2017年01月

2017年01月31日

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 エンジン再始動!

IMG_0907

皆様にご心配、ご迷惑をお掛けしてました
アイコードのゲンロク号997Tがやっと完治致しました。

まだ、病み上がりでブーストアップもままなりませんが、
近日中に、取材でFISCOを走る予定です。

エンジン破損して、はや1年(そんなにかかってませんが、
大体そんなもんか)くらい経過しました。

北米は、当時オバマさんから、今はトランプさんに、、。
個人的には、アタシが1年歳取って、64歳に、、、。

ということで、走ってきますです!

つづく。


turuta_s_room at 14:34|この記事のURL

トヨタ プリウス30 LSD組み付け

IMG_0912

プリウス30です。
オーナーさんは、関東から。。

昨年より色々打ち合わせしてました。
そんでもって、オーナーさんの予定とこちらの予定が
旨く合いまして、今回ご来店を、、。

カレは、大手オートパーツチューン店で働いておられ、
クルマには詳しい、、。
今回、愛車プリウス30に、OS技研製LSD スーパー
ロックタイプを組み付けます。
世界で、3号車目です、、。

カレは、AE86、シビックハイブリッド、そしてコレと、、。

プリウス30は、速くて燃費も良いと、シビックから変更、。

そうなんです、アタシも今回、しょうがなしに苦肉の決断で
プリウス50を諦め、CHRにしました。

プリウス30は、1380kg、50は、1570kg、CHRは1440kg

まあ、50より軽いですが、なんでどんどん重たくなる、、。
軽いのを作って欲しい!

バイクメーカーさんみたいに、ベーシックモデルを展開させ、
ストリート、サーキット、エンデューロ、など、、。

ポルシェも、同じボディーから十何種類の車種を、また、
同じ生産ラインでレースカーまで、、。

まあ、そんなクルマ何台売れますねん!なんて、頭の硬い
重役の方々が冷静なお言葉を賜るのでしょうが、、。
あのお言葉は、卑怯ですよね、、!
そんなの分かったら、みんな作るわ!なんて、、。

アタシもブリッツ時代、販売と製造の間に挟まれ、喧々諤々の
議論(レベル低いですが)を、、。

FT86のGRMN100台限定モデルは、T社社長の一声で
決まったとか、、。
製造原価は、500万とも、1000万とも、、。
LFAしかり、、。

プリウス30 RSもどきを、、。
50は、カッコウが気に入りませんが、50でも、、。
先日の東京オートサロンシューで、CHRを女性だけが
プロデュースして製作、市販しませんが、あのようなプロジェクト
で、ぶっ飛ぶような車両を、、。

マツコさんからお願いしたら、、。

妄想ツルタでした!

つづく。


turuta_s_room at 14:23|この記事のURL

トヨタ プリウス30 LSD組み付け

IMG_0912

プリウス30です。
関東からお越しのオーナーさん、、。
愛車は、かなりハードにチューニングされて、、。
それもそのはず、大手オートパーツチューン店にお勤めとか、。

昨年より、電話にて、やり取りしてましたが、部品も揃い、
オーナーさんの都合と、こちらの予定が合いましたので、。

4ピニオン OS技研製LSD スーパーロックタイプを組み付け
します。

3号車目です、世界で、、、。

プリウスの前は、シビックハイブリッド、その前はAE86と、、。
ハイブリッドでハエークルマを作りたいとか、、。

意見が合いました!

カレは、アクアにプリウスのシステムを積みたいなどと、、。
相当、狂っています、そう、カーキチであります。

結婚されてますが、小遣いの範囲で少しづつチューニングを、。

カレのようなカーキチが増殖することを希望します。

プリウスに2Lターボ&ハイブリッドのスポーツモデルが
あっても良いなどと、、。
出来れば、MTも搭載して、、。
ま、8速ATであれば、ハイパワー&ハイフューエルエコノミー、。

そしたら、CHRを買わなくてもすんだのに、、。

今週末、御岳でスノーヒルクライムに行ってきますが、
このような条件でも、プリウスLSD付は、ハエーでがす!
CHRにLSDつけても、ハエーでがすが、重たい!

30が1380kg、50が1570kg、CHRが1440kg、、。
50よりは、軽いのが救いですけど、、。
ま、4WDであれば、何処でも走っていけますが、アタシは、
毎日、悪路は走りません!

そう思うと、モーターサイクルは、ジャンル別に各メーカーさん、
ベーシックモデルで、結構、変化させて販売されてます、、。

ポルシェもそうですね、同じボディーで十何種類の車種が、、。
それで、レースカーも同じラインで製造されてます、まるで
バイクメーカーみたい、、。

オーダーメイドで、プリウス、ライトウエイトが欲しい!!!
自分で作るしかないんでしょうか、、!
G,sで作って、、。
何台売れますかね、なんて役員さんから質問来るでしょうが、
遊び心の例のCHRを女性だけがデザインした先行モデル
もあるでは、。
あれを、ワケーやつらに作らせてみたら、、。
監修は、そうGRMNで、、。

プリウス RSなんて、、。

FT86GRMNモデルを100台限定でお作りになられました。
あの原価は500万とも、1000万とも言われてます、、。
86には、興味ありゃんせんが、プリウスもぜひ、、。

マツコさんに頼んだらどうか、、?

妄想ツルタでありました!

つづく。


turuta_s_room at 13:46|この記事のURL

2017年01月30日

2017年 デイトナ24Hレース 観戦 テレビで、、。

RCFGT3

2017年1月28,29日、北米東海岸にある
デイトナ市で、デイトナ24Hレースが開催されました。

1966年の初開催でフォードGT40マーク兇優勝して、
はや51回目の伝統ある耐久レースです。

今年は、何とレクサスRCF GT3やNXSがデェビューレース。
また、も一つビッグニュースですが、991GT3がミッドシップ
になって、これも初参戦、、。

911のRRエンジンの歴史が、今年変わりました、、。
時代の流れには逆らえないのか、昨今はエンジンパワー
以上に、空力が効果絶大なので、リヤエンジンの911は、
リヤディフューザーが旨く使えず、悩んだ挙句ケイマンに
なっちまったのか、、。

ま、話は絵のRCF GT3ですが、東京オートサロンショーで、
発表されました、昨年のVLN最終戦で優勝したマシン
ですので、全く最新とは言えませんが、デイトナ24Hに
参戦するとは思いませんでした。

参戦ティームは、3GTとかいう伝統あるティームですが、
スタート1時間半くらいのデイトナ30度バンクからイン
フィールドに入った2個目の左コーナーで、デイトナ24を
過去5回も優勝してる14号車スコット、プルーエット選手が、
そう、ひとりタコって、左コンクリートウォールに左前を
ガシャーとヒット、、、。

懸命の修理のむなしく、リタイヤと、、。
14,15号車と2台参加で、15号車は、クラス14位
総合35位と完走しましたが、こちらも途中右ボディーを
クラッシュと、さんざんでありました。

ちなみにベストラップを掲載、、。

フォードGT GT3 1,43秒

911GT3      1,43秒

F488 GT3    1,43秒

コルベットGT3   1,43秒

NSX         1,47秒

RCF         1,48秒
AMG
アウディ 

ケーブルTVを朝、5時ころ、何の気なしに見てたら、、。
特別中継とか、、。

ということで、一日中見てました、、。
今朝、4時ころ、ゴールで、、。
優勝は、プロトタイプのキャディラック、、。

GTクラス,フォードGTが、しかし、クラス5位まで同一周回数で
最後のファイナルラップまで激走でありました、、。
24時間、ズーッと抜きつ抜かれつのスプリントレースで、、。

IMG_0901

1990年アタシは、ドイツ、ロークレーシングのティームと
デイトナ24Hに993GT2で参戦しました。
その年、996GT3がディビューレースでしたが、、。
結果は、散々で色んなトラブル、クラッシュでリタイヤに、、。
兎に角、2月のデイトナは寒く、深夜は0度近くまで、、。

今年は、とどめで雨が夜中中降っていましたが、TV見て
ると、クレージなアメリカン野郎が、普通は半そで、短パン
なのに、しっかりキルティングなど来て、寒そうに、、。

IMG_0902

当時は、70歳を超えたポール、ニューマン氏も996GT3で
参戦されてましたが、良い思い出に、、。

ということで、レクサス RCF GT3が今年は、WSCC北米と
ドイツニュル24H,そしてADACのVLN,国内では
スーパーGTに参戦します。

今後の活躍を大いに期待してます!

一度、乗ってみたい!

つづく。

 
turuta_s_room at 11:15|この記事のURL

2017年01月28日

ポルシェ 997GT3RS用ミッションオーバーホール

IMG_0897

IMG_0898

IMG_0899

997GT3RS後期モデルの1速、2速、3足の
ギヤの入りが悪いので、ミッションを降ろし、分解し
シンクロナイザーリングなど、交換しようと、、。

オーナーさんは、サーキット走行練習の為に、この
車両を購入されましたので、走行はサーキットと自宅の
往復、、。
サーキットは、スズカ、、。

素人の方は、ギヤチェンジに焦るあまり、クラッチペタルを
踏むと同時くらいに、操作することが多く、スズカはテクニカル
では世界有数のコースですから、ギヤチェンジは忙しいです。

ミッションを壊すのは、プロも同様で、0,1秒でも速く前に
出たい一心で、このようなマニュアルミッションの操作は、
荒くなるのは、当然であります。

こればっかりは、経験を積まないとミッションは虐められる
こととなります。

高い勉強代になるわけです、、。
でも、楽しいのです、それが、、!

つづく。
turuta_s_room at 16:17|この記事のURL

トヨタ アリスト V300 ターボチューニング

IMG_0896

IMG_0895

IMG_0894

アリスト H11年式です。

エンジン VVTの3L 2JZ−GT シーケンシャル
ツインターボ車両です。

オーナーさんは、マニュアルシフトに交換してます。
今回、やっとターボチューニングを、、。

現在、ターボKITはどのメーカーさんからも発売を中止
されてますので、ターボなど単品をかき集めての、、。

もうすでに、あの黄金時代のターボチューニングは、
今は昔、、。

ポルシェも991やブクスターも、ターボ車両に戻りました。
ターボ時代に再来であります!
F1もターボ、WRCもターボ、WECは、ターボ&ハイブリッド
など、、、。

まだまだ、モーターと4サイクルエンジンのハイブリッド時代は、
続くのでしょうか、、。

昭和、平成、そして次の元号に変わろうとしてますが、アタシは、
これから体力、知力、性欲!!など、衰えていくばかり、、。

今は、欲しいものは!と聞かれると、そう、もちろん、先立つ
お金はあっても損はない程度で、、、。

まあ、健康一番!、とおじいちゃんみたいなツルタであります、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:09|この記事のURL

2017年01月26日

プリウス30 やはりスロットルは固着!

IMG_0868

IMG_0871

IMG_0873

1月26日、朝8時半、、。
また、プリウス30カーボン君は、エンジン始動時、
ハイブリッドシステムチェックのランプ点灯!
動きません!

で、絵のエンジンのスロットル部分の上から熱い湯を
掛けました、、。
すると、間もなく、エンジンが始動しました!

IMG_0885

IMG_0886

IMG_0887

その後、車両を移動し、システクチェックを点検して
みると、絵のように、スロットル固着と表示されました。

今朝の外気温マイナス2度でした、、。
どういうことでしょうか、、?
また、謎が一つ、、。

これでは、長野県のスキー場にもいけません、、。

つづく。
turuta_s_room at 17:49|この記事のURL

レクサス ISF 中間パイプ取り付け

IMG_0878

IMG_0877

IMG_0880

ISFです。
近所の長い付き合いのオーナーさんです。
昨年、お子さんも手が離れ、奥様がいいわよ!と
お墨付きで、チューニングアップされてます。

今回は、チタニウム製中間パイプを組み込んでます。
ISFにアイコード製チタンEXマフラー&中間パイプを
組み付ける場合、燃料を欲しがりますので、ECUの
バージョンアップも必要で、今回、書き込みました。

これで、低速はやはり抜けが良い為、少しトルクが落ちますが
3500RPM以上は、胸のすく加速を体感出来ます!

つづく。
turuta_s_room at 16:16|この記事のURL

2017年01月24日

トヨタ プリウス30 貴重なトラブル発生!

IMG_0868

IMG_0867

IMG_0865

プリウス30です。

外板、全てドライカーボンの、、。
T社の社長も試乗されたという、、。

今朝、豊田市は気温̠−4℃まで冷え込みましたが、、。

このプリウス社外に置いていたのですが、朝一番、9時ころ
動かそうとIGオンにすると、エラー表示で動きませんでした!。

IMG_0866

IMG_0864

IMG_0863

でもって、システムテスターで異常個所を調べると、
何とスロットル固着という表示を、、。

エー、この寒さでスロットルが凍ったのか、!

30分ほど、押して動かし日の当たるところに持って行って
色々触ってると、突然エンジン始動し、正常に戻りました。

トヨタ自動車の友人などに、、。
北海道士別などで極寒テストなど、気温マイナス20度くらい
でも、平気で始動する!などと、。
そう、カナダなどマイナス30度以下でも、、。

絵のフロントフードにエアダクトが付いてますが、これが丁度
電子スロットルの真上にフード内側の穴が開いてるので、
ここから前日などに降った雪が悪さをしたのか、、。

通常では、考えられないトラブルでありました、、。
明日の朝、再発すれば、対策しなければ、、。

貴重な経験でありますが、原因はまだ、分かりません。

”超ムーの世界”であります、、、。
皆さん、知らない方は一度ご覧になると、、。
面白いですよ!

無責任な内容ですが、アタシは大好きであります!

円盤に乗って、宇宙人(異星人)とかに会いたい!
もうすでに、地球上には、かなりの数の異星人が、、。
ワクワクしますです!

つづく。
turuta_s_room at 17:05|この記事のURL

2017年01月23日

レクサス RCFサブコン チタンEXマフラー&中間パイプ セッティング 2 

IMG_0833

IMG_0834

RCF
チタン製EXマフラー&中間パイプ仕様は、何とか495PS
出ました、、、。

ノーマル時、450PSでしたので、この車両は、、。
アイコードのシャシーダイナモで、、。

これから、エアクリーナー部分を外したりして、吸入抵抗で
まだ、馬力アップするかテストします。

前回、もう1台のRCFは純正マフラー仕様で、サブコンを
使用して480PSくらい出ましたので、まだ、出そうですが、、、、。

RCFのエアクリーナー部分は、要チューニングであります。
どのくらい変わるか、楽しみです。

つづく。


turuta_s_room at 12:55|この記事のURL

スーパーカブ ェンジン不動の原因発見!

IMG_0832

友人から借りてるアイコード号?のリトルカブです。

バイク屋さんに1年以上預かっていて、オーナーさんがもう
乗らないというので、自分がアイコードまで、引き揚げてきま
した。

でもって、オイル変えたり、磨いたり、そしてプラグも
掃除したりして、工場内においてましたが、エンジンが
掛かりません。

色々見ましたが、、。
で、スパークプラグを外して、キックして点火してるかどうか
みると、スパークが外にリークして、先端の隙間に火が、、。

で、新品をバイク屋に買いに行きました、450円税別!
本日、早速キックすると、なんと2発目にはエンジンが始動!

プラグを掃除した時、事故!があったのです、、。

ということで、今日は豊田市は、晴れ間がのぞいてるのに
粉雪が降る、変なお天気ですが、近くにコレでお出かけ、、。

アタシは、思い込んでいて、50ccの原付は信号を2段階
右折しないといけないと、、。
良く、原付の皆さん、平気で交差点を右折してますが、”ありゃ
皆違反じゃけ!”と、、。

正確には、2車線までは、右折可能で、看板指示が2段階
右折なければ、OKなのです。

つづく。
turuta_s_room at 12:47|この記事のURL

ポルシェ997ターボ 6MT チューニング開始

IMG_0829

997ターボ 6MT車両です。

アイコード号と全く同じ仕様です。
静岡県のオーナーさんですが、本日入庫です。
これから、550仕様アンド色々チューニングしていきます。

IMG_0824

IMG_0825

手始めに、アイコードに来られるとき、車載のナビが
”運転中作動出来ません!”と、使えなかったので、
これから点検しようと、、。

見ると、ナビ画面が、かなり奥にセットされていて、画面が
動けませんでした。
また、配線処理がかなりいい怪訝で、今から全部ばらして
やり直します。

つづく。


turuta_s_room at 12:32|この記事のURL

2017年01月22日

ロータス エキシージ 販売致します!

IMG_0810

IMG_0811

IMG_0814

IMG_0815

IMG_0816

IMG_0817

IMG_0820

2001年モデル ロータス エキシージ マーク1

エンジン ローバー 1800cc 4連スロットル
ツインカム

647台の1台

走行 25000km  色  シルバー

タイヤ新品  車検 H30,3

エアコン無し 無事故 程度抜群

価格 応談

つづく。


turuta_s_room at 15:21|この記事のURL

トヨタ プリウス20 中古市場でも人気物!

IMG_0779

IMG_0778

IMG_0776

例えば、この車両プリウス20 H19年式

走行 26000km 程度抜群で、80万円
全て諸費用込です。

家内も今、自分が使用してました20をボコボコに
しながら乗っていますが、仕事、お買い物、荷物運び、
中長距離の移動と、TPO,慣行葬祭などあるゆる場面で
対応します。

もちろん、朝起きて会社などに出勤するときに、ポルシェ
みたいに、早く乗って行きたい!などとは思いませんが、
アタシにとっては、相棒みたいなヤツであります。

このプリウスですが、中古市場でも価格は高値安定、
転売時も良い価格で、、。

また、海外に輸出も人気高くいです。
そんでもって、最悪なのは、盗難もハイエース、ランクルなどに
続き狙われる車両なのです。
盗む時、エンジン音しないので、、。

また、性能面ですが、初代10とは格段に向上し、30プリウスが
発売開始された2009年(H21)にも併売され、2011年
(H23)まで、9年間も販売されました。

20と30では、車重が1290、 1400kgと機種により違い
ありますが、約100kg軽いです。
エンジンが30の1800ccに対し、1500ccですが、明らかに
市街地のストップ&ゴーでは、明らかに20の加速が良いです。

社外品の電子パーツを組み付け、リッター34km走ってるとか、
満タンで当たり前に1000km走行出来るとか、経済的にも
群を抜いております。

モーターやバッテリーの電磁波が悪影響するなど、風評被害も
出てますが、アタシは、すでに20,30と13年間乗り続けて
いますが、ナーモ体調異変ありゃんせん、、。

とまあ、T社の宣伝広告みたいなお話しですが、今足に使い
たい車両は!と聞かれると、迷わず、、、。

今後の希望は、車重の軽量化、もしくはポルシェみたいな
ライトウエイトモデル(極端な)を発売して欲しいです!

自分でチューニングするしかないかもしれませんが!

IMG_0720

絵の車両のような外板を全てドライカーボンで製作
されました。
製作会社”T社”さんに敬意を表します。

軽量プリウス、名付けて”プリウスGT”なる車両が、。

つづく。





turuta_s_room at 10:27|この記事のURL

2017年01月21日

レクサス RCF EXマフラー&中間パイプ ECUサブコンセッティング

IMG_0783

IMG_0782

RCFは、
チタン製EXマフラー&中間パイプによるECUの
サブコンセッティングに入ります。

EXマフラー単体では、すでにパワーチェックしまして、

今回は、どれくらい上がるか、、。

つづく。
turuta_s_room at 16:55|この記事のURL

2017年01月20日

KMP レーシングステアリングKIT発売開始!

IMG_0765

IMG_0766

IMG_0768

IMG_0769


IMG_0770

IMG_0772

KMP製レーシングステアリングKITです。
現在、ニュル24H,VLNなどポルシェですと
Tip,PDK車両に組み付けられてます。

330mm直径です。

ポルシェGT3レース車両用は、バカ高いので、
向こうの皆さんは、これを購入されてるようです。
配線KITもついてます、、。

ポルシェ用991に対応します。
アタシは、RCFに付けてみようと、、、。

クイックリリース装置は、別売です。

価格  349,000円 税別

ベーシックモデルは、スイッチ2ケ付きで、
クイックリリース無しで
250,000円のモデルもあります。

997/996のモデルなどに適用です。

    
つづく。
turuta_s_room at 15:07|この記事のURL

ポルシェ997ターボゲンロク号 再びエンジン降ろし 4

IMG_0757

997ターボ ゲンロク号は再び火が入りました。

が、しかし、またチェックランプ点灯、、。
ガッカリ、、!

今度は、排気系が何か異常で、、。
メタル触媒がエンジンオイルでいったのか、、。

今、点検してるところであります、、。

世話の焼けるムスメであります!

つづく。
turuta_s_room at 13:46|この記事のURL

2017年 2月4日 ポルシェクラブ六本木 FISCO走行会

2017年2月4日土曜日、ポルシェクラブ六本木
主催のFISCO 1日中貸し切り走行会が開催
されます。

アタシの告知が遅いですが、まだ応募は間に合いと
思いますので、ご参加を、、、。

申し込みは、ネットからポルシェクラブ六本木で
お問い合わせください。

ポルシェ以外でも、エエと思いますが、ナンバー無し
爆音車両、フォーミュラーカーは、要お問い合わせ、、。

車両のセッティングなんど、1日貸し切りなので、
色々可能です。

つづく。
turuta_s_room at 09:41|この記事のURL

2017年01月19日

2017年 自動車部品&加工 EXPO 開催中

IMG_0748

IMG_0750

IMG_0749

2017年 1月今年も開催中の自動車部品
&加工 EXPO

東京ビッグサイトで、、。
900社以上の自動車関連会社が出店、多岐に渡り
、一日では、とても回り切れません、、。

アタシはそう、行きませんでしたが、社員が、、。
今年は、目についたのがカーボン関係、、。
兎に角、日進月歩の進歩が凄いとか、、。

日本の未来は、明るいのう!なんて、ノーテンキツルタは
見もしないで、、、。

明日まで開催されてます、招待状は、ネットで検索、!
それをコピーして持っていけば、入場出来るとか、、。

愛知県の方で、行くのは面倒くさい!って方は、9月に
小規模ですが、開催されるそうです、、。

つづく。
turuta_s_room at 17:32|この記事のURL

2017年01月17日

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 再びエンジン降ろし3

IMG_0746

997ターボ ゲンロク号は、カムスプロケットを
新品交換して、再びエンジンを載せました、、。

さあ、正常になるかどうか、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:13|この記事のURL

レクサス ISF ラジエター交換 3

IMG_0745

IMG_0744

ISFは、
ラジエターを交換しました。
あとは、エア抜きして試乗です、、、。

つづく。

turuta_s_room at 14:09|この記事のURL

2017年01月16日

トヨタのハイブリッド車両の電池について

IMG_0737

トヨタ自動車さんは、プリウスという電池とガソリン
エンジンの異種の物を組み合わせました
ハイブリッド車両を1997年、満を持して発売しました!
ことしで20周年を経過しました。

今では世界中にトヨタのプリウスは走っていますが、
現在の車社会情勢は、欧州、北米、アジアと世界中で
電池、または電気を動力として車両がこれからを
背負っていく状況であります。

特に、欧州、北米などはハイブリッドに負けまいと
電気自動車に力を入れてまして、一部の自動車
ジャーナリストもどきは、これからはハイブリッドではなく、
電気自動車が時代を背負っていくなどと、、。

まあ、日産さんもエーチャンを駆使して電気自動車を、、。
これも実際は、リーフのような電気自動車でなく、
ノートのようなeパワーとか言って、エンジンで発電し、
モーターで走行するので、やはりハイブリッドか、、。

アタシは、電気の専門家ではありませんので、専門家の
意見を聞きながら、トヨタ自動車さんなど偏った意見を
中心にしか情報が入りません。

そのなかで、アタシがプリウスをすでに、2代目、3代目と
15年以上使用してのお話です。

C−HR,プリウス(一部を除き)、トヨタ、レクサスの車両
全般、そして、ミライと、これらはニッケル水素系の
電池を使用してます。
今や電池は、リチウムというくらい浸透していてニッケル
水素系電池は、時代遅れと思われてます。
また、自動車ジャーナリストもどきも、リチウムでないミライを
”なぜ、リチウムを使わないの!”などと、批判してますが、
それは、偏った知識の知ったかぶりだからです!

アタシの友人に、電池屋がいまして、その彼の言い分を
聞きましたところ、リチウムは、ニッケル水素に比べ、
軽量、コンパクトと、まさに価格さえ安価であれば、
これがベスト”と言われてます、、。

しかし、ここに落とし穴があります。
そう、トラブルが起こりやすいのです。

発火しやすい! 高価! リサイクル時費用が必要。
寒い地方、カナダなど、電解液が凍ると、それが原因で
液漏れが発生!などなど、、。
絶対とはいいませんが、極力トラブルを避ける対策と
しては、制御を担当する技術屋としては、より安全な
ニッケル水素を採用するのは、当然なことです!

逆に、ニッケル水素電池は、非常に安定していて、上記の
反対の特徴を持ち、自動車技術屋さんの立場からいうと
場所を取る(リチウムに比べ)以外、これ以上の電池は
ないというくらい、トヨタさんでは、世界最高水準を、、。

主査は、ハイブリッド車両を開発するにあたり、人気先行の
リチウムか、安定して構成しやすいニッケル水素を採用
するのに、悩むのです、、。

今度発売されたトヨタ C−HRは、ニッケル水素を採用
してます。
LCは、スペースの関係で、リチウムを採用してますが、
その他は、皆ニッケル水素を、、。

また、ニッケル水素を使用するにあたり、プリウスなどは、
電池の最大容量の内、一部しか使わず、耐久性を
最大で10年10万キロは問題無く使用出来るよう設計、
テストをしてますが、25年間くらいは、持ちこたえるような
テストもしてるそうでうs、、。

そう、トヨタ自動車の採用してるニッケル水素は、そんじょ
そこらの同じ名前の物とは、違いということを、、、。

もちろん、リチウムも今後、ニッケル水素の安価、安全な
物と同様になる様、開発してるのですが、、。

つづく。


turuta_s_room at 15:42|この記事のURL

2017年01月15日

プリウス30 チューニング完成!

IMG_0720

IMG_0641

IMG_0639

フルカーボンプリウス30は、サスチューニングが
終了しました。
サスペンション、スタビ、タワーバー、リジッドカラーと
やることはやりました。

試乗しましたところ、アイコードプリウス30とは、車重も
軽い(内緒ですが、結構軽い)こともあってか、ショックの
減衰値は、フルソフトから2ノッチ(12段階)硬くしたのですが、
結構、カチっとした乗り心地になりました。
18インチのネオバ&BBSホイールで、、。
もちろん、ステアリングの応答性は格段に向上、、。

競技車両みたいに、ステアリングを少し切っただけで、頭が
スーっとはいります(擬音のオンパレード)、、。
どこかの理論的でない、しかしラップタイムは速い、飛んでる
レースドライバーみたいな、、。

あとは、オーナーさんに乗って頂き、普段街中を通勤
されてるそうなので、セッティングをどう変えるかです、、。
このままでも、市街地、高速、峠くらいはカバー出来るかと、。
そう、自己満足のツルタであります。

昨日から豊田市周辺は、粉雪で一面真っ白ですが、、。
今朝には、5cm以上積雪を期待して、アイコード
プリウス号でドリフトを楽しもうと思いましたが、
市内道路は、殆どエンカリを撒かれ、シャーベット
状態で、面白くなかったです、、。

積雪や凍結状態でのアイコード号は、LSDとTRCオフ
(業務上の切れるやつ)で、リヤをパーキング用の
フットブレーキを駆使すれば、リヤタイヤをロック状態で、
ドリフト走行が可能です、、。
おまけに、FFなので、へたなFR車なら、、。
と、また自信過剰なツルタですが、、、!

FFドリフトは、LSDとTRCオフとパーキングブレーキで
簡単に出来てしまいます。
誰も信じませんでしたが、雪上スクールの氷上を
同乗者を乗せて、また周りも見ていて、華麗!なる
ドリフト走行を見せてあげて、納得されました。

FF車両は、結構楽しいドリフト走行が可能であります。
圧接した雪上や氷上では、リヤタイヤをパーキング
ブレーキでロックさせても、平気で前輪が路面を
掻いて、前進していきます。

スキー場までの山道も、登り道を豪快にドリフトしながら、。

ああ、思い出しますです!!

つづく。
turuta_s_room at 16:49|この記事のURL

レクサス ISF ラジエター交換 2

IMG_0723

昨年末、ラジエター液漏れで、オーナーさんは、
寂しい年越しと相成りました。

やっと、新品ラジエターが入荷しましたので、交換します!

つづく。
turuta_s_room at 16:24|この記事のURL

レクサス RCF サブコン&チタンマフラーセッティング開始

IMG_0725

IMG_0728

IMG_0732

RCFは、チタニウム製メインマフラーを交換して、

ECUのサブコンセッティングに入ります。
まずは、ノーマルECU状態で測定し、セッティングで
どこまで煮詰まるか、、!

つづく。
turuta_s_room at 16:13|この記事のURL

2017年01月14日

2017年 東京オートサロンショー開幕

IMG_0657

2017年1月吉日、東京オートサロンショーが開幕!

年始の挨拶周りが、一気に出来ますので、朝2時起きで
クルマで行ってきました。

金曜日は、業者専用で9時開演ですが、6時半に駐車場に
着いた時、ただっぴろい駐車場は、すでに1/3は埋まって、、。
開場と同時に、館内通路はすでにお祭り騒ぎ、、。

IMG_0666

まずは、ヨコハマタイヤさんにご挨拶、、。
新規のA052など、スポーツタイヤが発表されて、、。

IMG_0667

IMG_0668

BBSさんの前に橋本コーポレーションでご挨拶!
ケイマンGT4のマンタイ製BBS RIDみたいな、。


IMG_0669

アクラボビッチのチタンマフラーもすでに、、。

IMG_0672

IMG_0670

BMW M2のホイールやアクラボマフラーも、、。

IMG_0673

IMG_0674

これがセッターロックのRIDみたいなBBS製、。
ポルシェ用も出すとか、、。

IMG_0676

ベントレーもか!などと国内輸入車第一号のSUVの
純正ホイールはBBS製、、。

IMG_0682

レクサスでは、RCF GT3が心機一転2017年製の
ホモロゲも取れて、国内GT300には、インギングさんと
大阪トヨペットさんが出場予定、、。

ニュルブルクリンクもVLNでは、リングレーシングから
1台、RCF CUPなる物が出場予定、、。

IMG_0685

2017年 GT500に出場するLC500です。
表面のカーボン地がRCF GT3と違うのは、カーボンの
織り方の違いだけで、性能差はそれほど、、。
LC500用の方が、薄く出来るとTRDの方が、、。

テストのラップタイムは、すでに昨年を超えてますが、
他の競合車両の三味線もあり、どれだけ戦闘りょくが
上がったかは、、。

なんで、そんなにタイムが上がるのかとバカな質問に、
関係者の方は、空力です!と一言、、。


IMG_0687

IMG_0688

トヨタさんは、今年はラリーに再参戦と記念すべき年!
往年のラリーカー3台が、、。

WRCカーも完成し、活躍が期待されます。

IMG_0690

IMG_0693

IMG_0694

今年のトヨタ系ブースの主役は、CーHRです。
チューナップパーツ?まで、。

ニュルを走行したコレは、1,2LターボのMT車、、。
輸出専用ですが、国内にも欲しいです!!

IMG_0699

これは、女性が内外装をデザインした参考出品、。

IMG_0696

絵は、2014年ニュルのVLNに参戦した2人!とサポートした
二人、、。

IMG_0702

IMG_0701

プロジェクトミューブースには、昨年GT300クラスに
フェラーリ488GT3で参戦した車両、、。

そう、乗ってるヤツが友人なので、、。
これ1億円します、スペアパーツも同じくらい、、。

RCF GT3もそれくらいの価格ということですが、原価は
それ以上とか、、。

それから、ノーベルさんの渡辺社長さんは、昨年ISF CCSRで
ニュルVLNにティームとして参戦されてましたが、今年は
GT86(VLNに出場してるレース車両)で本人が参戦希望と、、。
で、アタシにもお声をお掛けいただきまして、、。
やる気になってしまいそうであります、、。

中国からブースを出展してチタンパイプなどEX系やそれ以外の
部品を多く展示されてました。
兎に角、外国人の多い事、、。

また、AMGの出店、ホンダさんは、シビックタイプRを発表、、。
などなど、モーターショーさながらのビッグメーカーさんの
力の入れようでありました、、。

IMG_0706

当日、御殿場で一泊、東富士の友人と一杯飲みながら、
こちらではAE86でのVLN参戦を着々と計画、、。
これにも、アタシが乗って参戦しないかと、甘いささやき!
どちらも出たい!出れるものなら、、。

某カーメーカーさん(H社)も、ニュルに参戦したいとか、、。

IMG_0706

今朝7時に御殿場を出発、晴天とは言えませんが、太陽は
富士山を照らしていました、、。

それが、掛川の新東名あたりで、雪がちらつき、、。

IMG_0710

浜松では、吹雪、、。

そして、渋滞、、。

IMG_0713

エンカリを撒く、車両の次は、そう除雪車が出動、、。

約1時間半の遅れで、、、。

IMG_0714

やっと東海環状線に、、。

AM9;00にアイコード到着予定が、10時になっちまって、、。
豊田市では、殆ど雪も止んでましたが、、。

IMG_0715

IMG_0716

AM11;00くらいからボタ雪が、粉雪の大振りになって、、。
危険なので、社員は昼で早退させました、、。

路面は、雪は積もらず、濡れてるだけですが、優しいツルタは
一人留守番であります、、。
日ごろサボってますので、このようなときは、一応責任者の
気持ちになって、、。

つづく。













turuta_s_room at 13:53|この記事のURL

2017年01月12日

BMW Z3 2L 6気筒ECUチューニング

IMG_0637

IMG_0638

Z3 2L 6気筒 AT車です。

デジテックでECUをチューニング施工されました。
関東の方ですが、アイメック時代からの長いお付き合い
です。

当時は、ポルシェで過激なチューニングをされましたが、
不当なだましに合い、仕事上数億円の負債を背負いました。
家族は、奥様に離婚され、お二人のお子さんを養いながら、。

不眠不休の働きで、現在は返済を終了、やっと一般の生活
を取り戻されました。そして、新しい伴侶も、、。

しかし、まだZ3を買うのが分相応であり、少しづつ昔の
チューニング魂が芽生え、ネットを駆使して安価なパーツを
集めながら、チューニングを楽しめられてます、、。

アイコードも今年で何と10周年目になります。
そこで、この方にデザインしていただき、何かメモリアルな
物を作って頂こうと思っております。

もう時効と思いますが、フランスのある有名ブランドの
貴金属の製作に10年も修行され、国内でも皇室など、、。
今回、ヨーロッパからアンティークな貴金属の修理依頼を
受けているそうですが、先方ではもう職人さんが数人しか
いなく、どこも困ってるそうであります。

彼は世界特許のレーザーによる貴金属、指輪などのサイズ
直しを完璧に行い、ヨーロッパのブランドメーカーが認め
直す凄い技術を持っています。

今後、下界にもその名が轟き、超有名になることは間違い
ないでしょう、、。

それまでに、安価で作ってもらいますです、、!!
アタシャ、全く価値が分かりませんが、、!

サイズ直しや、修理などご希望の方は、、。

http://www.virtue-eu.com

株 ビアーチェ さんです。

つづく。
turuta_s_room at 15:50|この記事のURL

トヨタ ハイエース 3L DTエンジンECUリセッティング

IMG_0656

IMG_0655

IMG_0643

ハイエース 3L DTエンジンのリコールでECU内部が
書き換えられました。

モジュールでの上書きが出来ない為、アイコードに持ち込んで
頂き、現在のECUを解析し直して、再び書き込むことに
成功しました。
が、車種は、年式、型式で8種類以上あり、また各1台ずつの
解析が必要ですが、とりあえず書き込むことが出来ました。
以上、報告まで、、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:02|この記事のURL

レクサス RCF サブコンECU セッティング

IMG_0649

IMG_0648

IMG_0648

IMG_0652

RCFは、
純正仕様で大体仕様が決まってきました。
これから、チタン製EXマフラーや中間パイプ、そしてたこ足と
順を追ってセッティングしていきます。

つづく。
turuta_s_room at 14:57|この記事のURL

2017年01月10日

ポルシェ997ターボ ゲンロク号 再びエンジン降ろし2

IMG_0632

IMG_0633

IMG_0634

右バンクのカムシャフトの油圧式カムスプロケットを
交換しました。

これで、正常になれば良いのですが、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:35|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives