2015年02月

2015年02月27日

ポルシェ993ターボ ECUセッティング 8

IMG_0364

993ターボは、ECUセッティングが終了しました。

最後の仕上げは、そう実走行です。

近くの高速道も含め、一般道を試走しました。

RS用シングルマスフライホイールも相まって、低速から
アクセルの付がよい加速します。

高速道も、加速は、ターボがノーマルなので、ブースト圧
0,95(デジタルメーター上は、0,8しか)ですが、
純正の0,7に対しも、そんなにブーストを上げてないの
ですが、まるでNAの大排気量のようなリニアな加速で、、、。

996ターボの550仕様みたいな、3000RPM付近から
ドライブシャフトが折れそうな加速と違い、非常に
スムースに、そしてあっという間に000まで加速して
いきました。

まだ、慣らし中なので1回の速度確認してから、後は
流して、、。

久しぶりに993ターボに乗りましたが、これはこれで良い
味を出しています。

つづく。
turuta_s_room at 17:33|この記事のURL

2015年02月26日

BMW 320d 白鶴号 販売致します!

IMG_0361IMG_0362

ゲンロク誌を14回にわたり、ロングターム
レポートにて、取材してきました愛車320d
白鶴号を販売致します。

詳しくは、お電話にて、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:25|この記事のURL

恩人 山口純一会長のお別れ会に参列す!

IMG_0357

社会人になって、早41年経ちました。

その中で、多くの方々にご指導、ご鞭撻を頂きました。

その中で、山口純一さんという方がおられました!

そう、過去形であります。

昨年の暮、78歳の生涯を終わられました。

昨日、お別れ会が東京の某所で開かれました。
ジブンもその400数十人の中の一人として、献花してきました。

現在の、ブリッツという自動車用品業界の会長、そして
様々な要職の会長などを歴任されてました、、。

早稲田のワンダーフォ−ゲル部8期生だそうで、こよなく山を
愛されてまして、最近は東京オートサロンショーで、1年毎に
お会いするのですが、毎年スキーをしてるよ!と元気なお姿
でしたが、、。

ブリッツ発足は、1980年、昭和55年ですが、当時全国の
5つの代理店と、シグマオートモティブ(現サード)が資本を出し合って
設立されました。

HKSさんとならび、2大ターボKITメーカーとして、、。
で、初代ブリッツ所長を教育という意味で、東京にシグマの
支店(調布市)に作り、同時虎ノ門ありましたヤマコさん(山口氏の
会社で、日本国内初のエンケイ製アルミホイール&シルバスター
を発売、アルミホイールの先駆け)に、出かけていました!

温厚で、何時も笑顔で、ひょうひょうとして、学者肌といいますか
自動車用品業界のあまりお品が良くない(失礼)我々とは、
ちょっと異質な感じの方でした!

ゴルフでご一緒した時、同じグループでしたが、ジブンが会長の
チップインを何故か、カップの旗を外そうとした為、棒に当たって
はじいてしまいました、、。

会長は、チョットびっくりしながら、ニコニコ笑って、、。
粗雑な方でしたら、ジブンはその辺の木の陰でボコボコに、、。

まあ、思い出しましたらキリがありませんが、、、。

今は、向こうの世界で、やはりニコニコしていらっしゃる
んでしょうか、、。

色々お世話になりました。
また、どこか他の世界でお会いしたいです!

つづく。
turuta_s_room at 15:16|この記事のURL

2015年02月24日

ポルシェ993ターボ ECUセッティング 7

IMG_0344IMG_0349IMG_0346

993ターボは、

最終的に性能が仕上がりました。

最高出力    457PS/ 6390RPM

最高トルク    59,2kgm/ 4630RPM

カタログ値  408PS / 55kgm

パワーカーブは、普通高回転6000RPM以降は、
垂れるのですが、ハイカムを入れたみたいに、上がり続けて
ます。

これは、実際運転していて、エンジン回転最後まで、加速感が
体感して、各ギヤをシフトアップしていけるので、とても
小気味良いのです!

自己満足はこれくらいに、、、。
後は、アンダーカバーなど組み付け、一般走行テストに、、。

一つ、問題が発生!!!

IMG_0345

そうです、左リヤタイヤがチャタリングを起こして、、。

この問題は、タイヤの一部に熱が発生し、薄利するという、。
何度も体験してるので、慎重にタイヤを暖めたのですが、。

オーナーさんには、お断りを入れて、リヤタイヤを新品交換
します!!!



turuta_s_room at 14:38|この記事のURL

2015年02月23日

ポルシェ993ターボ ECUセッティング 6

IMG_0336IMG_0339IMG_0337

993ターボ エンジンをオーバーホール
しまして、色々な問題が発生して、オーナーさんには
次から次へと、まるでNHK朝ドラ”マッサン”のように、
毎回お金が掛かることをオーナーさんに、お伝えして
ました、、。

ワタシも精算するのが、恐ろしいほど、、。

本日、やっと明るい話題が、、。

まだ、最終的はパワーを調整しますが、本日の気温
20度(暖かい)、湿度70%以上の状態で、絵のように
460PSを超えました!!

通常、993ターボは、新車時の当事で、408PSのカタログ値
に対し、390PS前後が通常でした。

ECUチューンで450PS程度です、、。

今回の460PSは、上出来過ぎますので、ブースト圧1ですが、
走行上は、0,9(これ以上上げても、空冷インタークーラーは、
冷えず、ブーストカットしてセフティーモードに)で、調整します。

今のところ、全て正常であります、、!

今後の調整、また一般走行での最後の確認をしましたら、納車
準備であります。

オーナーさま、なんと8ヶ月ものお待たせであります、、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:32|この記事のURL

ポルシェ996T/C&GT3前期用&6ポットブレーキKIT再販売!

IMG_0335

お待たせしました、、か!?

996ターボ、GT3用6ポットブレーキキャリパーKIT
(赤キャリパー、ローター、パット、固定ボルトなど)。

これが、また久々に入荷です。

ご存知のとうり、ユーロ君が生意気に上がってますので
価格は、もちろん上がりました。

価格 33万円 税別  但し3セットのみ

さあ、お元気の良い方、お早くお申し出ください!

キャリパーは、もちろん純正品であります!

つづく。
turuta_s_room at 15:17|この記事のURL

2015年02月20日

トヨタ FT86レーシング入庫!

IMG_0325IMG_0306IMG_0308

知り合いの会社の幹部さんが、社員の福利厚生で

FT86レーシングを新車で購入、ことしからの86レースに
参戦させるとか、、。

それで、アイコードもお手伝いしなければと、プロジェクト
ミューさんからのご支援もありまして、ブレーキパットを
無償交換、、。

20年前は、レース時には、絵のようなスキール音消す
為のプレートは外してましたが、最近は、それより
ブレーキキャリパーのピストンにブレーキパットの熱が
直接伝わるということで、フェードになるのを防ぐ為、
純正をあえて装着してるのです、、。

ブレーキオイルは、耐フェード性の強いもの、これも
PMU製を、、。

IMG_0311

ブレーキダクトが、純正でフロントバンパー下に装着、、。

エンジンオイルは、出切るだけ粘土の薄い10W−30を、。

ミッションオイルとデフオイルは、オイルクーラーが無いので、
番定の高い物に、、。

オイルクーラーは、TRD製が空冷タイプに交換、、。

IMG_0310IMG_0319

IMG_0320

室内は、TRD製バケットシート、4点シートベルト、
6点ロールバーと、、。

ニュル仕様もこんな感じです、、。

エアコンも純正装備で、ポルシェでいうならGT3RSでしょうか、。

このような、市販レースカーで、ナンバー付きがトヨタさんから
ディーラーを通して販売されることに、嬉しく思います、、。

もっとたくさんの若人にレースカーの経験をしていただきたい!

モータースポーツも含め、若人はもっとガキのころ(失礼)から、
2輪、4輪に馴染んで欲しいです、、。

高校生ではオートバイを禁止され、高校卒業を控えた
12月の冬休みを利用して、学校を上げて高校生に自動車
学校に行かせ、トコロテン方式に、自動車免許をとった、
若者は、交通戦争!の怖さを知らず、社会に放出されます、。

まるで、第2世界大戦末期に、15,6歳の予科練生に、
特攻に行くための、極端な特訓で、経験少ない若人を
死なせる為の訓練をしていたのと、ダブります、、。

もっと、若いうちに、経験させないと、、、。

わかっちゃいなね!と、言いたいですが、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:43|この記事のURL

ポルシェ993ターボ ECUセッティング 5

IMG_0327IMG_0326IMG_0316

993ターボは、

ECUセッティング開始当初から、始動時バルブクリアランス
による異音が出ていました。
しばらく(5分くらい)廻してると消えるのですが、、。

聴音器で調べると、3番のEX側から、、。

ということで、もう一度新品に交換、、。

IMG_0317

これがラッシュアジャスターといって、油圧でバルブクリアランス
を、正常に保ち、タペットノイズを自動で消しますが、、。

よくよく調べますと、ロッカーアームに内臓されるのですが、
どうも、その穴径がオーバーサイズなどがある場合、
新品もオーバーサイズにしないと、、。
これで、異音が消えることを、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:15|この記事のURL

レクサス RC−F用ビッグスロットル完成!

IMG_0277IMG_0278IMG_0279

レクサス
RC−F用ビッグスロットル加工です。

ポート径83mm(純正)に対し、84mmに拡大。
バタフライの固定を片持ちリベット止めで、純正の両持ち
に対し、シャフト半分の断面積が無くなりましたので、
この分のポート内の
断面積が増えました!

IMG_0303IMG_0305

外径が1mm大きくなり、スロットルシャフトが半分に
なったことでの、ポート断面積増加は、エンジン出力、
トルクとともに、体感できるほど向上します。
なぜにスロット内径をもう少し大きく削れないかというと、
限界設計で通常の肉厚も薄く、これ以上切削すると、
強度的にも、また鋳物特有の巣があった場合、エア漏れが
起きますので、安全をとってこれが限界かと、、。

IMG_0296

絵の上側二つは、そう、IS−F用の加工前(左)と、、。

IS−Fのポート径77mm(純正)に対し、RC−F用は
かなり大きくなっていることが分かります。

RC−F用ビッグスロットル加工   68,000円 税別
純正を下取りします。

現在、欠品中、、。
予約注文受付中、、、。

つづく。


turuta_s_room at 14:02|この記事のURL

2015年02月19日

ポルシェ993ターボ ECUセッティング 4

IMG_0294IMG_0295

993
ターボは、ECUセッティング中に、ブースト系の
不調が判明、部品交換で、それがドイツBOとなり、
1W以上、延期となりましたが、もう一つ問題が、、。

左バンクのエンジンバルブを駆動するラッシュアジャスター
あたりから、異音が、、。

ラッシュは全て新品交換したのですが、、。
ということで、この間に部品を問答無用で、別の新品を
容易して、交換です、、。

何故か、どんどん納期が延びますです、、!

つづく。
turuta_s_room at 16:34|この記事のURL

ポルシェ996ターボ550 エンジンオイル漏れ修理 6

IMG_0282IMG_0283

996
ターボのエンジンは、圧縮漏れがありました。

IMG_0284IMG_0288

シリンダーヘッドの6番シリンダーから、、。
ピストンもリングの合わせ目が、1番とオイルリングが近い
です。
組み付け時に、こんな組み合わせをするとは思えませんが、。
これでは、ブローバイガスが多くでるはずです、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:19|この記事のURL

2015年02月17日

ポルシェ996ターボ550 エンジンオイル漏れ修理 5

IMG_0262IMG_0261

996
ターボ550は、エンジンのシリンダーヘッドなど、
分解し始めてます。

つづく。
turuta_s_room at 11:58|この記事のURL

2015年02月16日

ポルッシェ997C4S SC エンジン息つき 3

IMG_0267IMG_0274

997C4Sのエンジン息つきで、ECU本体を
交換しました。

すると、何故か燃料ゲージがエンプティーを示し、
20L入れても、、。

そこでも10L入れて、やっと、、。

ガソリンタンクをバラシ、燃料ポンプと燃料ゲージを、。

IMG_0269IMG_0272

すると、ポンプは、金属部分などが黒く変色して、、。

IMG_0273

オーナーさんに聞いて、燃料添加剤など入れてませんか、?
すると、オーナーさんは、そんなもんは入れてないが、商売上
E−3といって、エタノール3%の燃料を、、。

アメリカ輸出車両などは、エタノールE−10(10%の混入)の
為、燃料ポンプなど対策品が、、。

ま、それが原因かどうか分かりませんが、ポンプも新品交換
します、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:53|この記事のURL

レクサス IS−F チタンタコ足 5号車 4

IMG_0264IMG_0265

IS−F
チタンタコ足組み付け5号車は、やはり初期物で
リコール対象車の為、修理します、、。

エンジン単体をディーラーに持って行きます。

この車両は、以前よりATがすでに滑り始めてましたので、
新品(リンク品、)交換です、コンバーターも、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:29|この記事のURL

ポルシェ993ターボ ECUセッティング 3

IMG_0268

993ターボは、シャシーダイナモでのセッティングで、

燃料ポンプ&フィルターを交換、、。

エアマスセンサーは、クリーニング(お高いので)で何とか
使用可能でした、、。

が、今度はブーストプレッシャーセンサーとブースト
コントロールバルブが作動不良で、新品を注文しました、、。
国内欠品でBO待ちです、、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:24|この記事のURL

2015年02月15日

レクサス RC−F スピードリミッターカット 試作第1弾 結果!

IMG_0247IMG_0245

RC−F

スピードリミッターカット 試作第1弾は、失敗に終わりました!

スピードリミッターは切れたのですが、メータパネル上に一部
表示が消えません、、。

対策して第2段を、、。

IS−Fと同様のシステムですが、かなり進歩しており、改良しないと
対応出来ませんでした、、。

180kmリミッターなど、誰が規制したんだ!などと、グチっても、、。

次回エボリューションしてきます!!!

乞うご期待!

つづく。
turuta_s_room at 14:42|この記事のURL

2015年02月14日

ポルシェ996ターボ カブリオレ550 修理 3

IMG_0228IMG_0229IMG_0242

996ターボ550カブリオレは、

O2センサーを新品交換してます、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:46|この記事のURL

ポルシェ997C4S SC車両 エンジン息つき 2

IMG_0239

997C4S SC車両のエンジン息つきが、色んな

処置をしても直らないので、オーナーさんの指示を
頂、ディーラーにてECUを新品交換、、。

現在、テスト走行してます、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:40|この記事のURL

ポルシェ996ターボ エンジンオイル漏れ修理 4

IMG_0238IMG_0235

996ターボ550青号は、

エンジンの圧縮漏れテストをしました。
結果は、6気筒共に正常でした、、、!

これからエンジン右バンクオイル漏れを修理、、。

IMG_0230

IMG_0231

絵は、前回加工組付けました、渾身の配管を見ていただこうと、。
まるで、タコ足配管であります。

水冷の国産用オイルクーラーとヒーターホースなど、、。

これがGT2でしたら、水冷オイルクーラーがポコンと
付いてるだけですが、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:35|この記事のURL

ポルシェ996ターボ 550仕様販売致します!

IMG_0227IMG_0225IMG_0224

2003y 996ターボ 550PS仕様です。

ディーラー車 色: 白 無事故車 車検; H28,12

走行キロ ; 76190km

程度 ; 極上

内装 ; 黒皮   サーキット未使用

内容 ; ECUチューニング、ハイブリッドターボ、

      アイコード製ステンEXマフラー、スポーツクリーナー

      電子部品、その他経年劣化部品は、大方交換して
      から、5000km走行、、。

価格  545万円 TAX含む

つづく。      
      
 
turuta_s_room at 13:50|この記事のURL

2015年02月12日

ポルシェ996ターボ550 エンジンオイル漏れ修理 3

IMG_0211IMG_0212

996
ターボ550は、エンジンが降りました!

これから、まずはエンジンの圧縮圧を測定、エンジン内部が

痛んでないか、調べます!

つづく。
turuta_s_room at 17:43|この記事のURL

レクサス IS−F チタンタコ足組み付け 5号車 3

IMG_0213IMG_0214

IS−F

タコ足組み付け5号車は、やっとエンジンが降りて

エンジンルーム内を断熱対策してます。

つづく。
turuta_s_room at 17:41|この記事のURL

ポルシェ993ターボ ECUセッティング開始 2

IMG_0207IMG_0209

ECU
セッティング開始早々、極端に燃調が薄く、濃くすることが
出来ませんでした、、。

そこで、燃料ポンプ&燃料フィルター、そして肝心の
エママスセンサーを疑いまして、まずは燃料系を交換して、、。

エアマスセンサーは、お高いので、順番に、、。

IMG_0192IMG_0193

ホットワイヤー方式の初期の物(1995年)なので、
もうそろそろ、ご臨終の代物です、、。

まずは、クリーニングして様子みますが、どちらにしても
パワーアップや、正常にエンジン出力を出すには、
いくらエンジン本体を完璧にオーバーホールしても、
このECUや燃料系、電子機器を正常にしないと、、。

それには、オーバーホール後のシャシーダイナモテストが
不可欠であります、、。

ポルシェクラッシックデビジョン(ドイツ本国の)などに持ち込む
、クラッシクポルシェのレストアでは、電子部品、燃料系は
問答無用の交換です、、。

つづく。
turuta_s_room at 17:29|この記事のURL

ポルシェ997C4S エンジン息つき、、。

IMG_0200

エンジンECUが不調と判断しまして、ECU本体を

新品交換しに、ポルシェディーラーに持ち込みました、、。

ECU交換には、コーディングといってポルシェディラーさんの

テスターでないと、作動しませんので、、。

つづく。
turuta_s_room at 17:12|この記事のURL

レクサス LFA スピードリミターカット組み付け!

IMG_0203

関西から朝、ご来店いただきました。

ジブンが、午前中出張(後ろの997C4S)中に
SLC組み付け作業が終わり、ご自分で高速道を
テストしてる最中に、お会いしましたので、、。

つづく。
turuta_s_room at 17:08|この記事のURL

2015年02月10日

レクサス RC−F用スピードリミッターカット試作 第1弾テスト!

IMG_0197

RC−F用スピードリミッターカット(SLC)の
試作第1弾がやっと完成しました、、。

まだ、机上確認が出来ただけで、実車でのテストはまだ、、。

弊社の車両がまだ、無い為、どなたかお貸しいただけると、、。

時間は、2H程度で、シャシー上の確認と、、、。

不発の場合でも、エンジンECUには悪影響は、ありません。

期待せず、お待ちしてます。

つづく。
turuta_s_room at 14:22|この記事のURL

 ファイテン製シートエプロン&クッションのお話 第3弾

IMG_0182IMG_0183

絵のツナギは、
作業服メーカーとしては、創業明治44年1911年、大阪で
山田辰さんという方が創業された、由緒正しい会社です。
”AUTO−BI”というブランドでは、ジブンも,シグマに入社当事
40年も前のお話ですが、個人で購入して着ていたツナギもそうでした、、。

IMG_0184

IMG_0190

そう、ファイテン製生地が各所に縫い込まれて、、。

IMG_0189

このツナギをトヨタ自動車の100%子会社である、
(株)トヨタエンタープライズさんが、正式採用され
社員に配布してるようです。

この会社は、人材派遣会社が主な仕事で、現場などでの
作業が多い職種を専門に社員を派遣されてます。

その社員であったある友人が、購入(それも可能)して
持ってきてくれました。

本人曰く、腰痛が無くなったと、、、。

つづく。
turuta_s_room at 12:08|この記事のURL

2015年02月09日

ポルシェ996ターボ 550エンジンオイル漏れ修理 2

IMG_0176IMG_0177

996
ターボ550PS号は、エンジンを降ろしてます!!!

つづく。
turuta_s_room at 18:04|この記事のURL

レクサス IS−F チタン製タコ足組み付け5号車 2

IMG_0174IMG_0175

IS−F
タコ足組み付け5号車は、エンジン降ろしを、。

つづく。
turuta_s_room at 18:02|この記事のURL

ポルシェ993ターボ ECUセッティング開始!

IMG_0179IMG_0172

993ターボは、

これからECUのセッティングに入ります。

つづく。
turuta_s_room at 17:58|この記事のURL
Profile
Archives