2018年12月25日

ポルシェ997ターボ 奇跡のミッションブローを直す!

IMG_6517

997ターボTipです。

関西のオーナーさん。

本日は、ご子息と関東出張の帰りに、寄っていただきました。

彼は、凄い経験をされました。
何と、一般道を60劼らいで走行中、いきなりシフトレバーが
パーキングに入り、凄い轟音”バキーン!”と共に、、、、。
惰性に、前方左にあった路側帯に緊急停止!
隣には、奥様が同乗されてまして、あわやパニック状態、、。

で、ドラレコが記録されていたので、アタシもデータを送って
貰い、見ました、、。
そう、バキーンという金属音と共に、左によって、、。

ということで、どうも実際、何もしていないのにシフトレバーが
パーキング状態に入り、そう、ミッション内のロック機構が
グチョグチョに、、。

それからが、凄い!
かれも、同業者ですが、何とエンジンを初めて、一人で降ろし
アタシの知りいあのデルオートさんに、送りました。
で、ミッションは、何とか修理出来たそうです。
そして、また完成したミッションを組んで、エンジンを載せ、
アイコードまで、、。

一連の過程は、そういう事ですが、途中、オーナーさんも、
アタシに、そんなことあるのか?などと聞いてきましたが、
そんな事例聞いたことありゃんせん!
知りあいのポルシェ仲間にも、聞きましたが、、。

シフトレバーを強引に、そして急に足で蹴ってぶち込む
(下品な言葉で)以外に、考えられませんが、現にオーナー
さんが、本人が一番わかってるはずですから、その状況
が、、。

不思議なこともあるもんです、、。

つづく。

turuta_s_room at 14:45
Profile

アイコード代表者:...

Archives