2018年05月

2018年05月31日

ポルシェ993C4S 車検整備 2

IMG_3703

993カレラ4S 6MTです。

車検整備で入庫しました。
今回、燃料ポンプ、燃料フィルターを交換しました。

油脂類、エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキ
オイル、クラッチオイルを交換しました。

IMG_3705

IMG_3706

IMG_3707

エンジンオイル漏れは、前回の車検時からありました。
オーナーさんは、それもご存知で、今回修理するかとうか、
迷っておられます。
オイル漏れ箇所は、今回点検し、エンジンフルオーバー
ホールするか、オイル漏れ箇所のみにするか、、。

20数年もお年をとったお車なので、手を入れることは
必定です。

つづく。

turuta_s_room at 14:50|この記事のURL

ポルシェ964カレラ5MT後期 修理で入庫

IMG_3692

IMG_3693

ポルシェ
964カレラ 5MT1993年式 最終モデルです。
定期的に、車検、点検に帰ってきますが、現オーナーさんは
あまり、乗られて無いので、下回りなど蜘蛛の巣が、、。

今回、渋滞にあい、クラッチペタルを多く踏んでいましたら、
ペタルが1/3くらい戻ってこないと、、。
で、入庫であります。

964,993系のマニュアルミッションには、よくあるケース
で、原因の一つは、油圧式クラッチペタルのマスターリンダー
(ボディー側の圧力を送る注射器にような)とホース、そして
ミッションのクラッチカバーをてこの原理で押し上げる、
レリーズシリンダーの、やはり内部のピストンの役目をする
ゴム製のカップ(ブレーキのピストンと同じ)がシール性が
経年劣化と共に、悪くなり、正常な油圧を掛けたあと、漏れて
油圧が低下し、ペタルの戻りも悪くなるのです。

これは、部品を問答無用の新品交換であります。

もうひとつは、

IMG_3694

これは、964カレラ用のペタル付近の部品図です。
赤い丸んの部分で、9番のレバーが摩耗によりガタが
出て、戻りが悪くなります。

IMG_3695

そこで、この図は、993カレラ用ですが、9番のレバーが
対策(そう、設計変更、どこのメーカーも改良して、
マイナー後は、良くなるという、、、。

これは、このペタル機構全体を外して、分解せねばならず、
この作業を喜んでするメカは、そうはいないと思います!

ささいなトラブルかもしれませんが、クラッチストロークが
減って、クラッチが切れにくくなったりします。
特に、踏切など渡る場面で、一時停止などして、焦ってる
ときに起こると、そう、パニクリますので、直しておいた
方が宜しいかと、。

過走行の車両は、まずは、シリンダー系を変えて、それでも
戻りが悪いようでしたら、このレバー系を変えるしか手は
ありゃんせんです!

つづく。
turuta_s_room at 10:51|この記事のURL

2018年05月28日

生沢徹選手! また、シラウト相手に優勝す!

生沢けん

生沢選手!(御年、77歳11か月)が、また、今年も、袖ケ浦にて
シラウト相手に、優勝しましたナローSPLポルシェで、、。
絵は、そう、ケンバンドの、、。

彼も、クラッシックカーイベントにハマってるとか、、。

いく1

いく2

いつものライバル、レーシングエランに予選ではクリア
ラップ取れず、2位になった(本人の弁)ですが、本チャン
では、3ラップ目に相手が、1コーナーでシフトミス、、。
其のすきに、インをついて、あとは、いつものブロックで
残り7ラップを息も絶え耐えながら逃げ切り、1,5秒の
差をつけてゴールイン、優勝であります。
”レーシング、エランをナローポルシェで抑えるがどんなに
大変か、わかってもらいたいな!” これも、本人の弁!

生沢くわ

こちらは、そう、桑島正美元選手、、。

その他に、鈴木恵一元選手や、片桐昌夫元選手たちも応援に
来ておられました。

いく3

お約束の”生沢ハーレム!”
これだから、止められないわけでありまする!

以上、報告終わり!

つづく。





turuta_s_room at 17:07|この記事のURL

2018年05月26日

BMW Z3 オイル交換で入庫!

IMG_3686

Z3です。
年式は、忘れました。

最近、ありがたいことにBMW群、古い車両の入庫が
多いです。
BMWのシステムタスターありますので、人伝いに伝わって
いるようで、、。

エンジンオイルを交換しました。

IMG_3685

IMG_3684

IMG_3683

この車両は、以前にモノコックボディー後部が崩れました。
で、板金、溶接修理で生き返りました。
Z3のボディーは。よくあるそうです、、。

色んなトラブルがあるんですね、、。

ま、エンジンが壊れるよりましですが、、。
すぐに、ポルシェの話題をにすり替えるツルタでありまする!

先日、NOVELの渡辺さんが、ニュル24Hから帰国されたので
電話でお話しました。

その中で、VNL(4時間耐久毎月開催),ニュル24Hの
レースが、レンタルレースカーでプライヴェートの参加者の
費用がお安くなっているんだそうです。

アタシたちが参加していて2000年当時のニュル24Hの
参加台数は、200台を軽く超え、同じピット内に最低
5〜6ティームがひしめく合う状態、、。
そう、5〜6台があの細長のピット内に横2列、縦3列とそりゃもう
びっしり、両サイドの金網に工具や棚を置くのですが、場所取りが
大変でした。
もちろん、200台X4人のドライバー 800人、、。
そして、1台の車両に最低10人のメカを含む関係者、応援の
お友達、スポンサー、パドック裏の駐車場は、そ、びっしりと
トレーラー、作業テント、キャンピングカーと、、。

それが、今年もそうですが、160台あまり、、。
1ピットあたり、3台くらいと、余裕があります。
その分、関係者が多く、状況はあまり変わらないと、、。
アタシ達の2000年当時は、TVネット局が、わずか3局、。
ですから、参加者も関係者も少なく、ピット内は、車両が出て
しまえば、ガランとしてましたが、、。

今回、NOVELさんとこには、トヨタさんが一緒(これは、
主催者が日本人ティーム同士を一緒にするという大きなお世話)
でして、その数100人以上はいたそうで、、。

まあ、ニュルブルクリンクもスパ、フランコルシャンにつづき
ローカル草レースから、インターナショナルレースになり、
世界中(といってもヨーロッパ、&アジア)からカーメーカー
さんの市販レースカーGT3,GT4、そして、その市販レース
カーという名の元のワークスカーが、参加されるようになり
ました。

今日では、カーメーカーさんの市販レースカーの最大の宣伝
場所になっています。
ルマンなど、WECは、車種がハイレベルになり、また、
車両自体も特殊になり、ペイドライバー(お金を持ち込む
セミアマチュアレーサー)にも、狭き門であります。

ニュルなど、絶好の登竜門、&アマチュアドライバーの
最高の参戦場所になってきました。
しかし、やはり、2000年前などのアマチュアティームで、
バックヤードスペシャルな、レースカーが参加出来た時代と
異なり、シラウトの改造レースカーでは参戦出来にくくなった
ことも、参加台数が減少した要因の一つでしょう、、。

まあ、カーレースに対する興味が、最近の若者には少なり、
キケン、金が掛る、手間も掛かる、他のスポーツみたいに
プロになって周囲から有名になる、金が手に入るなどが
殆ど無い為、趣味の範囲から抜け出せません。

大谷翔平さんみたいに、やっぱメジャーな野球か、、?
兎に角、銭食い虫の趣味であります。

つづく。


turuta_s_room at 13:38|この記事のURL

トヨタ 80スープラ オイル漏れ修理

IMG_3670

IMG_3669

IMG_3672

IMG_3671

80スープラ H12年後期モデルAT車両です。
近所のお兄さんの愛車、もう10年以上乗ってます!
今回、オイル漏れがあり、修理、、。
箇所は、カムシャフトとクランクプーリーの、、。
オイルシールを新品交換しました。

IMG_3679

ラジエター液を入れ替えて、エア抜きです。
18年前の車両です。
まあ、手入れの仕方もありますし、車庫保管とこの
車両のように、露天駐車では状況が違いますし、日常の
足という場合もありあますから、、。
何を言いたいか、、。
そう、ポルシェの同年式車両と比べると、、。

しかし、自動車の変革は、100年以上経過してますので、
進化の程は、ある部分では大変貌してますが、ワイパーなど、
進化の度合いがあまり変わらない部分も多いです。

どちらにしても、10000万点以上の部品で構成されて、
また、日常の使用に耐えれる工芸品である自動車は、
素晴らしい発明だと思います。
未だに、部品など特許申請があとを絶ちません。

さあ、皆さん自動車に感謝しましょう。
また、製作者にも、感謝であります。

しかし、どこかの某大学の関係者には、今のところ
感謝出来ませんね!

我が恩師、サードの加藤真氏、そして生沢徹氏の両氏は、
学部は違いますが、その某日大卒でありまする、、。
関係無いっちゃ、無いですが、、。

連日、TVの視聴者を賑わし、まるで悲劇か喜劇か、事実は
小説より奇なり!を地で行く展開に、、、。

IMG_3688

最近読みました”不死身の特攻兵”講談社現代新書発行の、、。

佐々木友次さんは、戦時中、特攻兵に志願したわけでは、
ありませんが、成り行きで、、。
そして、何と9回も特攻で出撃して帰還されました。
数奇な運命です。
著者の鴻上尚史(こうかみしょうじ)氏は、偶然、彼を知り、
存命であった、北海道に入院中の彼に直に取材して
おり、著者の熱い思いが伝わり、一気に読破しました。

先日、また読み返しましたが、気分が悪くなるくらい、
当時の日本の軍隊、社会の体制を思い知らされます。

階級社会、権力という欲が狂わすのか、、。

丁度、今回、加害者のなる宮川氏の会見を見、前監督、
コーチの会見を見、同じような修羅場に見えました。

上官から佐々木さんみたいに、もう、2度と特攻に出撃したら
帰ってくるな、死んで来い!

学生に、やっつけてこい。
いいな、手ぶらで帰ってくるな!

状況は、全く同じ、、。
人間は、狂うとこうなる!の、見事なお手本であります。
でも、そのような方が、得てして権力握り、このような
非常識なことをおやりになります。
これは、もう殺人、、、。
表現が露骨でありました!!

人の振り見て、我が振りなおせ!
肝に銘じます!

つづく。



turuta_s_room at 12:05|この記事のURL

2018年05月25日

BMW E36 M3 色々修理で入庫

IMG_3673

IMG_3675

BMW
E36 M3です。
1994年式ですから、すでに24歳です。

何度か、以前より入庫されてました。
今回は、ウォーターポンプ交換、メーター内インジケーター
作動不良、などなど、、。

ストレートシックス、3,2リッターの当時として最先端の
エンジンであります。
現在、BMWは、V8からストレートシックスに戻りました。
エンジンスペースは、縦に長く取りますが、V8から
わざわざストレートシックスに戻したことは、話題になってます。
NAではなく、ターボ付きですが、排気量の排ガスの関係で
3Lに戻りました。

来年には、トヨタ自動車さんも、ストレートシック3Lの
エンジン(ま、中身は同じですが)に、スープラで戻ります。

原点回帰ですかね、、!

昨今は、EV,燃料電池、ハイブリッドとエレキに希望を
求めましたが、ここへきて欧州、インド、中国とトーン
ダウンしてきてます。
そう、インフラや電気需給など、まだ解決出来ない問題が
露呈しております。

かわいそうにディーゼルエンジンは、商用以外廃れる一方です。
しかし、実際ディーゼルエンジンが廃止されたら困ります、
現状では、、。

お船も、地方のディーゼル機関車、地方のバス、トラック、、。
発電所のディーゼルエンジン、お百姓さんの耕運機、
お船なんか、漁師さんは、、、!
加山雄三さんのこの前、悲しくも炎上してしまった光進丸も、
新造したらガソリンエンジン、?

ということで、話は変な方向に、、。
BMWi3, ニッサンリーフ、テスラなど、バッテリーの寿命が
来たら(15年くらい?)、交換でしょ!
買い換えるときは、だら安か、、!
ポルシェ993GT2や、993RSみたいに何億、何千万円
など、再販では、多分値は上がりません、などと、、。

電気自動車に反対ではありませんが、現トヨタ自動車みたいに
電池に25年耐久性があるのでしょうか、、?

化石燃料は、まだまだ無尽蔵にあるそうですが、電気は生み出さな
くてはなりません。
本末転倒にならなければ良いですが、、。

つづく。



turuta_s_room at 13:37|この記事のURL

2018年05月24日

ポルシェ991カレラS 販売します。

IMG_3665

IMG_3662

IMG_3666

IMG_3667

ポルシェ991カレラS、販売します。

2016年式 3Lツインターボ ディーラー車
車検H31,3  走行 16,982km
色 ナイトブルーメタリック   内装 タンレザー

オプション多数   PDK,PASMスポーツシャシー、
セラミックコンポジットブレーキ、スポーツエクゾースト、
アクティブクルーズコントロール、BOSEサラウンド
サウンドシステム、スポーツステアリング、20インチ
タイヤ&ホイール、、、。

IMG_3664

オプション総額4,300,000円税別以上、、。

程度 極上 無事故 禁煙車 ワンオーナー車

価格」14,900,000円 税込み  諸費用別途

つづく。
turuta_s_room at 13:32|この記事のURL

2018年 アイコード植物園 5月吉日

IMG_3650

IMG_3652

2018年
5月吉日、雨上がりの晴天であります。
アイコード植物園は、新緑の季節真っ盛り、、。

絵は、新入社員のオリーブであります。
ポパイの恋人(アタシと同年代の方は、ご存知)ではありません!

IMG_3653

IMG_3654

IMG_3655

こちらは、アイコード入社2年目のレモン部平社員です。
元気よくまた、花を咲かせました。
もう、赤ちゃんのアレ以上の大きさに、レモンが成長、。

IMG_3656

IMG_3657

工場裏のミョウガであります。
今年も、美味しいミョウガの花穂(カスイ)といいますが、
たくさん取れますので、楽しみです。

IMG_3658

IMG_3659

メソレ(スモモ)は、今年は、たくさん実をつけ、嬉しい
限り、、。
これも、甘酸っぱい、そして美味しい果実となります。

IMG_3660

IMG_3661

広島カエデは、秋には紅葉(モミジ)になります。
昨年まで、手を抜いてますので、根っこ周辺にモグラが穴を
掘りまくり、根っこが空気に触れ、葉が枯れたようにみすぼらしく
なるので、今年は、しっかり今からモグラ対策のナフタリンを
埋めました。
モグラは、地中のミミズをあさる為に、そこら中に防空壕を
掘りめぐらしますので、、。

話は、変わって、、。

しゃくなげ1

しゃくなげ2

しゃくなげ3

シャクナゲの花と木です。
ツツジとよく似てるなと思ったら、そのとうりツツジ科です。

岡崎の本宮山の山頂付近にある、奥宮境内に咲いてました。
アタシャ、シャクナゲの花を見たのは、初めてであります。
大体、シャクナゲは高山植物で、品種改良され、地上付近でも
生息出来るようになりました。

気を付けて見てると、神社やお寺の境内に植えられてます。

シャクヤク

シャクヤクです。

ボタン

こちらが、ボタン、、!

どう見ても、同じように見えますアタシには、。

立てシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花。

この文章は、アタシが幼少の時から、耳に焼き付いて、。
一体、どんな美人の姿を歌ったのかなどと、、。

シャクナゲと、シャクヤクと区別が、やっと65歳になって
理解しました!
だけど、ボタンとシャクヤクの違いは、分かりません。
親戚の1年法要に出かけた先の、お花が生けてありました。

ボタンですか、、?と、知ったげにアタシ、、。
いえ、シャクヤクよ!!!!

アタシんちにも、同じよう花が咲いてましたが、家内に聞くと、
シャクヤクだったか、ボタンだったか、忘れた!と、、。

まだまだ、お花の世界を語れるような知識は持ち合わせて
おりません、、。

しかし、アメフトの問題は、奥が深いです。
加害者と言われた本人の記者会見は、立派でした(決して
褒められたものではないですが、、)。

しかし、昨日のN大の元監督、コーチの突然の会見は、まだ、
大人になってない、ガキが言い訳してる感じがしました。
世間知らずのモノが権力を持つと、アーナルなどと、、。

前回のレスリングのあの方と、似たような気がしましたが、。

そう、人の振り見て、我が振りなおせ!
どこかの市長さんも、やはり、年取ると見境がつかないようで、
気を付けるツルタであります!

つづく。







turuta_s_room at 11:36|この記事のURL

2018年05月22日

レクサス RCF デフクーリング導風板を試作しました。アタシが。

IMG_3640

IMG_3641

IMG_3642

IMG_3643

RCFです。
社外中間パイプに交換すると、デフクーリング用導風板が
無くなり、サーキット走行などで、デフの油音が上がることが
判明しました。

で、デカイ導風板&アンダーカバーを試作してますが、何とも
複雑になり、試作がまだ、出来ません。
レムスの小宮さんからも、まだですか、、!!などと、、。

社員に任せておいたので、こりゃいかん!と思い、製作者の
意図も分かるが、ここは時間優先!

とりあえず、アタシが昔、グループ6のアルミモノコック
ツインチュウブを作っていました、アルミ板金の技術!!を
生かして、昨日、サーと作ってきました。

クランプ止めは、まだ片方しか止めてませんが、今は仮止め!
4か所、カッチリと固定します。

ということで、小宮さんに打診しております。
もちろん、現在製作中の物も、仕上げますが、、。

300kmの速度でも、落ちないように工夫しました。
アンダーボディーを大きな石や路側帯を通過した場合は、
クランプですので、ちぎれ落ち、ボディーには、最小限の
被害しかでないでしょう、、。
カーボンか、FRPで製作しても良いかも、、。

つづく。




turuta_s_room at 13:34|この記事のURL

BMW i3 来店す!

IMG_3635

BMW i3が、アイコードにやってきました。
試乗させていただきました。

リーフとは、加速感、サスペンションの感じは違い、
どちらかというと、スポーティであります。
急加速、アクセルを離すと回生ブレーキが信号で止まる
まで、効きます。

この車両は、500ccの短気筒エンジンロタックスが搭載
されており、レンジエクステンダーのお手本です。
メーターには、航続距離を示す棒グラフ、左にエンジンでの
航続約160km最大記載されおり、オーナーさんの経験だと、
300kmは、充電無しでいけるそうです。
まあ、やはり、長距離は少し気を遣うそうです。
リヤ駆動なので、高速道の横風は少し不安定ですが、慣れれば
問題無しと、、。

IMG_3630

リヤドアは、観音開きです。
リヤシート空間は、C−HRと同等、、。

IMG_3636

IMG_3637

これは、エンジンオイルのレベルゲージ。

IMG_3632

IMG_3634

IMG_3633

これが気になってますが、サイズ175/60−19

そう、タイヤの幅が最近の軽4サイズ、。
これがり抵抗少なるする為の専用タイヤ、、。
BSのエコピアが装着されてました。

1200kgの車重、車格では、これでOKだそうで、、。

通勤や、市街地、近距離、タウンユースにはもってこいでしょう!

まあ、価格が600万円とか、、。
C−HRが、2台、、。

良いか悪いかは、大きなお世話です。

つづく。




turuta_s_room at 13:20|この記事のURL

2018年05月21日

レクサス RCFゲンロク号取材のK−tunes号RCFGT3優勝!

IMG_3397

IMG_3406

IMG_3399

4月21日のRCFゲンロク号鈴鹿サーキット取材で、

岡山トヨペット K−TunesのRCF GT3が、何と
5月20日の鈴鹿スーパーGT第3戦で、クラス優勝したしました。

昨年は、2勝上げてますが、今回は、予選そして決勝とポールTo
ウインという絵にかいたような結果、GT300クラスの優勝
であります。

ティームの全員での勝利ですが、4月の時点では、チーフ
エンジニアの成澤さんは、現状は非常に厳しい状態と悩んで
おられましたが、あれは、”三味線を弾いたか、!”であります。

この車両の開発、製作には莫大なお金がかかり、販売すると
赤字になる!といわれた、厄介者でありましたが、やはり成果
が上がると、担当者の方々は、余計に嬉しいもんです!

また、それを購入され参加されてるティームのオーナーさんも
喜びはひとしおでしょう。
岡山トヨペットさんの若き社長さんをはじめ、スタッフさんは、
殆どが社員と聞いてます。
良く、短期間でまとめられました。

中山選手は成長著しいホープで、先日のニュル24HのLCにも
選抜されました。
もう一人、新田守男さんは、アタシがタイサンアルファ962Cを
アルバイトで、出張メカニックをアイメック時代にやっていたころ、
1990年ころ、アドバンカローラレビンや、ポルシェ993RSRで、
現在51歳の超御年輩現役ドライバーです。
ま、ニュル24Hさんかを続けてるオペルマンタのドライバーに
比べれれば、まだ、ひよこでしょうが、、。

あるオーナーさんが、面倒を見ておられまして、現在若手育成を
しているティームの監督もされています。
そう、多分、スーパーGTでは、オートバックスのM6で参加
されてる高木真一さんより、おっさんでありまする。

その、老若コンビが、この激しいコンマ1秒の中で戦ってる
スーパーGTで、優勝であります。
腕もエエですが、車両も良かった!
そう、エンジニアリングとメカニック、そして作戦など全てが
揃ったことで、結果が出ました。

おめでとうござんす!
ようやった!

草葉の陰で、Y氏も喜んでいるでしょう!

あ、まだご存命でした、、、、!

つづく。


turuta_s_room at 15:04|この記事のURL

ポルシェ993カレラ4S 車検&整備で入庫

IMG_3622

IMG_3623

IMG_3621

IMG_3620

993カレラ4Sです。

この車両が、今や中古車市場で軽く、1千万円を超えてます。
1997年の最終モデルで、市場に出荷された数もRSくらい
少ないです。

オーナーさんは、以前より大事にされてますが、奥様からは
嫌われてるようで”早く売ったら!”などと、この車両の
価値を全く知らない、アンド、興味無いようです。
でも、市場価地を知られたら、旦那さんが留守の間にでも
売っちゃうでしょう、、!
その時は、アタシめが安く買いたたく、、!などと、、。

オーナーさんは、このプレッシャーと、知られないようにとの
恐怖の中で、日夜お過ごしであります。

と本題に入りまして、、。
今回、車検と整備です。
燃料ポンプ&フィルターの交換、、。
エンジンのオイル漏れの修理で、OHも辞さない覚悟のようで
ありますが、その修理費をどうやって、そう、誤魔化すか、、。
アタシも協力したいですが、そう簡単な方法では、バレます!

どうやって、対処するかと、、、。
大変な労力と神経をお使いのようです。
ポルシェオーナーの皆さまが、全て幸せな日々を送ってるだけでは
ないのでありまする!

つづく。



turuta_s_room at 12:35|この記事のURL

レクサス RCF用デフクーリング用エアインレット製作中

IMG_3619

IMG_3618

IMG_3616

レクサス RCFです。
今、デフのクーリング対策として、絵のようなエアインレット
を試作中です。

IMG_3624

IMG_3625

純正中間パイプには、絵のように小さいですが、導風板が
付いています。
こいつがないと、サーキットや峠など、ローギヤで高トルク
の走行を続けてると、デフの油音が上がってしまいます。

デカイ導風板ですが、アンダーカバーも兼ねてます。
こうご期待!

つづく。


turuta_s_room at 12:23|この記事のURL

2018年05月19日

アルファロメオ 4C サスペンションチューニング完成

IMG_3612

IMG_3600

IMG_3611

アルファロメオ 4Cです。

やっと、組付け終了し、アライメント調整を行いました。
さすが、レーシングカーらしく、アライメント調整箇所は
キャンバー、キャスター、トーインとあります。

今回、車高は純正位置にしたことで、サスストロークは、
問題ありませんが、バネレートを純正値より、やや硬めに
した為、低速域での乗り心地がどうなるか、心配でした。

走行した結果は、イメージ通りではありませんでしたが、
あとは、オーナーさんが納得していただければ良いですが、。

IMG_3613

ショックアブソーバーの数値は、特に縮み側の
数値を半分くらいにしました、、。
バネのレートは上げましたので、その伸び側は硬くしました。

あまり、タラタラですと、車高が低い為、サスストロークが
少ない為、底突きが出ますので注意してます。
さあ、オーナーさんが、何というでしょうか、、。

サスペンションの乗り味は、乗った方の十人十色であります。
アタシが、良いと思っても、オーナーさんが、、。

但し、サーキットスペックや、高速域は条件が絞られますので、
そんなに問題は、ありません。
まずは、納車してから、、。
ドキドキでありまする!

つづく。

turuta_s_room at 11:27|この記事のURL

2018年05月17日

ポルシェ 986ボクスターS 6MT 販売します。

IMG_3605

IMG_3604

IMG_3603

IMG_3606

IMG_3607

ポルシェ986ボクスターS 3,2L 6MT

2002年式 新車平行車 走行 131,900km

車検H31,1 色 シルバー   内装 黒皮

程度 上

価格  139万円税込み 諸費用別途

つづく。


turuta_s_room at 15:50|この記事のURL

アルファロメオ 4C サスKIT完成、そして組付け

IMG_3597

アルファロメオ 4Cです。

やっと、ビルシュタインタイプ12段減衰調整E12の
車高調整式サスKITが完成しました。
一品物であります。

バネレートは、純正から硬くしてますが、低速時の
乗り心地(突き上げ感)を極力無くす方向で設定しました。
ショックに関しては、このサスペンション方式が、フロントに
ダブルウイッシュボーンタイプが組まれてますので、ストラット式
に比べ、アームレシオといってバネのレートが加減されます。

ので、バネレートは、上げれます(この辺の解釈、説明は、
長くなるので、自分でお調べください、どうしても、理解
出来ない方は、お電話や、ご来店頂ければ、絵にかいて説明
します、鶴田流に、)。
あとは、E12(ビルシュタインタイプの12段減衰)といショックが、
この軽い車体で、どう乗り味が出せるか、、。

オーナーさんは、アタシより高齢の方です。
ですから、このようなピックアップの鋭いかるい車体のスポーツ
カーですと、柔らかさとは無縁になるので、そこが大変難しい
セッティングが要求されます、、、。
そう、長々とツルタ流の講釈が続きます。

これで、オーナーさんが”まだ、硬い!となれば、バネレートを
もっと低い物に交換します。

サーキットをガンガン走られる方ではないので、あくまで
ストリート仕様です。

話は、変わって、昨日も休日のアタシは、午後一からニュル24H
の再放送を見ながら、アルコールを摂取し続けました。

マンターポルシェも、ベンツもあの雨の中、ステアリング操作が
見れませんが、相当速い速度でコーナーを攻めてました。
他の車両が止まっているような、、。
それでも、姿勢変化はあまり無く、ごく普通に走らせてました。

昔、マンタイポルシェデモカーを、あるご縁で、一度ニュルを
グランプリと北コースを走らせたことあります。

ケイマン987でしたが、それが、もう地を這いつくばって
走る感じで、サスは、全く柔らかく粘るのです。
あれが、速くそして全く不安を感じさせずに走らせられる
セッティングなのでしょう。

自動車は、大変魅力ある道具でありまする!

つづく。



turuta_s_room at 12:16|この記事のURL

2018年05月15日

トヨタ FT86レーシング ショックOH

IMG_3591

IMG_3594

IMG_3592

FT86レーシングです。
市販車のCUPカーです。

オーナーさんは、レースには出てませんが、サーキットで
楽しんでおられます。
今回、ショックのOHを依頼されました。

この車両は、ニュルでも活躍してます。
GT86 CS-V3というネームで、ドイツ TMG(トヨタ 
モータースポーツ GmbH)から、市販レースカーとして
販売されてます。
ちなみに、GmbHとは、有限会社という意味です。
ドイツ国内では、大多数がGmbH有限会社です。
ポルシェや、ベンツなど、大会社は、 ポルシェAGといって、
日本でいう株式会社です。

日本で、アイコード(株式会社エイティーアイ)など、
株式会社ですが、ドイツ的にいうと有限会社に相当します。

TMGでは、GT86はかなり売れてるようで、ニュルのVLN,
24Hと入門編として、いろんなレーシングショップから
参加してます。
まずは、GT86で、レースに参戦(レンタルティームから)
し、3戦以上してクラス上位に入賞すると、ニュル24Hに
参戦出来る許可を頂けます。

GT86は、ニュルサーキット周辺に、今では多くのレンタル
カーショップが出来、気軽に北コースで、ツーリスト走行
(毎週、月曜から金曜の5時半から7時半の2時間)で、
だれでも走行出来ます。

勿論、日本から参加する場合は、国際免許証が必要です。
フランクフルト国際空港から、借りた普通のレンタカーで
走行すると、サーキット内で事故った時、保険が適用され
ませんので、気を付けて、、。

北コースを走りたい方は、たくさんおられます。
予算に余裕ある方は、サーキットスクールに参加される
ことを、お勧めします。
語学堪能、または通訳を雇って一人で行くことも可能ですが、
全くコースを知らない通訳の方では、かえって危険かも、。
余程、グランツーリスモなど、練習して、コース内容を
知っておかないと、大変な出費やケガするかも、、。

ま、しかし、カーマニアで、サーキット走行されたい方は、
一度は、北コースを経験されると、人生変わると思います。
目標、ニュル北コースを走る!

これだけで、生き甲斐が出来るというもんです。
お節介ツルタでありました。

つづく

turuta_s_room at 11:47|この記事のURL

2018年05月14日

2018年 ニュルブルクリンク24Hレース マンタイポルシェ久々の優勝!

IMG_3589

IMG_3590

2018年
ADACチューリッヒニュルブルクリンク24Hレースが
開催されました。
ADACのことを、アダックなどと日本では読んでますが、
正式には、ドイツ発音でアーデーアツエー。
英語発音でエディーエシーが、正式です。

WECを日本では、ウエックと呼んでますが、海の向こうでは
ダブルイシーそのまま、、。

今年で46回目になります。
この数年、マンタイポルシェは、ツキに見放されたか、オラフ、
マンタイ氏が、ポルシェワークスに入った為か、2011年まで、
2006年からポルシェ991GT3を繰って、5連覇という
カーメーカーでも成し遂げられない偉業を達成してます。
が、ここ最近は、ベンツ、アウディー、BMWの台頭を許し、
マンタイポルシェの実力が発揮されませんでした。

しかし、今年は、皆さんもご覧になっていたでしょう!
最後の1時間半のベンツとの、壮絶なデッドヒートを、、。
TV解説者の飯田章氏と、田中哲也氏のコメントが物語って
ましたが、雨のニュルの北コースは、路面が補修はして
あっても、サーキットとは違う、通常の道路舗装と変わりません。
毎年、補修はしてますので、昨年グリップした場所は、今年は
滑り、新たに舗装した箇所を熟知してないと、、。

そう、ツルツルであります。
アタシは、雨も雪も走ったことありますが、FFのゴルフDTIが
ドイツにあり、それを足に何度も、ニュル通いでした、、。
もう、FFでも、フロントから滑って、、。
D1ドライバーも真っ青です。
全てのコーナーが怖いですが、雨のアレナベルグからアデナウ
フォーストという、下り500m、そして少し左に曲がって
500m登りの区間は、高低差50m以上の、それはもうジェット
コースターであります。

晴れた日でも、下りから登りの左カーブは、車両が右にスライド
する感じで、速度はゴルフでも150km以上出てます。
それが、土砂降りの雨の中も経験しましたが、車両が間違い無く
右にフロントからスライドしながら、登っていきます。

昨日の場面も、その部分を見ていましたが、簡単そうに通過
していてますが、アクセルワーク、ステアリングワークと
それは、瞬時の修正を何事も無く行っています。

youtubeなどで、ニュル北コースのクラッシュシーンを集めた
ビデオがありますが、シラウトの皆さん、なんでこんなところ
でスピンやコースアウトするのと、思われるでしょう、、。
それくらい、路面が、、。

また、ポルシェとベンツのデッドヒートで感じたのは、コースを
通常、教えられたようにアウトINアウトと奇麗なコース取りを
しろと、ニュルでは叩き込まれました。
しかし、昨日のコース取りは、全く違います。
殆どアウトか、真ん中を通ってます。

コーナーによっては、アウトアウトアウトと、シラウトが通る
ラインを走行してます。
あれは、通常ラインに雨水が川の流れのように、、。
そこにハマったら、もう、アイススケート状態、、。
雨のラインを知り尽くしたプロの走りでした。

両解説者も、あんなの、怖くて走れない!と、、。
まあ、世界中のレーシングコースで、怖い、恐ろしいと
異口同音に、素直に皆さん、嫌がります!

それを優勝というプレッシャーの中で、戦っていました。
2位になった、ベンツのドライバー泣いてましたね!

マンタイポルシェは、2012年以降の久々の総合優勝です。
彼は、一人息子を交通事故で無くしてから、生きる希望を
無くしたように思えました。
マンタイ社もポルシェ社に譲り、今はポルシェの社員の
ような存在に、、。
昨日の表彰台にも、マンタイ氏本人は出てきませんでした。
ま、しかし、今年の予選のトップタイムが、マンタイの
1,2,3独占ですが、8分9秒台、、。
昨年のトップSCGが8分15秒ですから、如何に速くなったか、。

と興奮してブログしてますが、冷静になって、、。

絵は、アタシと旧友の松下さんという某t社の開発ドライバー
の2人(本当は、もう1人参加予定でしたが)で、怖いもの
知らずのニュルVLN4時間耐久レースに、2014年8月の
くそ熱い時期に、縁あって参加した時のものです。
何と、何と初出場でクラス3位をもぎ取りました。

聞こえは良いですが、SP8に5台参加中、2台が途中リタイヤ!
総合100位くらいでしたが、3位は3位、。
その時クラス優勝したのは、フェラーリ488でした。
矢口さんのお話では、よく壊れてリタイヤしてるのだが、この
くそ熱いのに、今回は完走しやがった!のでありまする!


この136号車は、2012年VLNデビューのISFccs−r
ですが、この車両は、岐阜の渡辺氏率いるnvelさんという
プライヴェートのティームが、今年、何と24H初参加の
ドライバーも含み、SP8クラス3位、総合でも46位、
そして、何とRCFCUP(GT3じゃ、ありません、特別に
ニュル用に作った1台)は、SP8クラス2位、総合で45位と
ダブル入賞であります。

SP8クラスには、クラス優勝した車両が、911GT3MR
とあります。
MRとは、マンタイです。
991GT3で、しかもMR仕様でSP8という穴場を狙った
野郎、、!
火事場泥棒でありまする!!

この屋台骨は、レクサスの矢口氏とTRDが製作した車両を
ドイツ、ニュル近郊のリングレーシングのウーベ、クレーン氏
率いるティームの努力により、達成されました。
ISFccs−rは、何と6年目というシャシーは、すでに
ボロボロのクラッシクレースに出場出来そうな、代物です。

よう頑張った!

TVを見ていて、おバカなアタシも、またVLNから修行を
積んで出場したいと妄想しております。

ガズーレーシングのレクサスLCは、聞くところのよると、
ようニュルに間に合ったという、突貫作業!
クラス1位、参加台数1台で、、。
優勝は、そう優勝であります!
土屋武士さんも、満身創痍で完走しましたが、インタビューでは
ウルウルでありました。
気持ちは、よーく分かります。
色んな面で、大変であったであろうと、、。
来年に繋げて欲しいです!

もう一つ、ルノークリオCUPで出場してました、梅本氏らは
どうなったでしょうか、、。
SP3クラスで、完走!
クラス5位で、総合87位、立派であります。
このクラスは、GT86が多数出場してますが、残念ながら
クラス優勝は、ルノーに、そして86は2位に、。

スバルWRXも、序盤から苦しい展開に、、。
しかしながら、同クラスの優勝候補など、アウディTTなどが
リタイヤした為、何とかクラス優勝を、、。
不満が残る内容でしたが、勝は勝であります。

今年のニュル24Hも、昨年同様、ラスト数時間にドラマが生まれ
ました。
24時間をクラッシュせず、時計のように刻み、そしてばかっ速く
走り、同ラップで、数台が優勝争い!
ルマン24Hも、そうですが、早々たるメンバーも凄いですが、
システマチックに、綿密な計算、優秀な体制で皆さん勝に
きてます。

まだまだ、日本人ティームは、そこまでいきませんが、やはり、
最後は人間の戦いであります。
もちろん、ゼニは必要ですが、、。

8時間労働、残業はどうする?などとは、言ってられませんが、
それらの規則も守って、勝利を勝ち取らねば、、。

次は、6月2,3日の富士24HS耐レース、、。
アイコードもル、ボーセティームのレクサスRCを応援してますが、
今回、石浦選手、平手選手、そして嵯峨選手と、早々たる
メンバーで臨みます。

アタシも応援に行きますが、メカの労働時間は、、。
野暮なツルタでありまする!

つづく。


turuta_s_room at 12:52|この記事のURL

2018年05月12日

2018年 5月吉日 レモン部長花盛り!

IMG_3579

IMG_3577

2018年

アイコードのレモン営業部長は、甘い香りの白い可憐な花を
満開にしました。
今、クマンバチや、絵のミツバチがどこからともなくやってきて
盛んに蜜や花粉を、、。

明日は、”母の日!”であります。
広島の田舎の母は、病院に入院しておりますが、口は達者で、他の
養老院化した患者さんや、看護婦を悩ましてるそうです、、。
で、今年は、もう止めようと思いましたが、、、。

豊田市の近所に、”はなごや”さんという花屋を古い友人が営んで
ますが、そこへ行って、病院でも飾れる(生け花はダメ)、
”バーバリューム”を進められました。

こんなやつ!

無題

ドライフラワーを特殊なシリコンオイルで漬けてるそうで、。

でもって、花屋さんに行けば、何か買いたくなるツルタは、
昨年より狙っておった、、、。

IMG_3587

IMG_3588

そう、鑑賞用のオリーブを鉢植えで買い、早速アイコード
に持ち帰り、大きめの鉢に移し替えました。
昨年からの同じ木ですが、小さな鉢から抜くと、根っこ
だらけ、これで伸び伸びと育つかも、、。
プロに言わせると、窮屈な鉢の方が元気に育つとか、。

ま、甘やかしのツルタであります。
手のひらの小さなヤツは、これでも花だそうです。
これが受粉(1本でもOK)すると、実が出来るそうで、。

オリーブは、小豆島以外では、実が付かないと言われて
ますが、さて、どうなることか、、。
実の成る木が、アイコードにまた、仲間入りしました。

今から、楽しみであります。

つづく。



turuta_s_room at 13:08|この記事のURL

ポルシェ993カレラ4 エンジンオイル漏れ修理 3

IMG_3553

IMG_3580

IMG_3585

993カレラ4です。
オーナーさんは、どこか納屋の奥にしまってあったような
”これって、動くの!”というような車両を持ち込まれました。
自分たちで、中古の燃料ポンプ、フィルターなど、?燃料
関係は、交換した!といってました。

が、しかし、エンジンオイル漏れは、ホースを交換して、
エンジンを回し、エンジンオイルが流れるのを確認
しないと、漏れが修理出来たかどうかわりません。

しかし、さっきまで動いていたというマシーン993C4は、
むなしくセルモーターが、焼け付くほど回しても、、、。

で、燃料ポンプをアイコードで、再度新品交換しました。

IMG_3582

IMG_3586

でもって、DMEリレーも怪しいと?判断!
ばらして、リレーの接点部分をクリーニングしました。
本当は、新品交換が望ましいけど、ハリーアップとか、。

IMG_3584

あと、燃料ポンプを交換しようと思いましたが、
フィッテイング部分が燃料漏れてまして、、。
オーナーさんに、報告、、。

とりあえず、セル一発で、エンジンは始動するようになり
ました。
排気ガスのにおいは、燃料が古いという感じ、、。
しかし、10年以上、放置してあった993ですが、ええ加減な
処理でブルンとエンジン始動、、。

さすがにタフなエンジンであります。

これをきれいに甦らすには、まだまだ、手を入れなければ
なりませんが、しかし、その価値は十分あります!

空冷式エンジンのシンプルな構造は、昨今の排気ガス問題
はありますが、オーナーさんにとっては、利点満載です!

最近のエンジン付きバイクも、スーパーカブなど小排気量
でも、触媒付きとなり、排気ガス対策が徹底されてます。

ハーレーや、BMWの一部のバイクを除き、殆ど液冷式に
変更されてます。

本田宗一郎さんや、初代ポルシェさんのように、かたくなに
空冷式に拘っておられたことは、未来永劫語り継がれるでしょう!

つづく。


turuta_s_room at 11:52|この記事のURL

2018年05月11日

ポルシェ996ターボGT2ルック 6MT 販売します

996GT2青野1

996GT2青野3

996GT2青野5

996Gt2青野4

996GT2青野6

996GT2青野7

996GT2青野8

アイコード自動車販売部 ツルタのプレゼンツ!

ポルシェ996ターボ アメ並 2001年モデル

GT2純正パーツで組付け 6MT クイックシフト

車検H31,9 走行 24,800km 無事故

ビルシュタインサスKIT OH済み

モーテックECU ブースト1,3 

程度内外装抜群 サーキット未使用

価格  670万円 税込み 諸費用別途


絵はお見せ出来ませんが、他に車両有り!

964ターボ リミテッド 1993年式 ディーラー車

色 ミッドナイトブルー 内装グレー

走行10万キロ ポルシェセンターで、全てメンテナンス済み
程度極上 ワンオーナー

価格 応談

つづく。




turuta_s_room at 10:55|この記事のURL

フェラーリ308GTS QV 販売します。

IMG_2588

IMG_2586

1984年製 
フェラーリ308GTS QV 販売致します。

詳しくは、お問い合わせください。
各部分、OHしてます。
高速道をかっ飛ばせます。

695万円 税込み 諸費用別途

つづく。
turuta_s_room at 09:37|この記事のURL

2018年05月10日

ポルシェ993カレラ4 エンジンオイル漏れ修理2

IMG_3569

IMG_3571

993
カレラ4です。

車両は、相当前から放置された状態で入庫。
エンジンオイルを抜かないと、このオイルホースを
外せない(抜くと、オイルタンクからオイルが逆流する)。

で、オイルを再使用の為、オイル缶に回収します。


IMG_3572

IMG_3573

オイルホースは、すでに劣化してました。
これで、オイル漏れが治れば良いですが、次の問題が
あります。
それは、エンジン始動が、出来たり,出来なかったり、。

どうも、燃料ポンプの不良か、電源、フューエルパイプの
目詰まりか、スターターは元気良くエンジンをクランキング
するのですが、、、。

で、まずは、燃料ポンプをオーナーの了承の元、新品交換
することにしました。

つづく。

turuta_s_room at 13:11|この記事のURL

2018年05月08日

ポルシェ993カレラ4 Tip オイル漏れ修理

IMG_3554

IMG_3554

993カレラ4が、入庫しました。
ナンバー無しで、かなり長い間放置されていたような、、。

エンジン始動もしたり、しなかったりと、、。

オーナーさんは、そちらは良いから、エンジン付近からの
オイル漏れを直して欲しいと、、。

IMG_3555

IMG_3556

IMG_3558

IMG_3562

調べるとエンジンからドライサンプ用オイルタンク
(右リヤタイヤ前)に、オイルを送り返すパイプの
一部をS字に曲がった100mmくらいの短いオイル
ホースとのクランプしてる付近から、、。

といことで、まずはこのオイル漏れをホースを新品
交換して治るかどうか、、。

話は変わって、、。

先日、4月28日三浦哲郎さんがお亡くなりになりました。
享年62歳、肺腺ガンだそうです。
彼は、アイメック時代、自分の相棒でありましたK氏が名古屋
グランパスと親しくしていて、それで、その後、三浦さんの
歴代の愛車のメンテナンスをやらしてもらってました。

2001年には、1次リーグ名古屋グランパスの監督も
努めました。
その後、脳梗塞(心筋梗塞化、どっちだったか)で、倒れました
が、復活し、名古屋グランパスでは、全国を回って未来の
サッカー少年を見つけるスカウトマンをされてました。

なので、愛車の積算計は、数十万キロのレクサス車両で、
最初はセルシオ、そしてレクサスとなってLS、最近は
GSでしたが、これも、数十万キロ走破してました。

つい先日も、何だったか忘れましたが、クルマの件で
ご来店され、雑談をしたばかりであったのに、、。
全く、調子が悪そうに見えませんでしたが、、。
62歳、まだまだ、これからというときに、、。

表現は悪いですが、ピンコロという男としては、理想の
生き様でした、、。

IMG_3566

毎年、律義にもこうやってグランパスのカレンダーを
持ってきてくれてました。

ご冥福をお祈りいたします。

つづく。
turuta_s_room at 10:02|この記事のURL

2018年05月07日

トヨタAE111レビン エンジンOHの巻き 3

IMG_3539

AE111レビンのシリンダーヘッドです。
カーボンを除去しました。
これから、バルブガイド交換、バルブ&バルブシートの
カット加工します。
圧縮比を正常にします。
ポートなどは、段付き修正します。
ポート内磨きはしません。
インテークだけで、3バルブもありますので、、。
昔は、よう磨きましたが、結果は、、。

IMG_3548

IMG_3547

IMG_3550

今回、唯一のトラブル!

クランクジャーナル部5番が傷ついてます。
研磨で治るかどうか、、。
溶接で盛るか、、。

つづく。
turuta_s_room at 15:06|この記事のURL

2018年05月04日

2018年 5月3〜6日 連休とさせていただきます。

5月3〜6日まで、アイコードは、連休とさせていただきます。

つづく。
turuta_s_room at 09:31|この記事のURL

2018年05月02日

ベンツ W124 E500 エンジン不調修理つづき 3

IMG_3410

IMG_3517

IMG_3521

IMG_3520

W124 E500は、今度は水漏れです。

はあ〜!
ちょこちょこ動かしてると、ラジエター液が減っていました。
ラジエター両サイドタンクの右側からチョロチョロと、、。

交換でありまする!
次は、なんじゃ!
かかってこいや!

つづく。
turuta_s_room at 10:50|この記事のURL

2018年05月01日

2018年アイコード植物園 5月吉日!

IMG_3512

IMG_3516

2018年
5月吉日、アイコード植物園のご紹介。
絵は、裏山に今年も満開の”にせあかしや”の白い花が、甘酸っぱい
香りを周囲に放っておりまする。
この木は、外来種で、繁殖が強く今では、国内ではワースト外来種
に指定されました。
しかし、この花の蜜ではちみつが、東日本では44%にも達していたり、
薪炭材として暖房用としても利用されてるとか、。

IMG_3514

IMG_3515

裏山の”びわ”の木は、今年も実をつけましたが、不作です。

IMG_3523

IMG_3522

お客様から、昨年頂いた2本のレモンの鉢植えは、1本が、
たくさん実を付けました今冬は、室内で越冬しましたので、。

IMG_3524

IMG_3525

レモン部長は、今年はたくさん花のつぼみが、、。

IMG_3526

IMG_3527

”広島もみじ(かえで)”は、今年も若葉が出ましたが、毎年
葉っぱの周囲が枯れて、貧弱でした。
どうも、根っこの周りをモグラがミミズを捜して、縦横無尽に
穴を掘りあげるのです。
毎年、モグラ対策にナフタリン錠剤を木の周囲に埋めますが、。

もっと、まめに埋めます、、。

IMG_3528

IMG_3529

お客様からいただいた、かれこれ25年目以上の”メソレ(すもも)”
です。
今年は、昨年以上に実をつけました。
この木の根っこ周辺にも、もぐら野郎が地下壕を掘りまくります。
一度、見つけてしかってやろうと、、!

IMG_3530

IMG_3531

”大さくら(稲田氏から寄贈)”です。
今年もたくさん、さくらんぼの実がなりましたが、、。

IMG_3532

今年は、多くの実が早々と落ちました、、。
熟すと黒い実となりますが、結構酸っぱいですが食べれます!

IMG_3533

左が、昨年かなり枝打ちした”きんもくせい”と、裏山から
とってきて植えた”ビワ”です。
こちらも、昨年、あまりにうっそうと茂ったので、丸刈り
くらい枝打ちしました。
ということで、すねたのか、今年は実が出来そうにありまへん!!

IMG_3535

裏山の”まきばら(ドングリの木)”の林群です。
毎年、秋にはまきばら群は、シャンソンの歌ではありませんが、
枯葉よ〜と、歌いながら、アイコード全体に、まき散らします。

アタシが幼少のとき、兄がレコードを買ってきました。
フランス語の作詞を英語に直した、”ナット、キングコール氏”の
歌う歌声にしびれましたが、、。
しかし、枯葉は嫌いです!!

裏山は、その為、腐葉土満載です。

IMG_3537

IMG_3538

その裏山に神聖な木”榊”があります。
今年も、若葉と、そして白い花を咲かせます。

アイコード2階には、神棚がありますが、そこのサカキは、
この木から、頂戴してます。
サカキは、神様が天から降りてくるヨリシロといわれ、神事には
かかせない木です。

この木は、アイメック時代からありました。
今では、木の高さは5M以上、幹の太さは30cm以上の
樹齢50年くらいの大木でありまする。
アイコードのご神木でありまする!

以上、報告終わり!

つづく。


turuta_s_room at 11:11|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives