DSC_0106~01


私のプラモblogは基本2部制です。
1部では素組みとレビューの素組み編
2部では部分塗装をした部分塗装編です。
今回は「これは戦略的ガンプラ。HGACリーオー素組み編です」

☆「リーオーと私」
私はジムが好きな「ジムスキー」ですが、あくまで「味方側の量産機」が好きであって、ザクなど敵側の量産機にそこまで思い入れがありません。
ですが!
リーオーは不思議と好きだったりします。

☆「最近 あの特有な哀愁がなくなったよね」
ヤラレ役の量産型MSの代表格と言えばザクとジムだと思います。
ただ最近発売されたザクやジムのプラモをみると「スタイリッシュ」にアレンジされ見映えが良くなっています。
また新しいガンダムに登場するヤラレ役MSは最初からスタイリッシュだったりもします。
勿論スタイリッシュアレンジでカッコいいザクやジムのプラモも全然構いませんが、
一方主人公機にはないヤラレ役MSがもつ「哀愁」というのがなくなったしまったのも寂しいです。

☆「哀愁と大量生産MS感はあるが、けして安物な作りではない。」
HGACリーオーには、ここ最近のザクジムのプラモに足りなかった「ヤラレ役の哀愁」というのを感じます。
さらに劇中の設定である大量生産MSのシンプルさと言うのも表現されています。
だからといってプラモとして「安っぽい。チープな作り」と言うわけではないです。
必要以上にディティールを作り込んで豪華にしているわけではないですが、押さえるべきポイントにはディティールは作り込んでいます。

☆「素組み」
前面
DSC_0107~01


DSC_0108~01

背面
DSC_0109~01


☆「ちょっと武器が足りない」
劇中登場したリーオーには、何種類かの武器や装備などのバリエーションがあります。
フルパッケージして販売して欲しかったとは言いませんが、ドーバーガンは入れて欲しかったです。
でも
後々バリエーション機として「宇宙用装備リーオー(ドーバーガン付属)」とかが発売されるのではないかとは思ったりもします。
できれば リーオー武器セットを販売して欲しいですね。

☆「付属シール」
キット付属シールは「色を補う」と言う役目があるのですが、その付属シールがついてきません。
それだけ色を補う必要がない証拠だと思います。

☆「色が足りない部分」
私は完璧だと思っていましたが、足りていない部分もあるそうで「胸のパイプの太い部分」が色が足りていないらしいです。

☆「可動範囲(首以外)」
DSC_0110~01

両手でライフルを持たせると言うのは実は簡単ではないのですが、普通にできます。
そして正座も難なくできます。
別に「可動の為に、特別にパーツを多くした構造」と言うわけではないです。
むしろパーツ数は少ないぐらいです。
それで可動範囲を確保しています。

☆「可動範囲(首)」
首は別パーツなので可動はできますが、ほとんど首は横に動きません。
この「動かない」と言う話を聞いて
「えっ!今時のキットなのに動かないの?」と落胆なり残念な気持ちになった人もいるかもしれません。
実際リーオーを触るとその首が動かない欠点に対して
・残念だな。
・ここは動かしたかった。
・改善して
とは「不思議と思わない」です。
首を動かす必要性を感じないからだと思います。

☆「合わせ目」
合わせ目がでるのですが、隠れたり正面にでないようにして上手く誤魔化せるようになっているのでそこまで気になりません。

☆「MVP~値段とコストパフォーマンス~」
MVPのPはパーツのPです。
個人的にそのキットで優秀だと思う部分をMVPとして紹介しています。
私がHGACリーオーでMVPだと思う部分「値段とコストパフォーマンス」です。
値段とコスパは同じようですが、リーオーに関しては、わけてたいので、値段とコストパフォーマンスをわけて説明します。
①値段
定価1080円、たぶん実勢価格は800~900円で購入できるのではないでしょうか。
最近値段が高くなっているガンプラと考えると、この値段は単純に安いです。
②コストパフォーマンス
1080円だから「安かろう悪かろう」というわけではないです。
ディティールがよく色分けがきちんとされていて、可動範囲も広いです。
この出来なら 1080円でも安いかなと思ったりもします。
「定価1080円」と言うのは絶妙な値段設定です。
これがもし1200円だったら、ちょっと高い。
定価900円だったら、このクオリティではでなかったのではと思います。

☆「罪深い~アンクルガードの不確定さ~」
DSC_0106~03

(頻繁ではないのですが油断すると外れています。)
MVPとは反対の部分を罪深いと紹介しています。
HGACリーオーで罪深いのは「アンクルガードの不確定な接続」です。
足首のアンクルガードは基本的にユルユル接続です。
でも、すねパーツと足パーツが接続することで、ユルユル接続だったアンクルガードに違う部位からのテンションがかかり「外れにくく」なります。
でも基本的にユルユル接続なので、テンションが緩むと外れます。
この不確定さにストレスを感じます。

☆「ギャラリー」
DSC_0111~01


DSC_0113~01


DSC_0112~01


DSC_0114~01


☆「これは良いヤラレMSのプラモであり、これからの基準になると思います」
最近のガンプラにありがちな問題でありますが、
「ヤラレ役MS、ちょい役MSなのに、変に格があがって、凝った作りのプラモになり、それに伴い値段があがる」と言うのがあります。
ヤラヤ役は、ある程度値段を抑えて「メインMS(ガンダム)よりは安くして欲しい」と思います。
でも!
値段は安くして欲しいのですが、安っぽくはして欲しくないです。
この「価格と質」のバランスは難しいとは思います。
ですがHGACリーオーは、それを上手くバランスをとっていると思います。
なので!
これからヤラヤ役的な量産機がプラモ化する場合、HGACリーオーを基準に立体化して欲しいです。

引き続き部分塗装編はこちら
HGAC リーオー部分塗装編
DSC_0106~03


☆「リンク」
HGACウイングガンダムプロトゼロ素組み編
DSC_0021~01


HGCE フォースインパルスガンダム素組み編
DSC_0021~01


HGグレイズ(一般機/指揮官)素組み編
DSC_0100-7


過去のHGCE・HGACの記事は目次からいけます。
目次 HGCE・HGAC
ランキングに参加しています。

ガンプラランキングへ