蔦屋(つたや)のミニ四駆blog

ミニ四レーサーが、ミニ四駆について思う事をダラダラ書いております。

2015年05月

「シャドウシャークイエローSP」所有しなければわからないことがある。

DSC_0045~01


☆「シャドウシャークと私」
今回シャドウシャークイエローSP(以下 黄サメと略)なんですが、少しサメについて触れておきます。
「購入していません。」が私の評価です。
でも!そのうちシャドウシャークを大体的に取り上げたいです。

☆「購入前~黄サメ人気なるのかな?~」
黄サメの前評価がいまいち読めませんでした。
発表されたときの反響はよかった気がします。
私自身「これはいいな!」と評価しました。
いいな!と評価したから予約して購入したわけです。
前評判一つの物差しになるネット通販サイトの予約ですが、
人気のある車種 GUPは予約が早い段階で締め切られます。
黄サメはネット予約は簡単にでき、なおかつ前日まで予約できました。
そんなに人気ないのかな?
と少し読めなくなりました。

☆「購入前の予想~そこまでのパーツもない?~」
事前予約が短時間でしめきりになるほど人気になるミニ四駆は、そのボディーデザインで人気になるのは勿論、そのミニ四駆でしか手に入れられないパーツ目当てで人気になる場合が多々あります。
黄サメで注目すべき「オンリー」なパーツは、
①半透明のARシャーシ
②赤のハードローハイトタイヤ
です。
半透明のARシャーシは他車にないオンリーパーツですが!現在のレースシーンでは敬遠されている半透明のARシャーシです。
そこまで購買意欲を刺激するような魅力を感じられません。
でも!実際手に入れてみると予想していなかった伏兵的なオンリーパーツが潜んでいました。
それは後程

☆「実物を手に入れての感想~これは良いわ!~」
DSC_0046~01

実物をさわってみての感想は純粋に「これ良いわ~」でした。
①以前のヒートエッジグリーンSPのように最初からこれで発売すればいいだよと言う感じや
②パーツ目当てで購入しパーツばかり注目していたけどデザイン良いじゃんとか
③普通に格好いいという安易に表現してしまいがちな平均点をこえた格好いいでなく
自然に「これ良いわ~」という感想がでました。

☆「シャドウシャークイエローSPの感想」
DSC_0047~01

ここから少し細かく感想

☆「箱絵 萌え~」
DSC_0034-2

催事限定の特別なミニ四駆の箱絵と同じように「横から」です。
これが格好いいです。
箱絵だけでグッときます。

☆「綺麗な黄色」
DSC_0048~01

ボディカラーの黄色が綺麗です。そしてシャーシのAパーツも黄色です。
これらの黄色が綺麗なんです。
自分で発色の良い黄色に塗装するのは少し難しいです。
だからこそ、自分で出来ない分この発色の良い黄色に感銘を受けます。
フェスタジョーヌなど既に黄色のボディは存在していて それらと変わらない成形色で別段特別な黄色でもないのですが、綺麗に感じます。不思議です。しかし!!
その成形色の黄色を楽しめるのはシールを貼る前までです。
シールで殆ど覆われます。実際成形色の黄色が表面に露出しているのは2割ぐらいです。
せっかくの黄色の成形色が隠れてちょっと勿体ない感じがします。

☆「魅力がある黄色のAパーツ」
購入前には全く考えていなかったのですが、黄色のAパーツが魅力的です。
黄色のAパーツはたぶん、これでしか手に入れられないオンリーパーツだと思います。(間違っていたら突っ込みください)
ARシャーシのAパーツは隠れるので表にでないのですが、やっぱり綺麗な黄色です。
DSC_0032

既に蛍光イエローARシャーシがでていますが、蛍光イエローとくらべて濃いので鮮やかです。

☆「半透明なARシャーシ」
DSC_0033-2

今ミニ四駆界の定石から考えて、半透明のシャーシは実戦向きの即戦力か?と言われれば強度のことを考えてしまい敬遠してしまいます。
でもやっはり半透明は綺麗で魅力的です。
特に敬遠していた今だからこそ、手にとってみると半透明感の真新しさに新鮮な感想を感じます。
問題の半透明ARシャーシの強度なんですが、走らせていないので、まだわからない部分がありますが、割れる可能性が高いとおもいます。
もともとのARシャーシは強度があり堅いシャーシです。だからといってARシャーシの半透明シャーシでも強度が出せるという訳でなく、もともとが堅いが故に「パキン」とガラスのように割れる予感がします。
実走してみたら、もしかしたら!
「精度がいい」
「思っていたより強度がある。」
など新たに評価されるかもしれませんが、私にはその確かめる為の実走が怖くて出来ません。

☆「レッドタイヤから黒タイヤへ」
DSC_0049~01

個人的な趣味趣向で「黒タイヤ好き」というのもあり、黒タイヤをついつい贔屓してみてしまいがちですが、イエローSPになったことで、実在のレーシングフォーミュラマシンに更に寄ったので実在のフォーミュラマシンのように黒タイヤの方がしっくり来る感じがします。

☆「予告どうり蛍光イエローARシャーシ装備しました」
DSC_0050~01


GUP ARシャーシ蛍光イエローの記事の予告通りARシャーシ蛍光イエローしましたが・・・・・・・
ボディカラーの黄色とくらべてシャーシの蛍光イエローが「薄い」ので、イエローでも2色になりちょっと私が期待していた感じではありませんでした。
でも色の違いでグラデーション的な効果もあるので、これでイイ人は良いのでしょう。

☆「イエローSPにしたのは正解です。」
もともとシャドウシャークはフォーミュラマシンに似たデザインをしています。
そのデザインからイタリアンレッドに塗装しF1のフェラーリーマシーンにしたり、青紫に塗装してデカールを貼りレッドブルのマシンにしたりする人は多いと思います。
人気だからといってシャドウシャークをレッドSPにしたりバイオレットSPしたのでは、個人的につくってネットなどで発表しているのを目にしているので、そこまでインパクトなかったと思います。
イエローSPにしたことで往年キャメル ロータスを彷彿させフォーミュラマシンにさらに寄った気がします。
それが良い効果を生み、あらたなシャドウシャークファンを生むきっかけになる気がします。

☆「所有してはじめてわかること」
ミニ四駆だけに限ったことではないですが、お金をだして自分のものにして初めてわかることがあります。ミニ四駆blogなんでミニ四駆に限定した話にすれば、発表されたことと自分で予想したことと実物をさわってみて思うことが違うことがあります。それも多々あります。今回のシャドウシャークイエローSPは所有して実際手を動かしてみてわかることが多かったです。
こんな評価になるのは、たぶん私ぐらいだと思いますので、黄サメの全体の評価に繋がらないとおもいますが、作っていてなかなか面白いミニ四駆でした。(つたわらないかな?)

☆「リンク」
①ARシャーシです。
エアロマンタレイ
DSC_0005~01


②こちらも成功したSPだと思います。
ヒートエッジグリーンSP
DSC_0013~01


シャドウシャークレッドメタリック
DSC_0043~01



シャドウシャークイタリアSP
DSC_0105~01


過去のミニ四駆PRO・REV関連の日記はコチラからいけます。
ミニ四駆PRO・REV

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

新製品「延期していたエアロアバンテバイオレットSPの発売日決定」

☆「延期していたエアロアバンテバイオレットSPの発売日決定」
延期していたエアロアバンテバイオレットSPの発売日は決定しました。
当初の予定日より1週間遅れの6月6日(土)です。
詳しくはタミヤHPで確認してください。
http://www.tamiya.com/japan/products/95062/

☆「1週間遅れならいいのでは?」
当初の発売日である5月30日は、GUPやシャドウシャークイエローSPの発売日でもあり、少しまとまっていたので延期と言う形とは言え バラけてくれるのはありがたいです。
ミニ四駆の新製品の発売日はだいたい土曜日に発売しています。
今回の遅れも「次の週。次の発売日だから良いよ」と言うことで、そんなに延期した感じや、待たされた気持ちになりません。
ゲームやマンガは発売延期すると1ヶ月延期だったり、3ヶ月延期だったりするので「1週間ぐらい良いよ。むしろ頑張った」と言う気がします。
最近ミニ四駆の発売の延期続いていますが、そこまでタミヤに対して「しっかりしろよ!」と言う気持ちになりません。

でも多いのは確かなんで、立て続けになると厳しいかな。

☆「延期を取り上げたので・・・・・・・」
1週間前に延期について取り上げました、延期ついてとりあげたので、今回発売日決定も取り上げました。

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

雑談「完成品のミニ四駆ってどうよ?」

☆「完成品ミニ四駆」
今回とりあげる完成品ミニ四駆とは、
①中古店で販売している組み立て済みミニ四駆
②井桁など加工したヤフオクなどで出品しているミニ四駆
でもなく
タミヤが完成させて販売しているミニ四駆のこととします。

☆「新橋などで販売しているそうです。」
くまモン シロクマ パンダ
これらの完成品がタミヤプラモファクトリー新橋などで販売しているようです。
限定的な販売で全国販売していないとは言え、新橋で実際見かけた人は多いとおもいますし、ブログやTwitterなどの「報告」で知った人もいると思います。
完成品のミニ四駆を販売すること自体は珍しい事でなく、ミニ四駆PRO初期でも販売していました。
しばらく販売していない期間があって「いまさら」という形で復活しています。

☆「完成品ミニ四駆=玩具 普通のミニ四駆=模型」
私は、一般的のミニ四駆は模型だとおもいます。
しかしタミヤが完成品として販売すると途端に玩具になります。。
完成品ミニ四駆は「組み立てる楽しみがないのに、値段は組み立てミニ四駆と同じ。楽しみ半減で割高のわりに完成品ミニ四駆自体は玩具としてチープ」と感じます。

☆「完成品ミニ四駆の存在意味」
タミヤがミニ四駆の完成品を売る狙いは、
①買ってすぐに走らせることができる。
②ミニ四駆を組み立てられない人むけ
だとおもいます。
タミヤ側にそんな狙いがあると思いますが、わたしは「ミニ四駆は組み立てなんぼだ」とおもいます。
なので完成品ミニ四駆の存在は、なにか違う気がします

☆「ミニ四駆を始めていい人の資格」
すこしきつい言い方になりますがミニ四駆を組み立てられない人はミニ四駆を始めてはダメだと思います。
きつい言い方です。
しかし実際小学生低学年ぐらいならミニ四駆を作られますから、そこまできついハードルではないと思います。
「組み立てられない幼稚園児がミニ四駆を始められないのはひどいのでは?」と言われそうですが、ミニ四駆をつくれない幼稚園児には保護者が代わりに作ってやればいいと思います。
実際そうやっている親御さんはいると思います。

☆「実際はどう?」
実際 完成品ミニ四駆って需要あるのでしょうか?
①本人が組み立てられない
②組み立ててくれる人がいない
という人なら需要があると思いますが、それってかなり狭いマーケットですよね。
私が考えている以外にも狙いがあったり、もしかして需要があるのかな?

☆「せっかく完成品を売るのなら、完璧につくって!」
わたしは完成品に対して否定的ですが、
完成品を売るのなら「素組み」でなく、ちゃんと見本と同じようにキチンと塗装までしてほしいです。
塗装していないと、さらに安っぽいオモチャなんです。
もし塗装して見本のように完成されているなら別の存在意味が生まれると思います。

☆「ミニ四駆を組み立てる仕事」
ハイパーダッシュ四駆郎にて皇さんは
「日がな1日ミニ四駆を作って給料をもらえる職についた」と言いました。完成品を作っているのでしょかね?


☆「リンク」
①見本通りのものを手に入れるには意外と塗装する部位が多いのは確かです。塗装して発売するなら良かったのに
ミニ四駆パンダ

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

「バンガードソニックプレミアム」やっと手にいれた。

DSC_0064~01

(ホイールをビクトリーマグナムプレミアムのホイールに変更しています)

☆「バンガードソニックと私」
マグナム/ソニックは、後継機がでると世代前(先代)のデザインを心情的に古く感じてしまいます。
私の場合は特に進行形でレッツ&ゴーを追いかけていたわけでなく「ビート/バスター」を見てから「ビクトリー/バンガード」を遡る形でみたので、少し洗練されていない印象を感じます。

☆「あれ?バンガードソニックがいない?」
ミニ四駆歴代売り上げが
1位 アバンテJr.
2位 ビクトリーマグナム
3位 ネオトライダガーZMC
4位 サイクロンマグナム
5位 ビークスパイダー
(小学館発行のミニ四駆ヒストリカルガイドより)

ビクトリーマグナム登場の時期がミニ四駆全体としても一番過熱していたのでしょう。
ならビクトリーマグナムの兄弟車のバンガードソニックもこのランキングに入っていてもおかしくないの、何故か入っていません。
そんなに人気なかったの?

☆「売っていない」
DSC_0066~01

大袈裟だったり盛ったりしていませんが「ビクトリー/バンガードプレミアム」を店頭でみた記憶がありません。
「カーボンシャーシ目当てかな」と納得させてビクトリー/バンガードプレミアムは、店頭で探さず最初から通販で購入する物だと諦めています。
この話は何回か取り上げていて、その度「私の所はあるよ。」と言うコメントを頂きますが、私の地域の模型店や全国展開している有名家電量販店をふくめて本当の話です。
頼みの綱である通販サイトでも、ビクトリーマグナムプレミアムは「まだ」在庫でみかけるのですが、バンガードソニックプレミアムは通販でも在庫がなくて長い間見かけない時期がありました。
今回 在庫復活してのでチャンスと思い購入しました。

☆「思っていたよりウイング大きい」
DSC_0067~01

今回初めてバンガードソニックを手にとってマジマジと観察したのですが、思っていたよりウイングが大きい。と言うか!ウイングが存在感を主張してきますね。
私は兄弟車ビクトリーマグナムプレミアムをもっているのですが、ビクトリーのウイングは小さく寝ているのを見慣れているせいか、余計大きく感じます。

☆「フロントカウルなし」
DSC_0074~01

私はフロントカウルなしが好きですね。

☆「バンガードソニックってこんなかっこ良かったっけ?」
DSC_0065~01

プレミアム効果なのか、もともとかっこ良かったのかわかりませんが実物は思ったより良かったです。

☆「これでとりあえずコンプリート」
これでとりあえずソニックはコンプリートです。
とりあえずがつくのは
①バスターは(無印)
②ロデオ?何それ
だからです。
新作ソニック「ブラストソニック」が楽しみですね。
秋開催のホビーショーでお披露目10月発売 でしょうかね。

☆「リンク」
①対になる存在
ビクトリーマグナムプレミアム
DSC_0067~01


②意外と好きです。
ソニックセイバープレミアム
DSC_0068~01


③よく検索されて読まれています。
ブリッツァーソニック
DSC_0063~01


④デビュー戦の相手
プロトセイバーJB
DSC_0057~01~01


⑤ファイターマグナムが好きです。
ファイターマグナムVFX
DSC_0009~02


レッツ&ゴー関連の過去の日記はコチラからお願いします。
レッツ&ゴー目次

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

新製品「エアロアバンテバイオレットSP発売日変更」

Screenshot_2015-05-21-09-07-31-1


☆「発売日が変更になりました。」
TwitterやタミヤHPにて告知がありました。
【お知らせ】エアロ アバンテ バイオレットスペシャル(クリヤーボディ) 諸事情により発売日が5/30から6月上旬に変更になりました。発売日は確定次第お知らせ致します。ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

タミヤHP
http://www.tamiya.com/japan/products/95062/index.htm

☆「残念だけど歓迎」
発売日が変更されなおかつ発売日が決定していないのは残念ですが、当初予定されていた発売日の5月30日は、ミニ四駆のキットもGUPもまとまっていたので「バラける」のは歓迎です。

☆「追記 6月6日に決定」
6月6日に発売日が決定しました。
1週間の延期ですね。



ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ
スポンサードリンク
記事検索
ギャラリー
  • 雑談「Gブラストソニックの対になるマグナムは、Zウイング?GマグナムR?」
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「グレートマグナムR」充分カッコいいです。
  • 「ミニ四駆ホークGT」ちょっと不満が表面化してしまった。
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク