蔦屋(つたや)のミニ四駆blog

ミニ四レーサーが、ミニ四駆について思う事をダラダラ書いております。

2017年10月

現在の私の撮影環境

DSC_0095~01


☆「ホビージャパンエクストラ買いました。」
最近 自分の興味がある記事が掲載される時しか模型誌を買いません。
それで言うと10月31日発売の「ホビージャパンextra VOL8」は、買わせるだけ「期待」させた記事があったと思います。
ホビージャパンエクストラの感想は、私のプラモblogの方に掲載しているので、読んでいただくと幸いです。
ホビージャパンエクストラVOL8の感想

☆「超速の方が良いよ!!」
単刀直入に結論を言うと
過去の「超速シリーズのミニ四駆の撮影の仕方や、自作撮影ブーズの作り方」などの記事の方が、為になったと思います。

☆「現在の私の撮影状況」
DSC_0095~02

(あえて散らかったままです。以前は撮影の度に自作撮影ブースを出したり引っ込めたりしていましたが、それが面倒になったので、撮影用のスペースを作りました。)
知らなくてもいい舞台裏を披露するみたいで、読んでいる人には興醒めするかもしれませんが、現在私は、スマホで撮影して、そのままネットにあげています。たまに合成している写真はありますが、基本的に画像処理のソフトは「トリミング(余白を切る)」以外は使っておりません。
画像処理ソフトを使えば、もっと良くなるのはわかっているのですが、少し不自然感がでるのでそれを避けています。

☆「遍歴」
写真改訂と言う名目で、2回ぐらい撮影環境を変更し、環境変更したらまた最初から写真を撮り直しています。
写真を撮り直すとは別に、文書を見直したりもするので、写真改訂はそれなりに意味はあります。
ちなみに
最初の写真➡背景は部屋の壁紙。ミニ四駆ちゃんねる時代
改訂①➡背景を白の画用紙にしたりスマホの撮影設定をいじったりライティングにこだわる(ライトをしているわりに、画面が暗い写真)
改訂②(現在)➡背景を銀に画用紙にして、スマホの設定をいじり、画面が明るくなった。
と遍歴があります。
ネットを見ると、初期の壁紙時代の画像を転載している人が、そのまま放置しているので「自分のblogでは抹消したハズの初期の写真が残っていてそれを見る」と言う場面があり、若干切なくなります。

☆「安定していないのは確か!」
撮影環境は一定にしているのですが、スマホの側はオートの設定にしているので、そのオートのせいで、その日によって「まちまち(不安定)」になります。 オートにせずマニュアルにすれば「まちまち」にはならないのはわかっているのですが、 マニュアルにすると設定が面倒になりますし、マニュアルでも「まちまち」になります。
いろいろ試行錯誤した結果が、安定していないけどスマホ側オートの設定と言う結論にたどり着きました。

わかっていて気を付けていますが安定していません。

☆「自分がベストではないのは知っています」
上を求めれば、もっと良い写真になるのはわかっていますが、今のスマホ写真のままでいきたいとは思っています。

☆「現在の撮影ブース」
現在の撮影ブースは、こんな感じです。
銀色の画用紙に変更したのは、背景白は、実際写真にすると白はくすみます。
白の背景で撮影したのだから、背景を白にするように画像処理ソフト(アプリ)で「画像処理」することはできます。
またライトの光量を変更すれば白くもできるそうです。
背景にこだわると、メインであるミニ四駆がおかしくなります。
で!そうやって試行錯誤した結果 今の環境にたどり着きました。

☆「撮影ブースにこだわる方がいいです」
もしミニ四駆を撮影したいと考えている人がいるのなら、
現在スマホのカメラの性能が良くなっているので、カメラより、ライトや背景を含んだ 撮影ブースにこだわる方をおすすめします。
撮影ブースの
・背景
・ライト
は重要だと思います。
撮影ブースは高いのも安いのもありますし、その気になれば自作もできます。
そういうものを含めて「撮影環境を含めた撮影ブース」にこだわるべきだと思います。

☆「追伸 撮影環境を変更しようかな」
撮影用ライトで有名なフォトラは高いので手はだせないのですが、ライティングや背景など含めてまた少し撮影環境を変更しようかと考えています。


ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

海外情報「2017年10月タミヤUSA情報」

私の自分ルールとしては
海外からの未確認の情報は、海外のタミヤのHPに掲載されたら「blogでとりあげる」という自主規制をしています。

☆「2017年10月タミヤUSAに新製品情報がでました。」
タミヤUSAに新製品の情報がでました。
タミヤUSAですが海外のサイトなのでURLは掲載は控えます。
今回画像の方は、個人ツイッターをlivedoor blogの機能でツイートを掲載しています。

☆「エアロアバンテ ブラックスペシャル(ARシャーシ)」


ブラックメッキのエアロアバンテで、ブラックSPは「少しかすり」ましたが、エアロアバンテブラックSPが登場です。
やはり ある世代には、アバンテJr.ブラックSPの箱絵と同じ構図にはテンションがあがりますね。
構成パーツの色の組み合わせも見てもタミヤは確信犯的に狙って来ましたね。

☆「アストロブーメラン プレミアム ブラックSP」


アストロブーメラン自体の水増し自体は驚かないのですが、この感じでのブラックSPは予想外です。
けっこう楽しみです。


☆「FMA ナイトハンター」
☆「軽量13mmオールアルミベアリングローラー」
☆「MA強化シャーシセット レッド」
☆「19mm プラリング付きアルミベアリングローラー (5本スポーク) (オレンジ) 」





FMA第2弾ナイトハンターの箱絵画像(CG画像)は既にでています。
CG画像では評判良かったのですが、今回の実物の評判は少しトーンが下がった感じです。
ちなみに私は悪くないと思います。

GUP系は赤MAですかね。

☆「どのタイミングで発売かわからないです。」
今回あげたアイテムの販売時期は読めませんし、11月にタミヤフェアーがあるのですが、そこでお披露目してくれるのかも「読めません」
ただ!12月の新製品の情報がでていないのは確かです。
12月辺りにでてくれるといいかな。

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

雑談「2017年10月の本当の雑談をまとめて」

2017年の本当の雑談をまとめて

☆「告知する忘れていました。9~11月は忙しいのです。」
毎年9月15日~11月15日の2か月間は忙しいです。
特に10月は最も忙しく、例年だと9月に「10月は忙しくて、blog記事の投稿頻度は少なくなり質も落ちます。コメントの返事も遅くなります。」 と前もって告知していたのですが、今年は告知を忘れるぐらい忙しかったです(苦笑)
実際 今月コメントの返事遅くなっておりました。 どうもすみませんでした。
11月に入ったら通常に戻れそうです。


☆「海外の情報」
現在 海外からの情報がでています。
blog記事にとりあげる条件である「タミヤUSAのHPに掲載されたら取り上げる」もクリアーしているのですが、 現在記事に取り上げていません。
最近の「タミヤUSA」の感じだと、
月末~月始めに、追加情報がでて、その時に画像がでるのではないかと思います。(あくまで予想です)
そのタイミングで取り上げたいです。
とりあえず
・エアロアバンテ ブラックSP
・アストロブーメラン プレミアム ブラックSP?(ただし いつもとは違う変な表記ブラックSPです。)
の情報がでています。

☆「実はMET'Sコーラ買っていない」
忙しくて忘れていたのですが、実はまだ2本しかメッツコーラ買っていません。
これから頑張りたいです。

☆「ミニ四駆流行っているかも」
最近 私の周りでミニ四駆を買い始めた人が多いです。
特に「子供と一緒に始める」というパターンの人が多いです。
この子供と一緒の人に始める人のありがちな話なんですが
「うちの子供ミニ四駆作りたいと言い出した。でもうちの子供プラモも完成させた事がない。ミニ四駆もつくれるかな?なら一緒にはじめようかな」と言う流れで、子供と一緒にパパもミニ四駆を始めるようです。
ここで私が気になるのは「最初に子供がつくりたいと言い出した」と言う事です。
どこで知ったかは知らないのですが、全く触れた事がない現代の子供の中でもミニ四駆は認識されていて、今の子供の中でもミニ四駆は浸透してきているのだと言うことだと思います。
うん!
ミニ四駆流行っているかも(いまさら)


ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

「マッドレイザー」秋の新車枠。そしてメッキ(色々な意味で)

DSC_0097~03


☆「マッドレイザーと私」
マッドレイザー発売の第一報は、非公式でしたが、アジア圏から、なんの前触れもなく突然でて、それもパッケージ画像と実物が同時に発表されました。
既存MS車のMA化はハイパーダッシュ四駆郎系でもなく、完全新規デザインのミニ四駆は嬉しいのですが、正直 初見の感想は「微妙」という感情でした。
このなんとも説明しがたい「微妙感」は、世の中のレーサーも感じていたと思います。

☆「秋の新車枠」
・スパークルージュ
・ジルボルフ
そして
今回のマッドレイザー
ここ何年かのミニ四駆発売カレンダーを見ていると、秋に新規デザインの新車が発売される傾向があります。これは私は「秋の新車枠」と呼んでいます。
マッドレイザーは、そんな秋の新車枠だと思います。
秋の新車枠は「谷間を埋める、とりあえずの新製品」という狙いや、デザインを試す感じなど「何かの思惑」を感じます。

☆「トライゲイルの亜種」
DSC_0101~01

秋の新車枠は、確かに新規デザインですが、既存ミニ四駆のマイナーチェンジなデザインで既視感(デジャブ感)がします。
マッドレイザーにも、トライゲイルのマイナーチェンジ感は感じます。
細かく言うとトライゲイルでは凝っていたデザイン部分が、マッドレイザーでは簡易なデザインに変更にされています。
自動車ではよくあるのですが「モーターショーに参考展示された時はかっこよかったけど市販が決定。市販車向けにデザイン変更されて、それが残念になった」のような感じが、トライゲイルとマッドレイザーにもあります。

☆「そんなに悪くないリアスポ」
DSC_0100~01

第一報を見たときから、リアスポ(リアウイング)が気になっていました。
実際このリアスポのデザインに賛否がでていると思います。
デザインの点で言うと私は賛否の賛側です。
ただ!私は
①着脱可能か?
②一体成型なら強度は大丈夫か?
は気になっていました。
実物を確認してみると
残念ながら着脱ができない一体成型でした。
一体成型なので、
強度は「ガッツリ」しているので強度も充分です。
むしろリアスポが要らないから、切ろうとした時、苦労するぐらいだと思います。

☆「このゴールドは良いゴールド」
DSC_0098~01

ゴールドメッキホイールは、ただのゴールドではなく「マットゴールド」です。
ゴールドメッキにありがちな下品なキラキラ感ではなく、マットな分上品です。
これは良いゴールドです。

☆「シルバーメッキボディ来い!!」
DSC_0099~02

説明書にかいている指定色は
ブラックを塗装してからメタルシルバーで塗装です。
長年ミニ四駆をつくっていますが、こんな指定はありません。
ちなみにこの指定色の「メタルシルバーのスプレー缶」は一本1512円と高価なものです。
正直 1512円のスプレーを指定してくるのは鬼です。
なので、あまりメッキボディにありがたみを感じない私ですが、マッドレイザーは「シルバーメッキボディ」で出すべきだと思います。
一発目かつ定番商品でメッキボディでマットゴールドホイールだったら、マッドレイザーはそれはそれで伝説的なアイテムになったと思います。

どういう形なるかわかりませんが、メッキボディのマッドレイザーは出すべきだと思います。

☆「リンク」
トライゲイル
DSC_0038~01


トライゲイル マッハホワイト
DSC_0038~02


スパークルージュ
DSC_0038~01


ジルボルフ
DSC_0043~01


ナイトハンター
DSC_0097~01~01



過去のミニ四駆PRO・REV関連の日記はコチラからいけます。
ミニ四駆PRO・REV

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ

新製品「タミヤからラッカー塗料(瓶)が発売するぞ!!」

☆「タミヤからラッカー系塗料登場」
タミヤからラッカー系の塗料(瓶)が12/2に登場します。
第一弾は基本的な15色です。
詳しくはタミヤHPで確認してください。
http://www.tamiya.com/japan/newstopics/lacquerpaint.html

☆「タミヤっ子の為に存在する」
現在ラッカー系の塗料は
・Mr.カラー
・ガイアカラー
等が 有名どころです。
今さら 既存のメーカーが占有している分野にタミヤが新規参入しても、 分が悪いです。
しかし!
タミヤっ子からすると「タミヤで全部完成させたい(塗料も含めて)」と言う気持ちがあるのは確かです。タミヤのラッカー系塗料(瓶)発売により他のメーカーのラッカー系を使わずタミヤだけで完成させる事ができます。
なので!
タミヤのラッカー系塗料は「タミヤっ子」の為にあると思います。

☆「スプレーにしかない色がある」
分が悪いですが「勝ち目」もないとは思っていません。
先程からラッカー系(瓶)と表記しているのは既にタミヤスプレー缶はラッカー系塗料からです。
タミヤのスプレー缶には「タミヤのスプレー缶にしかない色」と言うのが存在しています。
そのスプレー缶しかない色を、いち早く瓶で発売すべきです。
そうすれば、既存メーカーと良い勝負ができると思います。
本音を言えば、第一弾の15色は基本色ばかりですが、+5色はスプレー缶しか手に入れられない色をだすべきだったと思います。

☆「模型店が困る」
既存メーカーもヒヤヒヤしていると思いますが、一番困るのは模型店だと思います。
昔からMr.カラーの棚。
最近は、ガイアカラーの棚
も置かれるようになりました。
またここで「タミヤ ラッカー系(瓶)」の棚を置きつつ、在庫を増やさないといけません。
これは模型店には困る事案だと思います。
新メーカーなら無視もできるかもしれませんが、タミヤとなると無視はできず、仕入れるしかないでしょうね。

☆「ミニ四駆目線」
ここはミニ四駆blogなので、ミニ四駆目線で見てみます。
タミヤの指定色で塗装すれば、製品見本に寄り近づける事ができます。
その指定色を塗装する場合、値段がするスプレー缶で買わなくてよくなるのが経済的にも良くなります。
これは利点です。
問題は説明書にラッカー(瓶)の型番まで表記してくれるかです。

☆「タミヤっ子ですが、当分様子見」
私はタミヤっ子ですが、
最近は「ガイアカラー」と「タミヤ エナメル」で塗装しているので、タミヤのラッカー系(瓶)は様子見で買わない方向です。

☆「追伸 個人的な期待」
個人的な期待している色は
「メタリックオレンジ」です。
今現在 タミヤの缶スプレーでしか、メタリックオレンジは存在していないので、これを(瓶)で出してくれると非常に助かります。

☆「追伸2 ポリカだよね」
ラッカーは他のメーカーで充分なので
瓶だとポリカ塗料の瓶が欲しいよね。

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ
スポンサードリンク
記事検索
ギャラリー
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ファイターマグナムVFXプレミアム」このプレミアム化は予想外。でも次に繋がるプレミアムかな
  • 「ミニ四駆フクロウGT」可愛さを感じる
  • 「ミニ四駆フクロウGT」可愛さを感じる
  • 「ミニ四駆フクロウGT」可愛さを感じる
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク