2018年06月01日

ポルシェ964カレラ 5MT 修理で入庫2

IMG_3712

IMG_3727

IMG_3728

964カレラ 5MTのクラッチペタルの油圧シリンダー
マスターシリンダーを交換しました。
絵のように、ペタルの奥、室内にセットされてます。
通常の国産車などは、エンジンルームに突き出してますが、
964は、レーシングカーなどの設計と同じで、ペタル踏力
など、強烈な押しに変形しないよう、レースカーの設置と
同じ形状をしてます。
ビートルなども、同じ設計ですが、、。
量産車などには、この設計はしません、コストが
掛かりすぎます。

964など、このままルマン24Hレースに出れるのです!

IMG_3711

IMG_3718

こちらは、ミッション側のレリーズシリンダーです。
機構は同じです。
油圧式なので、ホースも同時に交換します。

空冷ポルシェは、こうやって説明するアタシも、少し
興奮して説明したがるほど、各部機構がレースカーに
通ずる魅力ある部品で構成されてます。

水冷ポルシェでは、味わえません!
ま、それがどうしたの!ですが、、、。

明日からFISCOで50年ぶりに開催されます、スーパー耐久
24Hレースに、行ってきます。

ルマンやニュル、そしてデイトナ、スパフランコルシャン、
最近ではドバイでも、24時間レースが開催されてます。

参加するティームは、車両の整備、補修部品、機材と
大変ですが、さらに問題なのは人材の経費であります。

レースには、今回、周初めから搬入、ピット設営、そして
ドライバーたちの休憩場所の確保、、。
また、スポーツトレーナーも待機します。
キャンピングかーなど、総動員です。
ケータリングといって食事部隊も、大騒ぎです。
1ティーム、最低15人くらいの食事を賄います。
その場所も確保しないと、、。

アタシもルマン24Hなどで、フランスルマン市内に食料の
買い出しに付き合ったことありますが、そりゃもう、気持ちの
良い買い方で、カーゴなど3台くらい連ねて、、。

また、現地では用意した部品では間に合わない時など、また
買い出しです。
15年くらい前のルマンでは、カールフールのショッピング
センターや、当時まだ、日本国内では殆どなかったホーム
センターには、何だか毎日部品捜しに通った思い出が、、。

地元御殿場市内の方々は、無料だとか、気をつかってるようです。
多くの皆さんがご来場いただいて、24Hレースが大成功する
ことを願っておりまする!

つづく。




turuta_s_room at 12:25
Profile

アイコード代表者:...

Archives