2016年10月

2016年10月31日

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン修理 7

IMG_0043

IMG_0044

例の
ブーストホース待ちです。

あれ!がないと、車両にエンジンを載せた状態では
3ウエイホースは、組み付け出来ませんので、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:01|この記事のURL

トヨタ スープラJZA80 ターボ修理

IMG_0041

IMG_0034

JZA80
シーケンシャルツインターボをOHしました。
ターボ自体は、損傷はありませんでしたが、以前にも
やはりブースト圧が上がらない車両で、ターボを交換
しましたら、治ったヤツがあったので、、。

IMG_0036

IMG_0039

もう一つ不調の原因を発見しました。
これは、ツインターボの空気吸入側のゴムホースです。
内壁が、がん細胞におかされた!?みたいになり、
吸入抵抗になっていました。
新品交換(右側)します。

つづく。
turuta_s_room at 14:58|この記事のURL

2016年10月29日

レクサス RCF用チタニウム製EXシステム発売開始!

IMG_0033

IMG_0032

IMG_0030

IMG_0029

IMG_0027

IMG_0025

IMG_0023

レクサス RCFのチタニウム製EXシステムです。

惚れ惚れしますです!

メイマフラー部  350,000円 税別

中間パイプ部(メタル触媒付き) 400,000円 税別

これに、チタニウム&ステンレス触媒のたこ足が、、。

全て車検対応です。
騒音規制、排ガス規制全てくりあしてます。
尚且つ、純正もギリギリの騒音規定値ですが、アイコード製は
それよりスポーツサウンドを奏でます。

中間パイプは11月中旬発売開始ですが、メインマフラーは
すでに発売中です。

価格も、グっと抑えました。
チタニウムの軽量と乾いたサウンドは、チタニウム独特の
音色を出します。

もちろんパワーも純正以上に絞りだしますが、それには
サブコンやフルコンが必要です。

まだ、フルコンは開発途上で、来年春以降になります。

サブコンによるパワーアップは、現在進行中です!
乞うご期待!

つづく。




turuta_s_room at 16:25|この記事のURL

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン組み付け 6

IMG_0008

IMG_0009

IMG_0013

絵は、これもエンジンが破損して原因の一つであろう
要因のブースト圧を調整する三つ又ゴムホースです。
エンジンの上部に付いていて電子式ブーストコントロール
のそばについており、発見することが出来ませんでした。

IMG_0014

今回、組み付け時にエア漏れを発見すべく水の中に
入れて調整してましたら泡が出てきて、、。

劣化ですが、、。
ここがエア漏れを起こすと、3,4速での急激な加速時
(サーキットなど)見た目のブースト圧以上に、エア漏れの為、
ウエストゲート(排気ガスをバルブで調整)が上手く作動せず、
瞬間に1,4設定が2,0くらい上がったであろうと、、。
今後の点検項目に必ず入れておかないと、、。

では、996ターボ系はというと、エンジンフード内で点検
出来る位置に、これがあります、、。

IMG_0016

IMG_0017

これからやっと、車両に載せれる状態まできました、、!

つづく。
turuta_s_room at 13:45|この記事のURL

レクサス ISF チタンたこ足組み付け 6

IMG_0007

IMG_0005

ISF
チタニウム製たこ足は、ECUセッティングを終了しました。
最終仕様は、470PSに抑えました。

鍛造ピストンも組み付けしてませんので、サーキットなど
過度の燃焼が続くと、鋳造ピストンでは、ピストンリングの
棚落ちなど、発生しますので、、。

腹八分の性能に、、。

それでも、この車両は、軽量化されてますのでFISCOの
タイムアタックでは、ええタイムが期待できます!!!

最近のISFは、後期モデルの低走行車両は、まだ高額ですが、
中古車市場は、初年度、走行キロ数多い(8万km以上)車両は、
お手頃の価格になっております。

サーキットなどモータースポーツを楽しみたい方にとっては、
コーナーはゆっくり走行、ストレートでドカーンとポルシェを
抜ける性能を持っていますので、楽しいと思います!

また、何といっても世界一の品質です、メンテナンスも安価で
頻度も少なくすみます。

ましてや、オートマティックです、、!
サーキットへの往復路は、特に帰り道など、疲れた体に
優しく愛車が帰れます。

凄い車両であることを体感してください。

つづく。
turuta_s_room at 13:32|この記事のURL

2016年10月28日

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン組み付け 6

IMG_0001

IMG_0002

997
ターボ ゲンロク号のエンジンは、絵の様に
補器類を付け始めました、、。

何か月もお眠りしていましたエンジンですが、やっと
火が入ります。
なんか、今年はこのような思わぬ事態で半年以上、
計画が遅れる事態となっております。

RCFのチタンマフラーなど、本来であれば4月には
発売に、、。

そう、言い訳であります。

気分一新、気を入れ直して仕事に邁進します!

最近、ポルシェの中古車購入の相談多いです!
皆さん、やはりポルシェが欲しい!!!

しかし、落とし穴が、、、。

買う前に相談してください!
助言致します。

夜道は気を付けて歩きます!!!

つづく。
turuta_s_room at 13:41|この記事のURL

ポルシェ964カレラ オイル漏れ修理

IMG_0004

964カレラです。
以前、販売した車両です。

オイル漏れが発生しました。
これからエンジンを降ろして、オイル漏れを修理します。

つづく。
turuta_s_room at 13:33|この記事のURL

2016年10月27日

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン組み付け 5

DSCN1659

DSCN1660

997
ターボゲンロク号は、だいぶ出来上がりました。

つづく。
turuta_s_room at 15:35|この記事のURL

2016年10月25日

ポルシェ996ターボ チューニングで入庫

IMG_3064

996ターボTipが入庫しました。
オーナーさんは、他にF社のきれいな車両もお持ちです。

以前よりご来店いただき、色々ご質問されましたが、
この度、チューニングすることを決められました。

サスペンション系は、純正ショックをフロント倒立型の12段
減衰調整式、リヤを分解して設定変更に改造します。

OHと同時に消耗品(シャフトなど)を点検、必要ならば
新品交換します。

バネは、過去の経験上純正バネを再使用すると車高が
数十ミリなぜか上がるので、社外品のスポーツバネを
使用します。

同時に、アッパーマウントなど、新品交換します。

エンジン系は、デジテック製ECUデータを書き込みます。
大体30PSくらい性能アップします。

今回、悩まれました。
アイコードでは、ターボのハイフロー加工などと、同時に
ECUチューニングで500PSを超える仕様もありますが、
オーナーさんは、まずは小手調べでと、、。

スパークプラグは、最近交換されたそうですが、IGコイルは
交換していないそうで、点検の上、IGコイル本体に
経年劣化のクラックが入っていれば、、、。

この時、純正EXマフラーを外さないと、部品が交換
出来ませんので、二度手間になりますが、、。

何故に、IGコイルを交換しなければならないかというと、
標準は、ブースト圧が0,7barですが、ECUでブーストを
1,0barくらい上げるので、燃焼時の爆発圧力は上がります。
そうすると、燃焼室内のスパークプラグは、火が飛びにくく
なりますので、IGコイル本体に小さなクラックが入るのですが、
スパークプラグは、火が飛びにくくなった分、コイルの
クラック部分から周りにリークして、火花を飛ばします、、。

すると、スパークプラグに高圧電流がいきませんので、
失火となり、加速中(低回転では、ブースト圧が上がってい
無いので、何とかスパークしますが)に、4000RPM
付近の最大トルクが発生するブースト圧も最高潮の
1,0になる前に、バッバッバっと息つきします。

オーナーさんは、鋭い加速を味わう寸前で、”どうしたの!”
などと、慌てる訳であります、、。

ということで、長い説明になりましたが、事前の完全なる
整備がターボ車には、特に必要なのです。

この症状は、GT3などのNA車両でも発生してます。

つづく。
turuta_s_room at 14:30|この記事のURL

2016年10月24日

トヨタ JZA80 スープラ ターボ不調

IMG_3060

IMG_3059

平成初期にデビューしたJZA80スープラです。

3L シーケンシャルツインターボ、要は、直列
ターボといって、低回転では、1基のターボで過給を
上げ、レスポンスを良くします。
そして、途中から2基めのターボが加わり、加速を
増すのです。

どうも、そのターボのブースト圧が正常値に上がらないようで、
色々調べたところ、どうもシーケンシャルシステム&ターボが
不調のようで、今、ターボASSYを外して点検、だめな場合
OHと相成ります・

つづく。
turuta_s_room at 14:31|この記事のURL

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン組み付け 4

IMG_3053

ピストンは、997カレラ系とは全く設計が異なります。

絵は、シリンダーブロックにスリーブを組み付けてる
ところですが、この部分は、カレラ系では、1998年の
発売当初からウエットタイプのエンジンで、クランクケースと
シリンダーブロックが一体型になっていますが、ま、これが
普通の他のメーカーさんのエンジンであれば普通であります。

ですから、何度も、口酸っぱく、大きなお節介を承知の
上で、伝道師をやらしていただいてます、、。
996以降のドライサンプエンジン(空冷からの継承)が、
ポルシェ911の真のエンジンタイプであります。

買うならタウンワーク!?、996,997ターボ、GT3,GT2と、、。

IMG_3057

IMG_3058

エンジンは組みあがり、現在バルブタイミングを調整
しております!

つづく。
turuta_s_room at 14:25|この記事のURL

レクサス ISF チタンたこ足組み付け 5

IMG_3047

ISF チタンたこ足組み付けました」。

シャシーダイナモにて、ECUのセッティングをしてますが、
現在、470PSを出しました、、。

これから、細かく調整していきます。

つづく。
turuta_s_room at 14:15|この記事のURL

2016年10月22日

レクサス ISF チタンたこ足ECUセッティング

IMG_3048

IMG_3050

IMG_3052

ISF チタンたこ足組み付ましたので、
これから、ECUのセッティングをします。

シャシーダイナモの実走シュミレーションモードで
ローラーにある一定の抵抗(ロード)を掛けて、実走行
と同程度の状態で、燃料、点火時期など調整します。

つづく。
turuta_s_room at 14:08|この記事のURL

ポルシェ マカン用フットレストスペーサー好評につき

IMG_3044

マカン用
フルカーボンフットレストのスペーサー(右ハンドル用)が好評です。

それにつきましては、ご注文に対応すべく製作してますが
なんせ、手作りなものですから、納期が少し遅れております。
ご迷惑をお掛けしますが、しばらくお待ちください。

フットレストの厚みは、

1) 50 − 25mm

2) 50 − 35mm

3) 56 − 56mm

3種類用意してますが、身長170〜160cmの方で、
割合多くの注文は、3番の56mmです。

160cmの方で、ブレーキペタルを踏んだ時、大体同じ
高さ(位置)にあるのが、56mmスペーサーですので、
踏ん張りが両足に均等に効くので、感覚が良い!との
感想でした。

どちらにしましても、172cmのジブンも、1番でも、
3番でも、慣れてしまえば純正品の物に比べれば、格段に
左足の置き場が良く感じます!

高速道や、峠道、気を遣うあまり通ったことのない道や、
家族以外の他人を同乗させた時など、左足で踏ん張って
います、気が付いたら、、。

ましてや、マカンSなどV6ツインターボでは、最高速250km
以上、簡単に出ますので、左足の踏ん張りは必要不可欠
です。

何故に、純正のフットレストがあのように、床に対してフラット
なのか、、、、。

アイコードは、商品が売れますが、ポルシェ社としては、、、!!

全国ポルシェディーラーさんに、販売して頂けるよう
お願いしてます、、。

ポルシェセンター尾張、岐阜店さまには、現在、販売を
していただけるよう準備してます。

つづく。




turuta_s_room at 11:54|この記事のURL

プリウス50 ECUフルコンチューニング完成まじか

IMG_3037

IMG_3038

プリウス50系
のECUフルコンチューニングを開発中、、。

馬力は、エンジン単体では出ても、マネージメントシステムで
大半は充電などに回されますの、そんなに期待できませんが、。

年内には、30,50と発売開始を希望してます、、。

価格は、10万円を切りたいと思ってます。
こうご期待!

つづく。
turuta_s_room at 11:28|この記事のURL

2016年10月21日

レクサスISF チタン製たこ足組み付け 4

IMG_3029

IMG_3031

IMG_3030

ISFは、エンジンに火が入りました。

チタンEXマフラーは、テールパイプが奥に入ってるので、
この部分を製作します。
絵のパイプは、暫定で、ECUセッティング用です。

つづく。
turuta_s_room at 14:52|この記事のURL

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン組み付け 2

IMG_3032

IMG_3033

IMG_3034

ゲンロク号
997ターボエンジンは、少しづつ形になっています。

つづく。
turuta_s_room at 14:48|この記事のURL

2016年10月20日

レクサス ISF チタン製たこ足組み付け 3

IMG_3026

IMG_3027

ISFは、
ようやくエンジンが載りました。
レーシングプラグは、NGK製7番です。

細かなトラブルもあり、搭載前に時間がかかりました。
あとは、そう、馬力を出すお仕事が、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:52|この記事のURL

レクサス RCF&GSF チタンマフラー

IMG_2998

RCFは、EXマフラー&中間パイプ(メタル触媒付き)の
排気騒音試験(近接騒音、加速騒音)と、排気ガス試験に
全てパスしました、、(以前に報告済み)。

まず、EXマフラーの騒音試験をパスします。
次に、EXマフラーを装着し、中間パイプも組み付け、
排気ガス試験にパスします。

そうすると、今度は、EXマフラー&中間パイプの
組み合わせた状態で、も一度騒音試験をパスしないと
認可(許可番号をプレートにしてマフラーに溶接)されません。

計3回東京に、試験を受けに行くのです。
今回、それらをパスするのに、約10か月掛かりました。
過去の経験(ISF)だと、計5か月以内で受かったと思います。

次は、現在長期テスト走行中のチタニウム製たこ足です。
これも、今月中には、試験を受ける予定です。

IMG_3002

IMG_3000

IMG_3004

IMG_3005

レクサス GSFのチタニウム製EXマフラー&
中間パイプの試作も完成しましたので、これらも
これから、同じ工程で試験を受けます。
RCFとは、全長が長いので、共通部品は、メイン
マフラー、中間マフラー、メタル触媒で、パイプ類は
新作です。

IMG_3025

東京からの帰りは快晴でありましたので、絵を
撮りました。

IMG_3022

RCFは、難産でありまして大きく回り道をしました、、。
試験をパスしましたので、嬉しくなり祝杯をあげたので
あります。

御殿場では、先週のフジでのWECで友人の組んだ
エンジンが総合優勝しました、、。
そちらも、接戦での勝利ですので、皆さん気を揉まれた
ようです。

金曜日には、予想外のトラブルが、いつものように!
発生、、。
本番前に、大変だったようです!
勝てば官軍!
良かったですね、おめでとうございます!

トヨタさんは、ルマンを目指してすべてを作っているので
FISCOは、得意なコースなので、何事もなければ、、、。
勝つことの大変さは、担当者にしか経験出来ません!
勝利の美酒をさぞ、美味しかったことでしょう!

オイラも、美味しかったぞ!

つづく。
turuta_s_room at 14:37|この記事のURL

2016年10月18日

レクサス ISF チタンたこ足組み付け 3

IMG_2981

IMG_2988

ISF
のチタンたこ足組み付けは、O2センサーを新品
交換の為、部品待ちでした。
耐熱マットは、たこ足本体やボディー側もカバーします。

IMG_2991

IMG_2965

IMG_2963

純正のエキマニと比べる、その違いが良ーく分かると
思いますです。

これで、ECUセッティングすると60PS以上上がります、
パワーが、、、!

もちろん、EXサウンドもフェラーリサウンドになり、3500
RPM付近から、クゥオーンとV8らしからぬレーシングサウンド
に豹変します!

そう、一人で聞き惚れるのであります。

つづく。
turuta_s_room at 10:33|この記事のURL

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン組み付け開始

IMG_2987

IMG_2989

IMG_2986

IMG_2985

ゲンロク号997ターボは、やっと部品がドイツより
入庫、、。

エンジンを組み始めました。
オイルポンプやドライサンプ用オイルタンクは新品
を購入、、。
出費がかさみますです!

つづく。
turuta_s_room at 10:25|この記事のURL

2016年10月15日

ポルシェ991GT3 オイル交換トラブル

IMG_2944

991GT3です。

以前から、エンジンオイル交換でトラブっていました。
今回入庫してオイル量を調整しようと思いましたが、、。

結局、ポルシェセンターに入庫することに、、。
アイコードでオイル交換したのでなく、個人の方が
やって、オイル量を調整する段になって、、、。

兎に角、991GT3に関しては、従来の997までの
エイヤー!が通用しません。

きちんと測って入れるか、徹底した要領に作業しないと、
エラーが発生します、、、!

つづく。
turuta_s_room at 12:00|この記事のURL

2016年10月14日

ポルシェマカン用アルミホイール&タイヤ売ります!

IMG_2937

265/45−20、 295/40−20

銘柄; アドバンスポーツ V105

アルミホイール セットX 4本を販売します。

20km走行、殆ど新品同様。

価格   270,000円 税込み 送料別途。

IMG_2939

レカロ製シート レザー仕様

2脚有。   1脚  120,000円税込み 送料別途

シートレール 964用は有ります。 費用別途

つづく。




turuta_s_room at 13:39|この記事のURL

2016年10月13日

ポルシェ 981 ボクスター 6MTにペタルKITを取り付け!

DSCN1585

IMG_2921

DSCN1578

DSCN1590

981ボクスター 6MT車両にアイコード製

レーシングペタルKITを組み付けました。
まだ、車種別には対応してなく、アイコード商品を選び、
絵の様に他の車種用を流用しました。

オーナーさんは、愛知県の方ですが、同世代のT社に
関係してる社長さんですが、趣味でホンダS600の初期
モデルをお持ちで、今も通勤に使用してるとか、、。

無い部品は、自分で御作りになる技術屋さんです。

やはり、気楽乗れるマニュアル車が欲しくてと、、。

それでも、やはりヒール&トゥーがやりにくいと、アイコード
のペタルを、、。

何とか旨く付きました。

つづく。
turuta_s_room at 13:36|この記事のURL

レクサス ISF チタニウム製たこ足取り付け 2

IMG_2923

IMG_2926

IMG_2924

IMG_2925

ISFにチタニウム製たこ足を、、。
エンジンを降ろして、断熱クロスをたこ足に巻いたり、
エンジンルーム内に断熱マットを施します。

これでエンジンを載せたら、ECUセッティングです。

つづく。
turuta_s_room at 13:23|この記事のURL

レクサス RCF GTプロト VLN 初優勝!

RCF GT3

RCF GT3 プロトタイプ(GT3のホモロゲがまだ、取れて
ないので)として、今年ニュルブルクリンク 4時間耐久
レース(」VLN)に出場していましたが、10月8日の
第9戦目で、スイスのファンバッハーレーシングティームの
552号車は、ラップタイムも8分2秒を出して4時間を走り
抜き、何と総合優勝しました! おめでとう!!!

レクサス車両としては、初の快挙です。

車両は、昨年からの車両から一新した改良車両です。

まだ、GT3のホモロゲーションを受けてないので、GT3
プロトタイプというクラスでの出場でした。

リングレーシングのレクサスRCFは、総合29位、SP8
クラスではクラス優勝です。

ノーベルさんのレクサス ISF CCSRは、総合42位、
SP8クラス、4位でした。
同クラスには、F458,アストンV8,ムスタングGTがいます。

国内では、スーパーGTの300クラスに飯田章氏を乗せて
大阪トヨペットグループのトップ、横山氏率いるティームが
毎回参戦し、屈辱的な戦果しか出せてませんでしたが、
これで、車両もレベルアップして、GT300の新しい台風の
目になることが期待されます。

ニュルで8分2秒台を出してますので、予選でも以前に
ポールポジションを獲得してまして、潜在能力はバッチリ!

ライバルになるであろうR35 GTR GT3が全世界で
数十台の販売実績がありますが、今後、レクサスファンも
含め、RCF GT3が公認となれば、購入したいティームは
世界中で待ちわびているのです。

何を隠そう、友人でありますZENTの都筑晶裕選手は、
今年はF488で出場してますが、レクサスRCFGT3が
発売されればなんて、、。

先日、久しぶりにスズカF1をケーブルTVで見ました。
解説者さんたちの専門用語もそうですが、全くチンプン
カンプン、、。
10分も見たら、チャンネル変えました。

鈴鹿サーキットも、入場数は昨年に比べ、現象とか、、。

WECのハイブリッド、燃費規制、発電充電係数とか
最近のレースカーは、もう、、。
発送の古いオイラには、興味がそそりませんです!

時代は、電光石火の如く突き進んでいきます。

今日の新聞に、T社とS社の代表が話し合いをしていく
と発表がありましたが、S社の代表さんは、あのお歳では
無理!と思うのは私だけでは、、。
対岸の事案とは思えません。
切実な問題であります。

ま、どこかの議員さんは、白紙領収書がまかり通ると公共
デンパで仰ってましたが、、。
あれが、現在のトップの現実であります。
そう思えば、S社の代表は、アッパレというしか、、。

つづく。
turuta_s_room at 13:18|この記事のURL

2016年10月11日

初めてポルシェ購入という方がご来店!

IMG_2919

愛知県の方で、40代のご夫婦がご来店、、。

前日にお電話でお問い合わせいただき、ツルタの
トークに引き寄せられてか、、。

奥様は、車など動けばいいじゃないの!と、ごく一般の
真面な見識の方です。
今回は、良くお仕事したので、しょうがなく高額である車両の
購入に、同行して何故にポルシェなのかをお知りになりたい
ようで、、。
ごもっともであります。

1000万円以上の中古車がどんなに凄く、魅力的なのか、。

たまたま、関西から十数年ぶりにお越しのポルシェオーナー
Hさん、、。
ツルタの講釈より、オーナーさんの講釈は理路騒然と、
奥様にかみ砕いて説明をされてました。

当人は、997GT3が希望でありますが、たまたま、ショールーム
に展示してあります絵の真っ赤なポルシェを見て、Hさんが
空冷ポルシェと水冷ポルシェの差など、、。

本人さんは嬉しいばっかりで、聞きほれてましたが、奥様は
冷静です。
すると時々質問されてきます。
何故にポルシェがそんなに良いのか、どうして高いのか、。

具体的には、人気ある車種の中古車をお買いになると、
そう銀行に定期預金してその間、ポルシェライフを楽しめ、
理由が出来てどうして売らなければならない時、購入した
価格、またはそれ以上で売れることがあるのですと、説明
しますと、関心されながら、すこしづつ納得されました。

ご本人さんは嬉しいばっかり、、。

あっというまに2時間くらい、Hさんという臨時営業マンを
横に置いて、ポルシェの歴史など、かいつまんで、、。

奥様はご理解ある方で、熱心にお聞きになっていました。

一度、お帰りになり、お二人で良く相談されることを
お話ししました。

つづく。


turuta_s_room at 14:53|この記事のURL

レクサス ISF チタンたこ足組み付け 2

IMG_2917

IMG_2918

ISFは、
エンジンを降ろしてます。

たこ足がエンジン単体で無いと組み付けれないのと、
たこ足自体と、周辺の断熱用に耐熱材を巻く作業必要なので、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:09|この記事のURL

2016年10月10日

レクサス RCF チタニウム製EXマフラー&中間パイプ発売開始

IMG_2904

IMG_2902

IMG_2900

IMG_2899

IMG_2898

レクサス RCF用耐熱チタニウム製EXマフラーです。
60パイパイプ径。

テールピースは着脱式の100パイ&90パイのW出し。
カール仕上げです。

価格 350,000円 税別

IMG_2895

IMG_2896

IMG_2901

耐熱チタニウム製中間パイプ(メタル触媒付き)。
70パイー60パイ

中間パイプは、EXマフラーとのセット価格になります。

750,000円 税別

共に騒音試験、排ガス試験をクリアした車検対応品です。

他のEXマフラーとアイコード製中間パイプは組み付けれますが、
車検対応は、不可です。
ご注意下さい。

IMG_2897

重量は、共に純正品に比べ約10kg軽量です。

予約受付中です。

つづく。


turuta_s_room at 13:42|この記事のURL

2016年10月08日

レクサス ISF チューニング 完成!

IMG_2868

IMG_2869

ISFは、本日納車しました。

つづく。
turuta_s_room at 16:38|この記事のURL
Profile
Archives