2018年03月

2018年03月31日

BMW R69S 来店!

IMG_3219

IMG_3220

IMG_3221

BMW R69Sです。
1962年製 600ccです。
今でも、150km巡行出来るとか、、。

オーナーさんは、シグマ時代からの大先輩で、自動車部品
メーカーのエンジニア、御年71歳です。
まだ、現役とか、、。

彼は、ポルシェ空冷もお持ち、他に2輪、4輪と、、。
車両は、言わずと知れた豊田市にあります、古いBMなら
知らない方はモグリの神宮司さんから、購入されました。

今回車検と、ホイールリムをスチールメッキから、アルミリムを
黒塗装して、交換したそうです。

IMG_3223

速度計は、フルスケールで200kmまであります。
電気は6ボルト、、。

IMG_3224

IMG_3225

フロントサスペンションは、サイドカーも付けれるよう
特殊な形状です。

IMG_3226

IMG_3228

ガスタンクは17リッター入ります。
絵の左ニーパッドのカギは、この中に工具入れが、、。

IMG_3230

IMG_3229

温まるまでスロットルが微妙にきつく、スロットルを離し
ても、戻りません、、。
また、温まればハーレー並みの低回転でストンストンと
回ります、フライホイールが重たいのでしょう、。

現在でも、どこから見ても見とれてしまうデザインです。

アタシも、このようなデザインでBMが復刻版を出したら
買ってしまうかも、、。

つづく。


turuta_s_room at 16:52|この記事のURL

ポルシェ996C4S ホイールバランス取り

IMG_3237

IMG_3214


IMG_3215

エンジンを修理しました996C4Sです。
オーナーさんから、110kmくらいで、ステアリングが
ブレルんだけどと、言われてました。

エンジンのテスト走行と兼ねて高速道を走行しましたら、
確かにステアリングがブレました。
タイヤは新品状態で、交換されたばかりのようで、、。
ということで、ホイールのバランスを取りましたら、1本で
30gもずれていました。
これでは、、、。

今回は、バランス取りで治りましたが、タイヤの扁平率が
少ないカッコイイタイヤは、余程強度あるホイールでないと、
キャッアイやくぼみを通過しただけで、内側リムなどが
変形してる場合多く、ステアリングのブレが出ます。


取り直して走行しましたら、バチっと治りました。
それよりも、タイヤが19インチに変わっています。

タイヤ直径   純正        現状
F       637       647
R       〃         669
全て、ミリ単位です。

4WDであります、カレラ4Sは、997からは前後が異径
でも、問題ありません(フロントデフで調整)が、996系は
フロントデフがビスカス形状で、問題有りです。

150kmくらいまでの速度では、左程症状が出ませんが、
サーキットなど、150km以上の速度でコーナリング
すると、前後の直径の差が、フロントデフに負担がかかり、
酷い場合、コーナリング中にチェックランプ点灯し、
尚且つ、瞬間的にバンとショックがボデイに生じます。

アタシ自身が経験しましたので、、。
これは、あまり良いことではありませんの、純正サイズに
交換するか、速度を出してコーナリングしないか、、。

尚且つ、直径が特にリヤは、純正から32mmもデカイです。
タイヤ1回転で、100mm違います。
また直径がデカイということは、発進するときや、低速で
走行してから加速するとき、エンジンのトルクを奪われます。
またATミッション、MTミッションにも負担が掛かりすぎ
ます。
発進や途中からの加速も鈍ります。

殆ど良いことはありません。
カッコエエだけでが、利点かも、、。

ということで、止めた方がエエです。
タイヤ&ホイール屋さんは,儲かりますが、、。

つづく。



turuta_s_room at 16:11|この記事のURL

2018年03月30日

ポルシェ996C4S エンジン修理 11

IMG_3196

IMG_3195

IMG_3197

996C4Sです。

エンジンは換装しました。
現在、テスト走行中です。

で、オーナーさんに問われてました、ヘッドライトの
曇り、というか変色して黄色く、尚且つくすんだ目を
奇麗に仕上げました。
新品と見まごうばかりの出来であります。
外注さんにやって頂きましたが、さすがにプロの仕事です。

つづく。
turuta_s_room at 12:26|この記事のURL

2018年03月29日

レクサス RCFゲンロク号 フジの取材にて。

IMG_3143

2018年3月吉日、RCFゲンロク号は、再びフジに取材で、。

本日も、早朝AM4;30にオウチを出発、。
富士山は、本日も快晴に恵まれ美しい、、!

IMG_3145

あまりに美しいので、御殿場のフジスピードウエイに
行く途中の田んぼ道で、クルマを止めてパチリ!

IMG_3148

今回のパドックは、Bパドックです。
翌日にフーミュラージャパンのテスト走行日とあって、A
パドックは、占有となり、使用不可、、。

IMG_3154

右は自動車ジャーナリスト兼、日本カーオブザイヤー選考
委員、兼アマチュアレーサーでありますポルシェ大好き
山田氏、、。

左は、そう、レース業界ではPFCといって、ブレーキ系
では、トップティームはお世話になりっぱなしの増田ジュニア、
そう、お父様は、もと、トムス創設以来の日本レース界の
生き字引であります。
最近は、皆さん2代目が活躍されて、、。

IMG_3155

IMG_3156

RCFは、各種機器やゴープロで各位置にカメラで走行
中の動画を、、。

IMG_3158

IMG_3159

IMG_3160

Bパドックの利点は、パドック裏側で、コースの前半が見れる
ことです。

IMG_3162

IMG_3164

当日は、気温が朝から高く、AM8;00の時点で10度。

午前中、2回の走行で色々試して、アタックしましたが、。

IMG_3165

IMG_3166

フロントブレーキローターに当たりを付ける為、カーボン
パッドを焼き付ける為の慣らし走行も、。

PFCの増田氏は、ローター温度をピットイン時に測定、
結果は、フロント500度以下で良く冷えてると、、。
もっと1コーナーでアタックして良いと、、。

IMG_3169

フキノトウがすでに大きくなって、、。
ニンニク味噌が、、!

IMG_3170

2回の走行後、動画で運転手の動作をエエか、ワルイか
確認してます!

IMG_3172

IMG_3173

午前中の2回目は、すでに参加台数が40台近くあり、
トラフィックジャム(交通渋滞状態)で、アタックが、、。

IMG_3178

懸案のアンダー対策で、フロントにもリヤタイヤを履かせて
タイムアタックしましたが、、。

タイヤはエエ具合に全面、食いついていましたが、、。

で、もって、通常は午前中で終了するのですが、ドライバーは、
全くもって不本意と、午後からも走りたいと、、。

ということで、PM3;00からの最後のアタックで、、。
つづきは、次回ゲンロク6月号をご購読いただいて、お読み
くだされ!

番外編 ; PFC製2ピースローターを分解してるところ、。

IMG_3180

IMG_3181

IMG_3183

このリングみたいなスペーサーでコーンとローターをくっ付けて
います。
勿論、フローティングタイプです。

通常のボルト&ナットでの組付けでないので、現場にて素早く
ローターを交換出来ます。
デザイナーのセンスの良さが伝わります、、。

IMG_3174

走行中の撮影のデジカメですが、旨くなったと自画自賛、。

しかし、月日が経つのは、全く早い、、。
先日、寒くてしょうがなかったフジテストが、2か月たたぬ間に
温かいのであります。
1週間前は、箱根に大雪で通行がマヒして、、。
今年が始まったと思っておったら、もう3月、、。

さあ、今日も焼酎ロック飲んで、8時には寝るぞ!

つづく。



IMG_3185

恒例の富士山バックが撮れませんでした(忘れてた)ので、
帰る間際に、1枚、、。

turuta_s_room at 13:57|この記事のURL

2018年 アイコード春爛漫!


IMG_3192

2018年、3月吉日、快晴、外気温20度、春真っ盛り、
アイコード植物園は、お花見の季節であります。

IMG_3193

IMG_3186

IMG_3189

ダイザクラです。
今年も、ピンクの桜が満開!

IMG_3187

メソレ(スモモ)も、白い花を、甘酸っぱい香りと、。

IMG_3188

ユキヤナギです。

アイメック時代には、すでにここに鎮座されていた長老です。

IMG_3191

道路側には、スイセンが今年久々に大輪の花が咲いて、。

紅白のアイコード植物園からの中継をツルタが送ります!

つづく。


turuta_s_room at 12:55|この記事のURL

2018年03月26日

レクサス RCFゲンロク号ブレーキチューニングをPFCで

IMG_3071

IMG_3102

RCF
ゲンロク号に、PFC(パフォーマンス フリクション)社の
ブレーキローター&パッドを組付けました。

IMG_3103

ところで、皆さんはベンチレーテッドブレーキローターと
いうのは、すでにご存知ですよね!

IMG_3094

ローターの間に空間があり、冷却を効率欲してやる
機構です。
この機構は、最初のことは、中心から放射線上に
真っすぐに部屋がありましたが、回転するローターから
少しでも効率良くエアーを通過させる為に、放物線のように
なだらかなラインを描いてます。
この放物線は、方向性がありまして、左右逆になります。

IMG_3097

これがトヨタ/レクサス系のローターは、通常の進行
方向と逆になっています。

IMG_3091

ローター表面に加工してあるスリット形状は、他と同じ
ようになってますが、、。

IMG_3123

ブレンボ製ローターで、”RIGHT”と打刻してあるので、
トヨタさんは、マジです。

さあ、どちらが正しいのでしょう、、?

また、PFC製ローターは2ピースタイプで、アルミコーン
と鋳鉄製ローターで組み合わせてありますが、ここで新機軸!

通常今までの2ピース製は、ローターとコーンの組付けと
特殊ボルト&ナットで組付けてます。
が、PFC製は、なんと、、。

IMG_3071

IMG_3069

絵では、見えにくいでしょうが、リングタイプです。
説明しにくいですが、プレート上のリングを2重にすること
で、プレート自体がウエーブ(波板)状になっていて、
それで、クリアランスを押し広げてます。
リング自体は、簡単に外せます。
エレースマートであります!

ブレーキパッドは、、、、。

IMG_3072

IMG_3073

PFCといえば、カーボン製パッドですが、ローター
表面に薄くカーボンを焼き付けることで、耐熱性の
非常に高い時点での制動力を持っています。

人間、よく考えるもんです、、。
常識は、破るものなり!

まだまだ、修行が足りないツルタであります!

つづく。


turuta_s_room at 13:54|この記事のURL

ポルシェ993のサビ

IMG_2997

IMG_2996

IMG_2994

993/964系のボディのサビについて、。

絵のように、993系は露天など長期駐車させてる車両は、
リヤウィンドウガラスのエンジンフード側が、このように
サビが浮いてきます。

浮いてきますということは、この部分のボディパネルに
弱点というか、水が溜まりやす形状になっているようです。

外側から少し削っても、内側が広範囲に渡り、錆が発生
してますので、修理、板金、塗装が簡単そうで、難しい
と板金屋さん泣かせの修理であります。

お気をつけてください。

まあ、露天に駐車してる方は、稀でしょうに、アタシは、過去に
このような症状の車体には、一度しかありませんが、、。

つづく。

turuta_s_room at 13:29|この記事のURL

2018年03月24日

BMW M2 ブーストアップトラブル解消

IMG_3061

IMG_3060

BMW
M2です。

シュニッツアー製サブコンと、油圧、水温、ブースト圧の
スタックの各種メーターを組付けました。

IMG_1896

そうしたところ、先回もそうですが、オーナーさんは、
以前にも、チューニングカーを乗って頂いてるので、
細かな反応も、見逃しません。

真冬の気温低い時に、水温が110度上がっているときでも、
ちゃんとブースト圧1,2以上上がっていましたが、最近、
水温90度の時点で、ブースト圧が0,9と標準値しか
上がらず、加速が鈍いと、、。

それも、水温とブースト圧のメーターがあってから、
どうも加速が鈍いと感じていたのが、数値を確認して、
確証に変わりました。
感覚だけでなく、実際加速が悪かったのです。

でもって、来店頂き、丁度スタックのメーターも作動具合が
調子悪かったので、点検しました。
メーターの設定数値以下のときは、点滅して注意してくれる
機能が少し、反応悪いので、これは調整しました。

がしかし、水温が110度と90度になったときの、ブースト圧
の最大が勝手に変化する、症状の原因が分かりません。

BMの専門ショップSさんや、購入されたヤナセBMWのサービス
の方にも、相談しましたが、、、。

また、シュニッツアー製サブコンの輸入代理店の方にも、
電話で相談しましたが、、。

何故に、110度の水温時にブースト圧が1,2になって、水温
90度のとき、ブースト圧が0,9以上上がらないのか、、。



分からぬまま、サーキット走行時を想定して、高速道など、
7速DCTで、4速あたりで、エンジン回転を4000RPM
以上に故意に上げて、水温上がるのを確認して、走行したら
などと、いい加減な対処方法しか指導出来ないまま、様子を
見るようにとお引き取り願いました。

すると、1時間くらいして、オーナーさんから電話が、、。

ブースト圧が上がった!と、オーナーさん開口一番、!

どうしたんですか、、?と、アタシ、、。

解決方法は、なんとスイッチにありました。
走行モードとして、最近のスポーツ車両は、普通走行と
スポーツ走行時にスイッチで切り替えがついて、エンジン
パワーや、シフト感覚やサスが鋭く、対応するのです。

M2の場合、コンフォート、スポーツモードと切り返えが
あります。

それが、速く走行したいとき、サーキット走行時には、
スイッチを入れた瞬間から、水温が110度から90度に
落ちます。
そうやって、スポーツ走行用に水温を下げているのです。
それが、通常走行で、スポーツモードにすると、水温が
90度に下がるのですが、その時点で加速しても、ブースト圧は
水温が110度でない為、セフティーモードが働き、ブースト
圧を上げないように、制御してるのです。

その時点で、コンフォートモードに切り替えると、水温は
110度となり、ブースト圧は1,2になるのでした、、。

それは、シュニッツーア製サブコンだから、純正ECUに
連動しているのです。

まあ、頭いいですが、その設定を知らないから、分からなかった
のであります。
まあ、誰もこのことに、気が付かなかったようですが、、。

理解してしまえば、素晴らしい対応ですが、、。

つづく。


turuta_s_room at 12:03|この記事のURL

ポルシェ996C4S エンジン修理 10

IMG_3085

IMG_3084

996
C4Sです。

エンジンは、換装しましたので、これから排気系、吸気系、
などを組付けていきます。

つづく。
turuta_s_room at 11:15|この記事のURL

フィアット アバルト アライメント調整

IMG_3081

フィアット アバルトです。
他社で組付けされたKW製サスKITです。


車高を上げて、アライメント調整します。
現状では、底突き感があって、乗り心地が悪いと、、。

IMG_3082

車高調整の上げ幅が、あと10mm程度しかなく、とにかく
いっぱい上げました、、。

IMG_3080

それに合わせて、リヤのバネは、絵のような台座に車高
調整装置があり、組付けた状態では、車高調整が出来ま
せん。
どうするかというと、バネをいったん外し、調整用の
通称”グルグル君”を皿を回して、バネの下側の面を10mm
ほど、上げます。

でもって、アライメント調整します。

つづく。

turuta_s_room at 11:13|この記事のURL

2018年03月23日

ポルシェ981ボクスター カブリオレ3,8L トラブル

IMG_3055

IMG_3054

981
ボクスター3,8LPDKです。

クレフの水島社長から、突然携帯に、、。
今、名古屋西ICを降りたところに居ますが、どうも
車両にトラブルが、、。

左ドライブシャフトが外れたようです!

981 ドラシャ

スマホで送ってきました絵を、、。
外れたようには見えませんが、何故か、ICを出て加速
しようとした時点で、ガタンと音がして、それから前に
進まないとか、、。
で、アイコードから積車でと引き取り出来ないかと、。

考えた結果、JAFに入ってるるなら、レッカーでここ
まで、運んでくれるよ!と、アドバイス、、。

3時間後、到着しました、、。

IMG_3057

IMG_3058

間違いなく、左ドライブシャフトのデフ側が、外れて、。
珍しいトラブルです。
少しボルトを擦ってましたが、何とか組付けれました。

東京のお客さんで、クレフの水島さんと、鈴鹿サーキットで、
月一で行われるCCMCの走行会に、練習の為に、スクール
に入って、走行したあとの出来事です。

事前に、どこかの他のショップさんで、ドライブシャフト
ブーツを左右交換したとか、、。
しかし、サーキット走行中でなくて、また、高速道の
走行中でなくて、良かったね!と、、。

ボクスター3,8Lのそれもカブリオレで、鈴鹿2回目の
走行で、ドライヴィングレッスンの先生と同タイムを出すなど
あなどれないセンスのオーナーですが、981ボクスター
3,8LPDKですが、フジでも2分を切る好タイムを出す
ポルシェであります。

そりゃ、997GT3で必死で走行してる横を、ボクスターの
カブリオレで抜かれりゃ、GT3オーナーさんは、がっかりで
あります。

最新のポルシェは、やはり速いのであります。

つづく。

turuta_s_room at 13:03|この記事のURL

2018年03月22日

ポルシェ996ターボTip 車検整備 7

IMG_3041

IMG_3042

IMG_3043

996ターボTipです。

フロントエアアウトレットカバーも、新品交換しました。

現在、試走を繰り返して、水温上げたあと、冷ましてまた、
試走と、各部、最終点検してます。

つづく。
turuta_s_room at 15:07|この記事のURL

ポルシェ987ケイマンS後期 オイル漏れでエンジン換装2

IMG_3048

IMG_3047

IMG_3046

新品エンジンをPDKミッションに組付けました。

インテーク回りや、冷却水ライン系のガスケット、0リング、
などを出来るだけ再使用しながら、ダメなものは新品を
注文して、それの入荷待ちです。

IMG_3034

IMG_3033

PDKのミッション部分です。
さすがに、ATのような、トルクコンバーターは、
ありゃんせん!

IMG_3031

しっかり、フライホイールがMTのように、くっ付いて
ます。
”当たりまえだの、クラッカー!”
”後半は、あたりまえだのセサミハイチ!”
てなもんや三度笠の、藤田まこと扮する、あんかけの
時次郎!

アタシの旧姓が時実でしたので、小学校時代は、あだ名は
そう、”トキジロウ!”

脱線ツルタでありました!

つづく。

turuta_s_room at 15:02|この記事のURL

ポルシェ996ターボ ゲンロク取材 売ります!

IMG_3040

996ターボ Tipです。

3月吉日、 ゲンロク誌にて取材です。

この車両、ご興味の方、販売致します。
詳しくは、アタシまで、ご連絡を、、。

0565−46−0727

つづく。
turuta_s_room at 14:49|この記事のURL

2018年03月20日

ポルシェ996ターボTip 車検整備 6

IMG_3013

IMG_3015

IMG_3016

IMG_3014

996ターボです。

燃料ポンプを燃料タンクから外し、新品交換です。

燃料フィルターも交換しました。

あとは、オルタネーターのOHを待ちます。

つづく。
turuta_s_room at 14:44|この記事のURL

ポルシェ987ケイマン後期モデル オイル漏れでエンジン換装

IMG_3017

IMG_3019

IMG_3018

IMG_3012

987ケイマンPDK 後期モデルです。

オイル漏れで、エンジンを降ろしました。

オーナーさんと、相談の上、パーシャルエンジンを購入、
そして、入荷しました。

補器類など、すべて前のエンジンから移植の為、シール類
など、新品交換の為、細かなパーツを注文中です。

つづく。
turuta_s_room at 14:41|この記事のURL

レクサス ISFに純正ドライカーボン製りやスポイラー組付け

IMG_3026

ISFです。
レクサス純正ドライカーボン製リヤトランクスポイラーを
取り付けました。

最初は、アタシ自身で純正のスポイラーを外そうと思い
ましたが、シラウトのアタシでは、びくともしません。
ので、何時もの板金屋さんに持っていき、お願いした次第
です。

IMG_2983

まず、スポイラー周辺に、マスキングテープを貼り、ボディー
に傷つけないよう、、。
絵の、プラスチックや、ゴムヘラで両面テープを切り剥がします。
これが、分かりませんでした、、。

IMG_2984

IMG_2986

IMG_2992

IMG_2991

純正スポイラーを剥がしたら、絵の特殊なゴム製の
両面テープ剥がしで、剥がします。
これも、そう、プロなら御用達だそうで、、。

IMG_3004

剥がし終わったら、ボディーについてるアカをコンパウンド
で、奇麗に落とします。

そして、もっと仕上げ用のコンパウンドでトランク全体を磨き
ます。

IMG_3007

ほんでもって、カーボンスポイラーを取り付けます。
この間、1時間も経過してません。

見れば簡単そうですが、プロ用工具がないと、多分アタシは
1日中格闘していたでしょう、トランクを傷つけながら、。
オーナーさんに、次の日、”あのー、申し訳ねーけど、
ボディーに、!”などと、、。

板金屋さんなら、当たり前でしょうが、道具というのは
大変便利であります。
アタシが、今から46年前、初めてシグマ(現サード)の門を
叩いて、レースカー製作の手伝いをした時、初めてUSA製の
スナッポンというメーカーの工具を使いました。

同じ、当時の国産の工具とは、雲泥の差がありました。

今回、スポイラーを外すだけで、エレー感動しました。
まだまだ、未熟なツルタであります。

つづく。


turuta_s_room at 14:31|この記事のURL

アイコードの家守、ヤモリお父さん現る!

IMG_2977

IMG_2976

今朝、何時もの窓ガラスを、雨が降ってるのに、拭いていたら、
左横に、何かスーと登って行くのが見えました、、。

そう、家守のヤモリお父さんです、、。
子供のヤモリ(体調4cm)は、時々見ますが、お父さん
(おかあさんかも、)ヤモリは、ここ数年見なかった、、。

井戸を守る、イモリと同様、守るという意味から、アタシは
大事にしてます。

昔は、どこの家にもいましたが、最近は、、。
古いアタシでごじゃります!

つづく。
turuta_s_room at 14:11|この記事のURL

2018年03月19日

ポルシェ996C4S エンジン修理 9

IMG_2972

IMG_2971

996
C4Sです。

エンジンが、載りました。

つづく。
turuta_s_room at 11:51|この記事のURL

ポルシェ996ターボTip 車検整備 5

IMG_2973

IMG_2970

996
ターボです。

作業は、オルタネーターを外して、専門業者に渡し、
オーバーホールをします。

IMG_2975

ボッシュ製です。
製造から17年くらい経過してますので、経年劣化は
免れません。
鉛筆で示してるので、ポルシェ純正のマークです。
社外品でしたら、これが付いてません。

大体、消耗品は決まっていますが、まれにひどい壊れ
かたしてる場合もあり、どちらにしても充電能力が
落ちて、バッテリーを新品に交換しても、またすぐに
バッテリーがあがったりします、、。
この様なときは、OH時期であります。

オルタネーターは、バッテリーに続き重要な電源を
供給する部品で、エンジン性能に大きく影響します。

エンジンECU,燃料ポンプ、インジェクター、点火
システム、エアコン、オーディオ、ナビ、灯火類、
ワイパー、そして最近は、電動パワーステアリングや、
電動ウォーターポンプなど、電気がないと作動しません。

また、自動車は、耐久消耗品の塊であります。
耐震性、耐候性、耐熱性、耐水性、耐遮音性、など
あげればキリがありません。

ガレージ内に、常時保管されてれば、それでも耐久性は
保持されますが、大抵の車両は、世界中(南極、北極を
除く)露天に晒され、そりゃもう過酷な条件で、動かなく
てはなりません。

それも、運転者の技量により、雲泥の差の中で、、。
大変便利な移動手段であります。

化石燃料で動いてる現在の車両が、今後電気にその
動力に変わろうとしてます。
産業革命は、素直に受け止めなくてはなりませんが、
生みの苦しみを知ってる技術屋は、何時も悩み続け
ます。

つづく。





turuta_s_room at 11:49|この記事のURL

2018年03月17日

レクサス ISF カーボンリヤスポーラーを、、。

IMG_2956

IMG_2962

ISFです。
オーナーさんは、リヤスポイラーをトヨタ純正の
ドライカーボン製スポイラーに交換をと、、。

IMG_2963

IMG_2964

IMG_2965

すでに、多くのオーナーさんが、このカーボン製に
交換されてるようです。
何が、大変かというと、

IMG_2957

この純正のスポイラーが、ボルトと両面テープで
ガッチリと、リヤトランクに固定されてる為、接着面積
の大きい為、釣り糸での剥がしが、大変であります・

頑張ります!

つづく。
turuta_s_room at 13:27|この記事のURL

アイコード レモンの花、咲き乱れ、、。

IMG_2961

IMG_2960

アイコード
レモン鉢植えの兄弟が、花咲き乱れて、、。
2月までの、全日氷点下では、室内に置いてましたが、
3月に入って、日中のお天気にレモン兄弟は、あっという間に
蕾から花が咲いて、甘い独特の柑橘系の香りを振りまいてます。

ミツバチが来ないので、アタシが受粉させてます。
耳かきで、、。
さあ、受粉するでありましょうか、、?

IMG_2959

IMG_2958

稲田大二郎お手植えの桜ももうそろそろ、、。

IMG_2966

IMG_2967

メソレ(スモモ)も、花のつぼみが、、。

春うららかです。
アタシの花粉症以外は、、。

つづく。

turuta_s_room at 13:20|この記事のURL

レクサス ISFアイコード号 タイヤ交換で、、。

IMG_2955

ISFです。
アイコードのスーパーチャージャーKIT装着の、。

今回、タイヤ交換で入庫、、。
大事に乗られています。

つづく。
turuta_s_room at 13:09|この記事のURL

2018年03月16日

レクサス RCFゲンロク号 色々開発&改良

IMG_2954

RCFゲンロク号は、ただいま色々手を加えて
ます、、。

なんせ、ATミッションのシフトアップ遅延問題は、
一番頭の痛い問題であります。

色々調べてますが、何故にシフトアップ遅延になるかは、
大体わかってきましたが、じゃ、それをどうやって
ECUを誤魔化すか、、。
言い方悪いですが、ECU本体をなぶり倒せませんので、
そのような下品な言い方に、、。

プリウス30の時も、フジでの走行時、プラネタリギヤの
限界設計で、それ以上回転させると、分解するなど、、。

多分、今回もATミッションの負担を考え、セフティが
働き、イヤヨイヤヨと駄々こねてます。

これが、ヒューマンであれば、女性であるATミッションを
ツルタ男性が、だまし込んで、納得させる寸法でありまする!

限界設計、バカヤロ!でありまする!!!

つづく。
turuta_s_room at 14:17|この記事のURL

2018年03月15日

レクサス ISF決算大処分

IMG_2328

レクサス ISFです。
前回に、掲載してる車両です。
お迷いの方、後ろから押します!

3月中に、ご契約いただけましたら、決算大処分で、
大きなオマケをお付けいたします。

ご連絡、お待ちしてます!

つづく。


turuta_s_room at 11:08|この記事のURL

ポルシェ996ターボTip 車検整備 4

IMG_2951

996ターボ Tip です。
車検は、終了。
オーナーさんからの希望の、ボディー各部の板金塗装も
終了。

これから、部品交換に入ります。

IMG_2952

フロントアンダーのエアアウトレットカバーと
燃料ポンプを交換します。

IMG_2953


それ以外のIGコイル、プラグ、エアマスセンサー、
O2センサー4本などは、社外品で交換します。
オルタネーターはOHします。


もちろん、現状はエンジンすこぶる調子良いですが、
オーナーさんのご住所が九州なので、万が一を考え、
ポルシェセンター方式に、疑える部品は、事前に
交換をと、、。

つづく。
turuta_s_room at 10:32|この記事のURL

ポルシェM96/97水冷カレラ系エンジン破損の対策を検討

IMG_2946

IMG_2945

”某KM社”といえば、レース業界では、知らない方は
いない!といえるくらい、メジャーであります。

今回、縁ありまして、M2代目社長直々に、ご来店
いただき、ピストンかじりの原因究明と、対策など
検討する為に、お貸しすることになりました。

クランクケースやオープンデッキのシリンダー、
シリンダー内壁のアルミ壁の加工など、色々
懸案事項が出ました。

まずは、持ち帰り喧々諤々の議論をしてみますと、、。
さあ、旨い対策案が出ますかどうか、、。

アイコードでは、過去に7台のエンジンに対し、
鋳物スリーブを組み入れ、修理しましたが、今の
ところ、クレームはいただいてません。

また、ピストンかじりの症状が、6番シリンダーに
集中してる点も、必ず原因があるはずですので、
あとは、いかに安価に修理が可能であるかです。

さすれば、中古車を購入して、エンジン修理も最初から
予算内にいれておけば、安心であります。

空冷エンジンの993までの車両も、購入時には
オイル漏れなど、殆どの中古車両には見られました
ので、巷の情報で、購入当初から、エンジン修理の
予算を最低、100万円くらいは用意しておくこと!
などと、言われてました。

これを水冷カレラエンジンでも、そのように心と
ゼニの準備を事前にしておけば、あとは、車両価格を
出来るだけ交渉すれば、幾分気持ちは収まります。

大きなお世話です!

つづく。



turuta_s_room at 10:27|この記事のURL

2018年03月14日

BMW M2 レカロシート組付け

IMG_2935

IMG_2930

BMW
M2に、レカロ製スポーツJCシートを
組付けてます。

ジュンセイシートは、パワーアシスト、シート
ヒーター、シートポジションメモリー、ドアミラー
メモリー、サイドエアバッグとてんこ盛りです。

IMG_2927

これがメモリーボックスで、これを純正シート
下側に付いてますが、外してボディーに固定します。

その時の配線が、、。

IMG_2930

初めての作業なので、聞きまわって、情報を
集めました。
レカロ社は、全くご存知ありませんでしたが、、。

IMG_2928

レカロ製スポーツJCは、前後スライドは手動ですが、

シートヒーターと、シートエアが装着され、レザー製の
高級品であります。

IMG_2936

これが、リモートコントローラーです。

上側に、シートヒータースイッチ、下側にシートエアーの
スイッチが付いています。

従って、純正のセンターコンソールに付いてるシート
ヒーターのスイッチは使用出来ません。

最近の自動車用シートには、色んな装置が付いており
豪華仕様です。
これだけでも、外してバケットシートに交換したら、
1脚で、10kg以上の軽量になります。

ま、人間、いや霊長類は一度、楽を覚えますと
次はそれが、普通になり、それらが無いと不機嫌に
なります。
欲とはおそろしいものです。

日本は、法治国家で法律を遵守してます。
政治家さんも、あの金バッチがあれば、先生、先生と
連呼され、それが権力となり、我を通せます。

あーあ、何を言ってもグチになりますが、、。

つづく。


turuta_s_room at 14:59|この記事のURL

トヨタ プリウス30 LSD組付け3

IMG_2937

IMG_2939

IMG_2940

プリウス30に、OS技研製TCDタイプの
4ピニオンLSDを組付けました。

開発車両は、前期車両ですが、後期モデルに
組付け可能でした。

これで、CVTミッションオイルを強化品に
交換していれますと、完了です。

つづく。
turuta_s_room at 14:40|この記事のURL

2018年03月13日

鶴田の春の恒例行事、ニンニク&ふきのとう味噌のレシピです。

IMG_2877

IMG_2878

IMG_2883

そうだ、勢いつけるお飲み物が、、!

IMG_2885

これが、毎年、この時分に、唯一手作りする”フキノトウ
入りニンニク味噌”の材料であります。

鶴田流いい加減なレシピをお節介にも、紹介しまっす!
まずは、裏庭で取ってきたすでに、
花開きぎみのフキノトウ(10本くらい)、、。

IMG_2886

ニンニクは、あちゃらもんのお安い奴でもOKですが、
今回は、ひと玉190円の国産品を、、。
数は、味噌1kgに対し、3ケくらいか、、。
今回、味噌は、赤みそ、田舎味噌の合計2,6kg、、。

フキノトウも、適当で味噌1kgに3〜4くらい、。

IMG_2891

ニンニクは、みじん切りに、、。

IMG_2887

フキノトウもみじん切りで、、。


IMG_2888

IMG_2889

煮干しは、スーパーで売ってる一番大きなやつ、。

味噌1kgに、7本くらいで、これも包丁を押すようにして
細かく砕きながら、みじん切りで、、。

IMG_2892

あとは、これは香りづけで、ゆずを少々、、。
キャベツの千切りみたいに、これも適当、。
今回、味噌2,6kgあるので、小さいやつ4つくらい、。
今時分、ゆずは、もう熟れ切ってますが、煮込むので
問題無し、、。

IMG_2893

フライパンに油(オリーブ油でも)をひき、温まった
ところで、みじんニンニクを入れ、1〜2分焦げ目が
付かなくいくらい炒めたら、そこにフキノトウを、、。


IMG_2895

炒めたら、火を消して次の行動に、、。

隣のコンロに、そう、3Lくらいの寸胴なべに2L
くらい水を入れて、強火で沸かします。

IMG_2898

ほんでもって、おビールを、、。

IMG_2899

ビール飲みながら、まな板などニンニクのにおいを
洗い落とします、、。

IMG_2901

湯が湧いたら(沸騰するくらい)、みじん切り煮干しを
投入、、。
あくを取ります!


IMG_2902

そしたら、炒めたニンニク、フキノトウを投入、、。
このとき、水はあまり多く入れないよう、、。
但し、後から入れる味噌を溶かすことが目的で、。
水分を最後は、コトコト煮ながら吹き飛ばすので、。

IMG_2903

赤味噌、今回は思い切ってお高い八丁ミソ1,8kg、。

IMG_2904

合わせみそ、750g、、。

IMG_2906

これらをかき混ぜ、溶かしてドロドロにするのですが、
何時もは、1,5kgくらいしか、一つの鍋で出来ない
ので(うちにこれ以上おおきな鍋が)、今回2つに分けて、。

IMG_2908

IMG_2909

両手を使い、とろ火でクルクルと回しながら、、。

ここいらで、味付けとして、砂糖を小さじ6杯くらいと
みりんを適当に、、。
アタシは、以前には日本酒やビールなども入れてました、。

IMG_2911

今度は、焼酎と焼めざしをかじりながら、、。
これが至福の時、、。

この煮込んでる匂いは、家族はもう大っ嫌い、、。
ということで、今回は、火曜日に、、。
家内と娘(外でお仕事)は、留守なので、、。
家じゅうの窓を開けっぱなしにして、、。

IMG_2913

とろ火でゆっくり煮込まないと、地獄温泉の泥噴火
みたいに、プスプスと煮込み汁の破片が、そこら中に
飛びまくり、腕や顔に当たったら,痛いの熱いの、、。

IMG_2916

IMG_2919

水分が抜けて、絵のように味噌が底が見えるとか、
しゃもじが立つとか、、。

ここまでに、味噌がカレールーくらいにドロドロに
なるのに、今回は、4時間くらい、、。
準備に1時間と、計5時間あまり、、。

そう、半日仕事であります。
これを、半自動化して販売等、何時もの妄想したりして
大儲けしてる夢をみてます。

話は飛びますが、京都の”はれま”という山椒ちりめんは、
絶品ですが、最初は、初代おやじさんがどこか出かける
ときの、相手へのお土産として作っていたんだそうで、。

アタシも、そうなれば嬉しいですが、、、、。
フキノトウが一年中無いので、その工夫が必要で、、。

温かいうちの出来上がりも美味しいですが、一晩
冷まして、タッパーウエアなどに分けてから、ご飯や
酒のつまみでも、最高です!

お試しあれ!

フキノトウ入りニンニク味噌のツルタ流レシピであります。

あとは、道具類の洗いとコンロ周りに飛んだ味噌のふき掃除、。


つづく。





turuta_s_room at 13:54|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives