2017年08月

2017年08月31日

トヨタ C−HR EXマフラーのパワーチェック

IMG_0279

IMG_0285

トヨタ
C−HRのパワーチェックを敢行しました、8月末、
気温33℃〜 もお、暑い最中の日中に、、。

IMG_0290

IMG_0300

IMG_0298

IMG_0302

絵は、ステンレス製左右出し90パイの純正
リヤバンパー用EXマフラーです。

IMG_0303

IMG_0304

ノーマルEXマフラー    131ps

アイコード 同じ      144,4ps

気温が33℃〜44℃と、真夏に、、。

ハイブリッドエンジンは、パワーチェック時は、
ABS,TRCなど全てカットして行います。
整備仕様にしてから、、、。

EXサウンドは、室内で聞いてると少し低温が効いた
野太い音に、、。
社外では、シャシーダイナモのローラーなどメカ音に
かき消されて、あまり大きくは感じませんが、EX
サウンドは、なかなか心地よい音です。

シャシーダイナモでは、テストの仕方で多少なりとも
差が出ますが、今回、気温があまりにも高温なので、
修正係数も高く、気温が20℃くらい下がったところで
やれば、も少しシビアな数値になっていたと思います。

つづく。





turuta_s_room at 17:17|この記事のURL

2017年08月29日

2017年 8月末日 ある日のアイコードの仕事

8月のある日のアイコードの仕事内容です。
アイコードは、盆暮のお休み以外、最近は
年中無休で営業してます。
必然的に、社員のお休みは月初にあらかじめ、
自分の休日を提出してます。
アタシなど、大体水曜日にお休み頂いてますが、
社員が水曜に集中して休む時は、代わって、、。

ということで、本日は3人出勤、、。

3人のお仕事を、、。

IMG_0269

IMG_0270

メカAは、964カレラのエンジンを組んでいます。
絵は、シリンダーをオイルストーンで磨いて、、。

IMG_0267

IMG_0268

メカBは、BMWE90 325Iのエンジン不動で、
カムシャフトのエキセントリック、シャフト、センサー
を交換してます。

んでもって、アタシは、、、。

IMG_0271

IMG_0272

溜まったダンボールケースをひとつづつ、分解、
折り曲げて、産廃業者さんに持っていく為、
朝から汗だくで、働いてました、、。

これが、アイコードの今日のお仕事であります、、。

片付けが済んだアタシは、お昼から前回の休日の代休で
お家に帰ります。
そう、ビールと小説の時間であります。
今回は、宮部みゆきさんの”荒神”です。

ネットの誰かの意見で、シン、ゴジラの元にになった
ストーリーとか、、。
ま、なんでもいいんです、ビールが昼から飲めれば、。

今朝の空襲警報は、、!と、戦争体験者が仰っていたようですが、
まさに、隣国さんは、、、。

Jアラートは、100億円費用がかかったそうで、、。
”死の商人!”じゃあ、ありませんが、戦争で儲ける方々は、
こうやってお儲けになるんですね!

つづく。

turuta_s_room at 11:35|この記事のURL

2017年08月28日

レクサス ISF サス&エアロチューン開始

IMG_0266

IMG_0265

古い友人です。
当初は、アイメック時代にチューニングで、、。

今回、自分へのご褒美にISFを、。
すこしづつ小遣いをお貯めになって、チューンを
しておられます。
今回は、サスペンションとエアロです。

車高調KITのアイコードオリジナルです、、。

エアロは、やはりアイコード製カーボンフードです。
9月23日、蒲郡のラグーナでのレクサスミーティングに
間に合わせたかったのですが、、。

あと、レムスさんのドライカーボンリヤアンダースカート、、。

話は変わって、某T社さんの幹部教育のお話です。

ある方が、もう20年以上の社員の方が、生産管理の
過程で、約半年間の教育を受け、たくさんの資料を基に
勉強し、試験当日、複数の試験官からの難しい質問に
どう対象したらよいかの問診試験とか、、。

で、何とかそれをパスしたそうです、、。

しかし、その後、ある社員の方がミスをして流れ作業の
組立の中で、中断してしまいました。
で、その監督責任者であるその方は、上司から失跡を、。
半年間の間に、徹底的指導教育を受け、万全の態勢で
ミスなど起こらないようシステム化したのですが、、。

その結果、その方は、半年も掛けて勝ち取ったその資格を
失うこととなり、再度挑戦ということに、、。
ウツになる要因の一つか、、。

ミスした部下は、”すんません!”の一言で、、。

部下の責任は、そう上司の責任であることは常識であり
ますが、ルールとはいえ、会社に出勤するのが怖いと、、。

ブラック企業など、色々昨今はネットのおかげでニュースに
なっていますが、、、。

中間管理職の厳しい現実であります。

以前にも、やはり大企業の中間管理職が、部下を他所から
配属されましたが、全くセンスの無い仕事でミスをしました。
で、その方は、上司に彼はこの仕事に向いていないから、
転属を申し入れしましたが、上司の一言、、。
”それを教育し直すのお前の仕事だ!”

まさにそのとうりなんですが、、。

世の中間管理職の皆さん、ストレス発散の為、愛車の
チューニングしましょ!
そう、これが言いたかったのであります、、!

高校野球は、勝ち抜き戦で、一瞬のスキ、ミスが大きく
勝敗を分けますが、ミスした選手はそりゃもう、一生の
不覚とどん底ですが、、、。

まあ、一生は長いのであります。
皆さん、前向きに行くしか、、。

でも、でも、交通事故や不慮の事故で無くなった方や、
体が不自由になった方、病気の方、。
世の中、旨くいきません。
あーあ、アタシは、何とか生かせていただいておりますが、
いつ何時、アクシデントが、、。

他人の心配などしてる暇はありゃんせんのです!
地道に生きていきますです!

つづく。

turuta_s_room at 11:57|この記事のURL

2017年08月26日

レクサス GSF チタニウム製EXマフラー&中間パイプ組み付け

IMG_0257

IMG_0259

IMG_0261

レクサス GSFに、アイコード製フルチタンの
EXマフラーと中間パイプを組み付けてるところです。

IMG_0262

GSFは、テールピースが別体です。
ですから、ISFとは、定価がお高いです。

GSFは、RCFに比べ、まだ数台ですが、
パワーチェックやサブコンセッティングすると、
数馬力ですが、多く出ます。

レクサス担当者の方も言われてましたが、どうも
RCF&GSFの初期物は、ISFの限定モデル
”ダイナミックチューン”のように、エンジンの
バランス取りした手組のエンジンを初期物に投入

やはり、RCFに比べ(または初期物だけか)GSFの
エンジン内部が少し変更されてるかと、、。

ま、そんなことは無いと思いますが、、、。
どちらにしましても、トヨタのノーマルエンジンで、
シャシーダイナモで、500PS近く出てしまうことが
嬉しいです。

今後は、ヨーロッパなど化石燃料エンジンの不手際を
もみ消そうと躍起なのか、EVに特化していくなどと
無茶な計画をお披露目されてますが、、、。

自動車評論家の皆さんも、内心はどうかわかりゃんせんが
EV化を称賛しております。

電気モーターなどで動けば、そりゃCO2、HC問題は
一挙に解決と旗振りされてますが、現実は厳しく
ドイツなど、60%の産業が自動車です、、。
エンジン、ミッションなど主要部品の開発、製造が減少
していけば、雇用問題など、、。

トラック、バス、産業車両&機器など、大排気量の
原動機を電気モーターに変更すると、どれだけの
電気が必要か、、。

まあ、アタシが心配しても、ナーモ変化は、、。
でも、進化は必要ですから、あと10年後くらいまでに
水で動く原動機など、有毒な排出ガスを出さない
新種の原動機が出て来ると期待してます、、。

テスラじゃないけど、BLITZ(ドイツ語の稲妻)でも
人口的につくって蓄電などと、、。

豊田佐吉さんは、後年永久動力など研究されてたとか、、。
無燃料動力や無燃料発電など、世界各地で色々発明されてる
とか、、

ターミネーターさんの動力源など、、。
すでにそのような永久動力は、開発されているが政治的
理由から封印されてるとか、、。
そこには、やはり”超ムーの世界R”などで紹介されてる
宇宙人が関係してくるようで、、。

月、あれは地球の惑星でなく、宇宙人の作った宇宙船、、。
だから、切羽詰まったら化石燃料、電気など当てにせず、
待った違った動力元を教えてくれるとか、、。

その前に、早く月の真実が知りたい!
これ、妄想ではありません、願望です!

つづく。

turuta_s_room at 14:10|この記事のURL

2017年08月25日

ポルシェ964カレラ オイル漏れ修理の続き2

IMG_0255

IMG_0254

964は、現在ばらしたシリンダーヘッドを
組み付けしてます。

つづく。
turuta_s_room at 15:28|この記事のURL

レクサス RCFゲンロク号 オイル冷却対策 3

IMG_0248

IMG_0249

RCFは、
エンジンを載せました。
チタン製たこ足も組みました。
絵は、運転席側がATミッションんオイルのクーラーです。

IMG_0256

オイルクーラーのアタッチメントが純正の水冷式を
外して、空冷の純正と社外品の直列2段式にする為、
社外品を使用する為のアダプターを製作中です。

つづく。

turuta_s_room at 15:25|この記事のURL

2017年08月24日

ポルシェ996ターボ ドアガラス作動せず

IMG_0231

996ターボTip車両です。
右ハンドル仕様ノディーラー車、希少車です。

オーナーさんが、左のドアガラスが上げ下げ出来なく
なった!と、、。

で、ばらしました。
えは、エアバックマークのアルミカバーを外して、中に
キャプボルトを緩めて、、。

IMG_0233

IMG_0234

遮音材を端から剥がします。

IMG_0238

スピーカーボックスを外します。
IMG_0237

IMG_0239

指で指してるワイヤーが切れてるようで、、。

モーターで駆動し、ガラス窓を上げ下げしてますが、
996系は10年も経過すると、よく破損しますです、、。

IMG_0247

これが、ウインドウ、レギュレターといいます。
そう、モーターとワイヤーで、ガラス窓を、、。

現在の部品価格 43、308円税込み価格です。
これに、ポルシェジャパンからの送料1500円くらいが
かかります。
これに工賃が加算されます。

恒例のトヨタ車なら、このような故障(経年劣化)は、
あまり事例がありません。

トヨタ生産方式をお真似になったポルシェ社なのに、
このようなところは、、。

それとも、単純に備品単体の耐久性の問題か、、。

5年もてばOKの欧州車ですから、、。
何度も言いますが、トヨタ車は、ある関係者からの
聞き伝えなので正確ではありませんが、25年は持たせる
などと、、。

自動車を長く、故障知らずで乗りたいなら、トヨタ車を
迷わずお奨めします。
しかし、楽しく乗りたいなら話は別ですが、、。

ポルシェ996ターボ、この車両は2001年モデルです。
すでに、16年の長きにわたり、オーナーを満足させて
きましたので、そんなに悲観するほどのことでも
ないかと、、。
このオーナーさんは、毎日の通勤にポルシェを、、。

その為には、このように修理を恐れていてはなりません。

ま、このような愛車は、何かの理由で手放した時、
痛感するのです、、。
そして、また、どうにかして手にいれるのです!

つづく。










turuta_s_room at 13:26|この記事のURL

アバルト 595をいじる!

IMG_0241

IMG_0243

アバルト
595 コンペティツオーネです。

知人が足代わりに購入しました(ウラメシイ)。
名古屋市内を縦横無尽に名古屋走りが可能で、、。

ということで、コレのチューニングをやります。
右ハンドルですが、オーナーさんのご感想は、ペタル位置が
とてもしっくり?こない、、。

で、これらも改造、、。
パワーアップは、ECUにサブコンで20PSくらいは、、。
すでに純正で、1,2もブースト圧がかかっているとか、。

サスは、やはり高速コーナリングで、よれるなどと、、。
これから、ガンバリます。

つづく。

turuta_s_room at 12:41|この記事のURL

2017年08月22日

アイコード 社用車タイヤが変形!

IMG_0225

IMG_0226

IMG_0227

IMG_0228

アイコードのサービスバン三菱”タウンボックス”です。
通常は、軽4ですが、この車両はフェンダーをワイドに
した5ナンバーの普通車です。

時々、代車にも使用します。
今回、その代車でお客さまにお貸ししていた時、その
トラブルが発生しました。

タイヤの中央部の剥離です。
BS製ですが、、、。

IMG_0229

製造年月日は、2010年平成、7年前に新品
交換しました。

タイヤ自体は、まだ使用に耐えれる範囲でしたが、、。
原因は、その¥こからの急激な衝撃(キャッツアイを踏んだ)
とか、単純に経年劣化か、、。

IMG_0230

7年経過で、このような経年劣化はあまり、考えられませんが、
今回は、ヨコマハタイヤのエコスに新品交換します。
4輪とも、、。

タイヤは侮ると大変な事故に繋がります。
大きなお世話ですが、今一度愛車のタイヤの状態や
製造年月日を確認してください。
事故は、未然に防げます。

これとは、全く関係ありませんが、アタシは、数十年ぶりに
自損事故をやらかしました、、。
愛車、プリウス30を何故か無造作にバックさせ、狭い所
を移動してました。
ど真ん中にあった電信柱にドーン、。
時速は、クリープ状態ですので5kmくらいは、。
かなりの派手なグシャーンと共に、リヤバンパー、リヤゲート
の一部、そしてリヤスポイラーを破損させました、、。
トホホホ、、。

バックモニターも付いてるのに、、。
ボケが始まったのであります、、。

昨日は、冨士総合演習を見終わって、帰りの新東名で100+α
の速度で調子良く飛ばしてまして、白い200系クライン(まだ
新しい)をサーと抜きました、、。
すぐにコイツ!が走行車線から、アタシの後ろに食いついて
きましたので、すぐに左に移行しました。

コイツは、アタシを追い抜き、また走行車線に、、。
で、アタシは、また追い越し車線に出て、その白いクラウンに
追い付き、並行して走行しながら、ジロリとその運転席の
ドライバーを凝視しました。

ヘルメット無し、、。
ターミネーターの第1作、シュワルツ君とおなじような黒サン
でしたが、よーく見ると、肩の服の一部が空色の、、。

ヒェー!
すぐさま、ブレーキングして後退、後ろの走行車線に戻り
ました、、。
そう、今回は、セーフでありました、、。

うしろクワガタのプリウス30は、それ以降、おとなしく
覆面さんの後ろを、、。

バイクも含め、何台かはその後その覆面を追い抜きましたが、
旨く察知して皆、走行車線へ、、。

ダブルパンチを免れたツルタであります!

つづく。

turuta_s_room at 12:09|この記事のURL

2017年08月21日

2017年度 冨士総合火力演習の予行演習日に行ってきました!

IMG_0166

平成29年8月20日、冨士総合火力演習の予行演習日。
8月27日、防衛大臣をお迎えして行う本番前に数回
演習日というのがあり、今回は20日という自衛隊の
家族のみ参加出来る特別な券が、ある方のキャンセルで
アタシに番が回ってきましたので、、。

この券も最近は、身内であってもなかなか手に入らぬ
レアものであります、、。

また、アタシは過去に2回、縁あって参加してますが、
何時もは、、。

IMG_0171

絵のように座ってみる場所ですが、今回は、、、。

IMG_0169

IMG_0170

ベンチに座ってのお高いところから、、。
絵では、10時開演の1時間前でして、半分の入り、、。

なんせ、数万人規模で、年に一度の大イベントであります。
全国から観衆が集まります、、。

IMG_0167

絵は、自衛隊のMP(憲兵さん)用乗り物、、。

IMG_0168

会場入り口手前は、十数件の的屋さんやお土産屋さん、。
ここでしか買えない自衛隊のTシャツなど、、。

前日より御殿場も雨の連続で、大会の責任者の挨拶では
雨で、事前練習もままならぬ本番ぶっつけですが、気合で
頑張ります!などと、、。

身内の予行日とあってか、陸将補さんも挨拶では、家庭内
のことで、私も孫に”じィじ!”と呼ばれて、本日も見に
きております!などと、、、。

IMG_0172

IMG_0173

IMG_0175

IMG_0176

演目の目標では、遠くに2段,3段山にめがけて大砲など、。

IMG_0183

陸上のヘリ部隊も、。
通称”アパッチ”の30mmバルカン砲が、、。

IMG_0186

74(ナナヨン)式戦車です。
1974年に正式採用、、。
105mm砲です。
これも空気をつんざく大きな音が、、。

IMG_0188

IMG_0190

10(ヒトマル)式戦車、最新鋭です。
2010年正式採用です。
1200PS/2300RPM

アタシのガキの頃は、61や74などと、、。
たくさん、タンクをタミヤ製のやつ、作りました!

10式は、後方自走しながら120mm砲を撃てる、電子の
要塞であります。
120mm砲は、74に比べ、もう一回り腹に響く
ズドーンという迫力ある音が、1kmくらい離れていても
聞こえます。
戦車内にいる方々は、どうなっているのか、、。

演習場は、大体1km四方の広場ですが、その中を全ての
自走車両は、全速で、、。
タンクなど、ディーゼルターボエンジン全開で加速していました。
無段階自動変速機ですが、3速くらいのギヤチェンジしてるような、。

実弾演習です、アタシは、最初に行ったとき、もっとかぶりつきの
一番前で、座って見ていまして、その時は90式でしたが、その
主砲の発射音は、もう、空気を揺るがす、大音響、、。

今回は、そう両手で耳を覆って、、。
常連者たちは、よく見るとイヤープラグを、、。

戦争を賛美する訳ではありませんし、ただ、装備品の技術面に
興味を、、。

もし、本当にどこかの国と戦争になれば、このような火器では、
通用せず、ミサイルや核攻撃など、、。

自衛隊の任務は、もちろん日本国の自衛が大前提ですから、
天災などでの出動が主目的と、、。

しかし、見ると見ないでは大違いですが、経験したくないと
思いながらも、何処で何が起こるかわからない現在です。

本気で、隣国が襲ってくることも、万が一に、、。
人間同士が、いがみ合うことが今後も無くなることは
無いでしょうか、、。

地球は、ミステリであります!

つづく。



turuta_s_room at 14:28|この記事のURL

2017年08月19日

レクサス RCFゲンロク号 オイル冷却対策 2

IMG_0162

IMG_0163

IMG_0164

RCFは、フロントグリル内に、AT用オイルクーラー
10段、右エンジンオイルクーラー10段のコア本体を
固定しています。

また、オイルフィルターに組み付けるアダプターを
固定するボルトは、新設なので、設計しなおして
製作しています。

つづく。


turuta_s_room at 13:48|この記事のURL

ポルシェ964 オイル漏れ修理 続き

IMG_0161

964カレラのオイル漏れ修理は、現在シリンダー
ヘッドの形状が、初期物はクーパーリングガスケットが
入ってないタイプ(後期モデルから入る)なので、
加工屋さんに出して、加工してもらっております。

つづく。
turuta_s_room at 13:43|この記事のURL

2017年08月18日

トヨタ C−HR用ステンレス製EXマフラー完成

IMG_0153

IMG_0139

IMG_0140

トヨタ C−HRハイブリッド専用ステンレス製
EXマフラーが完成しました。
(テール部チタン製も)

日本自動車輸送技術協会”JATA”の近接騒音、加速
騒音全て、基準をクリア致しました。
車検対応品であります。

IMG_0141

IMG_0142

絵はチタニウム製テールピースが2種類であります。
パイプが長い方が、TRD製リヤバンパースカート
装着車対応品です。
左のパイプが短い方は、モデリスタ製リヤスカート
装着対応品です。
そう、わずかに長さ違います、同一にしたかったですが
スカート両端部のわずかな違いに対応した結果、
こうなりました、、。

IMG_0143

前回、説明が間違っていまして、絵のようにチタニウム製
テールピースは、ステンレス製パイプにリベット止めです。

テールパイプ径  90パイ カール形状



IMG_0146

IMG_0147

IMG_0149

近接騒音    純正   アイコード製

        74db  79db

加速騒音          72db

ステンレス製テールピースのタイプも製作中です。
テールエンドのブルー発色はありません。
ポリッシュ仕上げ

テールパイプの径も含め、全てチタン、ステン共
同サイズです。



希望価格 純正、TRD,モデリスタ共通です。

チタニウム製テールパイプ  148,000円 税別
ブルー発色

ステンレス製ポリッシュテールパイプ
              128,000円 税別

性能は、現在夏の気温で良い成果は出ませんが、
近日中に報告致します。

組み付けの絵も、報告します。
乞うご期待!

つづく。














turuta_s_room at 17:15|この記事のURL

2017年08月17日

2017年 広島へ帰省

IMG_0131

2017年、今年も広島にお盆の帰省であります。
絵は、尾道の向島、高見山頂上にて、、。

今年は、母の90歳(卒寿)、兄70歳(傘寿)、妹60
歳(古希)と記念すべき年ということで、4家族の
大旅行と相成りました。

広島の兄と、その娘の旦那が、計画を練ってくれて、
尾道の”尾道ふれあいの里”という天然温泉のホテルを
予約、そして翌日そのまま南下して、母が幼少の頃、
両親が駐在所として選んだ!向島の立花という町を
尋ねました。

そこでは、お昼を食べるレストランも見つけていました。
”立花食堂!”といって、丁度、立花町にあるお洒落な
レストラン、、。
予約が出来ないので、11時前に到着、並んで順番を取る
など、大人気の小粋なお店でありました、、。

そのお店の道路を壁の向こうは、瀬戸内海です。
兄の娘夫婦の子供2人などカイパンで泳ぎました、。
アタシも泳ごうと思いましたが、サメに襲われると
いけないので、、。

その後、近くの高見山(標高283m)に登って瀬戸内海を
望み、”瀬戸の花嫁”を口ずさみました、、、!
小柳ルミ子ちゃん!は、同い年、、。
デビュー当時、広島市内のどこか(覚えてない)店内で
それを歌う彼女を眺めていましたが、、。

行く道中、橋が二つ平行して走り、しまなみ街道といって、
四国まで繋がっているとか、、。

瀬戸内海も進化してるのであります。

広島の田舎に戻って一泊しましたが、夜中3時ころ
おしっこの為起きて、外に出ると、そうです、近くの
畑に鹿が、、。

アタシに気づいて、ピユと鳴きながら、少し遠くまで
逃げましたが、なめられてるのか、そう遠くまでは
逃げません。
余程美味しい食べ物があるのか、、。

もう、日本中、鹿、イノシシ、クマなど、昔では、山奥
で生活していたケモノ達が人間の世界に、、。

豊田市でも、クマに襲われたと連日、ニュースなどで、、。
其の内、共存が当たり前になってくるのか、、。

時代は、常に変化して続けています、、。
変わらないのは、そう、アタシの頭のなか、、。

進化しようともがきますとと、なんだか退化して
るような、、。

来年は、65歳、年金を受給する年に、、。
100歳まで、生きて、元を取ってやる”などと、、。
そんなレベルであります、アタシは、、。

つづく。



turuta_s_room at 09:39|この記事のURL

2017年08月10日

トヨタ C−HR EXマフラー試作完成 2

CHR4

CHR3

C−HR
のTRD製リヤスカート装着車用ステンレス製EX
マフラーの試作品です。

角度を人物の目の高さにして撮りました。

90パイの左右ダブル出しですが、大きすぎるかなとも
思いましたが、やるならこれくらい派手さがないと、、。
勝手に思い込むツルタであります。

伊達マフラーですから、、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:45|この記事のURL

ベンツ C250 ECUチューンで40PSアップ!

IMG_0108

IMG_0109

IMG_0110

ベンツM205 C250です。

2L 4気筒ターボ車両です。

純正が、211PS → 250PS

40psのパワーアップです。

デジテック製です。

ECUチューニングだけです。

何せ、ベンツは車種が豊富で、興味無いアタシには、
一体どれだけ種類があるのか、、。

売れる理由が否応無しに分かる気がします、、。

細かい対応車種はトヨタ社も負けてませんが、同エンジンで
出力を変えて来る手法は、まだトヨタには、、。

これはBMWも、同様です。
もちろん、ポルシェも、、。

こういうところを真ねしてください、お願いします!

200tのエンジンは、2種類ありますが、これらを
300ps出るくらいのハイパワーも希望します!

そう、ターボの時代再々到来であります!

つづく。

turuta_s_room at 14:11|この記事のURL

トヨタ C−HR EXマフラー試作完成

CHR1

CHR2

トヨタ
C−HR(ハイブリッド専用)用ステンレス製EXマフラー
の試作が完成しました。

絵は、TRD製リヤスカート対応のマフラーです。

リヤピース形状は、90パイ左右ダブル出し、ハーフチタン色の
カールタイプです。

今後、モデリスタ製リヤスカート対応を製作します。
残念ながらTRD製とモデリスタ製のリヤスカート装着
車両は、同じ寸法のテールピースでは取り付け不可能でして、
新たに製作してます、残念、、!

最後に、純正リヤバンパー用も製作致します。
そう、3種類の冶具取りが必要となりました。

もちろん、加速騒音、近接騒音も車検対応の認可も取ります。
あとは、パワーチェックですが、この手のマフラーでは、
他社の商品でもパワーが上がっていますが、そんなに期待は
出来ません。
音量は規格で制限がありますが、出来るだけスポーツサウンドに
なる様工夫しました。

テールピースをダブルにすると、共鳴して良い高音が
出やすいです。
メインマフラーも、出来るだけリヤアンダーの下面を流れる
気流を意識して、マフラー本体も斜めにして空気の流れを
乱さないよう意識しました。

最近のトヨタ車は、車体下部のアンダーカバーには、
拘っていて、エンジン下部は完璧に覆われ、中央部も
リヤサスペンション付近まで、樹脂製カバーが、、。

最後の部分のマフラー部は、マフラー本体がカバーの
役目をしています。
そのマフラーに相当するアイコード製も、出来るだけ
気流の流れを乱さないよう気をつけました。
そう、100+αの速度が容易にでるC−HRなのです。

テールピースが左右ダブル出しのC−HRに高速道などで
抜かれた車両のオーナーさんは、”マカンか、X3,または
CLAか、新型SUVの外車に抜かれた!”などと、、、。

妄想ツルタの始まりであります!

つづく。


turuta_s_room at 13:50|この記事のURL

2017年08月09日

レクサス RCFゲンロク号 油脂類冷却対策を、、。

IMG_0113

IMG_0114

ゲンロク号
RCFにクーリング対策で、ATクーラーとエンジン
オイルクーラーの空冷式を追加しようとしてます。

IMG_0116

IMG_0118

IMG_0119

純正で、RCFは、エンジンオイルクーラーは水冷式と
空冷のダブルですが、それでもFISCOなど数ラップ
気温25度以上の条件で走行すると、エンジンパワーは、
ダウンします。
というかセフティモードに入ります。

IMG_0120

これは、純正空冷式オイルクーラー用コアです。

特にATクーラーは、サーキットなど低速ギヤで
高回転を連続運転すると、油温が140以上に上がり
ますとセフティーモードになります。
パワーを落とし(点火時期など)、シフトダウン
しなくなります。

エンジンオイルの油温上昇や、デフオイルもそれ相当に
上がります。

ガンガン冷やせよ、駆動部分は、、。
幾ら高価なオイルを入れても、油温が適正以上に上昇
すれば、センサーが感知して性能を落とします。
昔は、それらセンサーなどありませんでしたので、
人間感ピューターで異変を事前に感じ、スピードダウンなど、
優秀なプロドライバーは、エンジン、ミッションの負担を
加減して、壊れることを防いでいましたが、、。

最近のプロフェッショナルには、そんな悠長な余裕は無く、
出来るだけ全開で、最後まで全力を尽くすドライビングです。
まあ、テレメトリーなるピット側で全て監視、管理する
システムを導入してますので、、。

それでも、メカトラブル、ヒューマントラブルなど、瞬時に
発生しますので、限界という事はありません。

RCF,GSFは、油脂類のクーリング対策は、
大変良く出来ているのであります。

LC500では、そうはいきません、、。
そう、Fマークが付いていないので、サーキットのことは
考えてないそうで、、。

GTR R35でも、サーキット走行すれば、数ラップ
続ければ、やはりミッション系は音を上げます、、。

ポルシェなどは、その辺はしっかり対策してありまして、
サーキットを1時間でも、連続走行出来るよう冷却システム
は、しっかりしてます。

一般走行では、あまり問題にはなりませんが、それでも、
特殊な道路事情で、トラブルことはあるのです。

過信してはいけません。

日頃の日常点検、異常を感じたらどんな小さなことでも
疑問に思い、その道のプロに相談することをお勧めします。

つづく。


turuta_s_room at 17:19|この記事のURL

2017年08月08日

2017年 アイコードの夏

IMG_0101

2107年夏、アイコードは、元気です。

台風5号は、豊田市をかすめましたがナーモ問題無し!
ありがたい事で、天災には、、、。

今年は、レモンもたわわという訳には行きませんが、
何とか実を付けて、、。
通常は、今頃も白い花が咲きますが、、。
まだ、昨年の後遺症が出てるようで、葉も大きくありません!
まだ、病み上がりであります、、。

IMG_0102

IMG_0103

工場裏のミョウガ畑!は、今年も勢い良く、。

も一つの工場横には、葉桜がありますが、この木に住みつい
てるタマムシは、すでに死んでました、、。

IMG_0105

IMG_0106

代わりにアブラゼミのつがい、または兄弟が仲良く
木のお汁を吸い取って、、。

最近は、中京地区もアブラゼミよりクマゼミが多く
分布してます。
自宅のモクレンの木の周りの地中からはい出したセミが
木に抜け殻を残して旅立っていきますが、、。

先日、孫二人を預かりお昼から名古屋港水族館に連れていき
ました、保護者は家内と娘の3人で、、。

暑い日中、36℃の中、遠い駐車場から館内に入り、孫二人の
活発的行動&予測不可能&久々の群衆、、。

たった3時間半余りの館内移動が、もう大変、、。

それまで2人の行動は、全く別の方向に思うままに向かう為、
片時も目が離せません。
さすれば、そう迷子の放送を聞くことに、、。

アタシ達が若かりし頃、こういった3人の子供を結構好き
勝手に遊ばせてましたが、そんな芸当は、今は不可能です。

また、孫二人も一応、多少なりとも気を使ってたかも、、。
帰りがけに事件は起こりました。
暑さと疲れもあったのでしょう。
後部座席の二人は、娘を挟んで両サイドにベビーチェアで
固定されてましたが、下の女の子が2歳年上の兄のお土産
の紙袋を何故か、取り上げました、、。

すると、兄が”これはあげない!と、、。
それから、お土産袋の奪い合い、、。
とうとう、真ん中にいた娘がお兄ちゃんを諭し、お兄ちゃんは
一つしか買わないといった、お土産を2つも買ったのだから、
この袋を上げなさい!などと、、。

兄は、もう不満でいっぱい!
疲れとおなかも空いて、極限状態で我慢をさせられて、それが
一気に爆発、、。

日頃に不満もあったのか、我慢が限界に、、。
自分はいつも我慢を、!と大きな声を出して泣き出しました、、。
なぜに、自分が我慢しなければならないのかと、、。
お土産袋で、帰りの車内は大騒ぎです、、。

こんなことも、昔は日常茶飯事であったと思い出しましたが、、。

そんなこんなで、夜飯の回転ずしに着いたころには、兄は、
サッと泣き止み、袋はあげる!と、気持ちを改めました1

さすると、妹は、まだ4歳で謝る動作、しぐさが旨く出来ませんが、
黙ってその問題のお土産袋を黙って兄に渡しました、、。

問題は解決したようです、、、!

この室内の兄弟の喧嘩のやり取りで、アタシは、若かりし頃なら
怒鳴り散らして、一方的に兄弟喧嘩を止めさせたでしょうが、
今回、久しぶりにその現場に立ち会い、真剣にお土産袋一つの
ことで、喧嘩してる間に分け入ることせず、静かに聞いて
いました。
というか、どう対処したら良いか判断に困りました。

こんな時、藤井総太君に尋ねたら良い対象方法を教えて
くれるかも、などと、、。

子育てをしてる皆さんを尊敬しますです。
次の日、疲れて会社を早引きして家に帰って、酒飲んで昼から
寝ました夕方まで、、。

そうおじいさんになったのです、最近、、。

つづく。





turuta_s_room at 15:23|この記事のURL

2017年08月05日

ポルシェ991カレラ系専用レーシングペタル&フットレスト完成

IMG_0089

IMG_0088

IMG_0087

991系ポルシェのアクセル、右ハンドル用
フットレストの試作完成です。

ブレーキペタルは、997用が共通で使えます。

ペタル位置がポルシェ共通の右ハンドル系は、中央に
寄ってるので、アクセルは、幅を大きくして右側に出しました。

完成品は、飾り穴は貫通にします。

つづく。
turuta_s_room at 17:27|この記事のURL

ポルシェ996ターボ テスト走行

IMG_0091

996ターボは、エンジン&AtミッションをOHして
ECUセッティングをして、テスト走行しました。

半月走行して無い為か、何かタイヤ系の騒音が大きいので
タイヤを弊社の物と交換して走りました、、。

あまり変化はありませんでした。
ハブベアリングや4WDのカルダン、フロントデフあたりでも
無いので、タイヤの騒音であろうと結論出しました。

つづく。
turuta_s_room at 17:20|この記事のURL

ポルシェ964カレラ オイル漏れ修理 続き

IMG_0098

IMG_0099

964
カレラのオイル漏れは、シリンダーヘッドとシリンダー
の間からも漏れてました。
前回OHした時、目視で判断しました。
前期モデルの964は、クーパーリングガスケットを
使用せず、漏れる場合がありました。

今回、クーパーリングを組めるようシリンダー側に溝加工
します。

つづく。
turuta_s_room at 17:10|この記事のURL

2017年08月04日

トヨタ SW20 MR2シャシーダイナモセッティング

IMG_0057

IMG_0058

IMG_0071

前回のタイトルを間違いました!!
また、それを1日以上、確認もしないでほかってました。
注意力散漫といより、気合がはいっとらん証拠であります。
自分に厳重注意であります。
反省と謙虚! と、どこかの大臣様が、、。
どこかのボウエイ大臣は、議員を辞職してません。
あれで、反省はしとるんでしょうか、、。
ま、他人はどうあれ、以後気を付けるであります。
それでも、ミスしましたら、ボケたとお思い下さい。
同じことを何回もブログしだしたら、、。

話は本題に戻って、、。
SW20 MR2です。

スペシャルターボ用手曲げたこ足を組み入れての
ECUセッティングです。
気温40度以上の高温の中、インタークーラーも満足に
冷えませんが、、、。

388PS でました。

気温下がれば、400PSと言っても良いでしょう。
45万キロ以上走行したおじいさんSW20であります。

もう20年以上前のクラッシクカーです。
純正で220psくらいしか出してません!でした、、。

400PSと言えば、ベンツA45AMGさまが、純正でも
360PSで、サブコンで400PSオーバーですから、
最近の2L4気筒エンジンの進化は、そりゃもう、、。

昭和40年代後半、トヨタ2L 18RGは、ツインカム、
ソレックスツインキャブで、145PSでした、、。

あれから、50数年経過して、キャブからEFI、
インジェクションシステムになり、触媒が付き、半世紀
以上経過しました、、。

145PS → 400PS

純正車両のエンジンパワーが、半世紀で倍以上にアップ
しました。

技術の進歩は、限界を知りません。
この化石燃料エンジンが、電気にとって代わるのかと
思うと、あ〜あ、、、!

ましかし、よく考えると電気は、自然に生まれるわけで
なく、発電機を回す動力元が必要な訳で、、。

まだまだ、アタシが生きてる間は、、、。
ということで、4サイクルエンジンで暴れますです!
2サイクルもですが、、。

つづく。



turuta_s_room at 14:09|この記事のURL

2017年08月03日

ポルシェ996ターボ ゲンロク取材

IMG_0056

本日、ゲンロク誌のポルシェ特集の取材です。

最近の991は、そろそろ中古車も出始め、売れてる
そうですが、アタシ達チューニング屋には疎遠であります。

性能は、3Lツインターボ、カレラで370PS.
これは、初代996GT3よりも10PSアップ、、。

カレラSに至っては、420PS!
初代996ターボと同じ馬力です。

そう、カレラSを買えば、996ターボと一緒の、、。
しかし、車両は、オプション加えれば2000万円を軽く、。

性能は、はるかに996ターボを全ての面で上回って、。
アクセルを踏めば、2000RPMからも鋭い加速を
し始めます、、。

そう、性能だけで言えば、、。
2000年発売の996ターボTip(AT車両)と2017
年の991カレラSは、17年間で同等の性能に、。

外観は、ホイールベース、トレッドともにワイドになり
ましたが、イメージは、似たようなデザインで、、。

しかし、991を乗られてる方は、大体空冷時代から
ポルシェオーナーさんが多いですが、その方々の多くは
現行ポルシェを手ばしてでも、空冷が欲しいなどと、、。

いま、996ターボというドライサンプエンジンの
希少モデルも、中古車価格はジリジリと上昇しており、
あんとき、買っときゃよかった!と、、、。

500万円台で購入出来る、唯一のドライサンプポルシェ
ターボであります。

手間は掛かりますが、エエクルマであります!

つづく。

turuta_s_room at 13:08|この記事のURL

2017年08月01日

ポルシェ964 カレラ エンジンオイル漏れ修理2

IMG_0042

IMG_0040

964
カレラのエンジンは、補器類を外し丸裸の状態に、。

一か所、オイルブローバイホースの付近からオイルが、。

IMG_0045

IMG_0044

あとは、シリンダーヘッドとシリンダーの間を確認
する為、ばらします、、!

何度見ても、M64空油冷のドライサンプ式ボクサー
エンジンは、美しいです。

そして、コンパクトです。

ゼロ戦の空冷星形複列14気筒エンジンに匹敵します。

ハーレーの空冷V型2気筒エンジンなどでも、空冷の
シリンダー冷却フィンは、奥行きが深いのに、、。

IMG_0046

IMG_0048

フィンの長さなど、5mmくらいしか、、。
これで、ターボなど、アタシたちは当時993ターボで、
500PSを出してましたし、935などは、800PS
だとか、、。

脱線しますが、やはりM64の3,6Lエンジンは、
軽さも凄いですが、OHCで、シンプルで、頑丈で、
ルマン24Hレースを何度も優勝し、顧客の満足度100
%の車両であります。

排ガスの問題さえ、解決出来ればと、、。

ま、今ではクラッシクカーの964カレラですが、世界中の
ポルシェファンが愛して止まないマシンであります!

つづく。


turuta_s_room at 14:40|この記事のURL
Profile
Archives