2018年07月02日

ポルシェ993カレラ4S オイル漏れ修理 2

IMG_4304


993C4Sです。
4WDのターボボディーで、巷の中古車価格もうなぎのぼり!
エンジンを降ろしました。

IMG_4307

エンジンマウントがもうガタガタで、交換を要します。
今回、燃料ポンプとフィルターはすでに、交換しました。

IMG_4313

IMG_4315

ミッションを外しました。
このフライホイールは、純正のツインマスフライホイール
と言います。
ツインというのは、フライホイールが2枚合わせになっていて、
その間にゴムダンパーが入っており、それがクラッチディスク
とのミート時に干渉材となり、ジャダーが出ません。
通常の方式では、クラッチディスク側にそのダンパーが組まれて
ますが、、。
ツインマスフライホイールも、劣化があり、間に組まれてる
ゴムダンパーが劣化して、クラッチミート時にジャダーが
出ます。ポルシェディーラーですと、問答無用で交換です!

IMG_4314

これです。
通常は、クラッチディスクに、ダンパーが、、。

IMG_4320

絵は、左が993C4Sの純正クラッチディスクです。
左は、そのスプリングダンパーが組まれた997ターボ
用純正品です。
997Tは、ツインマスフライフライホイールなのに、
尚且つ、ダンパー付きデスクデス,何で、、?
時々、理解できないこともあります。

これから、エンジン部分タイミングチェーン部分の
オイル漏れ修理を開始します。
クランクケースのスルーボルト部もうっすらオイルが
滲んでるので、ヨーク調べます。

つづく。

turuta_s_room at 14:22
Profile

アイコード代表者:...

Archives