2017年10月05日

レクサス RCFゲンロク号 雨のFISCO取材

IMG_0720

IMG_0712

IMG_0711

10月吉日、前日から雨の富士スピードウエイ、、。

RCFゲンロク号は、チタニウム製たこ足を組付け、
ECUのサブコンセッティングして、今回臨みましたが、。

気温は低いが、雨で気圧も低いので、標高600mの
富士では、平地の出力の15%くらいダウンします。

しかし、今回アタシも試乗しましたが、、。

IMG_0718

IMG_0721

早朝8時からの走行でしたが、ゲンロク誌ジャーナリスト
兼セミプロ?ドライバー山田氏は、前回のハンドリングの
悪さを払拭する出来の良さに、細かいセッティング変更も
含め、雨のつるつる条件の中で、よく頑張りました。

IMG_0719

丁度、ISF CCSRも走行していて、雨の中、
何とか数週はくっついて走っておりました、。

IMG_0709

20分、2回の走行もあっという間に終了、、。
しかし、今回は、今までのアンダーステアから、コーナリング
が、全く不快であったのが、雨の中でもフロントはオーバーな
くらい食いつき、反対にリヤが滑り出すほどです。

アタシも数ラップ試乗しましたが、1コーナーをアウトラップで
慎重に抜けた後、Aコーナー手前でフル加速し、減速して
抜けようと思い、ステアリングを少し切った状態で、
まるで、D1グランプリ仕様の超オーバー、、。
そのまま、カウンターを当てながら外側に膨らんで、、。

もう、パワーもトルクもベンチ上で40PS以上アップして
るので、まるでリヤタイヤはステアリングを少しでも切り込んで
いると、簡単にテールスライド、、。

よくまあ、山田氏はこんなじゃじゃ馬、乗れたもんだ!と
思いながら、アクセリングを慎重にしていました。
コーナー出口で、ちょっとでも加速すると、ステアリング
真っすぐ状態で、リヤタイヤは今度はホイールスピン、、。

てな具合で、久しぶりにタコりながらの荒っぽいドライブと
相成りました、、。
他人には、卵を踏むようにアクセリングしろ!などと、
言っておきながらツルタ君は、全く理性を失って、、。

面白かった!!!

IMG_0723

フロントサスの改良点を激写して、、。

IMG_0728

何時ものAE86軍団(ゲンロク取材陣)と、アイコード
プリウス30号、RCFと、、。

500馬力を超えた車両を雨のサーキット走行は、とても
エキサイティングで、ターボとは違い、アクセルレスポンスの
鋭さもあり、久しぶりにコース幅の広いFISCOでも、
タコって、ガードレールに突っ込みそうになる恐怖感を
体感しました。

ニュル北コースであったら、確実に前後グッチョリの絵に
なっていたでしょう、、。
走行後、興奮してベラベラ喋ってるアタシでした、、。
やはり、ドリフト練習は、まめにやらないと、体が忘れっち
まっていました。

つづく。





turuta_s_room at 12:30
Profile

アイコード代表者:...

Archives