2010年09月17日

2010 ニュルブルクリンク レーシングスクール 3

f14e0ce8.jpg水曜日は、一日中フリー走行です。
まずは、小手調べで皆さん思い思いに過去に記憶にあるライン取りを確認しながら、走行します。

そして、スクール初日木曜日は、F1コースと北コースを約10区間に分けて、反復練習するのです。

車両は、最新のモデルから1970年代のクラッシックカーと言われるスポーツカーで、その実力内で最大努力して、この難コースをいかに綺麗なライン取りで走れるかを勉強するのです。

先生方は、総勢40名以上の猛者が懇切丁寧に指導してくれます。
ステアリングの切り方、ターンインのポイント、また、コーナリング中はいかにステアリングを一定に切ったまま抜けれるか、、。

コーナリング中にステアリングを修正しない為には、切り込みのタイミングがいかに大事かを徹底的に指導してくれます。
それ以外のライン取りは、アンダーかオーバーになるのです。

そうすると、全コース90度以上切り込むことはありません。
それ以上切り込む、修正するということは適正なライン取りではないということなのです。

力む必要はありませんが、集中力とタイミング、リズムが必要となるのです。
絵は、F1コースホームストレートから順次、講習を受けるポイントに向かっていくところです。
つづく。
turuta_s_room at 13:06
Profile

アイコード代表者:...

Archives