもんですな!!
つづく。
turuta_s_room at 15:17|この記事のURL

2014年06月23日

2014年ニュルブルクリンク24Hレース 完璧な勝利!

IMG_6220IMG_6222
今年は、

終わってみれば、トヨタ自動車さんの大勝利!!

モリゾウさんこと豊田章男社長さんは、大忙し!!

日本国内初のライブ放送でしたが、章男社長さん自ら、
メディアのベストを女性リポーターから借りてか、日本
ティームの日産さんや、スバルさんに突撃レポート、、。

田中哲也さんやスバルさんの監督さんなど、緊張されて
まじめに答えていました、、!!
お茶目なところを見れました!!

世界トップの自動車メーカーの社長さんがですよ、、!
オイラも受けてみたかった!!

結果は、ご存知の方も多いと思いますが、、。

ツルタの個人的見解で、お節介節も交えて、どうしても喋りたい!!

FLA codeX( icodeみたいと、言いたかった)は、初出場、またLFAの
為の特別クラスが設定され、このクラスの優勝、総合も11位、凄い!

LFAもSP8クラスで優勝、苦節何年目か、、!

そして、86も、クラス優勝と、絵に描いたような完璧レースかと、!!

”Good job!"であります!!

それにしても、素直におめでとうございます!と言いたい!

ついでといっては何んですが、総合6位には、古くからの(94年)
ルマンつながりのドイツ人女性、クラウディア、ヒュートゲンさんが
ワークスZ4 がSP9 GT3クラスで、、。

日産ワークスは、田中哲也、ミハエル、クルム、星野一樹氏らの
参加でしたが、、、。

プライヴェート参加のプレイステーション生みの親、山内氏が総合
14位と大健闘、GTRで、、。

カウフマン氏。
ポルシェクラブつながり、また95年当事、ルマン24H,鈴鹿1000km、
フジルマン(たった1回開催)で、ライバルのフライジンガーティームから
参加のウォルフガング、カウフマン氏、こちらはロークレーシングで、
そのときのドライバーの一人がクラウディアさん、僚友にはラルフ、
ケレナース氏(そうケレナースチューニングの息子さん)、、。

ライバルだった方ですが、最近はニュルでの先生、、。
彼は、数年前から蘇ったクレーマーレーシング、997GT3CUPで
参加、、。

今年は、テレビに大きく写されました、あの左リヤタイヤバースト、
10km付近(イクスミューレ)からピットに、、。

で、もってドッティンガーフーヘのストレート1,8kmの最後のあたりで、
タイヤが左ドアをもぎ取りまして、、。

それから、ピットで修理したのち、ドア無しのジープみたいな格好で
フィニッシュしました!!

スタートを見た方は、呆れたと思いますが、クラッシュの要因が
貰い事故ばっかりで、、。

解説や参加した日本人ドライバー井口氏など、インタビューで、
ジブンのパートを何事もなく、完走したことをとても感情を込めて、
”事故が無くてよかった!”と、、。

それくらい、速い車両も遅い車両も同じ確立で事故に会うことが
多いのです、、。

6連勝したマンタイティームのポルシェは、殆ど無傷でしたが、
あれは神がかりでした、、。

絵の25kmのコースで、20kmの北コースは、183のコーナーで、
殆どブラインドコーナー、横Gは、もちろんですが、縦Gは、200km
以上の速度で50mくらい下ります。

6km地点のフクスルーレ(キツネの穴)では、下ってわずか左に、今度は
カーブを登るのですが、怖いのなんの、、。

ミハエル、クルム氏に同乗して教えていただいた時のノウハウは、
1年以内のアスファルト補修コーナーと未補修コーナーを覚えて
おいて、雨が降ったら、そこの通過には、ジブンの想定以上の
遅い速度で通過しないと、スピンを、、。

実際、北コース下りのハッツエンバッハでは、ジブンのVWゴルフ
TDIのFFでも、フロントタイヤがアウトに滑ってアンダーに、、。

そうか思えば、2番目のカルーセル(シュヴェルベンシュヴァンツ)、
通称つばめの尾では、舗装が最近なのでインに強引に左タイヤをインに
入れて、回っていくなど、、。

もう、数え切れないノウハウが、、。
ジブンは、ニュル北コースを走行して、最初は兎に角早く終わって
欲しいと思いました、、。

でも、これが病みつきになるのです、、。

今年は、ニュルもオーナーさんが代わって、日本の皆さんの
招聘を代理店を作って、お待ちしてます。

自動車通ならずとも、ドイツ訪問される際には、ぜひ、訪れて
欲しいところです、、。

はあ、今回も長い話と相成り申した!!
すまん!すまん!
つづく。
turuta_s_room at 14:05|この記事のURL

2014年06月22日

レクサス IS−F スーパーチャージャーKIT搭載 3

IMG_6214IMG_6211IMG_6212
IS−Fの
エクゾーストマニ&第1触媒のセラミックス触媒部分を
カットして、メタル触媒を組み込んだ図です。

外観は、純正触媒ケースを再使用しました。

純正セラミックス製触媒が何故いけないかというと、セラミックス
触媒(純正車両の殆どが使用)は、排気温度が900以上で
連続使用されると、砕けるのです、排ガスの温度と圧力で、、。

それで、アイコードスーパーチャージャーKIT装着の場合、

燃料調整も含め、パワーを出す為に、燃焼効率が上がると
排気温度も上がり、純正セラミックス製ですと、過去に砕けたのです。

ポルシェ、フェラーリなどスポーツカーなどは、純正でメタルを採用
しています、、。

原価の問題が大きいと思います、、。

カーメーカーさんの技術は、先行開発という予算、製品単価をあまり
考えないで良い分野と、もうひとつは、生産技術という、現行生産車の
性能を維持しながら、原価を下げるという目標があります、、。

これは、トヨタ自動車さんを例に挙げると、世界一厳しいと言われる
トヨタ規格というのがあって、それはもう、日夜、原価低減に関して
”乾いたタオルを絞る”以上の開発を行っています。
ISOなんて目じゃありませんなどと、、。

性能は、メタルを使った方が耐久性も含め、良いことは分かっているが
原価低減には、セラミックスを超えられない!とか、、。

数千点ある部品の一つ一つが、過去から先駆者の経験とノウハウなど
規格という厳しい基準を設けながら、開発されていくのであります、。

ボルト1本でも、トヨタ車は6mmのボルト頭は、10mmスパナで
作業出来ますが、ポルシェは、11mmを採用しています、、。

またまた、講釈が長くなって、爺のたわ言と聞き流してたもれ!!
つづく。


turuta_s_room at 14:15|この記事のURL

2014年06月21日

ロッキーオートさんにお邪魔!!

IMG_6199IMG_6198
ロッキー
オートさん、岡崎市に新規オープンされまして、お邪魔を、、!

渡辺社長さんとは、初めてお会いしました、、。

勢力的におやりなってます。

500坪以上の第1工場(ショールーもバッチリ)、あと、2つも、、。

ハコスカと30Zのみが、ここだけで40台以上、完成し、即納状態!

IMG_6201IMG_6200

ちなみに手前のフルオリジナル仕様で2000万円以上、、。
右奥で、1500万円くらいとか、、!!!

恐れ入りました、、。

大のエーチャンファンで、青年期初めて読んだ本が、”成り上がり”とか、
そう、エーチャンブックであります。

店内の”ユーセン”は、先月から出来ましたエーチャンチャンネル”D72”が、
かかっていました!!
つづく。
turuta_s_room at 18:34|この記事のURL

IS-F 600PS

IMG_6208
IS-F 600は、イメージが変わりました、、。

なかなかの勇士であります!!

IS−F サイコー!!
つづく。
turuta_s_room at 17:36|この記事のURL

2014年06月20日

レクサス IS−F 600PSに戻りました!

IMG_6177IMG_6179
IS−Fの
600PS仕様は、一度550くらいまで落としました!!

あまりに、ホイールスピンが凄くて、街中でフル加速を不用意に
アクセル全開で行うと、タイヤが空転して、、。

しかし、パワーを落としたら(アクセルレスポンスも鈍く)、
オーナーさんは、やはり一度味わった魔力は忘れがたく、、。

ということで、パワーは、今気温が高い(30度以上)為、シャシー
ダイナモ上は、577PS, トルク82kgm

であります、、。

今回、あまりに食わないタイヤ(それでも高性能)に代わり、

アドバン ネオバ AD−08Rに、またリヤの幅も太く、、。

もうすぐ、BBS製鍛造アルミホイールも同時に交換であります。
オーナーさんは、IS−Fに全勢力、及び全予算を投入されてますです!
つづく。
turuta_s_room at 15:04|この記事のURL

2014年06月19日

2014年 ニュルブルクリンク24Hレースが今週末開催!

IMG_5967
2014年6月21.21日に
ドイツ、ニュルブルクリンクにて24Hレースが開催されます。

先週末は、ルマン24Hとゴールデンなダブルのウイークが、、。
(エーチャン風に、、。まだ、影響してます)

今年は、日本車、特にトヨタ、レクサス陣営は、、。
噂では、豊田章男社長さんが、再び挑戦されるとか、、。

その場合、IS−F CCSーRは、サポートにも回るようで、、。
さぞ、トヨタ首脳陣は、頭が痛いと、、。

世界一過酷で危険いっぱいなニュルです、、。
一例を上げると、ブラインドコーナばかりですので、
遅い車や、前車が黄旗で突然の徐行に気づくのが遅れた
車速の速い車両が、前車をジャンプ台に50m以上飛んだとか、、。

兎に角、クラス別は、10車種以上で、最高速が300km以上と、
220km(86など)では、高速追突などが、、。

トップのラップタイムが現在8分少々からエンドは11分と、、。

約190台の車両が、、、。
ルマンも凄いけれど、ニュルは、車速は低いけれどコースアウトの
確立では、、。

そんな中、ジブンはアホなことを、、。

絵にあるIS−F CCSーRに乗せていただいた1回目のフジ走行時、
左足ブレーキングの練習と思い、第1コーナー手前の
ブレーキング時に思いっきり、左足で、、。

そのときは、全く感じませんでしたが、2〜3日経過して、どうも左足が、、。

何時も、30分以上のストレッチ、スクワットなどを就寝前に、
自宅の横の道路で、、。屈伸は両手がぴったりくっつくまで
いけたのですが、イテテテ、、。

右足での屈伸は、膝があごにくっつきますが、、。
左足は、90度腰を曲げた時点で、。

約1ヶ月以上、医者にも行かず、素人判断で、ストレッチを、。

なかなか痛みが取れないので、昨日良く通ってる接骨医院に、。
ここは、グランパスのサッカー選手などにスポーツトレーナーも行ってる
ところで、、。

早速、電気器具!で左太もも裏を見てもらうと、”さあ、ご自分も
ご覧になって!”などと、、。

画面に筋肉繊維が横に綺麗に並んでるところで、器具を動かすと
出てきました真っ黒で丸いところが、、。
”肉離れだね!”と、一言、、。

今、先生指導の下、ストレッチ運動をやっています、、。

こんなときは、無理せず、表側の筋肉もつけるようにと、、。
スキーの滑降のようなケツを後ろに出して、屈伸を、、。
IMG_6176

こんな形で、足の筋肉をつけるんだそうです、、。
あと、毎日通って電気治療を、、。

肉離れなんて、初めての経験です、、。
それも、左足ブレーキングで、なんて、、。

そう、笑ってやってください、、。

両足の太ももを5cm間隔で測定していただきましたら、

左足は、右より1cm細かったです、。

IS−F CCS−Rは、マスターバック付きブレーキなので、
実際は、右足での方が、微妙なブレーキング出来る為、
最近のレーサーは、右足で行うのだそうです、、。
後から、聞きました!!

はい、シロウト判断、怪我のモト!、、で、あります!

以上、報告終わり!!
つづく。

turuta_s_room at 11:40|この記事のURL

2014年06月17日

ポルシェ993カレラ オイル漏れ修理 4

IMG_6158IMG_6159IMG_6160
993カレラは、

メタル類は、親子とも交換が宜しいようで、、。

コンロッドのピストンピン側メタルも、、。

あまり、良いエンジンオイルを使用してなかったのか、
ちょい乗りが多いのか、、。
IMG_6160IMG_6161IMG_6162
ロッカーアームに付いたラッシュアジャスター(
自動隙間調整)は、要交換、、。

シリンダー&ピストンは、異常ありません!!

リング交換、、。
WPC加工をするかどうか、、。

シリンダーヘッドは、2ケほどIN,OUTのバルブから圧縮
洩れ有り、、。

シートカット、バルブカット、バルブガイド抜き換えと、あと
カーボン落とし、、。
6気筒の圧縮圧を揃える為の加工すると、また加工賃が、、。

オーナーさんと膝を交えて、激論しながら、、!!!
つづく。
turuta_s_room at 15:29|この記事のURL

レクサス IS−F スーパー600PSセッティング中、、。

IMG_6163
ウォーターポンプの壊れたIS−F600は、

やっと修理が完了、セッティングに戻ります!
つづく。
turuta_s_room at 14:43|この記事のURL

レクサス IS−F スーパーチャージャーKIT装着 2

IMG_6156
IS−Fは、現在メタル触媒を
EXマニに加工取り付け中、、。

絵は、フロントグリル内に空冷インタークーラーを
取り付け中、、。

手に握っているのが、スーパーチャージャー本体の
軸受けを潤滑する為のオイルタンク、、。

この車両は、レーダークルーズなる四角いプラスチックの
箱が、真ん中に鎮座しており、これを除けながならの、、。

色々トラブルはつき物であります、。
つづく。
turuta_s_room at 14:41|この記事のURL

GGH25W系 アルファード&ベルファイア 3,5L用ECUチューニング!

IMG_6154IMG_6153
2014年式

GGH25W系のアルファード&ベルファイア V6

3,5L エンジン用ECUフルコンチューニング完成!!

燃調、点火時期変更、スロットルレスポンスをリニアに変更、

スピードリミッターカットなど、、。

ノーマルモードも小気味良くなりましたが、Sモードでは、

市内のストップ&ゴーもグーですが、高速道でのレスポンスは、

絵のテスト車両は、4WDですが、アっという間に、、、!

2130kgの車重を感じさせません、!

重いと感じるのは、ブレーキング時で、この車両も結構飛ばしてる

ようで、ブレーキペタルを踏むと既に、フロントローターは、変形
してる為、ペタルを踏む足先にトットットっと衝撃が伝わります!

早速、オーナーさんに連絡すると、”そうなんだよ!高速道や

市街地で急に出てくる不作法な車両に、ヒア汗かきながら、、。

アイコード製ブレーキパットと新品Fローターの注文をいただき
ました、、!

まるで、広告のようなストーリであります!!!

ECUチューニング価格        180,000円 TAX別

つづく。
turuta_s_room at 14:11|この記事のURL

2014年06月16日

2014年 ルマン24H & サッカーWC &モトGPインスペイン

昨日の日曜日は、忙しかった!!

ジブン初の、朝9時から環境美化参加、家内は喫茶店の為、、。

草刈釜を持って町内約50人で、上郷コミニティセンター横の
愛知環状鉄道脇を草刈、、。

9時40分ころ終了、、。
ペットのお茶を貰ったら、今度は隣町の桝塚町の氏子の為、
神社の草刈に、、。

こちらも150人くらいで、神社の周囲を草刈、、。
中には、携帯ラジオでサッカー中継を聞きながら、、。

11時半、やっと刈った草を一輪車で処理が終わってから、
点呼です。

46組ツルタさーん!  はーい!

マタマタ、ペットの500ccのお茶を貰って、そして、昨日
自宅内の庭木の枝落としで刈った草木を軽トラか下ろして、、。

自宅に帰ったら11時45分ころ、、。

そう、サッカーは、2−1で、、。

シャワーを浴びてから、作ってあったおにぎり食って、
2輪悪仲間(エーチャンを聞きに行った)と落ち合い、本宮山にツーリング、。
頂上には、砥鹿(とが)神社の本宮がありますが、月一でお参りに、。

岐路途中、ナガサカオート(モトラッド豊田)に寄って、来年の計画を、、。
ここでは、昨年よりカワサキからBMWR1000に代わって、
8耐に出てるのです。
そのティーム監督は、旧知の中で、スポンサーしろ!っと、、。

でもって、帰宅は夕方5時、、。
愛車(豊田章男社長さんが仰った、機械製品に唯一愛をつける)を掃除!

汗もぐれナノデ、シャワーを浴びてから、まずビール、、。

6時からルマン24Hの続きが始まり、見ていたら、トヨタ7号車は、、。

東富士研究所の友人で、TS040エンジン組み付けのK氏は、
急遽、ルマンに向かったとか、何でも緊急事態が、、。
エンジンは、今回何事も起きませんでしたが、デンキが、、。

ま、8号車は、3位を、。
ポルシェが1位を、、。
結局、盤石のアウディーさんは、ワンツー、トヨタサンは、昨年同様、
涙を飲んで、、。

で、その途中、8時ころからは、そう、お楽しみのモトGPが、、。

マルケス選手は、地元ですが、今回もスゲー勝ち方で、、。
最後の数周は、各コーナー2輪ドリフト、相手のバイクと当たりながら、、。

こんなレース、他では見れません。

今回は、ハミルトン選手がヤマハのロッシさんやロレンソさんのピットに
表敬訪問、、。

最近のF1より、ズッと面白いでやんす、ジブンには、、、。

普通は、9時にはおネンネなのに、フネコギナガラ見てました、、。

忙しい、そして充実した日曜でした!!!
つづく。
turuta_s_room at 18:10|この記事のURL

ボクスター986 3,2Sのウォーターポンプトラブル修理

IMG_6135IMG_6134
ボクスターS
986前期3,2Lモデルのトラブルです。

電話が掛かり、お客様の弁、”エンジンチェックが点灯!

少し金属音がしたかと思ったら、突然水温計の針は120度cを
指して、、。

エンジンを止め、数分してからエンジン始動、水温計の針は
少し下がったが、アイドリングが不安定に、、。

ベンチレーションのファンがいきなり最大に最大に、、。

とうことで、走行を停止、JAFに頼み、アイコードへ、、。

絵のように、リフトアップするとウォーターポンプ周りは、、、。

IMG_6109IMG_6134

ポンプを外しますと、絵のように、軸がずれて
羽は壊れました、、。

14年以上経過してますので、劣化です、。
しかし、エンジンオイル交換を約2W前におこなっていますが、
全く前兆はありませんでした、、。

高速道などや、遠方でなかったのが不幸中の幸いかと、、。
良い方向に考えるべきでしょう、、。
つづく。
turuta_s_room at 12:07|この記事のURL

2014年06月14日

三代真史氏と夕食を、、。

IMG_6119IMG_6120
三代さんと、
殆ど久しぶりに、ご夕食をご一緒しました。

三代さんとは、アイメック開設当初からお世話になっています。

芸術監督の坂本久美子先生もご一緒に、、。

お住まいの近所(名古屋市内)のこじんまりとしたステーキ屋さんで、
牛肉弁当なる物を、、。

お話に花が咲き、絵を取るのを忘れました、、。
美味しかったです!!

そのお話の中で、坂本先生が、先日、民放番組で、
”カンブリア宮殿”という番組に、トヨタ自動車の豊田章男社長さんが、
出演されたのを見られての話題ですが、開口一番、章男社長さんの
人柄を大いに気に入られたそうです。

ジブンよりご年配の坂本先生ですので、男の酸いも甘いも一目
見れば、、。

ご自分たちの”ミシロ ダンス カンパニー”には、多くの生徒さんや、
世界中を公演されてますので、多くの要人とお会いになって
おられます、、。

その先生が、1時間半番組の中で、章男社長の言動、立ち振る舞い、
話の内容と、完璧である!と、、。

坂本先生は、章男社長さんのことは、名前くらいは知っていた
そうですが、今回のアメリカでの公聴会での発言や、車に対する
愛車という言葉の意味とか、分かりやす解説されて、、。

また、ご自信が車に率先して乗り込み、テストする以上に
ニュルブルクリンク24Hという、何だか過激なレースに
参加してるとか、、。

兎に角、気にいっちゃったわ!で、あります。

とどめは、あのシールとか、、。

”お知りあいになった方がたに、自前の小さな丸シールをお配りに
なってるのですが、ツルタさん、あれ何とか手に入らないかしら!”
と、、。

はい!、全力で手配?しますと、つい、言ってしまいました!!

さあ、どうやって手に入れるか??

本人を章男社長に会わせれば、話は簡単でしょうが、、!

パチもん作るにも、本物を見たことないし、、。
また、大きな悩みが一つ増えました!!

三代さんは、その間、微笑みながら黙って聞いておられました。
いつも、こんな感じです。
でもって、体力維持のお話になり、どんな方法で!と、不躾な質問に
やさしくお答えいただきました、。
参考にします!!

どんな内容かって、、?
それは、私の宝物にします!
そう、本日からエーチャン&真史さん目標に、、。

告知 ; 平成26年7月13日 アートピアホールにて、
ミシロ ダンス カンパニー 
第18回選抜公演が、開催されます。
皆さん、ご家族、ご友人、そして豊田章男さんをお連れになって
ご来場ください。
ミシロマジックをご堪能ください!

チケットぴあスポット、サークルK,サンクスでチケットを、。
6/20発売開始 (Pコード 437−450)
つづく。
turuta_s_room at 15:56|この記事のURL

レクサス IS−F スーパーチャージャーKIT装着

IMG_6117IMG_6116
IS−Fは、

EXマニホールドを外し、第1セラミック触媒をカットして、
メタル触媒に変更します。
つづく。
turuta_s_room at 15:28|この記事のURL

2014年06月13日

ポルシェ993カレラ エンジンオイル漏れ修理 3

IMG_6112
994カレラのM64エンジンは、
少しづつ分解しています。

水冷エンジンに比べ、なんとシンプルな、、。

24時間レースをトラブルなく完走する為の法則として、

そう、”シンプル イズ ベスト!”であります、、。

当事、993GT2レーシングなども、壊れるなどと考えたことも
ありません、、。

補器類やターボなどは、壊れましたが、、、。
つづく。


turuta_s_room at 14:19|この記事のURL

ポルシェ997カレラSのエンジン修理 4

IMG_6090IMG_6091IMG_6092IMG_6064
997
カレラSのエンジンは、全バラです、、。

シリンダー各気筒は、どれもかすかに縦の擦り傷が、、。
といっても、6番のかじりとは違い、爪に引っからない微小の、、。
ホーニング加工で消えそうな、、。

6番ピストンのオイルリングに何故か、キズが、、。

IMG_6063IMG_6062

このエンジンは、インターミディエイトシャフトの
片方の支持にシームベアリングを使用し、クランクケースに
固定するのですが、その支持のボルトが初期は直径8mm
でした。
当初、それが強度不足か、折れました、、。

対策エンジンは、12mmに交換してあり、このエンジンは、
それが組み込まれてました。
以前に、何処かで作業したそうです、、。
これでも、ベアリングが壊れ、対策になってないということが、、。

これから、どう処理するかオーナーさんと相談であります!

といっても、完璧に治るとは断言出来ません!!!
オーナーさんとしては、針のむしろに座らされてるような心境です。
つづく。

turuta_s_room at 14:10|この記事のURL

2014年 ルマン24Hレース開催!!

今年も、ルマン24Hの季節になりました、、。

2014年は、トヨタさんがWECシリーズでは絶好調、、!!

すでに2連勝であります、。
それも、アウディーをねじ伏せて?、、の、、。

今年は、中島選手が日本人にとって15年ぶりのトップタイム、

3分21秒789とか、、。

昨年のトップタイムを0,560上回ったとか、、。

また、2位には、ポルシェ919が久しぶりに入りました。その
ドライバー3人の中に、マルク、リーブさんて方がいますが、
この方、ニュル24Hレースで、マンタイポルシェGT3を6勝させた
一人です、、。

ニュルで速い方は、ルマンも、、、当たり前か、、。

3位に、トヨタTS040さんが、、。

王者!アウディ ディーゼルターボeートロンさんは、5位が最上位とか、。

時代の流れでしょうか、、。
アウディーさんは、11日の予選初日の練習走行中、(ルマンは、予選が
水、木の2日間、それも、昼間と夜間の)にポルシェカーブという
高速右コーナー抜けたところ?で、壁に激突、リヤを大破、昨年の
ルマン覇者の一人、ロイック、デュバル氏(日本スーパーGTでも)は、
検査の為、病院に、、。

絵を参照、この右高速コーナーは、手前の一般道(ジブンも何回も走行)
から、特設コーナーに入るところで、多くのレーシングカーが犠牲に
なってる、難しいコーナー?です。
300kmくらいで進入ですから、、。
ボールペン指示が、、。

YOUTUBEで見ると、その先の左カーブ右側に後ろ向きで止まってますね!?
どちらにしても、良く助かった!!

ジブンのかわゆい指での指示は、メインストレート、、。
IMG_6113

ジブンは、今年は不参加でした。
翌週あるニュル24Hも、、。

そう、日本で静かに応援であります、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:49|この記事のURL

2014年06月12日

レクサス IS-F チタニウム製EXマフラー&中間パイプが大人気で、。

IMG_6105IMG_6104
レクサス
アイコード製IS-F用オールチタニウム製EXマフラー&

中間パイプですが、絵のように第2触媒(純正はセラミックス)を
メタル触媒に変え、表面をチタニウム材で多いました、、。

メインEXマフラーは、この車両S/C&ハイカム&鍛造ピストンの
600PSでも、対応しています。

そう、排気効率も良くて、尚且つ車検対応品であります。

もちろん、第2触媒を無くせば、もっとパワーは、、。

この両方が、最近何故か売れておりまして、海外からの
注文も、、。

今、生産がおっつかない(ちょっと大袈裟)です、、。

まあ、価格が兎に角、安価であります、、。
原価は上がる一方で、まったく利益度外視です、、。

軽量で、クラブFの走行会でも、多く使用していただいて増すが、
まだ、チタンパイプ系が割れた!という、クレームは、一度も
ありません。

アイコード自慢の商品であります。

どうぞ、ご贔屓に、、!
つづく。
turuta_s_room at 16:43|この記事のURL

ポルシェ993カレラ エンジンオイル漏れ修理 2

IMG_6100IMG_6101
993の

エンジンオイル洩れ修理のエンジンの分解です。

M64エンジンを見ると、なぜかホっとします、、。

しかし、オーナーさんにとっては一大事!!

国産エンジンで、この様にオイル漏れでエンジンOHするなんて
そうありません、、。

ベンツ、BM,VW,フェラーリなど、兎に角輸入車両は、オイル洩れは、
経年劣化として当たり前です、、。

先日も、同業者さんが96年式、AMG C36を格安で購入されました。
外観、内装は全くの新車状態ですが、エンジン下を見ると、オイルが
ベットリ、、。

これが、トヨタ車両でしたら、殆どオイル漏れなどありません。
(もちろん、確立の問題ですが)
この差は、何でしょうか、、。
やはり、トヨタ規格の凄さなんでしょうね!!
そんなこと、思いながら、、、、。

さあ、どんな状態でしょうか、、。
つづく。
turuta_s_room at 13:18|この記事のURL
Profile
Archives