蔦屋(つたや)のミニ四駆blog

ミニ四レーサーが、ミニ四駆について思う事をダラダラ書いております。

自分色「ハリケーンソニック」がんばりました。

DSC_0013-25


☆「自分色とは?」
題名に自分色と書かれていた場合、箱絵(イメージ)どうりに再現せずに、付属シールを「極力」使わないで、私蔦屋(つたや)のオリジナルのカラーリングにしたマシンとなります。
蔦屋(つたや)オリジナルと言っても、そこまでオリジナル性はありませんのであしからず。
また日記も自分色のマシンについて重点が置かれた内容となります。

☆「今回のコンセプト」
ベース車のハリケーンソニックは赤色です。
イメージの赤色を「青色」にしてみたかったんです。
しかし、青色にすると「サイクロンマグナム」とぶつかってしまうので、あくまで「ハリケーンソニックの範囲内」で青色にするのがねらいです。

☆「裏テーマ」
コンセプトとは別に「裏テーマ」として「筆塗りの限界に挑戦」というのを裏テーマにしています。
なので筆塗りです。

DSC_0014-11


☆「カラーレシピ」
青→クレオスGX スージーブルー
水色→クレオス スカイブルー
黒→クレオスGX ウイノーブラック
ゴールド→クレオス ゴールド→クリヤーイエロー

ブルー×スカイブルーの組み合わせは、私のなかで「太田胃散カラー」と呼んでいます。「太田胃散カラー」でハリケーンソニックを塗装しました。

DSC_0015-8

☆「青系ボディーとオレンジシャーシ」
オレンジシャーシは、ちょっと目立ちます。シャーシだけみると派手すぎて使い勝手が悪いです。
でもオレンジシャーシとの青系ボディーとの相性はいいです。
それは青とオレンジ色が「補色」の関係だからだとおもいます。
オレンジシャーシをもて余している方は、一度「青系ボディー」と組み合わせてみてください。以外と相性がよく活用できます。

☆「コンセプトの回答」
DSC_0017-8

サイクロンマグナムにならずに青色を塗装するために「赤」をいれませんでした。
また水色をいれたことでさらに、サイクロンマグナムにならなかったです。

☆「裏テーマ 筆塗りの限界に挑戦」
これは、私の経験から導きだした「持論」ですが、
「筆塗りの一度に綺麗に塗れる面積の限界は、1円玉の面積」だとおもいます。
それを越える面積だと
「筆むらがでる」
「筆むらが目立つ」
と綺麗な仕上がりができないとおもっています。

今回 ウイング部分が一円玉以上の面積です。
なおかつ目につく場所にあるので、仕上がりが悪いと「目立ちます。」

今回筆むらをおこさずに「たて、よこ、たて」と3回重ね塗りして、うまく塗装できたとおもいます。

☆「とは言え限界は限界。」
とは言え、筆むらをおこさないように何回か重ね塗りしたことで、塗装面に厚みがでてしまいました。
結果「やぼったく、艶がなく少し色あいが変わってしまいました」

このあたりスプレーとの違い。

筆塗りの限界だと思います。

☆「ステッカー待ち」
あとは「いい感じ」のステッカーをペタペタ貼りたいですが、「いい感じ」のステッカーを探している段階です。
ハイキューパーツさんに期待したいですね。

☆「改めてみると酷いな(笑)」
4年前ぐらいに作ったミニ四駆です。大分ガタガタですね。今ならイージーペインターがあるのでもう少し上手く塗装出来そうですかね。でも筆塗りと違い大きな面積マスキングしないといけないので、かなり労力が増えるとおもいます。


☆「リンク」
①同じようにオレンジシャーシと青系ボディーの組み合わせのプロトセイバーです。(シャーシは兼用してます。)
プロトセイバー
DSC_0008-23


②青にしました。
自分色 ディオスパーダ
DSC_0006-21


③こちらも筆塗りです。
自分色マックスブレイカーTRF
DSC_0012-35


レッツ&ゴー関連の過去の日記はコチラからお願いします。
レッツ&ゴー目次

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

塗料・塗装「イージーペインター②」コスト

☆「はじめに」
イージーペインターについては週一で3回にわけて書きたいです。
①イージーペインターと賛否両論と初心者
②イージーペインターとコスト
③イージーペインターの実践編

賛否両論と初心者の日記はコチラからいけます。
イージーペインターと賛否両論と初心者
今回は「イージーペインターとコスト」です。

☆「費用対効果は抜群」
まず大前提なんですが「費用対効果は抜群です」
お金を払った以上の満足をくれます。
イージーペインターを購入した事に対する
「損したな」
「高いお金出したのに使っていない」
等の不満はないです。

比較的安い投資費用で、満足感を与えてくれます。

☆「イージーペインターの正体」
イージーペインターは、自動車用品ソフト99「エアータッチ」を模型用に代えたものです。
イージーペインターの安値は1150円です。
ぶっちゃけ、それでも1000円は高いです。1000円あるならミニ四駆買いたいです。
と言う事で、少しでも安くするためにソフト99で揃えました
(前回 イージーペインターじゃないけどイージーペインターの同等品を使っていると言った理由です。)
自動車グッズを扱っている店やホームセンターにソフト99製品は売ってます。 そこで買い揃えるとイージーペインターで買うより「安く」手には入ります。
エアータッチスペアキャップ410円(税込)
エアーダスター459円(税込)

しかし最大の問題
「塗料を入れるボトル」だけは用意できませんでした。
この「塗料を入れるボトル」が私が思うイージーペインター最大の「欠点」だと思います。

☆「ランニングコストはなんとかなる。」
イージーペインターの賛否の否である「エアー缶使用でのランニングコストの悪さ」と言う意見ですが純正のエアー缶だと一本800円で高いです。それを2本セットの1600円で販売しているのを買わないといけません。さらに割高なイメージがします。
しかしイージーペインターは、純正でなくとも普通のエアーダスターも使えます。
エアーダスターはだいたい450円。
それも純正の3倍の量が入って450円です。
タミヤのスプレー缶の3倍の量です。

ザックリ計算すると、エアーダスター1本でミニ四駆のボディー10台ぐらいは塗れます。
たしかにエアーブラシよりは、ランニングコストは悪いです。
でも「劇的に悪い」とは言い切れません。
ダスター60本 ミニ四駆600台作って やっと「そこそこよい」エアーブラシとコンプレッサーのセットを購入する初期投資と同じぐらいです。

純正にこだわらない限り、そこまでランニングコストは悪くないです。

☆「イージーペインター最大の欠点」
私が思うイージーペインターの最大の欠点はランニングコストではないです。
「塗料を入れるボトルが高い」と言う事が最大の欠点です。
スペアボトルも販売していますが、2本入りで500円と少し割高です。
メーカー側はボトルを洗えば何度でも使えると言いますが!
実際問題「洗って使うもの」ではないです。
同じ色なら洗ったあとも使えます。
しかし「ボトル一本で白使って次は黒」と言う使い方は「無理」です。
赤なら赤用のボトル。黒なら黒と言う感じでスペアボトルが沢山必要です。しかし本数が必要なのにそのスペアボトルが「高い」のです。
(中まで拭けるなら1本で使い回せるけど・・・・・・・)
スペアボトルの値段の高さがイージーペインター最大の欠点だと私は思います。

☆「しかし!神は見捨てなかった」
でも「純正」スペアボトルがなくても塗れます。
実は!
100均のダイソーに「使えるボトル」があります。
化粧品コーナにピッタリ合うボトルがあります。

ねじ込み固定なのに、合うボトルが100均にある。
奇跡です。神様のイタズラです。
続きを読む

「スラッシュリーパー」私は窓が気になる。

DSC_0042~01


☆「スラッシュリーパーと私」
完全新作ミニ四駆として「白いやつ」とスラッシュリーパーは発表されました。
デザイン発表時は、まだ近年のミニ四駆ブーム前夜ぐらいであり、完全に新規でデザインされたミニ四駆が発売していない谷間の時期で、ミニ四駆レーサーは「新規」にデザインされたミニ四駆に飢えていたので、白いやつと一緒に期待されました。
私は「白いやつ」は興味なかったので買いませんでしたが、これは発売されるのを楽しみにしてました。

☆「シール地獄」
DSC_0044~01

実際組み立てた人ならわかるとおもいますが「シール貼り地獄」です。
「部分塗装は全く要求しませんが、そのかわりコチラでシールをたくさん用意したので貼ってくださいね。貼ってくれれば格好いいから完成まで頑張ってね」
という優しいのかやさしくないのかわからない「仕様」です。
実際 あんなに色分けされているのに部分塗装せずにイメージどうりに完成できるのはすごいです。
以前 流星のウインドウのシールをつけなかったタミヤさんとは考えられないユーザーフレンドリーになりましたね(笑)
私自身「ミニプラ」という食玩でシール地獄が当たり前になっていたので、シール地獄はそんなに抵抗がなかったですが、なれてない人にはキツい作業だと思います。

☆「パーツ取りとして優秀」
DSC_0043~01

黒のVSシャーシとAパーツのパーツとりとして優秀なマシンです。

☆「ボディーとして優秀」
MS VS ARに無加工で載せる事の出来る優秀なボディーです。
さらに大径も履かせる事もできます。
何にでものるので「水増し商品」として活躍していますよね。
そのうちMAシャーシで「パープルSP」がでたりして(笑)

☆「ではデザインは?」
DSC_0045~01

白いやつが残念だったので、スラッシュリーパーに期待されました。期待しました。
実物
・・・・・・・・・・・・・・
かっこいい・・・・・・・のかな?
「白いやつよりマシかな」的で評価してしまいます。
あの当時「新規ボディはこれしかない」ということもあり、買った。売れたという側面は私には否定できません。

☆「時間が経ったので再評価してみよう」
あの時とちがって
「新規デザインされたミニ四駆」
「これから新規ボディは発売されるだろう」
という状況であらためて再評価してみたいです。

悪くない。
しかし!
何か褒めきれない。

漫画家さんデザインのミニ四駆は、エンペラーやドラゴン兄弟 レッツ&ゴーなどあります。
子供うけする「わかりやすいかっこよさ」がありましたし、わかりやすく人気になりました。
しかしスラッシュリーパーには、わかりやすいかっこよさがないと思います。
今ミニ四駆人気を支えているのは、大人です。
大人には「わかりにくいかっこよさ」もみいだせる部分もあります。
その「わかりにくいかっこよさ」はスラッシュリーパーには、あるとおもいます。

☆「ちょっとだけ足してみた」
私がスラッシュリーパーで気になるのは、ウィンドウの部分です。
うまく説明できませんが、あそこをなんとかしたい。あそこをよければ良いのに。とおもいます。

と言うことで直してみました。
Screenshot_2014-08-20-00-10-56-1

から

Screenshot_2014-08-20-00-11-38-1

と足してみた。

なんとなく「満足した。納得した」

☆「今面白いかも?」
大分落ち着いて来ましたので、今スラッシュリーパーを弄るのは面白いとおもいます。

☆「リンク」
①同じVSシャーシのバンキッシュRSの日記はコチラから。
バンキッシュRS
DSC_0053~01


スコーチャーRS
DSC_0038~01~06~01


カープミニ四駆
DSC_0102~01


レーサー・RS・PRO関連の過去の日記はコチラからです。
レーサー・RS目次

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ
スポンサードリンク
記事検索
ギャラリー
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「シンクロマスターZ9」これでマイティミニ四駆が揃いました
  • 「自分色ビークスパイダー」銀×緑×オレンジのAGライン第2弾
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク