2016年01月

2016年01月31日

トヨタ ハイエース 況拭。械漫。庁團┘鵐献鵝.┘鵐献麌堋粥

IMG_0093

最近、くしくも2台のハイエースが
オーナーさんの要望で他府県から持ち込まれました。

ハイエース 200系況拭。械漫.妊ぁ璽璽襯拭璽椒┘鵐献鵑痢◆

この型は、DPRバルブなど、多くの問題が発生してる
車両ですが、なんと右の車両は、アイコードのデモカー
でもありました。

200PSで、車速もオーバー200kmが可能であった、。
3型、4型現行モデルは、ターボもインジェクター要領も
絞られ、況燭曚廟能は出ません、、。

10万キロ、17万キロと走行されてます。

ターボ不調は、どちらもさまざまですが、異音と走行中に
エンジンチェックランプ点灯、車速が出ません、。

で、カーディーラーにも入れないということで、、。

調べましたら、ターボは交換時期、EGRバルブも、
インテークマニもスラッジで要交換、、。
で、17万km走行の車両は、エンジン本体も今回修理
しても、数万キロ走行後には、今度は本体に、、。

IMG_0104

IMG_0105

IMG_0106

ターボ本体ですが、ポルシェ997ターボが世界初の
ガソリンエンジンで採用したTGV、エクゾーストハウジング
内が、円周上に金属プレートがポート内を拡大、収縮
する機能が付き、指で示してるように、電子制御のレバーで
ウエストゲートの役目をしてます。

これらのどこが壊れるかというと、色々ですが、経年劣化と
言う説明しか出来ません。

トラックや大型バス、大型重機デイーゼルターボエンジンは、
100万キロくらい走行しますが、ターボ自体のオーバー
ホールは、当たり前の作業項目です。

とうことで、今回の1台のオーナーさんは、修理せず、車両
代替するとか、、。

アイコードカーは、お金掛けて修理します。

3型、4型は、パワーが出ないと分かってるので、、。
壊れるまで乗るそうです。

つづく。
turuta_s_room at 11:26|この記事のURL

ポルシェ 987 ケイマンS 6MT クラッチトラブル相次ぐ!

IMG_0094

IMG_0095





987
ケイマンS 6MT車両が先日、クラッチトラブルで
入庫しました。

オーナーさんのお話ですと、すでにクラッチペタルが
踏めない状態の重症です。

これからミッションを降ろして原因究明、修理に
入ります、が、最近、数ヶ月の間にこのようなクラッチ
の滑りを通り越した修理依頼が3件ありました。

今回は、まだ詳しくは分かりませんが、症状が似ています
ので、、、。

それは、クラッチカバーのダイヤフラムの変形、そして
ダイヤフラムスプリングを抑えて、尚且つクラッチ
ディスクと接するプレッシャープレートの破損です。

多分、アイコードでこれだけ発生してるということは、
全国的にも相当数が、、。

発売は、987ケイマンが2005年ですから、すでに
10年以上経過してます。

大体5万キロは走行されてる車両ばかりですが、
経年劣化ではすまされない症状が、、。

987系ケイマン、ボクスターのMT車両のオーナーさんは、
クラッチ操作がおかしいと思われたら、迷わずお近くの
お店に相談されることお進めます。

症状は、悪くなることはあっても、自然治癒はありません。

この件、また大きなお世話ですが、報告を、、。

つづく。
turuta_s_room at 10:33|この記事のURL

2016年01月30日

レクサス GSF スピードリミッターカット モニター

IMG_0096

レクサス GSF用スピードリミッターカット
SFMの試作品モニター車両を数台、募集します。

条件は、愛知県内の近県の方、、。
有償となります。

内容は、ご連絡ください。

info@icode.jp

つづく。


turuta_s_room at 16:05|この記事のURL

ポルシェ964カレラ エンジンOHの巻き 3

IMG_0078

IMG_0079

964
カレラのエンジンは、絵のように大体の格好に
なりました。

つづく。
turuta_s_room at 13:47|この記事のURL

ポルシェ997ターボ ゲンロク号チューニング 2

IMG_0091

IMG_0080

997
ターボ ゲンロク号は、排気系を外したところで、
お約束のIGコイル&スパークプラグを点検、、、。

案の定、IGコイルにクラック! 親指で、、!

IMG_0085

新品に交換します。

IMG_0088

つでにスパークプラグは、純正品から天下の
NGK製レーシングで7番を、、。
パワーアップするのであれば、やはり熱価は慎重に
選ばねば、、。

で、付いていたプラグは、途中で交換されてまして、
ボッシュ製で、プラチナ製のヤツですが、、、。
熱価が分からないので、あえてNGKに、、。

IMG_0083

そして、いきなりですがOS技研製TCDタイプの
LSDを組み付けます。

OS技研製TCDタイプLSDです。

TCDは、トラクション コントロール デフという名称です。
レクサスISFのデフ開発時に出来たモノで、低速域での
曲り角でデフのロッキングによるパキパキ音を出さない
よう自動調整します。

911は、リヤエンジン、リヤドライブで、リヤタイヤには、
十分過ぎる程、トラクションが掛かり、パワーを確実に
路面に伝えますが、それでもサーキットなど過激な
走行時、コーナーなど内側のタイヤが空転する場合も
あり、旨く伝わらないのです。

ましてや、今回大人気ない600ps近くまでパワーアップ
しますと、直線でもホイールスピンしますので、、。

そこで、コーナーの入り口、出口で減速、加速時に両タイヤに
確実にパワーが伝わるようデフをロッキングするのです。

また、FISCOでは、第1コーナー手前200mくらいから
280kmの速度を60kmくらいまでエンジンブレーキと
併用してブレーキングしますが、プロレーサーでなくとも
フルブレーキングしますので、減速Gで、リヤが持ち上がり
振られる減少が起き、不安定になります。

これらの症状は、サスショックでもある程度、解消出来ますが、
リヤスポーラー、そしてLSDがリヤを安定させる役目をします。

F1や、WEC、スーパーGTなど、サーキットによりデフの
LSDの効き方を細かく調整するのは、その為なのです。

話は飛びますが、ポルシェ956/962Cでは、ルマン24Hに
出場する場合、デフをチタンで削りだしたデフロックという
塊りを使用します。
そう、デフが無く、レーシングカートみたいに左右直結、、。
ですから、コーナーでは大アンダーなのですが、、。

これは、デフがLSDでギヤオイルの温度上昇しにくいことも
さることながら、本来はポルシェエンジニアとして、もし、
最悪、第1コーナー(メインストレートの)でリヤタイヤがバースト
しても、あと13kmを3輪で走ってピットに帰れることを想定
しての対処なんだそうです、、、。

自分のプリウス30は、世界初のLSDをOS技研さんに
開発して頂き、装着してます。

コーナーでの安定は元より、雪道、アイスバーンでの
グリップは、面白いほどトラクションが効きます。
雨の高速もバッチリ、、!

LSDは、色んな意味で効果絶大なのであります。

ハイエースなどは、横風などでもフラフラせず、安定して
走行出来ます。

皆さんが新車を購入する時、オプションでLSDが用意されて
たなら、迷わず組み付けることをお勧めします。
カーメーカーさんが用意してるLSDは、耐久性を考慮して
効きの少し柔らかいヤツですが、いい仕事します。

まあ、サーキットなど特殊なコースを走りたい場合、
4ピニオンタイプに交換する方もおられますが、、。

ツルタの偏見セミナーでした!

つづく。






turuta_s_room at 11:30|この記事のURL

2016年01月29日

ポルシェ997ターボ ゲンロク号チューニング開始!

IMG_0070

IMG_0069

IMG_0068

IMG_0073

997
ターボゲンロク号は、エンジン部分、特に排気系
の部品を外し、大容量ターボ、ステンレス製タコ足、
EXマフラー、IGコイル&プラグなど、お約束の
部品をハイパフォーマンスな物に交換してます。

2008年式、5万キロ走行ですが、熱による劣化で
ボルト&ナット、ホース(ターボ冷却用オイル系)など、
焼きついたりして簡単に外れてくれません、、。

ま、NAのチューニングでは、450PSから550PS
以上に上げようとすると、エンジン内部まで、徹底
適にチューンしないと、簡単には上がりませんが、
ターボエンジンは、そう、外部の部品交換等で簡単に
パワーアップしてくれます。

これをNAチューナーは、嫌う傾向がありますが、
簡単で安価であれば、何をためらうのか、、。

ましてや、性能も997ターボのようなTGV(可変
ポート)で、低回転からバシッとトルク、パワーがでるのです。
F1でも、WECで、ターボの威力は自他共に認めざるを
得ません。

これから、ダウンサイジングとか、世界中のカーメーカー
さんは、ハイブリッドでもオットーサイクルエンジンを併用
する場合、ターボが必需品であります。

そう、ツルタの大好きなターボエンジンが再来します。

モーターバイクの世界も最近、ターボエンジンが復活!!

触媒義務化でのパワーダウンを排気量でなく、ターボで
補うのは自然の成り行きであります。

燃費の問題も、希薄燃焼とハイブリッドにすれば、、。
エキゾーストサウンドのかったるさも、慣れれば、、。

気づけば最近のドイツ車も含め、ターボ車ばかりに、、。
トヨタさんも、4気筒、V6と、、。

マツダさんは、ディーゼルターボで、すでに快進撃!

進んでないのは、ツルタのおつむの中です、、。
老化の一途、、。
騙し続けるのもそろそろ、限界か、、。
などと、弱気になってる暇はありゃんせんのです!

空気エンジンなる物が、日本人発明で、北米に渡り
(日本が拒否)、もうすぐ発表するそうです、、、。
このような産業革命が起これば、またまた、、。

磁場による小型発電機もすでにテスト段階とか、、。

宇宙人も姿を現すだろうと、どこかの著名人やCIAも
リークしてますので、常識を覆す事案が出ても
驚かないように、、。

人生一度と思っておりましたら、輪廻転生といって
またまた、地球上にいやでも表れるとか、、。

前向きに生きていきます、ツルタは、、!

つづく。



turuta_s_room at 11:09|この記事のURL

ポルシェ964カレラ エンジンOHの巻き

IMG_0077


964カレラは、着々と組んでおります。

つづく。

turuta_s_room at 10:33|この記事のURL

2016年01月25日

ポルシェ997カレラ 修理の巻き

IMG_0058

997カレラは、
オイル交換等の後、点検しました。

オイル漏れはありませんでした、、。

懸案のIGコイルは、例の如くIGコイルの外観に
クラックが入っていましたので、スパークプラグと
共に新品交換です。

同時に6番シリンダーを初め、ファイバースコープで
シリンダー内を点検、、。

このエンジンは、ダメージはありませんでした。
一安心であります。

このように、中古車両を購入前にシリンダー内壁等の
点検が出来ると、ひとまずは安心ですが、、。

先日は、997カレラ6MTを購入された方がシリンダー
内点検で筋らしき物が1点見受けました、、。

まあ、余程の事がない限り問題無いと思いますが、
などと、まだ買ったばかりのオーナーさんは心中
穏やかではありません。

つづく。
turuta_s_room at 16:19|この記事のURL

2016年01月23日

ポルシェ981ボクスター エンジンオイル交換の巻き!

IMG_0047

IMG_0048

981
ボクスターです。

オーナーさんは、新車をポルシェセンターで購入しようと
しましたが、昨年末、すでに981ボクスターは生産を
中止して、本国オーダーは、新型4気筒ターボになる
とのこと、、。

日本在庫車もありますが、コテコテのオプション付きで
1000万円など、、。

で、サイトで新古車を見つけ、現在1500km、、。

ツルタは、大きな親切で”10000kmまでオイル交換
必要ありませんガ、!” などと、、。

オーナーさんは、かわいいわが子は過保護にと、、。
ということで、E/Gオイル交換と相成りました、、。

そうなんです、新型は4気筒に、、。
914の再来などと、、。

空気エンジンや、水エンジンがすでに可動してる
現在、原油の値下がりなど、社会情勢は、急激の
変化してます。

あるレジャーボートをお持ちのポルシェオーナーさん
曰く、アメリカ製ディーゼルエンジン搭載ボートなどは、
アメリカ国内のA重油で動く為、ストレーナーが2ケ
付いてる。

北米製原油は、イオン成分少ない為、軽油でなくA重油で
ディーゼルエンジンを動かしてるそうです、、。
性能も1ノット以上速いとか、、。
まあ、トラック、バスなど、、。

これが日本に輸入された暁には、生成過程が少なく
済みますので、安価に生産されて、、。

それよりも、空気エンジンは、すでにアメリカで可動し、
自動車メーカーから数年以内に発売されるなど、。

このシステムは、日本人が開発されたとか、、。
政治的理由で、日本は、、。

産業革命が次に起こるかも、、。

兎に角、常識ではダメだといわれてる技術が埋もれてる、
または封じ込められてることもあるのでしょう、、。

”超ムーの世界R”もびっくりであります。

宇宙人、異性人といわれる生物!がテレビ出演する日も
近いか、、!

つづく。





turuta_s_room at 15:50|この記事のURL

ポルシェ997ターボ用レーシングインタークーラー発売!

IMG_0051

IMG_0040

997
ターボ用大容量インタークーラーを発売します。
外国製(ドイツ)です。

純正インタークーラーとの違い!

体積    純正(GT2用)       アイコード製

     4,998cm3          7,029cm3

体積比で、40%大きくなってます。

風量CFM(cubic feet per minute)は、インタークーラー
内を1分間にどれだけの空気が流れるかという単位ですが、
純正との差は、やはり35%向上しております。

これらを総合し、ドイツ野朗の公表値は、GT2用に対し、

ベンチテストで、260km走行時の最高値は、

吸気温度   純正(GT2)    アイコード製

         56度c        40度c

と、素晴らしい性能であります。

ま、実際はも少し差は少ないと思いますが、圧力損失
なども、純正と変わりないとのこと、、。

IMG_0041

IMG_0044

IMG_0043

IMG_0052

シリコンホースもKITに入っております。

997ターボよりもGT2の方が、純正インタークーラーは、
多少大きいので、それよりも効果があるということです。

価格  280,000円 税別

お年賀 予約受付中は、、、、!

乞うご期待!

つづく。


turuta_s_room at 15:27|この記事のURL

2016年01月22日

ポルシェカレラ 996&997

IMG_0039

ポルシェ996&997のカレラです。

ま、水冷の新旧ですが、エンジンの忌々しい持病が
なければ、れば、、。

先日も、名古屋の古いお客さまが、996ターボ以降、
10年ぶりに997カレラS 6MTをお買いになりました!

で、アイコードにご来店、あれやこれやとチューンしたいと、
ご依頼されましたが、全てお断りしました。

なんで、、、?

事情を説明しました。
がっかりされて帰られました!

ジブンもがっかりです!!!

ポルシェが何で、、と!!

寂しい限りです!

つづく。
turuta_s_room at 17:14|この記事のURL

ポルシェ997ターボ ゲンロク取材 !

IMG_0033

IMG_0038

997
ターボゲンロク号の取材です。

今回は、1日掛けて色んなパートを撮影、最後は
走行中の撮影も、、。

この車両は、今回どんな内容で取材していくか、白熱
の大激論会となりました。

過去に997ターボは、コテコテな内容でしたので、それとは
違ったものにしたいと!ツルタ君が主張すると、取材の
山田氏は、喧々諤々と持論を、、。

午前中は、それで終わったような、、。

ま、面白い内容にしたいのは、どちらも同じなので、
平行線ではありますが、どこか妥協点を見出して
練り上げていこうと、、。

読者、997オーナー、未来のオーナーさんがよーし!と
いうような展開に、、。

”あさが来た!じゃあ、ありませんが、ビックリポンが
毎回続けられるようガンバリマス!!!

つづく。
turuta_s_room at 17:07|この記事のURL

2016年01月21日

レクサス RCF/GSF/LC500? サブコン量産化開始!!

IMG_0028

IMG_0027

レクサス
RCF/GSF そして発売されるであろうLC500の
ECUをサブコンでチューニング出来るよう開発
してきましたが、量産化の為には、簡単に組み付けれる
ことが肝心であります。

その為に、従来からカプラーオンは、最低の条件でしたが、
やっと、その目処がつきました、、。

今後、どなたでもリミッターカットやサブコンでECUを
チューニング出来るようにします。

但し、お電話相談では、他のトヨタ車両についても、
ご要望が多いので、順次開発出来るよう奮闘努力する
所存であります、、!

最近は、仕事してる振りの時間と、飲んでる時間、寝てる
時間が大分変わりました。
そう、飲んで寝てる時間が一日の半分以上に、、。

ま、人生一度!ですので、永眠する前に、エエ人生だった!
といって、カッコ良く、、。

その為には、やはり健康第一です!
100歳までピンコロで、、。

嫌がられるんでしょうね!
そのころには、介護ロボット&ドローンで、何とかなるかも、!

さあ、今夜も飲むぞ!

つづく。



turuta_s_room at 14:39|この記事のURL

2016年01月19日

ポルシェ 914 エンジン始動

IMG_0016

インテークマニや燃料系パーツがやっと入手、、!

エンジンが今、火が入りました。

つづく。
turuta_s_room at 16:56|この記事のURL

ポルシェ964 カレラ エンジンOHの巻き 2

IMG_0024

IMG_0025

964
カレラのシリンダーヘッドは、バルブを組付け、
バルブスプリングを組んで、スタンバイです。

ピストンにリングを組みつけてるところです。

つづく。
turuta_s_room at 16:54|この記事のURL

2016年01月18日

ポルシェ996ターボ Tip右ハンドル車 車検整備 2

IMG_0019

IMG_0018

996
ターボTip右ハンドル車両は、オーナーさんと
相談、ツルタの強引な意見!で、オイル漏れは
先送りとし、カルダンシャフトダンパーのみ、
アイコード製対策品と交換しました。

そう、少々のオイル漏れは、オイルが入ってる証拠!と、
エゲレス車両(古い)と同じような対処で、、。
ポルシェ空冷も、同様ですが、、。

空冷といえば、最近一般道で見なくなりました。

日曜、祭日のツーリング用でも、、。

豊田市でも、以前は通勤途中に会ったりしましたが、。

話は、突然変わって、昨日、フジでは恒例の7時間
耐久レースが開催されました。

今朝、御殿場は10センチの積雪、東京も大騒ぎ、。
一日ずれていたら、、。

で、今回80台参加中、総合優勝ティームは、ポルシェクラブ
関西のシラウト!の方々です。

なかでも、ラストルーティンを任された方は、そう女性です。
友人の奥様、、!
997GT3カップで、、。
ABSもTRCも無い、、。

2,3位のティームには、プロと思われるお方も参加されてましたが、。

ニュルには、有名な女性ドライバー、ミス、ザビーネ、シュミットが
います。彼女は、F3参加時からニュルは庭でした。

愛車は、現在997GT3カップです、。
私は、幸運にも?VLN参加時、ISFccsrで数回ぶち抜かれました。
タイム差は、10分に対し、8分台ですので、、。

また、おまけに、ツーリスト走行時、こちらはゴルフTDIで、
ザビーネ!は、リングタクシーのM5,コーナーの外側を
ドリフトしながら、、。
この話は、もうすでに何回も、、。

で、友人の奥様レーサーは、彼女(ザビーネさんや、他の
女性ドライバーも)のことは、知っておられ、意識されてるようです。

しかし、80台のレース参加車両を、この奥様は、GT3カップで、
容赦なくごぼう抜きされたんでしょうね、、。

ま、ヘルメット被ってるので、レース終了後、お立ち台に立つ為、
コース内で、愛車を止め、ヘルメット脱いだら、パツキン?の
ロングヘアーがはらりと、、。
うそ、黒髪の、、。

てな具合で、他の殆どの男性参加選手は、唖然とされたでしょう、。
特に、最後1位を走行していたお方は、奥様に抜かれたようで
2位に終わったとか、、。
詳細は、見てないので正確ではないかもしれませんが、
奥様のティームが逆転優勝したようです!

殆ど、どこかで練習されてるようで、抜きつ抜かれつは朝飯前
とか、、。

そう、S耐にも参加されたそうで、、。

今後は、ニュルにも、、。

素晴らしい!の一言であります!!!

多分、ジブンも抜かれるでしょう、、、!

相当の腕らしいです。
旦那さんも相当,速いです、ポルシェオーナーで、、!

話は、またまた変わって、作昨日、某所にマクラーレン
P1 GTR が納車されたそうです。
そう日本1号車、、。
ZENTさんも買ったそうで、、。

これは、P1を買った方で無いと買えません。
並行で購入した場合、マクラーレンジャパンは見てくれ
ませんので、やっかいです。

3,3億円であります、、。
工具やシステムテスターもありますので、もっと、、。

エンジンは、何とかエゲレスと電話しながら火が
入ったとか、、。

ジブンは、今日アイコードにあるストーブに火を入れましたが、!
チャッカマンというスペシャル工具を使って、カチっと、。

IMG_0023

エアコンだけでは、乾燥、ドライアイ、喉痛い!に、、。


マクラーレン製でなく、コロナ製です、社員から貰いました!
新品でなく、10年落ちです、、。

つづく。

turuta_s_room at 13:53|この記事のURL

ポルシェ964カレラ 5MT エンジンOHの巻き

IMG_0022

IMG_0015

IMG_0013

昨年より
作業が中途で止まっていましたが、少しづつ
くみ上げてます。

2気筒ほど、圧縮圧が今日範囲以上になかった為、
内部を点検、エンジンバルブのガイドのガタにより
バルブシートに綺麗に当たっていなかったことが
原因でした。

通常の経年劣化ですが、徹底してOHをしようというこ
になり、完璧な状態にしてます。

この車両は、エンジンOHが終了後、ジブンが当分
試乗してから販売しようと思っています。

ご興味お有りの方、どうぞ、、!

車体は、無事故車です、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:08|この記事のURL

2016年01月17日

レクサス ISF 排気系チューニング!

IMG_0010

IMG_0009

関西
からご来店、お孫さんを連れて、ご夫婦で、、。

最近、ISFをクラウンから乗り換えて、、。

仕事用ですが、外観は派手には出来ないのでですが、
クラウンに何台も乗り継がれ、モデルチェンジの度に
新車交換ですが、一度レクサスというものを、。

アイコードでECUチューンを前回、やっていただきました。
クラウン時代は、購入時にサスやマフラー、ホイールなど、
気に入ったものに、新車時から交換、、。

ISFは、そんなチューンしなくても純正と純分と判断され、、。
しかし、スピードリミッターに関しては、あまりのパワーで
実力を確かめる間も無く、リミッターに、、。

それで、アイコードの毒牙にヤラレテもうた!ようです、、。
などと、今は、ISFに乗ることが楽しくて仕方ない!と、、。

で、今回は、チタニウム製EXマフラーと中間パイプ、そして
ECUのリセッティングを、、。

ISFファンが、また一人増えたのであります!

ま、当たり前のことで、ISFに乗って感動しない方は、
スーパーカーなど、すでに乗ってる方以外は、、。

ポルシェ乗りも、ISFで最近、サーキット走行をされてる方も、
多いです。

製造中止になって、初めてISFの凄さを感じております!

つづく。
turuta_s_room at 13:27|この記事のURL

ポルシェ996ターボ 車検整備

IMG_0008

IMG_0007

996
ターボTIp車です。
車検整備で入庫、、!

以前よりオイル漏れがガレージの床に、、。

IMG_0002

シリンダーヘッドに少し、、。

IMG_0003

ATクーラーに少し、。

IMG_0005

ATミッションの中間のガスケットに少し、、。

IMG_0006

カルダンシャフトダンパーも純正品ですが、
まだ交換してなかったようで、これはクラックが、。

さあ、オーナーさんと相談しながら、どこを直すか、!

ジブンが、オーナーでしたら、当分は見なかったことで
済ましますが、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:16|この記事のURL

2016年01月16日

2016年 東京オートサロンショーに行く!

DSCN1277

2016年 例によって日本晴れの富士山、、。

今回、朝4時出発で豊田市を、、。
幕張駐車場に8;30ころ到着しましたが、メッセ西の
大駐車場は、すでに半分うまっていました。
金曜日の初日に、、。

クルマの中で、一張羅のスーツに着替え、カメラを
確認して、いざ入り口に、、。

で、会場内に入って気づきました、そ、そのデジカメを
車内に忘れて、、。
何故か、持ってきた片掛けバックを荷物になると思い、
置いてきたのが、、。
物忘れは、年々加速してます!

とうことで、会場内のこれはと思ったショットは一枚も
ありゃんせん!

年始の挨拶であっという間に時間が経って、、、。
同年代のヤツラ(チューナー共)は、当たり前ですが
皆さん貫禄ついて、、。
まるで、年一回の同窓会、、。

中には、鬼籍に入ったり、重い病気になったりと、
お話は、カラダのことばかり、、。

今回のショーから開催時間が、夜6時までが、8時まで
延長、、。
皆さん、立ちっぱなしのお話しっぱなし、とてもつらい!と
ぼやかれてました。

お客様にとっては、朗報ですが、、。

それと、年々会場は広く拡散していき、海外、特に
アジア圏の方々の出展、および来場者が多く、
ここは海外のメッセか!と錯覚しそうで、、。

帰りの新東名から見た南側からの富士山、雪の冠が
例年になく、少なく、特に西日の当たる絵の左側は、
頂上付近も雪化粧が、まだらに、、。

先日より東京湾の一箇所に集まった地震の数、、。
また、渋谷、品川付近で地鳴りを録音された方が、、。

ジブンも、昨年広島の田舎、谷合の家ですが、向こうの
お山の谷伝いに地鳴りを聞きましたが、ゴゴーっと、、。
地鳴りの正確な表現は、証明されてないようですが、
確かに、ジブンは、聞きました、、。

幕張で、他の友人達と、そろそろ東京にくるか!などと、
暢気な話をしてましたが、、。

異常気象と、地震、そして地鳴り、、。
前向きに考えないと、、。

雲ひとつない新東名をそんな風に思い、帰ってきました!

つづく。
turuta_s_room at 14:12|この記事のURL

2016年01月14日

トヨタ セリカGT RC ST185 色んな部分の修理!!

DSCN1265

セリカGT RC限定車です。 平成3年生まれの、。

DSCN1271

当時は、WRCで世界を席巻し、Cカーでは、
2,2リッターで、中島悟先生がフジで幻の
脅威的タイムをたたき出し、ポルシェ962Cを
抜いてトップタイムでしたが、当事のFIAかだれかが、
横槍して、、、。

800PS以上予選では、出ていたようですが、。

その3SGーTEエンジンに水冷インタークーラー(
通常は空冷)を装着、WRC仕様ということで、憧れた
車両です。
オーナーさんは、たびたびブログに登場するこの車両を
こよなく愛されています。

今回、クラッチトラブルです。

DSCN1269

DSCN1270

クラッチカバーのダブルダイヤフラムスプリングも一枚
折れ、レリーズベアリングで、中央は磨耗、、。

OS技研製のメタルディスククラッチですが、、。

DSCN1268

ボディーもステアリングラックのステーの修理した箇所が
またもや、クラック発生、、。

そう、直していくのがアイコードの使命であります!!

つづく。
turuta_s_room at 11:21|この記事のURL

ポルシェ ボクスター987 クラッチ修理 

DSCN1263

DSCN1261

987
ボクスターのクラッチは、社外品で交換しました!

もちろん、価格は、純正品よりお値打ちです。
製作メーカーは、同一ですが、、。

つづく。
turuta_s_room at 11:04|この記事のURL

2016年01月12日

ポルシェ991 カレラ4SサスKITを装着!

DSCN1259

2015年モデル、最終の3,8LNEエンジン搭載、
991カレラ4Sにビルシュタイ製車高調整&減衰
自動調整(PASM)付きサスペンションKITを
装着しました。

以前にも説明しましたが、2WDと4WDの足が
共通化された為、KITは、1種類でOK,.

ま、厳密に言えば、バネレート、減衰値は、異なる
のですが、調整範囲内でした、、。

兎に角、乗りやすい車です。

つづく。
turuta_s_room at 11:23|この記事のURL

ドローンテスト飛行に見学!

DSCN1219

DSCN1220

2016年
1月某日、豊田市のとある場所で、それは進められた、、!


ということで、名古屋に本社のある昨年暮れに発足した
新会社”プロドローン社”のテスト飛行を豊田市の北部にある
某所にて、各種のテスト飛行してるところにお邪魔しました。

DSCN1223

DSCN1227

菅木さんを筆頭に、各種の性能をテストされてました、、。

昨年暮れの中日新聞にも掲載されましたが、ネパール
大地震で、現地調査の為、プロドローン社のスペシャル
ドローンは、5300mまで上昇、、、。
これは、世界初の快挙だそうで、空気の薄い高度まで、
ドローンが飛べたのは、軽量機体に、強力のモーター&
羽、、。

そのようなドローンの各種の性能試験を、、。
プロドローン社は、DJIといって世界の民生ドローン
試乗の70%のシェアを持つ企業とも業務提携しました。

20兆円産業ともいわれ、将来を期待されてます、、!

ただ、現在どのように活用して良いか具体的に計画が
立てれない状況の中、世界中の見識者の協力の下、
活用術以上に、制約、法令など基本的な整備が急がれます。

先日も、中国でひとり乗りのドローンが、、。

実は、アメリカNASAでは、その一人乗りドローンを
戦場で傷ついた、または戦士した兵士を運ぶ為に、
開発、製造されました。

自動運転の車両が地上をインフラ整備と共に動く
前に、空中を自動運転のドローンが飛び回っている
のでは、、。

つづく。

turuta_s_room at 11:18|この記事のURL

2016年01月10日

ポルシェ ボクスター987 クラッチトラブル修理!

DSCN1244

DSCN1252

DSCN1251

クラッチカバーのダイヤフラムスプリングを
抑えてるプレート(クラッチフェース裏側)の鋳物の
一部がクラックが入り、割れてます。
これが、クラッチミート時のジャダーを誘発してます。
そう、クラッチ操作時の不良を感じたオーナーさんが
入庫で、、。

DSCN1242

DSCN1240

エンジン側のツインマスフラーホイールは、名前の
通り、2枚のプレートの間にダンパーを設け、
クラッチのミート時の緩衝材にしてます。

ですから、クラッチディスクには、ダンパーが付いてません。

その、ツインマスのダンパーがバーストして機能してません。
それで、ミート時ジャダーも出ていました。

原因は、、。
考察するに、激しいゼロヨンスタートで、ガツンとクラッチを
ミートさせた時、割れた!このケースが考えられます。

通常使用で、このように、鋳物が割れることは稀であります!

つづく。
turuta_s_room at 13:00|この記事のURL

レクサス RCFのオプションパーツてんこ盛り!

DSCN1250

まずは、素晴らしいヒップの眺め、、!

DSCN1248

DSCN1249

夜間走行中、高速道などでライトをハイにする為、
ライトレバーを操作したら、ウンともスンとも、、。
ハイになりません、、。

そう、ハイのスイッチ?オンで、自動的にハイに切り替わる
のです。

対抗車など来たら、自動的にローレベル、、。

レーンのはみ出しには、警告音、、。

ステアリングのスイッチは、まだ操作無理、、!

DSCN1247

シートヒーターは、当たり前ですが、ステアリング
ヒーターが、、。

これは、今の季節、朝実に実用的です。
自分は、いつもホームセンターで買った1000円位の
レーシンググローブ(自称)をしてますが、それでも
ステアリングは冷たい、、。
ジブンのバイクにもグリップヒーターが付いてますが、
兎に角、朝のスタート時5分くらいは、室内のヒーターも
効きませんので、、。

本当に、よく出来てます。
ま、これ以外にもオプションが付いてますが、使い
こなし切れてません。

凄い進化であります!

つづく。


turuta_s_room at 11:26|この記事のURL

2016年01月09日

ポルシェ991系レーシングフック開発始め!

DSCN1215

ポルシェ991系のレーシングフックを開発します。

以前より問い合わせが、少しありましたが、、。

今回から純正フックは、997より全く別物になりました。
ボディーのフックのフタも以前の引っ剥がすタイプから
親指で押して、フタが回転するという凝った作り、、。

フックも、逆ネジ、長さを違います。

デザイナーさんは、余程の個性の強い方のようで、、。

兎に角、製作スタートです。
しばしお待ちを、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:28|この記事のURL

ポルシェ991 カレラ4Sにサスペンション組み付け!

DSCN1204

DSCN1205

ポルシェ
991カレラ4S 2015年モデルです。
スライデングルーフがガラス一面の、、。

DSCN1210

DSCN1229

最新モデルですが、前回の991と比べると、
やはり改良箇所は、多いです。

DSCN1230

一番驚きましたのは、ビルシュタイン製サスKITを
前回の車両、991カレラSに組み付け、それを
外して、今回4Sの4WDに組み付けれることです。

カタログにも、2WD,4WDは共通品番で、、。
”エー、ホント!”と、輸入元の阿部商会名古屋の
野郎に再度、確認したくらいです、、。

そう、997までは、2WDと4WDは、フロントの
ショックケースは、全く別物でした、互換性無し!

それが、991になって、、、。
原価低減の結果であります、、。

さあ、どんな乗り心地になるか、、。

991カレラ4Sは、もう乗用車のような乗り心地と、
手元のスイッチで、スポーツサウンドになる、エクゾー
ストノートが、違和感を覚えます、、。

スポーツカー&サルーンカーであります。

現在、RCFも通勤に使ってテストしてますが、低速
走行(市街地)では、991カレラ4Sの方が、柔らかく
感じます。

これは、ポルシェの電子制御ショックの成果ですが、
チューニングするものとしては、RCFが嬉しいですが、
日常の足も考えると、991は、やはり凄いとしか表現
出来ません。

比較する方が、失礼かもしれませんが、幸せなことに
991とRCFを同時に乗れることに、感謝であります!

加速感は、ウーン、車重の軽さからデータでの判断は、

991  420ps   1500kg     3,57kg/ps

RCF  477ps   1840kg     3,86kg/ps

991の方に軍配が上がりますが、アイコードで
チューンすると同等になります、、! 

そうです。ポルシェに対抗出来るのです!

また、脱線しましたが、、、、。

技術革新は、まだまだ続くということです、、!

つづく。
turuta_s_room at 13:20|この記事のURL

レクサス RCF 耐熱チタニウム製EXマフラー試乗!

DSCN1234

DSCN1232

レクサス
RCF耐熱チタニウム製EXマフラーを装着して、
試乗してます。

懸案の2〜3000RPM付近のコモリ音も一切無く、
アイドル状態では、始動時ヴァーンと少し高音に
なりますが、それ以外は全くノーマルと同じ、、。

回転数を上げていくと3000RPM付近からの
高速道での排気音は、かなり高音の小気味良い音に
変わります。

スポーツSで、激しく加速減速を繰り返すと、7000RPM
まで、一気に回転が上がりV8サウンドのドコドコなど
掻き消えて、レーシングサウンドになります。

ま、これから中間パイプをさらに追加すると、もっと高音
が強調されると思いますが、、。

兎に角、信号グランプリも、TRCをオフにしておくと、
パワースライドしながら加速しますので、タコらないよう
ステアリング修正が必要です。

まわりの方々からの冷たい視線を感じながら、、、。

つづく。


turuta_s_room at 11:36|この記事のURL

2016年01月08日

広島の神社のおはなし!

IMG_0561

IMG_0567

広島で
昨年から今年の正月、親孝行してきました。

今年は、暖冬で、高台の神社にも車で上がれるので、
参拝客が、倍ぐらいに、、。
といっても、おふくろの里は、350戸くらいの村ですか、。

IMG_0580

IMG_0570

昨年の秋祭り前に10月に約4ヶ月かけて、
念願の石の鳥居(前は木でしたが腐りかけて)と、
石段の整備が終わりました150段の、、。

私が生まれた1953年当事から昨年まで、石段は
土で固められてまして、最近では登山道の石段みたいに
乱杭歯状態、、。

鳥居も哀れなもんでした、、。
皆さんの寄付(ジブンも大枚を)で、完成です。

鳥居と石段がシャキーンとして、より引き締まりました。

次は、傾いた神楽殿です、、。
秋の神楽を舞う舞台ですが、、、。

IMG_0572

後ろ側に傾いてます、、。

これをな何とかしないと、、。
また、お金がいるのです、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:18|この記事のURL
Profile
Archives