2018年11月02日

BMW M2 タイヤ交換

IMG_5734


BMW M2のタイヤを交換してます。
タイヤ屋さんなら、日常の光景です。

最近のBMWは、Mシリーズ以外全てと言っていい程、
ランフラットタイヤが装着されてます。
M2,3,4,5,6など、スポーツカーには、普通のタイヤが
装着されてるようです。

IMG_5725

IMG_5730

しかし、ホイールのリブは、かなり高さがあり
ホイールを外すのに手間が掛かりました。

IMG_5714

また、バランス取りですが、純正タイヤのウエイトは、
たまたまなのか、15g単位のウエイトが付いてました。

IMG_5721

IMG_5722

アイコードは、過去にバランスマシンの性能か、300kmで
ステアリングがぶれるとか、クレームがありましたので、
現在は、1g単位でバランス取りしてます。
その為か、バランス取りは、大変シビアで、アタシなんか
1本に何回取り直しが必要で、最近は、慣れたメカに任せて
ます。
純正ホイールは、よくあれでバランスが悪いとクレームが
出ないんですかね、、?

IMG_5732

また、ウエイトを剥がすと、大抵ウエイトの両面テープが
ホイールにくっつき、これを取るにも、時間を要します。
タイヤ交換は、今時扁平タイヤが殆どなので、アタシなんか
タイヤを外す時なんか、ホイールを傷つけそうで、全く
手伝いません。
尚且つ、サイドウォールが固いので、そりゃも、重労働で
あります。
せいぜい、ホイールの洗浄と、両面テープ剥がしです。

昔は、11トンなどの大型トラックのタイヤ交換も手伝った
ことありますが、あれも相当大変です。
タイヤ屋さんの苦労を少しはご理解くだささいませ!

また、ここで声を大にして申し上げますが、タイヤの溝が
セフティーより2mm程度残して、減ってきたら、高性能
車両は、もちろんですが、普通乗用車のオーナーさんも、
”まだ、いける!”などと思わず、迷わず新品タイヤの交換を
お薦めします。

タイヤ溝残が少ない時に限って、雨やパニックブレーキが
必要とされる事態に遭遇します。
よく言われることですが、葉書き4枚に、命を託してる!
などと、、。

また、製造年月日が5年以上経過してる場合も、溝があって
大丈夫とは思わないでください。
タイヤは生き物、生ものです。
経年劣化します。
特に、雨の日など、インターチェンジのあのカーブで、そんなに
スピード出していないのに、いきなりスピンしたりします。

今一度、タイヤの溝の残量を、内側を特に点検してください。
内べりで、外側は溝があっても、内側の溝が無くなるほど
減ってる場合、多いです。
そのような時は、出来ればアライメントも再点検をお勧めします。

自称”タイヤドクターツルタ”のお世話でありまする!

つづく。


turuta_s_room at 14:50
Profile

アイコード代表者:...

Archives