2015年06月

2015年06月30日

ポルシェ914 アイドル不調 2

IMG_0541

914は、アイドル調整にバキュームセンサー
(Dジェトロ用初期の部品です)が、大体経年劣化
で、ダメになります。

IMG_0545

IMG_0546

アルミ鋳物で出来た燃料ポンプくらいの大きさです。
価格は、22万円も、、。
何とか交換せずに、修理したいです!!


最近のバキューム(プレッッシャー)センサーは、2cm
角くらいの大きさで、1万円くらいですが、、。

当事としては、、、。

ECUボックスが弁当箱(アルミで出来た昭和時代の)の
大きさですから、そんなもんでしょうが、、。

時代の流れを感じさせる今日この頃です!

つづく。






turuta_s_room at 14:49|この記事のURL

ポルシェ964カレラTIp Tipオイル交換、。

IMG_0536

IMG_0538

IMG_0543

真っ赤なポルシェ
964Tipは、ティプトロのATオイルをフィルターも
含め、交換しました。

ポルシェ社指定は、大体5万キロといってますが、
海外では、10万キロ走破してる車両も、、。

ま、しかし、オイルですから、交換したほうが良いに
決まってますが、、。

この964は、これから少しずつ整備していきます、、。
当分、オイラの足として、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:38|この記事のURL

2015年06月29日

ポルシェ914 2,0L アイドル不調!

IMG_0524

IMG_0519

IMG_0517

ポルシェ
914 2,0Lは、1974年製の最終モデルで、
当事、2L 1,7Lと燃料噴射モデルが、、。

燃料噴射システムは、このDジェトロ(フローメーター無し)と、
Kジェトロ、そしてキャブ車と種類がありました。

ジブンも、このDジェトロ車両は、初めて見ました。

ECUボックスは、現在のDME(ECUで、ポルシェ読み)の
2倍くらいの大きさで、マークには、VWワーゲンの、、、。

IMG_0530

中身は、昭和49年製らしく、当事を思い起こすと
ちょっとしたラジオと同等の、、。

IMG_0532

調整ボリョウムは、アイドル時の燃調です、、。

IMG_0531

絵は、トランジスターです。

ラジオ技術の本をみてるみたいです、。
でも、当事としては、最新の技術であったことは、
間違いありません。

なんせ、41年前のEFIです。

911 2,7Lで、74モデルは、Lジェトロが最初です。
914は、ワーゲンの燃料システムなので、Dジェトロを、。

兎に角、直せるかどうか、調べております、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:21|この記事のURL

レクサス RCF 生産関係者来店!

IMG_0514

レクサス RCFオーナーが来店!

彼は、RCFの組み立てに従事してる方です。

昔は、T社の場合、ジブンが組み立てている工場の
車両は、絶対に買わなかった!などと、よく聞いた
もんですが(夜勤時にジブンがいい加減に組み立てた
車両なんか、危なっかしくて)、、。

トヨタ車もそうですが、レクサス車両は、世界一
厳しい基準で、組み立てています。
彼も、それがジブンで組みつけてるので、よく分かって
いるのです。

昨年の10月から販売開始で、当初は、手作りに近い
状態で、日に数十台の生産ですが、翌月からは、
計画どうりに生産されたそうです。

ベストカーという雑誌に先月までの国内販売台数が
掲載されてますが、先月だけで、国内93台の販売。
国内総販売台数は、27年で663台。

R35 GTRは、325台です。

ということで、RCFは、すでに3000台以上が世界中に
出荷されてます。
一日に生産される台数は、カローラなど、1分に1台と
違い、殆ど手組なので、数十台なのです。

エンジンは、隔離された部屋で組みつけられてます。
まるで、トヨタ&レクサスのレース用エンジンと同様な
システムです。

ドイツ本社では、工場出荷という、購入した本人が
直接、組み立てられた工場に出向き、厳かな受け渡し
式で、本人さんはかっこいポルシェ社の案内人から
車両操作の説明を受けた後、おもむろにポルシェ
本社の入り口で、ガソリンを満タンにしてもらい、
ポルシェで、出かけていくのです、、。

GT3など、受け取った方は、シュトットガルトの
本社から500km離れたニュルブルクリンクまで、
慣らしなど関係無く(ポルシェも含む最近の新車は
慣らし必要無しと、そう1000km走行して
エンジンオイルなど替えるのは、どういうこと?などと
、10000キロ走行した、来て!)全開でぶっ飛ばし、
多分、3時間くらいで、到着、、。

夕方5時半から2時間有る、ツーリスト走行で、また
ぶっ飛ばすのであります。

話が反れるツルタであります!

つづく。
turuta_s_room at 15:23|この記事のURL

2015年06月28日

文芸春秋 ”高倉 健” さんを読んで、!

IMG_0509

2015年初頭に高倉健さんの追悼という意味で、
特集組まれた文芸春秋が発売されましたが、
ジブンは、買いそびれました。

というか、発売日に新聞広告で知り、確か3日くらい
後になって、豊田市の大きな本屋さんに行ったら、
もう、売れ切れでした、、!

そして、1ヶ月前、何時も行く書店で何気なく、欲しい
本があるでもあく、文庫本コーナーから、雑誌コーナ
に移動して、物色(万引きではありません)してると、
そう、この本が陳列されてました。

文芸春秋をもっと濃くした内容で、、。
すぐに、購入、先程2回目の熟読が終わり、涙に
暮ながら、このブログを、、。

IMG_0510

IMG_0511

IMG_0512

この最後の絵は、健さん(と呼ばせていただきます)の
本当の姿が見えてるような、、。

他人事を掘り返すべきではありませんが、何故に江利チエミ
さんと、離婚されたのか、、。

その理由がやっと分かりました、この本で、、。

当事、任侠映画は好きではなかったので、あまり東映映画は、
見た覚えがありません。
東宝の怪獣モノや、大映のちゃんばらモノで、、。

しかし、健さんだけは、藤純子(当事の芸名)さんとの競演で、
一気にファンになりました、、、。

素晴らしい方が、また鬼籍に入りました!
見習うことばかりです!

天国で、チエミさんと再会されてると思います!!

つづく。
turuta_s_room at 16:17|この記事のURL

ポルシェ914 修理で入庫!

IMG_0500

ポルシェ914 ミツワのディーラー車両が
入庫しました。

綺麗な車両です。

IMG_0501

IMG_0504

左ドアの開閉が出来ない、、。

ドアのプラスチックの一部が折れてました、、。

エンジンは、アイドル不良とか、、。
これは、点火系、燃料など調べないと、、。

IMG_0505

も一つ、走行中、フロントフード内で、キュルキュルと
異音がすると、、。

どうも、スペアタイヤが固定されなくて、ただ、置いてある
だけで、タイヤとボディーが擦れてる音と判明しました、。

つづく。
turuta_s_room at 14:16|この記事のURL

2015年06月27日

ポルシェ996ターボ550 ミッションマウント強化 2

IMG_0494

996ターボ550は、
ミッションマウントを強化品に交換しました。

試乗しましたが、思った程の振動音は、室内には
入ってきませんでした!

シフトフィールは、市内を走行してる範囲では、
殆ど変わりはありません。

相変わらず、550PSの加速は、4WDの996ターボ
でも、3速までフル加速は出来ません、、。
2/3くらいのアクセル開度でも、スゲー加速です、、。
不用意にアクセル踏めば、4WDでもドリフトして、
どこかに飛んでいきそうです。

オーナーさんも、加速は1,2,3速での、TRCコント
ロールが欲しいくらい加速中にパワースライドするので、
満足に全開出来ないと、、。

そこで、現在レース用TRCを組みつけようと検討中
です。

つづく。
turuta_s_room at 13:49|この記事のURL

2015年06月26日

レクサス RCFは、ポルシェ、フェラーリに追いつけるか、!

IMG_0334

RCFのスピードリミッターカットをご予約
していただいていたカーディーラーの方に、
7月生産分が出来ましたので、連絡しましたら、
そのお客さまが、納車後、約1Wで飽きられました!
と、キャンセルの、、、。

そう、車両は、すでに手を離れたそうで、、。
そのお方は、別の車両、スーパーカーと呼ばれる
車両をいくつもお持ちだそうで、、、。

この度、フェラーリ488GTBも出ました、、!

3,9L ツインターボ 670PS 760Nm

アイコードIS−Fのスーパー&フォージドピストン&
ハイカム&チタンEXマニを装着したマシンと同じ
パワーですが、、。

RCFの470PSでは、お気に召さなかったようで、、。

なら、ワシがスーパー&チタンEXマニ&ハイカムで、
670PSオーバーにしたるがや!

どや、、、!

世界のスーパーカーと呼ばれる車両の仲間に
なる為には、まだまだ時間とお金が掛かるようです、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:44|この記事のURL

トヨタ FT86にOS技研製LSDを組む!

IMG_0483

IMG_0485

FT86です。

最近は、月間販売台数も落ち着いてきました。

車両は、お近くの大型量販店さんからの下請け
作業で、OS技研製LSDを組み付けているところです。

この車両のオーナーさんも、ご他聞に洩れず、色んな
アフターパーツを組み付けされてます、、。

中古のポルシェが十分買える金額ですが、、。

兎に角、チューニングバンザイであります。

IMG_0486

IMG_0488

この後も、同じLSDをFT86に取り付ける為、LSDが
2ケと、オイルが運ばれました、、。

そう、LSDのダブル!であります、、、。

つづく。


turuta_s_room at 11:30|この記事のURL

ポルシェ996ターボ 550 ミッションマウント対策品完成!

IMG_0478

IMG_0479

996ターボ
550車両が、ミッションオイルクーラー追加しても、
1時間以上連続運転時、やはり3速あたりで、加速時
ギヤ鳴りが収まらないと、オーナーさんが、、。

よくよく状況を聞いてみると、やはりコーナーで横Gを
感じながらの加速中に、、。

ということで、絵のミッションマウントを強化しました。

絵は、純正品ですが、ゴムマウントはスカスカで、、。

IMG_0480

この加工は、1999年996GT3がデビューして、
鈴鹿サーキットで、軒並み皆さん最終コーナーの
立ち上がり加速中、ギヤのシンクロをお壊しになりました。
そこで、対策として作りました、伝統!ある加工品です。
そう、エンジン&ミッションが偏るので、ワイヤケーブルが
引っ張るのか、シフトが入りにくく、無理くり入れるので、
シンクロナイザーリングを痛めるのです。

ポルシェ社は、ギヤシフト時は、十分クラッチペタルを踏んで
から、慎重にギヤを変速しないさい!と、、。
これは、レースカー、特にルマン24Hレース前に、新人や
ポルシェ未経験者には、しっかり教えます。

現在は、シーケンシャルミッションなので、、、。

ゴム硬度は、純正60度に対し、ゴムでは最高硬度の
80度です。

これ以上は、テフロンになりますが、テフロンも試しましたが、
痩せるという性質があり、ガタが出て耐久性は、、。

ゴム硬度80度は、天然ゴム硬度としては、試作品等で
使用する以外は、適しません、、。
自動車用スタビや、ショックのアッパーサポートに使用
さえてるゴム硬度は、大体60度くらいです。

振動が、車体に伝わるので、ゴムで防振する意味が無くなる
のです。
競技用など、特殊な場合以外、、。

ジブンは、今回の加工を行っていただいたゴム工業さんとは、
サード時代ですから、40年以上、先代の工場長さんからの
お付き合いで、何時も大変無理をきいてもらってます!

IMG_0482

振動は、多少大きくなりますが、背に腹は変えれません!
ポルシェカップやレースカーなどは、このサポートが
金属などで、固定されてる為、エンジンなどの振動音は、
とても通常、耐えれるような音ではありません。

つづく。


turuta_s_room at 11:19|この記事のURL

2015年06月25日

ポルシェカレラ(930)エンジンのOH 2

IMG_0460IMG_0461

メタルの一部分が
傷ついています。

キズは、無視しても良い程度ですが、これでガンガン
サーキットなど、攻めるのは、止めた方が良いでしょう!

ジブンのエンジンであれば、このまま組んでしまいますが、
オーナーさんには、報告して、予算がどのくらい上がるか
見積もりしてます。

メタル1枚(1組が上下2枚)が13,000円もしますので、
6箇所は、最低交換するとして138,000円税別掛かります。

さあ、思案六法であります、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:02|この記事のURL

ポルシェ930ターボエンジン 組み付け 2

IMG_0474

ポルシェ
930ターボエンジンは、絵のように、
大分組みあがってきました。

つづく。
turuta_s_room at 14:52|この記事のURL

2015年06月23日

ポルシェ カレラ(930)エンジンOH

IMG_0450IMG_0451

ポルシェ
カレラ(930系)のエンジンは、オーナーさんの
意向で、全部OHすることになりました。

で、今回、クランクケースもばらしました!

IMG_0455

IMG_0453

すると、コンロットは、どうも違う物が混じって、、。
クランクケース、シリンダー&ピストン、そして
コンロットの件から、推察すると、どうも、最初にOH
した後、何らかの事情で、もう一度OHしてました、。

その時、シリンダーホーニングの仕方、コンロットの
種類が一部違っていました、、。

どの時点で、そうなったかは、今の時点では分かりません、
クランクには、ショップさんのマークが書いてありました。
そのショップさんは、今は存在しませんが、、。

このように、当事の930系のチューニングは、結構
ショップさんにより、過激かつ、大雑把といいますか、
寄せ集めでも、エンジン自体が頑丈なので、動いた
ように思います!

国産エンジンでしたら、このような状態では、うまく
いかなかっただろうと、、。

改めて、ポルシェ空冷エンジンの設計の凄さとタフさを、。

そして、簡単明瞭、砂漠の真ん中でも、ルマンの
青空の下でも、ジャッキ一つで、エンジンを降ろし、
ばらして、ピストンやシリンダーの1個でも、交換
したであろうことが、想像出来ます。

ポルシェエンジンに名チューナーは、必要ありません。
基本に忠実に組めば、そこそこ動いてしまいます。

つづく。


turuta_s_room at 10:53|この記事のURL

ポルシェ930ターボ エンジン組み付け 2

IMG_0457

IMG_0456

930ターボの
エンジンは、大体の格好になってきました!!

つづく。
turuta_s_room at 10:37|この記事のURL

2015年06月20日

ポルシェ964/993用携帯ジャッキ

IMG_0446

ポルシェ964(右)/993(左)用の
携帯ジャッキの今昔です。

左のジャッキは、92年以降の964後期モデルから、
このより簡素な工具となりました。

IMG_0449

実際は、このようなフェルト地の袋(違うタイプも有り)に
入って、フロントフード内のスペースセーバーのタイヤと
バンパー内側のフトコロ内に綺麗に収まってます。

総アルミニウム製の高価(現在4万円近く)なジャッキです。

このスペースセーバータイヤを膨らませる為に、電動ポンプが
付いてます。

このポンプで、規定圧まで上げようとすると、かなりの時間が
かかります。

余程のことが無い限り、JAF、またはポルシェサービスや、
自動車保険のオプション、または親、兄弟、親戚、友人、
知人、恋人、通りかかった他人などを駆使して、他力に
よる対処をした方が良いかと、、。

高価な車両を逆にキズ付ける恐れが、、。

ま、お守りのような物かと、、。
ちなみに997まで、同型のジャッキセットが、、。

ポルシェ豆知識でした!

つづく。

turuta_s_room at 14:59|この記事のURL

レクサス RCF用オールステンレス製EXシステム試作完成!

IMG_0438

IMG_0440

IMG_0441

レクサスRCF用オールステンレス製EXシステムの
市販用試作完成です!

絵は、メインEXマフラー(後部の2ピース)と
中間パイプ(4ピース)&メタル触媒付きです。

IMG_0432

IMG_0433

マフラーカッターは、チタン製をリベット止めです。
Wオーバルタイプです。

ガス検、騒音規制もクリアしました!

引き続き、オールチタニウム製を製作中です。
ご期待ください。

タコ足(ヘッダー)も、チタニウム製ISF用が、小改造で
組み付けそうなので、これも完成しましたらガス検を
受けようと思っています。

500PSオーバーを簡単に出してしまうか、、、!

つづく。


turuta_s_room at 13:32|この記事のURL

2015年06月19日

ポルシェ930ターボ エンジンOH開始!

IMG_0419

IMG_0420

930ターボの
エンジンは、やっとクランクケースの軸受け加工が
終了しました。

で、絵のプラスチゲージといって、メタルとクランクの
クリアランスを計測します。
最近は、こんなことはやりませんが、、。

で、メタルのクリアランスを圧着してプラスチックの
ゲージの平べったくなった寸法を測定して、決定
していきます、、。

IMG_0417

IMG_0421

IMG_0422

測定が済めば、規定寸法に合わせ、メタルを
組んでいきます。
もう、これからは、スムースに組みつけが進行
していけます、、。

オーナさん、もうしばらくお待ちください。

つづく。
turuta_s_room at 13:25|この記事のURL

トヨタ 新型ランクル プラド エンジン一新!

ランクル プラド

ランクル プラドが8年ぶりにディーゼルエンジンを
引っさげて、登場します!

2,7L DTエンジンは、馬力も177PS,トルク46kgm。

ハイエースに搭載されていた3Lとは、一新され、懸案の
DPRタイプから、尿素水(タンク)を排気ガス中に噴射、
化学反応で、にっくきNOxを撃退します。

同時に2,8L NAエンジンもデェビューです。

2,7Lの旧4気筒エンジンから、カムシャフトのVVTを
両方のカムに採用、ダブルVVTと、、。
全て、排気ガス規制に対応したものです。

DTエンジンのECUチューンも、DPE時代のハイエースが
大変だったのに対し、トラブルが無くなるかと、、。

また、懸案でありました2,7L(2Lも)NAエンジンの
チューニングも、開発したいと思う今日この頃です。

スーパーチャージャーなど、色々検討します!

やっと、トヨタさんもDTエンジンに本腰を、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:13|この記事のURL

ゲンバラ997ターボ 入庫!

IMG_0407

IMG_0425

ゲンバラ仕様の997ターボが
入庫しました。

アライメント調整で、、。

IMG_0408

6速マニュアル車です。

詳しい内容は、分かりませんが、この当時は、まだ
ウーベ、ゲンバラ氏は、ゲンバラ社を持っていましたか、?

などと、大きなお世話ですが、、。

未だに、ゲンバラポルシェは健在であります!

つづく。


turuta_s_room at 12:51|この記事のURL

トヨタ プリウス30 LSD組み付け車両のオイル交換!

IMG_0290

IMG_0299

プリウス30
に、アイコード製OS技研製LSDを組み付けた
2号車です。

ジムカーナーに参加中の、、。

組み付け後、1回目のミッションオイル交換です。
オイルは、スペシャルブレンドです。

ジムカーナーは、360度パイロンを回転してからの加速や、
曲り角の連続なので、TRCをオフにしていても加速が
一瞬おくれますが、LSDが装着されてると、それらが解消
されます。

つづく。
turuta_s_room at 12:41|この記事のURL

2015年06月18日

2015年 ランボルギーニ ウラカンLP620−2 スーパートロフェオ

IMG_0369

ランボ ウラカン LP620−2

スーパートロフェオカップが今週末、アジアシリーズの
FISCOで開催れるとか、、。

友人のZENTさんの都筑君も参加するとか、、。

まだ、スティッカー貼ったりと、、。
古いガヤルド達と昆走でしょうか、、?

ま、ジブンには、あまり関係無い車両ですが、一度は
これで、高速をぶっ飛ばしてみたい願望は、大いに
ありますです!!

そう、横には、綺麗なXXちゃんを、、なんて、、。
貧しい発想でありますが、酒、XXX,クルマでありますね!

アウディーグループの車両なので、レースでも速くて、
壊れないとか、、。

多分、これでお家に乗って帰ったら、、、、。
全く、不釣合いなツルタであります!!

つづく。
turuta_s_room at 17:29|この記事のURL

2015年 6月 ISF&RCF インFISCO走行会!

IMG_0333

2015年6月吉日、FISCOにて、レクサスISF&

RCFの走行会が開催されました。

第1回目は、30台くらいでしたが、今回40台限定に
多数の参加希望があり、急遽、変更(柔軟な対応です)で、
キャンセル待ちの車両を全部受け入れました!!

57台のISF&RCF(10台くらいか)が、勢揃い、、。
今回、初心者の方が多いということで、予定変更(またまた)
、本コース下の旋回場を使用し、スピンなどの対応の為、
初心者のみ、講習が開催されました。

通常、午前中のレクサスビル(普通は、入れません)にて、
矢口氏以下、ISF&RCFの関係者の裏話など、面白く
公演されます。

お昼は、そのレクサスビルにて、美味しいお弁当、、。

で、昼から本コースに行くはずが、新人講習のため、3時に、、。

絵は、RCF CCSP そう、RCFのチューッドカーナンバ付き
です。

IMG_0354

今日の講師の先生がたのお二人、、。
右は、ニュル4hに一緒に参加したM氏です。

IMG_0335

IMG_0337

IMG_0338

このCCSPの特徴は、カーボンパッケージの
車両に対し、モアカーボン仕様よ!って、感じ!!

絵のリヤバンパー下部の通常メッシュで処理された部分が、
塞がれてます。
これは、空力を考えてると、この部分が空気の流れを
スムースに後方に流すのだそうで、、。

IMG_0349

真っ赤なRCFです。
オレンジや真っ黒など、カタログでしか見れない色が、
ここでは、全て見れました。
それにしても、綺麗な赤です!!

IMG_0358

IMG_0362

57名もの参加者を、講師の方々は、大変丁寧に講習
していました。
なかでも、M氏のサーキット走行中は、富士山を眺める
余裕を持ちなさい!と、、。

IMG_0373

IMG_0384

矢口氏はというと、1コーナーピットあたりで取材を受けて、!

なんでも、海外向けのNHKテレビの収録とか、、。
2人の男女の外人さん!が、RCFを運転して、、。

また、講師として片山右京氏がドライブするCCS−R(
本俸初公開の1号車)で、助手席に乗って、体験走行
を取材して、、。

IMG_0320

IMG_0319

IMG_0318

IMG_0321

CCS−Rです。
1号車だそうです。
これは、国内ワンメイク用とニュル用です。
この上の兄貴分がGT3となります。

IMG_0391

そうこうしてると、本コース走行会が始まりました。
台数多いので、2グループに分けて、、。

IMG_0367

レクサス本社から、色々なRCFが来てましたが、絵の
車両左は、輸出仕様左ハンドル車両です。
フロントバンパーのナンバー設置用スペースが横に
長くなってるのがわかります。

IMG_0399

IMG_0400

このプリウスは、何の関係があるかというと、
ここの会社”TRAS”トラス社は、CCSR用ドライカーボン
の製品をレクサスに納品されてるのです。

新しいRCF CCSRにも、トラスさんの製品が、、。
このプリウスは、殆どその、ドライカーボンで成型された
製品が組みつけられて、とても軽いです!!

ここのN社長は、ニュルでもご一緒させていただきましたが、
今年からのモトGP参戦で話題の、スズキの車両に
トラス製ドライカーボンが採用されてます!
先日、スペイン、カタルニャでは、予選のワン、ツーを獲りました。

次回、フジ走行会開催は、9月18日と決定しました。
ISF&RCFのワンメイクですので、お友達もすぐに
出来ますです。
友人、ご家族をご一緒に是非、お出かけください!

レクサス非公認応援団長 ツルタがお伝えしました!

つづく。

turuta_s_room at 16:55|この記事のURL

2015年06月15日

2015年 チューニング&カスタムカーショー開催!

IMG_0313

2015年8月29,30日
アイメッセ山梨にて、チューニング&カスタムかー
ショーを開催します。

主催は、オプションランドです。
名称 ; チューニングカーワールド エキサイティング

お問い合わせ ; 03−6909−7852

場所 ; 甲府市大津町2192−8 055−243−1811

皆様お誘い合わせの上、ご来場ください!

つづく。
turuta_s_room at 15:00|この記事のURL

レクサス RCF ラヴァオレンジのご来店!

IMG_0307

IMG_0309

RCF
代表的カラーのヒートブルーに続き、CCS−Rでは
御馴染みの、ニュルでもひときは目立つ、ラヴァオレンジ
クリスタルシャインと正式名のカーボン仕様、、、。

本日、初のご来店です。
そう、SFM兇鯀箸濾佞韻覦戮法関東から、、。

以前は、現行クラウンV6,3,5LのECUチューン(
現在は、販売中止)の数少ない(たった3台のみ販売)
オーナーさんが、増車だそうで、、。

道行くお子さん達が、指差して感嘆の声を上げてるそう
です、、。

古くは、TE27のレビン&トレノが採用したカラーです。

一度見たら、忘れない色で、ヒートブルーと双璧の
印象深いです。

明日は、レクサス ISF&RCFの走行会がFISCOにて
開催されるそうで、オレンジRCFのオーナーさんも
参加予約されたとか、、。

お暇と丁度時間が空いた方、一度見に行かれては、。
壮観ですよ、40数台のISF,RCFが一同に集まる
光景を見れるのは、、。

つづく。





turuta_s_room at 13:00|この記事のURL

2015年 ルマン24Hレース ポルシェワンツー!

IMG_0311


2015年
ルマン24Hは、ハイブリッドポルシェ919の
ワンツーで、終了しました!

3台中、2台が、、。

アウディー総監督もポルシェピットにいって、
Dr,ウォルフガング、ポルシェと抱き合い、祝福
していました。

ワーゲングループ内での嬉しい、そして複雑な心境
でしょうが、、。

3分18秒で周回、、。
トヨタTS040は、毎周4秒以上引き離されて、、。
豊田章男社長もお忍びで、行かれてたそうですが、、。

F1もそうですが、耐久レースも様変わりしました、、。
一人のドライバーが、3、いや4スティン、4時間以上連続
してあのビデオの早回しのようなドライビングで、、。

ガチャンと激しくぶっつかっても、ピットに戻れば、20分
もたたずに、新車に復帰して、コースイン、、。

数年前のアウディーのときも、口あんぐりでしたが、、。

もう、とてもプライヴェートティームでは、完走するのが
関の山で、優勝争いなど、、。

962Cの時代であれば、あわよくばなどと、、。

ニュル24hが、親しみやすく感じるのは、オイラだけか、、。

フェラーリや、ポルシェ、アストン、コーヴェットが遊園地の
乗り物みたいに見えます、、。

彼らでも、4分切って走行してますので、それなりに速い
のですが、、。

1923年の参加車両から比較すると、92年後の今年の
車両は、タイヤの付いた空飛ぶ円盤みたいな、、。

やはり、UFOは、ナチスドイツ時代からの人間が作った
マシンなんだと思うようになりました、、。

そう、それをドイツ人たちに教えたのは、宇宙人であります!

”超ムー世界”の三上編集長は、そう言っていました!

宇宙人には、宇宙人で対抗するしか、、。
トヨタ自動車&日本人は、早く宇宙人と契約すべきです。

そう思うようになりました!

つづく。


turuta_s_room at 11:49|この記事のURL

2015年06月13日

2015年 ルマン24Hがスタートです!

今年は、行けませんでした!

そう、あそんどる場合じゃねェ!と、周りの目がものを
ゆうとりました!

ポルシェがポールとか、、。

この13kmあまりの公道とクローズドサーキットの
コースは、公道のみ日常、レース前日まで一般に皆さん
日常の道路として走行出来ます。

ジブンも、初めて訪れた時も含め、何度も走りました、、。
最初にユーノディエールのストレートに入った時は、
高校生時代の”栄光のルマン!”で、スティーブ、マックイーン
氏のあの917のコクピットのアップが、自然に思い出されました!

ジブンも必ず、いつかルマン24Hにレーサーとして参加するぞ!
っと、、。

それから、40年、、。
未だに希望を持ち続けてますが、、。
ルマンクラッシックなら、まだ、期待出来るかなどと、、。

夢見るツルタの、1年に一度、思春期に戻る6月であります!!

つづく。
turuta_s_room at 15:11|この記事のURL

ポルシェ964カレラ 真っ赤 第2段!

IMG_0286

IMG_0288

IMG_0289

964カレラTip 真っ赤なポルシェ!

ガラスコーティングしましたら、ピカピカになりすぎて、
写真を撮ると、綺麗に撮れません!!!

なんて、、。

さあ、お嫁入りは、、。
ズーっと、手元に置いておきたい心境です、、、。

これも、2度言いました!

可愛いッスね!
これも、2度言ったか、、!

つい、自慢したくなるッス!

つづく。
turuta_s_room at 14:56|この記事のURL

レクサス RCーF パワーチェック!

IMG_0277IMG_0280

レクサス

RC−Fに社外品のスポーツマフラーシステムを
装着されたお客様がご来店になりました。

チューニング第1号かも、、。

パワーチェックしたい!と、、。

馬力は、公表出来ませんが、それなりのパワーが
出ていました。

つづく。
turuta_s_room at 14:47|この記事のURL

2015年06月12日

レクサス RC−Fのリヤスポイラーがトラブル!

IMG_0214

レクサス RC−Fについてトラブルが発生しました!

走行中、80km以上でリヤスポイラーが出てきます。
で、80km以下になると、自動的に格納されます。

ポルシェ964以降の車両のように、、。

それが、リヤスポイラーが格納されないトラブルが
出ました。

アイコード製SFMを組み付けた車両に、、。
で、すぐにディーラーに行って、ECUシステムチェックで
作動を確認しました。

どうも、SFMに関係無く、リヤスポイラーの作動不良が
出てるようです。

その場合、リヤトランク内にあるリヤスポラー用ECUを
交換することで、解決しました。

業務連絡でした!

つづく。
turuta_s_room at 16:09|この記事のURL

レストアの助っ人! メッキ処理、、!

IMG_0262IMG_0259

絵は、ポルシェ964
カレラの初期モデル用携帯ジャッキ&バーハンドル
&ハブボルトレンチです。

分かりにくいですが、サビサビだったバーハンドルと
レンチをクロームメッキしました。

余談ですが、携帯ジャッキは総アルミ製です。

メッキには、色んな種類があります。

クロメート(金色のボルト&ナット)、ホワイトメッキ(同様)。
そして高級なニッケルクローム、、。

ニッケルクロームも5種類くらいあります。
自動車用品にも、メッキの厚さなど、変えて処理してます。

安いメッキ(薄い膜)ほど、やはり腐食は早いです。

車両のレストアなど、錆びた部品で、現在製造中止
された部品など、サビを落とし、バフがけなど下処理して
クロームメッキ処理すると、全く新品同様の光沢が
蘇ります。

レストアには、欠かせない魔法の一つです!

つづく。
turuta_s_room at 10:31|この記事のURL
Profile
Archives