2019年09月09日

アイコード 裏山の大木群が工場屋根を襲いそう!

IMG_0203

アイコードの裏山がここ30年経過して、ますます、
大木の発育に加速がつき、枝など折れて攻撃してきます。

そこで、3人の地主を調べ、両サイドの地主さんには、枝打ち
をお願い出来ました。

が、真ん中の地主さんとは、現在も行方不明で連絡が
取れず、弁護士さんに頼み、有償で戸籍など調べていただき、
現在、最初の地主さんが無くなられ、相続したであろう方にも、
手紙など送って、事情を説明しました。
そしたら、本日、その相続したであろう息子さん8名の三男
さんのご子息の方から、連絡がやっとありました。
が、その方は、全く手紙をもらうまでそんな土地があるなんて
知らなかった!と、、。
ということで、また振り出しに、、。

弁護士さんとお話し、再度、相続関係を洗い出すことに、。
このように、土地の持ち主が不明な場所が、国内には
九州くらいの広さであるそうな、、。

で、これらの対処に、他人の土地から自然災害などで、物が
飛んできてその修理に保険が効くかどうか確認しました。
それが、通常の保険では、火災保険など適用が無いなど、、。
それで、調べたら自動車整備振興会(日整連)に、そのような
特約保険があると知り、連絡し、ご来店頂きました。

IMG_0213

アイコードは、自整連に加盟してますので、、。

IMG_0204

相談した結果、整備受託車両が自然災害なので、お客様の
預かった車両の被害を補償する”火災保険水災保険”という
特約が、その事例に該当するということで、加入することに、。
従来の通常の保険会社では、扱っていない特約です。

同業者の皆さん、今一度ご自分の加入した保険を確認
願います。
まあ、保険に加入したからといって安心は出来ません。
やはり、お預かりした大切な車両が、もしも不慮の事故
等で傷ついたら、やはり大変であります。
アイコードも、全く責任はないのに、隣の木が倒れて
それが元で、預かった車両が傷つけば、信用問題にも
なります。

それより、隣の木が自分の土地に侵入してきても、勝手に
切れないのは、おかしなお話では、、。
平温無事が一番であります!

つづく。
turuta_s_room at 11:02
Profile

アイコード代表者:...

Archives