2016年11月

2016年11月30日

2016年 11月末日 アイコード決算月 8期目です!

IMG_0283

2016年 11月末日、、。

アイコードの決算月です。
思えば、平成19年12月に発足して9年目、、。

アイメックからは25年目、、。

もうすぐ、シックスティフォーになります!
お陰様で、何とか会社は持続してます!

社員も皆、妻帯者、子供の親となり、社内で運動会や参観日の
お話が、、。

アイコードは、盆正月、5月の連休を除き、年中無休です。
社員は、バラバラにお休みをいただいてます。

最近は、皆土日の休みは取らず、もっぱら平日に、、。
日曜祭日は、男どもは家庭サービスしないといけないので、
避けてるとか、、。
で、アタクシが、日曜日などお休みに、、。

これからも、皆さまのご支援、ご鞭撻、ご指導の程、宜しくお願い
申し上げます。

つづく。
turuta_s_room at 16:20|この記事のURL

ボクスター987 水温異常

IMG_0281

987 2,7L マニュアル車両です。

関東の方ですが、転勤で豊田市に、、。
某トヨタ系部品会社です。

通勤にポルシェを、、。
水温異常のチェックランプ点灯で、、。
会社の支店が全国にある方は、大変です。
本人さんは、独身貴族ですが、もうすでに20年以上お勤め、。
で、2回目の遠方転勤、、。

家族持ちなら、奥様やお子様の転校など、、。
いじめの原因に、、。

アタクシも、サード時代には、東京に単身、家族共々と何回か
移動しましたが、まだ、30代と若かったので、何とも思いません
でしたが、家内は、調布では、3人目の長女を生みました。
出産には仕事で、立ち合いませんでした、、。
その家内は、当時調布のアパートに住まわせましたが、長女を
背負い、前に次男、後ろに長男の4人乗りで、近所のスーパーに
お買い物、、。

何回かこけたそうで、その後は、長男は自転車の後を走って
ついて行ったそうです。

話がそれましたが、あれからもう、30数年以上、、。
今では、孫を2時間くらい見ていても、疲れ果てます、、。

先日、毎日8km歩いてるのに、右ふくらはぎを肉離れ、
右腰に腰痛、、。

今朝、何時もお世話になってる石川接骨医院の石川
先生に診てもらいました、、。

前屈屈伸をしたとき、ピキっと肉離れみたい(古傷)ですが、
アタクシは、体は柔らかいと自負してまして、両手の手のひらが
床にピッタリくっつきます、、。
しかし、そんな無理をしてはいけないそうで、、。

ストレッチは、痛くない程度に延ばせば良いのだそうで、、。
指導していただき、ストレッチを変えます。

兎に角、健康一番!

いかにストレスを貯めないようにするか、、。
それには、そう、好きな趣味を生かすのであります。
ポルシェ、レクサス、お車の好きな方は、、。

ゴルフで肩、腰痛めるような無理をしないで、歩けばいいんです1

クルマでサーキットに行って、翌日体中が痛い”なんてこと当たり前
ですが、これはこれで楽しい!

支離滅裂なお話でした。
大麻やってません!
酒は、毎日やってますが、、!

盗撮されてません!
何故なら、夜歩いたあと、バタンキューで、なんも覚えてません!
盗撮されても、そう、気が付きませんので、、。

つづく。


turuta_s_room at 16:07|この記事のURL

ポルシェ996カレラ4S 整備で入庫

IMG_0279

IMG_0280

996
カレラ4Sです。

車検とクラッチの修理で入庫です。
6速マニュアル車ですが、クラッチ交換後(他のショップで)、
5万km走行ですが、最近クラッチペタルが重たいと、、。

また、クラッチミート時、何か異音と振動が、、。

ということで、ミッションを降ろします。
多分、異音、振動はツインマスフライホイールのダンパーが
そろそろ、、。

ペタルの重いのは、カバーを押すフォークの支点にプラスチック
のカバーが付いてますが、それが割れたり、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:42|この記事のURL

2016年11月29日

2016年 ポルシェレースで、また優勝の方です!

生沢 S1

生沢 S2

生沢 S3

はい!大人げない方が、また今年のレースで、
勝ちました。

雨の好条件を最大限に生かし、今年こそは、打倒
I氏を目標とされていたI氏以外、全員の希望も
夢と消え、またもや本人の高笑いが聞こえてきそうな、。

ま、74歳にもなって、ぶっちぎるのは、お見事!と
太鼓持ちしても、エエでしょう!

アタクシも、こうなりたいです、正直、、、、!

生沢4S4

オマケです!

英雄、色を好む!
何でもして頂戴!

つづく。
turuta_s_room at 15:44|この記事のURL

ポルシェ997カレラ4S エンジン修理

IMG_0271

997カレラ4Sのエンジンがピストンとシリンダーが
カジリ、修理を始めるところです。

クランクケースとシリンダーがカレラ系は一体で、
それの4、番、6番の2気筒分がダメになりました。
そのシリンダーにスリーブを製作、圧入する加工を
今、やっております、、。
IMG_0267

IMG_0268

IMG_0269

絵は、すでに分解し、シリンダーが完成のを真って
いり部品群であります。

つづく。
turuta_s_room at 15:32|この記事のURL

2016年11月28日

紅葉のトンネルの続き、、。

IMG_0260

IMG_0259

モミジタネル(英語的発音で、、)!

ようやく、紅葉という感じになってきました!

赤色で言えば、会社の裏山のハゼの葉っぱも真っ赤に
紅葉してます、、。

カエデほど、派手ではありませんが、赤色では負けてません!

IMG_0210

IMG_0212

IMG_0213

アイコードの北東、13kmくらいのところ、、。
香嵐渓であります。

関東、関西と遠方からバスで多くの方が紅葉狩りに
来られます。
駐車場が狭い為、地元のオイラ達は、早朝6時くらいに行くか、
昼以降に、、。

裏側の153号線から降りてくりと、割と早く着けますが、、、。
30年くらい前えは、まだ子供たちが小さいころ、よく連れて
来てまして、裏山のお寺の山肌が真っ赤になっていたのを
思い出します。

このような季節の変わり目を愛でる気持ちは、最近ようやく
味わえるようになりました、、。

この近くには、小原村といって四季桜もあり、秋の季節は
色鮮やかになりますです。

まあ、京都の紅葉の名所に比較すると、雰囲気も含め
格は違いますが、地元で愛でる気安さは、ラクチンで、、。

ワキャーころは、京都、長野、三重とクルマで一っ跳び
でしたが、、、。

アイコードの裏山で、今自分の季節には紅葉が毎日
、、。
これで十分であります!
そう、足るを知るであります! 

知足者富  足るを知る者は富む!ということだそうで、。

つづく。

turuta_s_room at 13:48|この記事のURL

2016年 アイコードも秋の気配、枯れ葉の攻撃を、。

IMG_0263

IMG_0262

アイコードの
敷地に、裏山のまきばら(クヌギの一種、そう、どんぐり
の木、熊さんの好物)の木々、20m以上の大木、40本
以上、すくすくと育ち、年々落葉樹である為、枯れ葉を
これ見よがしに、落としてくれます。

朝一番に送風機で20分くらいかけて、お掃除しても。
お昼過ぎには、、、。

燃やしてやりたい衝動を抑えながら、これも風流と
わびさびの世界のつもりで、、、。

腐葉土としては、最高の品質で販売出来ると思いますが、。

つづく。
turuta_s_room at 13:24|この記事のURL

レクサス RCF用サブコン ダイナモテスト開始

IMG_0273

IMG_0272

RCFの
ECUサブコンでのパワーアップテストを開始します。

サブコンは、まだ配線KITが手作りの為、量産が不可です。

純正EXマフラーでのテスト時は、配線カットの強引な状態で
行いましたが、今回は量産用カプラでの組み付けテストも
兼ねており、サブコン本体をエンジンルーム内に固定する
ステーの製作もしなければ、、。

エンジンルーム、特に左側のフロントショック頭部周辺に
置くスペースの確保が難しく、四苦八苦してます。

つづく。
turuta_s_room at 13:16|この記事のURL

2016年11月26日

レクサス RCF チタニウム製EXシステムの重量

IMG_0157

IMG_0023

IMG_0026

RCFのEXシステムの重量を測定しました。

純正EXシステム  リヤマフラー+中間パイプ 35kg

純正EXマニホールド 左右             10kg

合計                           45kg


チタニウム製EXマフラー               5,9kg

同   中間パイプメタル触媒付き         8,5kg

同 たこ足 左右セット                  4kg

合計                           18,4kg


45kg − 18,4kg = 26,6kg

かなりの軽量化となりました。
あとは、どれくらい出力が出せるか、、!

つづく。



                           
turuta_s_room at 17:33|この記事のURL

ポルシェ996ターボ チューニング 2

IMG_0244

IMG_0243

996
ターボは、ブレーキホースを交換しました。
純正ホースクリップが錆の為、旨く外せず、一部加工しました。
で、タイラップ固定となりました。

これから、ECUのチューニングです。

つづく。
turuta_s_room at 17:19|この記事のURL

レクサス ISF チタン製たこ足組み付け完成 5

IMG_0254

IMG_0255

IMG_0256

ISFのチタニウム製たこ足組み付けによる、ECUの
セッティングが終了しました。

460PSを超えましたが、安全を考え出力を控えました。
胸のすく加速をオーナーさんは、味わえると思います!

つづく。
turuta_s_room at 17:14|この記事のURL

2016年11月25日

レクサス RCF用サブコン テスト開始、、!

IMG_0234

IMG_0233

RCF
&GSF用サブコンは、製品が今、製作中です、、。

で、その市販品でシャシーダイナモテストを行いたい
と思っていますが、、、。

もうしばらくお待ちください!

つづく。
turuta_s_room at 14:47|この記事のURL

ポルシェ997ターボ6MT 車検&オイル交換

IMG_0237

IMG_0236

997
ターボ 6MT車両の車検とエンジンオイル交換です。

オーナーさんは、年1回の楽しみとして、サーキット走行
をされてます、、、。

羨ましいですね!

最近、立て続けに未来のポルシェオーナーさんがご来店、
”ポルシェが欲しいのだけれど、!”などと、、。

空冷は、全ての車種がコレクターアイテムとなり、ましてや
マニュアル車など、ノーテンキ価格になっていると、、。

じゃあ、水冷の997カレラがお値打ち価格で、、。
これもダメ!  なして、、?
なしても、、?

ということで、ターゲットは、996,997のターボくらいしか、、。

GT2,3は、奥様が乗れないし、、!などと、、。

さあ、どうする、、!
待っていても、これらドライサンプエンジン車両は、日毎に
価格は、高騰してます!などと、、。

どうすりゃあ、いいんじゃ!

どーも、できんです!

諦めるか、ご予算を上げるか、、!

こんなポルシェにだれがした!

寸劇でありました!

つづく。
turuta_s_room at 14:40|この記事のURL

レクサス ISF チタン製たこ足組み付け 4

IMG_0230

IMG_0231

ISFは、
チタン製たこ足も組み付け、ラジエター液を入れて
エンジンに火が入り、エア抜きをしてます。

IMG_0238

UFS(アンダーフロアスポイラー)フロント部を組み付け、、。

IMG_0239

リヤ固定部もボルト止めしました。

IMG_0240

これから、ECUのセッティングです。

つづく。
turuta_s_room at 14:09|この記事のURL

2016年11月24日

プロドローン整ドローン各種、進歩してます!

IMG_0219

IMG_0220

友人の菅木さんが製作されてる最近のドローンです。
絵は、雨中でも飛行出来る防水された機体です。

IMG_0218

これは、水上に着水して水中にカメラをセットし、
水中の状況を動画で見れます。

IMG_0221

IMG_0217

IMG_0222

これもフルカーボン製のドローンですが、、、、。

IMG_0216

絵のように、90度移送してペラが付いています。
この機種は、橋、陸橋などの背面の点検に壁伝いに
這いながら点検していく特殊機です。

忍者みたいにトンネルなどの天井に這いつくばって、
移動していく為に、このような形になっています。

これらは、大体一般市販用というより業務用の特殊機で、
国や警察、自衛隊、各省庁の希望に合わせて製作されてます。

アイコードは、何をするかというと、まだ公開出来ませんが
少なからず参加していきます。

ドローンは、自動運転自動車の3次元版です。
すでに人間を搭載して水上、空など移動出来ますが、一般
市販品となると、電波法、航空法など整備されてない未知の
部分が多く、世界中の国家が法整備に躍起になってます。

どのようにして法整備、商品化、販売したらよいか、誰も
分かってない状態です。

国家の対応が急務であると思われます!
トランプさんも大事でしょうが、悪事に使われたら、やりたい
放題であります。
ドローンの整備が急務と思いますが、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:45|この記事のURL

ポルシェ964 スピードスター用3スポークステアリング入荷

IMG_0228

IMG_0229

ご注文が
ありましたので、ポルシャジャパンに注文しました。

964スピードスター用純正3スポークステアリング!
ドイツAGに、あとわずかということで2セットゲットです!

貴重品ですが、大体欠品してからご注文が来ます!
60500円税別ですが、すぐに価格は上がるでしょう!

つづく。
turuta_s_room at 15:18|この記事のURL

ポルシェ996ターボ チューニング

IMG_0225

IMG_0223

996
ターボは、IGコイルがクラック入っていた為、新品交換!
スパークプラグは、NGK製がまだ、再使用可能であった為、
そのまま組み付けました。

IMG_0227

ショックは、純正を改造した12段調整式、。
バネは、持ち込んでいただいた社外品で20mm
ダウンです。
あとは、テフロン製ブレーキホースに交換、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:14|この記事のURL

2016年11月23日

アタクシのもう一人の師匠のコレクションであります。

いくざわ

絵を公表する許可もらってませんが、怒られるだけでしょう
から、、。
”だからおまえは、ノーテンキなんだよ!”と、、。

きっかけは、そう、だれかに”964、旬ですよ!と、数年前に
生意気にも、ご助言申し上げたら、、。

これは、そのコレクションの一部、、。
まあ、964ファンでなくとも、ご存じでしょうが、、。

これが、公開されてないのが残念なくらい、1台ずつレストア
が完璧!すぎます。

多分、ポルシェクラッシック(ドイツ本社のレストア部門)より
丁寧に仕上げられてますです。
ボルト、一本までメッキをかけて、、。

と、宣伝してもなーも、褒めてもらえませんが、、。

つづく。
turuta_s_room at 08:48|この記事のURL

2016年11月22日

ポルシェ996ターボ アライメント調整

IMG_0204

IMG_0204

996
turboです。

サスペンションは、ビルシュタイン製で12段調整付の
純正形状タイプのショック(フロントは倒立式)を純正
ショックから改造して製作、組み付けまし。
アッパーマウントも新品に、、。

アライメント調整は、アイコードでは、糸を引っ張って
調整します、そう、レーシングカーがやってる方法で、!

IMG_0205

ローターは997ターボの20mm直径がでかいやつを、。
ブレーキホースもテフロンタイプに交換、、。
UFSも組み付けます。

今後、ECUチューンを、、。
今回は、ターボがノーマルなのでファインチューンです!

つづく。
turuta_s_room at 14:31|この記事のURL

レクサス ISF チタン製たこ足組み付け 3

IMG_0201

IMG_0202

ISF
チタン製たこ足を組み付けたエンジンは、車両に載りました!

細かな部分を組み付けたら、ECUのセッティングです!

さあ、何馬力でるか、、!

つづく。
turuta_s_room at 14:24|この記事のURL

トヨタ エスティマ系、アルファード/ベルファイア系ECUチューニング発売開始

ESTIMA001

vellfire_ECU

○旧アルファード・旧ヴェルファイア
  3.5L FF&4WD:2008年5月〜2015年1月
  2.4L FF&4WD:2008年5月〜2015年1月


○エスティマ
  3.5L FF&4WD:2006年1月〜2016年5月
  2.4L FF&4WD:2012年5月〜2016年5月



上記モデルのECUチューニングが発売開始となりました。

シャシーダイナモ上での確認では、10PS以上のアップですが、
体感では、それ以上の加速、トルク感を体得出来ます。
燃費も向上しました、数パーセントですが、、。
スロットルレスポンスも向上します。
スピードリミッターカットします。

ちなみに、エスティマ2,4Lエンジン搭載で、〇20kmと、
GPS計測でオーバー〇80kmを記録しました。

アルファード系は、少し空気抵抗あるのでそれ以下ですが、
〇00kmは確実に出ますです。
もちろん、サーキットでのテスト!で、、。

価格   148,000円 税別

発売開始モニターを募集します。
モニタープライスは、お電話等で要相談です。
モニターの方には、ブログ、フェースブック等での試乗感想を
お願いします。

つづく。

turuta_s_room at 10:20|この記事のURL

2016年11月21日

ポルシェ996ターボ チューニング

IMG_0193

IMG_0192

996
ターボです。

サスペンション改造、ECUチューニング、ブレーキ系と
ファインチューンを、、、。

つづく。


turuta_s_room at 12:03|この記事のURL

レクサス ISF チタン製たこ足 組み付け 2

IMG_0183

IMG_0191

ISFに
チタニウム製たこ足を組み付け、耐熱バンドを巻き付け
てるところです。

IMG_0185

IMG_0186

これらは、たこ足の排気熱で侵されないよう耐熱マットで
周辺部品を保護する為、加工してます。

IMG_0188

スパークプラグは、NGK製レーシングの7番です。
一般市販品は、HKS社から販売されてます。

IMG_0184

IMG_0190

5L V8エンジンは、ISFの当時は420PS程度で低く
抑えられてました。
RCFになって、大幅にパワーアップされ470PSと、、。
絵の手前のスロットルは、RCF用でスロットル内径が5mm
オーバーサイズになっています。

これら、インテークマニなどRCF用をISFに移植すれば、
などと安易にかんがえていましたが、何と移植するには、
スロットル、インテークマニ以外に、インジェクター、デリバリー
ホースなど、殆どの吸気系部品を交換しなければならず、
尚且つECUセッティングも必要なので、耐費用効果を
考えると、、。

IMG_0194

IMG_0195

IMG_0196

純正のEXマニ(たこ足と言えない)は、見てのとうり、違う
表現すれば、ファークリフトのエキマニみたいに、マニホールド
とは言い難い形状してます。
この排気抵抗ですと、低速トルク重視などと、、。

これが、RCF世になると形状が少し変わりまして、尚且つ
排気管径も少し太くなっています。
が、排気干渉として良いですが、排気効率としては、スポーツ
カーなどとは、決して言えない物が採用されてると、、。

全ては、エンジンルームのスペースの無さが大きな要因です。
ベンツなども、苦しい排気の取り回しですが、BMなどは
これがたこ足の基本形だ!と言わせる取り回しをしてます。

何せ、アイコード製たこ足に変更することで、燃調すると
60PSもアップするのは、やはり異常を言えます、。

さぞかし、エンジン屋さんは悔しく、歯ぎしりしながらこの
ようなデザインにせざるを得なかったでしょう。

限られたスペースといっても、ISF,RCF,GSFは、無茶苦茶
です。
ハイパワー&クリーンガスのエンジンは、相反する項目で
ありますが、それにミニマムスペースで箱庭のような
状況に、ビッグエンジン&EXシステムなどと、、。

まさに芸術品であります、、、。

つづく。

turuta_s_room at 12:00|この記事のURL

2016年11月20日

レクサス RCF SFM(スピードリミッターカット)取り付け

IMG_0181

愛知県からご来店のRCFオーナーさま。

今回、SFM(スピードリミッターカット)、ビッグスロットル、
粉の出にくいブレーキパットF,Rを交換しました。

オーナーさんは、平成22にはご来店いただき、ISFにも
SFM,チタンマフラー、中間パイプなど組み付けていただき
ました。

ISFを下取りで、RCFを購入、今後チタンマフラーなどと、。
オーナーさんは、実はポルシェにしたかったけど、奥様が
猛反対とかで、涙の断念、、。
実は、奥様は、いつもこのRCFで近所にお買い物の
足にされてるそうです。
ポルシェじゃ、お買い物は、ねえ!

ということで、今後ジェントルマンチューンをレベルアップして
していきたいそうで、チューンドパーツを期待されてます。

ありがたいです!

後方の2柱リフトに上がってるのは、アイコード1号車!
自分で、メタル触媒倍増の改良品を組み付けてる
ところです、、。
これから、試走であります!

つづく。
turuta_s_room at 12:08|この記事のURL

2016年11月19日

レクサス RCF ハイカムシャフト製作予定!

IMG_0177

IMG_0178

RCFです。

チタン製たこ足は、現在、メタル触媒部分をでかいやつに
作り変える作業してます。

メタル触媒は、現在国内製作品でも最大200セルの密度の
ヤツ!しかありません(他に捜してますが)、、。

純正セラミックス触媒は、何と600セルくらいの密度があります。
これでは、かなうわけがありゃんせん!!!

温間時のJC08Hモードでは、完璧に規制値をクリアしてますが、
なんせ、始動時のJC08Cモードのエンジンかけ始めの何秒間が
セラミックスに比べ、性能が低いのであります。

ハイブリッドのプリウスみたいに、電池の要塞では、触媒部分に
電気を昇圧して始動時に、排気ガスをまるで、ヘアドライヤーの
中を通すみたいにして、生ガスを撃沈しますが、、。

ガソリンエンジンなどでは、そんな芸当が今の技術では不可!!

将来的には、ガソリン&ディーゼルエンジンは消滅の危機くらい、
排ガス規制は、厳しくなっていきます。
化石燃料関係者は、切実な問題であります。

話がすぐにそれましたが、ISFの時も調子に乗って作りました
ハイカムシャフトを、、。

もちろん当時は、純正カムを加工した物で、シム調整に、8気筒
4バルブですから、4本のカム加工に、32ケの特性シムまで
製作しましたので、製作費はべらぼうな額に、、。

もちろんその効果はあって、当時の資料では、390PSのノーマル
から、チタンマフラーなどの相乗効果で472PSまで、アップして
いました。
これに、チタン製たこ足を加えたら、RCFの場合、550PSくらいは
楽に超えるでしょう、などと、、。

それには、燃料供給や吸入系のチューニングも必要です。
現在、RCFは、エアフィルターを外すだけで、10PSくらいは
アップします。
そう、エアクリーナーケースがすでに、飽和状態であります。
他のスポーツカーなどのように、V8 5Lクラスでは
ツインスロットル、ツインインテークパイプ&ビッグクリーナー
ケースが必需品であります。

兎に角、V8 5Lと言えば、現在の技術であれば、500PSは
すで普通でありますので、排気量も上げたり、600PSを
狙うのも当然の成り行きと思います。

今回は、シム調整無しのポン付け仕様を考えてます。

4本必要なので、それなりに価格は上がりますが、純正が
7000RPM超える最大回転数なので、中速からトルクと
パワーの出る作用角のカムを考えてます。

乞うご期待!

LC500も来春には、発売予定とかです。
当分5L NAエンジンの生産は続くようですから、今後の
ハイパフォーマンスパーツも、続々開発していきます!

つづく。
turuta_s_room at 16:17|この記事のURL

トヨタ カルディナ 修理

IMG_0172

トヨタ カルディナです。
3SGT,そうターボ車両です。
相当前に車両です。

すでに供給部品が欠品になっている、、。
今回、ある会社からの依頼で、真っすぐ走行出来ないので
修理を依頼されました。

点検すると、どうもステアリングラック系のガタが見つかりました、。
リビルト品が無いので、分解、組み付け作業で直します。

高圧の油圧が掛かる部分なので、慎重にOHしてます。

つづく。
turuta_s_room at 13:28|この記事のURL

レクサス ISF チタンたこ足組み付け開始

IMG_0173

IMG_0174

IMG_0176

以前、すでにアイコード製チタニウム製EXマフラー
&中間パイプを組み付けていただいてる関西のオーナー
さんです。

この度、チタニウム製たこ足を組み付けます!

つづく。
turuta_s_room at 13:21|この記事のURL

2016年11月18日

2016年 例の紅葉トンネルが、、。

IMG_0161

2016年秋です。
例の紅葉トンネルもまだ、青い!!

11月後半ですが、豊田市はまだ、紅葉が中途半端、。

近くの香嵐渓も、まだまだのようで、、。

年々、紅葉も遅れてるようで、12月に入らないと、、。
温暖化の波がここまで、、。

昨日まで、2日間、福岡に出張でした、、。
例の駅前のポッカリ穴修正道路は、タクシーで通り
ました。
福岡市は、現在150万人を超えたそうです。
尚且つ、毎月2000人の増加とか、、。
神戸市を抜いたそうで、活気あふれる街であります。

今回、以前より新規開発の事業の打ち合わせで、、。
中州も元気良いようで、、。
ラーメン横丁も、、。

住吉神社にお参りにも、、。
大阪住吉大社、下関の神社と3台住吉とか、、。

飲み屋のおねーさんに聞く質問で、大抵の方(偏ってるかも)
が、九州から出た事ないとか、、。
せめて大阪、九州、東京と、、。

海外旅行もあまり、、。
あるオネーサン(きれいな方)は、名古屋市内在住で、彼氏を
追って来たが、お別れに、、。
しかし、住みやすいし、物価も安く、食事もということで、すでに
2年もお住みになってるとか、、。

群馬県の方が、TV取材で、県外に出る気がしない”などと、、。

最近は、三大都市以外でも、情報もすぐに入りますし、地元を
離れない方多いとか、、。

ふるさとは、遠いきにありて思うもの!という詩を読んだ方は、実際は
遠いフルサトを思って読んだのでなく、フルサトに帰ってきて、
昔のように懐かしいが、今は冷ややかで孤立無援を歌った
愛憎と反抗心を込めた歌なのだそうです。

故郷で一生暮らす方には、孤立無援の悲しい思いは、想像
出来ないでしょう。
そう、地方の生活が安定してる為、なにも危険を冒してまで
外に出る気持ちになれないのかも、、。
時代は、変わってるのであります。

つづく。




turuta_s_room at 12:55|この記事のURL

2016年11月15日

レクサス RCF用チタンたこ足メタル触媒 第3弾

IMG_0157

絵は、上からISF用フルチタン仕様、、。

2番目は、たこ足部がありませんが、ガス検落ちた
200セル、全長50mmのメタル触媒部、、。

でもって、一番下が、これから製作したい200セル、
全長100mm(倍のメタルセル)のブツをこの間隙に
ぶち込めればと、、。

じゃあ、最初からこれにしとけばと、、。
ご想像どうりですが、少しでも安価でスペースも無かったので、
と言い訳です。

しかし、これでパス出来るかどうかは、やってみないと、、。
なんせ、加工技術はアイコードでは超一流と自負してますが、
旨く組み付けれるとどうか、、。

最近、排気マフラー関係者とお話ししましたが、これからもっと
排気ガス規制は厳しくなりますが、もっと厳しくなりそうなのは、
騒音規制です。

うわさでは、純正マフラーの音量より上げてはいけない!とか、、。
要は、社外品スポーツサウンドマフラーは、作れない!!!

改造車お断り!

JASMA 日本自動車スポーツマフラー協会 ここが日本国内の
スポーツマフラーで、国に対し規制を掛けられるのを何とか
少しでも規制を緩めて欲しいと訴えてる組織です。
ここのJASMA認定を受けますと、車検対応となります。

現在、HKS社長谷川浩之さんが、会長を務めておられまして、
ガンガン国に文句を言っておりました。

その長谷川さんが、先週の水曜日11月9日、突然の訃報であります。
何でも、組合の会合先ホテルの浴室で、、。
心臓か、脳か、、!
心労もあったと思いますが、安らかにお眠りください。
享年71歳、まだまだ現場で激をとばしていたらしく、社員は
いつもピリピリしてたそうです。

彼とは、昭和48年くらいに、初めて豊田市若林の現サード、
昔はシクマといっていましたが、そこの初代の工場にハコスカに
ターボKITを付けた車両で尋ねられました。

すでに、そのころはヤマハ発動機(トヨタ7のエンジン担当)を
止め、富士宮の在所に小さな工場を建て、HKSという
社名で会社を起こされてました。

当初は、グラチャンマシン用2L,4気筒レーシングエンジンを
自社開発し、発売することを目的とされました。
しかし、第1次オイルショックで、レース熱は冷め、縮小となり、
飯を食うための商材をヤマハ時代のターボ技術を生かし、
ターボKITを開発されました。

HKS(長谷川、加藤、シグマ)社は、当時アフターパーツ輸入
商社で輸入品を扱っておられたFET(極東)の初代社長小山氏
の男気もあり、FETターボとして、USA製レイジェイ社ターボを
使用して当時のハコスカGC10でキャブターボKITを発売しました。

L型エンジン、カウンターフローのキャブレターと排気マニが
左側に集約されており、KITは純正キャブの頭に、円形上の
サージタンクをかぶせ、ブースト圧は、エアリリーフという、
今では考えられないシンプルなKITでした。

カウンターフローの弱点で、ハイキマニホールドの上部に
キャブ、そしてサージタンクがある為、市街地などゴーストップ
などで、エンジンルーム内温度も上昇し、キャブレターが
オーバーフローという現象で、アイドルストップ(現在の
オートアイドルストップとは、、)してしまい、大変、トラブルも
多かったのです。

しかし、当時2L、シングルカムで100PS程度の馬力が、
チューンによっては、30PS以上アップしましたので、それは
それで強烈な印象をユーザーに与えました。
全国に販売され、いちやくターボブームの先駆けとなりました。

長谷川さんは、あの独特な遠州浜松弁で気さくな方でした。
その後、HKS社はご存知のとうり、株式にも上場し、一流
企業に発展しました。
本人さんは、岡崎市の伊藤レーシングの伊藤社長と並ぶ
機械フェチで、大型工作機械をどんどん導入されました。

それに比べ、ツルタの在籍したシグマ社は、アタシが意見
しても工作機械など、、、。
最後には、自腹で2mの電動シャーリングなど密かに仕入れました。
そんな長谷川さんも、とうとうアチラの世界に、、。
チューニング業界、先駆者の旅立ちであります。

寂しい限りであります。

つづく。
turuta_s_room at 14:48|この記事のURL

2016年11月14日

ポルシェターボに乗り換え、、。

絵は出せませんが、本日、997カレラ4Sの
オーナーさんに、ツルタの死刑宣告のような
冷たい意見をいわれ、購入した中古車販売店に
問い合わせ、997ターボを捜してと、、。

すると、願えれば通じるの見本か、、。
偶然にしても、運の強いこのお方は、997ターボが
見つかったからと、、。

では、ツルタもお付き合いします!と、、。
二人で行ってみますと、走行キロ数の少ない極上の
997ターボでした、、。

ケチをつける隙間もありゃんせんので、ええんじゃー
ないですか!などと、、。

その場で、契約を、、。
カレラ4Sも、高額で引き取っていただき、、。

出費は痛いですが、今晩から寝つきは良いと思います!

すると、今度は、996C4Sのお客様がご来店、、。
急いで帰り、修理内容の相談と、今後長く乗っていくかなどと、
深刻な相談(ツルタの鬼の助言)を、オーナーさんは、聞けば
聞くほど、落ち込んでいきます、、。

本当に、罪作りなツルタですが、あんとき、きつく手放せ!と
言わないから、こうなった!などと、逆恨みされても困りますので、
今回も、くそ野郎!と罵られても、諦めてください!
時間の問題です!と、、。

毎日、お酒がまずいです!!!

つづく。


turuta_s_room at 17:01|この記事のURL
Profile
Archives