2018年02月02日

レクサス RCFゲンロク号 デフ比交換テスト

IMG_2556

IMG_2563

IMG_2564

RCFゲンロク号です。

OS技研製TCDタイプLSDと、ローギヤのピニオン&
リングギヤに交換しました。

それで、従来であれば6速ギヤがエンジン回転と同じの
1,0という設定で、このギヤでパワー測定などします。

しかし、今回デフ比を大幅にローギヤにしました、ので、
パワー曲線の中で、どう、ギヤを選択したら良いか、確認
しました。

IMG_2559

絵は、レースカーなどでは、必ずコースにて設定するギヤ比の
比較です。

例えば、富士なら、エンジン特性を考えて、ハイギヤにして
6速7000RPMで、ストレートエンド200m付近に
もっていくようなギヤ配分にするとか、、。
筑波なら、もっとローギヤにセットするとか、、。

レースカーの場合、ギヤも、デフギヤも選べる場合と、
デフギヤのみ、選べる場合など色々あります。
アタシがワキャーころ、シグマのGC73(昭和73年)では、
富士30度バンクの6kmフルコースの場合、あーする、
こーすると、ドライバーさんが、”3速を22,22から
22,24にしてくれ!”

はーい!といって、ヒューランド製FG400なるマグネシウム
製ミッションの後ろのおかまを開けて、レース前に
5速のギヤ一対を交換したりしました。

凄かったのは、予選前に、メカ長さんの栗谷さん(お亡くなり
ましたが、成瀬さんなどと、トヨタ7からの)が、ミッション
オイルを抜くのです、、。
どうしてですか?などと、新米のアタシが迷惑、邪魔なの
も構わず、、。
栗谷さんは、タイムアップの為!と、、。
そう、ギヤオイルは、当時、合成オイルとか無かった時代
です。
シングルグレードの140番とか、もう、べっとりとした粘度
なので、その抵抗も無くそうと、細かいチューニングです。

2〜3ラップは、これでもつのだそうで、、。

と、また、道がそれましたが、RCFを少しでも速くして、
1台でも、多く販売促進に繋がったらと、大きなお世話で
ありまする!

つづく。



turuta_s_room at 14:12
Profile

アイコード代表者:...

Archives