2014年09月

2014年09月11日

ポルシェ993ターボ エンジン修理 3

IMG_0841IMG_0842

993
ターボは、やはり6番シリンダーヘッドを分解しますと、
絵のように、EXバルブ中央部から明かりが洩れました、。

オーバーレブで、ピストンタッチしたバルブが曲がったのか、
バルブガイドがタラタラで、圧縮洩れしてるのか、、。
IMG_0843IMG_0844IMG_0845IMG_0847

クランクケースは、結構汚れてますが、ま、中を開けてみないと、。

ピストンは、70000km走行時と思えば、こんなもんでしょう、。
サイドスカートの黒い部分、モリブデンコートしてありますが、
シリンダーとの擦れで、少しは剥がれるんですが、綺麗なもんです、。

シリンダーの内壁もホーニング加工といって、斜めのオイルだまりを
つけるんですが、それも綺麗に残っています、、。
ガンガン回したエンジンとは、思えませんが、、。

IMG_0850IMG_0851

ロッカーとカムシャフトも削り傷は見当たりません。
適度に油圧を上げた走行してる感じと、、。
アイドルで長い暖気や、エンジン回転が2000RPM以下の
低速走行はしてないようですが、、。

但し、エンジン外観からちょっとおかしい部分もあり、も少し
詳しく検査する必要はあると思います。
つづく。
turuta_s_room at 17:04|この記事のURL

ポルシェ993ターボ エンジン修理 2

IMG_0836IMG_0838IMG_0839
993ターボの

エンジンは、もうすぐ原因である6番シリンダーヘッドの

EXバルブの変形からか、圧縮漏れを見つけようとしてます。

つづく。
turuta_s_room at 14:31|この記事のURL

2014年09月09日

BMW 320d&アルピナ D3 箱根を走る!

IMG_0804IMG_0809IMG_0811
雨の箱根、。

320dとD3は、箱根ターンパイクにて、試乗です。

ゲンロク誌山田さんが、代わる代わる乗り換えて、、。

ここでは、D3の足より320dが、格段にメリハリある
応答を示しました、、。

パワー&トルク差も圧倒的にあるD3は、やはりカーメーカー
さんが、万人向きにステアリング切り始めのフニャ感を出して、
無茶な操作にも、対応出切るよう味付けしたと、、。

一般道で、320dのビールでいうキリっとした味わいに対し、
D3は、ソフトな生ビールか、、。

どちらにしても、雨の走行が、全く不安無くアクセルを踏めて箱根
界隈のニュル北コースのような曲がりくねった道をブレーキングを
残しながら走行することが、楽しかったです。

最近の電子デバイスのおかげとも言えますが、、、。

今回の脇役であるD3は、御殿場までの行き帰りを結構な速度で
行き来しましたが、全く室内は静寂で、矢沢永吉さんのCDを
ボリョームを上げなくても、綺麗に聞きながら、、。

燃費も、サーキット、箱根、帰り道も飛ばして、8,9km/L、、。
ドイツ国内で、こんな感じでアウトバーンを走行したら、平均
速度200kmで、エンジン回転2800RPM,,.。
鼻歌まじりで、途中給油しながら、ドイツ フランス間1000kmを
5時間という、確実な予定で走りきれますです、、。
疲れも感じず、、。
燃費も良くて、、。

ディーゼルターボのハイパワー&ハイトルク車両に乗って、
そんなことを感じました。
IMG_0816IMG_0819IMG_0822
翌朝4時に御殿場から車で移動、、。
金時山(標高1213m)の中腹まで、。
そこから約1時間半かけて、頂上に、、。
富士山、遠くはスカイタワーまで、。
今回は、生憎のガスで、、。
山ガールさんも含め、山頂は大渋滞するそうです、、。
そんなときに来たかった!!
頂上に静岡、神奈川と県境に2軒の茶店が、、。
このお店の店主同士は、犬猿の中とか、、。

足を引きずりながら下山、ホテルに到着、シャワーを浴びて、
チェックアウト、、。
7時前にD3でいざ、豊田市まで、、。
朝9時ごろには、アイコードで皆の出勤前に窓拭きなどお掃除、、。
法廷速度で、、。

これ、D3のおかげです、、。
つづく。



turuta_s_room at 14:03|この記事のURL

BMW 320d&アルピナ D3 FISCOを走る!

IMG_0786IMG_0787
9月某日、

FISCOにゲンロク誌取材の為、雨のFISCOへ、。

朝一番の走行で、完全ウエット、まずは2台揃っての
絵取りでAコーナー(コカコーラー)手前を並んでパチリ、、。

で、その後は全開で100R に突っ込み、、。

ジブンは、まず、D3を運転、、。
初走行ですが、雨の100Rを電子制御効かして、、、。
滑りながら、バックミラーを見ると320dは遥か後方に、、。
そのまま、ヘヤピン、300R,ダンロップコーナーから
登りのプリウスコーナー、そして最終コーナー(パナソニック)と、
滑りながらも、図太いトルクで、アクセル踏めばパワースライドを
少ししながら、前へ前へと、、。

バックミラーには、同時スタートして、他車ポルシェ、86、スカイラインと
全く見えません、、。

そんなに頑張ったつもりないのに、、。

てな訳で3ラップして、4ラップ目には絵取りも終わり、ピットへ、、。
320dをドライブしたゲンロク誌山田氏は、遥か後方から、、。
”どうしたの!”

全開でついていこうにも、D3が速すぎて、、と。。

ストレートは、余裕の最終コーナー加速(雨でスライド)で、メーターは
240kmオーバー、、。

晴れてれば、、。
後は、9月26日発売、ゲンロク10月号を、、。
もちろん、320dは、その後ジブンも変わって乗りましたが、
D3のあとでは、壊れたか!てな感じで、、。
タイヤも門がない分、スライド量も多く、、。
でも、フロントマイナスキャンバーなど、対策した分、アンダーは解消
されていました、、。

IMG_0788IMG_0797IMG_0799
走行後、各パートの撮影、。
D3のホイールは、BBS製、、。
ちなみに、EXシステムは、オールチタニウム製アクラボヴィッチ、、。
IMG_0828
つづく。
turuta_s_room at 13:35|この記事のURL

2014年09月06日

2014年10月 レクサス RC−F デビュー

IMG_0781IMG_0782IMG_0783
2014年10月

レクサス RC−Fは、デビューだそうです。

資料は、お世話になってる愛知県日進市のツインカム、

容姿端麗、美女で才媛、完璧過ぎて近寄りがたい

荒木女史に頂きました!!!

まだ、正式なカタログで無いそうですが、お持ちで無い方に、、。

TVD,VDIM,DMS,TRC,VSCと、何が何だか、、!

パワー&トルクが半端じゃない(5L、477PS,530Nm)
ので、カーブはもちろん、直線でもパワードリフトします。
その為、安全面を徹底してカバーしてると、、。

そう、今時、500PS近いパワーを高性能とはいえ、ラジアル
タイヤで、踏ん張るには、限界があります、、。

多感な高校生時代、あれはダメ、これダメと何も経験出来なかった
学生は、いきなり自動車学校でところてんの如く、免許を取り、
またいきなりRC−Fに乗ったらどうなるか、、(極端な例)。

そう、コンビに突っ込むか、田んぼに落ちるか、交差点で、
カーブで、、。

又、グチのツルタが始まりましたが、、、。

兎に角、世界のスーパーカーのお仲間になるには、500PS
オーバーが、、。
RC−Fは、レクサスブランドでのお買い求めしやす?スーパーカーの
仲間入りしたことのは、間違いないでしょう、、。

IMG_0784

カーボンエクステリアパッケージなるモノも、用意され、。

エンジンルームスペースも広くなり、エクゾーストマニ
(通称タコ足)も、広いスペースで、パワーを出せたと、、。

アイコードでは、ターボ、またはスーパーチャージャーで
ゴーゴーゴー!!
つづく。
turuta_s_room at 15:24|この記事のURL

930 ターボエンジンオーバーホールの巻き

IMG_0777IMG_0778IMG_0779
初期の930ターボ

エンジンです。

ある方から、エンジンのオーバーホールを、、。

ジブンは、1979年当事大阪のレッドラインさん(正規ディーラー)
の、村田社長は、横道にそれますが、1968,69年と
日本フランプリにレッドラインスペシャルで参加されました、、。
予選落ちしましたが、、。

そこで新車の930ターボの助手席に乗せていただきました、、。
当事も、確か1600万円くらい、、。
そりゃもう、静かで強烈な加速を、、。

3,0L シングルKKK製ターボ、インタークーラー無し
ブースト圧 0,6

260PS 35mkg と、現在では2Lターボでも簡単に、、。

エンジンの状態は、外観からは良さそうです、、。


エンジンを取りに行った岡崎のサカイオートハウスさんで、

酒井さんと、昔の話で盛り上がりました。

昭和50年ころのお話で、、。
つづく。
turuta_s_room at 14:45|この記事のURL

2014年09月05日

BMW アルピナ D3 参上!

IMG_0753IMG_0752IMG_0754

BMW アルピナD3が入庫しました!

日本の道交法か、車高はカッコ悪いくらい高いです。

IMG_0757IMG_0755

室内は、革張りで、ウッドも、、。
豪華仕様です。
右ハンドルは、オプションとなり25,8万円上乗せです。

LSDは、51万円なり、、。
シートヒーター、バックカメラ、などでオプション120万円なり、、。

ま、ポルシェなど考えると、オプションはお安い方とか、、。

リヤトランクフードには、ベタベタとこれ見よがしにエンブレムが、、。

IMG_0756
関心したのは、ホイールデザインです。
伝統のメッシュというんですか、、?

よく注意してご覧になると、、、。
そう、エアバルブが見当たりません。
デザイン上理由から、、。

見えにくいですが、リヤブレーキローターの大きいこと、。
これは、最近の電子制御として、横滑り防止やトラクション制御の
為に、リヤブレーキをいつも作動してるからです。
IMG_0759
IMG_0761
エンジンは、直列6気筒、3L ツインターボディーゼルエンジン、。

350PS/4000RPM  700Nm/1500〜4000RPM

巡航最高速 278km  車重 1660kg

IMG_0768IMG_0771IMG_0774

マフラーは、ご覧のとうり、、。
消音器が一つしか、、。 これでいいじゃん!!!
さすがにパイプ径は、90mmあります、そう、チューンドカー!

ショックケース下部に直径50mmくらいの円筒形の物が、。
ショックアブソーバーのオイル量を増やしてるのか、、。

兎に角、車体番号も、元の番号にX印して、あらたな車体番号が、。
そう、アルピナは、チューンドカーではないのです、、。

ま、そうでなくては、BMW正規ディーラーでは、販売してません、。

さあ、性能テストが楽しみであります。
つづく。


turuta_s_room at 15:00|この記事のURL

業務連絡

996GT2の件でお問い合わせいただきました、T,Dさま。

返信しましたが、アドレスの間違いかメールが届きません。

今一度、アドレス内容をご確認の上、送信願います。

つづく。
turuta_s_room at 10:46|この記事のURL

2014年09月04日

BMW 320d白鶴号は、しっつこくサーキットを、、。

IMG_0748IMG_0746IMG_0747
320d白鶴号は、眠っていました、、、!

近じか、懲りもせず、またFISCOで、サーキットテストを、。

LSDの効きが良いのは、体感しました、ストリートでは、、!?

しかし、今回の仕様がサーキット走行には、アンダー傾向に

なることは、過去の経験から”そうなるであろう!”ことは、頭では

理解してるつもりでしたが、、。

この仕様で、もう一回サーキットテストをして、アンダーステアが

消えないなら、LSDの効き具合を変更します。

ま、所詮1650kgの重たい車重で、パワーは260PS程度、、。

電子制御満載の最近の車両が、LSDを装着したからといって、

パワースライドするほどのパワーでもありませんので、ラップタイムが

おちるであろうことは、予想していました。

それらをどうやって、調整していくか、、。

アルピナD3との比較も、、。

早く涼しくならないかと、、。
つづく。




turuta_s_room at 13:18|この記事のURL

2014年09月02日

ポルシェチューンドカー ドッグ入り! 2

IMG_0736IMG_0741
997ターボチューンドカーは、

900PSとか、、。
IMG_0738
ターボは、確かにK27で、9FF品番、。

K27といえば、1ケで450PSくらいは、カバーしますので、、。

今回右バンクのシリンダー側で、アイドリング時ミスファイアー、。

ファーストアイドルの不調は、ECUを書き換えて修理しましたが、。

そこで、エンジンプラグを点検、、。

NGKのイリジウム製7番が、、。

このような場合、自分たちは経験上、NGKはOKですが、

イリジウムは、高性能には限界があるようで、R品番、要するに

レース用プラグの7番に交換しました。
もちろん、ストリート使用にも耐えるタイプの、、。

右バンクのミスファイアーも収まりました、、。

イリジウムは、、。
つづく。


turuta_s_room at 14:31|この記事のURL

クラウンGRS214 3,5L ECUチューニング!

IMG_0683
現行クラウンアスリート

GRS214 V6 3,5L 用ECUチューニング完成

しました。

燃調、アクセルレスポンスリニア、スピードリミッター解除

価格 ; 200,000円 税別

ECUをアイコードまで送っていただくか、車両ごと2日間

お預かりです。

つづく。
turuta_s_room at 11:24|この記事のURL

ポルシェ993ターボ エンジン修理

IMG_0732IMG_0733IMG_0722IMG_0723
993ターボです。

お客様は、エンジンチューニングで入庫されました。

しかし、パワーチェクすると馬力は、300PSくらいしか、。

で、圧縮を計ると6番シリンダーの圧縮漏れが発覚、、。

お客さんは、決断され、エンジン修理と相成りました。

アイコードの仕事の遅さもありまして、エンジン分解がやっと

最近、再開されました、、。 エンジンは既に下りていたのですが、。

さあ、原因を追究して速やかに作業を行います。

クラッチディクスクも、要交換と、、。

頑張ります!!!
つづく。
turuta_s_room at 11:14|この記事のURL

ポルシェ996GT2 CS 販売致します。

IMG_0724IMG_0730IMG_0728IMG_0726IMG_0725

2001年式 996GT2 CS ディーラー車

車検 H27,9

走行 ; 81、300km

色 ; 白   内装 ; 黒

73,000km時 シリンダーヘッドO/H

ザックス製スポーツクラッチ、 OS技研製LSD

アイコード ECU&タコ足&EXマフラー  600PS

アイコードサスKITチューン

FPRフロントフード

鍛栄舎製マグネシウムホイール

程度 良好  

お問い合わせください。

つづく。
turuta_s_room at 11:05|この記事のURL

体調を崩しました!!

8月の最後の週末に、体調を崩しました。

原因は、精神的な事でしたが、、。

知人である専門知識の方々に相談しました。

図太いと思われがちですが、、。

こんな時は、一人で悩まず、相談出来る方々に”ありのままの〜♪”

ま、冗談が出るようになりましたので、、。

つづく。
turuta_s_room at 10:48|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives