2014年10月

2014年10月31日

R35 GTR ロベルタKIT取り付け 3

IMG_1444IMG_1441
R35
GTRのロベルタKIT取り付けは、終盤を迎えて、、。

リヤトランク内に電磁式エアタンクを接地、。

IMG_1442

手で指してるのが、エア配管です。IMG_1443

ワイヤーは、ロベルタKIの周り止めとか、、。

色々細かい作業があります、、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:36|この記事のURL

2014年10月30日

レクサス RC−F 兄弟勢揃い !

RCF RCFGT#

関係者より頂きました、、!

左からRC−F、GT500,GT3、そして一番右が、

RC−F CCS−Rだそうです、、。

1台といわず、全部お買い求めいただければ、、、。

実はジブンも1台、、。

一度、言ってみたいセリフであります!

つづく。
turuta_s_room at 16:56|この記事のURL

ポルシェ997カレラS エンジン組み付け 2

IMG_1438IMG_1440IMG_1439

ピストンとシリンダーの擦り傷で、オイル消費大に
なっていた、997カレラSの3,8L M96エンジンは、
ようやく、カッコウになってきました、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:50|この記事のURL

ぎっくり腰を治してます!”自然のコルセットを作る!”

IMG_1437

10月23日に、ぎっくり腰をやってから
石川接骨院に通い、院長先生に治療して頂いてます。

毎日通ってます、、。
電気治療も、、。

そして、ここでの指導は、必ずストレッチをやりなさい!と、。
で、今回の要所は、右でん部と診断され、その部分を
強制的にストレッチする体操の仕方を教わり、毎日、
一日何回でも、出来るだけ繰り返して、ストレッチ
しなさい!と、、。

幸い、ジブンは、時間タップリありますので、やります!

絵は、参照です。
決してこれらをシロウト判断で真似しないでください。
ちゃんと、通院され、医師の指導の下、行ってください。

絵は、ジブン用のストレッチと、右は、院長先生曰く
”自然のコルセット”を作る為、腰の周りの筋肉増強の
体操とか、、。

サッカー選手の長友さんもネットなどで公開してますが、。

きついッス!
これは、、、。
これを60秒くらい維持して、、。
どんどん、強度アップの姿勢に、、。

自然のコルセット、しいては矢沢永吉さんのような
65歳でも、割れた腹筋をお見せ出来るように、、(誰に?)。

ジブンを鍛えることに喜びを感じてる今日この頃です!

つづく。

turuta_s_room at 14:01|この記事のURL

R35 GTR ロベルタ取り付け 2

IMG_1433
R35、
GTRは、やっとサスペンションKITが
取り付け終了しました。

ロベルタ車高調整機能は、これから配線、
配管、スイッチ類と細かい作業が待っています。

つづく。
turuta_s_room at 13:44|この記事のURL

ポルシェ996ターボ エンジン不調修理 2

IMG_1434IMG_1435
996
ターボは、エンジン不調でチェクランプ点灯!

システムテスター等で調べ、点火系統、吸気系と
調べて、IGコイル、スパークプラグ、
エアフローメーター、交換、、。

吸気系はスロットルのOリング交換、
バキュウムホース(996ターボのトラブルの元)系を
交換、その一つにベントバルブ(チェックバルブとも)が
固着したりして、正常な作動しない為、アイドル系が
不安定になります、、。

この辺も、ゴムホースと総交換、、。

排気系は、O2センサーを計4ケ交換、、。

これらを交換することで、この先5年間くらいは安泰、、。

ECUには、PSM(横滑り防止)、ABS(ブレーキ)、O2
センサー、エアマスなど、あらゆるエラーが入っていました、、。

また、ECU本体も、システムタスターとの通信が途絶えるという
事態も出ましたので、今後は、ECU交換も念頭において、。

純正部品交換が望ましいですが、社外品も安価に
出てますので、ショップさんなどと相談してこれらトラブルを
旨く乗り越えてください。

そうすると、また楽しいポルシェライフが堪能出来ます!

つづく。
turuta_s_room at 13:41|この記事のURL

2014年10月28日

コフィーショップ”ビエント” 1周年を迎えました!

IMG_3888

お蔭様で、コフィーショップ
”ビエント”は、2014年10月25日で、
1周年を迎えました!!

ジブンは、最近は殆ど手伝っておりませんが、
近所の方々、ジブンの友人、知人や多くの
皆さんがご来店いただいてるようです、、。

IMG_3916

開店初日のころは、大盛況でありましたが、
最近は、お暇な日もあるようで、!!!

皆様のご慈悲とお情けが必要であります、、。

何卒、これからもご活用いただけるよう、日々精進して
まいりますので、ご贔屓のほど、店主に代わりまして
宜しくおたの申します!!

まだ、行きたくても行けてないや!と、仰る皆様を
お待ち申し上げる次第であります。

0565−21−8835

定休日 水曜日 第2、第4日曜日 で、あります。

ジブンは、コーヒーは苦手でありますが、
美味しいコーヒーだと、うわさを聞きました!!
コーヒー豆を1杯ずつ挽いて、ろ過紙でこしてました!

全席禁煙なので、もくを吸いたい方はお外で、、。
ゲンロク誌もおいてあります!!

つづく。
turuta_s_room at 16:32|この記事のURL

BMW 320系(エアロ販売開始! ROWEN印

IMG_1426IMG_1427IMG_1428
BMW

320系(F30/31)エアロを販売します。

”ROWEN” そう、ローエンブランドの、、。

F、スポイラー     88,000円  FRP製

同じ          113,000円  FRP+CFRP製

サイドスカート     88,000円  FRP製


リヤディフューザー  85,000円  FRP製

同じ          110,000円  FRP+CFRP製


セットプライス    250,000円  FRP製

同じ          305,000円  FRP+CFRP製

全て、税別価格です。

NOW ON SALE!

先着3名さま  特価出します!

つづく。

   
turuta_s_room at 15:07|この記事のURL

ポルシェ964カレラ用ドリルドローター加工!

IMG_1407IMG_1408IMG_1409IMG_1410IMG_1411IMG_1417

ぎっくり腰の老体ツルタは、休んでるわけにはいきません!

久々に注文きましたので、ドリルドローターの製作に、、。

ポルシェ964カレラ系は、ターボやRSみたいな
カッコイイ!ドリルドローターは、存在しませんので、
それらに交換する以外は、こうやって社外品ローターを
買ってきて自ら、穴あけ加工する以外に方法は無い!!

ということで、図面を書き、型紙か、アルミプレートなど
製作し、ポンチ、マジック等で印をツケ、4,5mm(5mmでも)
で、ひたすら穴あけ作業します。

ボール盤の回転数を1段上げて、高回転に、、。

通常ブレーキローターは、鋳鉄(鋳物)で作られていますので、
穴あけ加工は、割と簡単です、、。

ベンチレーテッド(中間に空間&ひだが出てる)なので、ドリルを
あまり強く押してると、中間の空間に穴が空くとき、ドリルを
折ってしまうことがあるので、ちょっとしたノウハウが、、。

その後、12mmのドリルで面取りして終了、、。
あとは、一部錆止めを塗って終わりです。

これは、ブリッツ時代に、およそ30年以上前にドリルドローター
として、国内初の、世に売り出しました、、。
今では当たり前になりましたが、、。
ま、これも当事の930ポルシェターボからのモノマネですが、!

つづく。
turuta_s_room at 10:12|この記事のURL

2014年10月25日

ぎっくり腰、久々にやりました!

IMG_1395

私事で恐縮ですが、ぎっくり腰をやりました、、。

社長は、24時間、365日営業みたいなもんですから、
自宅でやっても、労災になるのかな、、???

冗談はさておき、久々にやりました、、。

最近は、夕食後2km歩いてますし、ストレッチも
石川接骨院の院長先生に、ご指導を受けて
毎日、欠かさずやっていましたが、、。

石川先生は、スポーツトレーナーの資格も持っておられるのか、
通院されてる方々は、下は小学生から上は社会人、
そしておじいちゃん、おばーちゃん、、。
小学生の子たちが多いのに最初は驚きました、。
しかし、すぐに理解しました、、。

ジブンは、電気治療などしていただいてる、隣で、
”1週間後に、試合が有ります、どうしても直してそれに、
参加したい!”などと、小学生の児童が懇願してます、、。

先生は、”今回無理をして参加して、一生棒に振るか、
今回は、出場を我慢して、しっかり直すか、!”と、
諭すように、説明されてました、、。

また、もうすぐ、豊田マラソンが豊田市で開催されますが、
社会人の方みたいですが、何とか治して参加したいんですが、!”
などと、、。

素晴らしい先生だと思います!!

ジブンも、昨年から左足の肉離れ(CCS−Rで、左足ブレーキして)
を起こしたみたいで、それを我慢してましたが、先生に診て
もらってから、適切な処置をしていただき、8月のVLNには、
万全の体制(体調)で参加でき、とても感謝してます!!

このような方と巡り合えて良かったです!

つづく。
turuta_s_room at 15:55|この記事のURL

レクサス IS−F CCS−Rのポスター秘蔵品をご紹介!

IMG_1366IMG_1368
2013年の
ニュル24H、VLNに参戦中のポスターです。

ご希望の方は、IS−F CCS−Rを1台、または
RC−F CCS−R?を購入していただくと、、!!!

IMG_1370

多分、これも付いてくると思います、、。

これは、ハンカチにもなりますが、、。

IMG_1393

裏側?は、こうなってます、、。

左上からクラウスさん、下がリングレーシングボスの
ウーベさん、、。
そして、右のいちだんとビッグなお顔は、泣く子も黙る>
グランツーリスコの生みの親、山内さん、、。

そう、山内さんは、シリーズでCCS−RをVLNで参加
されてます、、。(ました、、。)

136号車は、、。
それの1戦分を又借りしました、ジブンたちは、、!

さあ、行きますか、ニュルに、、。

つづく。




turuta_s_room at 15:35|この記事のURL

正規ポルシェ(997まで)対応ナンバーステーの応用編

IMG_1392IMG_1379

正規ポルシェ(964〜997)の
レーシングナンバステーですが、
お蔭様で大好評で、今回、品切れとなり、
次回納期が12月末という、大変皆様に
ご迷惑をお掛けしてます、、。

お客差の中で、ご自分で工夫され、ボディー側固定用
ネジ穴に対応したDIYをなされてましたので、ご紹介
します。

アイコード製は、ボディー側ネジ間長さ250mmで
設計してますが、例えば280mm(アルピナD3がそれ)
の場合、絵のようなロングボルト(M6 L25mm)2本と
カラー用パイプで、ネジ間の長さを調整するという
方法です。

ということで、他の車両にも、このような工夫でナンバー
ステーが装着出来る事を、今頃発見しました!!!

つづく。
turuta_s_room at 14:46|この記事のURL

ポルシェ996ターボ リヤウイング作動不良修理

IMG_1386IMG_1388IMG_1389IMG_1390

996ターボの
リヤウイング作動不良の修理です。

このリヤウイングは、かなりの確立で油圧シリンダー
(黒い棒状の)から油圧用のオイルが洩れてきます、、。

特に、長い間不動の車両に発生しますが、今回の
持ち込まれた車両は、まめに乗られてるので、
それが当てはまりませんが、、。

兎に角、修理するには、それらASSYで交換する以外
方法は、ありません、、。

単品で、部品を注文すると非常に高価ですが、
絵のようなセットで注文すると、安価になりますが、
現在の価格で約30万円(税込み)します。

社外品でGT2スポイラーにする手もありますが、
塗装、取り付けを考えるとあまり変わりません。

つづく。
turuta_s_room at 13:10|この記事のURL

2014年10月24日

アイコード320d、日本一BMWを売る男が試乗、ゲンロク誌で、。

IMG_1377IMG_1378

ゲンロク誌
12月号で、アイコード320dが、舘野氏(BMWの日本一、)に、
試乗していただいた記事が掲載されました、、。

ぜひ、320dオーナー&これから買おうか!などと迷ってる方、
後購読を、、。

正規ディーラーの、それも日本一!のトップセールスマンに
乗っていただき、忌憚の無い意見をという企画でした、、!

そう、自信ありましたので、、?!!

もちろん、大満足で、、。
ただし、エンジンECUのサブコンチューニングは、日本では
まだ、ご法度、、。

先進国では、個人の責任の下に、ディーラーで販売してますが、、。

ということで、若い自分にはバイクにも乗り、現在はM3で、
サーキット走行も、、。
腕には自信がおありのようで、、。

気に入っていただきました!!!
お世辞抜きで、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:41|この記事のURL

R35 GTRのロベルタ取り付け。

IMG_1357IMG_1355IMG_1356

35GTRのロベルタは、前後に、、。

取り付けには、室内のハーネスやら、結構作業は
大変です。

つづく。
turuta_s_room at 16:31|この記事のURL

ポルシェ997カレラS エンジン組み付け

IMG_1362IMG_1365

997
カレラSのシリンダーは、ピストンも組み付け終了、。

シリンダーヘッドに移っています、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:28|この記事のURL

ポルシェ964カレラ エンジンO/H

IMG_1360IMG_1372

964
カレラのエンジンオーバーホールです、、。

IMG_1375IMG_1374

首無しエンジン、、。

クーリングファンと、シュラウドは、塗装に、。

つづく。
turuta_s_room at 16:24|この記事のURL

レクサス IS−F CCS−R VLN年間クラス優勝 2連覇達成!

IMG_1536IMG_9175

レクサス
IS−F CCS−Rは、2014年ニュルブルクリンク VLN
シリーズ戦において、SP8クラスでシリーズチャンピオンを
獲得しました! 2連連続に、、!

矢口さん、櫻井さんオメデトウゴザイマス! お疲れ様です!

SP8クラスは、F458やアストンなど台数は少ないですが、
ラップタイムでは、30秒も速いライバルがいます、、。

ジブンが参戦させていただいた暑い8月の第10戦は、
何故か?F458がクラス優勝しました、、。

しかし、IS−F CCS−Rは、ポルシェのように、4時間後には、
クラストップでチェッカーを受けることが当たり前に、、。
そう、耐久性が抜群なのであります、。

矢口さん、櫻井さん、その他の関係者の皆さんおめでとうございます!

IMG_1726
絵は、第6戦でのメンバーです。

リングレーシングのボス(右から3番目)ウーベ、クレーンさんは、
600人の参加ドライバーの中でも、総合13位に、、。

ツルタの右の若者は、テルソン、ジョーダンさんですが、
彼は、テレビゲームからチャンピオンになり、レーサーに
なりました、、。

つづく。



turuta_s_room at 09:21|この記事のURL

2014年10月21日

ポルシェ964&993用メーター修理の巻き

IMG_1352IMG_1345IMG_1346IMG_1347IMG_1348IMG_1349

964&993系の

メーターのガラス板が、裏側に0,5mmくらいの
ウレタン(塩ビシートかも)製の飛散防止シートが
接着してありますが、それが経年劣化で剥がれてくる、、。

その結果、絵のように薄利して白いモヤモヤが、、。

これは、ガラスをそのまま組み付けるのは危険なので、
プラスチック製のものに交換します。

メーターパネルの交換、印刷、色変え、 積算計不動修理、

オンボードコンピューター文字化けなども修理可能です、、、。

つづく。
turuta_s_room at 17:23|この記事のURL

ポルシェ964カレラ フロントウインドウ交換!

IMG_1337IMG_1329

964
カレラのフロントウインドウの交換です、、。

フロントウインドウは、昨年暮れまで、保険で交換
する場合、等級は変わらないのですが、現在は、、。

ということで、ガラスを交換する作業が減ったと、
今回交換していただいた業者の方が言っていました、。

それくらい、最近は厳しくなったということでしょうか、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:12|この記事のURL

2014年10月20日

ポルシェ991ターボS 登場!

IMG_1093IMG_1092IMG_1094IMG_1091

991ターボSがご来店!

絵のお二人は、2台とも991ターボSを、、。

性能は、560PS、、トルクも76,5kgmを、。
もう、性能を誇示しなくとも、速いのは周知の事実、、。

500PSを超えたパワーは、痛快であります、、。
ターボ嫌いの方々には、憎憎しい数値でありますが、。
高速道での、長距離移動時には、アクセルを踏む
右足は、全く持ってラクチン、、。
殆ど親指あたりでアクセルをチョット押さえてやると、
スーと加速していきます、、。
もちろん、最近はATやPDKなどの2ペタルなので、、。
シフト操作も要らず、。
ターボの進化は、NAエンジンもそうですが、
凄いもんです、、。

2Lターボでも、最近は、全くもって遜色ありません!
ネンピも、気になりません、。

ご本人さんたちは、過去や現在も他のポルシェをお持ちや、
乗ったりしてまして、、。
また、BMのバイクも、、。
そう、バイク仲間であります、、。
おっさんバイカー、、、。

どちらも、ニュル経験者であります、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:20|この記事のURL

オルシェ997ターボ サーキット走行後点検!

IMG_1290IMG_1296IMG_1300IMG_1297
997
ターボ 6MTの車両が入庫しました。

オーナーさんは、年に一度、ポルシェジャパン主催の
ポルシェスクールで、フジに参加されます。

今回、各部を点検して、クラッチフルードが異常に少なく
なっているのを発見、、。

絵では、見難いですが、ドライブシャフト奥に、マスタバーック
のクラッチペタル倍力装置のミッション側部分のどこか
に、クラッチフルードが逆流してるようで、、。

今回もポルシェスクールには、全国から40名くらいが
参加されたとか、、。

北海道、九州と皆さん遠方からも、、。

また、家族サービスとして、奥様やお子さんがリラックス
出来るように、お父さんが一心不乱にサーキット走行の
お勉強をしてる間、ピット2階のVIPルームにて、
時間を過ごせるようにしたるそうです、、。

北海道など、どうやって車両をとお聞きしたら、
東京のポルシェディーラーに、専用輸送車で先に
持ち込み、ヒコーキ等で東京に前泊、、。
そこから、自走でフジに、、。

ポルシェを所有されたのなら、このようなスクールに
参加をお勧めします、、。
クラブ内での、仲間同士、気軽に質問も出来て、
有意義な時間が過ごせますです、、。

そう、その為には、日頃頑張って仕事に精出すのです、、。

ゆくゆくは、ニュル遠征も、、。

そんな夢のような計画すると、あっという間に1年が
経ちます!

何でも、目標をもつことは大事なことです、、。
1年に1回の為の計画なら、何とかなるものです!!

さあ、お金貯めてください!
さあ、仕事、ヒトの3倍してください、、。
お酒飲んでる暇ありません!

大きなお世話、、!

別件ですが、おきゃくさまで某T社の下請け会社社長さん
ですが、65歳の今年から、ビートルズコピーバンドに、
サイドギターで参加する為、何十年ぶりにギターを
始めたそうです、。

リターン○○です、、。

最近の日曜の高速道パーキング、道の駅、中年バイカーが
異常繁殖(失礼)、、。
やはり、団塊の世代や、僕達そのあとの50歳以上は、
いま、子育ても終わり、ジブンの時間を、、。

今後、少子化で、日本は2050年ころには、海外からの
保養地になってるとか、、!

ま、そのころには、ジブンは、、。
人生一度であります!!

つづく。
turuta_s_room at 13:37|この記事のURL

2014年10月19日

日本BBS社製マグネシウム鍛造ホイール販売します!

IMG_1282IMG_1283

日本BBS社製

マグネシウム鍛造ホイールを販売します。

弊社取材用に何度か使用してます。

今回、BBSジャパン社に社名変更なりましたが、
そこで、点検、正規塗装をして新品再生致しました。

サイズ

 8,5J − 18  +52

11,0J − 18  +45

オフセットサイズは、996ターボ用です。

価格  1台分        500,000円 税込み


つづく。
turuta_s_room at 10:20|この記事のURL

2014年10月18日

ポルシェ997ターボ 販売します!

IMG_1274IMG_1272IMG_1273IMG_1275IMG_1276IMG_1278

ポルシェ997ターボ Tip

2008年式     車検 H27,3

ディーラー車    無事故車

色 ; 白      走行キロ ; 34,730km

内外 ; 極上

内装 ; 黒レザー

ナビ、バックカメラ、ETC  

価格  990万円 税込み

水冷最後のドライサンプエンジン搭載!

つづく。




turuta_s_room at 17:21|この記事のURL

2014年 秋のカマキリ根性物語!

IMG_1262IMG_1263

秋のアイコードは、

カマキリ君が大忙しです、、。

このカマキリ君は、絵ではよく見えませんが、右の鎌が欠損
してます、、。

どこかの争いで取れたのか、、。

このリヤウイングに掴まった状態で、アイコードから自宅まで
約18kmを生還しました、落ちることなく、、。

で、今朝、やはりバックミラーに見えてるしっかり掴まってる
姿を確認しながら、出社、、。

60km以上出せませんでした、吹っ飛んでいきそうで、。

先程も、片道5kmくらい走行しましたが、しっかり、、。

信号などで停車してる時は、後方に止まった車両は、
カマキリ君が見えたと思います、、。

そう、カレは、カマキリとしては異例の長距離移動を
経験してる数少ない希少なヤツ(性別は不明?)です、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:16|この記事のURL

ポルシェ997カレラS エンジン修理

IMG_1270IMG_1271

997カレラSの

エンジンの6番シリンダーのピストンかじりは、
やっとスリーブを製作し、圧入しました。

IMG_1264IMG_1265

それで、オーナーさんと相談し、留めとしてWPC加工を
しました。

IMG_1268IMG_1266

ピストン&リングも、、。

これで、対策出来ればいいんですが、、!

ポルシェらしからぬ、由々しき問題であります、、。

つづく。
turuta_s_room at 11:53|この記事のURL

2014年10月17日

4型ハイエース 3L DTエンジン用サブコン開発開始!!

IMG_1119
現行4型ハイエースのECUチューニングを

今回、サブコンを使用して方法に変更します、、。

まだ、内容は詳しく発表出来ませんが、、。

3型までは、多額?の開発を使いマイナーチェンジ毎に
ECUの内容が変更される対応に追われ、全くもって
大赤字のハイエースチューニングでした、、。

4型は、さらにECU内部が複雑になり、ECUを解析しての
商品化には、さらに費用が、、。

それで、頓挫しておりました、、。

それで、今回ディーゼルターボエンジンは、BMW320dで、
開発しましたサブコンを流用しようと、、。

ディーゼルターボエンジンのECUは、ブース圧と、燃料増量に
関して、かなり簡単にサブコンを利用して調整可能なのです!

ということで、安易な方向に転換しましたが、、、、。

スピードリミッターカットに関しては、これはやはり外部からの
擬似信号等で出来ると判断してます、、。

ご期待ください!

つづく。
turuta_s_room at 15:30|この記事のURL

ポルシェ996カレラ クイックシフト取り付け、、。

IMG_1254IMG_1255

愛知県内の
お客様です。

今回、初めてポルシェ購入、念願の、、。

車両は、初期物996カレラMT車両、、。

問題のトラブルは、購入前にエンジンフルオーバー
ホールをしてもらってから、納車とか、、。

車両は、とても綺麗でした、、。
内装も、、。

クレフ社製Dシェイプスポーツステアリングも、、。
もちろん、エアバック付きで、、。

オーナーさんは、ドイツ本社の日本支社で、自動車の
シートレールやベースフレームを製作してる会社で、
日本国内向けに、セールスエンジニアを、、。

ドイツには、しばしば訪れ、この会社の本社工場にも、、。

ドイツ車両の殆どのシートのベースフレーム部分を納品とか、、。
飛行機部門も、、。

ですから、自動車には詳しい、、。

あえて、問題有る996カレラを選ばれたとか、、。

ツルタの冷酷で、厳しい水冷ポルシェ、ウエットサンプエンジンの
危なさを黙って聞いておられました、、。

さすが、エンジニアだけあって、トラブルの原因などすぐに理解
されました、、。

このように、エンジンの問題を理解されて冷静に乗られてる
方々も、多いと思います、、。

この度、トヨタさんも166万台のリコールを発表されましたが、
その中に、先日のIS−Fのエンジンルームのガソリン漏れも、、。

メーカーさんとしては、断腸の思いでしょう、。

だれも、トラブルを出そうと思ってるわけではありません、、。

限界設計、限界原価を更に削減、、。
製造工程改善、コスト削減と、量産技術は、コストへの
挑戦であります、、。
世界水準を超えるトヨタをもってしても、、、。

水冷ポルシェの量産技術は、トヨタ生産方式から学ばれてます、。
限界に挑戦することは、技術屋として使命であります、、。

その代償には、キケンが伴うことも、、。

何とかこの、エンジン問題を対策出来ればと思っています、。

つづく。
turuta_s_room at 13:38|この記事のURL

R35 GTR用ロベルタKIT 

IMG_1259IMG_1256IMG_1260
R35 GTRのロベルタ組み付けの為、

今回は、サス本体を千葉、ロベルタに送ります。

R35 GTRのサスは、フロントはドライブシャフト外し、

リヤは、室内のリヤシート部分など大半を外さないと
サスが外れません、、。

また、今回のサスKITは、ノルドリングSPLといって、
GTR開発ドライバーの鈴木利男さんのショップオリジナル
なので、初めてのロベルタ組み付けということで、
確認の為、、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:18|この記事のURL

2014年10月14日

ポルシェ964RS 3,8L クーリングファン&シュラウド交換!

IMG_1244IMG_1243IMG_1247

964RSのクーリングファンは、新品を注文すると
アルミ鋳物のシャンパンゴールドに塗装された物が
来ます。

ファンシュラウドは、同じアルミ鋳物ですが、未塗装で、
表面も新品なのに中古品のように見えます、、。

オーナーさんと相談して、ダークシルバー(メタリック)で、
塗装して、クリアコートで仕上げました。

大変エンジンルームが綺麗になります!

つづく。
turuta_s_room at 15:57|この記事のURL
Profile
Archives