2017年07月11日

スティーブ、マックイーン その男とル、マン を鑑賞!

IMG_2967

スティーブ、マックイーン その男とル、マン!
英語タイトルもそのままの、、。

アタシは、この映画が昨年国内で上映されたことを
全く知りませんでした。

で、数日前、ケーブルTVで放映しており6月には、
2回放映した最後の日の終了5分前に、たまたまお休みで、
昼からビールプシューと、、、。
で、ケーブルTV局にすぐに、電話、、。
次は、何時放送ですか、、!
なんで、事前告知が無いの!などと、因縁を、、。

それで、早速、アマゾンさんで、ブルーレイというヤツを
代引き(カード決済が嫌)で、、。

今朝、大体いつも3〜4時には起きるのですが、多分興奮
していたのでしょう、AM2;00に目が覚め、そのまま、
見ました、、。
最近は、8時過ぎには、オネンネなので、、。

内容は、存在自体が危ぶまれていた”栄光のルマン”日本題名、
の撮影時の秘蔵映像がひょんなことから発見され、
それらをデジタル化して、記録映画になってる内容です。

アタシは、一応マニアで1971年当時、封切映画”栄光の
ルマン”は、917は、こんな排気音がするのかなどと、
当時、2本立てが常識の広島の映画館で、1本のロード
ショーを確か、立て続けに3回くらい日を変えて見たような、。
当時、2本立ての映画など、途中入室、退場は当たり前で、
現在のような、総入れ替えなどありませんでした、、。

ポスターも、スティーブ先生!がコクピットから前方を
見つめてる絵を買いました、縦横畳半分以上の大きさの、。

本も、スティーブの愛車とかいうヤツなど持っていますが、
今回のルマン撮影時の内容や、どうしてニール、アダムス
奥さんと撮影中に離婚したか、、。
この撮影終了以降、一切4輪のレースに参加してなかった
理由、もちろん、たくさんのどうして?という理由が
全て繋がり解けたのでした、、。

全体には、当時の方々のインタビューもふんだんにあるの
ですが、やはり皆さん、あれから45年以上経過してる
にもかかわらず、鮮明に、そして今は穏やかにお話されてる
のは、やはりスティーブ(呼び捨てですみません)の純真な
気持ちが、当時は理解出来なかったのに、今はすっかり
理解出来たと、、。

当時、高校生のアタシは、もう感動していて内容など、
恋愛とか、ライバルのフェラーリのドライバーの顔も
覚えてないくらい、マシンのみを凝視していました。

自分の思い描いた映画を監督、脚本、主演を思いどうりに
描こうとして、事故や製作費超過でそれらを諦めなければ
ならなくなった過程がヨーク分かりました。

IMG_2969

荒野の7人、これは主演のユルブリンナーを食っちゃう
強烈な個性で成功し、大脱走でバイクファンを魅了させ、
ブリッドでは、ムスタングで4輪の過激な追走シーンの
先駆けとなり、絶頂期を迎え、そしてルマンです、、。

もう、スティーブ、マックイーンのファンの方は、涙
無くしては(大袈裟)見れない、感動ものでした、、。

レースをかじったツルタとしては、彼のその後の行動が
ヨーク理解出来ます。

最愛のニール、アダムスさんに、愛想をつかれたその辺から、
人生が変わっていったように思われますが、、。

兎に角、50歳の短い人生を駆け足で過ぎ去った彼にとって
何が大事であったかを、後悔しながらのこの世を去ったのでは
と、、。

それは、やはり幼いころの不遇な家庭環境が根幹にあって、
大事な者をを無くしたことの要因が自分自身にあった
のだと、気づいた時には、、。
TV映画”拳銃無宿”で、アタシが小学生の時、初めて彼を
見ました。
ランダル銃カッコ良かった、まだ、そう、白黒で夜遅く
広島では、放送していました。
それから、荒野の7人では、、、

きりがないです、彼の事を思うと、、。
スーパースターは、孤独なんでしょうね、、。

まるでアタシみたい、、!
ブログでは、何でも書ける!
あとは、シラン!
何だか、今日は一人で怒っています!

つづく。



turuta_s_room at 14:13
Profile
Archives