2019年05月

2019年05月30日

ポルシェカレラ6MT 納車前整備 8

IMG_8936

993カレラ6MTです。
納車前整備は、例の物を残して、全て終了です。

例の物、、。
そうです、懸案のエアコンガス漏れ修理、、。
何時もエアコン修理でお世話になってる”XX商会”さんは、
最近、空冷ポルシェなど、古い車両の修理する職人さんが、
定年退職で、他の者では無理!
ということで、豊田市にもう一つある老舗の”XX電機”さんに
お願いしたら、やはり、ある程度は漏れ箇所が分かったが、、!
ということで、ここもお断りに、、。

それなら、アイコードでやるっきゃない!
エキパンとエバポレーターの付近が、ガス漏れ、、。
ガソリンタンク外して、フロントフード内の隔壁を外し、
ウヘウヘ言いながら、エバポレーター本体をお外しに、。
頑張ります!

ブログ何とか書き上げましたので、アタシャ、午前中に
早退であります。

つづく。

turuta_s_room at 11:06|この記事のURL

ポルシェ996GT3 クラッチ不調で入庫 2

IMG_8937

996GT3です。
今、ショックを外して、OHに出します。

IMG_8938

クラッチは、カバーディスク、レリーズベアリング、
オペレーティングシリンダー、ガイドチューブと
クラッチ系全てを、交換するようオーナーさんから指示が
出まして、部品を注文したところ、OEMですが、国内に
カバーが全然、ありゃんせん。

OEM品で有名な”ポルシェ小僧”さんにも、、。
ということで、次回入荷は6月10日以降、、。
それまで、お待ちを、、。

つづく。
turuta_s_room at 10:57|この記事のURL

ポルシェ996ターボ 2台入れ替え作業 8

IMG_8939

IMG_8940


996ターボです。
2号車に、外国製大口径インテークパイプを強引に
押し込みました。
案の定、北米製のこのパイプは、もちろん極太ですが、
エアコン用高圧ホースに接触や、周辺の部品をぐりぐり
押しのけないと、まともには組付け出来ません。
日本人が設計したら、この様なザツな商品には、すぐに
返品でありまする!
後日、オーナーさんに来店していただき、このままいくか
純正に戻すか、判断していただきます。

このパイプ部分は、何とか組付けましたが、両サイドの
インタークーラーに接続する別のゴムホースが、、、。

強化インテー区パイプKITで、北米製は、今までまともに
組付けが出来ず、ほかってある物もあります。
ハイ!
他社の悪口を言わないようにしてるアタシが言うんです!
お察しくだされ!

つづく。

turuta_s_room at 10:52|この記事のURL

BMW M3コンペティッション サブコン取り付け 2

IMG_8699


BMW M3コンペティッションです。
ACシュニッツーアー製50万円もするサブコンを
組付けました!

残念ながら、自分は今回テスト走行してませんが、
オーナーさんのお話では、純正より明らかに低速域
からトルクが出た!そうです。
まだ、水温温まってから,全開にしてないそうで、後日
感想をお聞きします。

腰が痛いです。

石川接骨院で、先生に治療していただいてます。
先生の所には、多分ですが、ここ1年以上はご無沙汰でした。
出来るだけ、先生にお世話になってしまいました。
気を付けていましたが、、、。

今、痛いであります。
午前中、出勤して事務済ませて、お昼まえに早退、、。
おうちで、養生してます。

つづく。

turuta_s_room at 10:32|この記事のURL

2019年05月27日

トヨタ GRマークX登場!

IMG_8891

IMG_8892

IMG_8894

IMG_8896

GRMnのマークXです。
何処にもトヨタマークはありゃんせん!

IMG_8895

見えにくいですが、カーボンルーフ。

ちなみに、ナンバーのカーボン枠は、1ケ、20,000円
だそうです。

IMG_8898

マニュアルトランスミッション6速であります。
今じゃ、希少車!
ご高齢の方で、どうしても4輪車両に乗りたいなら、MT車
限定にすれば、多少事故も減少しないのかな、、??

IMG_8900

オーナーさんは、過去にアイメック時代クラウンの
フルコンでお世話しました。

今回、リミッターカットが出来ないかと、、。
これから、単品作業で開発します!

つづく。

turuta_s_room at 15:10|この記事のURL

ポルシェ991GT2RS タイヤ交換

IMG_8916

IMG_8918

991GT2RSです。

ミッシェランスポーツカップ2”R”にタイヤ交換です。
アイコードのタイヤチェンジャーは、古いタイプで
20インチがいっぱい!!

IMG_8905

IMG_8906

ということで、刈谷市のタイヤエイトさんで、交換を、。

IMG_8916

IMG_8902

カーボンディスクブレーキの奥には、カーボン製の
スタビライザー、そしてロッドもカーボン製とそりゃもう
5000万円近い車両でござる!

IMG_8927

IMG_8928

アイコードから、トルクレンチを持っていきましたが、
600Nmのトルクは、アタシの腰の筋肉がギックリに、、。
このトルクレンチで、最大の600、、。

で、あわてて近くのホームセンターに、1mの単管を
買いに、、。
締めるときは、2人がかりで、、。
アイコードのメカに帰ってきて、なかなか緩まなかった
と話したら、そうです!などと、、。
だったら、何かパイプを持って行ったのに、、。
ま、人生こんなもんです、、!

IMG_8933

ついでに、”ひんやりシップ”も購入、、。
すぐに腰に貼りました!
労災にすると、大変なので、我慢、、、!
気力、体力、知力?酒力で直します!!

多分、この車両はパンクしたら、JAFさんでも、タイヤ
交換は、腰を痛めるのでは、、。
などと、要らぬ心配を、、。

つづく。





turuta_s_room at 15:00|この記事のURL

ポルシェ996カレラ6MT 右ウインドウ作動不良で入庫

IMG_8919

IMG_8932

IMG_8931

996カレラ6MTです。
急遽、窓ガラスが作動不良ということで、入庫。
75歳のご高齢にもかかわらず、全国をこのポルシェで
仕事の移動用に使用されてるツワモノ、、!

仕事も強引でしょうが、作業についても、何時できる、
代車はなどと、言いたい放題の、、。
ま、お客様は、カミサマ、じゃあありゃんせんが、ここは
お困りの事と、グっと大人の対応で、、。

部品もポルシェジャパンの国内に在庫があり、本日朝から
作業に掛かりました。
そしたら、組付け後ドアのフットレストや、ウインドウの
ヒューズがぶっ飛びました、。
どうも、前回も結構荒い修理作業していたようで、何か
接触してるのかと、、。
何とか、解決して作業終了です。

オーナーさんは、以前は930カレラに乗っておられ、首都高
で、おかまされ、前後ぐっちょり、、。
で、廃車となり、今回1年がかりでMTの996を捜し
当てました、、。
お節介なアタシは、例のピストン齧り、インタメ、シリンダー
の割れなど、996カレラの現状をご説明いたしました、、。
あとは、どうされるか、、。

つづく。
turuta_s_room at 14:42|この記事のURL

2019年05月25日

BMW M3コンペティッション サブコン取り付け

IMG_8886

IMG_8884

F30系M3コンペティッションです。
ACシュニッツーアー製サブコンを取り付けます。

IMG_8887

サブコンで、60万円→50万円致します。

IMG_8888

右ハンドルですが、、、。
頑張ります。

つづく。



turuta_s_room at 12:24|この記事のURL

ポルシェ997カレラカブリオレ ECU異常で入庫

IMG_8890

IMG_8879

997カレラ カブリオレです。
バッテリーが上がり、チェックランプ点灯で入庫。

ECUは、異常がいくつか入っていました。
長らく動かしていなかったのか、ABSセンサーの異常で、
いくつかの悪さを、、。
それらを直して、気が付くと車検が、、。

オーナーさんも、全く気が付かなくて、、。
車検も受けました。
で、油脂類の交換、ブレーキオイルのエア抜き等をやってます。

IMG_8880

IMG_8882



つづく。

turuta_s_room at 12:17|この記事のURL

2019年05月24日

ポルシェ996カレラ6MT ウィンドウ作動不良で入庫

IMG_8874

996カレラ6MTです。
朝一番、同業者のOさんから、窓ガラスが不動になって、
自分の所に、駆け込まれたが忙しくてすぐに修理出来ない。
で、アイコードに回してよいか!などと、、。

困ってる時はお互い様!

IMG_8856

IMG_8857

で、右ドアのインナーパネルなどを外して、原因を捜し、。

IMG_8868

IMG_8873

絵では、分かりにくいですが、樹脂製のワイヤーの
ストッパーが割れて、巻き込みが出来なくなり、リールの
ワイヤーが絡まって、、。

ということで、関東まで帰られるには、修理不可能。
また、強引にガムテープで貼って帰られ訳にもいかず、
車両を預かることに、、。


IMG_8876

絵の部品を注文すると、在庫が1セット国内に、、。
サスガ、ポルシェジャパンと、、。

国産車両も、一時期このタイプのワイヤーのレギュレター
になって、同じようなトラブルが起きたようです!

部品の強度が、設計の問題か、、。


つづく。

turuta_s_room at 17:14|この記事のURL

2019年05月23日

レクサス ISF チタニウム製EXシステム組付け

IMG_8657

レクサス ISF用耐熱チタニウム合金製タコ足(ヘッダー)です。

IMG_8656

排ガス検査合格してます!
国内では、たこ足の社外品でガス検合格の物は無いでしょう!
と、自慢話に花が咲きます。
近々、ISFが入庫されますが、EXシステムを全てアイコード製で
組付けのご注文を受けましたので、、。

馬力も、60psくらいアップしますです。
最近、ようやくRCFの宣伝が、新聞、TVで流されるように
なりました。
が、車両も売れ行きは芳しくありゃんせん!
ま、空冷ポルシェ993も、1997年末期には、ポルシェ社を
ベンツに身売りするお話なども、噂話で、、。
しかし、今や、993GT2ストリートなど、億単位の金額で
スコーンとサザビーズなど世界的有名なオークションで取引
されます。
これが、993GT2クラブスポーツ(車内が内装無しの
ロールバー飲み、まるでレースカーのように)など、2億円を
軽く超える価格が、、。

話を戻して、、。
ISF,RCF,GFSと、5L V8気筒の4バルブ
エンジンは、もう出ないでしょう、、。
ということで、価格の安い”今!”お買い求めください。
15年!後には、凄いことになってるでしょう、、。

EVの時代に、逆光してますが、それがアイコードの
売りでありまする。
まだまだ、レストアは、芸術じゃ、パワーじゃ、爆発じゃ!
と、ま、こんなもんです!

話は、変わって、身内の話で恐縮ですが、、。
2019年、令和年号になって、初の春の叙勲を受ける
ことと相成りもうした!
そう、身内が、、。
第32回危険業務従事者叙勲を、アタシの、、。
警察官を退役して、早7年、72歳前後で、現役時代
犯人逮捕に活躍に、過去に犯罪歴や、悪いことしてない
ことが、絶対条件ですが、、。

それより、驚いたのは、叙勲のお達しは、今年の初めから
色々あったようですが、先日の新聞発表の前から、何と
郵便物が届いたそうです。
内容は、お上からいただいたありがたい、賞状と勲章を
飾れる額のパンフレットが、、。
もちろん、新聞発表になってからは、10以上の業者さん
から、パンフレットが、、。
ということは、個人情報が流失しとるということで、、。
目出度い!というときは、OKなの???

賞状と勲章を同時に飾れる額は、ホームセンターでは、
販売しとらんそうで、、、!
横幅87cmだそうで、。
そりゃ大きいわい!
下々の者用に、ピンは2万円台から、キリは数十万円、。
”額”がでげす!

また、令状用の葉書きなども、文言が用意された金箔
など、商魂たくましい!とは、このことよ!
そりゃ、一生に一度あるかないかの大名誉であります。
ここぞとばかりに、財布のひもが、、、。

アタシが、以前に勤めていたシグマ時代(現サード)、
当時、社長(現会長)の加藤さんですが、お父様は、
当時、トヨタ自動車販売(自工と2つあった)の2代目
会長であられた”加藤誠之さん”は、やはり叙勲があった
そうですが、それを断られたそうです。
もったいない!と、思うのは、そう、アタシです!

皇居にて、随伴者1名(ま、普通はご夫婦)を伴い、
勲章など頂くそうですが、今回4,225名の方が
参上するのですが、多分、何回かに分けるんでしょうね、。
大変な行事であります。
天皇陛下さまは、やはり、数分単位のご公務があるようで、
体力勝負であります。
アタシみたいに、夕方5時には、おうちに帰って晩酌、
8時まえには、自分だけ消灯、就寝、、。
こんなお気楽な生活は、出来んでしょうね、、!
お疲れ様です!

ああ、今回もダラダラと日記を書いた、、。

歳取ると、話も長いが、こんなことも長いです。
そう、一日中暇な時間をお持ちですので、!!!

つづく。





turuta_s_room at 12:29|この記事のURL

2019年05月21日

ポルシェ996ターボ 2台入れ替え作業 7

IMG_8835

996ターボTip2号車です。
新しいパーツを組付けてます。

IMG_8834

IMG_8836

ステンレス製エキマニ。

IMG_8839

強化インテークパイプ
両者、持ち込みです。

IMG_8842

ターボは、アイコードでOHしました。

IMG_8841

ミッションマウント交換、ついでに強化ウレタンも、。

IMG_8843

4WDでは、必ず経年劣化で、ゴムダンパーがひび割れ、
低速走行中、特に右、左にステアリング切って進もうと
すると、運転席下アタリデ、グッグッグと異音がします。
そう、新品交換ですが、純正品は、長いスチール製の
シャフトがくっ付いてきて、更にお高いです。
アイコード製は、純正品より5mm分厚いです、、。

ということで、すこしづつですが、作業進めております。
ブレーキローター&ブラケットは、ビオさんで新作中、、。

昨日は、夜更けから久々の大雨、、。
今日の午前中まで、強く降りました。
我が町、豊田市を流れる矢作川も、水位が結構上がりました。
田植えの季節ですので、明治用水といって農作用の灌漑は
豊田市、岡崎市、そして、安城など矢作川は、水不足は最近
あまりありません。

しかし、お隣、豊川用水の水がめ、宇連ダムは、先日には、貯水率
ゼロを記録し、上流にある天竜川系の佐久間ダムから、導水といって
補給してもらうことになってます。
今回の大雨で、宇連ダムが貯水が多くなれば良いですが、、。

大雨は、洪水の元で、普通の市民にとっては水不足以外、
ありがたく思いませんが、農業従事者や、水を大量に必要と
する方々にとっては、重要な自然現象です。

酸素と水、人間にとっても重要な化学物質です。
酸素と水素、02とHの元素が化合してお水!

酸素、水素、そしてお水、ありがたや!
最近、何でもありがたく思うツルタでありまする!

つづく。





turuta_s_room at 12:08|この記事のURL

2019年05月20日

2019年5月 ニュルブルクリンク 予選6時間レース開催

adac-qualifying-race-24h-nuerburgring-AD0

2019年、6月22日にドイツ、ニュルブル
クリンクにて開催されるニュル24Hの代表選考の為の
6時間レースが、5月19日開催されました。

今年は、BMW M6 GT3が、表彰台を1,2,3と
独占しました。
ラップタイムは、8分19秒、、。

トヨタさんからは、レクサスRCFGT3, レクサスLC,
そして、タイから、C-HRが2台参加!

期待のGRスープラは、SP-8Tクラスで出場、何度か
ピットインを繰り返し、リタイヤと相成りました。
ラップタイムは、9分18秒です。
SP-8Tは、ベンツGT4、アストンヴァンテージGT4
などの9分を切ってくるヤツラが相手、、。
まだ、開発途上でしょうが、何故にSP−8Tクラスに
入れられたのか、全く理解不能???

今回、ニッサンさんが、近藤マッチのティームで、GTR
での参戦。
初陣ながら、SP−9クラスで、総合17位、ラップタイム
も、競合に引けを取らず、8分20秒と、トップのM6GT3
と、殆ど同タイム、、。
総合を狙える存在感を、、。

トヨタさんは、歯がゆいであります!
ま、走る実験室なのでしょうが、、。

つづく。




turuta_s_room at 16:20|この記事のURL

ポルシェ996GT3 クラッチ不調で入庫

IMG_8797

996GT3です。

今回、クラッチを切る時のペタルストローク時に、
異音、そして、スムースでないペタルタッチが、、。
エンジンを降ろしました。
予算が許さない場合は、ミッションだけを降ろすことも
ありますが、過去に最近、降ろした様子が無い為、今回
思い切ってエンジンも点検ということで、、。

IMG_8798

IMG_8799

IMG_8807

IMG_8803

IMG_8805

IMG_8806

まず、クラッチディスクですが、許容限界くらい
摩耗しておりました、上手にお使いか、、!
カバーも外観は異常見当たりませんが、ディスクと
一緒に新品交換をお薦めします。

IMG_8809

フライホイールは、シングルマスが組まれてました。
当時、ディラー車両は、フライホイールは、シングルが
選べました、クラブスポーツも、、。

IMG_8825

IMG_8824

通常、クラッチOH時はレリーズベアリングのみ交換
しますが、今回の異常音は、絵のスリーブという
メインドライブシャフト外側にガイドチューブ(スリーブ)
も、相当摩耗、変形していた為、これも交換したいです。

IMG_8821

ミッションマウントも、劣化とそして一部亀裂が入って
おり、出来れば交換したいです。

IMG_8813

いいだしたらキリ無いですが、エンジン降ろしたついでに、
ウォーターポンプ、プーリー3ケ、リブドベルトも、、。

IMG_8814

エンジンルーム左側のラジエター液のサブタンクも、出来れば
作業しやすいので、、、。

と、やはりエンジンを降ろせば、あれもこれも交換したい
部分があります。
どこまでやるか、オーナーさんの予算と相談であります。

ラジエターホース類も、、、。

つづく。


turuta_s_room at 11:48|この記事のURL

ポルシェ996カレラ6MTカブリオレ 点検修理3

IMG_8819

996カレラ6MTカブリオレです。
クランク角センサー交換で、エンジンは息を吹き返しました。

IGコイル、スパークプラグを交換。
ミッションオイル、ブレーキオイル、クラッチオイルを交換
しました。

完成です!

つづく。
turuta_s_room at 11:16|この記事のURL

2019年05月17日

ポルシェ996カレラ6MT カブリオレ点検修理2

IMG_8768

996カレラ6MT カブリオレです。

走行途中、エンジン不動となり、積車にて入庫。
点検の結果、クランク角センサー不良で、エンジンは
再始動出来ました。

で、他の箇所も点検して、オーナーさんに報告。
今回、IGコイル&スパークプラグを交換します。

IMG_8773

IMG_8774

IGコイルは、クラックが入っており、要交換時期です。

IMG_8778

スパークプラグも、かなり電極など、消耗してます。
中心電極、そして4極の接地電極ともかなり消耗してます。

あとは、油脂類も交換します。
バッテリーも、弱く充電しておきましたが、出来れば新品
交換しておきたいところです。

つづく。
turuta_s_room at 11:12|この記事のURL

2019年05月16日

お花のお話!

IMG_8737

IMG_8738

IMG_8739

IMG_8741


アタシのオウチの庭に咲いてる今が旬のシャクヤクです。

立てばシャクヤク、座ればボタン、のそれです。

シャクヤクは、草木に属し、ボタンは樹木だそうです。
一見しただけでは、どちらがどっちか、、?
最近、見分けがつきました。
絵は、シャクヤクの特徴である葉っぱが艶のある一枚一枚
独立して、。
これが、ボタンだと葉っぱが、艶が無く、カエデのように
3枚が繋がってます。

また、アタシは、シャクナゲともごっちゃにしてました。
シャクナゲは、樹木で、キク類、ツツジ科です。
高山植物で、標高の高いところに今時分、咲きます。
先日、本宮山の奥の院で境内に咲いてました、、。

IMG_8742

IMG_8743

これは、裏にはのふき群です。
美味しかった、また、作りますです。

IMG_8746

IMG_8747

ブルーベリーが、今年も実を付けました。
根元を耕して、ツタ群を切り取って、、。

IMG_8748

クレマチスの花。
花といっても、この白い部分は、ガクだそうです、花弁を
もっていません。
勉強しました!!

IMG_8745

ミョウガも、、。

今の時期、バラもそうですが、お花が咲き誇っています。
四季を知ってか、毎年規則正しく花を咲かせます。
これが、日本の四季を感じさせる贅沢な時間でありまする!

ワキャーころは、お花が咲いても、全く気にしなかったので
が、四季を感じる余裕がでてきたのであります!

IMG_8765

アイコードのカエデは、花が枯れ落ちると羽形状の
花が風に飛ばされて、遠くに、、。
これが種子(種)となり、カエデが増えると、、。
このカエデも、広島のカエデの種から大きく育ちました。
アタシが、一度まだ、身長30cmのころ、誤って
草刈り機で、チウイーンと根本まで刈り取りましたが、
復活したしぶといやつ、いや、オネーサンです。

IMG_8763

レモン部長も、甘い香りの白い花が、、。

IMG_8764

小さな黄色い卵は、クロアゲハが、若葉に産み付けます。
若葉をそれも、一番若い奴に、、。

IMG_8761

びわも大きくなります。

IMG_8760

サクランボは、もう落ち始めました、。
食べると甘酸っぱいです!

IMG_8759

メソレ(すもも)も、少しづつ大きくなって、、。

裏のミョウガも、はい、、!

今、右折と直進車輛の交差点事故が多発してます。
ドイツ国内で、運転してると向こうは右側通行なので、
市内などの、左折は、信号が別にあって、直進青信号の時は、
左折車両は、曲がれません。
直進が赤に信号になると、→信号が青になって、、。
これなら、直進車輛とは、信号無視しない限り、衝突する
ことなど、、。
また、郊外では、環状交差点(ラウンドアバウト)通称、
ランナバウトが殆どで、これも信号が無くとも、必ずは
一旦停止しないと、、。
日本も、この様な先進国のエエところは、真似してほしいです!

アクセルとブレーキの踏み違いは、、、、。
難しいですね!
アクセルの裏か、レバーにスイッチでも付けて、思いっきり
踏み込んだら、スロットルが電子スロットルであれば、全閉に
なるとか、、。

マニュアル車両であれば、この様な踏み間違いは、少なく
なると思いますが、、。

ああ、難しい問題じゃ!

つづく。


turuta_s_room at 13:38|この記事のURL

ポルシェカレラ6 販売致します。

IMG_1756

IMG_1765

IMG_1752

IMG_1764

カレラ6です。
エンジンも、新品で組みます。
レプリカでは、ありません。
車体番号もあります。
新品部品で組んであります!

1966年式です。
ナンバー取得可能と思います。

価格 応談

つづく。
turuta_s_room at 11:41|この記事のURL

ポルシェ991GT2RS販売致します。

IMG_3943

IMG_3946

IMG_3947

991GT2RSです。

走行280kmの新車です。
もちろん、ディーラー車です。

マグネシウムホイールはありませんが、それ以外のフル
オプション付きです。
ヴァイザッハ仕様です。

価格 4,960万円 税込み

諸費用は別途です。

つづく。
turuta_s_room at 11:33|この記事のURL

ポルシェとバッテリーのおはなし!

IMG_8751

IMG_8754

IMG_8752

996カレラ カブリオレです。
993カレラです。

バッテリーは、上側は996用で、下は993用、、。

IMG_8753

IMG_8756

大きさも長さ310mmと280mm。

この大きさは、アンペアにより異なります。

大きい方が90アンペア、小さい方は70アンペア。
これは、当時の993用では大きい方でした。
996の水冷エンジン時代にになり、より容量のデカイ物
になった、原因は、エンジンのECUや、燃料ポンプなどの
本来の容量に対し、ナビ、オーディオ、エアコン、などの
アクセサリーの容量が増えたことによるアンペアの増量に
繋がりました。

アンペアが大きくなるとバッテリー自体も大きく、重く
なるのですが、高級なバッテリーであれば、それも軽い
物もあります。
まあ、バッテリーは、消耗品です。
毎日使用してれば、3年も、4年も持ちますが、数か月に
1回しか、それも2〜3時間のエンジン回転数低い域での
使用では、バッテリーの充電も追いつきません。
また、最近の車両にはイモビライザーなど、使用してなくても
微電流が常時、必要なのです。
ガレージなど、保管出来れば、バッテリーの端子を外すとか、
充電器で常時充電可能であれば、良いのですが、、。

ということで、バッテリーは、弱ると,始動も困難になりますし、
加速時など、瞬間にエンジンが電気を欲しがる時、供給不足
となり、エンジン性能が100%発揮出来なくなるのです。

バッテリーは、重要なパワーの源であると認識してください。

つづく。
turuta_s_room at 11:24|この記事のURL

2019年05月15日

ポルシェ993カレラ6MT 納車前整備 7

IMG_8729

993カレラ6MTです。
車高がやっと決まりました。
車高は、以前の車高より4mm程度上がりました。
これは、アッパーサポート、ショックが新品の為、
数か月経過すれば、落ち着くと思います。

IMG_8727

IMG_8728

これから、糸を引いてアライメント調整です。
キャンバーも、、。

IMG_8731

IMG_8732

ドラレコも前後組付けました。。

IMG_8702

以前にセンターコンソール前に付いていたなAV機器は、
オーナーさんの意向で取り外しました。
その代わり、スマホをセット出来るよう配線をダッシュボード
上に、引き回しました。

あとは、エアコンの点検です。
ガス漏れを点検し、修理が安価の場合、今回修理します。

タイヤ交換もあります。

つづく。


turuta_s_room at 10:26|この記事のURL

2019年05月14日

BMW M3コンペティション ACシュニッツアーサブコンを、。

IMG_8699

IMG_8694

BMW M3
コンペティションです。
最近、カーメーカーさんは、スポーツタイプの車両にも、
格差をつけ、何とかゼニを搾り取ろう!と、、。

991GT2RSのような、最高級スポーツカーでも、
オプションに、数百万円も、、、。
ということで、ヒガミはさておき、、。

オーナーさんは、過去にアイメック時代からのお付き合いで、
色々車両のチューニングで、お世話をさせていただいてます。
最近では、アルファロオ4Cなどの、サスチューンも、、。
しかし、長距離のツーリングなど、やはり疲れるのと、
毎日の使い勝手の悪さもあり、4ドアセダンになったそうです!

アルピナのD3も、検討されたそうですが、、。

今回、サブコンをご注文頂きました。
ACシュニッツアー製です。
金額は、他社製品に比べ、ど高い!ですが、信頼性からすると
安心と性能をゼニで、、。

IMG_8695

450PS → 510PS 60PSもパワーアップする
そうです、カタログデータでは。

絵のように、インタークーラーは、水冷式になりました!
メーカーとして、性能を安定するには、吸気温度をある程度
一定にしたいのは、安全面からもそうで、空冷の場合、
過度に吸気温度が下がり、パワーが出過ぎることを防ぐことが
結構難しいです。
製造原価からすれば、空冷の比べ、2次冷却になる為、部品が
増えますが、性能の安定性を考えれば!なのでしょうか、、。

チューニング屋としては、水冷はやりにくいのであります。
空冷なら、簡単にコア部を大きくしてあげれば良いですが、
水冷の場合、コストが掛かりすぎます、大きくするのに、、。

ということで、サブコン取り付けます!

つづく。


turuta_s_room at 10:42|この記事のURL

2019年05月13日

ポルシェ997GT3後期 オイル漏れで入庫8 完成です。

IMG_8679

IMG_8686

997GT3後期モデルです。

オイル漏れや、その他チェックエンジンの修理で入庫。
エンジンを降ろしたので、純正のツインマスフライホイールと
クラッチ系をシングルマスクラッチKITに交換しました。
ミッションマウントに、クラックが入ってましたので、
新品交換と補強ウレタンを組付けて、、。

オイル漏れの原因である、リヤ側クランクオイルシールも交換!

水温以上の原因である、エンジン下のバキュウムホースや
インテーク上のバキュウームホースなど交換。
タイヤのホイールバランスも、取り直しました。
また、社外品EXマフラーも、純正に交換!

試乗しましたが、4万キロ走行なのか、ショックが社外品の
サーキットスペックに交換してあったのが、原因か、
フロントの純正ピロアッパーから、大きな異音が段差を超える
度に、カタカタと、、。
これも、ピロアッパーを交換すれば、治るかも、、。

こちらは、中国地方からのオーナーさん!
今週末には、納車であります。

昨日は、会社にバイクで出勤しようとしましたが、
止めまして、朝からビールをプシュ!
それが呼び水となり、焼酎ロックに、、。
お昼前には、エエこんころもち!

勢いつけて、裏のふきを20本くらい取ってきて、すじを
取ります。
これが親指の爪で取るもんですから、爪が痛い!
また、ふきのすじを取る時、灰汁が爪を真っ黒に、、
そして、数分湯がいて,板摺、、。
それからもう一度、皮むきして、、。
それから、しょうゆと白みそと、みりんで5分くらい茹でます。
親指が痛い。

IMG_8690

出来上がりを、また焼酎ロックで、、。
苦味が旨い!

韓国TVドラマ”みせん未生”の20回目の最終回を19回
あたりから、酔いも加担して涙無くしては、、。
そうとう、涙で塩分を放出しました。
もう、すでに2回見ましたが、またも感動して涙、涙で
ありまする。

見終わってから、今度は庭のブルーベリが実をつけだしてる
を見て、周辺に生えてる根っこのきついシダ類をカマで
根こそぎ切りまくり、ブルーベリ周辺を奇麗に耕して、!

汗びっしゃこになったので、ここでシャワーを、、。

夕方5時すぎには、また、焼酎ロック、、。
娘が手巻き寿司を作ったので、それをつまみに、また、
”みせん”を二度見、、。
家内は、何がそんなに良いのか分からん!と、韓国TV
崇拝のお方が、、、。

でもって、PM7;30には、就寝前のストレッチを20分
ほどやって、御寝んね!

なもんで、今朝は、それでも4時起きでした。
これが、ツルタの休日の1日でありまする。
庭以外、一歩も外出無し!
充実した1日であります。

さて、何歳まで生きれるか、、!
ピンコロ希望のアタシであります。
家族も、そう願ってるようです!
態度で分かります、ノーテンキツルタでも、、。

つづく。


turuta_s_room at 11:48|この記事のURL

ポルシェ996ターボTip550 納車前整備完了!

IMG_8680

996ターボTip 550仕様です。

納車前の異常も解決し、これから北海道に納車であります。
オーナーさんは、まだ、一度も実車をごらんになってません!
さぞ、心配でしょう!

最近の996ターボTipの中古車市場は、まだ、400万円台で
10万キロまでの程度良い車両があります。

何度も言いますが、最後の空冷から受け継がれたドライサンプ
エンジンです。
カレラのエンジンとは、全く別物です。
ターボは、大抵の方は敬遠されます。
しかし、冷静に考えてアクセル踏まなきゃ、恐ろしい加速など
しません。
おまけに4WDです。
今回は、整備に約100万円掛かりました。
その中には、ECUチューニングとタコ足交換という約50万円
の余計な出費が加わってるのです。

さあ、996ターボを買おう!!

つづく。


turuta_s_room at 11:16|この記事のURL

ポルシェ993カレラ6MT 納車前整備 6

IMG_8681

IMG_8682

993
カレラ6MTです。
納車前の整備をやってます。
懸念された車高調整は、やはり暗礁に乗りました。
で、前後の車高ですが、フロントに対しリヤが10mm以上
高いので、車高をフロントを上げるか、リヤを下げるかですが、
フロントは、現状いっぱいに上げてますので、無理!

リヤは、絵のようにスタビステーと共締めされており、事実上
一度、ショックを外さないと、調整不可。
外観は車高調整出来そうですが、、。

ということで、リヤを外して調整します。

IMG_8689

これで、3度目、、。

一度に車高を決めることは、至難の業でありまする!

つづく。

turuta_s_room at 10:45|この記事のURL

2019年05月11日

ポルシェ997GT3 オイル漏れで入庫 7

IMG_8653

997GT3です。
エンジンのクランクシールからのオイル漏れなど、
修理してます。

IMG_8652

エンジン上部のバキュームラインも、連休明けに
ドイツから到着、、。

ボディー下のバキュームラインも、すでに組替えました。

IMG_8651

エンジンを載せてます。
あと、少しですが、まあ、エンジンに火が入ってからも
各部点検ありますので、もう少しお待ちを、、。

つづく。
turuta_s_room at 12:04|この記事のURL

ポルシェ997GT3RS前期 タイヤ交換

IMG_8649

IMG_8647

IMG_8648

997GT3RS前期です。

オーナーさんは、アイメック時代、964カレラ、996
GT2,そして、この車両と、長いお付き合いの方です。

今回、持ち込みのタイヤ交換です。
最近、水温計が作動しないそうで、それも点検の為、
持ち込まれましたが、来る途中で、メーターだ作動しだした!
と、、。
ま、エンジン下回りの例のバキュームホースの欠落など、
点検しましたが、異常ないので、また、異常が出るまで、
などと、、。

しかし、最近は、ネット社会です。
世の中のタイヤショップさん、大きなお世話ですが、
大変です。
ま、アイコードも、世の中の変化にヒイヒイ言いながら、
また、遅ればせながら対応していきますねん!

まずは、スマホに変更可、、!

つづく。
turuta_s_room at 11:59|この記事のURL

ポルシェ993カレラ6MT 納車前整備5

IMG_8646

993カレラ6MTです。
納車前整備してます。

IMG_8637


IMG_8639


フロントサスを組付けました。

IMG_8644

IMG_8638

IMG_8642

ツルシのショックを持ち込まれての組付けで、絵のように
車高調整をリヤがスタビ用ロッドのステーが、ロアシート
と共締めです。

尚且つ、車高を組付け後、調整しようとしても、スタビステー
が邪魔して、調整しにくいです。
フロントも、車高調整範囲の一番上部まで上げてますので、
組付け後の調整は、下げるしか出来ません。
うーむ、難しい、リヤを動かさずに、、。
難題じゃ!

つづく。




turuta_s_room at 11:46|この記事のURL

2019年05月10日

ポルシェ935 お話の続き

IMG_8629

IMG_8630

ポルシェ935/77です。

アタシが、まだお若い頃、1977年シグマ(現サード)さんの
加藤真さんに、連れられて初めてヨーロッパに行きました。
当時の飛行機は、ソ連上空を飛べるのは、自国のエアロフロット
のみで、それ以外は、南回りといって、恐ろしく時間の掛かる
飛行機しかありません。
中継地点は、忘れましたが当時のロシアの飛行場で、ロシアン
コーヒーを、、。

で、1977年、ルマン24Hも観戦したのですが、その年は、936
が辛くも優勝、ルノーは、大敗しました。
で、この935は、もちろんカーザッシなどで知っておりました。
あまりに強くて、世界選手権は、ポルシェオンパレードとなり、
消滅したという恐ろしい車両でした。

IMG_8632

IMG_8633

絵は、935です。
935/77は1台だけ、ワークスで参加、935だけで6台
参加してます。

IMG_8635

IMG_8631

生沢先生も、ルマン24Hには、これで参加されて、、。

アタシの記憶では、全く935/77は、知りませんでした。
まあ、スターティングラインに、多くの935が並んでる
というくらいの記憶、、。
結局、935/77は、途中でリタイヤしてます。
不運のポルシェです。

語りつくせないポルシェのお話です。

つづく。

turuta_s_room at 14:18|この記事のURL

ポルシェ935/78 デリバリー開始!

1342186

1342189

935

1342194

ポルシェ社発表の絵から、、。

1976年 ポルシェ935通称”モビーディック”は、当時の
グループ5で、登場した最後の車両です。

これをオマージュとした車両が、2018年に発表され、限定
77台が生産されます。

2019年6月から、納車開始ですが、、、。
ご希望の方は、アイコードまで、ご相談ください。
何とかなるかも、、!

アタシも、宝くじが当たったら、、!
何時も、そう言ってます、オオカミ少年です!ハイ!

つづく。
turuta_s_room at 13:37|この記事のURL
Profile

アイコード代表者:...

Archives