2017年10月09日

BMW M2 チューニング完成!

IMG_0804

IMG_0765

IMG_0782

BMW M2のチューニングです。
といっても、サブコン、大容量空冷」インタークーラー、
ラムエアシステムの出来合い3点KITです。

まずは、オーナーさん直々のご指定でありました
ACシュニッツアー社製サブコンです。
他メーカーさんに比べ、倍以上の価格ですが、オーナー
さんは、ネットでよく調べた結果ということで、、。

その分、配線処理は大変で一日掛かりました、、。

IMG_0787

IMG_0789

IMG_0791

スタディー社製大容量空冷インタークーラーです。
これも、他社に比べ、対費用効果大ということで、、。

IMG_0799

組付けは、簡単です!などと言われましたが、組付け時
には、スタディー本社の担当者から組付けの説明を
聞かないと、それでも結構、切り取り加工など慣れてないと
時間が掛かりました。

IMG_0801

IMG_0788

グルッペエム社のラムエアシステムです。
サーキットなど、限界走行時エンジンチェックが入るなど、
対策が必要と聞きましたが、対策品は、後で施工します。
実際、一般道テスト走行では、エラーは発生しませんでした。

シャシーダイナモチェックしようと思いましたが、スタディさんに
お聞きしたら、何でもフロントタイヤが不動の場合、正確な
数値は出ない!などと、、。
ということで、今回諦めました。

試乗しまして、気がつきましたことを、、。
試乗時は、まず、エンジンオイル温度が80度以上にならないと
正常な加速性能は得られない、要はセフティーが入っています。

スポーツプラスに設定して、加速してみました。

1580kg ÷ 420PS以上(カタログ値+チューン)

= 3,76kg/馬力

これは、アイコードRCFゲンロク号と比較すると、、。
大体、同じパワーウエイレシオであります。

試乗の感じは、M2の方が、ターボ加速で中速からの
加速感は良いですが、やはり5000RPM以上は、
頭打ちが早いかと、、。
まあ、ターボとNAですから一般道での比較は、感覚に
なり、あまり参考にはなりませんが、、。

IMG_0797

IMG_0795

サスペンションは、3シリーズ伝統のフロント、ストラット
式、リヤマルチリンク式で、国産の車両もお手本にして、、。

サスペンションアームは、全てアルミ鍛造(RCFは一部
スチール)です。
なんでも、M3のサスペンションがそっくりそのままとか、、。
乗り味は、そりゃ、エエに決まってます、、。
最近の足は、完成度高く、社外品に変えるのは、サーキット
など、車高を変更したいからと、それから、お金使いたい
お金持ち様の為に、、、。

IMG_0793

IMG_0796

アンダーカバーは、フロント、中央部は、完璧に
カバーされてますが、ガソリンタンク以降は他車に
もれず、不完全です、、。

排気システムは、ターボならの1本でリヤまで、野太い
ステンレスパイプで、マフラーは、ダブル両出しに、、。

リヤデフケースには、大変立派なアルミフィンがついて、
デフのオイルが高温になることは防いでいます。
また、温度センサーが付いており、温度管理されてます。

車重が軽いということは、全てにおいて長所となります。
ベンツのA45とライバル視されますが、これらに国産車
のミドルスポーツモデルが、まだ追いついてないことには
残念ですが、これもお国柄かも、、。

つづく。













turuta_s_room at 11:57
Profile

アイコード代表者:...

Archives