2015年03月

2015年03月30日

2015年 ニュルブルクリンクVLN開幕戦にて、死亡事故が、。

DSCN0827DSCN0828

2015年
3月28日、土曜日、ニュルブルクリンクにおいて、
開幕しましたVLN、、。

VLNは、グランプリコース半分と、北コースで行われます。

その北コースに入って約4kmの登りきって右に大きく
曲がるところで、日産GTR GT3クラスの車両が、
ルマンのベンツみたいに、浮かび上がりほぼ直立状態で、
そのまま、コースを飛び出し、観客が死亡したそうです、、。

フルークプラッツ(旧飛行場がありました、グライダーなどの)
といいます。

ここは、自分らの腕では、怖くて全開などでは行けない
ところで、手前のハッツェンバッハ(ハッツェン川)から、
下り、ジェットコースターのように、30mくらい登ったら
ジャンプしながら(僕らはしません)、右に曲がるところです。
ニュルの有名なジャンピングスポットの一つで、、。

GTRですと、200kmくらいは出てるんでしょうね、、!

しかし、やはりパワー出ている最近のレースカーで、
空力パーツもDTMみたいな車両が一旦浮いてしまって、
腹下に空気が入ったら、マッチ箱のように飛んでしまって、。

ドイツモータースポーツ協会DMSBは、すぐに対応、、。

当分GT3クラス相当車両の参加を原因究明まで、走行不可
にしたそうです。

北コースは、過激なパワー競争に制限が入るでしょうね、!

亡くなられた方には、大変お気の毒ですが、これを教訓に、
ルール改正されることを強く望みます!

つづく。



turuta_s_room at 11:23|この記事のURL

2015年03月28日

レクサス IS−Fのお客様、ご来店!

DSCN0824

最近、中古車車両をご購入されて、、。

まずは、アイコードECUのFFMフルコンを書き込まれました、。

このお客さんは、依然にアイメック時代のランサーエボの500PS
仕様を友人から譲り受けたお方です。

やはり、チューニングの麻薬は、止められないそうで、、。

これから、少しずつレベルアップしたいとか、、。

応援しますです!

つづく。
turuta_s_room at 15:35|この記事のURL

アイコードに、花が咲き乱れて、!

DSCN0823

桜は、まだ7部咲きです。

雪柳は、満開!

メソレ(スモモ科、右奥の)は、7部咲きです、、。

今日は、豊田市も雲ひとつ無い日本晴れ、気温も20℃を超えて、。

つづく。
turuta_s_room at 15:30|この記事のURL

2015年03月27日

ポルシェ996ターボ ゲンロク誌取材開始 2

IMG_0647

996ターボ白鶴号は、今後はまず、車両の状態を
正常にする為、各部を点検してます。

エンジンは、次号に詳しく取材していただく為、ここで
詳細は、書けませんが、エンジン事態は圧縮も有り、
正常でありました、、。

それ以外は、油脂類の全交換と、特に下廻りの点検
の為、アンダーカバーなど、全て外して点検してます。

しかし、何時も思いますが、一般の方が愛車を売る為に
ディーラーさんなどに、持ち込み、査定していただきますが、
ジブンレベルでは、見落とす板金塗装跡など、素早く
お見つけになられます、、。

しかし、ボディー下側は、リフトに上げない限り見れません。
ポルシェの場合でも、同様ですが、良く判断されると
思います。

ジブンらは、実際に見ないと、査定なんか出来ません!!

つづく。
turuta_s_room at 13:52|この記事のURL

開明(株)製 墨の消しゴム

IMG_0651IMG_0650

アイコード文房具より、余計なお知らせ、、!

絵は、社員の奥さんのお子さん達が習っている習字の
先生から頂いたものを、強引に貰ってきました!!

(株)開明社製の墨が入った消しゴムとか、、。

確かに鉛筆の字を消すと、左の普通の消しゴムは、
大量のカスが出ますが、墨消しゴム!は、、。

この会社も調べました、大変便利なウィキペデアで、、。

明治33年創業の墨汁の会社です。
ジブンが、小学生時代から、学校(広島市内の段原小)内に
文房具店が有り、そこで、固形の墨を買いました。
そんなに使いまくって磨り減るもではありませんが、
落としたりして割ったり、無くしたり、、。

当時は、墨汁の容器も売っていましたが、習字の時間は、必ず硯に
水を張って、固形墨の棒ですらされました。

その墨汁の製造元です。

現在は、筆ペンなどを販売されてます。

この商品は、カタログにはありませんでしたが、あれば便利です。
なんせ、カスが出にくく、字が素早く消せますので、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:40|この記事のURL

2015年03月26日

ポルシェ997C4S Tipミッション修理の巻き

IMG_0642IMG_0643

997C4S スーパーチャージャーKIT
装着車両ですが、ECU交換等の修理で、息つきは
解消しました、、。

が、もう一つ数年前から、直さなきゃいけませんね!と、。
それが、Tipミッションのケース継ぎ目からのオイル漏れ、。
オイル漏れは、他の車両も発生してますので、問題が
あるのでしょう、、。

今回、オーナーさんは、意を決して、修理を依頼されました!
この4WDは、エンジンも降ろさないと、ミッション単体が
旨く降りなので、またまた大変な作業に、、。

ミッション自体は、PJの場合、修理出来なく、リビルト品との
交換となり、やはり高額となるのです。
今回、ミッションを分解して、パッキン類を交換、オイル
漏れを直します!。

つづく。
turuta_s_room at 18:03|この記事のURL

2015年03月24日

トヨタ FT86 林テレンプ号 レースに参戦す!

IMG_0623IMG_0626IMG_0622

林テレンプさんの、FT86が、今週末の茂木に
初参戦します。

関係者は、会社の社員のみ、、。
社員の教育の一環です、、。

初の経験ですが、まずは現場に慣れる事と、、。

つづく。
turuta_s_room at 18:16|この記事のURL

ポルシェ996ターボTip ゲンロク誌取材開始

IMG_0627

ポルシェ996ターボ白鶴号は、
ゲンロク誌の取材2回目、、。

今回は、エンジン関係の色んなトラブルシューテングなど、
日常メンテナンス的内容を、、。

10年以上前の車両で、すでに75000km以上走行した
中古車が、どのような方向で生まれ変わるか、、。

水冷ドライサンプエンジンの良いとこ、悪いとこ(壊れやすい)
など、これから996ターボを狙っておられる方、必見、、。

ゲンロク誌では、過去同型は、2回長期取材していただい
ますが、今回は、オートマチック車両です。

サーキットアタックというよりも、一般走行では、評価しにくい
ハイパワー、高速域は、サーキットでテストしますが、
一般道、日常使用条件では、どんな感じであるか、
ポルシェ車をあまり経験してない”Y”ジャーナリストに評価
していただくと、こうなった、!!などと、、。

アイコードマンネリ企画のサーキット一本槍から、イメチェン
(と本人は思っています)したいと、、。

ターボマンが、またまた、ターボ布教活動いたしますです!!

つづく。
turuta_s_room at 18:09|この記事のURL

2015年03月23日

ポルシェ930ターボ 78エンジンOH

IMG_0605IMG_0603

930ターボエンジンの
初期物です。

今、メタルチェックしてます、、。

カムシャフトなど、虫食いをWPC加工で、、。
そうです、省エネレストアです。

つづく。
turuta_s_room at 15:07|この記事のURL

レクサスIS−F チタン組み付け5号車 8

IMG_0600

IS−F チタンタコ足5号車は、

エンジンに火が入りました!

つづく。
turuta_s_room at 14:53|この記事のURL

カイエン V8 ゲンバラ5,2L エンジン不調修理

IMG_0586IMG_0587IMG_0591

2006年式
カイエンV8 ゲンバラ5,2Lが入庫しました。

エンジンが突然停止してしまうと、、。
最近は、走行中にも、、。

IMG_0592IMG_0594

ECUがくさいと判断し、システムテスターで調べようと、
しましたが、出来ません、、。

それで、ECUゲンバラ仕様をばらして、解析です、、。

つづく。

turuta_s_room at 14:50|この記事のURL

2015年03月21日

”ジェットストリーム” 三菱鉛筆 ユニ

DSCN0795

2015年初頭、ファイテン製シートエプロン&クッションの
総発売元であります、トヨタケ工業(株)の会長、横田さんより
”ツルチャン、当社50周年記念品、上げるよ!”と、、。

それは、4色&ペンシルのボールポイントペンでした。

フーンとか思って、メモ用紙に書くと、その滑らかさに!
”何だ、これ!!!”

そう、何といっても、その軽い筆圧で滑らかに字が書ける
のです!

油性ボールポイントペンは、アイコードでも、変え芯を用意して
同一のコクヨ製”パワーフィット0,7”なる物を日常使ってます。
もう、ジェットストリーム(JS)の書き味を味わったら、コクヨ製の
それは、腕、指先の疲れが苦痛に思えました、、。

JSは、三菱鉛筆さんの社員で、ボールポイントペン課に転属に
なった方の発想から生まれました。

2003年に北米など海外で発売、爆発的売れ行きから、2年後
の2006年(H18,7)から、国内販売開始とか、、。

現在、年間1億本の販売数とか、、。

で、昨日、アイコードにある打ち合わせの相談に、3社の
方が来訪されましたが、何とその内の2人の方(別会社)
が、その本体は色違いでしたが、JSを、、。

そのJSの話で盛り上がり、色々情報を、、。

知りませんでした、ボールポイントには、JSでも

1mm、0,7mm、0,5mm、0,38mm

4種類の変え芯があるそうで、、。

通常販売品は、0,7mmだそうで、これを0,5や0,38に
交換することで、更に書き味が良くなるそうです、、。

ポルシェのチューニングみたいな、、。

三菱ユニ ボールポイントペンJS、恐るべし!です。

つづく。



turuta_s_room at 15:05|この記事のURL

ポルシェ996ターボカブリオレ エンジン不調 3

DSCN0797DSCN0798

996ターボ
カブリオレは、バッテリーの漏電を調べる為、4〜5日
キーロック状態にしてありました。

また、別のトラブルを発見、、。

フロントフードキャッチにトランクルームランプSWが
付属してるのですが、それが接触不良かキャッチ部を
コンコンとドライバーなどで叩くと、ランプ点灯、、。

キャッチユニットを交換するか、、!
オーナーさんと相談、今回は、配線外して点灯しないように、。

最後の仕上げです。

つづく。
turuta_s_room at 14:21|この記事のURL

レクサス IS−F SC チタンタコ足5号車組み付け 8

DSCN0792

IS−F SCは、エンジンにスーパーチャージャーなど、
補機類を組みつけてます。

つづく。
turuta_s_room at 13:41|この記事のURL

ポルシェ997C4S SC エンジン息つき修理 6

DSCN0793

997C4S SC車両は、
昨日から試走を続けてます。
60km時、何速でも出ていた失速現象は、完璧に
直りました。

ECU交換&燃料ポンプ交換で、ECUの
リセッティングもやりましたが、出だしのトルク感、
中速からの加速と見違えるようになりました、、。

この車両は、Tipミッションの一部からオイル漏れが
ありますので、その部分はまだ未修理ですが、、。

あとは、2WDにしてますので、4WDに戻して仕上げます。

DSCN0799DSCN0800

4WDに戻すべく、ドライブシャフトを組みつけようと
しましたが、絵のように、カルダンシャフトダンパーが、
ゴム製ですが、劣化によりひび割れてました。

DSCN0802

アイコードの対策品に交換します。
以前は、シリコン製を製作しましたが、海外製品の
為、流通が悪く、現在の物に変更しました。

14500円 税別 高張力ボルト6本付属

DSCN0803DSCN0805

シャシーダイナモでテスト中に、オイル漏れが、、。
以前より、Tipから、、。
これも、近々に修理したいところです。
バッテリーも弱ってますので、オーナーさんに報告、
ご自分で手配されるそうです。

つづく。
turuta_s_room at 13:34|この記事のURL

2015年03月20日

ポルシェ996ターボ 550 オイルクーラー製作。

DSCN0786DSCN0787DSCN0788

996ターボ550は、
フロントバンパーを外して、ラジエター関係と追加する
オイルクーラー(エンジンオイル&パワステオイル)の接地
場所を検討しております。

すると、ラジエターは、3箇所あるのですが、両サイドの
それには、枯葉とかごみくずがいっぱい、、。
DSCN0789
DSCN0790
また、サイドは、フロント側にエアコンコンデンサー、。
ラジエターの中は、砂がいっぱい詰まって、、。

また、センターラジエター(中央には、エアコンコンデンサー無しで、
まともにラジエタが;)は、飛び石などで、アジエターフィンが
悉く潰れて、、。

絵は、それをマイナスドライバーで、目立てをしてるところです。
考察するに、かなりの冷却効率が劣化してたように思われます。

つづく。
turuta_s_room at 14:53|この記事のURL

ポルシェ997C4S SC車両 エンジン息つき 5

DSCN0784DSCN0782

997
カレラC4Sは、燃料ポンプを交換しました。
絵のような、燃料吸い込み口が二股に分かれてます。
これは、燃料タンクがフロントデフの影響で、凹の
逆さまの形状の為、両サイドから吸っているのであります!

今日現在、エンジン中速からのハーフスロットル時の
ガクンとして息つきは、症状が出ております。

そうです、ECUも交換しました!

もう少し、様子を見ます!

燃料について、この車両は、Etといってアルコール3%の
希釈ガソリンを使用してます。

それ自体は、問題無いのですが、燃料タンク内のポンプなど
金属表面が変色してました、、。
ということで、安全をとって、、。

つづく。
turuta_s_room at 10:44|この記事のURL

2015年03月19日

ボクスター3,2L エンジン始動不良 2

IMG_0576IMG_0573IMG_0574

ボクスターS 3,2L MT車両の
エンジン始動不良は、朝の始動時は、一発でかかるの
ですが、 20分以上走行後、再始動時に、、。

システムテスターには、異常は02センサーが、、。

スパークプラグは、最近ご自分で交換、、。

そこで、クランク角センサー(絵を参照)を他のモノと交換、。
再始動が出来るように、、。

で、新品と交換、、。

それと、既に13万キロ走行と、、年数では10数年経過、。
ECUでは、3%くらいの燃料補正を出来ますが、それ以上
燃料供給が少なくなると、、。

そこで、オーナーさんも、くさいと判断されてまして用意されて
ました新品と交換です。

これで、今回のトラブルは解消しました。
そう、これもトヨタ車では、あまり発生しない問題です、、。

つづく。
turuta_s_room at 11:48|この記事のURL

2015年03月17日

レクサス IS−F チタンタコ足組み付け5号車 8

IMG_0548IMG_0550

IS−F SC車両に、
チタンタコ足5号車がエンジン乗りました!

これから、補記類、SCなど組付けに入ります。

つづく。
turuta_s_room at 14:02|この記事のURL

ポルシェ964カレラ 車両レストア状況

IMG_0569

アタシの964カレラは、ブレーキパイプラインを
交換、その他細かいところも交換、、。

最後の仕上げ、アライメント調整を、、。

このあと、フロント下回りの擦ったところを板金塗装に、。

試乗が楽しみです。

なんせ、エンジン圧縮漏れで性能が著しく低下してました、。
エンジンのバルブ、ガイド、シート、ヘッドと殆ど新品状態に、。

以前は、何か力が無いなと思っていましたが、こんなに
パワーが落ちていたとは、、。
人間の感覚なんて、いい加減なもんです、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:58|この記事のURL

ポルシェ930カレラ エンジン不調修理 2

IMG_0565IMG_0566

930
カレラ(年式は86)は、スパークプラグを新品交換して
パワーチェクしました。

結果は、220PS、、。

オーナーさんに、連絡、、。

3,2 → 3,4L  に、排気量アップしてるとのこと、。

大体、この年式の3,2Lカレラは、触媒無い状態で、
230PSくらいは、出ますので、、。

ECUのセッティングとか、この排気システムで正常な
状態なら、240PS以上くらいは、、。

ということで、エンジンを点検するかどうか、オーナーさんは、
決断に迫られてるところです。

何故かといいますと、この状態でサーキット走行されたい
そうなので、もしこの状態でOKを出して、走行中エンジン
不調、または破損となりましたら、アイコードの責任に
なります。
そうならないように、アイコードでは、エンジン内部を確認
したいです。
何でもなければ、それからアイコードでECUセッティングを
しなおせば良い事です。

個人売買の難しいところです。

つづく。
turuta_s_room at 13:52|この記事のURL

2015年03月16日

ポルシェ997C4S SC エンジン息つき 4

IMG_0546IMG_0545

焼く10日間で、
ドイツ本国から燃料ポンプが届きました。

これから、組みつけに入ります。

つづく。
turuta_s_room at 14:23|この記事のURL

ポルシェ996ターボカブリオレ エンジン不調 2

IMG_0542

996ターボカブリオレは、オルタをOHしました!

これで、オーディオ類を組み付けて、漏電が無いかどうか、
点検(2〜3日)です。

OKであれば、完了です!

つづく。
turuta_s_room at 14:05|この記事のURL

2015年03月15日

レクサスIS−F チタンタコ足組み付け 5号車 7

IMG_0535

IS−Fチタンタコ足組み付け5号車は、

ATミッションとトルクコンバーターがOH(実際は新品)
された物を組み付けました。

これから、車両に搭載します。
各部断熱加工しながら、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:04|この記事のURL

2015年03月14日

ボクスターS 3,2L エンジン始動不良!

IMG_0524

986ボクスターS 3,2L99年式が
入庫しました。

エンジン始動後、30分以上走行後に再始動しようと
すると、始動しない!と、、。

チェくランプ点灯せず!

オーナーさんは、自動車関係の方で、ある程度は、ご自分で
整備をされる実力のある方です。

色々手を尽くしたが、お手上げだ!ということで、、。

エンジン再始動を再現しました、、。

さあ、何が原因か、、!

つづく。
turuta_s_room at 13:41|この記事のURL

ポルシェ964カレラ ガソリンタンク錆び発生 3

IMG_0526

964カレラは、錆びによる燃料ラインが詰まって
エンジン始動不良になりました。

調べた結果は、ガスタンク内に発生した大量の錆びと、、。
保険屋さんに検査してもらいましたが、それ以外に何か
外部からガスタンクに混入しているのか、、。

保険屋さんは、良心的に対処していただき、燃料ポンプ、
インジェクター、燃料レギュレター&工賃については、
2次災害ということになりました。

しかし、プラスチック製の燃料タンクやスチール製燃料ライン、
燃料ゲージ、などは対象外ということに、、。

エンジンには、やっと5ヶ月ぶりに火が入りました、、!

あとは、ついでのファンベルト交換で、完成予定です。

蛇足ですが、3月に入り、またまた空冷ポルシェ、964の
MT車両は、半月前は、450万円くらいで購入出来たモノが、
650万円、、。

993にいたっては、カレラSなど、Tipでも700万円は用意
しないと、、。

もう異常というしか、言葉がありません。

昨日も、アイコードにご来店の方は、964のMT車両が
希望だと、、。

で、ツルタは、厳しく興奮気味にお話しました、。

もう、すでに964カレラクラスも、コレクションアイテムです。
MT車両など、チョット前のRSクラスの価格と変貌しました。

ご希望の、MT車両で休日に、ちょっとドライヴなど、
もったいなくて出来ません。

無保険車や未熟運転者に当てられたら現在の評価額も
出ないかも、、。

盗難にも合いそうで、、。

購入されても、ガレージに大切に保管して眺めるだけと、、。
異常な今日この頃であります!!!

つづく。




turuta_s_room at 13:35|この記事のURL

2015年03月13日

ポルシェ964カレラ ガソリンタンク錆び発生 2

IMG_0499IMG_0501

964
カレラの錆びによる燃料系交換をやってるところです。

インジェクター、燃料ラインとインテークマニをはずしてからの
作業です。

錆びによる部品交換作業は、初めてです。

タンク内の水が溜まっての症状と思います。

他のお客様で、時たまおられますが、ガソリンタンク内の
ガスを殆ど満タンにしないで、駐車されてます、。

温度の寒暖の差の激しい季節、春、秋など、予想以上に
タンク内などに結露が発生します。

この方は、そんなことはしてなく、何時も満タン状態であったと、。

どちらにしましても、実際錆びは、異常なほど発生してました。

他のポルシェオーナーさんも、他人事と思わず、1年に一度は、
動かしてタンク内ガスを半分以上、消費するとか、常に満タン
にするとか、結露対策はしておいてください。

つづく。
turuta_s_room at 13:36|この記事のURL

KWサスペンション 販促品届く!

IMG_0493IMG_0492

日本国内、
総発売元の橋本コーポレーションさんから、届きました!

映画館にあるような販促品です!

ケン、ブロック氏と、オラフ、マンタイ氏とKWサスペンションが、。

ケン、ブロック氏は、いわば動、。

オラフ、マンタイ氏は静か、。

ケンちゃんは、YOUTUBEでも、スゲーデモンストレーションで、
あんなパフォーマンス出来たらと、、。

一方、オラフ、マンタイ氏は、現在ポルシェAGのWECレース
GT部門では、991GT3 RSRの総監督をお勤めに、、。

マンタイ氏の逸話は、いっぱい知ってますが、初代DTM
チャンピオンとか、964CUPも同じく、、。

そう、本人は、レーシングドライバーでした、、。
今でも、そん色無い、、。

前人未到のニュルブルクリンク24H、5度の総合優勝、、。
カーメーカーも成し遂げてない、、。

そんな24hレースの何回目かですが、4人のドライバーが、
たまたま、各自忙しくて、ブレーキパット&ローターの当たりを
つけるのを、メカ長さんが、オラフに頼みました、、。

本人は、軽く流したつもりでしたが、当事の4人目の
ドライバーは、新人のF3ドライバーでしたが、そいつのベスト
ラップを軽く上回り、本人はさぞ、がっかりしたでしょう、!!

ま、そんな四方山話に花が咲いて降ります、一人で、、!

つづく。
turuta_s_room at 11:32|この記事のURL

2015年03月12日

ポルシェ964カレラ ガソリンタンクからのさび発生!

IMG_0486IMG_0487IMG_0488IMG_0485

964カレラは、
昨年からの引き続きですが、燃料ラインに異常な
さびが発生、、!

ガソリンタンク内も、、。
で、燃料ラインは全滅、、。

保険も一部認められましたが、高官部品は、ポンプ、インジェクター
から、タンク、パイプ、燃料ゲージと広範囲に、、。

IMG_0489IMG_0490

エンジン上部も外して、交換であります!

つづく。


turuta_s_room at 15:32|この記事のURL

ポルシェ930 エンジン不調修理、、。

IMG_0480IMG_0482IMG_0483

先週末から、特急仕事で、、。

漸く落ち着きましたが、、。

昨年末まらお預かりしてる、930カレラのエンジン点検、、。

どうも、1気筒死んでるですが、圧縮テスターでは、そんなに
漏れは無い(5%、これは、まあ、限界知ですが)ようですが、
洩れてる箇所がどうも、インテーク、エクゾースト、クランクケース
以外の、シリンダヘッド外側付近から、、。

ヘッドガスケット部分から抜けているか、。

IMG_0484

エンジンプラグは、6気筒ともアンバランスな焼けで、、。
兎に角、まずはスパークプラグを新品交換して、
正常な爆発点火したら、一度シャシーダイナモで
現状出力を確認します。

つづく。
turuta_s_room at 15:21|この記事のURL
Profile
Archives