蔦屋(つたや)のミニ四駆blog

ミニ四レーサーが、ミニ四駆について思う事をダラダラ書いております。

「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました

DSC_0143~02


☆「シンクロマスターZ9と私」
私がミニ四駆と離れていた頃に登場したマシンなので、そこまで強く認識がありませんでした。
復帰した後、ミニ四駆の知識を深めていって「マイティミニ四駆はXシャーシだけでなくVSシャーシのマシンもある」と言う印象は強くあるのですが、名前と姿をきっちり覚えておらず
バリアトロンは「マイティのVSシャーシで青いやつ」
シンクロマスターは「マイティのVSシャーシで赤いやつ」
と言う「ふんわり」した感じで認識していました。

☆「高額で取引されているのを見ていた」
DSC_0146~01

これは私の個人的な話でもありますが、再販前私がよく行く中古屋では「5000円のプレミア価格で販売していました」
再販の噂さえ聞こえてこなかった時期なので「これぐらいはしょうがないのかな。欲しいけど手がでないな。」と言う気持ちで見ていましたので今回の再販で、適正価格で手にはいる事は嬉しい限りです。

☆「実戦につかえるレベル」
DSC_0144~01

画像でみていた時から、車高が低いボディだと思っていましたが、実物も車高が低いです。
現在の基準でも低いです。
またスリムなボディなのでプラボディですが軽いです。
実戦につかえるレベルだと思います。

☆「GTパーツはシンクロウイング」
DSC_0149~01

DSC_0150~01

マイティミニ四駆シリーズには、他のミニ四駆シリーズにはない「GTパーツ」と言うボーナスパーツが付いてきます。
シンクロマスターZ9には
ボディでなく「リアステーの基部」に接続する「シンクロウイング」と言うウイングがGTパーツとしてついてきます。
リアステーにワンタッチで接続してあり着脱は簡単です。
横からみると低く変な位置にありますが、ウイング装備のシンクロマスターZ9をネットで見慣れているせいか、箱絵のウイング未装備状態に違和感を感じます。
でも私はウイングなしの方が好きかな。

☆「塗装部位が多い」
DSC_0142~01

(画像は部分塗装後です)
製品見本どおりに再現するためには部分塗装で色を補ってあげる必要があります。
シルバー→ガイアカラーXEシルバー
黒→ガイアカラースターブライトアイアン
細かく部分塗装部位は多いのですが、筆塗りで済ませられると思います。

☆「ライトアップ」
DSC_0151~01

バリアトロン/シンクロマスターが他のミニ四駆と違う部分は「ブレインコア」と言う半球の透明パーツがついてきます。
透明パーツでさらに「電飾」を仕込めるようになっています。
LED等を仕込んで光らせることもできます。

☆「ブラックSPもくるのでは」
DSC_0145~01

これはあくまで私の予感ですが、
バリアトロン/シンクロマスターが、プレミアム化という形で近代化改修されずに、当時と同じ形で再販したのは、現役のVSシャーシに搭載と言うのが大きいとは思います。
なのでVSシャーシの直系の新型シャーシが登場しない限り これから先私は「プレミアム化」はないと考えています。
しかし!折角 バリアトロン/シンクロマスターは復活させたのですから、今回の再販だけでは終わらせずに、ブラックSPなどの「~SP」が発売されるのではないかと思っています。

☆「バリアトロン/シンクロマスター人気でると思います」
DSC_0147~01

今回の再販で、バリアトロン/シンクロマスターは手にはいり易くなり改造しやすくもなりました。
また知名度も増し、これからコンデレなどで見る機会が増えると思います。

☆「おまけ GTパーツ」
1539406802451

今回マイティミニ四駆のボーナスパーツ(GTパーツ)が全部そろいました。
残念ながらXシャーシしか装備できないパーツ、VSシャーシにしか装備できないパーツがあるので、GTパーツを1台のマイティミニ四駆に集結させるのはできません。
ダイナホーク→フロントバンパー
レイザーギル→ATSF
クロスタイガー→テーパードプラローラー
バリアトロン→ディフューザー

☆「リンク」
バリアトロン
DSC_0131~01


②白のやつ再販して!
ダイナホークGXブラックSP
DSC_0041~01


③黒くしました。
レイザーギルXXSP
DSC_0045~01


④クロスタイガーも再販して
クロスタイガーVRシーブルー
DSC_0041~01


ポセイドンXブラックSP
DSC_0053~01


ザウルスマシンの過去の日記は、コチラから飛んでください。
ザウルスマシン目次

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

海外情報「2018年10月海外からのミニ四駆新製品情報」

海外からの未確認の情報は、海外のタミヤのHPに掲載されたら「blogでとりあげる」という自主規制をしています。
今回はタミヤUSAのHPからの情報です。
タミヤUSAのHP掲載情報ですが海外のサイトなので、blog内でタミヤUSAのHPのURLの掲載は控えます。

☆「ガンブラスターXTO ライトブルースペシャル(ポリカボディ)」
・ライトブルーFMAシャーシ
・スパイラルホイール白
・水色のカラータイヤ
ですが!
何より「ガンブラスターXTOのポリカボディ」となっております。
これはサプライズです。
タミヤUSAのHPだと製品見本は勿論パッケージも挙がっていて、日本語表記があるので、確実に日本発売はあると思います。

☆「ダッシュX1・原始皇帝(プロトエンペラー)プレミアム ブラックスペシャル」
・黒のプロトエンペラー
・黄色のライン
・黄色S2シャーシ
・黄色のバレルタイヤ
のブラックSPです。
プロトエンペラーのブラックSPは予想外でこれもサプライズでした。

☆「ミニ四駆 コアラ」
動物ドライバーシリーズの新動物は「コアラ」です。
・トップフォースEVO オープントップボディ
・VSシャーシ
となります。

☆「HG MAシャーシカーボンサイドステー(1.5mm)
MAシャーシサイドマスダンパセット(スクエアマスダンがセットのやつ)付属のFRPステーのカーボン版です。
文字がホワイトプリントされています。

☆「アバンテJr.30周年のベーシックボックス」
タミヤUSAのHPには「アバンテJr30周年を記念したベーシックボックス」も掲載されています。
私の語学力ではちょっと訳しきれませんでしたが、値段も3,9ドルなので、ベーシックボックスだと思います
ただ「透明なプラスチックの何かが付く」みたいです。

☆「全体的にサプライズ」
全体的に想定外のものばかりでした。特にガンブラスターポリカボディは衝撃的です。

☆「詳細はタミヤフェアか2019年ドイツか」
今回取り上げた商品の詳細は
11月開催のタミヤフェア発表
もしくは
2019年1月ドイツの見本市発表
となるのではないでしょうか?

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

「自分色ビークスパイダー」銀×緑×オレンジのAGライン第2弾

DSC_0140~01


☆「自分色とは?」
題名に自分色と書かれていた場合、箱絵(イメージ)どうりに再現せずに、付属シールを「極力」使わないで、私蔦屋(つたや)のオリジナルのカラーリングにしたマシンとなります。
蔦屋(つたや)オリジナルと言っても、そこまでオリジナル性はありませんのであしからず。
また日記も自分色のマシンについて重点が置かれた内容となります

☆「今回のテーマ(コンセプト)」
私はテーマを設定して自分色を作っています。
今回のテーマは
「AGライン第2弾」です。
今年の夏 シルバーに塗装した「自分色 プロトセイバーEVO」を製作し、
「プロトセイバーEVO AG」と名付けジャパンカップのコンデレに応募しました。
で!
今回プロトセイバーEVO AGと同じ意匠で自分色ビークスパイダーを作りました。
今まで自分色で何台か作っていますが、同じ意匠でを違う車種で作るのは初めてです。

前作の自分色プロトセイバーEVOはこちらから
自分色プロトセイバーEVO
DSC_0136~01


☆「今回したこと」
自分色プロトセイバーEVO同じ工程で製作しています。
一度作っていることもあり、事前の計画や塗料を集める等の作業はスムーズなのは勿論、作業効率も良かったです。
今回したこと
①マスキング
②シルバー
③デカール貼り(メイン)
④つや消しクリア

☆「カラーレシピ」
シルバー➡️ガイアカラーEXシルバー
デカール➡️hiqparts色々
クリア➡️Mr.カラースーパースムースクリアー

☆「①マスキング」
ビークスパイダーの成形色の黒を残したい部分をマスキングしています。

☆「②シルバー」
シルバーは隠蔽力の強い塗料なので、神経質にならず塗装でき仕上がりも良いので好きな色(塗料)です。

☆「③デカール貼り(メイン)」
DSC_0143~01

今回のメイン作業です。
今回もhiqpartsのデカールを多く使っています。
使ったのは
・スポンサーロゴ01白
・スポンサーロゴ02オレンジ
・アクセントデカール白
・タトゥーデカール ハート 白
・ラインデカールオレンジ
・hiqparts オンラインショップ限定 セブンCRライン 緑
です。
オンラインショップ限定で少し敷居が高いですが、
「hiqparts セブンCRライン」はミニ四駆に使いやすいと思いますので、オススメです。
私は違う色をまた発注する予定です。

☆「③つや消しクリア」
今回もMr.カラー スーパースムースクリアーを使用した「つや消し仕上げ」です。
普通のつや消しクリアだと白化して、特に黒が影響受けるのですが、スーパースムースクリアーは白化しにくいので、使いやすいつや消しクリヤーです。

☆「シャーシは白で」
色々なシャーシと合わせてみましたが、白シャーシに落ち着きました。

☆「シルバーのビークスパイダーもいいでしょ。」
DSC_0141~02

製作前
ネットでビークスパイダーの画像検索をしたのですが、シルバーのビークスパイダーはあまり見かけなかったです。
なのでシルバーのビークスパイダーは新鮮な感じがします。
シルバーもいいでしょ。

☆「ここが好き」
DSC_0142~01

・ノーズのスポンサーロゴデカール
・キャノピーのオレンジライン
が私は気にいっています。

☆「もう1台作りたいかな。」
DSC_0144~01

シルバー×グリーンのライン×差し色オレンジ
の組み合わせ気にいっています。
今度は「実車系」でつくってみたいです。

☆「リンク」
自分色ベルクカイザー
DSC_0097~01~06


ビークスパイダープレミアム
DSC_0016~02


自分色アストラルスター
DSC_0127~01


自分色レイスティンガー+ドレスアップステッカー
DSC_0101~02~01


レッツ&ゴー関連の過去の日記はコチラからお願いします。
レッツ&ゴー目次

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ
スポンサードリンク
記事検索
ギャラリー
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「自分色ビークスパイダー」銀×緑×オレンジのAGライン第2弾
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク